魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さんまの鳴門揚げ

2013年09月21日 | ~さんま~レシピ


さんまのおいしい季節になりました。さんまはいつも塩焼き…そんな声も聞かれます。今日はひと手間かけて、子供からお年寄りまで家族みんなが喜ぶメニューに変身させましょう。

★材料(4人分)

・さんま・・・3尾

<a>
・しょうゆ・・・小さじ2
・酒・・・小さじ2
・しょうが汁・・・小さじ1
・ねぎ・・・1本
・片栗粉・・・大さじ1

<衣>
・小麦粉・・・1/3カップ
・卵(Sサイズ)・・・1個
・水・・・大さじ2

・揚げ油
・つまようじ・・・6本

<長芋の梅肉和え>※付け合わせ
・長芋・・・80g
・梅干し・・・大2個
・砂糖・・・小さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1
・みりん・・・小さじ1

★作り方


①さんま…3枚におろしaの調味料につけておく
 ねぎ…さんまの幅に切る
 衣の材料を合わせ混ぜる


②さんまの身の方に片栗粉をまぶす。


③ねぎを芯にし、尾の方から巻いてつまようじで止める。


④衣をつけて165~170℃の油でゆっくりと揚げる。


⑤つまようじを抜き、半分に切る。


⑥器に盛り付け、長いもの梅肉和えを添えて完成!

<長芋の梅肉和え>

★作り方


①梅干しは種を取り、よくすって調味料を加えておく。


②長いもを5mm厚さの半月切りする。


③①と②を和える。

【レシピ考案】柴田学園大学(旧・東北女子大学)(2013年9月7日開催)
<1人当たり>エネルギー:417kcal たんぱく質:16.9g 食塩:1.6g

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋鮭の炊き込みご飯

2013年09月21日 | ~さけ~レシピ


鮭は良質な蛋白質・ビタミンA、Dなどが豊富で牛肉や豚肉と比べ低カロリー低脂肪です。ご飯と一緒に炊き込んで、その美味しさを全部いただきましょう!

★材料(4人分)

・米・・・2合(300g)
・水・・・480ml
・だし昆布・・・10cm
・生鮭・・・1切れ(120g)
・塩・・・大さじ1/2
・砂糖・・・大さじ1/4
・酒・・・大さじ2
・青しそ・・・3枚
・白ごま・・・大さじ1

★作り方


①下味用の塩と砂糖を混ぜ、秋鮭の両面にまぶしつけ、ラップをして冷蔵庫で30分以上おく。


②米をといでザルに上げ水気をきってから、炊飯器に移し、分量の水とだし昆布を入れて30分ほど吸水させる。


③下味をつけた鮭に酒をまぶし、鮭をだし昆布とごはんにのせて炊く。


④炊きあがったら、鮭とだし昆布を取り出し、鮭は骨と皮をはずして粗くほぐし、昆布は細切りにする。


⑤④をご飯に戻してさっくりと混ぜる。


⑥青しそは縦半分に切り、せん切りにする。


⑦器に盛って、ごまを振り、青しそをあしらい出来上がり!

【レシピ考案】東北女子大学(2013年9月7日開催)
<1人当たり>エネルギー:337kcal たんぱく質:12.0g 食塩:1.0g

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ほっき貝のお吸い物

2013年09月19日 | ~ほっき貝~レシピ


ほっき貝は熱を通すと足先の色が黒褐色から鮮やかな橙紅色に変わります。
今回はほっき貝の濃厚な出汁も汁に閉じ込めて、味はもちろん色と香りを楽しみましょう。

★材料(4人分)

・ほっき貝・・・2個
・ホワイトしめじ・・・100g
・三つ葉・・・1株

<混合煮出し汁>・・・600ml
・水・・・700ml
・かつおぶし・・・7g
・昆布・・・7g

・日本酒・・・大さじ2
・みりん・・・小さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・食塩・・・小さじ1/2

★作り方


①ほっき貝…さばいて、食べやすい大きさにそぎ切りする
 しめじ…石づきを切り落とし、さっとほぐす
 三つ葉…3cm長さに切る


②混合煮出し汁をとる。


③さばいたほっき貝は平ざるに並べて熱湯をかけて臭みをとる。


④②にしめじと酒を入れて弱火で2分ほど煮る。


⑤みりんとしょうゆで味付けをしてほっき貝を加えさっと火を通し、煮えばなで火を止め、三つ葉を加える。


⑥器に盛り付けて完成!

<混合煮出し汁の取り方>

①昆布に切り込みを入れ定量の水に入れて火にかけ、沸騰直前に取り出す。


②かつおぶしを入れて、大きくかき混ぜて沸騰したら火を止め少しおく。


③かつおぶしが沈んだら、網で濾し取る。

【レシピ考案】東北女子大学(2013年9月7日開催)
<1人当たり>エネルギー:43kcal たんぱく質:4.6g 食塩:1.7g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第50回 おさかな食育クッキング レポート

2013年09月12日 | 料理教室

青森県弘前市にある「弘前水産市場」では、魚食文化の普及と食育をテーマに、隔月でお料理教室を開催しています。

9月7日(土)、東北女子大学において、第50回おさかな食育クッキングを開催しました。今回は秋ならではの旬の食材の『さんま』『ほっき貝』『秋鮭』等です。

今回のメニューはこの3種類♪

◇さんまの鳴門揚げ
さんまのおいしい季節になりました。さんまはいつも塩焼き…そんな声も聞かれます。ちょっと手間をかけるだけで子供からお年寄りまで…家族みんなが喜ぶメニューです!

◇秋鮭の炊き込みご飯
鮭は良質なたんぱく質・ビタミンA、Dなどが豊富で牛肉や比べると低カロリー低脂肪なんです。ご飯と一緒に炊き込んでその美味しさを全部いただきましょう!

◇ほっき貝のお吸い物
ほっき貝は熱を通すと足先の色が黒褐色から鮮やかな橙紅色に変わります。ほっき貝の濃厚な出汁も汁に閉じ込めて、味はもちろん色と香りを楽しみましょう!


今回もたくさんの方にご参加していただきました!


各料理に取り掛かる前に、先生に料理の手順を教えてもらいます。


お母さんに教えてもらいながらお魚をさばいていきます。
元気いっぱいな子供さんでしたがこのときは目が真剣です。


余裕な手さばき。はじめてとは思えないくらいお上手ですね。


ねぎを芯にして、尾の方からぐるぐる巻いてつまようじで止めます。


衣をつけて165~170℃の油でゆっくりと揚げます。
油の音がまた美味しそうですね。お腹がすいてきます。


揚げ終わったらつまようじを抜いて半分に切っていきます。
このザクっとした音も良いんですよね


料理をお皿にきれいに盛りつけて…テーブルに並べたら完成!
完成した班からいただきます


ご紹介したレシピはこちら!

・さんまの鳴門揚げ
・秋鮭の炊き込みご飯
・ほっき貝のお吸い物


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする