Saya Cinta Malaysia

I love malaysia.マレーシア愛、マレーシア旅の徒然日記。ときどき台湾。

自分の気の赴くままに過ごしていたら素敵なお友達ができたこと

2016-11-27 | マレーシア友達
この2年ほどで、新しいお友達が数人できました。どの方も、ブログを通じてお知り合いになり、直接お会いするようになったり、メールでお話をしたりする仲です。まだお友達になってから日も浅く、お会いしたりお話したりする回数は本当に少ないにも関わらず、本当の自分の気持ちをさらりとお話できたり、自然と「会っておしゃべりしたいな」と思わせてくれる素敵な方ばかり。友達や頼れる人が少ない私にとっては、「元気ですか?」と気にかけて声をかけてくれる人がいることがとても嬉しく、こういう出会いは本当に大事にしたいと思っています。

私は子供の頃から一人で過ごすことが好きな性格でした。休み時間になると図書室へ行って本を読み漁って、放課後はさっさと家に帰って、やっぱり本を読んだり、本の中の空想の世界に浸って宿題をしない、そんな子供でした。母親は社交的を自負する性格で、子供の私にもそういうことを求めていたので、子供ながらに母親の期待に応えたくて、明るく快活な子供を演じていたりはしましたが、本当はたくさんの人がいる場で気を遣ったりすることはとても苦痛で、一人で自分の好きなことだけに没頭するのが大好きでした。

大人になり、いろんなことがあって、本当は一人でいたいのに自分の気持ちだけではね…という気持ちが沸き上がったり、自分を好きになれなかった時期は、こんな性格は生きていくうえで良くないのではないか、もっといろいろな人と交流をして自分を成長させるべきではないのか?という疑問が生じたりして、本当の自分の気持ちは綴じ込めて大勢がいる場に出かけることが多くなり…。少しずつ、本当に少しずつですがストレスがたまっていたように思います。

2年半前に乳がんを患って、手術や治療などのために身体がしんどくなったことで、おのずと出かける機会が減り、はたとこれまでの自分の行動を振り返ることがありました。本当に100%行きたい、会いたいという会ではないにも関わらず、身体だけでなく心にも無理を強いて出かけていたのはなぜなんだろう?と思い返し、自分を見つめ直しました。そして、当時はまずは身体を治すことが一番大事で、そのためにも体力温存、さらには今後身体がつらくならないように、体力だけではなく心の面も無理なく生きられる生活を心がけよう、と決めました。そのためには、時に相手に対して失礼となるかもしれない行動を取ることもなきにしもあらずですが、結局最後は自分がしたいようにすることが大切、と思い、この2年はそれを実行するようにしていました。

ゆっくりと2年の月日をかけて自分の気持ちに正直に行動する生活に切り替えて行ったら、人間関係も大きく変化しました。「一人でいることが好き」と書きましたが、じゃあ誰とも会いたくないかと言ったら、そんなことはありません。誰かとじっくり向き合っていろいろなことを話したり、お互いの気持ちを分かり合ったり、時には愚痴を吐いてお互いのストレス発散をする時間もとっても大切。大勢で食事会などをしても、そんなふうに誰かとじっくりお話をする時間はほぼ持てませんよね。だから私は、お友達と会う時も極力一対一が好きです。気が合う同士なら3人で集まるくらいが限度で…。人間4人集まったら、ほぼ同時に深い会話はできないと思うから。それぞれにとって大事な時間を使ってせっかく会うのだから、そんな時はいろんなことを話したいと思うのです。この2年で、そんなふうに一対一で会えるお友達も増えました。

もともと仲良くしていたお友達はもちろんのことですが、私のブログをずっと読んでくれていた女性がある日マレーシアイベントで「うささんですよね?」と声をかけてくださり、今ではたまにご飯を食べながら楽しいおしゃべりができるお付き合いになったりしています。また、イスラムに改宗された後にマレー人の旦那さんと出会いご結婚されてマレーシアにご縁ができ、それがきっかけで私のブログに辿り着いてくださった女性がメールをくださったり。本当に嬉しいですよね、こういう出会いは。私は自分のマレーシアへの気持ちや思い出を好きに長々と、本当に長々と(笑)語っているだけなのですが、こんなブログでも読んでくださって、何か感じてくれたのですから。

他にも、ブログやtwitterを通じて交流をしていた方と、何かのきっかけでお会いしてたまに一緒にご飯を食べるようになったり、メールをしたり、というご縁もこの2年で数名いらっしゃいます。どの方も、お話していて、無理なく過ごせて豊かな経験談を楽しく話すことができる関係で、いつも本当に楽しい時間を過ごさせてもらっています。

人間関係も含めた生活を変えるって、それまで築いていたものを捨ててしまうような感覚もあって、最初はなかなか一歩を踏み出せなかったのも正直なところですが、徐々にでも変えていって、2年が経ってみたら、周りには素敵なお友達がいてくれるようになっていて、自分のそのままの姿で暮らすようにしてみて良かったなあと思っています。

      

タンジュン・マリムで出会ったこのニャンコのように、いつもマレーシアのことばかり考えて、もぞもぞダラダラしていたい私ですが、自然体でありつつも、でも時には「私も頑張らないとー」と思わせてくれる素敵なお友達にいろいろ教えてもらいながら、たまには奮起して、たまにはダラダラしながら生きていきたい。そんなふうに思っています。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

旅日記の更新順序について

2016-11-27 | 自己紹介
いつも私のブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。

このブログの記事の更新ですが、必ずしも直近の旅を時系列に沿ってUPしているわけではありません。直近の旅の記事の後に、なぜか1年前の旅の記事が更新されることもあります…。

本当は、お読みいただく方が混乱をしないように、そして何より読みやすさを考えると時系列に沿って更新をしていくことが一番なのは分かっているのですが…、日々いろいろなことがあると、時として数カ月前、一年前の旅での出来事に心がトリップしてしまうこともあり。その時その時、私の心を占める旅での思い出の出来事が変化していくため、必ずしも直近の旅の思い出だけに集中できない自分がいます。

マレーシアを訪れるたびに、たくさんの出来事があって、思い出がたくさんできて、本当はそれを猛スピードで綴っていけたらこんな混乱はないのでしょうが、どうしても元来ののんびりな性格も手伝って、あれこれ心の中で思いを巡らせているうちに時間が経ってしまいます。そんなこともあり、気持ちも一年前、もっと数年前に飛んだり、はたまたほんの数週間前に戻ってきたりと、落ち着かず申し訳ありません。

どうかマレーシアののんびりとした空気のように、この適当で自由な更新スタイルを見守っていただき、のんびりとお読みいただけたら嬉しい限りです。

ちなみに、いつ、どこに行った旅なのかは、PCサイトだと記事の枠内右上、スマートフォンサイトだと冒頭記事タイトルの下にカテゴリとして「KL&Melaka 2016」といった感じで表示がされていますので、「うん?一体いつの旅?」と思われた方はカテゴリにてご確認いただけると混乱が少ないかと思います。

こんな感じのゆるゆるブログですが、マレーシアばかり(たまに台湾)書き続けて10年目となりました。これからもどうぞ、のんびりペースにお付き合いいただけたら嬉しい限りです。

            

これは、8月にイポーへ向かう途中で立ち寄ったパサマラ(夜市)で見つけたポピア。生春巻きのようなごはんです。二人ともお腹いっぱいだったのに、私がこの可愛いポピアのフォトジェニックぶりに喜んで写真を撮っていたら、マレー人が買ってくれました…笑。きれいにディスプレイされていて本当にテンション上がるポピアで、ホテルに着いて食べてみたらこれまた美味しくて!二人して、「レベル高い!」と感心したのでした。タレがとっても美味しかったんだよな~。

このパサマラをぶらぶらと歩いた時間もとっても楽しくて。ほんの20~30分の立ち寄りだったけれど、とっても楽しい思い出のひとつです。こういう思い出の積み重ねが、どんどんたまっていく。そんな日々です。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「Sama Sama Hotel」に泊まったら大好きな曲がヘビーローテーションだった

2016-11-18 | KL&タンジュンマリム 2016
短い滞在だったマレーシアですが、帰る前日の夜は、空港(KLIA)と直結している「Sama Sama Hotel」に宿泊をしました。翌日一緒のフライトで帰るマレー人が夜にこのホテルで同窓会の約束があり、もう明日帰るって時の前日夜遅くに空港近くまで行くのだったら、そのままここに泊まってしまおう、という話からでしたが…。

そもそも私、Sama Sama HotelはKLIA2にある、あの比較的安めの「Sama Sama Express」がぼんやりと思い出され…。最初にこの提案をされた時は、気軽な感じで泊まれるのかと思っていて…、改めて調べてみたらずいぶんと豪華な5つ星ホテルでした…。そしてお高くてびっくりしました!

でもまあ、たまにはいいよね~、明日も12時にチェックアウトしても、空港直結のホテルだから14:40のフライトも余裕だし~、こんな時でもないと(←つまり私はお支払いしてない…)泊まることもないよね、こんなホテル~、ということで、お言葉に甘えて泊まらせてもらうことに~。やったー!ドキドキ期待して入ったお部屋はとっても豪華で快適でした~。

      

って、別に今回はホテルリポートをしたいわけではありません。そういうリポートは、他の方のブログやagodaなどでも情報がたくさんありますし…。個人的に、このホテルに泊まって面白かったこと、思い出に残ったことをちょこっと綴りたいなと思い…。

マレーシアに詳しい方はもちろんご存知かと思いますが、マレー語で「sama sama(サマサマ)」は、「どういたしまして」といった意味。マレーシアに行くと、マレー語で「terima kasih(テリマカシ)~」(ありがとう)とお礼を言うと、返しは必ずこの、「sama sama~」です。

このホテルの名前はまさに、その「sama sama」がついている!ということで、ホテル内で何かサービスを受けて、お礼を言うと、もれなく「sama sama~」と返しがきます。え、だって「terima kasih」と言ってるんだからそりゃそうでしょ?とお思いでしょうが…。なんと「thankyou」とお礼を言っても、絶対に「sama sama~」と返ってくるんです!(笑) すっごいこだわりを感じました。二人してそれが妙にツボで、お礼を言う時に「terima kasih」ではなく、わざと「thankyou」と言うように…(笑)。それでもスタッフさんたちはみんな、「sama sama~!」と笑顔で返事が来ます。そして、言い方にもこだわりを感じる、すっごい抑揚のついた言い方…(笑)。それもとっても面白くて、二人して「研修で、この言い方何度も練習するのかな」とか、いろいろ想像して笑いあっていました。

そして、この「sama sama」にまつわるエピソードがもう一つ。私はマレーシアのマレー系POPSが大好きなのですが、特に大好きな曲の一つに「Mulanya Di Sini」という曲があります。80年代にFREEDOMというグループが歌ってマレーシアで人気を博した曲で、その後もいろいろなミュージシャンがカバーをしているマレーシアでは人気曲です。このバージョンは、カバーバージョン。ちょっとポップな感じが強くなってますが、元歌はそのまま生かされています。



私はこの曲が本当に大好きで…。実は数年前、マレーシアのテレビ番組にひょんなことからちょこっと隅っこに出演させていただいたのですが、そのロケの際に車の中でこの曲をいつの間にか歌わされていて…、そして、敏腕マレー人プロデューサーの編集により、この番組のテーマ曲的扱いにされていたのでした…ちょっと恥ずかしいけど、楽しい思い出です。その時の私の歌声も含め、動画はこちらです…(笑)。



この曲のサビには「sama sama~♪」というフレーズが何度も登場します。この耳心地の良い響きもこの曲が人気を博したひとつなのでしょうね。もちろん、メロディはもちろんのこと、詩の内容もとても良くて、「一緒に夢をつかもう、追いかけよう」という意味が込められています。

そして、やっぱり「Sama Sama Hotel」!この曲、このサビにももちろん目をつけました!(笑) ホテル内のカフェなどでかかるBGMには、この「Mulanya Di Sini」が結構な頻度でかかります…。これも二人して「このホテル、この曲をテーマ曲にしてるんだね~」と話題に。私はこの曲が大好きだから、何度聴いても飽きることなんかないし、嬉しかったな~。

東京へ帰る日の朝、朝ご飯はホテルでいただいたのですが、久しぶりに二人でゆっくりのんびり食べられた朝ご飯で、いろいろと話しているうちに、話したいと思っていたけれど、いろいろ考えてずっと話せなかったあることを、彼に話してみました。朝ご飯をゆっくり食べながらちゃんと聞いてくれて、それについて二人で話もできてとても良い時間を過ごしました。話すまではちょっと緊張したけれど、話して良かったと思えるような返事をくれて、ホッとしていた時にまたこの曲がかかり…。二人で笑ってしまったけれど、でも、私にはとても思い出深い一瞬でした。

私のiPhoneにはこの曲はいつも入っているから、マレーシアを旅する時は飛行機やホテルでもかなりな頻度で聴いていて。だからいろんなマレーシアの思い出と重なっている曲なのですが、このSama Sama Hotelで彼と一緒にこの曲を聴いたこの一瞬は、きっと忘れないだろうなあと思える一瞬でした。

「sama sama」ってひとつのマレー語から、こーんなにいろんなことが書けてしまうのか、すごいなマレーシア!と思ってしまう…。「Sama Sama Hotel」は豪華ホテルだから滅多に泊まれないけれど、またいつか泊まれたらいいなー。その時も、この「Mulanya Di Sini」がかかっていますように。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マレーシアのナシレマッ大集合!「I eat NASI LEMAK 2016」に行ってきました

2016-11-14 | KL&タンジュンマリム 2016
滞在中に、面白そうなイベントがあることを知り、時間があれば行きたいな~と思っていたのですが、ちょうどいいタイミングでマレー人のスケジュールが空いたので、連れて行ってもらいました!なんとっ!その名も「I eat NASI LEMAK 2016」!マレーシア各地のナシレマッ有名店40店舗が出展し、ナシレマッ一色に染まる(笑)、なんともマレーシアらしい、ナシレマッ好きにはたまらないイベントです。

            

会場に着くと、受付の時点ですでにココナッツミルクで炊いたご飯ナシレマッ(直訳すると「脂ご飯」…)の香りが~!連れて行ってくれたマレー人、「今日はここにはナシレマッ大好きな人ばかりが来てるのかっ。俺もその一人になるのかっ!」と私に訴えかけていましたが、いやー、あなたは私から見ても十分ナシレマッ大好きすぎるマレー人の一人ですよ…と返したかったよ~(笑)。

店舗でナシレマッを購入する際に使うクーポンを最初に購入します。1個だいたい2~4RM程度、トッピングもつけたりするともうちょい行くのかな、ってことで、10RMで1冊のクーポンを2冊購入。

      

案内には「40店舗が集合」と書いてあったのですが、中に入ってみると20店舗くらいかな~と言う感じ。それでも、どのお店でもナシレマッが売られていて、いやー楽しい!マレーシア人がナシレマッをこよなく愛していることは十分分かっていますし、私も大好き!過去、CREA WEBにて連載中の「マレーシアごはん偏愛主義!」でもマレーシアでのナシレマッの愛され度を熱く語った(「マレーシアごはんといえば「ナシレマッ」豊かな食文化が育んだ珠玉のひと皿」/「マレーシアごはんを最大限に楽しむ!「ナシレマッ」おかずランキングベスト5」)私としては、それを十分理解していたつもりだったけど、こうやって、マレー人も華人もインド系も、みーんなが目を輝かせてナシレマッ買うために並び、食べている姿が揃う様子を改めて見てみると、いやーやっぱりナシレマッてみんな大好きなんだなーと思い知らされ、そして、みんなの楽しそうな顔に思わず笑みがこぼれたのでした。

      

      

人気店は行列で…。一番すごいお店は会場の外にまで列が続いていたのですが、私達はそこまで並ぶ気にはなれず…。そもそも、「マレーシアの美味しいお店が大集合」なので、どこもそこそこ美味しいはずですし。なので、ほど良く列ができてるお店に並びました。最初に買ってみたのは、貝のサンバル「Sambal Kerang」入りのナシレマッ。1個を二人でいただきました。

      

これがっ!すごい美味しかった!特に、貝のサンバルがとっても美味しくて…。実は二人とも、ここに来る前に諸事情により食事を済ませてしまって、「そんなにお腹空いてないよね…」モードだったのですが、いやーやっぱり美味しいナシレマッを前にして、ぺろりと食べてしまいました…。本当に美味しかった。

そして、もう一店舗。こちらは美味しいテンペが別添えになっていて、これまた美味しかった!この後、友達親子と待ち合わせをしていたので、彼らの分も買い求めて渡し、私達はこの時点ではお腹いっぱいだったので、ホテルに持ち帰り、夜にドロドロマレードラマを観ながら食べました~(笑)。

      

マレーシアでマレードラマを観ながら、ナシレマッを食べる、最高です。サンバルも小袋に入っていて、食べる時にかけつつ混ぜつついただきましたが、とーっても美味しかった。そして、テンペはこれでもかってくらいもりもり付いてきたので食べきれず、東京まで持ち帰りました。お弁当にふりかけ代わりに入れたりしていただいています。

本当はもっとたくさんの店舗のナシレマッをちょっとずつでも制覇できたら良かったけれど、胃袋の都合もあり…。でも、こんな心躍るイベントに行くことができて本当に楽しかった!連れて行ってくれてありがとう~。来年も開催されるのかなー。また行けたらいいなあ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

KTMで行ったタンジュンマリムでNORIKOさんとデート☆

2016-11-13 | KL&タンジュンマリム 2016
KLIA2に到着し、今回はなんと!普段はほとんど向かうことのないKLセントラル駅へ移動。ホテルに荷物を置かせてもらい、着替えだけ済ませてまたすぐ駅へと戻りました。今日は昼間会いたい人がいて、その方とのデートのためKTMに乗るのです!

向かった先はタンジュン・マリム。KTMでKLセントラルから1時間ほど乗れば到着です!遅れるかな…と思ったけれど、15分程度の遅れのみで到着しました。待ち人はまだ少し到着に時間がかかりそうだったので…朝から何も食べずに移動を続けていたため、駅のカフェでアヤムパオ(鶏肉まん)を見つけて買いました!

            

カレー味がなかなか濃厚で、美味しかった!

      

待ち合わせをしていたのは…。マレーシアが大好きなNORIKOさん。1年ほど前からブログやtwitterで交流をさせていただき、いつもマレーシアが大好きなんだな~と思えるマレーシア愛溢れる、そして同じ感覚を感じる発言が気になっていました。今回、ちょうどNORIKOさんがイポーに長期滞在をしている時期と重なり、厚かましくも「イポーとKLの中間のどこかで会いませんか?」とお誘いをして、初対面が叶いました!ちなみにNORIKOさん、もうひとつ楽しいブログもあります。「旅する猫のマンガ タビネコ」。とっても可愛いくて面白いです!

駅からタンジュン・マリムの町は歩いて5分ほどで。小さな町ですが、古いショップハウスが軒を連ねていて、とても良い町でした。カーッと陽射しが照り付ける中歩くのはちょっとしんどかったですが、まあすぐなので(笑)。途中、かわいいモスクがありました。

            

      

ちょうどこの日は金曜日だったので、午後はこのモスクでは集団礼拝が行われたんだな~と後から思い返しました。

暑いしお腹空いたし、そして何より初めてお会いしたNORIKOさんといろいろお話したかったので、目に留まったこのお店でごはんとしました。私はナシカンダー!マレーシア着いて初めてのちゃんとしたご飯~♪

            

      

NORIKOさんとは初めてお会いしましたが、これまでもマレーシアのことをいろいろオンラインでおしゃべりしていたから、楽しい初対面となりました。こういう出会いって本当に貴重だし嬉しいんですよね。お互い電車の時間もあったりで、あっという間のタンジュン・マリムでの時間でしたが、普通の観光客は来ないよね、っていう町で待ち合わせて一緒にご飯を食べられて、本当に楽しい時間でした。ありがとうございました。

そうそう、NORIKOさんはネコ使い?って思うくらい、ニャンコと仲良くなるのが上手。いつも近すぎる(笑)ニャンコの写真をUPしてくれて癒されているのですが、この日もかわいいタンジュン・マリムのニャンコと出会い。

            

この子はこの後、NORIKOさんに撫でられて、お腹丸出しでした!笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加