魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アジとなすの重ね焼き

2018年07月26日 | ~あじ~レシピ

アジは良質なたんぱく質が豊富でDHAやEPAが多く認知症予防に効果があると言われています。
癖がない魚でどんな料理にも向きます。旬のなすは油との相性が抜群です。夏の暑い日にさっぱりと食べられるようにパプリカやしそを合わせ、最後に果汁をかけることでさわやかな酸味と香りで食欲を増進されること間違いなしです。

★材料(4人分)
・アジ・・・2尾(270g)
・酒・・・大さじ1(15g)
・なす・・・中1本(150g)
・大葉・・・8枚(6g)
・赤パプリカ・・・1/2個(80g)
・片栗粉・・・大さじ2(18g)
・サラダ油・・・大さじ2(30g)
・酒・・・大さじ2(30g)
・果汁(かぼすやレモン汁)・・・小さじ2(10g)

★作り方

①アジ・・・三枚おろしにする。

②アジを4切れになるよう十字に切る。(このとき、3枚おろしの身の中央に連なる"血合い骨"という小骨を取り除くように切るとよい)

酒をふってしばらくおき、水分をキッチンペーパーで除く。


なす…8枚になるように5mm厚さくらいの斜め切りにして縦半分に切り、16枚にする。
大葉…よく洗って茎を取り、縦半分に切る。
赤パプリカ…16等分になるように5mm幅ほどの縦に切る。

④なすの上に表面を上にしてアジを乗せ、さらにパプリカを添えて、大葉で巻く。

⑤全体に片栗粉をまぶす。

⑥フライパンにサラダ油を入れ、なす面を下にして、中火で焼く。

⑦裏返して、弱火にし、酒を入れてふたをして蒸し焼きにする。水分がなくなったら、火を止め果汁をかける。

⑧きれいに盛り付けて完成!

【レシピ考案】
東北女子大学(2018年7月21日開催)
<1人当たり>エネルギー:185kcal たんぱく質:14.1g 食塩:0.2g

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あじの干物で"冷汁そうめん"

2015年08月04日 | ~あじ~レシピ


宮崎県の郷土料理「冷汁」・埼玉県の郷土料理「冷汁うどん」をアレンジしてみました。
暑い夏を乗り切る知恵がたくさん詰まった一品です。薬味を効かせていただきましょう!

★材料(4人分)

・アジの干物・・・1尾
・きゅうり・・・1本
・みょうが・・・1個
・青じそ・・・4枚
・煮干し粉・・・大さじ1
・みそ(中辛)・・・60g
・白ごま・・・大さじ3

★作り方

①鍋に水と煮干し粉を入れて強火にかける。沸騰したら弱火にし、約10分間煮て粗熱を取ったら冷やす。(今回は250mlの水で煮出し、氷を足す)

②アジは魚焼きグリルで強火で中までよく焼く。

③やけどに注意しながら皮と骨を取り、身をほぐして、小骨を除く。

④きゅうり…2~3mm厚さの輪切り
 みょうが…千切り
 青じそ…細切り

⑤すり鉢で白ごまを油が出るまでよくする。

⑥みそを加えてさらにする。ここに冷やした①のだしを少しずつ加えてよく混ぜる。

⑦⑥にきゅうりと③のアジを加えて器に盛る。(時間があれば冷やすとよい)

⑧たっぷりのお湯でそうめんを茹で、冷水に取る。食べやすく巻き取りながら器に盛る。

⑨薬味も準備し、⑦と共に、そうめんにかけて完成!

【レシピ考案】東北女子大学(2015年7月25日開催)
<1人当たり>エネルギー:200kcal たんぱく質:10.3g 食塩:2.1g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鯵ハンバーグ

2012年07月27日 | ~あじ~レシピ


今が旬の鯵!
アジ(味)が良いことから「鯵」と名前がつけられたほど美味しい魚です。
血中のコレステロールを下げる働きがあるEPAには、心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症を防ぐための健康維持に効果があります。
肩こりや頭痛、目の充血にも効果があるといわれています。

今回は子供から大人まで、みんなで楽しめる魚料理にチャレンジ!
大根おろしを添えて、暑い日にもサッパリと食べられる料理です。
しかも低カロリーです。

★材料(4人分)

・鯵・・・4尾

・わけぎ・・・30g
・青じそ・・・6枚
・しょうが・・・10g
・味噌・・・大さじ1
・サラダ油・・・大さじ1

【つけ合わせ】
・大根・・・200g
・青じそ・・・4枚
・ぽん酢しょうゆ・・・適量
・パセリ・・・少々

★作り方

①鯵を3枚おろしにして、皮も引く。中骨についた身もスプーンなどでこそぎ取ります。

②わけぎは小口切り、青じそは千切りにする。しょうがはすりおろしておく。


③鯵は1cm幅に切り、包丁で細かく叩く。


④鯵に、青じそ、わけぎ、味噌を加えてさらにたたき、しっかりと混ぜる。


⑤タネを楕円形にまとめ、真ん中を少しくぼませる。フライパンにサラダ油をひいて、強火で両面をこんがりと焼く。


⑥表面に焼き目がついたら、弱火にし、ふたをして蒸し焼きにして中まで火を通す。

⑦よく洗った青じその水分をふき取って、お皿に敷く。

⑧大根はすりおろしてザルにあげ、軽く水をきる。


⑨青じその上に鯵ハンバーグを盛りつけ、その上に大根おろしを乗せて、お好みでぽん酢しょうゆをかけて完成!

【レシピ考案】柴田学園大学(2012年7月21日開催)
<1人当たり>エネルギー:164kcal たんぱく質:20.5g 食塩:0.9g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする