魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニューナイトーフー

2019年05月30日 | ~寒天(かんてん)~レシピ


杏仁豆腐より癖がなくて、牛乳寒天より柔らかなのが特徴の簡単に作れるデザートです。
フルーツを季節のものにすればいつでも旬が楽しめます♪

★材料(4人分)
・粉末寒天・・・小さじ1(2g)
・水・・・150ml
・砂糖・・・30g
・牛乳・・・150ml
・アーモンドエッセンス・・・2振り

<シロップ>
・水・・・100ml
・砂糖・・・30g
・レモン汁・・・小さじ1(5g)

そのまま召し上がっても、
季節の果物(いちご、キウイ、オレンジなど)をのせても美味しいです!


★作り方

①鍋に水と砂糖を入れ、煮詰めてシロップを作り、粗熱をとってレモン汁を加える。→冷やしておく。

②分量の水に寒天を入れ、かき混ぜながら煮立たせ、煮溶けたら砂糖を加える。

③牛乳を加えてアーモンドエッセンスを加え、粗熱をとる。

④水で濡らした器に入れ、冷やし固める。

⑤果物を切っておく。
 イチゴ…縦に薄切り
 キウイ…皮をむいていイチョウ切りなど

⑥固まったらスプーンで崩し、器の縁からシロップをそそぎ入れ、浮き上がったところに果物を飾れば完成!

【レシピ考案】東北女子大学(2019.5.25実施)
<エネルギー:101kcal たんぱく質:1.5g 食塩:0.0g 脂質:1.5g>



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アガーで作る!オレ・グレゼリー

2018年07月26日 | ~寒天(かんてん)~レシピ

アガーとは、カラギーナンという海藻などからできています。
ゼラチンや寒天と比べて最も透明度の高いアガーは、美しい光沢とゼタチンと寒天の間くらいのプルッとした独特な食感が特徴です。透明感のある、ふるふるのとろけるゼリーにはアガーがおすすめ、30~40℃で固まり、常温でも型崩れしないので、持ち運びもできます。海藻の恵みに感謝して、フルーツゼリーを作ってみましょう!

★材料(4人分)
・アガー・・・10g
・砂糖・・・大さじ5(45g)
・オレンジ・・・1個
・グレープフルーツジュース・・・300ml


★作り方

①アガーと砂糖を乾いたボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。

②オレンジの皮をむき、薄皮を切って、食べやすい大きさにカットする。

③オレンジをカップに入れておく。

④鍋に水を入れ、①をダマにならないようにかき混ぜながら、少しずつ入れ、火にかける。

⑤沸騰したら、さらに1分程かき混ぜて煮溶かす。

⑥火を止めて、常温に戻しておいた果汁(ジュース)を加えて混ぜる。

⑦あら熱がとれたら、②のカップに流し入れ、すぐにとろみがついてくるので、オレンジをそっと持ち上げて浮かす。

⑧冷蔵庫で冷やして完成!!

【レシピ考案】
東北女子大学(2018年7月21日開催)
<1人当たり>カロリー:105kcal エネルギー:105kcal たんぱく質:1.1g 食塩:0.0g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寒天 de ヨーグルトゼリー

2014年06月06日 | ~寒天(かんてん)~レシピ

粉寒天を使って、さわやかなヨーグルトゼリーを作ってみましょう。
暑い季節にぴったりのデザートです。

★材料(4人分)

・粉寒天・・・2g
・水・・・300ml

・砂糖・・・40g
・プレーンヨーグルト・・・200g

・レモン汁・・・小さじ1
・ホワイトキュラソー・・・小さじ1
・好みのフルーツやソース・・・適宜

★作り方

①厚手の鍋に水と粉寒天を入れてよく混ぜ、火にかける。木べらでかき混ぜながら1~2分沸騰させて寒天を煮溶かす。

②①に砂糖を加えて溶かす。

③②の粗熱が取れたら、なめらかに溶いたヨーグルト、レモン汁、キュラソーを加えて混ぜ合わせる。

④水でぬらした器に③を流し込み、氷水または冷蔵庫で冷やす。

⑤よく冷えて、固まったら完成!好みでフルーツやミントを添えて召し上がれ。

【レシピ考案】東北女子大学(2014年5月24日開催)
<1人当たり>エネルギー:75kcal たんぱく質:1.8g 食塩:0.1g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

粉寒天でつくるブラマンジェ

2013年06月01日 | ~寒天(かんてん)~レシピ

ブラマンジェとはフランス語で「白い食べ物」を意味します。
アーモンドを使うのが一般的ですが、今回はきな粉を使ってアレンジします。

★材料(4人分)

・粉寒天・・・2g
・きな粉・・・大さじ1
・生クリーム・・・1/4カップ
・牛乳・・・2カップ
・砂糖・・・30g
・いちご・・・2個

★作り方

①生クリームをガラスボウルに入れ、泡だて器で1分立てにする。

②鍋にきな粉を入れて、少しずつ牛乳を入れてよく混ぜる。そこへ粉寒天を加えて、中火にかける。

③②が沸騰したら弱火にし、2分ほど混ぜながら煮る。砂糖を加えて溶かし、火を止める。

④①に②を加え、よく混ぜる。

⑤器に流し入れ、泡を消してから冷蔵庫で冷やす。

⑥いちごはよく洗ってヘタを取り、カットする。

⑦型から取り出して、盛りつける。季節のフルーツを飾って完成!

【レシピ考案】東北女子大学(2013年5月25日開催)
<1人当たり>エネルギー:160kcal たんぱく質:4.2g 食塩:0.1g

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菱餅風牛乳寒天

2013年03月08日 | ~寒天(かんてん)~レシピ

粉末寒天を使って菱餅風の牛乳ゼリーを作りましょう。
菱餅の緑は健康を、赤は魔よけ、白は清浄の意味を表しているそうです。

3色の色鮮やかなゼリーは、雛祭りのほか、透明な器に入れて作ればおしゃれなデザートとしてもいけますよ。

★材料(4人分)

・牛乳・・・250ml
・水・・・250ml
・粉末寒天・・・4g
・砂糖・・・50g
・いちご・・・50g(3粒)
・粉末緑茶・・・小さじ1(2g)

★作り方

①牛乳と水を合わせて砂糖を入れ、溶けたら粉末寒天を振り入れ、よく掻き混ぜてベースをつくる。

②ベースを3等分しておき、それぞれ①②③とする。

③鍋に粉末緑茶を入れ①を注ぎ良く混ぜながらに煮立たせる。

④水で濡らした流し箱に流し入れ、冷やし固める。(1段目:緑色の部分)

⑤緑色の部分が固まったら、②を掻き混ぜながら煮立たせる。

⑥緑色の部分の上に流し入れ、冷やし固める。(2段目:白色の部分)

⑦白色の部分が固まったら③と潰したイチゴを混ぜ合わせながら煮立たせる。

⑧白色の部分の上に流し入れ、冷やし固める。(3段目:赤色の部分)

⑨しっかりと固まったら菱形に切り、器に盛りつけて完成。

3段目に使うイチゴはイチゴジャムでも代用ができます。その場合はジャムの糖分を考慮して、ベースの砂糖を減らしてみましょう。

【レシピ考案】東北女子大学(2013年3月2日開催)
<1人当たり>エネルギー:89kcal たんぱく質:2.2g 食塩:0.1g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする