魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鮎のハーブ焼き

2019年08月03日 | ~あゆ~レシピ


いつもは塩焼きで美味しさを楽しむ鮎ですが、ちょっとおしゃれにハーブ焼きはいかがでしょうか。一緒に野菜も盛り付けて、塩焼きとはまた違った美味しさを味わいましょう。

★材料(4人分)
・鮎・・・4尾(400g)
・ハーブソルト・・・3g
・小麦粉・・・大さじ2(18g)
・オリーブオイル・・・大さじ3(36g)
・にんにく・・・1かけ(12g)

【お好みで】
・ローズマリー・・・0.3g
・タイム・・・0.3g

・かぼちゃ・・・90g
・ズッキーニ・・・小1/2本(70g)
・レモン・・・1/2個(60g)
・白ワイン・・・大さじ1(15g)

★作り方

①鮎のぬめりを尾側から頭に向かって包丁でこそげ落とし、腹に切り込みを入れて腹わたを取り、水洗いして、水気をふきとる。

②塩(ハーブソルト)をふりかけておく。

③にんにくは薄切り。

④かぼちゃを薄く切る。

⑤ズッキーニは1cmの輪切り。

⑥鮎にうすく小麦粉をからめる。

⑦フライパンにオリーブオイル(大さじ2)をしき、にんにくを炒める。香りがオイルに移ったら、にんにくは取り出しておく。

⑧かぼちゃとズッキーニを並べ、塩コショウをして、両面を焼き上げて取り出す。

⑨フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を足し入れ、鮎は盛り付けるときに表になる側を下にしてフライパンに並べる。

⑩中火にかけ、焼き色がついたらひっくり返し、反対側も同様に焼く。ローズマリーとタイムをかける。

⑪白ワインを加え、フライパンの蓋をして、2~3分程蒸し焼きにする。

⑫お皿に盛り付け、取り出しておいたにんにく、くし型のレモンを添えたら完成!

【レシピ考案】東北女子大学(2019年7月20日開催)
<1人当たり>エネルギー:280kcal たんぱく質:19.1g 食塩:0.1g 脂質:17.1g 炭水化物:9.8g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鮎の南蛮漬け

2011年07月26日 | ~あゆ~レシピ

渓流釣りが好きな人には同じみの「鮎(あゆ)」。

うっすらと黄色をしているのが綺麗ですよね。

6月の解禁が有名ですが、実は”土用鮎”と言われる土用の頃(つまり今!)がもっとも成熟して美味しいんですよ。
地域によって美味しい時期は異なりますが、東北では7月から8月が旬といわれています。

塩焼きが一番ポピュラーかと思いますが、唐揚げや煮付けも美味しい川魚です。

そこで今日はさっぱりとしたレシピをご紹介します。



鮎の南蛮漬け


[ジャンル]


和食



[難易度]


★★★☆☆




[調理時間]

20分








[[ 材料と分量 ]]・・・3人前




  • 3尾



  • 玉ねぎ(中)

  • 1/2



  • 長ねぎ(細め)

  • 1本



  • レモン

  • 1/2個



  • 片栗粉

  • 少々



  • たかの爪

  • 少々



  • 2杯酢

  • (酢1/2カップ、醤油大さじ2、みりん大さじ2)



  • 塩こしょう

  • 適量





[[ 手順 ]]

下準備



作り方



1 )
アユは包丁の刃で表面のぬめりを取り、3枚下ろしにし、水分を取り除きます。



2 )
3枚におろしたアユはキッチンペーパーで水気をとり、塩こしょうで下味をつけて片栗粉をまぶしておきます。



3 )
レモン・玉ねぎは薄くスライスし、長ねぎは3cmに切ります。



4 )
中温の油でじっくり揚げます。

一度油から上げ、今度は高温でカラッと揚げます(2度揚げ)



5 )
揚げたあゆは、玉ねぎ・ねぎ・レモン・刻んだたかの爪と一緒に2倍酢に漬け込みます。

味がなじんだらできあがり。



1度作ると2・3日もつ南蛮漬け。

2度揚げと、揚げたあとすぐに漬け込むのがポイントです。










コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする