高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命を守る会」を母体にした
40年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

谷川農園の一こま 12月2日記

2018-12-13 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
梼原町 谷川農園の谷川徹です。

「地域づくりとSDGs―企業とNPOの協働から考えよう―」を11月30日に開催しました。

今後の社会の未来を考える上での指針となるSDGsについて、
今回は基礎的なお話と企業(流通・サービス・製造)分野からの話題提供をいただきました。
企業・行政・政治・主婦・1次産業・NPOなどと実に多様な方が集まり、予定数を越える参加人数となりました。
これはSDGsへの関心の高さと、企業(営利団体)の取り組みを知りたいという人が、
一定量高知にもおられることをあらわしていると感じます。
SDGs(正確に言うならアジェンダ2030ですが)は
社会すべての課題を扱い、横断型で連携を求められています。
やっとそういう時代が来たのかと感慨深いですね。

今後四国生物多様性ネットワークとこうちNPOフォーラムのメンバーで
SDGsに関心のある県内の企業・各種団体にお声掛けして、
高知県内でのSDGsコミュニティネットワークを作る準備作業を始めようというあたりで合意しました。

個性的であり連携が苦手な(これは多くの方から指摘を受けています)高知で
果たしてうまく機能するか・・・ですが、
そこは多様な参加者からの知恵もいただき、まずは動き出そうと思います。
ご関心のある方は組織個人を問いませんのでひとまずは谷川までお声掛けください。

*1月から2月中旬までの間に準備会合を行います。
*告知に関しては当面はSNS等を活用するかと思います。

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知らせ』2019年1月号より転載しました。
コメント

にこにこ通信 11月30日記

2018-12-12 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
南国市 井上農園の井上正雄です。

今年はいろいろお世話になりました。

有機JAS制度が2000年にできて今年で19年になります。
初年度に井上正弘氏とグループを作り、今まで一緒に取り組んできましたが、
この制度は生産者にとって決して良い事は多くありません。

1年間の作業を毎日記録して、
その他に、使用した肥料・資材・種子・JASのシールの使用した売り先(相手)と枚数等も全て記録して、
年に一度、国の認定を受けた検査官が現地に検査に来て、それらの書類を全て目を通し、
その上、肥料・農機具・農作業場と認定圃場等全てを見て回ります。
今日(11月30日)朝6時30分から12時前までかかりました。

午後から正弘氏宅へ、検査官を案内して行って2時間位かかり、
最後にみかん山を見に行ってびっくりしました。
昨年はみかんの樹が1/3位カミキリ虫にやられていましたが、
今年は昨年よりひどくて、全体の1/3以下位にまでに良い樹が減って、
ほとんど出荷できない位になっていました。

息子さんが一人で、ほとんど草刈りばかりに手をとられて世話ができなかったと言っていました。
来年からどうしようかと言っていましたが、
私も自分の仕事が一杯で何もできず、ほんとうに気の毒に思いながら帰ってきましたが、
皆様はこの現状を知ってどう思われますか?・・・・・・・・・

ハブ茶について
先月ハブ茶について書かしていただきましたが、
今月は、注文を受けた皆様にハブ茶の製品を届けるため、
1万円以上かけて鉄のなべを買いまして炒ってみろうかと思っていますが、
なにしろ初めてで、どれ位の状態にして良いのか全く分からず、手さぐりでやりますので、
届いたら又いろいろと御意見がありましたら連絡してください。
改善してやりますので。
よろしくお願いします。

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知らせ』2019年1月号より転載しました。
コメント

山の畑から 11月29日記

2018-12-11 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
土佐町 山楽の上土井崇です。

寒い冬になりました。
布団から出るのがつらい季節になりましたが、いいこともあります。

冬は干し野菜作りに一番適した季節です。
空気は乾燥し雑菌が繁殖しにくいので、うまく作ることができます。

干し野菜作りはシンプルです。
数日続く晴天を狙って、干すのみ。
太陽の恵みと山の風で作られた干し野菜は絶品です。

今は原木しいたけを乾燥中です。
山から木を伐りだしてから2年目のものです。
しいたけは生より乾燥させることで、旨味だけでなく栄養もアップします。

この干し原木しいたけを使って商品を開発中です。
こうご期待!

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知らせ』2019年1月号より転載しました。
コメント

ワインいろいろ ~8月・10月・11月の新

2018-12-10 09:00:00 | 新共同購入品
私(管理人)はアルコール類がダメなもので、ワインの美味しさを説明できませんが、
アルコールをたしなむ方々からは好評を頂いてます。
クリスマスや年末年始のおもてなしにいかがですか?

第3世界ショップの カシャオンドウロ(赤)(ポルトガル産)~8月の新


濃いルビー色で、完熟した果実のようなフルーティさと力強さ
ポルトガル北部の代表的なワイン産地ドウロ地方にある、カシャオン農園で醸された赤ワインです。
標高千メートル近い山々が連なり、川沿いの斜面に広がる段々畑で栽培されたワイン用のブドウを使用。
オーク樽で10か月以上熟成させているため、木の香りと重みのある味わいが楽しめます。

BOXの アトゥラ ルージュ17(赤)とアトゥラ ブラン16(白)(南フランス産)~10月の新


白は、酸味が喉もとを心地良く過ぎる清涼感のある味わい
コロンバール50% ユニブラン20%、ソーヴィニヨンブラン20% グロマンサン10%

赤は、滑らかなタンニンと中程度の酸がもたらすバランスの良い味わい
カリニャン50%、グルナッシュ50%


BOXの ホワイト キュヴェ16(白)(ブルガリア産)~11月の新


酸味が喉もとを心地良く過ぎる清涼感のある味わい
ルカツィテリ80%、シャルドネ20%(手摘み、樹齢50年)

飲んだ感想などお聞かせくださいね。

( 管理人 )
コメント

小山製麩の 北海道全粒粉豆麩 ~10月の新

2018-12-09 09:00:00 | 新共同購入品
★ 北海道全粒粉豆麩 ★


ふんわりとした弾力
北海道の大自然の恵みを生かし北海道産にこだわった全粒粉使用豆麩です。


水で戻した後はふんわりとした弾力。
味噌汁、スープ、酢の物などにお使い下さい。


会員sです。
お麩の活用? ♪
甘いものが食べたくなって山清のつぶあんでぜんざいを作りました。


ちょうど2人分のぜんざいになるので、年寄り二人家族にはぴったりです。
おもちがなかったので、豆麩をぱらぱら入れました。
いけますよ。
お餅を焼く手間もいらず、お麩ならお腹にこたえません。
つぶあんは甘すぎず、ちょうどよかったです。

( 管理人 )
コメント (2)