我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

スガラムルディの魔女/刺さった男

2015-08-28 16:10:12 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

「気狂いピエロの決闘」などで熱狂的な支持を受けるスペインのアレックス・デ・ラ・イグレシア監督

ブラックコメディを2作まとめて。


ちょうど公式サイトはこの2本まとめてになってた。

公式サイト


どちらもちょこっとネタバレありで。

まずは、魔女が主役のこちらから。

強盗計画を実行して逃亡中に魔女伝説の地として有名なスガラムルディに迷い込んだ強盗団が繰り広げる決死の脱出劇を描き、

スペイン・アカデミー賞(ゴヤ賞)最多8部門受賞
(助演女優賞(テレール・パベス)、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞、メイク&ヘアメイク賞、特殊効果賞、録音賞、プロダクション賞)
トロント映画祭 2013MIDNIGHT MADNESS 部門出品ほかで、
席巻した作品



スガラムルディの魔女

WITCHING AND BITCHING     2013年  スペイン  114min



アイム・ソー・エキサイテッド!」などのウーゴ・シルバ、「灼熱の肌」のマリオ・カサス、

過去のイグレシア監督作品に出演者、カルメン・マウラほか出演。


失業した揚げ句妻ともうまくいかなくなったホセ率いる強盗団。キリスト、兵士、透明人間、スポンジ・ボブ、ミニーマウスの

コスプレ大道芸人になりすまし白昼堂々宝飾店を襲撃

ホセは息子を含め共に偶然通りかかったタクシーに飛び乗り逃げる。タクシーの運転手を巻き添えに

パトカーの追跡をかわすうちに道に迷って、魔女伝説が伝わるスガラムルディ村にたどり着く。

そこには食欲旺盛な人食い魔女たちが強盗団を追ってきた者たちも加わり魔女軍団と人間の壮絶バトルへ

刈り上げゴス系魔女。




6/10(68点)



この村では、男は食いもん


強盗を企んだ子持ちの主犯格、ホセが意外とイケメンだったことで

パンクでゴスなセクシー魔女に惹かれ見入っていると逆に一目惚れされて厄介な展開に。 

偶然乗り込んだタクシーの運ちゃんがまた、彼らに共感して逃げるうちに絆?がうまれて仲間化いくところが面白い。

ホセの息子セルジオが、魔女達に「選ばれし者」扱いされて、誘拐される。

せっかく強盗して手に入れた大金の入ったバッグも魔女の館に忘れて引き返すも

魔女達の、自分たちがディナーの餌食となる準備が着々と進められていて、、、、。

魔女ってか、オカマもいるとこがウケる。

息子の危機を知った別れたホセの元妻まで来て、展開はぐちゃぐちゃに。


魔女だけど、フツーに男に愛され、恋愛したかったとゆー複雑なキャラ。

すぐキレる。

いきなり恋人のような感じになるゴス魔女の弟が15年間も監禁されていて

この後半で、巨大な女神?バケモノみたいなのが出て来て、息子セルジオを丸呑みに、、、

ってそこまでみててなんかやりすぎ 笑 と思ったけど

なかなか面白かったけど2時間近いのはちょっと長い。90分でテンポよかったらもっと面白かっただろうな。

ラストではちゃんと人間界でホセとゴス魔女エバはつき合ってた 笑

こないだみた「シェアハウスウィズヴァンパイア」の方がかなり好きだけど。



このゴス魔女役のカロリーナ・バングって、この監督の作品にしか出てない。

ちなみにこのあとでレビューの「刺さった男」の方にも出演。

本当はこんな可愛らしい人でした~


「スガラムルディの魔女」予告編





刺さった男


LA CHISPA DE LA VIDA    2012年    スペイン    94min

AS LUCK WOULD HAVE IT


スペインの経済不況のとばっちりを食って職を失ってから数年の中年男ロベルト。

就職活動に失敗したある日、かつて新婚旅行で訪れた思い出の街に立ち寄った彼は、

ローマ劇場の遺跡発掘現場にさまよい、高所から転落

一命は取り留めたものの、鉄筋が後頭部に突き刺さって動けなくなったロベルトは、大勢のマスコミに取り囲まれ、

一躍世界中が注目する時の人に……。

主演はスペインのコメディ俳優、ホセ・モタ。


ハリウッドでも有名なサルマ・ハエックが男の妻。


息子は超ゴス。この監督、ゴス好きなのね。笑


たまたま頭に鉄筋が刺さった男(もちろん事故)の、命がけの金儲け大作戦



5/10(56点)


命あってこそのお金だと思うけど、、、?? 笑

家族を遺してる場合はまた話が違うか。


こないだ観たジェイクの怪演、「ナイトクローラー」では

他人の不幸をカネにしてたけど、今回は自分の不幸をカネにしようとする男

なんともブラック。

痛いわ


コーラのCMで一発有名な広告を打ち出した事も過去の栄光となってしまった 元、広告のヒットメイカーだったロベルト。

そんなわけで、プライドもあるのに ずっと仕事がないという切羽詰まった状況なので

級友に仕事をもらいに行くがあっさりと断られて。


頭に鉄筋が刺さるという大惨事となるも、意識はあるので その間ずっと金のことばかり考えてる。

自分のことしか頭にないキャラばっかの中、

妻だけは唯一まともな人で、愛する夫の瀕死状態を見守り励まし続ける。

娘と息子も駆けつけ、、、、

妻が実はなんかやらかすかと思ったら、妻、いい人すぎ。


結局、夫はそのまま息をひきとり

ラストではその映像を大金で買うと言って来たテレビ局の男がトランクに入れた大金をほんとに持ってくるけど、

そんなのいるか!という勢いで 蹴飛ばし去って行きTHE END. 

なーんだ。 普通じゃん。という印象でした~。


原題は「La chispa de la vida」で、スペインでは良く使われる表現らしく劇中にコーラのキャッチフレーズを彼が考えたとして、

「人生のきらめき」と訳してるけど

そんなんじゃ「この映画、観よう!」とは思えないもんね。

勝手な邦題だけど惹かれるのは「刺さった男」。

そのタイトルだけで惹かれてみると、そこまで笑えないのがやはりシニカルすぎる。


内容はブラックシニカルコメディだけど、実は家族愛というか、

妻の愛あってこそで、不幸な人生でもひとつの幸せ的なメッセージもあり


そんなわけでただひたすら笑うコメディではなく、なんだか物悲しさも残る。

最後までブラックジョークで締めた方が好み。

なんか当たり前のようにしんみりさせられてもねー。

という、タイトルで笑いを期待するとちょっとハズれ。な感じ。

意外に最後で感動、みたいなのが好みで分かれるところ。


映画『刺さった男』予告編





Comments (6)

ナイトクローラー/NIGHTCRAWLER

2015-08-25 17:08:42 | 劇場&試写★6以上

 

 

今月一番楽しみにしていた作品

アカデミー賞にて、脚本賞にノミネート。


L.A.。傍受した警察無線から事件、事故を嗅ぎ付け猛スピードで車を走らせ、いち早く現場に駆け付けて被害者にカメラを向ける者たち。

通称“ナイトクローラー”

報道スクープ専門の映像パパラッチ。

彼らはまるで死臭を求めるハイエナの如く貪欲に、我先にと衝撃映像を求めて夜の街を這いまわる。

そうやって手に入れた映像をTV局に売り、カネを得る。


自力でその報道パパラッチとなった男が、

より刺激的な画(映像)を求めるあまり、、、


飛び出しちゃいそうなギョロ目に、目とくっつきそうな濃ーい眉、

常々から、ジェイク・ギレンホールをキモいと言ってたわたくしですが、(ファンの方ごめん)

映画一家の天性の演技の素晴らしさはもう今更言うまでもなく。

2013年に出演した2作とっても「プリズナーズ複製された男」の両作ともに最高の演技を見せてくれたが

今回更に、彼の代表作としてもよいくらい、ジェイクギレンの狂気の存在感なしには

ありえなかったと思える1本の登場

 

コネも学歴もなく職にもつけず、盗んだ物を売っては食いつないでいた男、ルイス・ブルーム。

ある日、偶然出くわした交通事故現場でみた報道パパラッチの存在を知り興味を持つ。

いつものように盗んだ高級自転車を売ってカメラと無線を手に入れた後は

フリーとして見よう見まねで事故現場に急行し、一発リアルな映像を撮る事に成功。

TV局が買い取ってくれたのをきっかけとして、どんどんのめり込んで行く。

 

深夜のブレイキングニュースの女ディレクター、ニーナに、レネ・ルッソ。

他に女性は警察以外ほぼ出てこないのがいい。

 

寝たのを想像させる場面があるだけで、実際そういう余計なシーンを入れていないとこがまた素晴らしい。

と思ってたら監督、レネ・ルッソの旦那様だったのね。

 

映像に見込んで買い取ってもらうが

のちのち、自信をつけた若き新人パパラッチがこの業界に革新をもたらすまでの報道映像を撮るまでに。

 

経験なし、職なし、学なし、金なし、宿無しのリックという男と面接し、相棒にすることに。

「グアンタナモ 僕達が見た真実」のリズ・アーメッド。

最初は「仕事をくれてありがとう!」みたいな感じでこきつかわれるだけだったのが

昇給の話のあと、段々図に乗って条件を出してきたりするところ

雇い主に徐々に同様になってくる。そして、、、。

 

同じ報道パパラッチ役でビル・パクストン。

あれどこに出てた?と思ったらこの人か。暫くみてないけどこんな顔だったっけー?

 

 

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルーは、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専 門の映像パパラッチの存在を知る。さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレートしていく。そして、遂にルーは一線を越える──。

 

 

8/10(86点)

 

 

ジェイクの怪演がお見事 それを観るだけで価値あり。

もう、ジェイク・ギレンホール独壇場ジェイクの顔を、狂気を、どんどんエスカレートしていく恐さを、感じ楽しむ映画。でもある。

もちろん、脚本賞オスカーノミニーされた作品だけあり、脚本の巧妙さで

キャラの活かし方、キャストも全員ハマり役で演出も優れてるけど 無駄がない感じがいい。

最初から最後まで、常規を逸して行く一人の男の行動と、熱意に釘付けになっていく。

 

そこまでして彼を駆り立てるものは何なのか。

そもそも頭がよく、欲があって向上心の強い負けず嫌いは上にのし上がる素質がある。

相手より優位に立つためにはどう行動したら良いか、何をしたらいいか、が常に明確で

計画性もあって抜かりない。

一度怒らせたら手の付けようがなく、怖い。

 顔も相変わらずこわい(キモい)←いい意味。

そんなところを余すところなくキャラになりきっているジェイクが本当に素晴らしい。

大作とか、話題作でなくとも、こんな演技はオスカーものでしょう。

夜の映像が多いので全体的にダークな映像と、

「ボクは覚えが早い」とか、自分の相棒を募集し面接を受けた時に話す会話や

その雇った金のない相棒リックへの説教や会話がいちいち何だかすごい説得力と

なるほどそうだよな、と思わせるサクセスに必要な要素だったりセリフで納得。

 

全編に渡り、会話、セリフのやりとりが面白い。

 

監督・脚本は、「ボーン・レガシー」の脚本を手掛けたダン・ギルロイ。本作は初監督作。

(上にも書いたけど、レネ・ルッソの旦那さま)

 

視聴率の為に倫理をも踏み外した映像を欲しがるテレビ業界、

それを非難しながらも、より強烈なリアルな情報、映像を求める現代社会

 

あー、面白かった~。

今年のベスト10入りするかな

 

  公式サイト 

NIGHTCRAWLER         2014年    アメリカ    118min

8月22日より、公開中~

映画『ナイトクローラー』冒頭映像

 

トロント映画祭にて。

真ん中、監督。

 

 

 

 

ジェイクの次回作は、11月6日より日本公開「エベレスト3D」!

共演は、ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、キーラ・ナイトレイほか。

主演ではないけど、こちらでの演技も楽しみ♪

 

 

 

 

Comments (13)

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア/ライフ・アフター・ベス

2015-08-20 22:10:43 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

本日は、ホラーコメディまとめて2本ホラー苦手な人もコメディなら観れるでしょ?

ホラーといっても、二つともぜんぜんホラー要素少なめな作品。

 

 

まずは、

トロント映画祭はじめ各国の映画祭で観客賞を受賞し湧かせたニュージーランド発のホラー・コメディ

 

何百年も生き続けているヴァンパイアたちが一つの住まいに身を置き

現代社会の中で生活する日常を演出でみせるドキュメンタリー風作品 

劇場公開短く、逃しちゃったけど期待通り面白かった

 

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

WHAT WE DO IN THE SHADOWS   2014年    ニュージーランド  85min

 

監督、脚本と主演は、ニュージーランドの人気コメディアン、ジェマイン・クレメントとタイカ・ワイティティ。

見た目もナイス。全員、キャラたちまくり♡

 

ヴァンパイア仲間たちは、普通に現代に生きて陽気に仲良く一つの屋敷に暮らしてた★

夜な夜な、ヴァンパイアたちのたまり場に繰り出したり。

 

招き入れる人間は、彼らのエサとなる者だけ。

だけどある日、自らヴァンパイアにしてもらいたくて殺した人間の血の掃除や、シャツのアイロンがけなど

家政婦の仕事をしてくれてる女が連れて来た獲物(人間)を、間違えて噛み付き、ヴァンパイアにしてしまったから

さぁ大変

コスチュームがカブったり、ヴァンパイアの掟を守らないで好き勝手なニックは

決して噛まずに友人として招き入れるという約束で勝手に親友を連れて来た。

なんとその人間、スチューの実に血色がよく美味しそうなこと!(笑)

そのスチューは、IT関係の仕事でPCが詳しいので色々教えてもらったり、いいヤツなのですぐ

ヴァンパイアたちに気に入られた。

 

 

8/10(83)

 

まず、見慣れない俳優たちが全員ヴァンパイア役ハマってて、コスプレ(?)の似合うこと!

唯一ふつーの人間、スチューも赤ら顔で素朴でなんか可愛くて人が良さそうでハマり役。

他にも、オオカミ男チームまで現れて絡んでくるのも面白い。

 

この人だけ何故かめっちゃリアルなんですけど。笑!!

 

最初、邦題のタイトルからなんかアパートみたいなところで色んなヴァンパイアたちが暮らす話なのかと

思ってたら、結構外に繰り出すし、お金かかってるとこもありCGでなかなか面白い画が撮れてた。

音楽もなかなか最高!

噛まれるとこは血まみれちょいエグいけど

まったく怖くないし、コメディ好きなら必見

恐怖度   0/5

笑える度   4/5

キャラ立ち度 5/5

 

ニュージーランドの首都ウェリントン。陽気な379歳のヴァンパイア、ヴィアゴたちは1軒の屋敷にヴァンパイア仲間4人で暮らしていた。彼らは日が暮れると起き、夜な夜な外へ繰り出しては遊び歩く愉快な日々を過ごしていた。そんなある日、長老ヴァンパイアのピーターが大学生のニックにうっかり噛みつきヴァンパイアに変えてしまう。シェアハウスに新たな仲間として加わった新米ヴァンパイアのニックだったが、ヴァンパイアのルールに無頓着で何かとトラブルの種に。ついには人間の親友スチューを勝手にシェアハウスに招き入れてしまい…。

公式サイト

 シェアハウスウィズヴァンパイア(字幕版)

トロント映画祭にて。

 

  

 

 

 

 

次はこちら。ある日突然、恋人がゾンビになってしまったら。

デイン・デハーンくん主演で、今年の5月シネマカリテのカリコレで短期上映したホラーコメディ。

TSUTAYAだけのレンタルで早々にリリース

 

ライフ・アフター・ベス

LIFE AFTER BETH         2014年    アメリカ   91min   

 

 

期待したほどじゃなかった。

ジュード出演、「ハッカビーズ」脚本家のジェフ・ベイナが脚本/監督。

「ハッカビーズ」いまいちだったんだけど、通りでこの作品もどこか物足りなかった。

 

主演のゾンビになっちゃう女の子、オーブリー・プラザって子

あんまり可愛い子じゃないんだけど、ゾンビになっちゃっていく過程での

だんだんとキモいゾンビになりきる姿が良かった。

スコットピルグリムVS邪悪な元カレ軍団」にも出てたらしー。あちらでは人気コメディアンだとか。

どおりで。普通の可愛い女優だとここまでやらないね。

もうね、可愛いとか、そういうの捨てての演技が素晴らしい。拍手もん

 

デハーンくんは一途に死んだ恋人が使ってたマフラーを死んでも持って寝るほどの

未練たっぷりで情けない感じの子だが

生え際心配。

 

突然、彼女がゾンビになっちゃった!ゾンビコメディ。

 

5/10(55点)

 

あらゆるゾンビ映画が出て来て、出尽くした感もある中、まぁこれまでなかったような設定でもない。

弟が、恋人がゾンビになりゆく、という低予算切ない系ゾンビムービーの

コリン LOVE OF THE DEADの方がよほど良かった。

まぁ、コリンはコメディではないけど 恋人がゾンビになっていくということで言うと同じ。

 

こちらはゾンビ目線で、というわけではなく

本人にゾンビになった自覚がなく、自分のお墓も確認しにいっちゃう。

最初は普通に話せるし、次第に凶暴になり顔もすごいことになってくけど

ゾンビにしては、人間としての意識がありすぎるのが不思議。笑

ゾンビ映画をこれまで沢山観て来たけど、

ゾンビがしっとり系のスムース・ジャズが好きという定説は初耳だわ。

 

デハーン演じる、ザックのお兄さんが警察官で、いつも意地悪な感じ

この人の存在があまり活きてこなかったな。

 

ママの親友役で突然、登場したのはアナケンこと、今や大ブレイクのアナ・ケンドリック。

 

パパ役にジョンCライリーもうちょっと見せ場欲しかった。

 

デハーンくん、ボディはなんだかおこちゃまだなー。

 

これと言った見所もない感じでもうちょっと脚本面白く出来そうなものなのにな~

キャストいいのにもったいない感じ。

 

恋するゾンビを描いたコメディ

ウォーム・ボディーズ」が楽しめた人にはおすすめ個人的にはの方が好き。

 

ザックは恋人ベスと別れようと考えていたが、その矢先にベスが不慮の事故で他界してしまう。しかし、その数日後に奇跡が起こり、ベスが墓から蘇りザックのもとに戻ってくる。彼女とやり直そうと考えたザックだが、次第にゾンビ化していくベスに戸惑い、心は離れていくばかり。さらに、幼なじみのエリカと再会し、生身の人間の魅力にひかれていくがそんなザックをベスは許さず……。

 

『ライフ・アフター・ベス』映画オリジナル予告編

 

デハーン、可愛い♡

 

 

 

Comments (4)

22ジャンプストリート/22Jump street

2015-08-16 11:47:42 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

  

 

面白いのにDVDスルーになってしまった「21ジャンプストリートの続編。

元々は、ジョニー・デップの出世作とも言われる1987年~1990年に放送されたTVシリーズで、

そのベビー・フェイス故に、青少年犯罪特別捜査課"21ジャンプストリート"に所属することになり、青年犯罪を撲滅するべく相棒と共に、

高校に潜入捜査を始める。そこでは、「麻薬取引」「売春」「殺人依頼」「自殺」などさまざまな事件が渦巻いていた。

というもの。

21 Jump Street Clips

前作ではその主演だったジョニーさんもカメオ出演(といってもちゃんとセリフもあるし)してるので

ファンは要チェック

 

キャストは前作同様で、チャニング・テイタム&ジョナ・ヒルの凸凹コンビ。

ジェンコとシュミット。

ジョナは前作で痩せたのにまた元に戻ってる

 

所長には、アイス・キューブもそのまま続投。

 

他にギャング役で、ピーター・ストーメア、

 

ワイアット・ラッセルはカート・ラッセルとゴールディ・ホーンの息子で、ケイト・ハドソンとは義兄弟。

」にも唯一のイケメンとして出演してた人。

チャニングとの息ピッタリの掛け合いが笑える。

 

 

ジョナ・ヒル演じるシュミットが親密になる子、可愛いと思ったら

ジェサベル」に出ててお化け役で出演してたアンバー・スティーヴンス。

去年結婚した旦那さまが「ウォーキングデッド」でギャレス演じたアンドリューJウェストでした

 

 

ジェームズ・フランコの実弟、デイヴはまたも前作に続きちょこっとカメオ出演。

 

監督も、前作同様フィル・ロード。(「REGO(R)ムービー」「21ジャンプストリート」)

 

 

 

今度は大学生になりすまし、大学で潜入捜査開始

 

 

8/10(80点)

 

 

前作超え~

すっごい笑ったとか、めっちゃ笑えるツボとかではないけどやっぱりこのコンビが最高

大学生でも30だろ、とか老けてるとか、シワ顔とか言われちゃう始末。笑

 

面白かった~ 続編だし同じことやってるようだけど

随所で映像的工夫があったり、確実に楽しませようとするのが素晴らしい。

定着したコンビが、くっつきすぎて今度は少し距離を保って捜査しようというジェンコに対し、

コンビを貫きたいシュミットの空回りとすれ違い。→だけどやっぱり相棒はオマエしかいない

という流れが予想通りだけどこのコンビだからこそ楽しめる

途中、このヘンな踊りとか。

個人的には面白かった前作よりも内容は好み。コンビ力増して、より友情強化。

 

どんな学校にも潜れちゃうコンビ

ラストで続編として、次々に色んなとこへの潜入捜査でタイトルが変わってって

その度にポスター作ってるのがこだわってて面白ーい♪ ギャグが細かい。

43くらいまでやるしつこさが好きだ!笑 しまいには2121まで!

ここに載せた以外にもいくつか。ぜひどれか実現して欲しいんだけど

 

 

 

なんとここでいきなり、セス・ローゲンがカメオ出演 ポスターだけじゃなく、ワンシーン出てた

 

 

昔のTVシリーズの方も登場。今回はジョニでさんなし。

 

 

 

 

 officialsite

22 JUMP STRRT          アメリカ   2014年     122min

 

22ジャンプストリート予告編 (非公式日本語字幕)

 

 

 

プレミアにて

チャニング&奥様

 

 

息合ったコンビをみせたカート・ラッセルの息子、ワイアット。

 

  ピーター・ストーメア変わらないなー

 

 

 

 

 続編決定

3作目となる「23ジャンプストリート/ 23 Jump Street」には、チャニングとジョナが続投

『ワイルド・スピード』シリーズなどのニール・H・モリッツが再びプロデュースを担当。

また、シリーズ 2作目「22ジャンプストリート」に脚本家として参加した、ロドニー・ロスマンが脚本を執筆とのこと。

 

 次回も期待 

Comments (4)

オキュラス 怨霊鏡/13の選択

2015-08-11 23:59:41 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

夏なので、とくにホラーが観たくなる(まぁいつでも観たいんだけど)

今日も2作まとめてレビュー

とくにホラーどんどんupしていこうと思っている矢先、映画ブロガー繋がりのmakiさんから

コメント欄よりおすすめして頂いたこちらの作品。

今年の1月に、未体験ゾーンの映画たちで上映された後すぐにDVDリリースされたホラー。

謎の呪いの鏡によって巻き起こる不可解な出来事を描く。

だけではなく、それに幼少時関わってきた二人の兄弟がその原因を調査し、

霊の存在を明らかにするため記録を残す。


最初から最後まで無駄なく面白かった

 

オキュラス 怨霊鏡

 

 OCULUS                2013年     アメリカ    103min

 

 呪われた鏡によって両親を失った姉弟が、事件の再調査に乗り出したことから超常現象に遭遇する。

主演は「ガーディアンズ・オブ・ギャラ クシー」のカレン・ギラン(姉)と

 

弟は「マレフィセント」のブレントン・スウェイツ。

監督は「人喰いトンネル MANEATER-TUNNEL」で注目を集めたマイ ク・フラナガン。

 

 8/10(80点)

 

 

 ここ最近観たホラーの中ではダントツに面白かった。

 鏡って怖いとよく言われるよね。後ろに誰かうつってるとか(わたしは怖くないけど 笑)

それがアンティークだというのだからもうこれは怖いでしょう。

何十年、何世紀の間、色々な人を映して来た鏡。

それが曰く付きの、惨劇の元凶となっているものだとしたら、、、、

 

過去なのか、現在(いま)なのか、それとも幻覚か。

スイッチして映し出されていく映像に惑わされる

 

 

揃って鏡の前に立つ姿、、、、、それだけで怖いわ

 

魔力を持った鏡が、忌まわしい事件の原因であることを証明し、父親と弟の罪を晴らして鏡を永遠に葬り去るため

空き家となった実家に鏡を持ち込み、弟ティムとともに超自然現象を映像に収めようと入念な用意をし、実験を試みる姉弟!

 

姉の予想は的中、鏡の前では植物が枯れはじめたり動物がおかしくなり、電気が切れたりと

怪奇現象が起っていく過程が面白い。

恐怖の演出もなかなか。

身内が恐ろしく変貌していく姿が幼少期に起った出来事として、子供目線で描かれ

度々その過去の映像と重なることで不気味感も増す。

しかしこんな体験、子供の頃にしたらぜったいトラウマ。

よくもまぁ、せっかく無事に生き延びたのに、両親が死ぬ原因となった恐ろしい鏡を

オトナになってからまた手に入れ、わざわざ当時の恐ろしいめにあった恐怖の家に行って

実験したもんだ。

証拠を掴むためといったって、命の保証はないし そのチャレンジ精神怖すぎ。

しかしよく大人になるまで生きてこられたね。

 

結局解決せず、ハッピーエンドで終わらないラストもわたし好み。

なぜそんなことになった鏡なのか、あえて理由も明かされないけど

まぁそれはそれで良し。

ホラーで涼みたい夜にオススメの1本。

 

新居に引っ越したばかりの幸せな4人家族にある日凄惨な事件が起きる。父親が妻を拷問して殺害。さらに父親も銃で撃たれて死亡した。2人の子どもは救出されたが、10才の弟は父親を殺害した容疑で精神病院に入る。そして11年後。弟ティムは退院し、懐かしい姉ケイリーが出迎えて再会を祝う。長い治療を経たティムは、ようやく過去を乗り越えて新しい人生を始めようとしていた。一方、ケイリーにはある目的が。

苦労して鏡を手に入れたケイリーは、その過去を詳細に調査する。すると、過去400年の間に、なんと45件もの不審死があったことが判明し…。

 

 オキュラス/怨霊鏡

 

 

 

 

こちらも今年の2月、未体験ゾーンで2週間のみ上映。

オリジナルは2007年に日本でも公開されたタイ映画「レベルサーティーン」のハリウッド版。

当時からリメイク権を得たと言ってたからどうなるかと思ったら意外とだいぶ経ってからつくられた。

ラストエクソシシズム」の監督がリメイク。

 

13の選択

公式サイト

13SINS             2014年     アメリカ    92min

 

破産しかけ絶望の淵にいる時、突然の電話
そこにいるハエを殺せば大金がその場で手に入るチャレンジするか
と言われたらどーする
 

ひとつづつ13のゲームをクリアすれば巨額の報酬が得られるというゲームへ参加した男の運命

二つ目の指令は、その殺したハエを食べること。

徐々にゲームの指令は常識では考えられないものにエスカレートしていく。

 

主演は、「痛いほどきみが好きなのに」のマーク・ウェバー。

ルティナ・ウェスリー、デヴォン・グレイ、トム・バウアー、

そして、ロン・パールマン。

やっぱりタダでは終わらない男。なにかある。

 

 

6/10(68点)

 

 

まず、こんなことになるなら大金なんていらねー!というのが誰もが思うところ。笑

しかも、途中までクリアした分は途中で出来ないと没収になるのもセコい 笑

 

愛する妻のため、頑張るが。

 

タイのオリジナルを観たときは若干26歳の新鋭が監督&脚本ということで

つっこみどころはありながらも面白い脚本だった。

今回はリメイクするからにはやはりゲームそのものは変えようがあるから、全く同じではなく

むしろ違うのが多い。

う◯ちを食べる。とかいうくだらなく汚いのはなかったけど、

どこだかの誰かの家に行ってその静かな男を何時までに指定されたコーヒーショップに連れて行き

コーヒーをオーダーしろ。という指令に従うと、

男は死んでて、それをむりやり連れてったらそこに警官たちがコーヒー飲みにきて、、、、というのが面白い。

 明らかに死人だし!

 

オリジナル版では重要な見せ場、バイクで飛ばして、、、、のシーンは

今回そのまま採用。これは最悪の指令。 かなりエグいです。

だけどもっと先には更に最悪のオーダーが待っている。

 

金持ちたちが娯楽のために、賭け事の遊びの一環で殺人ゲームを楽しむっていうの

何度も映画ではあるからネタとしては驚かないけど

そんな殺されるところみて面白いか。 ま、面白いからやるんでしょうが

 

主演はこのくらいメジャーじゃない人だからなんかリアリティというわけじゃないけどよかった。

 「アイディンティティーのこの方も出演。

 

先が読めるが この主人公にはちょっと障害を持つ弟がいて、その存在が何かあるなぁと思ったら

ラストの方ではゲームに関係のある展開にもっていくという流れ。

うまいことオリジナルを変えた結末はなかなか巧かった。

まったく同じじゃリメイクする意味ないもんね。

というわけで、タイのオリジナル版と比べてみるのも良し

 

結婚を控えるエリオットは、病気を持つ弟とわがままな父の介護で借金が10万ドルに膨らみ、真面目に働いていた会社にも理不尽な扱いを受けクビに。ゲームをすべてクリアしなければ賞金は没収されるという条件を聞かされたエリオットは、 ゲームの続行を決意。やがて彼は過激化する不条理なゲームを次々とクリアしていくが……。

 

 

 映画 『13の選択』 公式予告編

 

 

Comments (2)

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション/MISSION IMPOSSIBLE ROGUE NATION

2015-08-08 22:46:50 | 劇場&試写★6以上

 

ミッションシリーズにハズレなし

 トムちんが不可能なミッションに挑む「ミッション インポッシブル」シリーズ第5弾


今回メガホンをとったのは「アウトロー」で監督、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「ワルキューレ

「ユージュアル・サスペクツ」脚本で、トムとはもう何度も組んでいるクリストファー・マッカリー。

製作は「LOST」や「MI3」の監督と脚本も手がけているお馴染みのJJエイブラムス。

 

 公開前から、トムが飛んでる飛行機にしがみついているシーンはスタントなしのトムちん本人によるもの

という宣伝がガンガン伝えられ、そのシーンを楽しみにしていたら

開始そうそう5分くらいでそれが始まり、掴みはオッケー

今回も、超ムボーで命がけのミッションにカラダ張って挑むプロ根性

風圧に耐えられる特別なコンタクトを作って挑んだとか。

 すごすぎる

 

トムちん、決して強そうには見えないのだが、(ごめん)

今回もジェームズ・ボンドばりのアクションとカーチェイスで、歳を重ねても増々素敵、強くてカッコイイ男イーサン・ハントに

 

割と最初から窮地に陥る。捕まっちゃってさあどうする。

 

相棒のお間抜けエージェント、ベンジー役サイモン・ペッグは今回またイイネ

頼りになるヤツですよ。ほんと。

 

ジェレミー・レナーは今回はそんなに出番なかったけど

そしてこの方、ヴィング・レイムス。

もう、この人ね一番好きな映画「パルプフィクションで、マーセルスだから私には思い入れが。笑

 

いいコンビ。

 

そして上司、アレック・ボールドウィン。

 

今回の紅一点は、「ポゼッション」というB級ホラーがデビュー作のスウェーデン人、レベッカ・ファーガソン。

お顔はそんなに美人ってほどじゃないが、ものすごいアクションをこなしてて、仕事的にはお見事。

しかし毎度なんかミッションシリーズってあまり可愛い人出ないのよね。(個人的意見)

 

今回の敵、レーンには2006年にレビューしたイギリスのホラー「0:34 レイジ 34フン」や

プロメテウスにも出てたショーン・ハリス。みるからに悪人顔。

 

 

 

 今回も、「そこ、ふつー死んでるから」とツッコミいれること7、8回

 

8/10(80点)

 

相変わらず、むちゃしますこの男。

やっぱり期待を裏切らない面白さ。 この監督の過去の脚本作、面白いのが多いけど

どうしちゃったのというほどどうしてもダメだったのが、アンジーとジョニーさん競演の「ツーリスト

 

シリーズの中ではこれまでで一番クールなんじゃないかな?

