田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

悪政に待ッタ!

2019-10-14 14:48:48 | ヒゲの毒舌
今年も、あっという間に11月を迎えようとしている。
昨年の暮れ、「 来年こそ “ 味オンチを脱出する方法 ” を提示します。 」 と、
ヒゲは豪語した。
あぁ~ それなのに それなのに なんて事はない!
たったの一行さえ書いていない。  
言い訳を垂れると、安倍政権の悪政の酷さのせいです。 
                        
ヒゲは基本、 ノ ン ポ リ です。
念のため付け加えますと、 ノ ン ビ リ ではありません。
政治には無関心で、棋書を片手にしがな一日中、将棋盤の前に座れば満足でした。

所が最近のように、安倍閣僚と忖度官僚たちが、悪行のかぎりを尽くしているのを
見聞すると、ノンポリもムカムカしてくるのです。
70年前後の全学連や東大安田講堂立てこもり事件の世代のせいでしょうか? (笑)
黙っちゃ居れない! 
この時代の日本人は、悪政を目撃すると頭に血が昇る癖があるかもしれませんね?
今の香港市民みたいなかんじですか。

晋スケと愚仲間の悪業が一時期の事なら、まぁ諦めもつくでしょう。
が、ドッコイ、安倍自民党と悪知恵官僚の輩は、次々と悪だくみを目論んで来る。
その悪徳政治の数々を聞くに及んで、辛抱たまらず、ヒゲはヘルメット被り、
角棒を手にしたくなるのです。 (爆)

しかし、ヒゲは思いましたネ。
 「 これじゃあ、ゲーセンのもぐら叩きやん。 キリがない! 」
げに、浜の真砂は尽きても、アベの悪事は尽きまじと言います。
             
ここのブログで遺すべきは、ヒゲ世代の失敗談の数々。
それを、こんなクズみたいな総理大臣に関わっていては、ヒゲの時間がもったいない!
善政を望むべくもなく、せめて、極悪非道な政策だけでも減らして頂けるなら。
晋三 Badenough にも、ノーベル賞でもやって引退してもらおう。
すると、ヒゲの筆も滑らかに動き、滞っているブログも進むかもしれない。
 
              
【お三方おめでとうございます!Goodenoughさんの名前に傷つけてすみません 

     人気ブログランキングへ 
 http://blog.with2.net/link.php?1046790  
           ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (1)