魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホンビノスガイとチンゲン菜のスープ

2017年10月11日 | ~貝のレシピ


北アメリカの大西洋岸が原産の2枚貝で、日本では1998年に千葉市で初めて発見された、まだまだ知名度の低い貝です。良いだしが出るので鍋物やスープで味わうと良いでしょう。

★材料(4人分)

・ホンビノスガイ・・・8個(500g)
・チンゲン菜・・・2束(210g)
・しょうが・・・1片(5g)
・長ネギ・・・1/4本(25g)
・日本酒・・・大さじ2(30g)
・水(お湯)・・・3カップ

★作り方


①貝の殻の表面にたわしをかけて汚れを落とす。


②チンゲン菜…茎と葉に分け、それぞれ2等分くらいに切る
 しょうが…みじん切り
 ねぎ…しらがねぎにする


③両手鍋にチンゲン菜の茎の部分を敷き、しょうが、貝をのせ、酒を回しかける。


④③に蓋をし、中火で貝を開かせる。(約9分)


⑤貝が開いたら、あくを取る。貝だけすべて取り出しお湯を加えコトコト煮込む。


⑥白髪ねぎを加えてひと煮立ちさせ、貝を戻す。


⑦器に盛りつけて完成。

【レシピ考案】東北女子大学(2017年9月30日開催)
<1人当たり>エネルギー:25kcal たんぱく質:2.0g 食塩:0.6g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さめのハニーマスタード焼き

2017年10月11日 | ~さめ~レシピ

さめは青森県では「さめなます」などの郷土料理で親しまれてきた食材です。
今回は"はちみつ"を使って、子供も大人も楽しめる一品に仕上げました。

★材料(4人分)

・さめの切身(アブラツノサメ)・・・4切(320g)
・レモン果汁(100%)・・・大さじ2(30ml)
・小麦粉・・・小さじ2(6g)
・油・・・大さじ1(12g)

<A>
・粒マスタード・・・大さじ2(36g)
・はちみつ・・・小さじ2(28g)
・しょうゆ・・・小さじ2(12g)

・レタス・・・2枚(50g)
・ミニトマト・・・8個(80g)

★作り方


①さめにレモン果汁を振りかけ、5分以上漬けておき、臭みを抜く。


②①を流水で流し、水気を拭き取ったら小麦粉をまぶす。


③レタス…よく洗って適度な大きさにちぎる
 ミニトマト…ヘタを取ってよく洗う


④Aを混ぜ合わせておく。


⑤フライパンに油を熱し、②を中火で焼いていく。こんがりと焼き目が出来たら裏返して弱火で焼き、中まで火を通す。


⑥フライパン内の余分な油をキッチンペーパーで拭き取る。


⑦混ぜておいたAを全体にからませる。


⑧お皿に盛りつけ、野菜を添えれば完成!

【レシピ考案】東北女子大学(2017年9月30日開催)
<1人当たり>エネルギー:211kcal たんぱく質:14.8g 食塩:1.0g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

しらうおのピザ

2017年10月11日 | 白魚(しらうお)


小川原湖のしらうおは今が旬。シンプルなピザにたっぷりトッピングして贅沢に味わいましょう。

★材料(4人分)

・しらうお・・・80g
・バジル・・・1/2袋(4g)
・トマト・・・中1個(150g)
・モッツァレラチーズ・・・1袋(100g)
・オリーブオイル・・・大さじ2(24g)

<ピザ生地>
・強力粉・・・220g
・砂糖・・・大さじ2(18g)
・ドライイースト・・・小さじ1(4g)
・塩・・・小さじ1/2(3g)
・水・・・120ml
・打ち粉・・・適適宣

<ピザソース>
・トマトホール缶詰・・・1缶(400g)
・にんにく・・・1片(5g)
・塩・・・小さじ1/4(1.5g)

★作り方


①ビニール袋にピザ生地の材料を入れ、よくこねる。


②①の生地がまとまってきたら、袋を閉じて15分以上置いておく。


③トマト…湯むきして種と汁を取り除き、果肉を一口大に切る。
     種と汁はホールトマトに加える。
 ホールトマト…つぶしておく
 バジル…適当な大きさにちぎり16等分する
 モッツァレラチーズ…16等分にちぎる
 にんにく…みじん切り


④しらうおは目の細かいザルに入れ、流水で洗う。(生臭さが気になる時は塩を入れて軽くもみこみ、その後流水で洗う)


⑤つぶしたホールトマトをフライパンに入れ、にんにくと塩を加えて焦がさないよう15分ほど煮込んで半分以下の量になったら火を止める。


⑥①の生地を4等分にする。


⑦麺棒で15cmほどの円形に伸ばし、フォークでところどころに穴を開けておく。オーブンを予熱240度にしておく。


⑧クッキングシートの上に生地を置き、オリーブオイル、トマトソースの順にまんべんなく塗る。トマト、チーズ、しらうおをのせていく。


⑨240度のオーブンでおよそ6分焼く。焼き目がつき、チーズが溶けていたらOK。


⑩お皿に盛り、バジルを乗せて完成!切り分けて召し上がれ♪

【レシピ考案】東北女子大学(2017年9月30日開催)
<1人当たり>エネルギー:496kcal たんぱく質:15.9g 食塩:1.3g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第73回 おさかな食育クッキングレポート

2017年10月07日 | 料理教室


9月30日(土)に東北女子大学にて「第73回 おさかな食育クッキング」を開催しました。
9月の食材は「しらうお」「アブラツノサメ」「本ビノス貝」の3品です。
こちらの食材を使って「しらうおのピザ」「さめのハニーマスタード焼き」「本ビノス貝とチンゲン菜のスープ」を作りました。

まずはじめに、東北女子大学の講師の先生より本日の料理教室についての説明がありました。

続いては弊社の相談役より、本日の食材のアブラツノサメ・本ビノス貝・白魚(しらうお)についてお話をしました。

アブラツノサメと白魚は青森県でよくとれるお魚です。
特に青森県小川原湖の白魚の水揚げ量は全国の7割を占め、日本一を誇ります。

アブラツノサメも青森県で取れるサメの多くはこのアブラツノサメなんです。
サメ類の中でも特に味が良く、しっとりとした肉質と旨みが特徴です。

調理手順の説明が終わりましたら、いよいよ調理開始です。

白魚は贅沢にピザへトッピングとして使いました!
ピザ以外の調理を先に済ませ、いよいよピザ作りです。

アルコール消毒をした調理台に打ち粉をまぶしてピザ生地を作ります。




手間はかかりますが、
この一手間でもちもちの美味しいピザができあがります。

ちょうど良い感じになりましたら、ピザ生地を4等分にします。

麺棒で15cmほどの円形に伸ばしたら、フォークでところどころ穴を開けます。

丸く形を整えて、オリーブオイル、トマトソースをまんべんなく塗ります。
この作業が結構難しい!



トマト、チーズ、しらうおを彩りよく盛り付けます。
あとはオーブンで焼けば完成!



完成した料理はこちら。
手作りのピザってなんでこんなに美味しいんでしょうね。


料理が完成したグループから試食開始。
自分達で作った料理はどうでしたでしょうか、おつかれさまでした。

本日のレシピはこちら。
公開中ですので、是非ご自宅でも作ってみてくださいね😋 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする