ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『エミリー・ローズ』

2006-01-14 10:54:19 | 新作映画
----「この映画はホラーではない。実話である」……
これどういうこと?ホラーじゃニャいの?
「うん。ぼくも以前、だれかにそう言ったら、
『いや、宗教をめぐる法廷サスペンスです』と返されて
『えっ?』と思ったことがある。
そのため、これはキツい映画かな、と思って身構えていたんだけど…。
やはりオカルト・ホラーでもあったね。
原題も『THE EXORCIZM OF EMILY ROSE』だし、
テーマは深遠でも、キリスト教に縁遠い我々から見ると
ホラーに映るのは仕方ないかもね」

----そのタイトルからすると、
エミリーと言う女性から悪魔祓いをする話なのかニャ?
「そう。エミリーという女性が悪魔に取り憑かれて、
ムーア神父(トム・ウィルキンソン)がエクソシズム、
つまり悪魔祓いの儀式を行うんだけど、
失敗して結局は死んでしまう。
しかもその途中、
神父はエミリーに薬を与えることを止めたことから、
過失致死罪で起訴され、法廷で裁かれることになってしまう。
そこで敏腕弁護士エリン(ローラ・リニー)が弁護に当たる。
エリンの上司はカールは、
大切な顧客であるカトリック教会の意向を汲んで
神父に証言をさせないよう彼女に命じる。
しかし神父は、自分はエミリーについて何が起こったかを
彼女のために法廷で証言したいと、
自らの信念を貫こうとする…」

----ニャるほど。法廷サスペンスだ。
でも『エクソシスト』のような怖いシーンはあるんでしょ?
「もちろん。
スパイダー・ウォークとまではいかないけど、
取り憑かれたエミリーの異様な姿がかなり丁寧に描き込まれる。
ただ、効果音を大きくしたり、
エミリーから見える人の顔が化け物風だったりと、
このあたりの恐怖描写は、ジャパニーズ・ホラーを見慣れた後では、
あまり新味はなかったね。
そうそう、この映画で悪魔が現れるのは
夜中の3時が多いと言うことが分かった」

----えっ、なぜ?
「一つは<三位一体>を否定するため。
そしてもう一つがキリストが死んだ午後3時の
ちょうど反対の時間だからと言うことらしい」

----だから、昨夜は珍しく夜中に起きなかったんだ(笑)。
「・…………・」
----ごめんごめん。
でも、こういう話聞くと、
いつも不思議に思うんだけど、
なぜ取り憑かれる人とそうでない人がいるの?
「取り憑かれるのは感覚過敏症の人に多いらしい」
----ふうん。でもなぜ神は彼女を助けないの?
「それこそがこの映画の重要なテーマ。
全米初登場でNo.1を獲得した理由も
その辺りにあるかも。
あっ、それと裁判の行方も、ちょっと驚くかもね…」

          (byえいwithフォーン)

※夜中の3時は怖い度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


※画像はフランス・オフィシャルのwallpaperより

コメント (14)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
« 『ナルニア国物語 第1章・ラ... | トップ | 『最終兵器彼女』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
怖かったっす (ノラネコ)
2006-03-12 11:19:29
確かにホラーというよりも法廷物でしたが、恐怖描写はかなり怖かったです。

法廷シーンがクッションになるんで、良くも悪くも怖さは連続しないですけどね。

特にジェニファー・カーペンターの顔怖すぎ。

夢に出てきますよ、あれは(笑

■ノラネコさん (えい)
2006-03-12 11:35:06
おはようございます。



ジェニファー・カーペンター、

普段からちょっと怖い(?)顔でしたものね。

でもあの役、よく引き受けたなあって思いました。

『エクソシスト』当時のリンダ・ブレアと違ってお年頃なのに…。
キリスト教 (ゆづ)
2006-03-12 20:17:13
えいさん、こんにちは。



>キリスト教に縁遠い我々から見ると



確かに教会の影響力とか、

普段から神父さまがどれくらい尊敬されている存在なのか、

というのすらわからない私には

ピンとこない部分もありました。

ハリウッド映画はキリスト教が根底にある作品が多いと聞くし

聖書などをもっと勉強すると

映画もさらに面白くなるのかなぁと思うこのごろです。
■ゆづさん (えい)
2006-03-12 21:23:30
こんばんは。



どなたかが書いてられました。

悪魔が日本で出てきた映画は観たことがない……と。



それはさておき、

先日読んだ『ダ・ヴィンチ・コード』もそうですが、

キリスト教が日常の中に前提としてある西洋人と

キリスト教と無縁な私たち日本人では、

同じものを観ても感じとり方が

大きく違うのではないかと思えてなりません。
イナバウアー^^; (にゃんこ)
2006-03-14 22:05:13
なんかエミリーの教会での反り具合が”イナバウアー”に似てるからって

あの予告は・・・という声があがってるとか、いないとか^^;

変なことに反応するもんだなぁ~とちょっと呆れてます。

日本の丑三つ時は、お化けの出る時間・・・

実は関連性あったんでしょうか?(笑)

ちなみに真夜中・・・2時22分とか、3時33分とかに

目覚めちゃうと^^;;;友人たちの間では

ぞろ目の呪いと呼んでます。
■にゃんこさん (えい)
2006-03-15 00:39:11
この映画を観た時、

夜中に目が覚めても

絶対に時計は観るまいと思いました。

でも、いろんな方のところを訪れると、

「見たらちょうど2時59分だった」とか、

書いてられる方も。

勇気あるなあ。



そうそう、ぼくは昔から時計を見ると

22時22分と言うのがけっこう多いです。

こんにちは (鈴 薔薇子)
2006-03-19 13:10:12
こんにちは。

トラックバックありがとうございました。

こちらからもトラックバック返させていただきました。



法廷劇はかなりいいできの映画でしたよね。

そこにホラー要素が入ってるって思ったらスゴクいい。

最初にホラーだと思って行っちゃったのでちょっと拍子抜けしちゃいました。残念。
■鈴 薔薇子さん (えい)
2006-03-20 00:24:19
こんばんは。



ぼくはこの映画を人から

「まじめな法廷劇」とうかがっていたので、

なるほどって感じでした。

でも怖いシーンもよくできていたと思います。
キリスト教 (MA)
2006-03-23 10:15:51
とてもすごいとおもいました。みる前まではこわそ~ってしか思ってなかったけど、最後までみるとすごいなぁ(≧▽≦)ってまじ思った!悪魔は存在するし、神様も存在するんだなー!!善は悪に勝利するのはまじホントだとおもう~♪♪ エミリー・ローズは自分を犠牲にして死を選んだのがすごいキリストへの信仰だなぁとおもいました!
■MAさん (えい)
2006-03-23 19:24:28
こんばんは。



神がいるなら悪魔もいるという、

言われてみればなるほどのお話。

しかも法廷では、

無神論者が悪魔の存在を語らなくてはならない……。

とても凝った物語でした。

恐怖描写より、そちらの方が心に残りました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

53 トラックバック

エミリー・ローズ/THE EXORCISM OF EMILY ROSE (我想一個人映画美的女人blog)
全米初登場No1というのにはそれほど驚かないけど、これは ホラーではなく、実話 それこそが、この映画の最も凄いところであり、興味深いところ。 前代未聞! 法廷で\"悪魔の存在\"を初めて認めた。 悪魔払いの儀式後、謎の死を遂げた19歳の少女、エミリーローズの死をめぐ
「エミリー・ローズ」試写会 (ミチミチ)
「エミリー・ローズ」 監督 スコット・デリクソン CAST ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット・・・story  悪魔祓いをした神父。彼は逮捕された。悪魔祓いをされた少女。彼女は見るも無残な姿で死んでしまった。悪魔はいたのか?ここれは実際に
エミリー・ローズ THE EXORCISM OF EMILY ROSE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジェニファー・カーペンター、ローラ・リニー、 トム・ウィルキンソン主演 19歳のエミリー・ローズは凄惨な死を遂げる 医学調査団はこの死を人為的な不自然な死であると告げる エミリーの症状を見て医者は精神病とか癲癇として 薬の投与を命じます しかしエミリーは悪魔
映画「エミリーローズ」はホラーではない。法廷劇ですう~ (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
全米で初登場NO1になった 「エミリーローズ」の試写会に行ってきました。 コピーにもあるように 「悪魔のしわざか」「病気か」 初めてオカルトの要素と裁判劇をミックスした作品です。 「こわー」「ホラー」と思って迷っている方へ 「大丈夫ですよ」 これは「法廷劇」
『エミリー・ローズ』ブロガー限定試写会 (Dear Travelers)
ソニーピクチャーズ試写室で開催された、映画『エミリー・ローズ』のブロガー限定試写会へいってきた。 \"ブロガー限定\"というだけあって、かなりコアな映画ファンが集められたのか?驚いたのは、映画のエンドロールが終了するまで、誰一人として立ち上がる人がいなか
エミリー・ローズ (Rohi-ta_site.com)
試写会で、出演:ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット/ジェニファー・カーペンター/コルム・フィオール/ジョシュア・クローズ/脚本:ポール・ハリス・ボードマン/スコット・デリクソン/監督:スコット・デリクソン/作品『エミリー・ローズ』を観ました
エミリー・ローズ (ネタバレ映画館)
 『エクソシスト』では首が回るシーンが有名だが、この映画ではまるで中国雑技団によるイナバウアーのような決めポーズが印象に残る。
「エミリー・ローズ」試写会にて 何故悪魔に憑かれたのか (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
BBT主催『エミリー・ローズ』の試写会に行ってきました。
『エミリー・ローズ』 (*Sweet Days*  ~movie reviews etc~)
ローラ・リニー主演。 19歳の女子大生のエミリー・ローズはある日を境に幻覚を見るようになり、体が硬直し痙攣を起こし、様々な異常行動を起こすようになっていた。悪魔に取り憑かれたことによる物だとして、ムーア神父が献身的に彼女に悪魔祓いの儀式などを行うが甲斐も
「エミリー・ローズ」(2005) 試写 (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
3/11(土)より全国ロードショーです。\"THEEXORCISMOFEMILYROSE\"監督・・・スコット・デリクソン出演・・・ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、ジェニファー・カーペンター、コルム・フィオール、ジョシュア・クローズ、ケン・ウェルシュ、ダ.
エミリー・ローズ 評価額・1010円 (Blog・キネマ文化論)
●エミリー・ローズを観賞。 19歳の大学生エミリーはある日、原因不明の痙攣と幻覚
「エミリー・ローズ」■これは法廷ドラマである。 (映画と出会う・世界が変わる)
これはホラー映画、オカルト映画ではない。ジャンルとしては法廷ドラマである。但し、その法廷で扱っているのは「悪魔は存在するか否か」である。従って、この映画にホラー映画にありがちなショック描写を期待してはいけないし、逆にホラー映画は嫌いだと、この映画を見る...
【映画】『エミリー・ローズ』宗教vs司法の法廷映画、ホラーとイ... (よきにはからえ。)
エミリー・ローズの駅貼りのポスターのロゴにビックリして(DTP屋はチェックして!“ちょwwwwおまwwwありえん!”って思うから!)早速見てきました。つか『シリアナ』・『ミュンヘン』は来週ということで…『エクソシスト』ホラー風味な映画なのかな?と思っていたら意外...
エミリー・ローズ・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
久々の本格オカルト映画だと思って観に行ったら、真面目な裁判劇だった。 1970年代に当時の西ドイツで起こった、悪魔祓いによる死亡事件とその後の裁判をベースにした「エミリー・ロー
エミリー・ローズ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆    鑑賞直後、悪魔の仕業に遭遇した私!?
「エミリー・ローズ」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「エミリー・ローズ」  公式サイト 劇場鑑賞 ゆづの好き度 ★★☆  (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年3月11日公開  上映時間120分 この作品は、平成16年に「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が成立し もうすぐ裁判員制度が実施さ
「エミリー・ローズ」ブロガー限定試写会 (お熱いのがお好き)
先日、映画「エミリー・ローズ」ブロガー限定試写会っていうのに当たって 観てきたんですが、(その前にもエミリー・ローズの試写会当たって2回目。しかも同じ場所。) 場所がソニーピクチャーズ試写室だったんですが、ここは マスコミ向けの試写室なのかな~。 ...
映画館「エミリー・ローズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「ホラーではない実話である」とあるように実話が元になっているというこの作品、、、たしかに、ホラーでは無かったです。法廷劇色が強い作品でしたが、ホラーよりも怖く感じました。 エミリーが亡くなったのは、病気のせいか、悪魔のせいかの裁判が始まります。証言の...
この映画はホラーではない!実話である!(2006年6本目) (ON THE ROAD)
      エミリーローズは あなたの妹、娘、親友だったかもしれない。 彼女の身に起こったことは 誰にでも起こりうることなのだ この映画はホラーではない 実話である。 ある18歳の女子大生が突然奇妙な症状に悩まされる。 医師の治療を受けるが一向に症状は良くなら
「エミリー・ローズ」鑑賞 (Cafeアリス)
ホラーじゃなくて、実話だという「エミリー・ローズ」観て来ました。 あちこちの感想を読んでみても、けっこう評判がいいし、 ムービーウォーカーの満足度のアンケートも、74点だったし。 これは、やはり観ておこうと、風邪の治るのを待たず観たんですが。 映画は、...
エミリー・ローズ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
エクソシスト系なら・・・微妙に眠くなるかもしれないなぁ~ とは思ったんだけど、キライな世界じゃないので(笑) 今日の鑑賞は『エミリー・ローズ』 19歳の女子大生エミリー・ローズ 彼女は悪魔に憑かれてしまい、教区のムーア神父の手により悪魔祓いが行われたが
「エミリーローズ」悪魔は存在するのか?自分の目で確かめよう! (田中陽子の映画ほめちぎり)
悪魔のイナバウアーCMに抗議が殺到というニュースが飛び込んできました! 全米初登
映画: エミリー・ローズ (Pocket Warmer)
邦題:エミリー・ローズ 原題:THE EXORCISM OF EMILY ROS
『エミリー・ローズ』★★★★・80点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
緊迫と恐怖の法廷劇サスペンス!!”ホラー映画”より怖い・・・『エミリー・ローズ』公式サイト制作年度/国;\'05/米   ジャンル;サスペンス   配給;SPE     上映時間;分  監督;スコット・デリクソン出演;ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/ジェニファー..
彼女は聖人なのか『エミリー・ローズ』 (今日はどこへ行きましょうか)
『エミリー・ローズ』を観て来ました 「この映画はホラーではない、実話である。」 というフレーズがぴったりでした。 まぁ、実話かどうかというところは、当事者のみぞ知る。というところではありますが 神父さんの裁判のお話の中に、エミリーに起こったことが明...
エミリー・ローズ (映画で綴る鑑賞ノート)
あまりの怖さに客席でイナバってしまいました。(笑) ※ ネタバレ 注意! ※ 並みのホラー映画よりも、よっぽど怖いです。 “悪魔の存在を初めて認めた裁判” という謳い文句からもわかるように、 メインは裁判劇なんですが、これほど、怖い映画だとは思いませんでし
「エミリー・ローズ」見てきました (よしなしごと)
 以前何かの映画での予告を見た時に、予告で「きゃー」と叫び声が上がってしまうほどの映画、エミリー・ローズを見てきました。
エミリー・ローズ (まつさんの映画伝道師)
第394回 ★★★(劇場) (真相に迫りますので、ご注意あそばせ)  映画法廷、只今より開廷。 「訴訟番号394、映画会社 対 観客。映画『エミリー・ローズ』への難癖訴訟」  今回の訴訟は、エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)という少.
エミリー・ローズ (とにかく、映画好きなもので。)
 悪魔は存在するのか?信憑性を巡って繰り広げられる法廷バトル。  19歳の女子大生。エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)は恐ろしい幻覚に襲われていた。  ムーア神父(トム・ウィルキンソン)が、彼女に悪魔祓いを施した後でエミリーは謎の死.
エミリー・ローズ (Alice in Wonderland)
怖いものがないはずの私にも苦手なものがあります・・・それはホラー映画です。しかし勇気を振り絞って鑑賞しました。あの叫び声と、悪魔に取り憑かれた少女のぎこちないイナバウアーには驚かされてしまったが思っていたより怖くなく興味深く観ることが出来ました。 悪...
十分怖いんですけど!! 「エミリー・ローズ」 (平気の平左)
評価:70点 エミリー・ローズ エミリー・ローズを見るのを断念するという記事を書いたところ、migさんとkossyさんから、 ホラーというよりは法廷モノだよ、 というようなコメントを頂きまして、法廷モノは好きなので観ることにしました。 で、観た感想なんですが・・
エミリー・ローズ (映画をささえに生きる)
5点/10点満点 19歳の女子大生エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)が怪死した。彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父(トム・ウィルキンソン)は、死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。そんな中、有能な女性弁護士エリン・ブルナー(ローラ・リニー.
悪魔のイナバウアー大人気で復活!! (オリンピックGOGO!トリノOlympics2006)
トリノオリンピックフィギュアスケートで金メダルをとった荒川静香選手の代名詞ともいえるイナバウアー。 そのイナバウアーによく似た仕種をしているという理由で、苦情電話が殺到し、CM放映を急遽とりやめた映画「エミリー・ローズ」 それがなんと復活したんです! その理.
☆★★ 『エミリー・ローズ』観ました ★★☆(画像あり) (★SASASAWAのよくばり日記★★☆)
   夕食後   車でばばっと観に行きました☆   マイカルシネマズへ。   本当は『ウォレストグルミット野菜畑で大ピンチ』が   観たかったんですけど   この映画館では吹き替え版しか演ってません。   どゆこと??   『エミリー・ローズ』は   ...
エミリー・ローズ (映画通の部屋)
「エミリー・ローズ」 THE EXORCISM OF EMILY ROSE/製作
エミリー・ローズ (lip)
予告編でも言っているように、ホラー映画ではない。 ホラーっぽい予告編や、悪魔が題材になっているということで、どうしてもホラー映画に取られがちだけれど…。しっかりした裁判もののヒューマンドラマでして、まぁ確かにホラー映画のスパイスは入っているけれどホラー映
★「エミリー・ローズ」 (ひらりん的映画ブログ)
これはホラーではなく実話です・・・らしい。 あまり興味ないジャンルだけど、ヒマヒマしてたのでついでに観ちゃった。
エミリー・ローズ (eclipse的な独り言)
 この映画、少し前に見ましたが・・・ちょっとテーマが重過ぎて書くのをためらって
「エミリー・ローズ」 (ANQ Ritzberry Fields)
 映画の日が土曜と言う好条件につき、前々から気になっていた「エミリー・ローズ」を見てきた。うぉ~、怖ぇ~、凄ぇ怖ぇよ~   ………………本編前の「オーメン」の予告編がな! 「エミリー・ローズ」の前に「オーメン」の予告編とはなかなか粋な事をやってくれる.
エミリー・ローズ (☆えみたんの日記帳☆)
やっと見たかった 「エミリー・ローズ」を見てきたよ(#^_^#)鍊 ストーリー 19歳の大学生エミリーはある日、原因不明の痙攣と幻覚に襲われ、 自分に何かがとりついていると確信する。 エミリーはムーア神父に悪魔ばらいを依頼するが失敗し、 彼女は命を落とし、神
エミリー・ローズ (琴線~心のメロディ)
【2006年3月11日劇場公開】 【ジャンル:ホラー】※ノン・フィクション系 【観た場所:T-JOY東広島】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ こういうの嫌いじゃないです。 でも、怖かったー(TOT) 斜め前のおじさんの腕にしがみつ
エミリー・ローズ 06年59本目 (猫姫じゃ)
エミリー・ローズ オカルトホラーか、法廷劇か、、、「十二人の怒れる男 」 か、「エクソシスト 」 か、、、古い?? ストーリーとしては、映画の最後に書かれているように、エクソシズム、悪魔払い のお話なんだケド、映画としては、ローラ・リニー の最終弁論や、陪審員.
エミリー・ローズ (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
ホラーっぽいチラシなのに、ホラーじゃない!? しかも「実話です」って? あらすじ読んだらどうにもこうにも気になってしまい、 公開終了間際になって、駆け込みで劇場へー! 「エミリー・ローズ」2006年公開・米 監督/スコット・デリクソン 脚本/ ...
エミリー・ローズ (いつか深夜特急に乗って)
「エミリー・ローズ」★★★ (盛岡フォーラム2)2005年ア
エミリー・ローズ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 「悪魔祓いの儀式後に、謎の死を遂げた少女エミリー・ローズの死をめぐる 衝撃の実話。」だそーです。 一体どんなおっかないホラーなのかと期待して観ましたが・・・ そー来たかぁ~って感じです ...
エミリー・ローズ (とりあえずな日々(仮))
19歳の女子大生エミリー・ローズが怪死した。 彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父は死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。 そんな中、有能な女性弁護士エリン・ブルナーは教会の依頼でムーア神父の弁護を担当することになるが…。 悪魔ばらいの儀式 ...
エミリー・ローズ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 120分 監督 スコット・デリクソン 脚本 ポール・ハリス・ボードマン 、スコット・デリクソン 音楽 クリストファー・ヤング 出演 ローラ・リニー 、トム・ウィルキンソン 、キャンベル・スコット 、 ジェ ...
エミリー・ローズ (映画鑑賞★日記・・・)
『THE EXORCISM OF EMILY ROSE 』公開:2006/03/11監督:スコット・デリクソン出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、ジェニファー・カーペンター、コルム・フィオール、ジョシュア・クローズ ☆story☆ある日、神父ムーアが悪魔 ...
エミリー・ローズ (The Exorcism Of Emily Rose) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スコット・デリクソン 主演 ローラ・リニー 2005年 アメリカ映画 120分 ホラー 採点★★★ 幽霊もUFOもUMAも信じたくて信じたくて仕方がないのだが、目の前にドドーンと証拠が現れてくれないとなかなかソチラ側へ踏み込めないのも事実の私。悪魔祓いの ...
エミリー・ローズ (HORROR MODE)
【2005 アメリカ】 ドイツに実在したアンネリーゼ・ミシェルという悪魔にとりつかれ死亡した女の子の事件を映画化したもの。 法廷劇をベースとしたオカルトサスペンスホラー。 「これはホラーではない」と言う人もいるけど、ホラーを人一倍見ている私が思 ...
「エミリー・ローズ」 (雑板屋)
元々、悪魔払いや悪魔憑きだとか、スティグマータ(聖痕)の類だとか・・・ オカルトものには目がないので、この実話基は法廷サスペンスとしても存分に楽しめた。 お国や宗教や文化は違えど、世の中には不可解で不思議な出来事があってもおかしくはないと普段 ...
映画評「エミリー・ローズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督スコット・デリクスン ネタバレあり
エミリー・ローズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この映画はホラーではない、実話である。』  なぁ~んだホラーじゃないのかぁ~(´▽`) ホッ ってこの嘘つきぃ~っっっ!ヽ(`Д´)ノプンプン ってなワケで実話ベースのホラー風味のコチラの映画の試写会に行ってきましたぁ~♪公開は3/11からでぇ~すっ!PG...