高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命(いのち)を守る会」を母体にした
42年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

第3回「学生と考える記憶の記録と継承」

2021-11-19 09:00:00 | 日記
高知大学地域協働学部教員の森明香です。

第3回「学生と考える記憶の記録と継承」
ビキニ事件を中心に その3

学生たちと
高知のビキニ事件を
学ぶことが決まったとき、
次のことが最大の関心事となった。
「今」に連なる歴史的な出来事に対する
若い学生たちが抱いた関心の萌芽を、
伸び伸びと健やかに育てるには
どうすれば良いのか、ということだった。

悩ませられたのには
いくつか理由があった。
まず、本学部の実習は、
商品開発や六次産業化といった
起業的実践を促すカリキュラムが主流となっている。
翻って私たちが取り組もうとしていることは、
決してわかりやすい成果が見込めるものではない。
また、学生が生まれる
遥か以前の出来事である。
歴史学のトレーニングを
受けてはいない学生に
歴史的な出来事と「今」との連なりを
実感してもらうためには、
工夫が必要であるように思われた。
さらに、コロナ禍に伴い
様々なストレスに
直面しがちな環境下にあって、
水爆実験に伴う被曝や
被災者自らが声を上げねば放置されるといった、
容易には共有し得ない体験を
受け止められるだろうか、という懸念もあった。

考えた末に、
体験者に直接聞くのではなく、
体験者から継承しようと実践する
先達に学ぶことにした。

※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2021年11月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はぶ茶育てました ~A.Iさんの絵日記15

2021-11-18 09:00:00 | 日記
会員A.I.です。

庭で育てたはぶ茶を干すために
実家から古い「えびら」(竹編み平かご)を
借りてきたのですが、
雨続きでなかなか
洗って干すことができませんでした。
そのうちにはぶ茶はどんどん
つぼみをふくらませていました。


ほんの一袋、はぶ茶の種を蒔いただけなのですが、
ちょっと忙しくしているうちに、
摘むタイミングを逃してしまったり、
摘んでも揉むのが遅れたりとてんやわんや!


改めて、農家さんってすごいな~。

( なんでも通信 会員A.Iさんより )

管理人記
正雄さんのはぶ茶、
注文書に載ってます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お帰りなさいのその後は・・・

2021-10-22 09:00:00 | 日記
事務所のある日の午後遅く
配送を終えて戻ってきたBさん・・・

火・水・木曜日の配送日
配送車が出発するのは
たいてい10時から10時半の間くらい。
でも終わるのはマチマチです。

お帰りなさ~いに
は~いとポーズするBさん。
戻ってきたスチロール箱は
ものの見事に隙間なく積み込まれてました。
詰め物を使って固定するのだとか。
さすがプロですね。


まだ仕事は終わりません。
スチロール箱を事務所倉庫に運び入れ


会員さんから預かった注文書を
注意深く
スチロール箱の中から取り出し


所定の位置においてくれます。


やっとのことで帰りの時間。
お疲れさまでした。
笑顔でさよなら~。


秋の夕日はつるべ落とし。
これから暗く寒くなり大変ですが
また来週もお世話になります。

( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伝統医学だより その3:現代社会の健康上の問題点 2

2021-10-13 09:00:00 | 日記
木田山薬堂診療所の木田正博です。

《現代社会の健康上の問題点》

前回、8月号で
現代社会の健康上の問題点を
12項目列挙しましたが、
今回はその中の
(1)化学物質
(2)運動不足
(3)建物内に閉じこもる生活
について説明します。

(1)化学物質:
「土といのちの会員の皆さんは、
農薬・食品添加物などの
人工化学物質をさけることは
当然実行しているだろう」と思いますが、
それ以外にもシックハウスや
水・空気などの環境汚染からも
身体にこれらの物質が入ってきます。
従来の毒性学では無害だと考えられていたほどの
ごく微量の化学物質であっても、
人体のホルモン系・免疫系・神経系に対して、
各系のシグナル(信号)を撹乱して強い影響をもたらす
「シグナル毒性」が生じることがある
ということがわかって来ました。
「環境ホルモン」はその代表例です。
中国医学から見ると、
これらは精(生命の源)や神(生命を維持する働き)を
損傷・撹乱し、生命力を損ねます。
アレルギー病・自己免疫病・
感染症多発・発達障害・癌・
不妊症などの原因になります。
中国医学の煎じ薬や鍼灸などの治療で、
たいていの病気は改善できますが、
やはり化学物質をさけることが最重要です。
これらのことで、関節リウマチ・喘息などは
ほとんどの人が大幅に改善します。

(2)運動不足(3)建物内に閉じこもる生活――
こういう生活習慣で
体内の気・血・津液(正常な液体成分)の流れが停滞し、
それぞれ気滞・瘀血・湿痰が生じます。
また、中国医学でいう脾臓(消化機能の中心)が衰えます。
その結果、食欲不振・便秘・ゲリ・
鼻汁や鼻閉・気管支炎・喘息の悪化・
中耳炎・むくみ・肥満・冷え症・
生理痛・動脈硬化・癌が生じやすい、
などの症状が生じます。
毎日30分以上は
屋外で歩くか自転車に乗りましょう。
特に梅雨から夏の3-4ヶ月間は
運動不足になるので、
いかにして体を動かすかということを工夫して下さい。


※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2021年10月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

会員さんからのお便り

2021-10-11 09:00:00 | 日記
会員M.Mです。

先日、会の有機強力粉(ミナミノカオリ)を、
長野安曇野に住んでいる友人に送りました。


すると、早速、沢山のパンを作ったとのこと。
その写真とても美味しそうなので、
皆さんにも目のお裾分け!




その友人は、
家で育てた野菜やハーブを上手に干して、
ブーケにしたり、リースを作っていて、
昨年送ってくれました。



そこでハーブの乾燥の仕方を聞くと、
「家の中につるすだけよ」と教えてくれました。

※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2021年10月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミニハンバーグ ~A.Iさんの絵日記14

2021-09-23 09:00:00 | 日記
会員A.I.です。

今夜のおかずは何にしよー?
と思ったとき 冷凍庫に
下郷農協のミニハンバーグが
入っていたならラッキー ♡♡


みんな大好きで
3個、4個、5個と
パクパク食べます。


( なんでも通信 会員A.Iさんより )

管理人記
黒豚と黒毛和牛の合い挽き肉使用。
15個(250g)も入ってます。
お弁当のおかずにもいいサイズ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中秋の名月 ~高知の里山にて

2021-09-22 09:00:00 | 日記
高知も秋めいてきました。

田んぼの畦は彼岸花が咲き誇り
中生の稲も青々と


散歩する道には栗がパラパラ
拾ってよ~と言いたげ


石けんのオリーブさんの小豆(去年の)と
拾った栗で栗赤飯を炊きました。


外には真ん丸お月さん。
ライト無しでも歩けるほど明るいです!


残った小豆で、
おはぎを作りましょうかね。
秋の実りに感謝して

( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

先週の事務所から ~土といのち

2021-09-20 09:00:00 | 日記

おはようございます。
今日は祝日ですが事務所は開いてます ♪

台風14号が去っていい天気。
少しずつ涼しくなってきました。
悪天候だと配送もハラハラしますね。

★ 先週の事務所から・・・

倉庫はいつも共同購入品でいっぱい
どこに何があるのかもちろん熟知!
荷造りが終わったところで
スッキリ片付いてます。


事務所の中では
10月号注文書の作成も進んでました。
今週お届け出来ます。


いつも元気な配送員さん。
出発前に、はいポーズ
おしゃべりも大好きです。


このミニバンが配送ルートを走ります。
見かけたら手を振ってくださいね


今週も無事に仕事が終わりますように

( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第2回「学生と考える記憶の記録と継承」

2021-09-12 09:00:00 | 日記
高知大学地域協働学部教員の森明香です。

第2回「学生と考える記憶の記録と継承」
ビキニ事件を中心に その2


ゼミ形式の実習で学生たちと
ビキニ事件について学ぶようになった理由の一つに、
学校教育で触れた戦争の歴史をめぐる学生たちの
素朴な疑問に触れたことにある。

学生が持って来た調査報告論文
「地域の記憶を継承する
『学びのプログラム』に関する調査研究
〜ドイツにおける事例分析を中心に〜」
を講読したときのこと。
論文は、ユダヤ人迫害やベルリンの壁など
第二次世界大戦や冷戦時代の
生き証人が減少しつつある中、
ドイツの児童生徒たちが経験している
記憶の継承のための複数の教育プログラムを紹介していた。
この議論の際に、
これまで学校で学んだ戦争の歴史に
ある種の違和感を覚えている、
との発言があった。

日本の加害の側面が教えられないのはなぜか。
慰安婦問題がタブー視されているのはなぜか。
戦争責任はどう論じられているのか。
教員に尋ねると「教員の立場からは言えない」
と言われたこともあったという。
体験に基づくごく素朴な疑問として、
「なかったこと」にされる歴史的な出来事があることへの違和感、
なぜ自分事として教えられる機会がないのか、
と思っているようだった。

この論文と議論は学生たちの印象に残るものだったらしい。
月に一度課すレポートでも強い関心を示す言及があった。
自分たちが生まれる遥か前の出来事を、
自分たちが生きる「今」に連なるものとして、
歴史との自己との関係を捉え直そうとする営み。
学生たちがそうした営みに関心を持つという事実は、
私の中でも強く印象に残った。

2020年夏に「記憶の記録と継承」をテーマに、
高校生たちが掘り起こした
高知のビキニ事件を学ばないか、と提案した。
学生は賛同してくれた。

※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2021年9月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

絹こしゴマ(白) ~A.Iさんの絵日記13

2021-08-24 09:00:00 | 日記
会員A.I.です。

最近のヒット!
大村屋の絹こしゴマ(白)


食パンにこれを塗って
清澄さんのはちみつをかけると


まさに!!
しあわせの味がします。
本当です!!!


( なんでも通信 会員A.Iさんより )

管理人記
絹こしゴマは練り胡麻です。
サラッとしてて使いやすい ♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする