魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

夏野菜とシーフードの本格カレー

2010年07月05日 | ~シーフード~レシピ

とっておきのカレーレシピ。

今日はカレーの特徴は
①小麦粉ではなく片栗粉を使うこと。
②短時間で本格的なシーフードカレーに仕上がること。
③辛さも、まろやかさも調節できること。

シーフードのエキスをたっぷり使って

こくのある、スパイシーだけどまろやかなシーフードカレーを作りました。

さらさらとした軽い濃度のシーフードカレーは、

この時期ドロッとしたカレーよりも食べやすいと思います。

材料が多く感じられますが、作ってみると意外と簡単です。

しかも煮込み時間が10分足らずなのに本格的な味に仕上がる、

魔法のカレーです

夏野菜もシーフードも好きなものを使ってください。





夏野菜とシーフードの本格カレー


[ジャンル]


洋食



[難易度]


★☆☆☆☆




[調理時間]

30分








[[ 材料と分量 ]]・・・作りやすい分量



  • エビ

  • 15~20尾



  • イカ

  • 2~3ハイ



  • ベビーほたて

  • 10個くらい



  • 玉ねぎ

  • 1個



  • トマト

  • 2~3個



  • しょうが

  • 1片



  • にんにく

  • 1片



  • (A)コンソメ+水

  • コンソメ大さじ2と水800~1000ml



  • 白ワイン

  • 100ml



  • カレー粉

  • 大さじ2



  • 片栗粉

  • 大さじ1



  • 塩・こしょう

  • 少々



  • バター

  • 20g



  • サラダ油

  • 大さじ1



  • ガラムマサラ

  • 少々



  • 生クリーム

  • 100ml



  • 夏野菜(パプリカやナス、アスパラなど)

  • お好みで





[[ 手順 ]]

下準備



1 )
エビは殻を取り、背に浅く切り込みを入れ、背わたをとる。塩水で洗い、水気を切る。

イカは足をもって胴から引き抜き、軟骨を取り出して1~1.5cmの輪切りにする。足は付け根でワタごときり落とし、足先も切りそろえ、くちばしをとったら2本ずつに切り離す。

イカも塩水で洗い、水気を切っておく。



2 )
玉ねぎはみじん切り、トマトは8つのくし切りにし、しょうが・にんにくはみじんぎりにする。




3 )
スープに使う(A)を一旦煮立てておく。



4 )
夏野菜は食べやすい大きさに切り、油で素揚げして、油を切っておく。



作り方



1 )
魚介を鍋に入れ、白ワインを入れてフタをし、中火にかけて蒸す。時々ゆすりながら火を通し、色が変わったら火をとめる。





2 )
フライパンには、サラダ油とバター半量(10g)を入れ、弱めの中火で熱し、玉ねぎを炒める。しんなりしてきたら、残りのバターとしょうが、にんにくを加えて炒め合わせる。





3 )
香りがたってきたら、カレー粉・片栗粉を加え、ダマにならないように炒め合わせる。





4 )
煮立てておいた(A)のスープを2~3回に分けて加え、強火にし、煮立ったらトマトを入れる。





5 )
魚介の蒸し汁も加え、再び煮立ったら火を弱め、7~8分煮て、魚介を加え、生クリーム・塩・コショウで味を整える。お好みでガラムマサラを加える。



6 )
お皿にごはん、カレー、夏野菜を盛り付けて完成。



■生クリームの量は目安です。お好みで調節してください。

■ガラムマサラは味をみながら少しずつ加えましょう。入れすぎると辛くなります。









ポチッと押していただけると、励みになります^^;


ランキングに参加中です↑




コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ダイエットに!もずく冷やし中華 | トップ | ツナと大根のカレー風味サラダ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

~シーフード~レシピ」カテゴリの最新記事