カレーなる日々

インドの日常を中心に日々を綴っています。

ソンプル・メーラ。

2016年12月10日 22時08分59秒 | 東インド
ビハール州の州都パトナーから北東にある町で、
毎年11月頃に行われるソン・プルメーラに連れて行ってもらった。

「メーラ」と言うのはヒンディー語で祭りの事で、
日本で言う所の縁日の大きなものみたいなものだ。

我が故郷の新潟県上越市の隣に新井市(現在の妙高市)があった。
秋になると「報恩講(おたや)」が開かれて、
子供の頃はそれはそれは楽しみだった。
飲食の店舗、おかし、ゲーム、見世物小屋などが建てられていた。
このメーラに行って思い出した。



昔は象や駱駝やいろんな動物や鳥を売る店が多くかなり賑っていたそうだ。
この辺りでは知らない人がいないくらい有名な祭りらしい。
ヒンドゥー暦カールティカの満月の日から1ヶ月に渡り開かれ、
アジア最大級の家畜市が目玉らしい。

 

おもちゃや日用品を売る店が多かった。



これは金物屋。
 学校のテキストの中にインドの文豪プレーム・チャンドが書いた
「イドガーハ」と言う短編の物語が載っていた。

 貧しいムスリムの少年の話だ。両親がおらず祖母に育てられていた。
あるイード(断食)明けの祭りの日、少年は友達とメーラに出掛ける。
祖母がなけなしの10Rsを持たせてくれた。
少年はおもちゃも買わず、お菓子もスナックも食べす、
乗物にも乗らず、金物屋でトングを買う。友達に笑われたが。

その理由は・・・・少年は祖母がチャパティを焼く時に、
火傷していたのを見ていたからだ。

と言う、感動的な話であった。その話を友達にしたら、
有名な話なので知っていた。

 

物欲がなく何も買わない私に友達が何か買えと言うので、
ガスコンロに着火する時に使う火おこし(インドのガスコンロは自動着火ではない)を、
20Rsで買ってもらった。デリーで買うより安かった。

 今年は「ノート・バンディ」の影響で全く人出が少なかった。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パトナー動物園。

2016年12月09日 22時03分59秒 | 東インド
パトナーには観光場所が少ないので、
過去2回の訪問でほぼ見尽くしていた。
動物園があったとは知らなかったのだが、
友人が連れて行ってくれた。

入場料は30Rs(約50円)。
実際には開園は9時からのようだが、
日曜日だったからかその前から開いており、
人々が散歩をしたりしていた。

開園前だったので動物は数が少なかった。
ライオンは奥の小屋に入っており声はすれども姿は見えなかった。




コンドル。



シャンティと言う名前のキリン。



ねじれた角を持つ鹿、美しい・・・。



鹿の群れは奥の方に固まっていたが、
好奇心が旺盛な一頭がこちらに向かってきた。




こちらは野生のトカゲ。



そして丸印の中はマングース。



園内はかなり広いので有料のトイトレインが走っている。
動物の他、鳥類、別料金の水族館などがある。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アショーカ王の柱。

2016年12月08日 21時57分59秒 | 東インド
ビハール州の州都パトナーの北55Kmにある仏教遺跡。
仏陀の時代の北インドにはマガダ、コーサラ等16の国があったそうな。
そのうちの一つがヴァイシャリで、
リッチャイヴィ族の首都として繁栄した都市だった。

仏陀は何度もヴァイシャリで説法をした。
クシナガルで入滅する前にも訪れ、
遊女アンバパーリーの接待を受けた。




このアショーカ王の柱は仏陀の死後、
経典の編集のための結集が行われた事を示すそうだ。
裏側には沐浴池があった。



ストゥーパがあるエリアから奥へ4Km行った所にある。
このエリアだけは有料で外国人200Rs(約325円)、
インド人は15Rs(約25円)。

インド国内の施設や遺跡の入場料、入館料の類で、
納税者カードを提示すればインド人料金で入れる所が多いのだが、
ビハール州はダメなようだ。

2010年にパトナーにある博物館を訪れた時の。
外国籍であると言う理由で却下されたのだが、
今回も同じ理由で却下された。なんでかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァイシャリ博物館。

