魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベビーホタテのおからサラダ

2017年05月17日 | ~ホタテ~レシピ


ベビーホタテは安くて美味しいお得な食材。高タンパク、低脂質のヘルシー食材でもあります。
今回は低カロリーで食物繊維たっぷりなおからと合わせてサラダにしちゃいましょう。

★材料(4人分)

・ベビーホタテ・・・8個(70g)
・おから・・・150g
・玉ねぎ・・・1/8個(25g)
・スナップエンドウ・・・4本(36g)
・ミニトマト・・・4個(60g)
・マヨネーズ・・・大さじ3(36g)
・プレーンヨーグルト・・・大さじ2(40g)
・クリームチーズ・・・大さじ1(13g)
・粗挽きこしょう・・・1~2振り
・バター・・・10g

★作り方


①ベビーホタテはさっと茹でて、ザルにあげ粗熱をとっておく。4つに切る。


②玉ねぎ・・・薄切りにして平ザルに広げて空気に30分程さらし、
 水に漬けて固く絞る。
 スナップエンドウ・・・筋をとり、さっと茹でて斜めに切る。
 ミニトマト・・・よく洗って4つに切る


③おからを耐熱ボールに入れてバターをのせ、ラップをせずに600wで4分程加熱する。


④③に粗びきこしょうを加えてさっくりと混ぜ合わせ、粗熱をとる。


⑤マヨネーズとプレーンヨーグルト、あればクリームチーズを混ぜソースを作り④のおからと和える


⑥玉ねぎを全体に混ぜ込んだらベビーホタテとスナップエンドウを加えてさっくりと混ぜ合わせる。


⑦トマトも合わせて、皿に盛り付けて完成!

【レシピ考案】東北女子大学(2017年5月13日開催)
<1人当たり>エネルギー:136kcal たんぱく質:5.0g 食塩:0.8g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あさり筍の白ワイン蒸しスープ仕立て

2017年05月17日 | ~あさり~レシピ


あさりの旨味を旬の野菜に閉じ込めて。
旨味がたっぷりなのでスープ仕立てにしてみました。

★材料(4人分)

・あさり・・・300g
・たけのこ(水煮)・・・/2本(90g)
・アスパラ菜・・・1/2束(100g)
・にんにく・・・1片(5g)
・オリーブオイル・・・大さじ3
・白ワイン・・・100ml
・水・・・200ml
・薄口しょうゆ・・・小さじ1

★作り方


①あさりの砂出しをしておく。


②たけのこ・・・3~4cmに切り穂先はくし型に根元は短冊切り
 アスパラ菜・・・3~4cmに切る
 にんにく・・・うす切り


③フライパンにオリーブオイルとにんにく、水をよく切ったあさりを入れて火にかける。にんにくの香りが出たら白ワインを入れ、ふたをして蒸し煮する。
あさりの口が開いたものから取り出す。


④あさりを全て取り出したら、水と薄口しょうゆを加え、たけのこを入れてクツクツと煮立ったら1~2分加熱する。


⑤アスパラ菜を入れて中火で火を通す。


⑥あさりを戻してさっと煮る。


⑦器に盛りつけて完成!

【レシピ考案】東北女子大学(2017年5月13日開催)
<1人当たり>エネルギー:145kcal たんぱく質:3.8g 食塩:0.9g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旬かつおの減塩手こね寿司

2017年05月17日 | ~かつお~レシピ


「手こね寿司」はちらし寿司の一種で、伊勢志摩地方(三重県)南部で郷土料理として親しまれています。
カツオやマグロなどの赤身の魚を醤油ベースのタレに漬け込んだあと、寿司飯と合わせ大葉や生姜、海苔などをちらすことも多いようです。
旬のかつおを、柑橘果汁を使った寿司飯と合わせて楽しみましょう!
減塩ですが、たっぷりの薬味がかつおの美味しさを引き立てます。

★材料(4人分)

・ご飯・・・680g(2合分)

<A>
・柑橘のしぼり汁・・・50ml
・酢・・・30ml

・かつお・・・4半身(200g)

<B>
・しょうゆ・・・大さじ2
・しょうが・・・20g
・すりごま(白)・・・大さじ1
・青しそ・・・6枚
・みょうが・・・2個
・のり・・・4枚

★作り方


①水加減は控えめにし、ごはんを炊く。


②かつおを一口大に切る。


③Bの調味料を混ぜ合わせ、②のかつおを和えて30分程漬けておく。


④白ごま・・・さっと炒る
 青しそ・・・千切り
 みょうが・・・千切り
 果汁・・・絞る


⑤ご飯が炊きあがったら半切りに移し、熱いうちにAを加えてすし飯を作る。


⑥すし飯に白ごま・青シソ(お好みでみょうが)を加え、さっくりと合わせる。


⑦最後にかつおものせて混ぜ合わせる。


⑧盛りつけて完成!
のりを散らして「ちらし寿司風」、のりで巻いて「手巻きずし風」。お好きなほうで召し上がれ♪

【レシピ考案】東北女子大学(2017年5月13日開催)
<1人当たり>エネルギー:433kcal たんぱく質:23.3g 食塩:1.4g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第71回 おさかな食育クッキングレポート

2017年05月15日 | 料理教室

5月13日(土)に東北女子大学にて第71回となる「おさかな食育クッキング」が開催されました。5月の食材は「かつお」「ベビーホタテ」「あさり」です。

5月のレシピはこちら

■あさりと筍の白ワイン蒸しスープ仕立て

レシピも公開中ですので、ぜひご自宅でも作ってみてくださいね😋 

今回のおさかな食育クッキングでも、
弊社の相談役によるお魚情報と
カツオのさばき方を皆さんに指導しました。

それでは当日の様子をご紹介いたします。



まずは元気に挨拶から
和やかな雰囲気で皆さん笑顔に。


今回用意したものは小ぶりなカツオです。

4月~5月に水揚げされるカツオは「初ガツオ」と呼ばれ、
脂身よりも赤身が多く、サッパリ・瑞々しい味わいが特徴です。

本日のレシピ「旬かつおの減塩手こね寿司」にもよく合います。
9月~11月頃までに水揚げされるカツオは「戻りガツオ」と呼ばれ、
こちらは脂がのり、こってりした美味しさです。「トロガツオ」とも呼ばれます。

お好みですが、こちらで調理するとギトギトでくどいかもしれません。

ちなみに本日使用したカツオは千葉県勝浦産でした。



包丁を入れ、手際よく捌いていきます。
4半身にしましたら、カツオの皮をはいでいきます。


そうしましたら見慣れたお刺身(サク)の登場です!




親子で参加される方も多いんです。


ご夫婦で参加される方も!


あさりは網がついたバットの上に平らに並べて砂抜きをします。
貝が重なっていると、せっかく砂抜きをしても、あさりが吐いた砂をまた吸ってしまうためです。

バットがない場合は水切りできるボウルでもOK。
その場合も貝同士が重ならないよう並べて砂抜きをしたほうが安心です。


本日のあさりは北海道産。食べ応え抜群のビックサイズ。




今回も東北女子大学の学生さんが作成していただきました。
ほたては折り紙で、ヒモは毛糸で編み込んだもの。手が込んでいます。


完成後の料理を撮影させていただきました。
どれも美味しかったですが、特に「ベビーホタテのおからサラダ」が美味しかったです。

今回は調理開始からあっというまの試食タイム。
1時間もかからず完成するお手軽レシピです。

本日もありがとうございました。
次回は7月22日(土)開催になります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする