魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベビーホタテのゴマドレサラダ

2011年03月30日 | ~ホタテ~レシピ

ベビーホタテは、その甘さが何よりの特徴!
最近ではボイル済みの物がパックになって売られているので
殻付きのベビーホタテと違ってお手軽です。

野菜も一緒にモリモリ食べれてしまうので、オススメの一品です。

お好みでトマトやエビなど、お好きなものをどうぞ!



ベビーホタテのゴマドレサラダ


[ジャンル]


中華



[難易度]


★☆☆☆☆




[調理時間]

5分








[[ 材料と分量 ]]・・・4人分



  • ベビーホタテ

  • 20個前後



  • ベビーリーフ

  • 1袋



  • オクラ

  • 4本



  • みょうが

  • 1本



  • 【ゴマドレッシング】




  • すり黒ゴマ

  • 大さじ2



  • 甘酢(すし酢)

  • 大さじ1



  • チキンスープ顆粒

  • 小さじ1/2



  • ごま油

  • 小さじ1



  • ラー油

  • 少々



  • 市販のゴマドレッシング

  • 大さじ2





[[ 手順 ]]

下準備



作り方



1 )
ベビーリーフは冷水で洗い、しっかり水気を切り冷蔵庫で冷やします。






2 )
おくらは熱湯に入れてさっとゆでます。水にとって粗熱をとり、水気をふいて食べやすい大きさに切ります。




3 )
みょうがは薄い輪切りにして、水にさらした後、水気をしっかり切ります。



4 )
レシピにある分量で、すり黒ゴマ・甘酢・チキンスープの素・ごま油・ラー油・ゴマドレッシングを混ぜ合わせます。



5 )
器にベビーリーフ・オクラ・みょうがをもりつけ、ベビーホタテをのせて、ドレッシングをかければ完成です!よく冷やしてお召し上がりください!




お好みでトマトを入れても美味しいですよ










コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地震後の当地場…

2011年03月18日 | インポート

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震において、お亡くなりになられた方々へのご冥福をお祈りしますと共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当市場は青森県弘前市に在りますが、幸いなことに人的被害、家屋倒壊などありませんでした。

しかし高速道路の不通・燃料不足により物流に影響が出ております。

被害の大きい三陸方面からの入荷もなく、関東・北海道からの入荷も不安定な状態となっておりますが、青森県近海の水産物においては若干の入荷がございます。

近隣のスーパーや小売店などには、まだまだ十分な食料品類が行き渡っておりませんが、市場の役割とも言える「水産物の安定供給」を目指し、今後も全力を尽くしていきます。


また、当市場と取引のあった三陸方面の荷主・メーカーの方々に若干ではありますが連絡がついたところもあり、市場関係者もそのたびに胸を撫で下ろしております。





なお、3月19日に予定をしておりました「お料理教室」は中止となりました。
(なにぶん、食材の確保が難しいもので…)
今後の開催はブログなどでお知らせいたします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホタテの稚貝のガーリックパスタ

2011年03月10日 | ~ホタテ~レシピ

ホタテの稚貝を使ってパスタに挑戦。

ホタテの稚貝は、ボイルすると簡単に貝から身を外せるんですよ~。

身の割りに貝が大きくて食べずらいという方は、ボイルして貝から身を外して使ってみてくださいね。

ちなみに食べてはいけないとされる黒い部分「ウロ」ですが、稚貝の場合は蓄積されてる毒素が少ない為、食べても問題はありません。
(ホタテの部位はコチラをご覧ください)

ただし、ボイル後に冷凍保存をする場合は、念のため「ウロ」は取り除いて冷凍してください。
(稚貝のウロは指で簡単にちぎり取れます)




ホタテの稚貝のガーリックパスタ


[ジャンル]


イタリアン



[難易度]


★☆☆☆☆









[[ 材料と分量 ]]・・・4人分



  • パスタ

  • 250g



  • ホタテの稚貝

  • 20前後



  • えび

  • 16尾



  • イカ

  • 1尾



  • にんにく

  • 2片



  • オリーブオイル

  • 適量



  • 醤油

  • 大さじ3



  • 塩こしょう

  • 少々





[[ 手順 ]]

下準備



1 )
ホタテの稚貝は、貝をこすり合わせて洗います。



2 )
熱したお湯に入れて、口が開くまでボイルします。



3 )
口が開いたら、貝から身を取り出します。



作り方



1 )
にんにくは摩り下ろしておきます。



2 )
エビは殻を剥いておきます。イカは食べやすい大きさに輪切りにしておきます。



3 )
熱したフライパンにオリーブオイルを敷いて、稚貝・エビ・イカを炒めます。



4 )
茹であがったパスタを加えて、ニンニク・醤油・塩こしょうを混ぜ合わせます。



5 )
仕上げにオリーブオイルを少量垂らして混ぜ合わせれば完成です。











最後にポチポチお願いします^^;


ランキングに参加中です


コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

絶品!ホタテの稚貝みそ汁

2011年03月08日 | ~ホタテ~レシピ


春になるとホタテの稚貝が出回ります。

~稚貝ってなあに?~

海中に小さな網目のあみかごを入れておきますと、

秋には親指の爪くらいに成長したホタテの1年貝が付着します。

これが6~7.5cmくらいに成長したものが稚貝です。

つまり成長前のホタテが稚貝です。

大人のホタテになる前の小さなほたて。

これを「稚貝」と言います。


小さいですが、甘みは大きなホタテに勝るとも言われています。

さらにホタテには弱った肝臓を回復する効果があり、疲労回復効果のあるタウリンを豊富に含んでいます!

お味噌汁の具はもちろん、酒蒸しや、スパゲティーにも大活躍。

美味しいのに値段も安いので、とっても助かります!

しかもホタテの違いは砂抜き要らず!スーパーで買ってきたら、軽く水洗いして直ぐ使えます^^




絶品!ホタテの稚貝みそ汁


[ジャンル]


和食



[難易度]


★☆☆☆☆




[調理時間]

10分








[[ 材料と分量 ]]・・・4人分



  • ホタテの稚貝

  • 20枚



  • ほんだし

  • 4g




  • カップ4杯



  • 味噌

  • 大さじ3



  • ネギ

  • 適量





[[ 手順 ]]

下準備



作り方



1 )
稚貝は貝をこすり合わせるようにして洗う。



2 )
鍋に水とほんだしを入れ、沸騰したら味噌を溶き入れる。



3 )
稚貝を入れて、貝が開くまで煮たら、小口切りにしたねぎを入れて完成!












最後にポチポチお願いします^^;


ランキングに参加中です


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鯛のアラ煮

2011年03月04日 | ~鯛(たい)~レシピ


鯛のアラを煮付けにしました。

盛り付けの時に頭の部分がくずれてしまったので、

写真はカマの部分です・・・。残念。


煮るまえに、塩をふって10分くらいおき、

熱湯に入れて1分くらいしたらざるにとります。

流水で残っているうろこや、内臓をきれいに取り除いてから

煮付けにすると、臭みの無いおいしいアラ煮に仕上がります。





鯛のアラ煮


[ジャンル]


和食




[調理時間]

30分








[[ 材料と分量 ]]・・・2人分



  • 鯛の頭やアラ

  • 1尾分




  • 適量



  • 日本酒

  • 100cc




  • 400cc



  • しょう油

  • 大さじ4



  • みりん

  • 大さじ2



  • 白髪ねぎ

  • 少々





[[ 手順 ]]

下準備



作り方



1 )
包丁の背を使って鯛のウロコをきれいにそぎ取ります。



2 )
アラに塩を少々まぶし、10分くらいおきます。



3 )
熱湯にアラを入れ1分くらいしたらざるにとり、流水でのこっているウロコや内臓をきれいに洗い流します。



4 )
鍋に水と酒、しょう油、みりんを沸かし、沸騰したら3のアラを入れ20分ほど煮ます。



5 )
煮汁が半分ほどになったら、お皿に盛り付け、白髪ねぎを添えれば、できあがりです。



■霜降りは絶対にしましょう。その方が断然美味しいです。

■調理量はお好みで加減してください。









最後にポチポチお願いします^^;


ランキングに参加中です





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする