我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

1/11 「じゅういちぶんのいち」DVD&B-rayリリース決定!&猫目LINEスタンプ発売中!!

2014-06-30 23:07:12 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

今年の春、4月5日に劇場公開され みなさまに観て頂きました

おかげさまで大変好評を得ました「1/11 じゅういちぶんのいち」

ついに2014年 9月3日にDVDリリース

上映のなかった地域の皆様、お待たせいたしました!是非ご覧下さい

片岡翔 監督作品  

原作  中村尚儁 「1/11 じゅういちぶんのいち」

CAST  池岡亮介 · 竹富聖花 · 上野優華 · 工藤阿須加 · 阿久津愼太郎 · 東亜優 · 古畑星夏 ほか。

主題歌    上野優華「Dear my hero」  配給   東京テアトル

公開  2014年4月5日~


ドラマ、ルーズヴェルトゲームで話題になった工藤選手の息子の工藤阿須加くんも出演してます

9月3日発売! 「1/11 じゅういちぶんのいち」Amazon



弟の監督作ながら、お気に入り作品なのでわたしも早速予約しちゃいました 

Amazon割引あり。


migレビュー

観てくださったbloggerの皆様のレビューリンク

映画『1/11 じゅういちぶんのいち』予告編



そして、翔の映画制作チーム、Nekomeフィルム

一番末の弟でマジシャンの 翼がデザインしているこのキャラクター、

いくつかの短編の中でもキャラグッズが出てたりしていて

商品化しないの?という声もいただいていましたが、なんとこのたび


そのネコメサンが、LINEスタンプに登場


Nekome Film制作の短編映画の冒頭でぴょんぴょんと跳ねているあのネコちゃんです

 

 

 

なかなか使えるのが多い♪

20番の「スコール」はノルウェー語で乾杯!を意味しますー

お友達にも可愛いと大好評

100円で40個使えるので皆様よかったらダウンロードしてみてくださいね

 

クリエータズマーケットより¥100で発売中

映画チーム"Nekome Film"の顔、ネコメさんが彼女を連れてLINEに参上

シンプルなれど愛くるしい表情で、日常生活にあったら便利なフレーズをたっぷりお届けします

 LINE スタンプ ネコメサンとネコミちゃん 

 

 

どちらも、宜しくお願いします

 

 

 


 

 

 

Comments (14)

渇き。

2014-06-29 10:33:41 | 劇場&試写★6以上

 

 

「下妻物語」、「嫌われ松子の一生、「パコと魔法の絵本」、「告白

様々な原作を独特の世界観で映像化する中島哲也監督最新作

 

ってことで早速みてきました~

 

 

原作は、第三回このミステリーがすごい 大賞受賞、深町秋生氏の「果てしない渇き」

 

 

ハイテンションでぐいぐい引っ張る

登場人物の相関図は最初から頭に入れてみると楽かも。


 元刑事のロクデナシ親父・藤島に離婚した元妻から連絡が入った。

成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子が失踪したという。

自分のせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。

娘の交友関係をたどって行く先々で語られる「自分の知らない 加奈子像」に驚く藤島。

次第に明らかになってくる娘の正体に、やがて藤島の激情は、果てしない暴走をはじめる─

 

失踪した娘を探す元刑事藤島、に役所広司。

荒っぽくて口悪く、口癖はふざけんな!と ぶっ殺す。

真面目な印象強かったけど、ダメダメオヤジっぷり良かった。

 

元妻、桐子に黒沢あすか。

その娘役にモデル出身で本作が本格スクリーン・デビューとなる小松菜奈。

 新人ながら、名優たちにひけをとらない存在感と透明感を放つ。

天使と悪魔が密やかに静かに潜む。

 

チュッパチャップスなめてたりガムくちゃくちゃしてたり

軽薄でチャラいやたらにやけっぱなしの刑事 腹立つ 笑。

ロトぶき!  妻夫木聡。

 

 

同級生、森下。には橋本愛。

 

他に、二階堂ふみ。

医者役、國村隼。

 

「嫌われ松子~」で監督とは色々あったといいつつ、今回も登場の

中谷美紀。中学時代の女性教師。

 

最初にチラッチラっと出てたのでこんなカメオでは終わるはずない、

どっかで暴れるでしょうこの人と持ってたけど後半やらかす男

 

そして途中の語りべ、いじめられっこの「ボク」に清水尋也。

 

 

底のない絶望  深い穴に落ちてゆくー。

 

映画「渇き。」予告編 役所広司、小松菜奈が出演

 

賛否両論必至

 

原作のあらすじ
元刑事・藤島秋弘のもとに、失踪した娘の加奈子を捜してほしいと、別れた妻から連絡があった。家族とよりを戻したいと願う藤島 は一人、捜査に乗り出す。一方、三年前。中学生である瀬岡尚人は手酷いイジメにあっていた。自殺さえも考えていたところを藤島加奈子に救われる。彼は彼女 に恋をし、以前、彼女がつきあっていた緒方のようになりたいと願うようになるが…。二つの物語が交錯し、探るほどに深くなる加奈子の謎、次第に浮き彫りになる藤島の心の闇。用意された驚愕の結末とは―?

 

 

 

ネタバレあり

 

 6/10(68点)

 

これはかなり意見分かれる作品だな。

のっけからハイテンション、ハイスピードですごいカット数と

切り替えの早さでテンポがすごい。

役所さん演じるろくでもない元刑事であり父親、藤島のキャラの濃さ。

娘がどんな人間なのか、母親は父親と離婚後 他の男に夢中で

父親藤島は仕事に夢中(だった)で娘はひとりほったらかし。

知らぬ間に、とんでもない仲間たちとつるみ、とんでもない女になっていた。

 

失踪した娘、加奈子。次々起る殺人事件。加奈子のまわりに聞き込み調査に乗り出し

娘の居所を探すのに放浪するロクデナシ父親。

 

妻夫木聡演じる刑事、あんなのいるか!ってくらい チャラい刑事は

この父親が何か絡んでいると睨んで常に追いかけてくる。

 

オープニングからずっとひき付けられて、中島ワールドに染まった映像を楽しんだ。

最初は8のつもりでいたんだけど、、、、

 

ラストの20分ダメだった~

 

ミステリーとして、誰が最終的に加奈子をどこにやった、何をした

ってところで見入ってしまうのだけど

まず一人目の、一連の殺人事件の犯人として出て来た男。

最初に出て来たときから ぜったい何かで重要なことで現れるって思ってたらその犯人

狂ったように拳銃ぶっ放す、オダギリジョー。

愛してた(はずの)家庭を瞬時に破壊して妻まで殺しちゃう残忍さ。

それまでこの人物のキャラは描かれてないだけにこれは突飛すぎてついてけない。

この人が犯人でした、やらされてましたー。と言われても。

 

あと、最終的な犯人は?ってところで

結局女教師だったところでちょっとがっかり。

教師の娘が加奈子にそそのかされて、、、、という動機はあったものの

なんだかなぁ。な展開。

加奈子の死体を見つけるために、本人にスコップで掘らせて

逃げようとしたのを「ダメだちゃんと探せ」とか言いながら

夜になったら車の中に戻って松田聖子の「スイートメモリー」かかってたり。(これ、合わない)

 

選曲もいつも意外なところで(シーンで)意外な曲もってきたり

ポップだったりかっこ良かったりで楽しい、中島監督作品。

本作も途中で撃ち殺すシーンの中でアニメのカット一瞬挟み込んだり、

水中と水からあがったシーンなどをアニメーションにしたり、ディスコシーンで

プリクラ写真のカットのような手書き文字加えたりと

手の混んだ独特な映像で楽しませていた。

 

この原作は未読だけどおそらく中島監督だからこそ映像化出来たってくらいの

出来ではあると思うんだけど、とにかく最終的な展開はいまいちだった~

途中まで引き込まれて面白かったからラスト残念。

 

 

 妻・ 桐子の不倫相手に対して傷害沙汰を起こし警察を追われ、妻とも別れて自暴自棄になった男、藤島昭和。ある日、桐子から娘の加奈子が失踪したとの連絡が入る。成績優秀で容姿端麗な学園のカリスマだった高校3年生の加奈子。そんな彼女が、何日も帰っていないというのだ。自ら捜索に乗り出した藤島は、娘の交友 関係を辿っていくうちに、優等生だとばかり思っていた加奈子の意外な一面が次々と暴かれていき、自分が娘のことを何一つ知らなかったことに愕然とする。おまけに行く先々で常軌を逸した狂った奴らに遭遇し、自身の暴走にも歯止めが掛からなくなっていく藤島だったが…

 

 公式サイト

渇き。       2014年   日本    118min

6月27日より、公開中~

 

 

 

 

 

Comments (10)

オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW

2014-06-26 00:55:53 | 劇場&試写★5

 

 

日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。

主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、)

監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、

ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・リーマン

この監督の映画ほとんど好きじゃないんだよね、、、

相性悪いみたいだから期待してなかった。

 

試写にて。

 

英語圏発表時のタイトルが「Edge of Tomorrow」(「明日の境目」を意味する)で当初の邦題もこちらだったのが、

「殺しこそが任務」という意味の「All You Need is Kill」(日本人著者の原題通り)に。

 

 

 

 

近未来、謎のエイリアンの襲撃を受けた地球は、あらゆる国で世界的に危機が訪れていた。

連合軍の戦略を先読みしていた敵のミミック。人類は独自開発をしたボディーアーマーを武器に

決死の最終決戦に挑むところ。

 

ウィリアム・ケイジ少佐はまるで戦った経験もないのにいきなり戦うことを命じられ

安全装置を外す方法すらわからないまま、現地に投げ出されることとなる。

案の定なす術もなく爆死。

したかと思いきや、、、、!

 

「次に目覚めたら私を捜しなさい」という記憶をもとに探し当てたのは彼女。

近 未来、謎のエイリアンの襲撃を受けた地球は、敵の圧倒的な戦力のまえに西ヨーロッパの大半を放棄する事態となっていた。連合軍の戦略を先読みするエイリア ン“ミミックス”を前に地球は痛めつけられていく。そして人類は独自に開発したボディー・アーマーを武器にして、フランスの海岸線を舞台にした決死の最終 決戦を挑むことを決意する。 - See more at: http://beagle-voyage.com/movie-all-you-need-is-kill-edge-of-tomorrow-2014.html#sthash.5WLilOfh.dpuf

 

近 未来、謎のエイリアンの襲撃を受けた地球は、敵の圧倒的な戦力のまえに西ヨーロッパの大半を放棄する事態となっていた。連合軍の戦略を先読みするエイリア ン“ミミックス”を前に地球は痛めつけられていく。そして人類は独自に開発したボディー・アーマーを武器にして、フランスの海岸線を舞台にした決死の最終 決戦を挑むことを決意する。

ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は戦闘経験のない事務方の軍関係者でありながらも、人手不足のために前線に配置されるカメラクルーの付き 添いを命じられてします。激しい反対も空しく、ケイジ少佐はそのまま前線基地へと送られ、荒くれ集団とともに海岸での戦闘に参加させられる。

- See more at: http://beagle-voyage.com/movie-all-you-need-is-kill-edge-of-tomorrow-2014.html#sthash.5WLilOfh.dpuf

近 未来、謎のエイリアンの襲撃を受けた地球は、敵の圧倒的な戦力のまえに西ヨーロッパの大半を放棄する事態となっていた。連合軍の戦略を先読みするエイリア ン“ミミックス”を前に地球は痛めつけられていく。そして人類は独自に開発したボディー・アーマーを武器にして、フランスの海岸線を舞台にした決死の最終 決戦を挑むことを決意する。

ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は戦闘経験のない事務方の軍関係者でありながらも、人手不足のために前線に配置されるカメラクルーの付き 添いを命じられてします。激しい反対も空しく、ケイジ少佐はそのまま前線基地へと送られ、荒くれ集団とともに海岸での戦闘に参加させられる。

- See more at: http://beagle-voyage.com/movie-all-you-need-is-kill-edge-of-tomorrow-2014.html#sthash.5WLilOfh.dpu

人類の希望、類いまれなる戦闘能力を持った特殊部隊の女兵士リタには、

エミリー・ブラント。

トムちん演じる素人兵士を強くするための指導も担当。

 

今度のトムちんは、何度も生き返って死ぬたび強くなる

 

最初は自分の血もみれないほど臆病だった男が。

 

敵の血を浴びてからタイムループの技を身につけ。

死んだらまた同じシーンからスタートになってくので

一度聞いたセリフや行動になってるため、記憶しておけばその場面をクリア出来るという

なんともロールプレイングゲームのようなお話。

そして死ぬたびに強くなってCGの化け物的な凶悪な敵(こんなのに勝てるかって)をやっつける

 

 

 

5/10(58点)

 

 

うーん。期待はしてなかったけど 戦うだけの話じゃわたしには物足りん

っていうのが正直なところ。

失敗したら何度も殺して、同じシーンから戻る、の繰り返し。

過去に戻って未来を変えろ!的な映画はいっぱいあるけど

バタフライエフェクトなどは脚本も秀逸だったしなー。

近いものとしては「ミッション 8ミニッツ」とかかな?あちらも、何度も同じシーンが繰り返されるので

飽きて来た覚えがあるけど、、、

しかも、本作  戦っては死に、ばかり。 

敵を倒して人類を救え。って話なので目的はそこに集中。

ウケを狙ったシーンもあって会場は笑いも起きてたが、わたしは笑うまでに至らず。

 

いままでなかった場面にくると、トムが「ここは初めてのステージだ」とか。

 

トムちんは今までMIシリーズでかなり何でもやってのけてたので

何も出来ない男が最初は違和感だけどどんどん目つきも変わり、見事な戦士=ヒーローに

なっていく姿はやっぱり狙い通り。

というか、原作はもっともっと若いんだろうからちょっとこの歳だと、、、(笑)

強いトムちんは見慣れてるし、ほんとはジョセフ・ゴードンレヴィッドとか、

意外と何もできません風に見えてどんどん逞しく変わってくってわかりやすいキャラの俳優の方が

良かったような     トムごめん。

でも時折みせる、大変そうな表情良かったし 笑

リタとの小屋でのシーンでコーヒー淹れてあげた時のトムちんの笑顔は最高

 

エミリー・ブラントの逞しいクールな女戦士も良かった。

男に頼りませんて感じのS系。

この二人が恋に落ちてベッドシーンとか、、、、

なくて良かった。さらっとキスシーンのみ。

 

何度も愛する君が死ぬとこなんて、見たくないよー!

 

な話になってなくて良かったんだけど。

 

途中、輸血をされちゃって死ぬと最初にタイムループする能力失われた

っていいながら なんとか敵を倒す事が出来るのか。

 

大作好きの方や、タイムループものがお好きな方、

もちろんトム、エミリーファンにはおすすめ。

 

近未来、地球はギタイと呼ばれる異星生物の侵攻を受けている。日本では「統合防疫軍」が戦線を守っているが、苦戦を強いられている。

主人公ケイジは初年兵としてその戦闘に参加するが、戦闘開始早々に戦死してしまう。しかしその瞬間、出撃前日に戻っていることに気づく。

そのうち、自分が死ぬ度に出撃前日に戻るという、タイムループに囚われていることを知る。そこから逃れられないと悟った彼は、しかし記憶だけは蓄積されるという利点を生かして、「何度でもやり直せるゲーム感覚」で戦闘訓練を始める。死ぬ度に彼は新しい知識と戦略を得、前回よりも多く、長く、戦えるようになっていく。

圧倒的戦闘力を持つリタという女に出会う。実は彼女も自分と同じく、タイムループに囚われた存在だった。

二人はこのループから抜け出すべく行動を始める。

 

 

 

 

Edge Of Tomorrow 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」映画予告編

 

 公式サイト

EDGE OF TOMORROW          2014年    アメリカ   113min

7月4日よりロードショー

 

ロンドンプレミアにて

 

 

 

コミコンにて

右端、監督。

 

 

 

トムちん、25日に20回目の来日

翌26日には大阪、福岡、東京と3都市同日にプロモーションを果たしたトムちん。

まずは道頓堀川を舟で上がる“道頓堀クルーズ”を満喫。

 もちろん通訳、戸田なっちゃん

 

朝から両岸に集まったファン3000人以上に「マイド!オオキニ」と関西弁のあいさつを披露!

関西国際空港からチャーター便で福岡入り、JR博多シティ駅前広場に姿を現したのは午後1時40分頃。

高さ約20メートルあるテラスから 「皆さんの歓迎を心から受け止めている。この瞬間は絶対に忘れないよ」

@福岡

 

Twitterでもこの通り。ノリノリでどんどんツイしてたよう 笑。

 

 

その後、福岡空港から羽田空港に到着すると、約1500人以上のファンが待つ六本木ヒルズアリーナで、ジャパンプレミアを敢行。 

 

 

先行上映決定

トムの要望により 28、29日と一足早く公開です

 

 

 

 

Comments (26)

her 世界でひとつの彼女/HER

2014-06-23 12:30:30 | 劇場&試写★6以上

 

 マルコヴィッチの穴かいじゅうたちのいるところI'm here

スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けた近未来ラブストーリー

 

 

今年いちばんくらいに楽しみにしてた、久々のスパイク・ジョーンズ監督&脚本作。

アカデミー賞作品賞ほか5部門でノミネート、脚本賞受賞

ってことでいやでも期待値あがってた。

試写にて鑑賞。

 

 

他人の代わりに想いを伝える手紙を書く 代筆ライターの職を持つセオドアに、ホアキン・フェニックス。

ある日、購入した人工知能型OSの声に惹かれていく。

 

魅了、ときに翻弄する人工知能型OSシステム“サマンサ”にスカーレット・ヨハンソン。(声のみ)

 

離婚調停中の元妻、キャサリンにルーニー・マーラ。

今回も繊細な女性役ピッタリ。

回想シーンと会いにゆくシーンのみ。

 

セオドアの親友エイミーに、エイミー・アダムス。

女優キャストの中では一番出演シーンある。

 

デートのお相手。オリヴィア・ワイルド。

この人、エラはってて顔きつめだから、実は人間の姿をした何か、っていう雰囲気で

ミステリアスな役とか似合いそう 笑。

先日観たタラのお気に入り作「ドリンキング・バディーズ」でのラブコメ良かった。

 

 

愛する妻とは距離を置く事になり、想いを断ち切れずに離婚に踏み切れずにいたセオドア。

ある日購入した人工知能型のOS。

無機質なAIとは思えないほど、ユーモアありセクシーで、常に親身になって会話をしてくれる。

寂しい人間にとってはたまらない相棒になるような存在。

最初に買って登録する際に、女性の声か男性の声がいいかは自分で選択できるところがポイント。

気に入ったセオドアは携帯端末にも「彼女」をインストール。

名前を聞くと、「サマンサ」と答えた。

無数の名前の中から瞬時に選んだらしい。

こうして常に一緒のふたりは新鮮で刺激的な日々を過ごし、

恋に落ちていくまでに時間はかからなかった。

そしてついに、セオドアはキャサリンと の離婚届に判を押そうと決意して会いにいく。

そこからうまれてくる、サマンサの感情の移り変わりはまさに人間そのもので

嫉妬や自分に対する様々な疑問や感情。彼女の中で、それらはめまぐるしくどんどん進化していた。

いつでも一緒かと思われた一人の男と、OSの「彼女」との関係にも、ついにすれ違いが、、、、。

 

6/10(68点)

 

 

脚本はさすがうまい!し、マルコヴィッチの穴やI'm hereに通じる部分もあって

やっぱりスパイク・ジョーンズらしい作品。

 

あとそうそう、全体の色味が赤で統一されてる。

セオドアのシャツは大抵、赤か黄色。コートも真っ赤。ホアキンあまり赤似合わないと思うんだけど

全体的な配色と景色の綺麗さがさすが。

 

スカちゃんの、欲望かきたてるちょっとハスキーでセクシーなボイスは最高

こんな声で会話、優しくされたり面白いトークされたらセオドアじゃなくたって恋に落ちちゃう

 

今回、全く顔が見えないのは残念だけど仕方ないね。

 

以下、ちょこっとネタバレあり感想

ロボット同士の恋を描いた短編、「I'm here」は無償の愛をテーマに泣かせるし、

「マルコヴィッチの穴」では、俳優のジョン・マルコヴィッチの目や肉体そのものを通し

同性同士でも間接的に繋がりを持ち、一風変わったカタチでの表現法で見せてたけど

今回もOSとの恋、という超特殊な恋愛の行方が描かれる。

 

恋愛ではないけど、ヴァーチャルなものに惹かれるという設定では

昔、「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督作でパチーノ主演の「シモーヌ」があって

有名女優たちのパーツで作られた架空のヴァーチャルな女優に世間が夢中になっていく映画があったけど

こういうOAの声から始まって、やりとりを続けるうちに感情移入し

恋に落ちるって、一人1台のパソコンなんて当たり前になったこの世の中、

近未来もっともっとパソコンの知能がどんどんがっていき、一人一人にあったように

設定されたOSが一人につきっきりで全てやってくれる、メールや約束の管理はもちろん、会話も、仕事のサポートも

愚痴だってきいてくれて、端末で携帯として一緒にお出かけも可能、

しかも、レンズのところが目になってるから人間世界を見ていて理解も出来る。

自分から仕事の行動も起こすし、「今、いい?」って電話もかけてくる。

頭も良いし これなら秘書もいらないし、友人だって恋人だっていらない!(OSが恋人)ってなりかねない

こんな世の中がくることもありえるかも!って怖ささえ感じた。

映画的には、感動させる。

という目的もみられるのだけど、わたしは感動しなかった。

うーん、発想は面白いとは思うけどこれは、映画としてはつまらないと思える人も多いだろうなとも思う。

 

このゲームのキャラがニクい。リアルに会話できちゃう

ヴァーチャルゲーム今既にこれに近いものあるのかな?

 

 

代理の手紙を仕事にしているほど、名文を書けるセオドアだけど

現実には愛してる元妻にすらうまい言葉もかけられないもどかしさ。

 

そして想いは引きずったまま。

そこへ毎日何でも話せる魅惑的で魅力的なOSに惹かれていく事で妻を断ち切ろうとする決意がうまれる。

そう、想いを断ち切るにはいったんリセットして新しい対象となる恋でも何でも、を見つけるのが有効。

 

テレフォンセックスとか、電話でのやり取りでお互いの欲望を高め合うとか

わかるけどこの映画の中でそのシーンけっこう時間さいてて、

そこそんなにいらないって思った 笑  

とくにサマンサが疑似でもいいからセオドアに触れたいってわかるけど

自分たちの関係に興味を持った女性を代理にしてホクロ型マイクをつけさせてセックスとか

やり過ぎって思っちゃった    まぁそこまでしようとしたけど

セオドアはそれはノレないっていうのを現したかったとかわかるけど。

 

 

全体的に2時間少し超えるのは長いかな~

1時間40分とかくらいでちょうど良かった気がしちゃった。

あと、観賞後皆で話したのが 後半の方で、結局サマンサの人工知能が

どんどん進化して一度にたくさんの人と会話をしてたり恋人が凄い単位でいて

「セオドアだけじゃなかった」的になってしまうところ。

これは「失恋」に繋がる部分ではあるけど そこでがっくりしちゃうんだよね。

えー、一人一人にカスタマイズされて一人のためにいる存在じゃないのか。って。

だけどその展開がまぁ、結局どんなに繋がっても「コンピュータと人間」

人間VS人間の関係ほど愛おしい関係にはなれない。

ってことに繋がるのだけどね。  切ない。

サマンサが裏切った(という形に最終的にはなる)ことで

自分の中ではがっかりということで、わたしはOSとの関係もアリ、だなと思ってたことになる。

まぁ、リアルを最後に見せられる展開よりも、そういうファンタジーを見せられる方が好みだったかな。

ということで期待に及ばず、、、、、、でした~

 

世界中では絶賛の嵐だし、よく出来てるし面白いんだけど、

まぁどんな作品だってそうではあるけど、とりわけ完全に好みに分かれる作品

 

 

 

近未来のロサンゼルス。セオドアは、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリンと別れ傷心の彼は、ある日、人工知能型OSの“サマンサ”に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど “彼女”は、驚くほど個性的で繊細でセクシーで、クレバー。次第にセオドアは“彼女”と一緒に過ごす時間を誰といるより幸せに感じるようになり、”彼女“に魅了されていく―。      

 

 公式サイト

HER        2013年    アメリカ      126min

6月28日より、ロードショー


 

NY映画際にて

 

 

ローマプレミア

ソフィア・コッポラ(とは離婚)、ミシェル・ウィリアムズ、菊池凛子ともつき合ってたスパイクジョーンズ監督、(中央)

最近の恋は?

ホアキン、ロン毛

あたしも結婚しちゃったからね。

 

 

 声もいいけど顔もでしょ

は、ハイ。

 アハハ

 

これでアカデミー賞作品賞ノミニー&受賞含め9本全部観たことになるので

恒例の好きな順、は最後のレビューの時で。

「キャプテン・フィリップス」だけ書いてない

 

 

 

 

Comments (20)

ノア 約束の舟/NOAH

2014-06-19 01:16:13 | 劇場&試写★6以上

 

 

「π」「レクイエム・フォー・ドリームファウンテン」「レスラー」「ブラック・スワン」の

ダーレン・アロノフスキー監督最新作は誰もが知る「ノアの箱舟」をテーマにした大作。

 

 

ダーレン監督は本人曰く、クリスチャンではなく信心深くないユダヤ教徒」を公言していて

この物語に元々思い入れはあったようで、聖書の内容を曲げていないという主張。

あくまでも、「ハリウッドがこれを作ったことに注目してほしい」ということらしい。

 

主演のノアには、暴れん坊 ラッセル・クロウ。

 

その妻、ナーマに「レクイエム~」にも出演したジェニファー・コネリー。

そういえば二人は「ビューティフル・マインド」で昔共演してた

 

息子次男ハムにローガン・ラーマン  拾い子イラにエマ・ワトソン。

2人は「ウォールフラワー」で共演済み

エマはハリポタ以来いろいろ出てるけどうまくハーマイオニーを脱出出来た感じ。相変わらず綺麗

長男でイラの恋人セムにダグラス・ブース。「ジュピター」にも出演のイケメン。

 

方舟を乗っ取ろうとする悪人、トバルにレイ・ウィンストン。

 

 

長老、メトシェラおじいちゃんにアンソニー・ホプキンス。

 ヨーダに見えたわ。

 

神からの使命を背負ったノアは、近い未来、洪水でこの世が終わるということを夢のお告げで知る。

その準備として、巨大な方舟を作り様々な動物たちを雄雌一対づつ乗せ

新たな土地で新しい世界を作るということを実践しようとする。

だったはずだけど、映画ではノアの人間としての悪の部分も描かれる。

 

 

まずは、巨大な方舟をどうやって造るのかと思ってたら、、、、

謎の木の巨人たち登場!(CG)で次々に方舟作りを手伝ってくれる。

これにはえーー?と引いた   最後には慣れたけどはじめ違和感だったなー。

(画像はなぜかほとんどない!1枚だけみっけ。)

 ←こんなん。

 

そして我らもと、出来上がった方舟に乗ろうとする人間たち(敵陣)を打ち負かしてくれるのも

この謎の木の巨人?だけど こんな大きいのにけっこうあっさりどんどんやられて

その度に天国へぴゅーっと煙になって飛んでった  笑。これも不思議な光景だった。

 

聖書とは違う部分も多い。

まず、ノア本人は神の言葉に忠実になるあまり 

人間は悪を持ってしまったがために滅びる運命である。と考えたノアは

悪の根源であるとされる自らと、妻とその息子らも 新しい地に着いてからは絶やすと宣言。

そして一番下の子だけを生かすというのだが、

幼い頃の傷によって子供が産めないと思われていたイラは、長老でおじいちゃん、

アンソニー・ホプキンスのハンドパワーで産める身体になっていた。

ヨーダか?

妊娠に驚いたノアは、産まれてくる子供が男の場合、最後の人間はその子。

女の子の場合、その場で刺し殺す!と言い一家はパニックに。

次男ハムは、自分だけ女がいない、兄貴はいるのになんて拗ねて

外に飛び出してやっと運命の彼女を見つけたかと思ったら

父親ノアに見殺しにされて 方舟と父親を狙う悪人に加担しようとする。

 

方舟に向かって続々と姿を現す動物たちは彫刻によるレプリカとCGIを組み合わせて作られている。アロノフスキーは「箱舟が現代の動物園のように見えてほしくなかった。デジタルで描くことであらゆる種類の動物たちを見せられる」と言い、絶滅した動物までも再現した。

一斉に方舟へ進む光景は美しく、スケール感と見応えあり

同じ動物いっぱいいるように見えるがこれそれぞれほんとに一対づつだったの?笑

それにあの方舟にそんなに乗れるか?と思ったけど見事に収まった。

大量に餌いるはずだけど?とか、皆糞とかするし臭そう誰が世話を?とか

動物同士の弱肉強食は?と思ったら匂い薬?かがせて全員眠らせてた。

 

最後の方で素っ裸で横たわってたノア、息子たちも呼んで自らいよいよ死ぬのかー

と思ったらただ酒浸りになってただけ?

 

ノアや出てくる人間を通し、人間の愚かさ

何が正しく、何が不正か。愛を持って生きるべきという答えを見出すことになる。

 

 

6/10(60)

 

というわけで、楽しめたってほどでもないけどつまらなくもなかったので

まぁまぁかな。

わたしとしては宗教を信じてるわけではないからその辺はまったくこだわらないのですんなり

入っていける。

あくまでも娯楽映画として楽しむ作品です

 

世界を呑みこむ大洪水を前に、重大な使命を負ったノア。なぜノアが選ばれ、彼は神と何を約束したのか?そして世界の始まりの真実とは──? 

 

 映画『ノア 約束の舟』特報

 

   公式サイト 

  NOAH       2014年    アメリカ    138min

6月13日より、ロードショー

 

 

プレミアにて。

 

 

 

最近また、まぁるくおなりになったラッセルさん来日済み

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

Comments (18)

トランセンデンス/TRANSCENDENCE

2014-06-17 15:31:11 | 劇場&試写★4 以下

 

 

クリストファー・ノーランは本作で監督ではなく制作のみ。

名前が大きく出てる割に、主演ジョニー・デップだけど出番は

ポール・ベタニーの方が多め

監督は「インセプション」でアカデミー賞撮影賞を受賞したウォーリー・フィスター。

 

 

試写にて。

 

やっぱり撮影技術と監督としてのセンスは別だなって思わされる 

まぁ脚本も重要だけど。

原題と邦題は「トランセンデンス」で一緒。

意味は 

 

 

ジョニー・デップ演じるのは科学者ウィル・キャスター。

「新たな環境の変化に適応できたものが生き残る。」というのは、ダーウィンの進化論からの引用。

 

人類の未来のために意識を持つスーパーコンピューターを開発・研究しているが、

反テクノロジーの過激派組織R.I.F.Tの襲撃を受けてしまう。

 

そこで妻・エブリン演じるレベッカ・ホールは

その頭脳をスーパーコンピューターにアップロード。

 個人的にあまり好きじゃない女優

 

 

 

同じく科学者マックス演じるポール・ベタニー 

 出番多い。

 

 しかし!せっかくキリアン・マーフィーが出てるのに

まったく意味なしのどうでもいいキャラ。誰でもいいようなこんな役に

キリアン使うなー

 

モーガン爺さんはいつものように思わせぶりにいるキャラ。

こちらもけっこうどうでもいい、敵か味方か紛らわしいいつものモーガン。

 

途中から出てること思い出してわかったけど

ルーニー・マーラの実の姉(ケイト)はアヴリル・ラヴィーン風。

 

 

4/10(42点)

 

期待は全くしてなかったが、、、、思ってた以上に楽しめずしまいには

結末とかどうでもよくなったパターン。

SFは大好きで好んでよくみるけど、これ内容がつまらなすぎる。 脚本ダメ。

今まで観た感じというか、ぜんぜん新鮮味もないし

いいキャストの無駄遣い

キャストの持ち味が活かされてない感じ。

とにかく引き込まれるところがわたしはほとんどなかったので

ところどころで何度も眠くなったし実際、前半はちょっと寝ちゃった

 

 ここ観てなかった 

 

(ジョニーではなく私が)目覚めたらこうなってた  笑

 

 

しかしね、最初と最後の方は出て来たけど中盤は出てこないとか、

出て来てもアップロードされた平面の画面かいっ!

わたしはジョニーさんファンではないからいいけど

せっかく素顔で出てる本作なのにファンは物足りないんじゃないかな。

 

それにわたしにとってのマイナスポイントは、

SF大作といいつつ結局オチは愛する妻のため、みたいな単なる愛の物語風なとこ。

 

映像は確かにノーランの映画風(撮影やってた人が監督だからね)

にょきにょき育つ植物や、水面に滴る水滴など美しかったけど。

 

 

 

人工知能“PINN”を開発研究する科学者ウィルは反テクノロジーの過激組織“RIFT”の銃弾に倒れる。死の際で妻のエブリンは彼の頭脳を“PINN”へとアップロードする。
―死すべき運命だった科学者、だがその意識はコンピューターの中で生かされた―
そして“それ”は軍事機密、金融、政治から個人情報まで、あらゆる情報を手に入れ、超高速の処理能力で化学反応を引き起こし、人類では想像できない進化をし始めた・・・。


 

 

 

  公式サイト 

TRANSCENDENCE     2014年     アメリカ    119min

6月27日より、ロードショー

 

 

プレミアにて。

 

  

お茶目なジョニさんでした

 

 

 

Comments (26)

☆blog9周年/9th anniversary*・:*:♪:*&2013わたしがハマった5 MyBoom5!

2014-06-15 00:34:44 | Weblog

 

 

本日、6月15日でこのblog、9周年を迎える事が出来ま

2005年6月15日に始めて以来、毎年言ってますがまさかこんなに続けるとは、、、、。

 

最近、コメントもほとんど行けず更新もかなり間を置いちゃっていますが

いつも読んでくださる皆様、コメントも変わらずくださる方々、

本当にありがとうございます

今後も、引き続きマイペースにゆるゆると、

劇場で観た作品だけは逃さずにレビューしていこうと思ってます☆(既にあと4本書いてないけど

 

去年はいっぱいいっぱいでこの記事すら数日後にupしたくらいだったけど、

今回は、去年やり逃したわたしがハマったものリスト、記録のためにも

もう2014も半分終わる勢いの今更だけど2013年のリストを記しておきます~

 

早速、去年(2013年)わたしがハマったベスト5いきますー

 

1.ドラマ「ウォーキングデッド」「ザ・フォロウィング」

 ウォーキングデッド 公式サイト

ゾンビ好きじゃなくても観てほしいサバイバル&人間関係が素晴らしく描かれる

このドラマ。全米ではどんどん記録を塗り替え中。

もう、しばらくハマってるけど去年はシーズン3で相当盛り上がった♪

今はシーズン4も全部終わり、5待ち。早く再開しないかな~。

ノーマン・リーダス演じるダリルがカッコよすぎで人気再熱

とにかくゾンビがリアルでこれまで観た事ないほどの出来。

最高のクリエイターたちが集結し作っています♪

【シーズン4では…】
刑務所で新たな仲間たちとの生活を始めたリックたち。
住環境も整い、快適な暮らしを得つつあるようになったものの、平和なる共存への道はやはり安易なものではなく…。
内乱の予兆が見え隠れする中、ウォーカーのさらなる脅威がリックたちに襲い掛かる!そして、錯乱状態で行方をくらました総督は、今後一体どんな行動に出てくるのか?一瞬たりとも気の抜けない事件の数々が、今シーズンも怒涛のごとく駆け巡っていく!

 

 

そしてそして、こちらも♪

wowowなのでsakuraiさんがわざわざ録画して送ってくれちゃった

 ケヴィン・ベーコンが主演のドラマ

 

 ザ・フォロウィング公式サイト

 

 

こちらもシーズン1が終わってしまい、シーズン2待ち。

ケヴィンが素晴らしい♡

 

 「X-MEN」シリーズでアイスマン役のショーン・アシュモアも出演。

 

 

 

 

2.国立温泉 湯楽の里

都内で簡単に行ける温泉。

ここの系列のさいたまにある、宮沢湖温泉喜楽里もたまに行くけど

去年(今年)は専らここが多い。月に2回くらいは行くかな。

露天風呂に高濃度炭酸風呂、塩サウナもあるしお湯が都内のナトリウム泉でいい香り

以前の記事源泉掛け流し溝口温泉&国立温泉湯楽の里

 

リラックスできるリクライニング&TV付きのお部屋もあり。

漫画もたくさんあるよー 笑

そしてお隣にはフレスポという大型ホームセンターも。

 


 

3.のどスプレー

 

 これ、ちょっと喉痛くなったと思ったら早めにシュッシュッ。

すると酷くならずにすぐ治っちゃう 周りにも勧めたら、効く!ってことで皆今や持ってる♪ 笑

めったに出来ないけど口内炎にも効く。

数種類出てるけどこのアズレン配合ってのがいいみたいで紫のこのパッケージのがオススメ

 

 

 

4.うにみそ汁

  amazon

 三陸海岸は釜石出身のお友達、ゆきえちゃんからお土産に頂き

美味しくってもっと食べたくなってその後探したら吉祥寺のカルディで発見

これか、しじみ汁はお弁当のお供に今や欠かせない

磯の香りがちゃんとしてお味も濃い、贅沢なうにのお味噌汁♪

うに好きな人におすすめ

 ネット検索で通販でも買えるよ

 

 

 

5.いなばの缶詰カレーシリーズ

 これは全国的にブームでいっときなくなってたほどの缶詰。知ってる人も多いよね☆

缶詰のわりにはクオリティが高く、タイのカレーの味がちゃんとする

100均などでも買えるし、お手軽に食べられる♪

個人的にはグリーンが好き

今では一回りサイズ小さくなって売ってるようだけど、いざという時も便利なので 

常に6~8個は買い置き 笑。

 

 

 

 以上ですー

10年目も 、どうぞよろしくおねがいします

 

 

Comments (46)

美しい絵の崩壊/TWO MOTHERS/ADORE

2014-06-14 12:26:05 | 劇場&試写★6以上

 

 

 英国のノーベル賞作家ドリス・レッシングの原作を、「ココ・アヴァン・シャネル」の監督&脚本や、

クロエ」の脚本家、フランスのアンヌ・フォンテーヌが映画化。

 

原題「TWO MOTHERS」ってあまりに短絡的。

だからといって、このカッコよさげな邦題。

だけど実際に観てみると、、、、「崩壊」ってよりも「美しく完成」してるんですけど!

 

すごい話になっていた

 

ちょっとだけネタバレあり紹介

 

幼なじみで親友同士のリル(ナオミ・ワッツ)とロズ(ロビン・ライト)。

ビーチが目の前にある家に住むロズとその近所に住むのでいつも一緒。

偶然にも同じ年頃の男の子を持つので

小さな頃から4人は仲良し。

「私たちが創ったのよ、若き神々みたい。」なんて言って、ふたりの姿にほれぼれする母たち。笑

 

数年後、息子たちは19歳。二人とも逞しいイケメンに成長。

ナオミ・ワッツの息子イアンは「トワイライト」シリーズにも出演の

ゼイヴィア・サミュエル。(左)

ロビン・ライトの息子、トムはジェームズ・フレッシュヴィル。(右)

この子の父親役はベン・メンデルソーンで「アニマルキングダム」では兄弟役でした☆

 (←これ)

 

このパパ、(左)ライアンの「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」にもワルで出てたし

毎回ワル。ワル顔だけど今回は普通のお父さん。

 

 

 

ロビン・ライト演じるロズは凛としてハッキリものを言える男っぽいタイプ。

夫には愛されているし、愛する息子もいて何不自由なく暮らしてる。

あー、この人が昔ショーン・ペンの奥さんだったんだよなーと思いながらみちゃった。

対照的に、脆さも持つ女性らしいのがリル。

夫を事故で亡くし特に他の男性に目も向けずにいた。

 

そこへ、禁断の危機なる出来事が

親友の息子、イアンが突然の告白二人はベッドをともにしてしまう。

イアンが泊まった部屋から出てくる母親を夜中に目撃したトム。

即座にリルのもとへ。

いきなりキスをしようとして驚き拒むリルに

「あっちだってやってる」と。

 

その後、リルはロズの元へ行くので問いつめるのかと思いきや。

冷静に、どうする?お互いまずいわよねこれは。みたいなことになって  

やめましょう、といいつつ関係を続けることになる2カップル。笑

 

そしてさらに2年が経った。

 

いつか私たちに飽きるわ。なんていいながら、他の若い子のところへ行ってしまうのを恐れるリル。

そして別の地へ引っ越すと言った夫についていかず別れを決めたロズ。

その息子トムは演劇のプロデュースの仕事で、再婚して幸せにしている父親の元に泊まりに行き

見いだした舞台女優と、、、、

しかし、気づくとその頃には愛しすぎていて別れる事が出来ないリズ。

 

ってここまでしか書きませんが、この先がまたすごいことに

 

 

7/10(78点)

 

 

 冒頭にも書いたけど

カッコいいタイトルつけたけど邦題の最大の問題は、ぜんぜん別に崩壊してないこと!

むしろ「美しい絵」として完結してた

 

でもいや~なかなかこんな話ないからそういう意味で面白かった。

息子ほど年の離れた男との恋愛って映画でもよくあるけど、

それが交差して自分の親友の息子でお互いとか、普通ナイナイ! 

 

 

こんな若い遊び盛りのイケメンふたり、若い子に目もくれずに

昔から知ってる、親友のおばちゃんと恋に落ちるか?って

普通なら考えるところだが、相手がナオミ・ワッツやロビン・ライトならしょうがないのか? 笑

というか、ロビン・ライトとの図はもう完璧に親子の図。(まぁナオミもだけど)

 

観てる途中で1度、「全然崩壊してない」と思えて、

その後、ああ 「やっぱりそう簡単にはいかないのが恋愛。」

って思うんだけど、結局ラストでは

「崩壊どころか丸く収まっちゃってるよ、これはこれで。」となる。

 

 

結局息子たちは若い女とそれぞれ結婚し、娘(孫)も出来る。

今度は6人でビーチで和やかムード。一見、めでたしめでたしと思えたが。

そこから先がまだあるのが面白かった♪

 

こりゃ憧れ入ってるねーと思ったら案の定、監督と原案、女性監督でした☆納得。

いつまでも女性は女としてみてもらいたいものなんだよね。

夫はだんだんとそういう風にみないようになり、世間もおばちゃんとしてみるようになる。

でもおしゃれはいつまでもしていたいし、女として美しく輝いていたいもの

 

ナオミ・ワッツはプロデューサーも兼ねる。

 

禁断の二つの恋、覗き見したい方はぜひ

 

映画『美しい絵の崩壊』予告編

 

オーストラリア東海岸の美しいビーチ・タウンで、こどもの頃から親友として育ってきたロズとリル。そして互いの10代の息子たちも、同様に強い友情を築いてきた。ある夏の日、かねてからロズに想いを寄せていたリルの息子は、爆発寸前の感情を打ち明ける。

戸惑いながらも 真剣に愛し合う2人。その関係を、ロズの息子が知ったことで運命の歯車は大きく狂いだす──。

 

 公式サイト

TWO MOTHERS               2013年    オーストラリア=フランス     111min

5月31日より、公開中~

 

サンダンス映画祭にて、監督&ナオミ

 

 

息子たち、随分また成長したなー雰囲気違う☆

 

 

 

Comments (8)

6月公開☆新作映画リスト

2014-06-10 11:58:44 | 月別観たい映画リスト

 

 

とっくに6月、はじまっちゃってます既に1/3終わった

梅雨真っ最中~ 爽やかな5月もすぐ終わり、一年で最も嫌な季節。

 

では早速今月も

月初め恒例 6月公開、観たい&観た映画のチェックリスト

 

 今月都内で公開されるなかから気になる10数本ピックアップ。
いつものように、タイトルクリックでレビューか公式サイトへリンク(ほぼ観たい順)
6月公開作品全てではなく、個人的に気になってる東京で上映予定の映画リスト



観た作品

  グランド・ブダペスト・ホテル       6/6(金)~

ウェス・アンダーソン監督作×豪華キャスト

ジュード・ロウ、マチュー・アマルリック、ハーベイ・カイテル、エドワード・ノートン、

レイフ・ファインズ、ティルダ・スウィントン、オーウェン・ウィルソン、ビル・マーレイ、

ウィレム・デフォー、エイドリアン・ブロディ、シアーシャ・ローナン、レア・セドゥなど。

 


観たい&気になる作品

 今月一番のお楽しみはこれ♪

 her 世界でひとつの彼女      6/28~

「かいじゅうたちのいるところ」など、大好きな監督

スパイク・ジョーンズが監督&脚本のSFラブストーリー。

人工知能型OSの声(スカちゃん)に惹かれたある男の話。アカデミー賞では作品賞ほかノミニー、脚本賞受賞

これはもう、ほんとに楽しみすぎる

 

 

 パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間     6/28~

ケネディ暗殺から50年。未だ謎が多いこの事件を多方面から真実として

描くドラマ。

ザック・エフロン、マーシャ・ゲイハーデン、ポール・ジアマッティ、ジャッキー・ウィーヴァーほか。

これまで「JFK」をはじめいくつかの映画化されたケネディ暗殺の映画を観てきたけどこれはまた見逃せない!

 

 

 オールド・ボーイ    6/28~

大好きな映画(っていうとヘンだけど)パク・チャヌクの「オールド・ボーイ」を

スパイク・リーがリメイク。あの衝撃のラストを変えてあるとかで

どうなってるのか心配なので企画があがったときから楽しみにしてた1本。

スパイク・リーがやるとか意外過ぎ。主演のジョシュ・ブローリンもなんだかなぁ。

 

 

 

 トランセンデンス     6/27~

 クリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務めるSFサスペンス。

ジョニーさん久々に面白い作品かな?笑

監督は「マネーボール」等の撮影を手掛けてきたウォーリー・フィスター。

共演、モーガン・フリーマン(ってとこがありきたりでヤダなー 笑)

 

 

 

 ノア 約束の舟       6/13(金)~

ダーレン・アロノフスキー監督(「ブラックスワン」など)の新作☆

旧約聖書の創世記に記された「ノアの方舟」の物語を実写化した大作。

大洪水による世界滅亡を知らされた男ノアとその家族が、ある重大な使命を全うしようと巨大な箱舟を、、、、。

ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、アンソニー・ホプキンスと王道すぎるほどのキャストに

面白みはないけどノアの箱船の話、昔から楽しみにしてたので

 

 

 

 

 サード・パーソン     6/20~

ポール・ハギス監督脚本作。

リーアム・ニーソン、ミラ・クニス、エイドリアン・ブロディ、ジェームズ・フランコ、

オリビア・ワイルド、マリア・ベロ、キム・ベイシンガーほか。

 ポール・ハギス作品好き。楽しみ♪

 

 

 渇き     6/27~

嫌われ松子の一生」「告白」中島哲也監督新作!ってことで観る☆

このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を実写化したサスペンスミステリー。

謎の失踪を遂げた娘の行方を追う元刑事の父親が、いつしか思いも寄らなかった事態に引きずり 込まれていく。

役所広司を筆頭に、妻夫木聡、オダギリジョーなど。主演の子は新人、小松菜奈。

 

 

 ザ・ホスト 美しき侵略者    6/14~

センスない邦題(サブタイトル付き)で観る気が失せる。

シアー・シャローナン主演、

トワイライト」シリーズの原作者ステファニー・メイヤーのベストセラー小説を基にしたSFアクション。

内容がもう、ありきたり。

 

 

 トカレフ    6/7~

気づいたらもう公開してたニコの新作。

前作も似たよーな感じで見逃したきり忘れてた 笑

今回もなんかポスターといい、内容といい、今までのニコの作品とかわり映えないなー。

面白いのか?DVDで良さそうだけど。

 

 

 

 ホドロフスキーのDUNE          6/14~

アレハンドロ・ホドロフスキー監督についてのドキュメンタリー。

「ホーリー・マウンテン」などの鬼才、アレハンドロ・ホドロフスキーが監督を予定していた『DUNE』は、

スタッフにメビウスやH・R・ギーガー、キャスト にサルバドール・ダリやミック・ジャガーといった人物が参加予定の斬新な企画だった。

ところが製作は中止になってしまう。その一連の騒動を監督本人やプロ デューサーのミシェル・セイドゥーらが語る。

ホドロフスキーのちゃんとした新作は来月公開。そっちの方が早く観たい。

 

 

 

 

以下、たぶん観ない。

 

 

 先月のもまだ観たいのあるのに今月もまた続々やってくるー!

そして来月もまた面白いのが目白押し!

どこまで観れるかな

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

Comments (16)

X-MEN フューチャー&パスト/X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST

2014-06-08 18:17:55 | 劇場&試写★6以上

 

 

2023年の未来(フューチャー)と1973年の過去(パスト)、二つの時代が同時進行する

X-MENシリーズの最新作

 

X-メン(2000年)
X-MEN2(2003年)
X-MEN: ファイナル ディシジョン(2006年)
ウルヴァリン: X-MEN ZERO(2009年)
X-MEN: ファースト・ジェネレーション(2011年)
ウルヴァリン:SAMURAI(2013年)

 

ミュータント…それは超人的なパワーを持った特殊な遺伝子の持ち主。
テレパシー能力の持ち主チャールズは、人類とミュータントとの平和的共存という夢を信じ、
世界各地からミュータントを集めて指導・教育していた。
その一方で、ミュータントへの偏見は根強く、人類を支配しようと企む過激派のミュータントや、ミュータント絶滅を目論む政治家など強敵も数多く、平和への道は遠い。
それでも、彼らミュータントたちは、夢の実現を信じて今日も戦い続ける。

ーーーーって自分の過去記事からの引用

 

 

X-MENシリーズはアメコミの映画の中でも特に好きなので

最初から観てるけど、前回の「ウルヴァリンSAMURAI」は

シリーズに入れたくないほど個人的にはなかったことにしてほしい作品 笑

それ以外はX−MENシリーズにハズレなし

 

今回は、フューチャー&パスト(過去と未来)ということで

まずはオープニングから無敵のロボット(センチネル)と戦っている。

瞬間移動で数分後に移動しながら敵をかわして倒そうとする。

未来では。ミスティークがある人物を暗殺しまったことで、捕らえられ、

DNAを採取されたことから 何にでも変身する能力を持った

核兵器のようなロボットが数体作られ、生き残ったミュータントたちを抹殺するように仕向け

られていた。未来では、共存どころか人間たちは、ミュータントへの脅威から

戦争に追い込んでいたのだった。

 

この最悪の状況を打破するには過去を変えるしかない

そこで未来のプロフェッサーX とマグニートーらはウルヴァリンを過去に送り込む。

 

監督は前作の「キックアス」監督のマシュー・ヴォーンに代わり、

前作ではプロデューサーを務めていたブライアン・シンガーが「X-MEN2」以来のシリーズ再登板

 

以下 一応、今回出てくるキャラクターの能力をまとめてみた

もちろん、メインキャラで重要人物 ウルヴァリン(ローガン)=ヒュー・ジャックマン。

 ミュータントパワー
致命傷もたちどころに治す驚異的な治癒能力と、
野生動物並みの超人的な五感を持つ。

 

ストーム(オロロ・マンロー)=ハル・ベリー

ミュータントパワー
嵐や雷など、あらゆる天候を自在に操る能力を持ち、
風力をコントロールすることによって飛ぶことも可能。

 

ミスティーク(レイヴン・ダークホルム)=レベッカ・ローミン&ジェニファー・ローレンス

ミュータントパワー
一度、目にした物ならば、人間でも、物体でも自在に変身することが可能。

 

プロフェッサー・X(チャールズ・エグゼビア)=パトリック・スチュワート&ジェームズ・マカヴォイ。

ミュータントパワー
世界最強のテレパシー能力の持ち主。
他人の心を読むだけでなく、相手の意思を操作したり、
記憶を消すことさえ可能。

 

マグニー・トー(エリック・レーンシャー)=イアン・マッケラン&マイケル・ファスベンダー。

ミュータントパワー
磁界王の別名を持つ、世界最強のミュータント。
磁場を作りだし、金属を自在に操る。

 

キティプライド=エレン・ペイジ。

ミュータントパワー

テレポート。他人も送る事が出来る。

 

ビースト(ヘンリー・“ハンク”・マッコイ)=ニコラス・ホルト。

ミュータントパワー

獣のような身体能力

  

クイックシルバー(ピエトロ・マキシモフ)=エヴァン・ピーターズ。
ミュータントパワー

超高速移動。
原作では後述のマグニートーの息子。映画では違う。

「アメリカン・ホラーストーリー」にも出演の子、今後も楽しみ。

 

ビショップ=オマール・シー。

ミュータントパワー

能力はエネルギーの吸収・反射

最強のふたり」の主演、オマール・シーがミュータントだったなんて! 笑。

 

ブリンク=ファン・ビンビン。

テレポートと次元断層。

 

アイスマン=ショーン・アシュモア。

ケヴィンのドラマ、「ザ・フォロウィング」ではマイク役。

 

サンスポット=エイダン・カット。

太陽エネルギーの利用。

 

 コロッサス=ダニエル・クドモア。

全身を生体金属で覆う事が出来る怪力の巨漢。

「トワイライト」シリーズではフェリクス役。

 

ウォーパス=ブーブー・スチュワート。

驚異的な身体能力と視力聴力、飛行能力。

「トワイライト」シリーズではセス役。

 

他にもこれまで出て来たミュータントたちはまだいるけどきりがないのでこのへんで。

 

ミュータントではなく、博士として本作では重要人物、ボリバー・トラスク。

演じるのはピーター・ディンクレイジ。

 

あと、若きストライカーはジョシュ・へルマン。

 

 

これまでのキャラは出てくるし、ファーストジェネレーションからの

プロフェッサーXとマグニートーの若い頃の二人、ジェームズ・マカヴォイとマイケル・ファスベンダー

加えて新しいキャラが数名と、楽しい競演。

過去に戻って未来を書き換えろというよくあるパターンの筋ではある。

が、これによってこれまでのキャラも出せて、新しいキャラも出せる上、

無理なく絡ませることも可能。都合のよいことに、過去に戻ると傷を受けてしまうことになるというが

ウルヴァリンは自然治癒能力があるので彼だけは、過去に戻せる。

 

 8/10(80点)

 

 期待通り、面白かった~。

 何が驚いたって過去に戻るとプロフェッサーXがやさぐれてて、

とても「教授」には見えなくてびっくり。(酒呑んで自暴自棄だし)

 

     数年後は

 

本作では自分自身との対面も。

 

 やっぱり面白かったのは、クイックシルバーのシーン。

瞬間移動してぱっぱと物事を変えられる。

飛んで来た弾さえも、向きを自由に変えて、、、あんなことできたら面白いだろうな。

 

本作の魅力は、やっぱり過去のキャラと新キャラが同時に絡むところ。

そして、ミスティークがキーポイント。

これまでの作品よりも少し真面目というか、ブライアン・シンガー作品という感じ。

 

 

とにかく、前作を観ないとはじまりません

観る前には、全部が無理ならX-MEN 1と2と前作の「ファーストジェネレーション」は必須

 

2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、 1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム」の開発を阻止しようとするウ ルヴァリン。しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの過酷な攻撃で、地球滅亡へのカウントダウンが進んでいた。2023年と1973年。2つ の時代が同時進行する激しいバトルは、想像を絶する結末へと向かう―。


 公式サイト

X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST          2014年    アメリカ 131min

5月30日より、公開中~


もちろん、エンドロール後のオマケ映像あり。


『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』予告編・日本語字幕

 

 どうみても似てない。

 

コミコンにて。

 

NYプレミアにて

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


Comments (16)