ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『小さいおうち』

2013-12-01 23:14:42 | 新作映画

----『小さいおうち』--。
山田洋次監督が挑む、新しい世界”って、どういうこと?、
山田洋次監督の前作って『東京家族』
その前も
『母べえ』だの『おとうと』だのって
“家族”の話ばかりのような気がするけど…。
「う~ん。
ぼくも観る前まではそう思っていたんだけどね。
ところが、一方ではどこからともなく
山田洋次監督が描くメロドラマ”との話も」

----実際はどうだったの?
「うん。
“家族”は家族でも
ここで描かれるのはその“絆”ではなく“秘密”。
それも“家政婦は見た”じゃなかった“女中は見た”」

----うわっ。これってそんな下世話な話ニャの?
「いやいや、そう決めつけてはいけない。
それが純愛だろうと不倫だろうと、
“愛”は生きる上でその礎をなすもの。
それなしでは人生は無味乾燥となる。
ところが、そんなに重要なものでありながら、
それ(愛)はどこからともなく突然現れ、
そしてその中にいる人たちの理性を奪ってしまう。
この映画は、子どもへの慈愛に満ちた女主人・時子(松たか子)に訪れた恋の嵐。
その一部始終を、女中タキの目線で語っていく」

----そのタキを演じるのが黒木華ってわけだね。
あれれ、倍賞千恵子は?
「彼女が演じるのは、
老境で人生の晩年を迎えた、平成に生きるタキ。
この物語は、
青年・健史(妻夫木聡)に促されて
タキが書いた自叙伝に添って話が進むんだ」

----ニャるほど、そういうことか?
あの予告編のシーンは、昭和の頃の話ニャんだね。
「この物語、
実を言うと、そう珍しいものではない。
可愛くおしゃれな妻・時子(松たか子)が
夫・雅樹(片岡孝太郎)の部下・板倉(吉岡秀隆)の放つ
サラリーマンにはあらざる魅力に惹かれていく。
だが、それは出口のない恋。
時代が戦争へと向かう中、
やがて板倉には召集令状がくる。
明後日には出征というそのとき、
果たして時子は? そして板倉は?というもの」

----ほんとだ。
苦しい恋の背景に戦争というのも
よくある話だよね。
「うん。
戦争への道という非日常が正常な感覚を狂わせていく
しかもふたりが決定的に近づくのが台風の夜。
ぼくの子どもの頃、
それはこの時代よりだいぶ後だけど、
それでも父親はこの映画の板倉のように、
台風の前には雨戸に板を打ち付けて補強。
母親は停電に備えてロウソクを用意と、
なんだか不思議な高揚感があったのを覚えている。
“吊り橋”理論じゃないけど
そんなドキドキワクワクの夜には
恋も生まれやすいことは想像に難くない」

----ふむふむ。
でも、メロドラマはメロドラマでしょ?
「そうなんだけど、そうでもない(笑)。
この映画、小津安二郎風ショットの積み重ねで始まり、
次第に野村芳太郎調に。
と、一方では
その不倫をめぐるミステリーの形式で話が進みながら
ラストに至って
ある、とんでもないセリフが待ち構えている。
さすがにそのセリフをここで明かすわけにはいかないけど、
それこそが山田洋次監督がこの映画で言いたかったこと。
普通に聞いていれば、
そのセリフというのは
なんと言うことはない、
年老いた女性の嘆きなんだけど、
監督はあえて健史の口から
その意味が分からなかった』とダメを押す。
そうなると、その言葉の奥にあるものについて
思いが及ばないわけにはいかない。
これは、
あの“戦争に向かっていった時代”と“今の時代”を重ね合わせたセリフ
でも、漫然と見ていると気づかないかもね」

----へぇ~っ、そこまで言われると
フォーンも観たくなるニャあ。


フォーンの一言「う~む。みんなでその言葉の意味を考えるのニャ」身を乗り出す

※これは森崎東監督『ペコロスの母に会いに行く』と並んで
ぶれない作家、その魂ということについて考えさせる映画。
だけど、山田洋次監督のほうがシニカルだ度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (6)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 『ブランカニエベス』 | トップ | 『ハンガー・ゲーム2』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドキドキ・・・ (真紅)
2013-12-02 07:40:48
えいさん、おはようございます。
『小さいおうち』、これは原作が本当に!素晴らしいので、映画化は予想していたとはいえ期待半分、不安半分でした。
特にキャスト(特に奥様)が、ちょっと・・・。
しかも、山田洋次監督の映画って実は観たことないのです。。
でも、なんだか楽しみになってきました♪ いつもありがとうございます。
■真紅さん (えい)
2013-12-02 23:19:11
こんばんは。

原作を読まれているのですね。
個人的には、原作にもあのセリフがあるのかどうか、
そこがもっとも気になります。

原作を読んでいないからか、
キャスティングには違和感はありませんでした。
松たか子もハマっていましたよ。
こんにちわ (にゃむばなな)
2014-01-28 10:51:33
私も原作未読なので、時子奥様のキャスティングには違和感は感じませんでした。
ただ『東京家族』のキャストをあれほど出演させるのはどうかと思いましたけどね。
■にゃむばななさん (えい)
2014-02-02 18:34:53
こんにちは。

山田洋次って、いつも自分のお気に入りの俳優と組んでいる気がします。
そこがあるカラーを破れないところでもあり、
実にもったいないなと…。
でも、それが安心できるという人もいるのでしょうね。
こんばんは (ノラネコ)
2014-02-06 23:02:00
この映画、あえて語ってない事が沢山秘められている様な気がしています。
えいさんはタキのアパートにあった「絵」をどう解釈しますか?
どうもこれは映画オリジナルの脚色らしいのですが、あの絵をどう捉えるかによってかなり違った映画になりそうな気がしています。
■ノラネコさん (えい)
2014-03-15 14:18:58
お返事遅くなりました。
あの「絵」ですね。
これは、何人かの方がご指摘されていました。
つまり、
ふたりは、あの後、逢っていた…
そのことに対するタキの罪の意識…
確かに、映画の観方が大きく変わってきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

小さいおうち 完成披露試写会 (風に吹かれて)
タキの選択公式サイト http://www.chiisai-ouchi.jp2014年1月25日公開原作: 小さいおうち (中島京子/文春文庫)監督: 山田洋次 健史(妻夫木聡)の大伯母タキ(倍賞千恵
小さいおうち (あーうぃ だにぇっと)
小さいおうち@歌舞伎座
映画『小さいおうち』観てきたよ~ (よくばりアンテナ)
山田洋次監督最新作。 公式HPはコチラ。 あ、なんと、私、山田洋次監督作品を劇場で観るの初めてだ・・・・(;゜∀゜) いつも地上波で放送されてから見てるな。 原作の記事はコチラ。 今回は妻夫木聡くんは大伯母のタキさん(倍賞千恵子)の自叙伝の中へ導く...
小さいおうち (心のままに映画の風景)
大伯母・布宮タキ(倍賞千恵子)が亡くなり、晩年つづっていた自叙伝を託された大学生の健史(妻夫木聡)は、若かりしタキの秘密を知ることになる。 昭和初期。 山形から東京に出てきたタキ(黒木華)は、赤い三角屋根のモダンな屋敷を構える平井家の女中として働...
『小さいおうち』 (こねたみっくす)
小さいおうち。それはタキちゃんが守りたかった大切な時間。 第143回直木賞を受賞した中島京子先生の原作を山田洋次監督が映画化したこの作品は、「さすが名匠!」と言わんばかり ...
「小さいおうち」 (ここなつ映画レビュー)
私にはとても染みる作品でした。染みるのは、「心に」だったり「記憶に」だったり「視覚に」だったりするのだけれど。生まれた時からサラリーマン家庭しか知らない私ですが、幼い時高度成長期の頃は、お正月になると父の会社関係の方々が沢山お年始に見えて、あのお正月な...
小さいおうち ★★★★ (パピとママ映画のblog)
第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した大学ノートを手にした青年が、そこにつづられていた恋愛模様とその裏に秘められた意外な真実を知る姿をハートウオーミングかつノスタル....
「小さいおうち」 (2014 松竹) (事務職員へのこの1冊)
原作はミステリ的色彩が濃いものだった。それは…… ・主人公である山形出身の女中、
小さいおうち (こんな映画見ました~)
『小さいおうち』2013年(日本)監督: 山田洋次出演:松たか子、黒木華 、片岡孝太郎、吉岡秀隆 、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功 、吉行和子 中島京子の第143回直木賞受賞作を「男はつらいよ」シリーズ、「東京家族」の名匠・山田洋次監督が映画化した感動ド....
『小さいおうち』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「小さいおうち」□監督 山田洋次□脚本 山田洋次、平松恵美子□原作 中島京子□キャスト 松 たか子、黒木 華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木 聡、倍賞千恵子■鑑賞日 1月25日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
小さいおうち (映画的・絵画的・音楽的)
 『小さいおうち』を、吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)山田洋次監督の新作ということで映画館に行ってきました(注1)。  本作は、中島京子氏が直木賞(2010年上期)を受賞した同名の小説(文春文庫)に基づくもの。  戦前の山の手(注2)の丘の上に建てられた...
静かに反戦を謳う~『小さいおうち』 (真紅のthinkingdays)
 昭和初期、山形から東京へ女中奉公に出されたタキ(黒木華)は、赤い屋根瓦 がかわいい山の手の 「小さいおうち」 に雇われる。そこには、まだ若く美しい 時子奥様(松たか子)がいた。  山田洋次監督の映画を初めて観た。感動しました。  原作は、直木賞...
山田洋次監督『小さいおうち』松たか子、黒木華、吉岡秀隆、倍賞千恵子、妻夫木聡、片岡孝太郎、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2010年・第143回直木賞を受賞した中島京子の同名小説を山田洋次監督が映画化『小さいおうち』(脚本・山田洋次、平松恵美子)。音楽・久石譲物語・健史(妻夫木聡)の大伯母で、先日亡くなったばかりのタキ(
ショートレビュー「小さいおうち・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
彼女が、本当に隠していた事。 ある老女の心の内に70年間秘められていた秘密を巡る、ミステリアスな心理ドラマだ。 山田洋次にとっては、挑戦的な新境地と言っても良いと思う。 舞台は昭和10年代、東京山の手の住宅地に建つ赤い屋根の小さな洋館。 山形の寒村から上...
「小さいおうち」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本/松竹=住友商事=テレビ朝日他配給:松竹 監督:山田洋次原作:中島京子脚本:山田洋次、平松恵美子撮影:近森眞史音楽:久石譲名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞
映画・小さいおうち (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本原作 中島京子 物語の時代背景は1935年(昭和10年)から終戦直後、そして2000年(平成12年)から2009年(平成21年)頃ふたつの時代が交差しながら、やがてひとつにつながっていく様が描かれる 東京郊外のモダンな家で起きた、ある恋愛事件の秘密を...
『小さいおうち』 原作を離れて「失敗作」を撮る理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  山田洋次監督の『小さいおうち』を鑑賞して、こんなことがあるのかと驚いた。  本作は中島京子氏の小説に基づいて山田洋次監督と平松恵美子氏が脚本を書き、山田洋次監督みずからメガホンを取った作品だ。決して山田洋次監督のオリジナル企画で...
「小さいおうち」 小さい罪 (はらやんの映画徒然草)
こちらの作品は観る予定ではなかったのですが、出演している黒木華さんがベルリン映画
『小さいおうち』をトーホーシネマズ府中8で観て、黒木華ええのうふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★黒木華だなあ】    もちろん、断然タキちゃん派です。 器量が悪いなんて本人に言わせるのは酷なシナリオだなあ。 確かに整っていると言うよりは、昔風 ...
小さいおうち (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山田洋次 出演:松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、林家正蔵、ラサール石井、あき竹城 【解説】 第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある...