魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホタテ稚貝のコンソメスープパスタ

2015年03月14日 | ~ホタテ~レシピ

ホタテの稚貝が市販されているのは青森県の特権!!そこでアサリに代えて安くて美味しいホタテ稚貝でスープパスタを作ってみましょう!旨みがギュッと詰まって美味しい一品です。

★材料(4人分)

・ホタテ稚貝・・・400g
・スパゲッティ・・・300g
・しいたけ・・・3枚(60g)
・しめじ・・・1株(100g)
・にんにく・・・1かけ(6g)
・イタリアンパセリ・・・3本
・白ワイン・・・50ml
・固形コンソメ・・・1個
・水・・・800ml
・こしょう・・・少々

★作り方


①ホタテ稚貝をよく洗う。



②しいたけ…石づきを取りスライス
 しめじ…石づきを切り落とし小房に分ける
 にんにく…みじん切り
 イタリアンパセリ…荒みじん切り
 固形コンソメ…お湯で溶かしてコンソメスープにしておく


③フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけ、香りが立ってきたらホタテ稚貝、白ワインを加えて蓋をする。


④稚貝の口が開いたら、しいたけ・しめじを加えて炒め合わせ、コンソメスープを加えて1~2分煮る。こしょうで味を調える。。


⑤たっぷりのお湯に塩を加え、スパゲティを表示より1分短く茹でる。(スパゲティを半分に折ってから茹でると食べやすいです)


⑥④に⑤を加えて1分ほど加熱する。


⑦お皿に盛り付けて、イタリアンパセリを散らせば完成です!

【レシピ考案】東北女子大学(2015年3月7日開催)
<1人当たり>エネルギー:377kcal たんぱく質:24.6g 食塩:1.3g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヤリイカとスナップエンドウのオニドレサラダ

2015年03月14日 | ~いか~レシピ


やわらかくて甘いやりいかを旬の野菜と一緒にサラダで食べましょう。たまねぎで作ったドレッシングと合わせるとさらに美味しさが増します。

★材料(4人分)

・ヤリイカ・・・2杯(250g)
・酒・・・大さじ1
・スナップエンドウ・・・12本(120g)
・紅水菜・・・1房(50g)
・プリーツレタス・・・2枚(40g)
・オニオンドレッシング・・・90~120g

★作り方


①ヤリイカの軟骨を抜き取り、目玉とくちばしも取って輪切りにする。足は3cmくらいに切る。


②沸騰したお湯に酒を加えて、サッと茹でる。ザルに上げて水をきっておく。



スナップエンドウ…筋を取り、塩を加えたお湯で1分ほど茹でて、流水にさらして熱をとる。3等分くらいに斜め切りする。

紅水菜…よく洗って根を取り、3cm長さに切る。

プリーツレタス…よく洗って食べやすい大きさにちぎり、水気を切る。


④①とスナップエンドウをオニオンドレッシングで和える。


⑤器にプリーツレタスと紅水菜をしき、その上に④をのせて完成。

<オニオンドレッシングの作り方>

★材料(4人分)

・玉ねぎ・・・中1個(250g)
・にんにく・・・1/2かけ(3g)

<a>
・塩・・・20g
・砂糖・・・12g

・酢・・・140ml
・油・・・540ml

①玉ねぎとにんにくを粗く刻んで、ミキサーに入れて<a>を加える。

②酢を半量入れてミキサーを回す。

③ミキサーを回しながら、時々少しずつ油を加え、なめらかになるまで様子をみる。


④煮沸かしたガラス瓶に保存すると、冷蔵庫で一ヶ月程度保存が可能です。

【レシピ考案】東北女子大学(2015年3月7日開催)
<1人当たり>エネルギー:248kcal たんぱく質:4.3g 食塩:0.9g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本鱒の香草焼き

2015年03月14日 | ~ます~レシピ


今が旬の本鱒(ほんます=さくらます)。焼き魚にすると勿論美味しいですが、ドライハーブを上手く使うとシンプルな焼き物料理がイタリア料理に大変身!レストランの味を家庭で味わってみましょう!

★材料(4人分)

・本鱒・・・半身(400g)
・にんにく・・・1かけ(6g)

<a>
・しょうゆ・・・大さじ2
・白ワイン・・・大さじ1
・こしょう・・・少々

<b>
・ローズマリー・・・小さじ1/2~1/4
・タイム・・・小さじ1/2~1/4
・オリーブオイル・・・小さじ1
・レモン・・・1/2個

★作り方
①本鱒は四等分に切る。


②にんにく…薄切り
 レモン…くし型に切り、種をのぞく


③本鱒に<a>を絡めて、<b>に振り掛け、オリーブオイルをかけて10分置く。


④③の汁気をきり、クッキングシートを敷いて230℃のオーブンで12~12分こんがりと焼く。


⑤お皿に盛り付けてレモンを添え、あればイタリアンパセリを飾ったら完成です!

【レシピ考案】東北女子大学(2015年3月7日開催)
<1人当たり>エネルギー:249kcal たんぱく質:21.6g 食塩:1.4g
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第58回 おさかな食育クッキング レポート

2015年03月13日 | 料理教室

青森県弘前市にある「弘前水産地方卸売市場」では、魚食文化の普及と食育をテーマに、隔月でお料理教室を開催しております。

3月7日(土)、東北女子大学において、第58回となる「おさかな食育クッキング」を開催しました。
今回もこの時期に旬を迎える食材「本ます」「やりいか」「ほたての稚貝」を使った子供から大人まで楽しめる春にピッタリな洋食メニューを作りました。

今回のメニューはこちら

ホタテの稚貝とは、成長途中の貝のことであり、
青森県のホタテ養殖は、成長まで大きくして引き揚げる…のではなく、
半成貝まで育ててからスチームボイルして、ベビーホタテとして出荷されます。その過程で間引きされたものが稚貝です。

青森県ではホタテの養殖が盛んな陸奥湾を中央に抱えることから、
養殖作業のタイミングでこうした「稚貝」が格安でスーパーで販売されているんですね。

さてさて、当日の様子を紹介をさせていただきます

今回もたくさんのご応募いただきありがとうございます
また今回のお料理教室がはじめての参加・・・という方も沢山いました(^^)

まずは本日の食材の説明が講師の先生からありました。

食材の説明が終わりますと、前の調理台に皆さん集合して、実演しながら調理の流れの説明に入ります。
「本ますの香草焼き」と「ヤリイカとスナップエンドウのオニドレサラダ」の説明から。

鮮やかなオレンジ色をした「本ます(さくらます)」です。
脂がのっているのに、あっさりした味わいでとっても美味しいお魚です。

「ヤリイカ」は軟骨、目玉、くちばしを取り輪切りにしていきます。

「ヤリイカ」はヤリの穂先を思わせる細長い形をしたイカです。
お刺身にして食べるのが絶品ですが、煮て、焼いて食べても身が柔らかく甘いのが特徴です。

ここまで2品の説明がありました。
残りの「ホタテ稚貝のコンソメスープパスタ」は、また後でと言うことに。

今回も東北女子大学の生徒さん作成の"イカのおはなし"。
イラスト付きでとってもわかりやすいですね。

親子で参加される方も増えてきました。
皆さん楽しそうにお魚や野菜を切っていましたよ

子供用の包丁も準備していますので安心です

学生さんにアドバイスを受けて、スナップエンドウの筋を取っていきます。

こちらは慣れた手さばきの男性。
ヤリイカを輪切りにしていきます。足は3cm位の大きさに切ります。

2品、一通りの作業が終わるとまた前の調理台に集まります。

オニオンドレッシングの作り方の実演です。
今回はこのとき実演で作ったものを各班に配布という形になりました。

たまねぎ、にんにく、油、調味料などたっぷり入れてミキサーにかけます。
こんなにたくさんの塩分と油が使われていたなんて・・・と皆さん驚いていました。



いい香りがしてきたかな?子供たちも興味津々です。


ホタテの稚貝は軽く水洗いをして汚れを落としていきます。
稚貝は砂抜きの必要がなく、軽く水洗いするだけで十分なのですぐに使えて便利な食材です(^^)

スパゲッティは食べやすいように半分に折ったあとに、お湯の中に投入。

お皿にきれいに盛り付けていきます。
貝が邪魔なようであれば貝の部分を取って盛り付けしていってもオシャレな感じになります。


完成したメニューを撮影させていただきました!
どれも美味しいと好評でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする