高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命を守る会」を母体にした
40年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

定期総会&美味しいものを食べよう会&古本市

2019-03-31 09:00:00 | イベント報告
3月23日(土)、ふくし交流プラザにて・・・


まずは、2018年度の定期総会からスタート


正会員に加え準会員さんの参加もあり、総会は進んでいき
今後の課題を抱えつつも無事にすべての議案の承認がなされました。


新しく理事長として選任された 山下幸一さんです。
これからの土といのちの顔、よろしくお願いします。


その後は、お楽しみの 美味しいものを食べよう会&古本市。

41年の歴史を持つ 土といのち。
その時々で購入した本たちの一部をお分けすることができました。


そして、土といのち自慢の美味しいものたち。



生産者は、山下幸一さん・藤本成子さん・井上正雄さん・溝渕純一さん・渡邉志津江さんが出席され
生産者と消費者の交流もできたのではないでしょうか。
みなさん、よく食べ、よくおしゃべりしましたね。


改めて、土といのちの大事さを考える1日になりました。
新しい年度はすでに始まっています。
42年目の歴史に向かってGO! GO!

( 管理人 )
コメント

味噌作り体験 終わりました

2019-03-05 09:00:00 | イベント報告
2月24日(日)、ソーレで、恒例の 味噌作り体験 を催しました。
2012年から始めたので、もう9回目ですね。

講師は、お馴染みの原崎道彦さん。
家で使う味噌はすべて作っているそうです。


味噌作りは実はとてもシンプル。
材料は麹と大豆と塩だけだし
作り方も一度学べば二度は来ないというくらい簡単。

原崎さんから説明を聞いてるときは、自分にもできるかな~とドキドキ。


手順を簡単にご紹介・・・
下郷農協の“手前みそ作りセット”に入ってた大豆を
一晩水に浸け充分水を吸わせておいたら
そのまま圧力鍋で15分煮ます(水はヒタヒタより多め)。
冬ならばストーブの上でコトコト煮てもいいです。


柔らかくなった大豆をざるで濾し(煮汁は後で必要)たら
ポテトマッシャーでつぶして


麹と塩をまぜておいて(塩切り麹)、つぶした大豆も加え全体を合わせる。
味噌より少し軟らかくなるくらいに、煮汁でかたさを調整。


空気をぬきながらビニール袋につめてできあがり。
ビンにつめてもいいです。
空気をぬく、というのがカビをふせぐために大事なこと。


そのまま冷暗所において秋まで熟成を待ちます。
美味しく発酵・熟成してくれるかな。

参加者の皆さんからは
「お母さんの味を再現したい。」
「思ってたより簡単。これなら家でも作れそう。」
「お友達とみそ作りを計画してるので予習のために来ました。」
という感想をきくことができました。


今回使用したのは大豆でしたが、「豆ならば何でもできますよ。」と原崎さん。
ということで、緑豆(ムング豆)のお味噌を味見させてもらいました。


また、お家でも作ってみてください。
それが、世界に一つの「手前みそ」ですから。

( 管理人 )
コメント

第3回高知オーガニックフェスタ 終わりました

2019-02-06 09:00:00 | イベント報告
もうすでに、あちこちのSNSでリアルタイムでご覧になった方も多いと思いますが、
1月27日(日)は 第3回高知オーガニックフェスタ でした。
地域の生態系を守り、自然と共存する。
そんな有機農業の考えに共感する人たちが集まり、楽しく交流する場です。

去年・おととしの体育館から高知市中心街に場所を変えて
人通りも多くにぎわったフェスタでした。


フェスタ自体の始まりは11時開始でしたが、9時から準備を始めてたんですよ。
理事さんも駆けつけてお手伝い。
準備途中にもお客さんが来られてます。


商店街の西と東の端にあるフェスタ実行委員事務局も大忙し。
お目当てのブースはどこかしら。。。なんて質問にも答えてくれます。
キネマMも「農と農業」をテーマに映画の上映で参加です。


こちらが土といのちのブース
天竺舎や蒼空舎のコーナーはじめ、会がお薦めする共同購入品をいろいろと揃えました。
たくさんの会員さんが300円のお買物券を持って訪れてくださり、とても嬉しかったです。


土といのちのブースには、井上正雄さんと上土井崇さんが同居。
渡邉さんとはなればなれ珈琲がインフルエンザで不参加になったのは、ホントに残念なことでした。


隣は、山地酪農を愛する会のブース
もちろん、斉藤牧場の斉藤さんも参加してます。
試飲の牛乳も、あっという間になくなる程の人気ぶりです。


土といのちがお世話になってる方たちも出店されてました。
左より、中村暮らしを見直す会・南国にしがわ農園・岡岩商店(4代目)・夢産地とさやま開発公社
(土佐キムチの写真がなくてごめんなさい)


普及啓発の展示をしてたのは、農と生き物研究所・清和女子中高等学校。
足を止めて見入ってました。


スタンプラリーでプレゼントをゲットしたり
野菜食べ比べコンテストでたくさんの大根人参食べたり
買い物だけじゃない企画にお客さんも楽しそうでした。


そのあと、講演会・懇親会と夜まで続いたのでした。

有機農業の考えに共感する人たちが集まり、楽しく交流するという
フェスタの目的が充分達せられた1日でした。

( 管理人 )
コメント

おせちに使える彩り漬け物 終わりました

2018-12-21 09:00:00 | イベント報告
12月12日、数字の語呂合わせのいい日、おせちに使える彩り漬け物の教室でした。
寒い時期とあって、残念ながら、風邪ひきの直前キャンセルがあいつぎました。
が、こじんまりして和気あいあい、じっくりと作れたようです。

講師は、葉山庵主宰の和田亜紀さん。


日本には、糠漬け、酢漬け、塩漬け、糀漬け、粕漬け、味噌漬け、梅酢漬け等々…
バラエティー豊かな漬け物があります。
そのなかでも、簡単に作れて、お正月を華やかにできる、艶やかなちょっとお洒落な漬け物を作る予定 ♪


漬け汁の材料は、会の自慢の調味料たち。


「切り干し大根のハリハリ漬け」は、切って合わせるだけ。


「白菜と小松菜の巻き漬け」は、まきすでまきまき。


「甘酢大根の林檎巻き」は、ノビルでクルクルがかわいい。


「冬野菜のピクルス」は、かわいらしく瓶詰。


ほかにも、講師の和田さんが持参してくださって漬物が10種類もあり
まるで漬物バイキングのようでした。
(紫水菜の梅酢和え・紫蘇の実の塩漬け・沢庵・ダイコンとチャーテの糠漬け・梅干
蕪の柚子漬け・チャーテの塩麴漬け・ダイコンの甘麹漬け・白菜のおから漬け・ピクルス)


たかが漬物、されど漬物。
ご飯が彩り鮮やかになります。
真昆布・本枯鰹節で出汁をとった みそ汁と、正雄さんの新米も用意して。
いっただきま~す。
ご飯とみそ汁と漬物があれば、それだけで幸せになれますね。


参加者のみなさん、ありがとうございました。



数日後に会ったMさんもYさんも、すぐ家で作ってみたそうです。
つくりたいかた、レシピ差し上げます。(ご連絡ください)

( 管理人 )
コメント

意外と知らない食品添加物表示の話&美味しいものを食べよう会&不要品交換会 終わりました

2018-12-05 09:00:00 | イベント報告
★ 意外と知らない食品添加物表示の話&美味しいものを食べよう会&不要品交換会 ★

11月24日(土)、ソーレで学習会を開きました。
学習会というと堅苦しいイメージでどのくらいの参加者が来てくださるか少々不安でしたが
蓋を開けてみると26名もの参加!
しかも当日、ソーレの張り紙を見て「お話を聞きたい」と飛び入り参加された若いお母さんも。

さて、講師は第1回に引き続き吉屋さんです。
元食品添加物製造販売会社に勤務されていたので、裏の話までご存じ!


板書をしながらのお話でわかり易かったです。


みなさん、合間に質問を挟みながら、熱心に聞き入ってました。


メモもしっかりと!、


話のメインは「一括名表示」について。
中身が濃くて、とてもここでまとめることはできませんが・・・
店頭での対面販売では表示の義務がないこと
国際的な物流の面から添加物が承認されてきたこと
添加物の表示を決める部会には消費者が1人しか入れないこと
など、食品添加物行政と消費者の思いのギャップも感じたことでした。

さて続いて、お楽しみの 美味しいものを食べよう会 です。
本日のメニューは、
●第3世界ショップのチャイパックを使ったチャイと、シンガンパティ紅茶を使ったミルクティー(山地酪農牛乳で)
●さくらベーカリーのブラハムトーストとくるみフランス
●創健社のべに花ハイプラスマーガリン
●サンコーの玉ねぎあられ・ごぼうあられ
●TONTON有機農場のアグリィソーセージとショートウィンナー
●秋川牧園の冷凍総菜 チキンナゲットと若鶏塩麴漬け
●富貴食研の玄米と野菜のポタージュ4種
●正雄さんとかざぐるまさんの焼きいも
●渡邉さんの白葱の素焼きに井上糀店のもろみ味噌
●木次乳業のチーズ イズモラルージュ
●下郷農協のプリン
●竹嶋有機農園のジョナゴールド
どれも添加物の入らない、ほんとうに美味しいもので好評でしたよ。

 

食べながらも、あちこちで話の花が咲いてましたね。



最後の交流会では
若い人に聞いて欲しい、
量販店で買い物するときは包材の裏を見るようにする、
消費者が賢くならなくては、
子どもには小さい時からインプットさせたい、
連続講座をお願いしたい、
などの感想をいただきました。

この日の学びが、現実の生活につながっていくよう望みます。

同時に不要品の交換会も行い、目当てのものをゲットしていただけたのなら幸いです。

( 管理人 )
コメント

斉藤牧場へ行こう! 報告です

2018-11-06 09:00:00 | イベント報告
10月28日、山地酪農牛乳のふるさと斉藤牧場へ
6月は台風で中止になり、待ち焦がれてた当日は素晴らしい天気に恵まれました

私達を迎えてくださったのは、斉藤佳洋さん・喜美子さんご夫婦。
それに3代目の跡継ぎ予定(?)の雄也さん。


標高200mくらいだそうですが、なんだか天空の牧場という感じ。
東は室戸岬とはいかないけど、かなり遠くの岬が見えてます。
この場所は佳洋さんが2番目に好きなところだそうですよ。
では1番はどこかな。。。


佳洋さんの案内で牧場見学に出発 ♪
25ヘクタールという広大な土地に25頭の牛たちが暮らしています。
朝夕搾乳するとき以外は、雨の日も風の日も雪の日も。。。

大人も子どもも道なき道を上ったり下りたり走ったり。
牧場の中のいちばん高いところでは、ぐるっと360度を見渡せます。
実はここが佳洋さんのいちばんのお気に入り場所。
ちなみに牧場から見えるログハウスが斉藤さんのお家。
牧場の外には牧草を発酵させたサイレージも山積みでした。




のんびりと過ごす牛たちを間近で見て、生後15日の子牛とも遊んで大満足。
山地で生きていくのには、自然交配で生まれた牛たちが適しているということで、今はすべてが自然交配です。
どの牛にもちゃんと名前がついていて、名前で呼んであげてるのがほほえましかったです。




その後は喜美子さんが作ってくださったボーンブロススープをいただきました。
牛の大腿骨と生姜やニンニクと水で3日3晩コトコト煮て仕上がった特上スープ。
本日のメインは、あっさりしてるのに滋養あふれる味でした。
この牧場で育ち、ストレスもなく生きていた貴重な骨ですから当然かな。


大腿骨はすごく大きいのでグラインダーで切ったとか。。(大工仕事みたい)、


娘さん手作りの山地酪農牛乳ゼリーと山地酪農牛乳と砂糖を煮詰めたミルクジャムも美味しすぎ。
もちろんしぼりたて牛乳も。


子どもたちの美味しい顔・顔・顔。
気持ちのいいところで、美味しいものをいただいて、牛さんたちに癒されて、素敵な日でした。



( 管理人 )
コメント

金子製麺の皮を使ってぎょうざを作ろう! 報告

2018-10-04 09:00:00 | イベント報告
★ 金子製麺の皮を使ってぎょうざを作ろう! ★

9月23日(日)、ぎょうざを作ろう!と銘打って料理教室を開催しました。
ぎょうざの本場 中国出身の西村久美さんが講師です。


今日使うのは、土といのちでおなじみ金子製麺の皮です。
左は全粒粉餃子の皮、もちぷり餃子の皮


中国ではいろんな野菜を使ったぎょうざがあるとのことですが、
この日は、季節がら、ニラ餃子を作りました。
●ニラはみじん切り


●豚肉ミンチにねぎと生姜を入れて味付けする


●むきえびを刻んで味付けする


それぞれ別に味付けをしてなじませてから全部を合わせます。
にんにくは入れないそうです。


子どもさんでも簡単にできる餃子の包み方です。
1皮に具をのせて、2真ん中をギュッと押さえて、3脇を開いて、4更にヒダを開いて、5出来上がり


先生曰く「売ってる皮より、自分で作った皮の方がおいしいよ。」ということで
予定になかった手作り餃子の皮も作ってみましたよ。
意外と簡単、でも家で作るかどうかは。。。
1小麦粉と水で硬めに捏ねる、2しばらく寝かせておく、3棒状にのばす、4ちぎる、5麺棒でのばしていく、6できあがり



先生からは、餃子の話だけでなく中国の話も聞きながら、ワイワイ楽しく作業を進めました。



もちぷり餃子の皮は蒸餃子に、全粒粉餃子の皮は焼き餃子に、手作りの皮は水餃子に


最後は、3種類の餃子を食べながら、ひとりひとり感想を話してもらいました。
やっぱり、餃子はアツアツで食べるとおいしさ倍増ですね。
次は、先生おすすめの、大根と干しえびの餃子に挑戦します!


みなさん、お疲れさまでした。
美味しくて便利な金子製麺の餃子の皮を使ってみてくださいね。

( 管理人 )
コメント

講演会「食と農業の安全は今どうなっているの?」 終わりました

2018-07-29 09:00:00 | イベント報告
7月15日(日)、「食と農業の安全は今どうなっているの?」という演題で講演会を開催しました。
主催は、NPO法人高知県有機農業研究会、
生活協同組合コープ自然派しこく、
こうち生活協同組合
NPO法人土といのち です。
日頃から同じような考えで活動している団体です。

講師は印鑰智哉(いんやくともや)さん。
日本、ブラジルのNGO、オルター・トレード・ジャパンの政策室室長を経て、
現在フリーの立場で世界の食の問題を追っておられます。


ネオニコチノイド系農薬・除草剤グリホサート・遺伝子組み換え・種子法廃止
という大きな4つは、私たちの食や農業、そして未来の子どもたちにも大きな影響を与える問題です。
120名ほどの方が熱心に、印鑰さんのお話に耳を傾け、2時間はあっという間でした。


日本の農業は、これら4つとも危機的な状況にあり、
印鑰さんは話したいことがたくさんあって、話はかなり詰め込み状態。
お話を聞きながら、現状にため息しか出ないとも思ったりしましたが、
高知でこれから取り組んでいくといいことなども話していただき光が差したような気がします。

とてもとても、4つの話をまとめることはできません。
種子の話を取り上げると・・・
高知県はかなり多くの稲の品種を開発している県だそうです。
こうした公的種子事業は是非継続してほしい、と。


また、高知にまだまだ存在している在来種を守っていくために、
高知県で条例を作るように働きかけてほしい、とのことでした。
すでに条例を作っている県もあるのだそうです。


グローバリゼーションに対抗する方法。。。。
動かなくてはいけませんね。

( 管理人 )
コメント

おいしいコーヒーを淹れよう 終わりました

2018-06-10 09:00:00 | イベント報告
5月27日「おいしいコーヒーを淹れよう」講座を開きました。
当日は高知市内の小学校は運動会だったそうで、参加をあきらめた方も多いのでは。。。

さて、本日の講師は注文書でもおなじみ「はなればなれ珈琲」の店主 鈴木野歩さんです。


参加者が持ってきたドリッパーの形を見てもらうことからスタート。
どれもOKでした。(おすすめできないドリッパーもあるそうです)


今日はペーパーフィルターとコーヒードリッパーを使います。
まずは何も教えてもらわず参加者が淹れてみて、味をみました。


次に、のぶさんが、おいしいコーヒーの淹れ方のコツを教えながら淹れて、また味をみました。


コツは
ドリッパーの中の粉は軽くゆすって平らにする
最初はぽたぽた点滴のように粉の真ん中に湯を垂らす
中から外へ、外から中へ湯を回して粉を蒸らす
蒸らしたら、後、3回くらいに分けて湯を注いで終わるようにする
早く淹れれば薄く、ゆっくり淹れれば濃い味になる


「煎りたて挽きたて淹れたて」の「3たて」がいいという人もいるけど
「煎りたて挽きたて」はプロにお任せするとして
おうちでは「淹れたて」を上手にすればおいしくなる ということでした。
(実は「挽きたて」は炭酸ガスが多く出ていて味が落ち着かないそうです)

さすが!
のぶさんが淹れたときは、粉がふっくらとふくれ泡が崩れてません。


淹れながら、飲みながら、おしゃべりしながら、
参加者の質問に何でも答えてくれます。
メモメモ。


なるほど、淹れ方で味が違ってくるものなんですね。
途中でandyさんや Pipeauのおやつを食べながら、何杯もコーヒーを飲みました。


のぶさんおすすめの「iwakiウォータードリップコーヒーサーバー」で水出しコーヒーも味わってみましたよ。


まだまだ聞きたいことがあって時間が足りないくらいでした。
みなさん参加ありがとうございます。
お家でも おいしいコーヒーを淹れてますか?

 

ほかにも、のぶさんの話の中から大事かなとおもったことを書いてみます。

豆の重さをはかる
計量スプーンだと重さが正確に量れない
同じ量でも、中煎りは重く深煎りは軽い
120ccのコーヒーなら15gの豆を使う


湯の温度:90度くらい


1杯分でも3杯分でも同じ時間で抽出する
ということは、淹れたい量によって注ぐ湯の量を変えるということ
8杯とか淹れるなら大きい薬缶を使ってもいい


豆は日に日に酸化して、味が変化していく。
保存方法は、なるべく空気に触れないようにする。
粉:常温なら2-3日で使い切るか、冷凍庫で保存する。
豆:粉より酸化しないが、飲み切るのに長期間かかるなら冷凍保存する。

ネルドリップよりペーパードリップの方が油分が減ってすっきりした味になる

昔は国の名前でコーヒー豆を呼んでいたが
今は差別化されて、国・豆の品種・農場まで言う

エスプレッソ挽き(超極細挽き)はエスプレッソマシーンがないと難しい

あれ以来、コーヒー生活をエンジョイしています。

( 管理人 )
コメント (3)

自分でできるセルフケアのお灸 終りました

2018-05-05 09:00:00 | イベント報告
4月22日は、自分でできるセルフケアのお灸 を開催しました。


講師は、高知のせんねん灸セルフケアサポーターで、
セルフケアもぐもぐ主催の女性鍼灸師のおふたり。

今回 体験してもらったのは、モグサ作りとモグサをのせる台座作り。
台所にあるものでできる手作り温灸体験です。


モグサはヨモギから作るんですよね。
前もって採集して乾燥させたヨモギの葉をすり鉢ですって、


ざるでふるう・・・を繰り返すと、モグサができていきます。


台座にするのは、みそ(左のほう)と塩(右のほう)


料理教室みたいにボウルがあったり、工作したり
モグサも、モグサをのせる台座も、みんなでわいわい作って楽しくすごしました。



さあ、お灸の体験 ♪
台座にモグサをのせて火をつけます。
お灸は熱い、こわい、というイメージをもつひとが多いそうですが
台座を使用すると熱さはあまりなく、じんわり気持ちいい~。
お灸が初めてでも楽しめましたよ。


その後、ツボをさがす練習をして、せんねん灸をつかってお灸をしました。

最後にお灸の注意を教えてもらい
お土産のせんねん灸ももらって帰りました。
セルフケアに、身近にお灸を使えるようになるといいですね。


セルフケアもぐもぐのHPでも報告してくださってます。(こちら
( 管理人 )
コメント