2016年12月07日 22時10分59秒 | 東インド
 11月9日に突如として起こった「ノート・バンディ」。
これは高額紙幣の旧札2種類が使えなくなると言うものだ。
この影響がいろんな所で出ている。

例えば・・・・有料道路の通行料。空港の駐車場など。
旧札の500Rs札や1000Rs札、
新札の2000Rs札で支払われてもお釣りがない。
と言う理由から無料開放中

ここで働いていた人はどこへ行ったのだろう 休みなのかな
そしてこのヴァイシャリ博物館も無料だった。(笑)

 「ノート・バンディ」の影響は悪い事ばかりだったけど、
これはいいんじゃないかと思う。

ヴァイシャリ博物館には・・・・大した物はなかった。
と言うか大きな物が展示されていなかった。

唯一面白いと思ったのがこれ。トイレの遺跡。
写真撮影禁止だったようで・・・注意されてしまった。
でも禁止と書いてなかったしな・・・・。
OKとも書いてなかったが・・・・。
削除しろと言われなかったので、そのまま掲載する



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【インドのストゥーパ】 ~ ヴィシャリ ~

2016年12月06日 21時43分59秒 | 東インド
仏陀の死後その仏舎利を8つに分け納めたうちの一つ。
正確には・・・・ストゥーパ跡と書いた方が正しいかもしれない。
このストゥーパはレリック・ストゥーパと言う。



場所は道路から見えるこの鐘の裏側になる。
左側に入口がある。



入口はこんな感じの門があり、入って行くと・・・
屋根が見える・・・・。屋根の下にはストゥーパ跡がある。
こんな状態だから、もうここには仏舎利はないだろうと思った。

 

ヴァイシャリには由緒正しいこのレリック・ストゥーパと、
日本山妙法寺の世界平和ストゥーパがある。

日本山妙法寺の世界平和ストゥーパの方が白くて立派なのだが、
仏陀の仏舎利が納められていたのはこのレリック・ストゥーパの方だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【インドの結婚式】 2016年 ビハール州 その③

2016年12月05日 22時28分59秒 | 東インド
結婚式が行われたのはビハール州の州都パトナーから、
東へ200Kmほどのバーガルプルと言う町だった。
デリーからはパトナーへ飛行機で飛び、
そこから手配してもらった車で約5時間ほどかかった。

鉄道駅のすぐそばのホテルを新郎側の親族や関係者用に借りたようだ。

当初予定では結婚式は夜8時頃から始まるとの事だったが、
インドなので(笑)そんな事はあるはずがなく、
私は早くとも11時と踏んでいた。

そもそもホテルに到着したのが夜8時頃、
その時点で予定より遅れている事が解ったため、
あてがわれた部屋で着替えた後、休憩していた。

10時過ぎてなんだか外が騒がしくなったので覗いてみると、
ホテルの前に楽団と生歌演奏車が来ていて大音量で演奏していた。
               


11時過ぎてそろそろ式場へ行くと言うので外へ出た。


               
楽団を先頭にして花婿行列は進む。
徐行よりもゆっくりのスピードで、時折停まっては、また進む。
何故なら・・・・楽団の後ろで花婿側の親族・関係者が躍っているからだった。


               
後で解ったのだが・・・・・車でたった5分ほどの距離だった。
踊り狂う人々に続いて花婿の乗った車が進む。
その後ろに親族や友人・関係者の乗った車が続く。

当然、大渋滞になってて、
近隣の人には迷惑かけてるんだけど・・・
まぁインドだから許されるんだろうけど。

 
               
式場に到着。車のまま新郎はテントの中に入って行く。
思ったより小さな会場だったのだが、
これ新婦の家の前に建てられていたためスペースの関係だと思われる。
へんな二人組だけど・・・・インドじゃ有名なのか?
               


新婦の家の前には式を挙げたと思われる祭壇が作られていた。
         


食事はブッフェで、チキンもあった
ナンはその場で焼いてくれた。甘味もあったけどジャレビーだけ頂いた。
               
 



インドの結婚式の費用は花嫁側がもつ。
また未だに持参金制度が慣習として残っている。
今回の式はこじんまりとしていたのだが、
これは花嫁側の財力なのか、花婿側が地味婚にこだわったのか、
はたまた「ノート・バンディ」の影響なのかは解らない。
(インドで起こっている高額紙幣を無効にする政策。)

なにはともあれ、二人に幸多かれと祈るのみだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【インドの寺院】 ~ 日本山妙法寺 ~ (ヴァイシャリ)

2016年12月04日 22時35分59秒 | 東インド
インド全土に何カ所あるかは知らないが、
結構な数がある日本山妙法寺。
デリー、ブッダガヤー、ラージギル、ダージリン、レー・・・。
ヴァイシャリはビハール州の州都パトナーから北西に約60Km。



お寺は簡素で中に人影は見えなかった。
お寺の左手に進んで行くとストゥーパへの参道がある。

 

正式名称は「世界平和ストゥーパ」と言う。
他の場所にある妙法寺のストゥーパと色も形も同しだ。



正面にある仏像。



その左側へと回ってみると涅槃像があり、
その次に生誕僧像があった。

 

トイレもあった。一応・・・使える(笑)
寺から参道へ向かう途中の左側。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【インドの宿泊施設】 ~ ホテル・ホワイト・ハウス ~(バーガルプル )

2016年12月03日 22時31分59秒 | 東インド
結婚式のために行ったのは、
ビハール州の州都パトナーから東へ200Kmほどの所にある、
バーガルプルと言う町だった。

友人である新郎側で手配してくれたホテルだったので、
事前に詳細は解らなかった。
ただ、新郎曰く街でそこそこのいいホテルとの事だった。

まぁインドの田舎町のホテルなので期待はしていなかったのだが、
同行した日本人から聞いた話では・・・・
家族を同行するにはちょっと・・・との事だったので、
恐らくはホテルと言うよりゲストハウスのレベルだろうと思っていた。

到着したのは夜8時過ぎだったので周囲は解らなかった。
翌朝解ったのは鉄道駅のそばだったと言う事だ。



さて、ビハール州はドライ州(禁酒)になったそうで、
ホテルの部屋にも「飲酒禁止」の注意書きがあった。
まぁヒンディー語で書かれているから、
ほとんどの外国人は意味不明であるのだが。



部屋にはエアコンがあったが、湯沸かし器がなかった(泣)。
テレビ(映らなかったけど)、バスタオル、シャンプー、石鹸付き。
トイレはインディアン・スタイルだった。
ソファとテーブルはあるが、ベッドの周囲に余裕はなかった。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フットケア・クリーム(ヒマラヤ社)

2016年12月02日 22時41分59秒 | デリーNCR
これ、ちまたでは良いと噂だったのだが、
実は使ってみてそれほどでも・・・と思っていた。
110g入りで110Rs(約180円)
小サイズは50g入りで50Rs(約80円)。

しかしだ・・・・。
その良さが解って来たのは最近だ(遅いっ)。

これは、ただかかとに塗ればいいのではない。
良さが解るような使い方があるのだ。



まず、お風呂に入った時に軽石で踵や親指の裏側など、
ひび割れてカサカサになった部分をこする。

さらに念には念を入れて、
今度は乾いた状態で踵ケアグッズなどでこする。



塗れた状態と乾いた状態で2回こすっているので、
かなり滑らかな感じになっている。
しかしまだまだカサカサである。
そこでこのクリームを擦り込むのだ。

すると・・・翌朝起きた時にはかなりいい感じになっている。
デリーの乾季は予想以上に乾いているので、
それでも1日後にはまたカサカサした皮膚が、
布地にひっかかるようになってしまう。
継続的に使用しないとだめだわ。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【今日の献立】 ~ サンドイッチ ~

2016年12月01日 21時58分59秒 | デリーNCR
日本の100円ショップで買ってきてもらった、
サンドイッチ・メーカーで楽しんでいる。

 

インドのパンは少し小さい上に薄いのだが、
半斤で15Rs(約25円)ほどと物価が上がった今でも安い。
まぁ8年前は一斤15Rsくらいだったんだけど。



いつもはジャムやバナナを挟んでいるのだが、
ある日、大家からもらったカレーを挟んでみた。

 

具がジャガイモとカリフラワーで大きめにカットされていたので、
どうかなぁと思ったのだが、予想に反して上手く挟まった。
それに汁があるのでパンの外側にしみ出すかな?とも思ったのだが、
これも予想に反して全く漏れなかった。

学校では節約の為かパンを持ってくる外国人(私もだが)がいる。
オランダ人夫婦は毎日パンにハチミツだし、
ホンジェラス人のマッチョな男子もよく持ってくる。

私はどちらかと言うと麺類やご飯ものが好きなので、
弁当を持って行く時には炊き込みご飯などを持って行っている。
これからはサンドイッチもレパートリーに加えてみようと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デリーのカフェ ~ ビングス・カフェ ~(サケット)

2016年11月30日 22時34分59秒 | デリーNCR
以前はサケットと言ってもショッピングモールの中ではなく、
メトロ駅の裏側を入って行った所にあったのだが移転したようだ。
(写真は数カ月前に撮影した以前の店舗の物)

日本人にもお馴染のカキ氷の専門店。

           

住 所:2nd Floor, Select City Walk Mall, Saket, New Delhi, India
電 話:91-9910798879
予 算:300Rs~

<食したメニュー>
 
抹茶のカキ氷 270Rs(約440円)
税金がかかるのが痛い。

<店内の雰囲気>



韓国っぽさは全くない。

<感想と評価>

 
            
シーズン物なので仕方ないのだが、暑い夏に食べたい。
抹茶と小豆・・・たまりませんな。
 
 評価は◎
      (3段階、◎:おすすめ ○:まぁまぁ ●:う~ん)

■お断り■
 味に関しては、間違いなく主観でしかありません。(100%!)
 同意見・反対意見など、あると思いますが、
 あくまでも、私の味覚に合うかどうかなので、
 気にしないでください。あしからず。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デリーのレストラン ~ トレス~(ローディー・コロニー)

2016年11月29日 22時09分59秒 | デリーNCR
ローディ・コロニーのマーケットは中央に大きな公園があり、
周りのマーケトもそれほどにぎわってはいない。
近隣にあるメハールチェンド・マーケットやカーン・マーケットとは違う、
ひっそりとした落ち着いたマーケットだ。

ここにこんな店があった(出来た?)とは全く知らなかった。

           

住 所:17, Main Market, Lodhi Colony, New Delhi, India
電 話:91-11-24625520, 91-9910061041
予 算:700Rs~

<食したメニュー>

この店のメニューは変わっていて、
肉、魚、野菜に分かれており、その中にスパゲッティがあったりするので、
見慣れていない分け方に若干見にくい感じがする。

スパイシー・チョリソ・ポーク・ソーセージ 499Rs(約810円)
シーザーズ・チキン 499Rs(約810円)
マスタード・ソース・シー・バス 899Rs(約1455円)
クリーム・ブリュレ 599Rs(約970円)
ティラミス 499Rs(約810円)
ヒューガルデン・小瓶 810Rs(約285円)

<店内の雰囲気>



モダンな感じの落ち着いた店内には、欧米人、日本人、
インド人と国籍も豊かだが、煩い子供や若者のグループはいないので、
ゆっくりと食事を楽しめる。照明も暗すぎず料理が良く見える。

<感想と評価>



            
 まずビールだが・・・インドなのにキングフィッシャーなど国産の銘柄はなかった。
しかもバドワイザーなど小瓶が500Rsからと値段設定は高め。


            
 ビールのおつまみにスパイシー・チョリソ・ポーク・ソーセージ・・・を
注文したら・・・・盛り合わせじゃなかったわ。
煮込んだせいか思ったより辛さはなかった。


            
これもシーザーズ・サラダかも思ったのだが、
思ったよりしっかりしたチキンのソテーが入っており、
ちょっと重かった・・。上に乗ってるのは玉子フライ。


            
 サーモンがなかったためシー・バスを注文したのだが、
かなり時間が経って出てきた。カリカリっとした表面の食感で、
いい感じに仕上がっていた。魚自体が美味しかったので、
これでもいいのだろうけれど、もう少しマスタード・ソースが、
存在感を示していてもいいかと思った。

 
            
 クリーム・ブリュレ。大きいわ・・・。
インド人は甘い物が大好きなのでサイズもインド人仕様なのだろう。

バーナーでその場で上に乗ったキャラメルを溶かしてくれる。
念入りに溶かして行く・・・・キャラメルはすぐに固まった。
クリームは滑らかで甘さも控えめでまろやか。
今まで食べたクリーム・ブリュレの中で一番美味しかった。
・・・・・高いだけあるわ。


            
ティラミスは見た目は?と言う感じだが、マスカルポーネもしつこ過ぎず、
あっさりとしていたが、ブランデーを吸ったスポンジケーキが、
物凄く大人の味を演出してくれてバランスが良かった。


            
コーヒーにはクッキーがついて来た。

全体的にイタリアンとフレンチの中間のようなメニューであったが、
インドにしては珍しく素材の味を生かした料理だった。
 
 評価は◎
      (3段階、◎:おすすめ ○:まぁまぁ ●:う~ん)

■お断り■
 味に関しては、間違いなく主観でしかありません。(100%!)
 同意見・反対意見など、あると思いますが、
 あくまでも、私の味覚に合うかどうかなので、
 気にしないでください。あしからず。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新2000Rs札。

2016年11月28日 22時10分59秒 | デリーNCR
 11月9日から新しくなったルピー札は2種類。

500Rs札まだあまり流通していないらしく、
私の周りでも持っている人がいない。
銀行などでもらえるのは専ら2000Rs札である。

 この2000Rs札だが、
表面にガンディーの肖像が描かれスカシが入っている所は今まで同じである。
肖像の位置が右側から中央の左寄りに変わり、
スカシも左から右側に変わった。

2000Rsと言う金額(高額)の割には、
重みがないなぁ・・・と言うのが第一印象である。



裏面はインドの火星探査機マンガリヤーンであるが、
なんかなぁ・・・おもちゃみたいだし。



下部に象、鳥、花の模様が入ったり、
左側にインドを綺麗にしようのスローガンとガンディーの眼鏡のマークが入ったり、
なんだかなぁ・・・すっきりしないなぁ。

新札は子供銀行券やおもちゃみたいだと言われているが、
まぁその通りだわ・・・。
色が濃い目のピンク(マゼンダ)なのだが、
この色も安っぽく見える原因かもしれない。

大きさだが、横幅は100Rs札より若干小さい。

どこかにICチップが埋め込まれているらしく、
どこにあるか追跡できるらしい・・・。

500Rsが入手できたら、またレポートしたい。
色はグレーのようだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デリーのレストラン ~ タウン・ホール ~(カーン・マーケット)

2016年11月27日 21時42分59秒 | デリーNCR
デリーではハウズカース・ヴィレッジに次いで、
カーン・マーケットはノンベジでお酒が飲める店が多い。

そんな店の中の一軒であるが、ハウズカース・ヴィレッジもそうだけど、
けっこう店の入れ替わりが多いようで、
以前アジア料理の店があった所に同じようなコンセプトのこの店が出来ていた。

           

住 所:60-61, Near Dayal Opticals, Middle Circle Lane,
     Khan Market, New Delhi, India
電 話:91-11-43597166, 43597155
   
予 算:700Rs~

<食したメニュー>


 
カルボナーラ・スパゲティ 475Rs(約770円)、
クリスピー・マッシュルーム 345Rs(約610円)、
ピーナッツ・パニール 345Rs(約610円)、
バドワイザー・小瓶 175Rs(約285円)

 メニューには刺身や握り寿司もありロール寿司もたくさんあった。
怖いので試してみなかったけど。

<店内の雰囲気>



かなり広い店内は天井も高い。屋上にはオープンエアーの席もある。
入ってすぐカウンター席があり、その奥は中央にバーブース、
周りにいろんな形のテーブル席がある。

 女性スタッフがミニスカートなのが、インドでは新鮮である。
だがやはり職業の差別があるので、
職業にタブーのない東北地方の出身者のみ。

<感想と評価>


            
マッシュルームは外見からマッシュルームに見えないほど、
クリスピーに仕上がっており、にんにくが効いた味。


            
ピーナッツ・パニールは想像していない形で登場した。
てっきりタンドールで焼いたパニールと
ピーナッツが絡んでいるのかと思っていたら、
ピーナッツはソースになっていた。あまり味も匂いもしなかったけど。


            
 カルボナーラであるが・・・麺が柔らかい。
ソースもカルボナーラと言うより、こってりしたチーズ味。

新ルピー札の混乱でマーケットの人出が少なかったのだが、
店内は驚くほど混んでいた。寿司目的かな・・・安くないのに。
 
 評価は○
      (3段階、◎:おすすめ ○:まぁまぁ ●:う~ん)

■お断り■
 味に関しては、間違いなく主観でしかありません。(100%!)
 同意見・反対意見など、あると思いますが、
 あくまでも、私の味覚に合うかどうかなので、
 気にしないでください。あしからず。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WBOアジア・パシフィック・Sミドル級タイトルマッチ

2016年11月26日 22時38分59秒 | スポーツ
WBOアジア・パシフィック・Sミドル級タイトルマッチ 
  王者・ ビジェンダール・シン(インド) × フランシス・チェカ(タンザニア) 



ふと通りがかった道路、見上げればボクシングの看板が。
インドでメジャーなスポーツと言えば唯一クリケットである。
国内リーグが出来てサッカーも一部の若者の間ではブームであるが、
クリケットの足元にも及ばない。

 インドではスポーツより勉強なので、
12億人以上の人口がありながらクリケット以外のスポーツの有名選手は少ない。

ヴィジャンダル・シンがプロ転向したのは知っていたが、
いつの間にチャンピオンになっていたのだろう。

先月インドで初めてボクシングの興業が行われた。
残念ながらその日は用事があって行けなかったのだが、
今回は会場が我が家から徒歩圏内と言う事もあり、
試験の直前ではあるが行く事にした。

チケットの料金は早期購入10%割引だったので、
900Rs(約1460円)、1350Rs(約2185円)、
1800Rs(約2910円)、ここまでが先着順の自由席で、
9000Rs(約14560円)、13500Rs(約21840円)
の2種類がリングサイド席。当然、一番安い席を買ってみた。
だってインドのプロボクシングのレベルも解らないし。

 ヴィジャンダル・シンは北京オリンピックの銅メダリスト。
ボクシングで初めてメダルを獲得した選手で英雄である。
しかも・・・・イケメンだし。(ふふふっ)

アマチュアの時に試合を見た事がある。
2010年インドで英連邦のスポーツ大会コモンウェルズ・ゲームが行われた時だ。
その時は決勝で不可解なレフェリングで負けてしまったが、
プロ転向後は7勝(6KO)。いつの間に7戦もやってたんだろう・・・。
プロになったのは1年前だったはず・・・・。

 挑戦者のチェカはタンザニア人。
アジア・パシフィックの試合にアフリカ人
戦績は32勝(17KO)9敗2分で、キャリア16年以上の34歳。
マイナー王座のWBF王者になったことがあるが、
13年に後のWBA王者ヒョードル・チュディノフに3回TKOで敗れている。

インドの英雄が勝つに決まっているが、
プロになってどんな風に変化しているのか楽しみである。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加