魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

糖醋魚片(タンツーユイペヌ)

2019年05月30日 | ~ほっけ~レシピ


中華圏ではよく作られる料理です。
糖醋(タンツー)=甘酢味、魚片(ユイペヌ)=魚の切身でホッケの甘酢あんかけ風です。
子どもやご年配の方でも「魚」が食べやすくなるように工夫し、これから始まる暑い夏に食べたくなる一品に仕上げました。

★材料(4人分)
・生ほっけ・・1尾分(420g)

<A>
・塩・・・小さじ1/3(2g)
・酒・・・小さじ2(10g)
・しょうが汁・・・5g

<衣>
・卵・・・1個
・水・・・小さじ2(10ml)
・片栗粉・・・大さじ3(27g)

・黄パプリカ・・・1/2個(8g)
・新玉ねぎ・・・1/2個(100g)
・油・・・大さじ1/2(6g)
・グリンピース・・・20g

・揚げ油・・・適量

<あん>
・しょうゆ・・・小さじ2(12g)
・砂糖・・・小さじ4(12g)
・酢・・・大さじ1.1/3(20g)
・トマトケチャップ・・・大さじ2(30g)
・中華だし・・・4g
・片栗粉・・・6g

★作り方

①ほっけを3枚おろしにして、皮をひく。

②①を厚さ1cm位のそぎ切りにし、<A>の調味料をふりかけて10分おき、下味をつける。

③玉子を溶きほぐして水と片栗粉を加えて混ぜ、衣をつくる。

④ネギ…長さ4cmの太めの千切り
 グリンピース…熱湯を通しておく
 黄パプリカ…2cm位の乱切り
 新玉ねぎ…2cm位の乱切り

⑤キッチンペーパーで魚の水気をとり、衣をつけて170℃の揚げ油で薄く色づく程度に揚げる。

⑥フライパンを熱して油を入れ、ネギ・玉ねぎ・パプリカを炒める。

⑦あんの材料を混ぜておいたものを⑥に入れてひと煮立ちしたら、⑤の魚とグリンピースを入れてあんをからませる。

⑧お皿に盛りつけて完成!

【レシピ考案】
東北女子大学(2019年5月25日開催)
<1人当たり>エネルギー:444kcal たんぱく質:20.5g 食塩:1.4g 脂質:32.0g 炭水化物:15.2g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ほっけのつみれ汁

2017年11月20日 | ~ほっけ~レシピ


★材料(4人分)

・ほっけのすり身・・・160g

<すり身用調味料>
・白みそ・・・小さじ2(12g)
・酒・・・小さじ1強(6g)
・ ゆずこしょう・・・小さじ1/2強(3.2g)

・みそ・・・大さじ1(20g)
・だし汁・・・600ml
・白菜(葉1枚くらい)・・・80g

★作り方


①フードプロセッサーにほっけのすり身と白味噌、酒、ゆずこしょうを入れて混ぜる。

②混ぜ終わったら、すり身を取り出し、12個になるよう丸める。


③だし汁を火にかけ、少し煮立ったところに、②(つみれ)を入れる。火が通ったらつみれは取り出して、お椀に盛っておく。

④白菜は幅1cmほどのざく切りにして、③のだし汁を入れて煮る。


⑤白菜がやわらかくなってきたら、味噌を溶かしいれる。


⑥汁をつみれの入ったお椀に盛りつけ完成!

【レシピ考案】東北女子短期大学(2017年11月11日開催)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする