高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命を守る会」を母体にした
40年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

山の畑から 6月7日記

2019-06-20 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
土佐町 山楽の上土井崇です。

野菜を出させていただいて、ちょうど一年が経ちました。
みなさまに野菜を食べたもらえてる思うと、本当にうれしくなります。

さて、いまの7月は旧暦六月(水無月)になります。
諸説ありますが、田に水を引くので田以外は水がないことが由来しているそうです。
高知では雨がたくさん降るので、水有月にしてもいいかもしれません。

梅雨が明けると、猛暑日が始まります。
野菜にとっても、人にとっても厳しい季節です。
みなさま、無理せずにお体にはお気を付けください。

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知せ』2019年7月号より転載しました。
コメント

にこにこ通信 6月7日記

2019-06-19 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
南国市 井上農園の井上正雄です。

今年も早半分が過ぎましたが、毎年今頃は、稲の最後の草取り期に入っています。
早生稲が早くも幼穂形成期に入ってきたので、遅くても中旬までに終わらせないと、
余り遅く田に入ると穂をいためて稲の出穂に悪えいきょうを与え、収量低下の原因になるからです。

私が稲の草取りで3条の動力除草機を初めて使用しはじめたのは昭和56年からで、
今は2台目の動力除草機を使っていますが、
この機械は稲のたて植えの雑草にはかなりの効果がありますが、
横の列の雑草には全く効果がないので、
四つんばいの最もきつい作業をしなければ、横にはえた草はとる事ができませんでした。

ところが今日、6月6日に兵庫県の農機具メーカーの営業マンが、
動力の1条取りの替え刃を持ってきたので、
手刈りの草刈り機の刈刃をはずして、これとつけ替えて、
初の試運転をした所、手取りよりもかなりの効果があがる様だから、
さっそく1枚、この刃を購入して、明日から試しの草取りをしようと思っています。

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知せ』2019年7月号より転載しました。
コメント

木次乳業の 木次ミルクのプリン ~4月の新

2019-06-18 09:00:00 | 新共同購入品
★ 木次ミルクのプリン ★


「しまねの牛乳使用」って、もちろん木次乳業の牛乳でしょう。
原材料もシンプルで、生乳(島根県)、国産ビートグラニュー糖、乳製品、ゼラチンのみ。


口どけの良い、もっちりなめらかな食感なのは、ゼラチン使用だから。
寒天ではだせないなめらかさですね。


ミルクの濃厚なコクと甘みが味わえて、
おやつだけど、ばっちり栄養もとれそうなプリンです。


夏場のおやつにどうぞ。

( 管理人 )
コメント

先週の事務所でーす

2019-06-17 09:00:00 | 日記
先週のある日、事務所にお邪魔しました。

外では、配送のBさんが配送に出かける準備中。
効率よく荷物を出し入れするにも技が必要ですが、
その点、Bさんはベテランで、いつも見事な積みこみ方です。


もうすぐ梅雨に入りそうな高知。
でもこの日はまあまあの天気でした。
というわけで、元気よくいってらっしゃ~い。


事務所では月1回の注文書を作ってました。
そうです。
まだ6月中旬だというのに、もう7月の注文書を作っているのです。

事務所の中に置かれた印刷機。


注文書が次々と印刷されていきます。


そして、刷り上がった注文書を製本します。


人海戦術なのが“土といのち”らしさです。(負け惜しみかな?)


『お便り・お知らせ』もできあがりました。


というわけで、今週は7月号がみなさんのお手元に届きます。
7月もいいものがいっぱいの注文書。
ご注文、よろしくお願いしますね。


合間には、愛媛県から八坂石けん・増田さんが来られ
最近のせっけん事情あれこれを聞いたのでした。
(写真がないのが残念)

( 管理人 )
コメント

中力粉と米粉の焼菓子(ビスケット) ~天竺舎のレシピ

2019-06-16 09:00:00 | 作ってみたら・・・おいしそう
★ 中力粉と米粉の焼菓子(ビスケット) ★


【材料】
中力粉100g、玄米の粉50g、植物油40cc
牛乳またはヨーグルト40~70cc
ナッツ、砂糖漬けのくだもの、各種ジャム等適当な組み合わせで適量
(この量により牛乳の量を調節)

【作り方】
材料の上から順にサクサクとまぜる。
練らない。
上から押さえるように延ばして折って、これを5回くらいくりかえす。

アイスボックスのように棒状にしたものを端から切る、あるいは、薄く延ばして切る。
※軟らかめの生地になったらスプーンですくって天板に落として焼くロッククッキーにしてもOK!

170℃で15分が基本といわれますが、それぞれのオーブンに加減をきいてください。

※ この記事は、NPO法人土といのち『季節のとっておき』2019年5月号より転載しました。
コメント

斉藤牧場通信 6月2日記

2019-06-15 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
南国市 斉藤牧場の斉藤喜美子です。

日曜日。
出かける時に牧場の若牛のアクロバティックな姿に見惚れました。


急傾斜での山地酪農なので、うちの牛はすごいところ歩いています。
急傾斜の生活に慣れている牛たちがうちでは子孫を残していく。
命のすごさに改めて驚きます。

※ この記事は、斉藤喜美子さんのフェイスブック2019年6月2日より転載しました。
コメント

テラサナの オーガニックピーナッツバター ~3月の新

2019-06-14 09:00:00 | 新共同購入品
★ オーガニックピーナッツバター ★


オランダの会社テラサナのオーガニックスプレッドシリーズです。

ピーナッツだけが原料の「オーガニックピーナッツバター・スムース」と
塩を加えた「オーガニックピーナッツバター・塩クランチ」の2種類
原料のピーナッツは有機栽培です。

(これは、スムースのほうです)

まず思いついたのはパンに塗ること。
おお、砂糖は入ってないのに甘い!
素材の美味しさなんでしょう。


意外にも、和食にも合うようです。
ピーナッツバターが固かったら少し温めたり、水分を加えると扱いやすくなります。
ほうれん草の和え物を作ってみました。
ピーナツバターを加えると、いつもの和え物がなんだかリッチな味 ♪


野菜やクラッカーのディップにしたり、お菓子作りに利用したり、
アレンジいろいろ研究してくださいね。

( 管理人 )
コメント

わたしたちの本。燃やす?どうする? ~蔵書活用プロジェクト

2019-06-13 09:00:00 | 土といのちからのお知らせ
★ わたしたちの本。燃やす?どうする? ★


こんにちは、タナベヨシカです。
今回土といのちで「いまある蔵書をどうするか」を考えるプロジェクトを立ち上げることになり、
本のことを想う皆さんとご一緒できたらと思って呼びかけをすることになりました。

呼びかけ人をさせていただくことになった経緯には、わたしが高知県立大学大学院の看護学研究科
に在籍していることが関係しています。県立大学と聞いて、「あぁ、あの図書大量焼却処分の」と
昨年8月の高知新聞連載やインターネット上の反応を思い浮かべられる方は今どのくらいいらっ
しゃるでしょうか。あのときの調査報道の連載タイトルは「灰まで焼け」でした。連載から、
わたしたちの大学や社会の「知的劣化」と「内向きに閉ざす傾向」について、たくさんの問題
提起がありました。それらとともに私が受けとったのは、「議論をいとわず、思考を重ね、自分
自身の小さくいびつな遠慮や言い訳、忖度、諦めなどに目をこらし、大切なものを灰まで焼くな」
というメッセージでした。

そこで、土といのちのプロジェクトでは、まず、みんなで、現在所有する300冊ほどの本のリスト
をつくる作業をできたら、と考えています。本の所蔵スペースと処分のあり方もわたしたちが
問われていたことのひとつでした。からだをつくる食べものの生産や消費をとおして、ありたい
社会を実現するわたしたち土といのちが、わたしたちの知をつくる本についても考えるのは
自然なことのようにも思えます。しかし、報道後、提起された問題をやりすごさず我が事として
取り組んでいる組織も個人もあまり知らないままのわたしは、土といのちでこのプロジェクトが
立ち上がるのをとてもうれしく思います。
                      
本の好きな方、本を捨てられなくて困っている方、本の消費や処分についておもうことのある方、
リスト作成作業いっしょにやってもいいよ、という方、などなど、みんなで集まって、話しながら、
この本をこれからどうしていくのか、考えていけたらうれしいです。

本をおもうみなさまのご参画をよろしくお願いいたします。

土といのち理事 田邉佳香

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知せ』2019年6月号より転載しました。
コメント

クロスロードの ワッフルクッキー3種 ~3月の新 

2019-06-12 09:00:00 | 新共同購入品
★ ワッフルクッキー ★


クロスロードは大阪南端の海沿いの町にある、小さな焼菓子工場です。
そこでは、本物のお菓子を焼こうと、国産と有機栽培にこだわったお菓子を作っているそうです。

「ワッフルクッキー」は、酵母を加えないクッキータイプの生地を
ワッフルベーカーで焼き上げた、ひとくちサイズのワッフル型クッキーです。
なんと、ひと粒ひと粒手作業で焼いているのだそう。

サクサクの食感と、バターの香り、そして甘すぎず。
素材の味、とくにオーストラリア産有機小麦粉粉の風味がストレートに楽しめます。

白い色のプレーン、ちょっと黄色い人参、緑色のほうれん草の3種類。
3種類を一緒に盛りつけるとカラフルで楽しいですね。


紅茶やコーヒー、牛乳とともにどうぞ。

( 管理人 )
コメント

つきみ通信+ 第7回:トマト梅肉ソース& 鱧(はも)団子

2019-06-11 09:00:00 | 日記
香南市香我美町の月見山のふもとにある旬彩料理「つきみ」です。
皆さまのお役に立ちそうなことを紹介していきます。

蒸し暑くなる季節に元気をくれる食材=鱧(はも)は、梅肉との相性が良い食材です。
鱧は、今回ご紹介するトマト梅肉ソースとの相性も抜群です。

【トマト梅肉ソース】
トマトをざく切りにして、ミキサーにかけます。
これを珈琲を淹れるときのように、
紙の珈琲フィルターをセットしたドリッパーに入れて、
一晩冷蔵庫に入れて濾します。


濾して出てきた液体を煮詰めて好みの濃度まで詰めます。
だいたい半量ぐらいまで煮詰めるとしっかりしたトマトの味が出ます。
・珈琲フィルターの上に残ったものもおいしいです。
・玉子焼きや味噌汁などに入れるとおいしいです。

梅干しの実をほぐし、庖丁でしっかり叩いて滑らかな梅肉をつくります。
で煮詰めた液体と同量程度の梅肉をつくります。

をあわせます。

【鱧団子】
鱧団子は「土といのち」で購入できる「岡岩商店」の「鱧すり身」で簡単にできます。

解凍した鱧すり身をすり鉢に入れて粘りが出るまでよくすります。
すりおろし生姜と白味噌少々を均一になるように混ぜて、もういちどよくすります。

昆布だしを沸かします。薄口醤油と味醂を少々足して下味をつけます。

を小さな丸にとり、昆布だしに入れて弱火で浮いてくるまで茹でます。

ザルにあげ、水気を切り、鱧団子を器に盛ります。

トマト梅肉ソースを鱧団子の上にちょんちょんと載せます。


白い小さな鱧団子の上の赤いソースは、見た目の可愛らしさも◎です。

トマト梅肉ソースは、さっぱりすっきりして、蒸し暑い日も爽やかにしてくれます。
冷奴、そうめん、きゅうり薄切り、焼き魚などに載せても美味です。
鱧がないときも是非つくってみてください。
            
※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知らせ』2019年6月号より転載しました。

管理人記
これが岡岩商店の「鱧すり身」です。
冷凍でお届けしてます。
コメント