高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月に高知県でうまれた「高知土と生命(いのち)を守る会」を母体にした、45年の歴史をもつ共同購入の会です。

加持養鰻場だより 10月18日記

2022-12-07 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
四万十市 加持養鰻場です。

加持養鰻場は
四万十川河口付近の
海水と淡水が混じりあう汽水域から、
少し山手に入った四万十川支流の
深木川のほとりにあります。

(深木川源流域)

養殖を始めたのは先代の「加持正見」さんで、
養殖を始めた当初は
薬剤を使用しながらの養殖でしたが、
鰻・鰻を食べる人・育てる人の
体への影響を考えた時、
「これではいけない。」という思いから、
薬剤不使用で健康な鰻を育てるという、
今から40年以上前の
当時では考えられない
画期的な取組みを始めました。

養殖池や鰻に炭の特性を持たせるべく
養殖池全ての土地に活性炭を施工し、
池の水は深木川の伏流水を
弱アルカリ性のイオン水にして使用、


四万十川で捕れたシラスウナギを、


なるべく低水温を保ち、
1年以上の歳月をかけてゆっくり育てます。
えさは地元水揚げの鮮魚と
配合飼料を練合わせたもので、
成長を促す脂は加えません。

(うなぎのエサ)

密飼いをしないで
よく運動をさせるなど、
様々な工夫を凝らして、
鰻にとって最良の環境を作ることで、

(養殖池)

引き締まった厚い身の、
より天然に近い鰻が育ちます。


試行錯誤・紆余曲折を経て
現在に至っておりますが、
基本的な考え方飼い方は
一貫して変わっておりません。

(従業員のみなさん)

※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2022年12月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ひまわり乳業だより 9月20日記

2022-12-01 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
南国市 ひまわり乳業営業部の池上茂孝です。

企業活動の基本は「自然」「健康」「地域」。
大地にしっかりと根を張り、
太陽に向かって真っ直ぐ伸び、
大輪の花を咲かせるひまわり。
誰もが健康で伸びやかに
成長していきたいと願うように、
ひまわり乳業も自然を愛し、
人々の健康を願いながら、
地域に根ざした企業として
成長していきたいと思っています。


斉藤牧場の山地酪農牛乳
・雪ヶ峰牧場の牛の道(ジャージー牛乳)ともに
できるだけ自然に近い状態で飼育する放牧酪農です。
牛が山で勝手にする排出したものが主な肥料となります。
牛が主の働きで放牧地を管理し、
人は従の働きで牛が働けない部分を補う、
牛と草と人が協力して支えあう
「牛が牛らしく」「人も人らしく」生きられる、
自然に近い酪農方式です。 
生乳のもつ本来の美味しさを大切にするため
65℃30分間の連続式低温殺菌を採用し、
さらに斉藤牧場の山地酪農牛乳は
ホモジナイズド(脂肪球を壊し均質化する処理)をおこなわない
「本物」の牛乳です。
健康な牛の牛乳を是非1度ご賞味いただければと思います。


健康青汁菜食健美は
農薬を使わず育てた野菜を使用しています。
原材料は高知県長岡郡大豊町の
山深い集落で契約栽培しています。
ひまわり乳業は、
この野菜を契約栽培して頂くことで、
農山村で暮らす人達々の収入を安定させ、
暮らし続けられる仕組みを作りたいと考えています。
「菜食健美」を飲むことが
農山村の暮らしを支えるワン・アクションになる…
素敵だと思いませんか。


乳脂肪分48%の純生クリームもよろしくお願いします。

※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2022年12月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

MATSUMOTO Waterだより

2022-11-08 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
高知市 MATSUMOTO Waterの松本直です。

『四万十のめぐみ 天然超軟水』
『四万十のめぐみ 強炭酸水』


四万十川のはじまり、四万十源流点は、
高知県津野町にある不入山(いらずやま)という
自然に恵まれた山の中にあります。

(不入渓谷付近)

『四万十のめぐみ』は、
不入山の不入渓谷(いらずけいこく)で
湧き水をくみあげ、

(不入渓谷看板)

現地で安心安全にボトリングされた
Made In 高知の国産ナチュラルミネラルウォーターです。

(津野工場)

全国でも稀にみる低硬度の天然水、その硬度は、
「超軟水」と言われる12mg/L、
あまく感じられるまろやかな口当たりはもちろん、
身体にもやさしく、美味しく
飲み続けられると好評です。

また、「炭酸水」は、超軟水の良さをそのままに、
一口飲むと微細な炭酸の泡がはじける爽快感と、
お水の持つまろやかな味わいが合わさり、
とても飲みやすくなっております。
「炭酸水は少し苦手」と言われる方にも是非、
味わって頂きたい「炭酸水」です。

「最後の清流」と呼ばれる四万十川のお水で
皆様の健康と幸せの一助となれるよう、
これからもおいしいお水をお届け致します。

※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2022年11月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

認定NPO法人高知こどもの図書館だより

2022-11-02 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
高知市 認定NPO法人高知こどもの図書館の岸野昌子です。

当図書館は、
こどもに本の楽しさを届ける活動をして
発足以来22年になります。


支援会員の皆様や
ボランティアさんに支えられながら、
こどもたち、保護者さん、
こども心を持ち続ける大人たちの
笑顔に出会えることを楽しみにしてきました。


活動の一つとして
今年もカレンダーを発行します。
2023年のテーマは、
今だからこそ平和を考えようと
【なかよし】に決めました。


高知にゆかりのある作家さんで
よく絵本でお馴染みの方々のご協力もあり、
当館だから作れる個性溢れるカレンダーができました。
人それぞれ【なかよし】とは、
どんな場面を想うのでしょうか?
人、動物、植物、物・・・。
作家さんの絵に託された想いを
作品に添えています。
是非毎月の絵をご覧になって、
色々な事を想像し
楽しんでいただけたら嬉しく思います。


カレンダーの収益金は、
当館の活動に役立てさせていただきます。


※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2022年11月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

にこにこ通信 9月10日記

2022-10-06 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
南国市 井上農園の井上正雄です。

夏場の農作業について

9月に入り、
台風11号が接近してくる
との予報が出ていたので、
対策はしていましたが、
思ったほど被害もなくくつろいでいます。

今年の稲刈りは
8月中旬に終わりましたが、
最近田んぼのジャンボタニシが
急に少なくなり、
除草の労力が一段と重くかかり、
動力除草機を一回使うだけでは
あまり効果がなく、
手取除草を
早くからしなければならないのに
労力が不足のため大草となりました。
そのためコンバインでの刈り取りが
慣行農家の様に早くは出来ず、
刈り取りチェーンにからまない様に
速度をおとすので、
時間がかかり大変でした。

今は秋冬野菜の育苗、種蒔きつけ、
基肥の施肥等に取り組んでいますが、
野菜の中でも、
キャベツ、白菜、ブロッコリー等は、
肥料不足だと結球しないので、
主に米ヌカを発酵さしたり、
生で畑にも入れたりしますが、
定植までに完熟を要するので、
遅れない様作業を
少しでも早くすます様、
毎日必死で取りくんでいます。

私は今年友人から
二宮尊徳先生の本を借りて2冊読みました。
この事は今の農作業とは
全く関係ないこととは思われますが、
彼が江戸時代に生きて
道徳と経済のバランスを上手にとって
効果を上げた事を知りましたが、
今回は紙面の都合上
次回に書きたいと思っています。

※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2022年10月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソルティーブだより 9月7日記

2022-10-04 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
黒潮町 ソルティーブの吉田拓丸です。

私達はその前身の
【生命と塩の会】より約36年間、
天日塩作りを生業としています。
元々は私の父と母が始めた事業ですが、
2014年に父が他界した事を機に、
私がその事業を引き継ぎました。
思えば、父と一緒に塩作りが出来た、
2009年~2014年の5年間は
とても幸せな時間でした。
母は今も元気に
事務方として活躍してくれています。

天日塩とは、
火力を使わずに
太陽熱と風の自然エネルギーを利用し、
ゆっくりと時間をかけて
海水から水分を蒸発させ作るお塩です。
日本は雨が多く、湿度の高い国柄ですので、
国産の天日塩はとても珍しく希少です。
しかしながら高知県は
全国的に見ても日照時間が長く、
また原料である美しい太平洋も、
それを支える清浄な河川も、
元気な山々も豊かで、
天日塩作りにはとても適しています。


そんな南国土佐の
豊かな気候風土、自然環境を
一粒一粒に込め、
それらを丸ごと味わってもらいたいという願いから、
私の父は自身の作る天日塩に
『土佐の塩丸』と名前を付けたようです。


生前、父がよく口癖のように言っていた言葉は
『塩作りはtechnologyテクノロジーじゃない、
philosophyフィロソフィーだ』というものでした。
もちろん天日塩作りの主役は
海や太陽や風などの自然ですが、
塩の成長のお手伝いに、
人間の手も重要な役割を果たします。
作り手の塩への向き合い方、扱い方、考え方の違いは、
出来上がりに大きく影響します。

私はこれかも父の言葉を胸に、
私だけの塩作りのphilosophy(哲学)を追い求め、
表現していきたいと考えています。


※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2022年10月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土佐の天日塩“あまみ”ができるまで ~土佐のあまみ屋より

