【西新宿】インド定食ターリー屋センタービル店でキーマカツカレー定食をいただきました【17周年】

こんばんは。

先日、HATTI閉店のお知らせをご紹介しました。
今後はターリー屋のセントラルキッチンとして跡地は活用していくとのことです。
そういえば、ターリー屋にはずいぶんご無沙汰しています。
実に10年経ってしまいました。

毎日22時近くまで残業なんですけど、いつ行けるんですかねぇ…(´・_・`)
と思って調べてみたら、店舗によっては24時すぎまでやってますね。
いけるやん!( ゚∀゚)ノィィョ
ターリー屋って大阪にも出店していて、いつの間にか29店舗ですか。
2002年開業らしいので、もう17周年だそうです。
早速お店に行ってみました。


インド定食ターリー屋 新宿センタービル店です。
こちらには初めての訪問になります。
ラストオーダー前に何とか滑り込みで入れました。


お店は結構広くて、50人くらい入れそうでした。
ちょうど入れ違いで20人くらいのお客さんの利用があったみたいです。
インドカレー鍋の宴会コースもあるみたいなので、HATTIに代わる大箱としての利用もできそうですね。

10年ぶりのターリー屋で、何を注文しようかとメニューを見てみると、キーマカツカレー定食という初めてみるメニューがありました。
今回はこれにしてみましょう。
しばらく待っていると、カレーが運ばれてきました。


結構なインパクトですね。
楽しみにいただきました。


カツはチキンカツです。
タンドリーチキンカツとメニューに書かれてあったので、漬け込んだ鶏肉を揚げているのかな。
パサパサした感じはなくて、しっとりおいしいです。
キーマカレーでチキンカツをいただくのは初めての経験ですが、悪くないですね。
ご飯にスーッと水分が染みたキーマカレーライスに目玉焼きを混ぜて、サクサクなチキンカツでいただいたり、一緒にオーダーした生ビールとチキンカツでいただいたり、おいしく完食しました。

大満足です!ヾ(*´∀`*)ノ
22時過ぎのディナー難民になっていたので、今後もターリー屋は定期的に利用しようと思います。
それでは、失礼します。

【店鋪情報】

インド定食ターリー屋 新宿センタービル店

住  所:新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル1階

電話番号:03-3343-8887
営業時間:11:30~23:00(ラストオーダー22:30)
休  日:なし(年末年始を除く)



【過去記事】

ターリー屋のデザート新メニューですよ!(2009.08.04)

【祝開店!】ターリー屋 南新宿店(2009.06.11)←店舗情報載せてマス

【本日スタート!】ターリー屋のひとりインドカレー鍋をいただきました(2009.01.16)

【祝開店】 インド定食ターリー屋 新宿御苑前店(2008.12.17)←店舗情報載せてマス

祝4周年!ターリー屋(2006.09.27)

ターリー屋で混ぜ混ぜ体験(2006.05.19)

【本日開店】ターリー屋 西新宿七町目店(2006.02.01)←店舗情報載せてマス

ごぶさたカレー店巡礼その4 ターリー屋(2005.12.15)

インド定食 ターリー屋(2005.07.17)←西新宿店の店舗情報載せてマス



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【秋葉原】アールティでJCA2018ノミネート審査会を行いました【祝JCA2017メインアワード授賞!】


こんばんは。

昨年末の話で恐縮ですが、Japanese Curry Awardsの2018ノミネート審査会を、秋葉原のアールティで開催しました。
ここアールティはまもなくオープン10周年を迎え、2017年のメインアワード受賞店になります。
私自身はすっかりご無沙汰で、久しぶりに伺うことができました。
ノミネート店のプレゼンを各自行いつつ、ビールと共にインドスナックからいただきました。






ナマステ・インディアなどのインドフェスでいただけるインドスナックの数々ですが、これをお店で提供し始めたのはここアールティです。
どれも甘酸っぱさにピリッとした辛さもあり、とてもおいしかったです。

引き続き、スパイス炒めの数々をいただきました。




サーグのジャガイモ炒めと、ソラマメの炒めです。
これらをいただくのは、ナンではなくチャパティです。


今回はふすまと稗(ひえ)の2種類のチャパティを焼いていただきました。
どちらも噛みごたえがあり、おいしかったです。
ソラマメをこういう風にいただいたのは初めてですが、すばらしいつまみになりますね!

さて、やっぱりカレーも食べなければいけません。



これらもチャパティでいただきました。
どのカレーも非常においしかったです!ヾ(*´∀`*)ノ
これらのオーダーをテキパキととってくださるオーナーの接客は、さすが繁盛店と納得しました。
おいしい料理と審査員の濃密な議論で、無事に2018年のアワードも決まりました。
長時間、お店にはお世話になりました。


最後に、アワードのメダルがお店に飾られていました!ヾ(*´∀`*)ノ
ガネーシャ神は商売繁盛の神様ですが、メダルと一緒にお店を見守っていただきたく思いました。

それでは、失礼します。

【過去記事】

カレー忘年会 in アールティを開催しました(2011.12.25)

インドスナックツアー in アールティ(2009.07.28)

【祝開店!】Aarti(アールティ:秋葉原)(2009.06.13)←店舗情報載せてマス
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【一歩前進!】新宿ボンベイのスリーカリー・ターリーをいただきました【現店舗は4月末まで】

こんばんは。

なんとか早くに帰れる日があったので、新宿ボンベイのディナータイムに訪問してきました。


早い時間だったので比較的空いていましたが、私のあとに続々とお客さんが来てほぼ満席になりました。
テーブル席を占領するのがはばかられたので、今日もカウンター席です。


ディナーのターリーはカレー2種類と、3種類がありました。
カレーの中には、セットでは選べない種類の単品オーダーだけのカレーもありました。
今回は3種類セットのスリーカリー・ターリー(2080円)に、単品でフィッシュティッカ(680円)も付けました。

楽しみにしていると、ターリーが運ばれてきました。


インド料理店で大きなナンをいただくのは、久しぶりです。
やっぱり迫力ありますね。
今回のカレーは左からマトン・サグケララ州の辛い海老カリーバター・チキンの3種類です。


ケララ州の辛い海老カリーにはカレーリーフも入っていました。
シャープな辛さで、こういうカレーも提供していることに驚きました。
具の海老はぷりぷりで美味しかったです。


サグ・マトンはマトンのおいしさは当然として、たっぷりの細かいほうれん草がたっぷり入っている仕事っぷりに感激しました。
ランチでもサグカレーはおいしかったですが、ディナーでもチョイスしたのは正解でした。


そしてやっぱりバター・チキンとナンは鉄板ですね。
甘酸っぱいカレーソースにサクサクもちもちのナン生地が、どんどんすすみます。

さて、お次は焼き物にいってみましょうか。


厚みのある魚が表面は香ばしく、中身はしっとりと焼かれています。
ナイフを入れると湯気が上がりました。
ミントソースと合わせて、とてもおいしくいただけました。


最後はライスにカレーをあいがけして、それぞれ混ぜていただきました。
大満足です!( ゚∀゚)ノィィョ
近年はライスにスパイスカレーあいがけでワンプレートでインスタ映えで素敵やん?…といった流れが主流にはなっていますが、やっぱりカレービギナーにも安心していただける、こういうメニューって大事ですね。

そして気になっていた閉店問題に、進展がみられました。


店舗継続のお声を数多く頂戴し、感謝申し上げます。
皆さまからのご愛顧深く受け止め、今後、別の場所で再開を進めたく、候補地選定を行っております。
再開時期および場所に関しては、決まり次第、ご連絡させて頂きます。


公式アナウンス
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


これで一歩前進ですね。
あとは良い物件が見つかって、今のお店の雰囲気を感じられる新店になってくれたらいいなと、願っております。

それでは、失礼します。

【過去記事】

【新宿駅徒歩3分】新宿ボンベイのランチターリーセットをいただきました【Since1973】(2018.04.11)

【4月末まで!】新宿ボンベイが閉店!・゚・(ノД`)ノ・゚・。【since1973】(2018.04.08)

新宿ボンベイに久しぶりの訪問(2006.09.03)

新宿ボンベイのスープカレー(2005.03.16)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【新宿駅徒歩3分】新宿ボンベイのランチターリーセットをいただきました【Since1973】

こんばんは。

新宿ボンベイが4月末で閉店することを知り、すぐに訪問しようと思ったのですが、平日は帰りが遅くて毎日ラストオーダーに間に合いませんでした。
という訳で、日曜日のランチに訪問してきました。


今まで訪問したときは行列は見かけたことがなかったので(以前からランチタイムの混雑時などは行列はあったみたいです)、驚きました。
待つこと30分ほどで、店内に入れました。


おひとりさまなので、カウンター席に通されました。
このタンドールがせり出していて、ぐるっと囲むようなカウンター席は、焼いているところを見られたりで楽しめるので、以前からお気に入りです。
もうすぐこの光景も見られなくなってしまうのは残念です。

今回はターリーセットで、チーズクルチャにカレー2種類が選べるセット(1400円)にしました。
カレーは週替わりのチキンチリと、サグパニールにしてみました。

ところで、待っている間に次々とナンを焼いているのを見ていて、気づいたことがあります。
シェフがナン生地を両手でパンパンして伸ばしたあと、素手で釜の内側に張り付けていたのです。
今まで見たインド料理店では、丸い布製の鍋つかみみたいなものにナン生地を乗せて張り付けていたような気がします。
あれ、熱くないのかな?
ホールの日本人店員に聞いてみたのですが、素手で貼り付けることで生地の焼きムラが少なくなるそうです。
この方も調理担当をされているそうで、ナン焼きは素手で焼けるとのことでした。
はー、勉強になりました。
今度別のお店でナン焼きを注意して見てみようと思いました。

そうしていると、私のセットが運ばれてきました。


楽しみにいただきました。
チーズクルチャはとろけるチーズがたっぷり入っていて、とってもおいしいです。
バターチキンカレーと合わせる女性客も多いでしょうね。
週替わりのチキンチリは、トマトベースの旨味と酸味のあるソースに、さっぱりした鶏肉がよく合います。
思ったより辛口ではなかったです。
サグパニールはランチでも手を抜かずに、しっかりほうれん草カレーベースにホロホロとしたパニールが入っていて、満足できました。

チーズクルチャを平らげたら、サフランライスにカレーとコールスロー(キャベツやタマネギのスパイス炒めと言った方が適切かな)を混ぜて、おいしくいただきました。


食後はホットチャイを追加オーダーしました。
以前はテーブルにマンゴーチャツネが置いてあったのですが、久しぶりに訪問したらありませんでした。
ナンをお替わりして、残り半分くらいを残しておいてチャツネを付けてホットチャイといただくのが好きだったのですが。
大抵食べ過ぎで午後眠くなって爆睡していましたf(^^;)

久しぶりに北インド料理のセットをいただきましたが、変わらない味で嬉しくなりました。
スープカレーや南インド料理、スリランカ料理など時代ごとの流行りはありますが、ほぼ半世紀前から、ナンとカレーのインド料理をここ新宿で広めた貢献度は、やっぱり偉大だと思います。
4月末で閉店してしまうのは残念ですが、移転再開が実現したらJapanese Curry Awardsにノミネートしなければいけないな、と、この日の盛況ぶりを見て思いました。
次回はなんとか時間内にディナーに訪問したいと思います。

それでは、失礼します。

【過去記事】

【4月末まで!】新宿ボンベイが閉店!・゚・(ノД`)ノ・゚・。【since1973】(2018.04.08)

新宿ボンベイに久しぶりの訪問(2006.09.03)

新宿ボンベイのスープカレー(2005.03.16)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【高幡不動】アンジュナのディナーセットBをいただきました



こんばんは。
先日、多摩動物公園に行きました。


年に数回は行ってるのですが、京王線経由で帰ると高幡不動駅で乗り換えになります。
この日の夕飯は、以前から多摩動物公園帰りに訪問しようと思っていた、こちらのお店にしました。

 
インド食堂アンジュナです。
前回初訪問時は2009年のランチでした。
ずいぶんと時間が経ってしまいました。

こちらは九段下のアジャンタ出身のシェフ、藤井氏のインド料理店です。
2010年初頭に、インド料理店と多国籍料理店「となりのチャッポラ」を併設する形でリニューアルしています。
ディナー開始から間もない17時半頃に訪問しましたが、席はかなり埋まっていて、私の後にもお客さんが次々と入ってきて、ほぼ満席になりました。
さすがの人気です。

メニューを見て何にしようかと思ったところで、お得なディナーセットが目につきました。
カレーの選べる種類が値段によって違いますが、最大24種類から選ぶことができます!
これはかなり幅広く選べますね。
ディナーセットB(焼き物とカレー2種、ハーフナン、ハーフライスのセット:2000円)にしました。
選べるカレーは、今月のカレーで出ていた牡蠣のカレーと、ポークビンダルーにしてみました。
あと、単品メニューで目を引きました海老のラッサムをオーダーしました。


グリーンチリのピックル、マンゴーチャツネ、タマネギのアチャールが運ばれてきました。
ちゃんと薬味がお客さんごとに運ばれてくるというのは、何とも嬉しくなりますね。
まずは海老のラッサムが運ばれてきました。


楽しみにいただきました。
大きな海老がまるまる1尾、贅沢に使われています。
透明度はなくしっかりとした豆のコクのある、酸味と辛さのスープに海老のダシも加わっています。
前回もラッサムライスをいただきましたが、こちらのラッサムはおいしいですね。
外の寒さに冷えた身体には、とてもありがたいです。

ゆっくり待っていると、ディナーセットが運ばれてきました。


かなり豪華です!
こちらも楽しみにいただきました。


牡蠣のカレーの主役、牡蠣は広島県産のものを使用しているそうです。
プリップリの重さのある大ぶりの牡蠣は、臭みもなく存在感が抜群です。
カレーはカレーリーフの入ったあまり辛くないタイプで、牡蠣によく合います。

ポークビンダルーは豚肉が角切りでたっぷり入っています。
こちらは辛口で、コクもありおいしいです。


焼き物はシークカバブとタンドリーチキンですが、どちらもパサついてなく、上品に焼かれていました。
特にタンドリーチキンは、しっとりしていて脂っぽくなく、おいしかったです。
ナンにはマンゴーチャツネを塗って、カレーをつけておいしくいただきました。
この食べかた、新宿ボンベイで昔よくやっていたのですが、10年以上ぶりにしましたf(^^;)

大満足のお味でした!( ゚∀゚)ノ
次回の動物園帰りにも、絶対訪問したいと思います。
チョコチップナンやバターチキンカレーもあるので、次回はヨメさまと来られたらと思います。

それでは、失礼します。


【過去記事】

【高幡不動】アンジュナのランチをいただきました(2009.09.15)←店舗情報載せてマス
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【狛江】スパイスキッチン狛江店のスパイスキッチンセットをいただきました

こんばんは。

先日狛江に行く用事がありました。
あまり時間がなかったので、駅改札からすぐ近くのこちらのお店に立ち寄りました。

 
スパイスキッチンというインド料理店です。
店内は思ったよりも広くて清潔感があります。
メニューは単品のカレーの種類も多く、セットメニューも充実しています。
今回は一番値段の高い、カレー3種類のスパイスキッチンセット(1680円)にしてみました。

店内は空いてますが、少し待ちました。
最初にセットのサラダと焼き物などが運ばれてきました。


タンドリーチキン、マライティッカ、サモサです。
マライティッカをいただいてみました。

あれ?(´・ω・`)
塩気があまりしませんね。
鶏肉は柔らかく焼かれていますが、味付けがちょっと弱いような気が。
ミントチャツネとケチャップを付けてちょうどいいくらいですかね。

引き続き、タンドリーチキンをいただきました。
あれれ?(´・ω・`)
お肉がかなり生っぽいです。
北インド料理店によくある、あらかじめ焼いておいたタンドリーチキンを串ごと吊しておいて、オーダー入ったら釜で焼き直すのではなく、生肉から焼いてるようです。
提供に時間がかかっても、生肉から焼いた方が柔らかくジューシーでおいしいので、それは歓迎できます…が。
骨のそばのお肉は赤くてまだ生っぽかったです(´・ω・`)ショボーン
一応火は通ってますけど、焼き物がちょっと甘いかなぁ。

サモサはかなり大きめで、たっぷりのジャガイモが入っていてボリューム満点です。
こちらも薄味なので、ケチャップを付けてちょうどいい塩梅になりました。

さて、肝心のセットメニューが運ばれてきました。



カレーはチキン、豆、タマゴ、ホウレン草とジャガイモ、キーマカレーから3種類選べます。
焼き物で鶏肉が多かったので、豆カレー、ホウレン草とジャガイモのカレー(辛口)、キーマカレー(大辛)を選びました。
キーマは羊の挽き肉を使用しているとのことです。

楽しみにいただきました。
豆カレーはキマメをたっぷり使ってポッテリしたタイプです。
甘みもあって、なかなかおいしいです。

ホウレン草とジャガイモのカレーは…(´・ω・`)
こちらも塩味がほとんどなく、またスパイスも効いていなくて何とも間の抜けた味でした。
辛みオイルの追いがけなどで辛さ調整していないみたいなので、それはいいのですが。
針ショウガを効かせてくれたり、味にアクセントがあればまた印象も違うと思うのですが…。
ほうれん草味のような、緑色のペーストでジャガイモを和えたような感じです。
結局ケチャップを混ぜて、味を変えていただきました。

マトンキーマは、甘みと酸味があり、これはなかなか。
大辛にしておいて正解でした。
こちらのお店のカレーの辛さは、単純にビリビリくる感じの辛さではなくて、じわじわくる感じの辛さでした。

ナンは大きくてよく焼けていて、おいしかったです。
ご飯は日本米で、水分と粘りけが強すぎてカレーに合わせるのにやや不向きに感じました。
ナン1枚お替わり無料と書かれてありましたが、かなりのボリュームだったので、完食するのも結構苦労しました。


うーん…入店時はコスパはかなり良いと思ったのですが。
外食産業にしてはこんなに塩気を抑えているお店も珍しいと思いました。
私自身は自炊するときに結構薄味なので、濃い目の味付けが好きという訳でもありません。
よほど体調が悪かったか、たまたまお店との相性が悪かったのかな?としか思えませんでした。
ただ、クチコミサイトでほうれん草のカレーについては同様の感想を書き込まれているお客さんがいました。
個人的にはここでインド料理をいただくなら、駅南口のプルワリの方がお薦めできると思いました。
あ、会計時に各社クレジットカード決済が可能だったのはポイント高かったです!ヽ(・∀・)ノ

こんなこともあるんだなぁと、何ともモヤモヤを抱えて帰路につきました。
それでは、失礼します。


【店鋪情報】

スパイスキッチン狛江店
※30min.の店舗ページはコチラです。

住  所:東京都狛江市元和泉1-2-2 小田急マルシェ狛江1階


電話番号:03-5761-4848
営業時間:ランチタイム11:00~15:00、ディナータイム16:00~22:00
休  日:不定休※小田急マルシェに準ずる
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【狛江】スパイスインディアのポークカレーをいただきました

こんばんは。

先月新規オープンした、狛江のインド料理店スパイスインディアに再訪してきました。
今回もディナータイムの入店です。

ディナーはグランドメニューしかなくて、ターリーみたいなセットメニューがありません。
ランチタイムにターリーはあるみたいですが、平日のみで、土日祝のランチタイムはグランドメニューとのことです。
近くにお勤めの方でないと、平日ランチのターリーをオーダーするのは厳しいですねぇ…(´・_・`)

というわけで、今回は気になっていたポークカレーをジーラライスと一緒にオーダーしました。
辛さは辛口にしてみました。

日本のインド料理店では豚肉を見かけることはほとんどありませんが、インドではゴア地方で豚肉を使ったカレーが出されると、前に何かの本で読みました。
お酢を使ったヴィンダルーなどが有名ですね。
そんなことを思っていると、カレーが運ばれてきました。


楽しみにいただきました。

たっぷりの炒めタマネギを使っているようで、とても甘味とコクがあります。
スパイスもバランスいいですね。
多めの針ショウがでさっぱりといただけます。


豚肉は豚バラ肉が塊でゴロゴロ入っています。
まるで角煮で、脂身がとても甘くてカレーとよく合いますね。
固めに炊かれたジーラライスとの相性もばっちりです。

大変満足できました。
次回はターリーをオーダー…したいんですけどね。
いつかできるかなぁ。

それでは、失礼します。

【過去記事】

【狛江】スパイスインディア【祝開店】(2016.01.26)←店舗情報載せてマス

※30min.の店舗ページはコチラです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【狛江】スパイスインディア【祝開店】

こんばんは。

狛江と国領の間の辺りに、新店がオープンしました。


スパイスインディアというお店です。
2016年1月21日にオープンしたばかりです。
以前は豆腐店だったところが、リフォームして、インド料理店になりました。
世田谷上町・三宿・立川伊勢丹にあるスパイスマジックの姉妹店とのことです。

北インド料理らしく、ナンとカレー各種、タンドール料理などがいただけます。
平日ランチメニューは11時から17時まで、ディナーもそのまま通し営業らしいので、遅くの食事にも重宝しそうです。

カレーは茹で玉子のカレーが最安の480円、海老カレーが980円、その日の特別メニューもあるようです。
インド料理店にしては、ポークカレーがあるのが珍しいと思いました。


まずはビールとチキンティッカをいただきました。
チキンティッカは表面は香ばしく、中はしっとりしていておいしかったです。


チキンカレーとダールカレーをナンとジーラライスでいただきました。
ジーラライスは炒めるタイプではなく、米とクミンを炊き込んだタイプです。
油っぽくなくて食べやすいです。
ナンは大きくサクサク・モチモチでおいしかったです。
少ししたらメニューも追加すると聞いたので、今後に期待したいと思います。
次回訪問したら、ポークカレーをいただいてみたいと思います。

それでは、失礼します。

【店鋪情報】

スパイスインディア
※30min.の店舗ページはまだないみたいです。

住  所:東京都狛江市和泉本町4-10-7


電話番号:03-5761-4169
営業時間:月~金曜11:00~17:00、17:00~23:00(22:30ラストオーダー)
     土・日祝11:00~23:00(22:30ラストオーダー、ランチなし)
休  日:なし
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【小田急相模原】ビリヤニハウスのマトンビリヤニをいただきました

こんばんは。

ナマスカールのミールスをいただいてから、小田急相模原駅の反対側へと向かいました。
そこから行幸道路添いに厚木方面にどんどん歩きます。


行ってみたかったビリヤニハウスまで足を伸ばして行ってきました!
こちらは、2013年9月にオープンしたインド料理店です。
もう1年半以上続いているんですね。
小田急相模原駅と隣の相武台前駅のほぼ中間地点にあり、アクセスは全く良いとは言えませんが、駅徒歩15分ほどでしょうか。
スリランカの国旗が外には出ていましたが、メニューは普通にインド系でした。
店員に聞いてもインド料理のメニューしかないよ、と言われました。

 
店内は殺風景なテーブル席とカウンター席で15席弱といった感じです。
お客かお店の関係者か、私意外は外国人が数人でした。

ナンやカレーもありますけど、やっぱり店名にしているくらいのビリヤニですね。
牛、鶏、羊、魚、海老、野菜のビリヤニと揃っています!
ちなみに、ここはハラール食材を使ったお店だそうです。
外国人観光客の増加を目標にしている現在の日本で、こういうお店が増えてくれればいいんですけどね。

ミールスを食べたばかりなので、テイクアウトでマトンビリヤニ(1000円)をお願いしました。
オーダーしてから10分ほどで、ビリヤニが運ばれてきました。


かなりズッシリとした重さです。
持ち帰って夕飯にいただきました。


マトンは柔らかくてゴロゴロと入っていて、骨部分はあまり多くなくて食べやすかったです。
ホールのグリーンとブラックカルダモン、黒コショウがたっぷり入っていて、香り高くおいしかったです。
ちょっとピリッとくるくらいの辛さで、ヨメさまにはヨーグルトをかけないと辛くて大変だったみたいです(´・_・`)

ヨメさまとの2人分にしてもまだ余り、翌日の私のお弁当にやや少なめの盛りになるくらいの量でした!
おそらくバスマティライスを200g(1合強)は使っています。
これで1000円は安すぎますね。
よくあるインド料理店の安いビリヤニ(カレーとご飯を一緒に炒めるタイプ)ではなくて、ちゃんとバラけたご飯でオイリーでもなかったのもポイント高いです!

ちなみに営業時間を伺いましたが、土日月休みィ!?
火曜日~金曜日(祝日は営業するのかな?)とハードルが高いことが後から分かりました。
ここまで歩いてきて、営業してなかったら凹みますね。
(ただし、日曜日に訪問した知人がいるので、事前に電話確認された方が確実かと思います電話番号を控え忘れました。ネット上にも転がってないですね…(´・ω・`)ショボーン)

今度は店内でもいただきたいし、あまり見かけないビーフと野菜のビリヤニをいただきたいです。
あと電話番号と休みを直接確認しなければ。
またあそこまで歩くのは、これからの季節しんどいですけどね…(´Д`;)

※2015年6月3日更新:営業曜日の確認が取れました!電話番号はまだ未確認ですが…。

それでは、失礼します。

【店鋪情報】
ビリヤニハウス
※30min.のお店ページはコチラです。

住  所:神奈川県座間市相模が丘1-40-4


電話番号:未確認
営業時間:11:00~15:00、ディナータイム17:00~23:00
休  日:月曜日と金曜日のランチタイム
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク

【合縁奇縁】水野仁輔さんとお会いしました

こんばんは。

ベンガルール旅行から帰国して、写真整理や旅行記作成に集中していたGW前後の話ですが、ブログに記載しているYahooメールのチェックをすっかり忘れていました。
元から迷惑メールが多くて見ていないことも多かったのですが、今回はかなり放置してしまいました。
久しぶりにメールチェックして、山ほどある迷惑メールをどんどん削除していたら、その中に「みずの じんすけ」さんからのメールがありました。
ハイハイ迷惑メールは削除削除…?( ゜д゜)
(つд⊂)ゴシゴシ…(;゜д゜)
(つд⊂)ゴシゴシ _, ._ (;゜ Д゜) …?!
(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ ( д ) (; Д ) !


マジですか!?(;゜д゜)ポカーン

東京カリ~番長の水野仁輔さんからメールをいただいてました。
「カレーのお話がしたいのでお会いしたい」とのことです。
受信日時を見ると、1カ月ほど放置してました…(´・_・`)
どれだけ失礼なんだと。
すぐにお詫びのメールを返信しました。

昔からのうちのブログの読者(どれだけいるかは疑問ですが)はご存知かもしれませんが、約7年前にこんな記事(長文です)を上げました。
カレーブログを運営する身として、またWebやブログというツールを愛する身として、これは黙ってはいられないという思いで、ぶった斬らせていただきました。

コメント欄を見ていただければ分かりますが、カレーブロガー、ブログの読者、カレー業界の方、雑誌編集の方など多方面の方々からご意見をいただきました。
当時、東京カリー番長のブログにトラックバックを送りましたが、反応はありませんでした。

炎上系カレーブロガーとしては、当時もし水野さんからメールをいただいていたら、絶対に会っていなかったと思います。
ただ、あれから7年経って当時のようなブロガー同士の交流も減り、私自身も色々あって少しは丸くなりました。
上の記事をもし水野さんが読んでいたら私のところに連絡が来る訳がないな、という若干の後ろめたさを持ちながら、メールのやりとりをしてお会いすることになりました。
私1人では間が持つか不安だったので、マレーシアごはんの会の古川音さんをお誘いして、ご一緒していただきました。
場所は私のホームの新宿で、水野さんも何度か訪問されているHATTIにさせてもらいました。


実際に水野さんにお会いして、HATTIのお料理をいただきながらカレーのお話をしたのですが、私が水野さんに対して持っていた印象は随分変わりました。
良くも悪くもマスコミに露出するということは、虚像の印象を読者や視聴者に植え付けるんだなと思いました。
話は長くなるのでざっくり要約しますが、

●テレビは嫌いなので、出演をお断りしています。
●雑誌のカレー特集はごく一部を除き2013年秋から出演をお断りしています。
●雑誌の仕事などをすることに時間を取られて、本来自分がやりたいカレーの活動に支障をきたしています。
●本業は別にもち、カレーの活動は趣味の延長でライフワークとして行い、カレーで生計を立てたりしません。
●カレーで生計を立てることは、時に本意ではないこともしなければならないので、やりたいことしかやりたくありません。
●水野仁輔の本や活動を支持してきてくれた読者の方々を、裏切るようなことはしたくありません。


だいたいこのようなことを仰ってました。
上の話を私自身に当てはめてみると、今まで約10年間ブログを通じて自分がとってきた言動とかなり一致します。
とてもシンパシーを感じました。

そして、なぜ水野さんが私に会おうと思ったかというと、上のブログ記事を
7年越しで読まれたからだそうです。
すごく嫌な汗をかきました…m(_ _;)m
コメント欄も全部読まれたそうです。

その中には耳の痛い話もありながら、誤解もあるということでした。
また、カレーが好きで、継続して食べ歩きをしているカレーブロガーの人たちは、今の水野さんの立ち位置に近いのではないかと思い、会ってみたくなったそうです。
私が7年経って丸くなったように、水野さんも2013年を境に立ち位置が少々変わったことで、カレーブロガーに対する考え方が変わったようです。


実際にお会いして、水野さんのカレーに対する純粋かつストイックで熱い想いが伝わりましたし、カレーブログ全般に対して一定の理解をもってもらえたことはとても嬉しかったです。
非常に親近感を感じましたし、今後は協力できるところは積極的に協力していきたく思います。


7年前は、全く想像もできないことがおきました。
(写真は音さん、水野さん、HATTIの吉川社長です)
水野さんの寛大な心に、大変感謝です。
音さんも長時間お付き合いいただきまして、ありがとうございました!
吉川さんも閉店時間まで居座っちゃってすみませんでした。


それでは、失礼します。

【過去記事】

HATTIの訪問過去記事リンク集を設置しました。店舗情報も含めてコチラをどうぞ。
※30min.のお店ページはコチラです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )このエントリーを含むはてなブックマーク
« 前ページ