007シリーズかと錯覚するかと思っちゃった。

バイクでのシーンもすごいし、カッコイイったらありゃしないトム。笑

 

しかし、笑わせどころもちゃんとあり

特にチームプレイが最高なこのシリーズでは、一見合わないトムちんとサイモン・ペッグとの凸凹コンビが

今回も観てて楽しい。

カーチェイスのド派手なシーン、階段車で飛ばしまくるとこなんて最高

ほとんどコントだね 笑

やや顔はさすがにお疲れ気味。

 

脚本がよく練られてるし、これでもかってほどいろいろ詰め込んでいて見応えたっぷり。

ちょっと後半少しだれてて3分くらいうとうとしかけたけどすぐ派手なアクションで復活。

前作の方が分かりやすい面白さだったかな。

女が今回、敵か味方なのかという感じで惑わせながらもやっぱり完全に敵ではないところが

分かりやすいけどそのお陰で何度も命拾いのトムちんであった。

次はどんな果敢なミッションに挑んでくれるのか楽しみです♪

おじいちゃんになるまでやってもらいたいな。 笑

 

 

超敏腕スパイ、イーサン・ハント率いるIMFは無国籍スパイ「シンジケート」の暗躍により、またしても解体の窮地に追い込まれてしまう。組織という後ろ盾を失いながら、イーサンと彼のチームはこの最強の敵にどう立ち向かうのか?誰が敵か味方かわからない中、究極の諜報バトルが繰り広げられる。

 

 

 

  公式サイト

MISSION IMPOSSIBLE ROGUE NATION            2015年     132min

8月7日より、公開中~

 

映画 ミッションインポシブル5 トム・クルーズのスタントマン無しのウィーン&モロッコの特別映像あり2015年8月7日公開予定

 

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ティザー予告映像

 

今回から初めて観ても一応楽しめるけど、ぜひ最初からでお願いします 

 

 過去レビューMI3

       ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル

 

 

このチーム力が最高。

 

 

プレミアにて。

 

今年も来日し、新宿TOHOシネマズのレッドカーペットで34度の炎天下の中、2時間かけてファンサービス。

 

いつでもにこやか、偉そうなそぶりや文句ひとつも言わずにもうほんとスターの鑑。

 

 

今回もお疲れさま、トムちん

 

 

 

 

Comments (26)

ジュラシック・ワールド/ JURASSIC WORLD

2015-08-07 23:59:47 | 劇場&試写★6以上

 

  

世界興行ランキングが「アバター」「タイタニック」に続いて既に3位

8月5日に公開、既に日本でも大ヒット

最新のバイオ技術で現代に蘇った恐竜たちが巻き起こす恐怖の惨劇を描き大ヒットした

1993年「ジュラシック・パーク」シリーズの第4弾あれから22年。

 

1997年、続編「ロストワールド」2001年、「ジュラシックパーク3」そして14年経ってまた

新たに生まれる恐竜ワールド

恐竜好き、このシリーズ好きなのでずーっと楽しみにしてた本作、早速鑑賞。

 

スティーヴン・ スピルバーグが製作総指揮をつとめ、

監督には、初の長編映画「彼女はパートタイムトラベラー」がサンダンス映画祭で高く評価された新鋭コリン・トレボロウ。

 

主演のオーウェンに「ガーディアン ズ・オブ・ギャラクシー」で一躍知名度を上げたクリス・プラット。

(中央)

しかしほんとカッコ良くなったよな~この人。

昔は太っちょでした★

 今は30キロ以上痩せてめちゃいいカラダ

 

 

 

ジュラシックワールドのCEOクレアにはシャマラン作品でも過去2度主演を務めた、ブライス・ダラス・ハワード。

(ロン・ハワード監督の娘でも有名)

二人の関係も段々と距離が縮まっていき、、、とここはお決まりパターン★

 

ウー博士に、「フォーカス」でいい味だしてたBDウォン。

実は22年前の「ジュラシックパーク」の時にも出ていた

 

最強のふたりのオマール・シー。

カッコイイです。 でも出番少なめで残念。

 

スラムドッグ・ミリオネア」の警部、イルファン・カーンは億万長者の経営者。

 

 

兄弟の、弟のほうタイ・シンプキンスくんは「インシディアスインシディアス2」の男の子。

 

殺される事は目に見えてる悪役には、ヴィンセント・ドノフリオ。

 

 

コスタリカ沖に浮かぶ島に建設された「ジュラシック・ワールド」は、目を見張るアトラクションが満載の最先端のテーマパーク。子供たちはふれあい動物園で、家族連れは安全な環境の中で様々な種類の恐竜が歩き回る様子を見て感激している。
 パーク内の監督をするのは、野心家のクレア。姉に頼まれて2人の甥っ子、ザックとグレイが訪ねてくる。甥たちにフリーパスを渡して乗り物に乗せ、自分たちでパーク内を見学させることにする。

恐竜たちを奇跡的に蘇らせたのは、遺伝学者ヘンリー・ウー博士。パークの創設者であるハモンドの会社、インジェン社で働いていた人物だ。現在は「ジュラ シック・ワールド」の後援者で巨額の富を持つ億万長者サイモン・マスラニの元で研究を続けている。パークをビジネスとして成功させるにはリピーターを増やすため、毎年新しい種を創り出さなければならない。

ウー博士は遺伝子操作を行い、能力レベルが解明されていない史上初の遺伝子組み換え恐竜、インドミナス・レックスを生み出してしまう
その生態と安全性を確認するため、クレアはメイン・パークから離れた研究施設に勤務する恐竜行動学のエキスパートで元軍人のオーウェンを訪ねる。とそこでは攻撃的なヴェロキラプトルを長年調教していて、服従させるか喰われるかという中、ヴェロキラプトルと信頼関係を築くことに成功していた。
そんな中、知性や攻撃性が未知数のインドミナス・レックスが逃亡し、ジャングルの奥深くへと姿を消した。それによって人間の命が危険にさらされていることに。行方がわからなくなった2人の甥。救出に向かう、クレアとオーウェンにも危機が迫る


 

観て体感するアトラクション

 

7/10(70点)

 

 

ちょっと長いけど最初から最後まで飽きさせずに面白かった~♪

飼育員が同じポーズでマネして写真を撮ると言われてた 恐竜たち静止させるシーン、

なるほどこれは真似したくなるかも 笑。

こんな風に恐竜とでも意思疎通できたら素敵だな。

これはラストの方の伏線になる。

 

けど、懐かしのロゴのかかれた最初のゲートをくぐり

恐竜ワールドに入り込んだあと、さまざまなショーを観て体感し、

水中の中にもつくられた巨大なアトラクションをみていたのもつかの間。

けっこう早い段階で、遺伝子操作によって作られた巨大恐竜に襲われる恐怖がやってくる。

もう少しテーマパークのワクワク感を体感出来るような、恐竜たちをじっくりみれる場面を

先に沢山見せて欲しかったな。

 

本当にこんなテーマパークあったら凄いな~と疑似体験しちゃえるのがポイントだよね。

ジャイロスフィアという360度回転しながら恐竜の間を走り回るアトラクションがめちゃ楽しそう。

 

大事な甥たちの行方が分からなくなり、普段は歩く事もしないようなCEOの気の強い女が

血相変えて、ヒールにシャツを結び直しただけの格好で森の中を探しまわる。

それにしても、クリス・プラットはワイルド系イケメンになったもんだ。(しつこい)

こんな強い頼れる男、クレアが惚れちゃうのもムリはない。

頭のイイ男は、こんな時もサバイバルで生き残れる。

咄嗟に恐竜の前でガソリンかぶって匂い消して生きながらえるのもスゴい。

バイクで恐竜たちと並走するのもスゴい。

 

途中からは恐竜同士の戦いや、人間たちが逃げるというパニック映画に変わるので

脚本の面白さが弱かった。少し最後の方は長いと感じちゃった。

 

甥っ子たちは無邪気に恐竜たちがいる危険なとこへどんどん行き、

襲われて間一髪で食べられる!っていうよーなシーンでもよくもうまいこと生き延びてるし

余裕があって楽しんでて殺されちゃう感出てなく怖がってる感じがあまり出てないのでへたっぴな演技に見える。

天才子役にはほど遠い感じ。演出力が弱い。

クレアが子守りを頼んだ英国人の女性は、ちょっと彼氏と電話で話してたってくらいで

恐竜に一人だけガンガン襲われて、人沢山いるので水中でまで襲われてむごすぎる 笑

うまいこと、クレアの周りだけ無事すぎてご都合主義。とかいろいろとツッコミたいことは山ほどある。

けどつっこむとキリがないので

恐竜ワールドを何も言わずに楽しみましょう♪

観るならぜったい大画面の劇場で

 

映画『ジュラシック・ワールド』特別動画

 

  公式サイト

 JURASSIC WORLD         2015年  アメリカ   125min

8月5日より、公開中~   

 

 

 

 

Comments (14)

靴職人と魔法のミシン/THE COBBLER

2015-08-04 11:29:16 | 劇場&試写★6以上

 

 

扉をたたく人の監督や、俳優としての活動もちょこちょこしている

トム・マッカーシー監督が、アダム・サンドラーと組んだコメディドラマ。

 

アダム演じるのは、靴職人=(原題、The Cobbler)マックス。

 

マックスの父親役には、ダスティン・ホフマン。

 

アダム主演作には昔はお決まりで出てたけど最近共演はご無沙汰のスティーヴ・ブシェミ

 

 

他に、メソッド・マン

 

エレン・バーキン

 

メロニー・ディアス

 

TVシリーズ「ダウントン・アビー」や「ザ・ギフト」で主演のダン・スティーヴンス。

この人、やっぱりイケメンなのね~

最初気づかなくて(ふつーのモデルあがりのイケメンかと 笑)

本作ではアダムが変身した姿でのシーンが主なので、名もなくちょこっとだけ出演だけど、

イケメンなのにドジな感じが出てて、キメキメより逆に素朴でカッコイイ

 

 

ニューヨークの下町で代々続く小さな靴修理店を営むマックスは、単調な毎日をリピートするように生きてきた中年男。ある日、愛用のミシンが故障し、先祖伝来の旧式ミシンで仕上げた靴を試し履きした彼は、鏡を覗き込んでびっくり仰天。何とその靴の持ち主に変身していたのだ!かくして"魔法のミシン"を手に入れたマックスは、世代も人種も異なる他人の人生を疑似体験し、かつてない刺激的で痛快な日々を満喫していく。やがて ちょっとした親孝行をきっかけに、相次ぐトラブルに見舞われたマックスの行く手には、人生が一変するほどの大事件が待っていた……。
     

 

 

 

6/10(60点)

 

 

自身も様々な作品に役者として出て来たトム・マッカーシーが監督した第二作目。

ってことで、シリアスな感じになってくのかなと思ったけどあくまで、コメディ基調。

まぁそこはアダム主演だしね。笑

個人的にはまず、久々にブシェミとアダムの競演がみれただけでも観る価値があった

それも、隣で床屋をしているブシェミ、なんだかいつもやたらとアダムを気にかけてるなーと思ったら。

意外で重要な役割だったのでした

そこは深読みしてなかったな~ 笑

 

人の靴を毎日大量に直してる靴屋さん。

父親はいなくなり、寝たきりの母親と二人暮らし。単調な毎日を過ごしてたけど

あるとき、ちょっとしたきっかけで全く見知らぬ人に変身してた

それが父親のそのまた昔からある旧式ミシンを使ったからだとわかってからは、

母親の一つの願い、いなくなった父(夫)とディナーをすること。

父のクローゼットに遺されてた靴を履いて、その夢を叶えてあげるくだりが素敵

ダスティン・ホフマンにかわったアダム。

(この二人が親子だなんて似ても似つかない というツッコミはさておき。笑)

 

それからは、せっせと自分のサイズの人の靴修理してはおかまちゃんになったり、ゾンビになったり(死人の靴)、イケメンになったりして

楽しむうちに、ギャングのボスに変身したことで命に関わる事件に巻き込まれていく。

 

ギャングのボスが靴修理に持ってくるのがまずありえないが。 

金持ってるし修理しないで新しいの買うでしょ! 笑。ま、そこツッこむと話にならないので。

アパートの立ち退きを言われてるが断固として動かないおじいちゃんを守ろうとする町内会のコミュニティメンバーと、

そこを壊してビルを建てて金儲けを狙う女社長と、ギャングとが入り乱れて思いもよらない方向へ。

コメディといってもおバカな笑い系ではなく、だからといって内容的には感動というほどでもないな。

 

ジャンル分けで言うならば、ファンタジーコメディ

しかし他人の靴を履いたらその人本人になれる

って言われても、別に羨ましくもないし

そもそも他人になりたい、なってみたいという願望ないからなー。 笑

 

ま、キャストによって楽しめた作品ではありました~

何かアダムが最初から似合わないダサい毛糸のボーダーマフラーしてるなぁと思ったら

これが大事なアイテムで、これをつけてるとアダムだというのが(観てるわたしたちに)わかるようになってたのが笑える。

自分で感電してるシーン笑えた バカすぎアダム

 

イケメンになっちゃうダン・スティーヴンス出演シーンがなかなか楽しい。

美女のヌードもちらり。笑

 

DVDでもいいので、気になる方はぜひ♪

ブシェミファン、ダン・スティーヴンスファンは必見

 

 

 

公式サイト

 THE COBBLER       2014年           アメリカ   98min

6月5日より、公開中~

 

トロント映画祭 プレミアにて

 

 たまごちゃん。

 意外とかわいいやん。

 

 

 

 おぢさんもアダムのサイン欲しいのねん。

 

 

Comments (4)

ラブ&マーシー 終わらないメロディー/LOVE & MERCY

2015-08-01 23:44:50 | 劇場&試写★6以上

 

 

夏が近づくと必ず聴きたくなる曲がある。

それは伝説的バンド[ザ・ビーチ・ボーイズ]の数々の名曲たち

ビーチボーイズの音楽的側面を一人で担ってたとも言える天才ミュージシャン、

ブライアン・ウィルソンの波瀾万丈の音楽人生を映画化

名盤「ペット・サウンズ」制作現場の完全再現、そして妻メリンダと出会い再び希望を見いだしていくさまを描く。

「グッドバイブレーション」「ココモ」「サーファーガール」「神のみぞ知る」

 

ブライアン・ウィルソン本人公認映画

 

60年代の若き日のブライアンを演技派のポール・ダノ。

ポールダノってよりはアレック・ボールドウィンって感じなのだけど

ま、写真によっては似てなくもないとこあり。悪役いつも憎らしいほど凄いキョウレツだけど

悪役じゃなくても素晴らしいわやっぱこの人。

 

 

80年代以降を演じるのは、こちらも名優ジョン・キューザック。

 

うん、あいかわらずこちらも良いね。

 

 

のちに妻となるメリンダには、エリザベス・バンクス。

いかにも80年代のイケイケ風な格好の金髪美女。

心優しく、ブライアンを受け入れて愛していく。素晴らしい女性を自然に熱演。

 

 

当時、専属で担当していた医者、ユージンにポール・ジアマッティ。

髪の毛ふさふさで演じる。医者だから本来は味方のはずなのに狂気にあふれてて怖い。

 

監督は「ツリー・オブ・ライフ」「それでも夜は明ける」などの製作で知られるビル・ポーラッド。

 

 

9/10(93点)

 

 

最初から最後まで無駄なし!

ザ・ビーチボーイズとしての成功と栄光を描くのではなく

天才ならではの心の闇、というか苦悩、彼が抱える孤独、父親との確執、精神的な問題、薬物依存、妄想、中毒、

肥満に至る経緯とそこから、愛によって再生されていく姿までを

過去の映像風にドキュメンタリータッチで撮影した風景や、名曲誕生、録音シーンなどおりこみながら描くので

曲がかかるシーンではワクワク、シリアスな部分ではじっくりと見入ることができた。

それにしても、ポール・ダノは器用だな。

歌もイケちゃうんだ。 ピアノも巧いし。

 

わたしはビーチボーイズのファンというより、単純に彼らの音楽が大好きで

歌ってる本人たちのことは全く知らなかったし、父親との関係性とか、虐待によって耳が片方聞こえなくなっていたなど

知るよしもなかったのでとても興味深く、その映像化がまた素晴らしくよく出来てる

特に、ブライアンの「日常の音」に苦しむシーンなどは劇場で観ないと損

 

 またも嫌なやつだよポールジアマッティ!

 

友人や家族にも会う事を禁じられ、監視される日々。

精神科医によって、がんじがらめにされた日常の中で次第に増々以上をきたしていくも、

新しい愛によって救われていく。

愛と、音楽。人生に不可欠なものを、大きな愛によってとりかえしていくブライアン。

 

劇場での大音響の中、音もよい上、歌詞も出てくるから尚更伝わる。改めて、ブライアン・ウィルソン、天才だ

音へのこだわりやチャレンジ、斬新なアイディアで当時の音楽には革命的だったというのを思い知らされた。

今聴いてもいつ聴いてもまったく飽きないし、褪せない名曲たち。

 

それらが生まれる裏で、こんな苦しみがあったとは。

知られざる裏の実話も知る事が出来て、ブライアンの孤独や挫折が痛いほど伝わってくる。

ブライアンへの尊敬と愛がないと撮れないね、この映画は。

エンドロールの、現在のご本人が歌う姿も印象的でかなりジーンときてしまった。

ファンだったら泣いちゃうね。

全く無駄なく作られた完成度の高い1本

 

しかし名曲だらけだな~。本当に。

 

ビーチボーイズファンはもちろん必見だし、その他の音楽ファンも。

愛と慈悲と希望が描かれた傑作

 

改めて帰宅後、今これを書いてる時もビーチボーイズのCDかけてるけど

本当、歌詞に込められた純粋でストレートな思いとか、素晴らしいなって再確認した。

ブライアンは今年またソロアルバムを春に出したようで、これまたチェックしてみよう。

 

1960年代、カリフォルニア。夏とサーフィンの歌が大ヒット、ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念 するブライアン・ウィルソンと、ツアーを楽しむメンバーたちの間に亀裂が入り、威圧的な父との確執も深まり、ブライアンは薬物に逃避するようになる。心血を注いだアルバムの不振をシングルで挽回するが、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、彼に再び希望の光をもたらしたの は、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった。しかし惹かれ合う二人の間に、ブライアンのすべてを管理する精神科医ユージンが立ちはだかる。メリンダの協力のもと、遂にブライアンは自分の本当の歌を取り戻すために立ち上がるのだが──。

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」 特別映像

The Beach Boys - Good Vibrations  

THE BEACH BOYS SURFER GIRL (LIVE 2012)

 

ザ・ビーチ・ボーイズ『スマイル』特別映像  

 

 公式サイト

LOVE & MERCY           2015年     アメリカ    122min

8月1日より、公開中~

 

 

 

真ん中、ブライアンご本人

 

トロント映画祭にて

 

 

 

Comments (8)