魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

生真鱈子のスパイシー生春巻き

2023年01月21日 | ~タラ(たらこ)~レシピ

真鱈子は真鱈の卵で表面が黒く普段よくスーパーでみかけるたらこ・明太子の卵であるスケソウダラの卵より大きいのが特徴です。津軽地方ではしょうゆ漬け・煮つけなどの料理に用いられます。

★材料(2人分)
・生真鱈子・・100g
・マヨネーズ・・10g
・サンチュ・・60g(6枚)
・人参・・20g
・大根・・20g
・むきえび・・50g(6尾)
・ライスペーパー・・3枚
《A》
・油・・6g
・ガーリックパウダー・・0.1g
・一味・・0.2g
・醤油・・6g
・水・・60g


 
①真鱈子を何等分かに切り分ける。ライスペーパーは半分に切っておく。

②フライパンに油を入れ温まったら真鱈子を加え、《A》の調味料を順番にかけてから5分ほど蒸していく。

  
③むきえびを茹でる。色が変わったら取り出し半分に切り分ける。


④②の真鱈子の過熱を確認したら、ボウルに移しマヨネーズを加えたらこをほぐしながら混ぜていく。

⑤人参と大根は約4cmの長さの千切りにしておく。

  
⑥サンチュに④の真鱈子・千切りにした人参・大根を乗せて巻いていく。

   
⑦ぬるま湯にライスペーパーをサッと入れてから、巻いていく。
ライスペーパーの上に、むきえび・⑥の順でのせてから巻いて完成!

【レシピ考案】柴田学園大学短期大学部(2023年1月21日開催)
<1人あたり>・エネルギー 217kcal ・たんぱく質 32.7g 
・脂質 9.5g ・塩分 1.9g















ボリューム満点!サバサンド

2023年01月21日 | ~さば~レシピ
サバには栄養や効果が沢山あり、疲労回復や骨を強化する働きをしますが、
特にDHA・EPAが豊富に含まれています。

★材料(2人分)
・サバ・・120g
・食塩・・1g(サバ下処理用)
・食パン・・120g
・バター・・2g
・トマト・・40g
・三つ葉・・16g
・玉ねぎ・・50g
・食塩・・0.6g(玉ねぎ下処理用)
・スライスチーズ・・40g
・しそ・・1g
 
①サバ塩を振っておき、玉ねぎは薄切りにした後塩を振って水にしばらく浸しておいてからキッチンペーパーで水気を取る。

 
②トマトは輪切り、三つ葉は食べやすい長さに切る。

 
③サバの皮目を下にして中火で6分焼く。ひっくり返して2分焼く。

  
④食パンを2分焼き、バターを塗りチーズをのせたのち1分焼き
食パンの向きを変えたらさらに1分焼く。

 
⑤食パンに食材を挟み、食べやすいよう半分に切ったら完成!


【レシピ考案】柴田学園大学短期大学部(2023年1月21日開催)
《1人あたり》・エネルギー 358kcal ・たんぱく質 22.4g 
・脂質 18.3g ・塩分 1.4g