2022-09-16 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
★ 土佐の天日塩あまみができるまで ★

土佐のあまみ屋より
土佐の天日塩あまみができるまでの
イラストをいただいたのでご紹介 ♪



海水をくみ上げ濃縮する
これを繰り返してかん水を作る



かん水をハウスへ
太陽の力で塩を結晶化



塩とにがりに分け脱水
ごみなどをチェック
袋詰めして完成 ♪


手間暇かけて愛情かけて
旨い塩、甘い塩、おつまみにもなる塩になります。
天日塩の美味しさは格別ですね。
土佐のあまみ屋のにがりは
香川県の“くぼさんのとうふ”でも使われてます。

管理人
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さんかく広場だより 6月8日記

2022-09-12 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
高知市 さんかく広場の佐藤真司です。

「さんかく広場」は、
平成9年より
天然酵母パンを中心に
量販店などに販売してきました。
平成26年度に、
高知県のアドバイザー事業を経て
「菓子工房」が発足しました。
身体に優しいクッキー作りから
スタートしました。
そして、「もやハウス」と統合して
洋風なオシャレなケーキ・クッキーが加わり
活性化してきました。
現在、プロの職人さんに依頼して、
和菓子にも力を入れています。


「土といのち」ご利用の方々には、
まだ取り扱い商品は少ないですが、
これからも身体に良い商品づくりに
邁進していきたいと思いますので、
これからもよろしくお願い致します。

柚子あんロール・つぶあんロールが人気です。
是非、ご賞味下さい。


※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2022年9月号より転載しました。

管理人記
さんかく広場は二か月に一回だけの企画です。
9月は〔3〕回目の注文書 p5に掲載!
今週提出する注文書ですよ。
是非是非~ ♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぴっくニックだより 8月11日記

2022-09-04 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
高知市 ぴっくニックの野本昭夫です。

≪屋号について≫
屋号のぴっくニックは
PIC/NIC分析からつけました。
続けるさせる技術、
止めさせる技術の様なものです。
行動の直後(長くて1分位)結果を
制御する事により行います。
PIC行動の直後良い事が起こる→その行動の頻度が増加していく。
NIC行動の直後悪い事が起こる→その行動の頻度が減少していく。
ただNICは弊害が多いので
多用しない方が良いですね。

≪栽培法について≫
農薬、化学肥料を使用せず
有機肥料もあまり入れずに作ってます。
除草剤の代わりに
ジャンボタニシ(クスミリンゴガイ)に
粟、稗の除草は任せています。


農薬の代わりほどでは無いですが
中干し行わないことで
オタマジャクシやヤゴが
カエルやトンボになり
害虫を食べてもらっています。
肥料としては、
田おこし前に鶏糞、自家製エヒメAI、
出穂ごろに自家製にがりを入れています。


≪黒米(おくのむらさき)レシピ≫


○玄米:黒米1対玄米3の割合で炊くのがお勧めです。
○黒玄米甘酒:黒米1合に対し米糀75g
上記の甘酒は
オーガニックマーケットで飲む事ができます。

オーガニックマーケットに出店していますので
良かったら会いに来てくださいね。


※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2022年9月号より転載しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

百花蜜だより 7月6日記

2022-08-19 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
高知市 森沢純行です。

初めまして。
親の後を継いで
19年ほど前から針原周辺で
西洋蜜蜂と日本蜜蜂を飼っています。

蜂蜜の収穫時期は、
西洋蜜蜂が5月〜6月で
日本蜜蜂が9月ごろです。

巣箱は、西洋蜜蜂は自宅の庭に、


日本蜜蜂は針原、上里、唐岩、川口の
道脇に巣箱を設置しています。


高知市といっても旧鏡村近隣でどこも山の中。
蜜蜂は、その周辺の草花
(温州みかん、レモン、文旦、
クローバー、れんげ、菜の花など)を
自然に採って来ます。


百花蜜ですから、
収穫する季節、巣箱によって
風味がそれぞれ違ってきます。
それを楽しんで頂ければと思います。


蜂蜜をパンやホットケーキにかけるだけでなく、
お砂糖の代わりに毎日の料理に使ってみて下さい。
お肉の照焼きや甘辛炒めや
酢物、煮物に使って頂くと
照りや濃くも良くなります。

みなさんに地元の蜂蜜を
食べてもらえると嬉しいです。
ただし、蜂蜜は1歳児未満の子供には
絶対食べさせないでくださいね。

※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2022年8月号より転載しました。

管理人記
森沢さんの百花蜜は
8月は〔5〕回目の注文書 p1に掲載!
來週提出する注文書ですよ。
是非是非~ ♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする