高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月に高知県でうまれた「高知土と生命(いのち)を守る会」を母体にした、45年の歴史をもつ共同購入の会です。

台風14号が去って・・・

2022-09-22 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
台風14号が去って
一気に秋が深まったような昨日今日。


棚田の畦には
彼岸花が咲き乱れ


紫蘇の実をとるには
もう遅いような?


ぷっくりと丸い
秋ミョウガも出始め…


チャーテを食べられるのも間近


台風が来ても自然はめぐる
生産者の畑に
大きな被害がでてませんように

( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5月の散歩から ♪

2022-05-19 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
★ 5月の散歩から ♪
5月は白い花が多いです。
そして、いい香りを放つ花が多いようにも思います。

お山の花にお付き合いください。
名前が間違ってるかもしれないけど。。。

高知の名産 ユズ


こちらも名産 文旦


けっこう豪快に咲くウツギ


小さめのマルバウツギ


秋に実になるムベ


スイカズラ
白から黄に変化していくためか
金銀花とも


野菜です、オカノリ


これも野菜 コリアンダー


梅雨入りも近そうです。
晴れ間には散歩を楽しみましょう。

( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お茶摘みしましょ ~八十八夜は過ぎたけど

2022-05-06 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
★ お茶摘みしましょ ★

八十八夜は立春から88日目。
春から夏への境目で
様々な農作業の目安にされてたそうで
茶摘みを行う目安でもあったと。


お山の家にはたいてい
お茶の木が植えてあり
この時期は
1年分のお茶を自給するために
お茶摘みに忙しかったたようです。
きっと“天空四万十”も
“西製茶所”も大忙しでしょう。


摘み取った茶葉は
蒸す・揉む・乾燥する工程を経て
煎茶や深蒸し茶が出来上がります。
蒸さずに釜で炒れば釜炒茶。
詳しい方法は調べてみて下さいね。
今は電子レンジやホットプレートを使う方法も紹介されてます。
最終的に生葉の1/5ほどの重さになりました。


茶葉を摘む機会があったら
ぜひ手前お茶作りにも挑戦して
旬を味わってください。
会のお茶とはまた違った味に
感動するかもしれません


摘んだ茶葉を蒸したり炒ったりせず
発酵させると紅茶を作ることもできます。

( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

植えるより早い!? ひとり生え

2022-05-01 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
★ ひとり生え ★

春から初夏へ
山の緑が濃くなってきました。
高知市の北山はシイの花も咲き始めてます。


いきいきと息づく春。
ひとり生えっていうのでしょうか。
植えるより早く芽が出てきます。
それを見て、焦る素人百姓ワタシ。
で、畑のひとり生え写真をいくつか

キャベツの収穫後に
切り株から出てきたキャベツの葉っぱ。
柔らかくておいしそう。
このまま置いたらアオムシが食べつくすので
摘み取ってニワトリさんへ。


発芽したインゲンの向こうには
堀り残し秋ジャガから生えた芽


枯れた菊芋の根元から
菊芋の芽がたくさん。
どうしましょ。


おまけ・・・
野菜の葉っぱの裏には
びっしりと蛾のたまご。
数日後には孵化してました。
虫の嫌いな方ごめんなさい


( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春はすぐそこ ♪

2022-02-02 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
2月に入りましたね。
朝晩はまだ寒いですが
昼間の日差しはまさに春。
あさって4日は立春ですから。。。

我家の梅の蕾は今にもはじけそう。
すでに咲いてるよ~との便りも
チラホラ聞こえてきます。


湧き水が出ている棚田では
柔らかい緑色の葉わさび発見!


家庭菜園では
野菜のトウ立ちが始まってました。
食べきれなかった冬野菜は
菜花として楽しみます。


みなさんの家に届くお野菜も
様変わりしそうな季節です。

( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

柚子の季節

2021-11-28 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
★ 柚子の季節 ★

11月は、高知の特産 柚子の季節。
段々畑のあっちでもこっちでも
たくさんの人で賑やか ♪
その収穫も佳境を迎えています。


夢産地とさやま開発公社が
管理する柚子畑も同様に


ひとつひとつ
丁寧にはさみを入れて
摘み取っていきます


高いところは
脚立に乗って
けっこう危険な仕事です


摘んだ柚子はコンテナへ
いっぱいになったコンテナを集め
集荷場(搾汁工場)へ運びます


農薬不使用柚子は
別のかごに分別


集められた柚子たちは
これから別のラインに乗って
搾汁されていくのでした


棚田で育った
夢産地とさやま開発公社の
“山育ち柚子果汁”をよろしくお願いします。

12月は小松商店の
実生ゆず製品も企画しました。
(先週提出分でした

鍋に、寿司に、酢のものに
たくさん柚子酢を使いましょう。

( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初めて菊芋を育てました ~家庭菜園

2021-11-07 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
★菊芋を育てました ★

去年いただいた南国にしがわ農園の菊芋
芽と根が出てきたので
4月に畑に植えました。
菊芋栽培初挑戦!


何の予備知識もなく育てていると
と言ってもほぼ放任栽培ですが
のびるのびる
茎が2~3mにものびました。
支柱を立てて支えても
雨続きでこけ
大風でこけ大変。


花が咲き


花も茎も枯れた頃収穫です。
芋なので土を掘ります。
けっこう遠くまで根をのばして
芋がふとってました。


菊芋は保存がきかないそうなので
食べる度に必要な分だけ
収穫するとよいそうです。

千切りにしてきんぴら


お味噌汁


ちょっと土臭いような
苦手な香りでしたが
天ぷらにしたら美味い!
ホクホク、ねっとりとした食感に。
写真ないですがパクパク食べました。

11月は、かざぐるまさんの
生の菊芋を注文できます。
是非是非~♪

( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

虫取りに追われてます ~会員Yの家庭菜園にて

2021-10-26 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
冬野菜の種播きも終わり
成長が楽しみなこの時期ですが
まだ日中の気温が高く
蝶や蛾や蜂は元気に飛び回って
卵を産んでいきます。


大根・カブ・白菜・山東菜
タァサイ・チンゲンサイ
水菜・ロケット・小松菜など
冬野菜はアブラナ科がいっぱい。
アブラナ科を好む虫たちもいっぱい。
防虫ネットをかけたらいいのですが。。。


というわけで野菜の虫取りに追われてます。
特に多く見かけるのは3種類。
虫嫌いな方はご注意ください。

モンシロチョウの幼虫


カブラハバチの幼虫


ナニセノメイガの幼虫かな?


美味しそうに食べているところを捕まえます。
ごめんね、と言いながら
これが最近の日課です。

畑仕事が終わるころ
空には大きな虹が出てました。
うれしいご褒美 ♪


( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅雨入り ~雨に煙る土佐の山里より

2021-05-23 08:30:00 | 里山・田んぼ・畑
5月15日四国地方が梅雨入りし
雨が続いてますね。
1951年の統計開始以来、最も早いと。
早すぎる梅雨入りは
農家のみなさんの作業計画が
狂ってしまうのではないでしょうか。

今日の貴重な晴れ間を活用しなくては !

山も畑も育ちが早いような気がします。
雨の合間の散歩の写真から

ゆずの花が満開中に雨になり
結実できたかちょっと心配。。。
今年のゆずの出来はいかに?


盛りだった野いちごは
傷んでアリたちのものに。
残ってても雨続きじゃ甘くないし。。。


畑のあちこちで
勝手に生えてる紫蘇は
例年どおりかな。
ありがたい!


派手ではない
ユキノシタに癒された
散歩でした。


( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

しいたけの種駒打ち込み

2021-03-23 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
★ しいたけの種駒打ち込み ★

たいていの山では
種駒の打ち込みも終わったようです。


まずナラやクヌギなど
冬の間に原木となる木を切って
90cmくらいの長さに玉切りしておきます。


原木にドリルで穴をあけ


種駒を打ち込むのです。
野菜の種を蒔くみたいなことかな。。
春になると種駒が
手に入りにくくなるので
3月頃までに済ませるようです。


家の裏や山の中
日陰でかつ雨は当たる場所に
本伏せしておくと・・・


早ければ来年の春
遅くても秋には
しいたけが発生するでしょう。
時間がかかりますね。
でも、何年も春と秋に収穫できます。


( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする