我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

マザー!/MOTHER!<劇場未公開>

2018-05-02 12:40:09 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

 

日本公開中止となって話題になった、ダーレン・アノロフスキー監督作品。

ようやくBlu-rayで鑑賞。

 

次々に押し寄せてくる迷惑な人間たち、

訳わからない展開に、引き込まれながらも途中「なにこれほんと酷い。こりゃ未公開当然!!」

 ってなってたけど、宗教的なアレだなとラストで確信して調べたらなるほどあれかと。(それが何かは後ほど)

 

キャスト。

スランプに陥っている著名な詩人の夫     ハビエル・バルデム。

 

2人の家を修復しながら日々を過ごす従順な妻 ジェニファー・ローレンス。

 本編を通して、2人の名前が明かされることはなく、エンドクレジットでも夫は「彼」、妻は「マザー」。

これはラスト近くで大体気づくような流れ。(鋭い人はもっと早く気づくかな)

家事で修復が必要になった家の中で進行するある意味、閉塞的な中のみの密室劇風なつくり。

 

招かれざる客人、エド・ハリスとミシェル・ファイファー。

 

その息子たち。ドーナル・グリーソンとその実の弟、ブライアン・グリーソン。

 あんま似てないよね

 

 

新しい詩が書けずに苛立つ夫と、家の壁を塗り替え、一度家事で焼けてしまった家の修復をする妻。

ある日、夫が予期せぬ客人を招き入れたことから、事態は急変していく――。

 

 

4/10(42点)

 

 

ネタバレあり

 

最終的に作品の意図が分かればそんなにひどいとは思わないけど知らずに観てたら本当なんじゃこれ!になる。

はじめはたった一人だった客が、その家族やジャーナリストと、次から次へと招き入れ、妻が守ってきた家のなかは見知らぬ人々で溢れていく。

熱狂する客人たちは、暴力や金銭トラブル、窃盗、殺人など、ありとあらゆる人間の業を広げていき、家は崩壊状態。

そしてやっと授かった新しい生命。

妻が男の子を出産すると事態はさらに悪化していく。

自分たちが崇拝する詩人である夫が掲げている赤ん坊に触れようと荒れ狂い群がる群集。

次々に押し寄せて自分の家にとどまり出て行かない人々。

夫は何も説明せず、仕方ないとしか言わないので不安と混乱に陥いるばかりの妻。

 

不穏な映画、後味が悪くなる映画は個人的に大好きだけど、だんだん宗教めいてるなと感じた通り、

かなり日本人にはあまりピンとこないだろうし

とにかく後半になるにつれ押し寄せる変な人々にイラついてきてどんどん観てて不快にさせられる。

でもこの話、ラストに近づくにつれてわかったけど、調べたら聖書になぞらえていたのね。

(キリスト教信者でもないし、むしろキリスト教の考えには全く共感していないので知らなかった

 

とはいえ、アダムとイヴやキリスト誕生、ノアの大洪水などはちょっとは知ってるので

出てくるキャラがみんなそれらになぞらえてて、

創造主である神は夫、大地=家は妻、キリストは生まれてくる赤ちゃん、客人はアダムとイヴなど。

なるほどね。いきなり妻のお腹開けて心臓取り出して、それが夫が大事にしていたガラスの水晶になるとか

群集たちが生まれたばかりの赤ちゃんを食べる。(赤ちゃんはキリスト)とか

そういうことなのね、とはなったので(変な訳わからん残酷な話!!って訳ではなかった)という意味では

まだよかったけど、だからってそれがすごい話!ってなる訳でもないので

聖書になぞらえたからってそれを映画化したのが凄いっていう風に見方が変わるというものでもないな。

 

ダーレン・アロノフスキー監督は観る者を選ぶと言ってたようだけどそりゃそうだね。という感じです。

 

 

自然豊かで静かな場所に建つ一軒家。そこにはとある夫婦が静かに暮らしていた。夫は作家で新しい作品に励み、妻は家の補修をしていた。ある日、2人の家に見知らぬ人が訪れる。医者だというその男は、民宿だと勘違いして来たと言うが、夫は彼をなぜか快く受け入れてしまう。夫の行動を不快に感じた妻であったが、すぐに出ていくだろうと我慢をすることに。しかし、次から次へと見知らぬ人たちが訪れるようになり、それを受け入れる夫に対して妻の我慢は限界に達してしまう。

 

 

 

 

MOTHER!      2017年     アメリカ    

予告編

 

監督とジェファー、この時は交際中。

 

 

 

Comment

私とあなたのオープンな関係/NEWNESS

2018-03-28 23:40:54 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

Netflixのみ配信作品。

ロサンゼルスに住む、薬剤師のマーティンと理学療法士ガビは、

出会い系アプリ”WINX”で出会い、デートをし意気投合。2人は急速に接近していく。

似てるな〜ってみてたら本人でしたニコラス・ホルト主演。

 

ニコラス・ホルトくんといえば、ヒュー・グラントとの子役時代の共演「アバウト・ア・ボーイ」の子で

「マッドマックス 怒りのデスロード」ではスキンヘッド、

「X−men」シリーズでは、ビースト

ウォーム・ボディーズ」ではゾンビになったりと忙しいけど

 

本作では等身大のイケメン。

可愛いままなんか随分大人のオトコって感じになった

 

共演は、ガビにライア・コスタ

 

コートニー・イートン、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ヘンウィック、

マシュー・グレイ・ガブラー。

 

 

現代ならではの若い男女の出会いと恋愛事情が、大げさな展開になるでもなく丁寧にリアルに描かれてる恋愛ドラマ。

監督は「ロスト・エモーション」のドレイク・ドレマス。ニコラスホルトくんこの作品にも出てたのね。

脚本は「あなたとのキスまでの距離」「今日、キミに会えたら」のベン・ヨーク・ジョーンズ。

 

出会い系アプリで出会ったマーティンとガビ。恋愛が進み退屈になってきた2人は、型破りな方法に頼ることにする。

だがその先には予期せぬ結果が、、、。

 

8/10(80点)

 

 

最初は新鮮で楽しいばかりの恋愛でもだんだん相手に飽きてきたり、細かいことを言い合うようになる。

どれだけ素の自分を出すか、それが自然体でいるというリラックスできる関係と思えばいいけれど

「退屈」と感じるようになれば恋の熱は冷める。

真剣に相手に向き合うこと。でも、ささいなことに真剣になりすぎない。

自分の気持ちに素直になる。

 

お互い利用してた出会いアプリを同時に削除して、新しい二人の日常が始まった。

マンネリの付き合いを避けるために、報告さえすればわざと自分以外の相手と寝るのを黙認したり、

一人をナンパして3Pしてみたり、デートにこっそりついて行ったりと

刺激を求めるために普通じゃない行動をしていく二人。

マーティンは、自分が別れた後の新しい彼との間に子供ができたとわかった元妻が気にかかり、

ガビの方はマーティンの上司?で子連れバツイチの年上男性とのデートをする。

 

特に展開が面白くなっていくというわけではないけど、イマドキの恋愛と

リアルなセリフと心理描写で伝わるところが大きくてなかなか引き込まれる。

一人の人をずっと飽きずに変わらず愛せるか。というのは、永遠のテーマでもあり謎でもある。 笑

喧嘩もせずにずっと仲良く居られるっていうのは

やっぱりお互いをきちんと受け入れて、情と尊敬の念がないとダメ。

そしていつも自分の味方になってくれるというのがポイント。

相手に否定的になると、(または否定的にされると)どんな身内でも好きな相手でも

そこで愛情が引いてしまうものだと思う。

ちょっと話がそれたけれど、いろいろあっても、それでも一緒にいたいと思える相手か。

ま、若いうちは何度でもいろんな人と付き合ってみてどんどん出会えばいいと思う 笑

そして生涯一緒にいたいと思える人に出会えるか、だと思う。

 

そんなあれこれを考えちゃう作品でした〜映像も綺麗。

 

 

NEWNESS - Official US Trailer

 

NEWNESS         2017年   アメリカ   117min  

 

サンダンス映画祭にて。

 

Comment

チャイルド・プレイ チャッキーの狂気病棟/CULT OF CHUCKY チャイルドプレイ7

2017-11-24 11:29:33 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

皆大好き、泣く子も黙る人殺し人形チャッキー第一作から30年。

チャイルドプレイ第7弾

前作「チャイルド・プレイ 誕生の秘密」に引き続き、監督は初めからずっと脚本原案で携ってきた

ドン・マンシーニ! そしてまたもや劇場公開無し

ま、こうしてすぐDVDとかBlu-rayで観られるなら下手に公開しなくても仕方ないけどね。

このドン・マンシーニ、TV版「ハンニバル3」の脚本以外は全部チャッキー作品

 

 

30年前、パリの劇場で観て以来、大ファンを公言しているわたくし、Blu-ray購入して速攻鑑賞。

レビュー遅くなったけど

 

第一作で、チャッキー人形に呪いをかけるチャールズ・リー・レイを演じ、

以来チャッキーの声をずっと担当している、ブラッド・ドゥーリフはもちろん、健在。

その実の娘、フィオナ・ドゥーリフが前作に続き、ニカ役で主演。

 

 

 

今回は豪華に、チャッキーが最初から30年もかけて狙ってるアンディ坊やが大きくなって登場。

(前作で、エンドロール後にのみ登場)

第一作目ではこんなに可愛かったアンディ。

2に登場したほかは1本劇場未公開作品にだけ出演という寂しい経歴のアレックス・ヴィンセント。

すっかりフツーのおっさんになっちゃった。(現在36歳)

 

そしてこの方、ジェニファー・ティリーも

チャッキーの恋人&妻のジェニファーもちょこっと登場。

 

 

今回は、精神病棟が舞台。患者が何を言っても周りが信用しないという有利な場所で

チャッキー、派手に殺りまくり暴れまくり

最近顔が可愛くない。

 

チャッキーを自分の子供と勘違いしてる患者も。

 アブナイアブナイ。

 

かなりエグいし、残虐さは増してるけどやってるのはちっちゃなたかが人形ですから。笑

 

 

精神病棟に収容されているニカは、家族を惨殺したのは彼女自身の行いで、

人殺し人形のチャッキーなど存在しないと、すべては妄想だったとセラピーにまで参加させられ、、、

ってセラピーにその問題のチャッキー人形使うなーー

 

今回も、こんなちっぽけな人形なのに、人間はヤラレっぱなし!

 


 

 

あらすじ

前作「チャイルド・プレイ/誕生の秘密」で一家皆殺しの犯人にされてしまったニカ。セラピーを受ける彼女が目にしたのは、セラピストがグループセッションの新たな道具として持ち込んだ、無垢な笑顔のグッドガイ人形。当然のごとくセラピー参加者に降りかかる悲劇の数々。それを見たニカは、自分に下された精神異常という判断に疑問を持ち始める。 その頃、一作目「チャイルド・プレイ」でチャッキーと死闘を繰り広げたアンディがニカの元にかけつけようとしていた。しかしアンディの前に、チャッキーの花嫁にして、いかなる残虐なことでもやってのけるティファニー(ジェニファー・ティリー)が立ちはだかる。果たしてアンディは無事にニカを助け出し、チャッキーの狂気を止められるのかー。

 

 

5/10(58点)

 

いい加減、成仏しなさい。

でも成仏しちゃうとチャッキーに会えなくなるのは困る 

星5は面白くないというより一応、普通です 笑(まぁ私ファンだからね、甘いよ)

まずこれ、これから、、、っていういいところで続く〜ってなっちゃって次一体また数年待たされるの??って感じ。

エンドロール後におまけあり。

 

久々にチャッキーやアンディ、ジェニファーティリー、ティファニーに会えるのは楽しいし

新しいエピソードってとこは楽しいけど、決して面白い脚本ではないのが物足りなくて残念。 笑

チャッキーよりニカの顔が怖い

 

今回の見せ場はチャッキーが三人も出てくるとこかな。

途中からすでにシリアス風コメディで一人はこんな頭で笑わしてくれる。 (劇中でも他のチャッキーにツッコまれる)

結構、シリアスにやってるようで相変わらずふざけてる 

 

 

アンディとの対決も見どころの一つだけど、相変わらず足にナイフ刺され 痛っ!!てなってるけどそれ痛くないだろー

踏まれたって軽いし!笑

 

冒頭、アンディが金庫に保管してるオリジナルチャッキーの頭。

喋る生首との会話はライアン・レイノルズ主演の「ハッピーボイスキラーを彷彿。シュールでよし。

 

チャッキーは最終的にニカに乗り移って、迎えに来たジェニファーティリー、(ティファニー)とともに病院を

深夜出て行く。 これからってとこで the end.

この続きはいつ見られるのだ?!

 

 

『チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~』予告編  

 

 

CULT OF CHUCKY  2017年  アメリカ  91min     

11月8日より、DVD&Blu-rayリリース

 

前作チャイルドプレイ 誕生の秘密

 

 


 

チャッキーの吹替のお父さんとそっくり父娘。

 

1のリアルチャッキー人形欲しいなー。(小さなレプリカは持ってるけど、、、)

 

 

 

Comments (2)

エイミー、エイミー、エイミー!/TRAINWRECK

2017-09-30 21:51:41 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

40歳の童貞男」「無ケーカクの命中男 ノックトアップ」「ファニー・ピープルの監督や

主にアダム(サンドラー)やベン(スティラー)コメディ作品のプロデュース等で

ヒット作を作り続けるジャド・アパトーの監督作。

ってことで楽しみだったけど

期間限定の公開で見逃しちゃったのでDVDにて。

 

原題、「TRAINWRECK」は大失敗、めちゃめちゃな様子。大惨事。

邦題には、こじらせシングルライフの抜け出し方 とついてる。サブタイトルってほんといらない

 

 

主演はアメリカでは人気のコメディアンいやコメディエンヌ、エイミー・シューマーで

自身で本作の脚本も担当している。

演技の勉強はもともとしててドラマ出演もしたことありのようだけど、

主演しちゃうのもすごいな。

美人でも可愛いわけでもなく、そこらへんにいるフツーの感じで共感もてるのか??

いやむしろわたしはエクソシストの女の子が大きくなったのかと思っちゃった(失礼

 

父親が一夫一婦制を反対だと子供の頃からいい聞かせてたので

男性とはお遊びばかり、寝ておしまい、寝ても泊まらない、本気にならないという主義で

この顔でなぜかめっちゃモテる 笑

 

付き合ってた体育会系の筋肉バカ男は優しいのに振っちゃうし。

ここ、後ろの席の男に、マーク・ウォールバーグに似てると言われてキレるシーン。

 

さて、わたしが楽しみにしてたお二人もちょこっと登場。

エイミーが務める出版社の雑誌編集長にティルダ・スウィントンさま

 

そして、インターンできている学生で、ティルダさまとは「少年は残酷な弓を射る」で共演の

エズラ・ミラーくん(⬅️一応彼ゲイです)

エズラはなかなか美味しいシーンがあって、面白い。ファンは必見よ

 

 

家族持ちのエイミーの妹には、最近売れっ子、ブリー・ラーソン。

 

 

スポーツ外科医、アーロンにはビル・ヘイダー。

これまでこの人コメディ映画の脇でよく見てたけど、これがしっかりハマり役で。

さすがオーディションで選ばれたことだけあり、

男はやっぱり顔より中身(ごめん、ビルも悪くはないけど)と再確認。

初めてビル・ヘイダーいい男に見えた

 

 

 

そういうわけで男には困らないエイミーが

仕事先で取材することになった医者と一晩寝ちゃったら、相手が何と本気でアプローチ始めてきた!

 

こっちはこっちで真面目医者で本気モードで親友のバスケ選手?に相談。

 

 

ちょっと付き合ってみると案外いいやつだし ってどんどん惹かれてく。

 

 

あ、カメオというかちょい役で

二人が見に行くくだらなそーな感動系?犬の映画(劇中劇)で

なぜかダニエル・ラドクリフ&マリサ・トメイ。 笑

 

他にも本人役でマシュー・プロデリィックや実際のスポーツ選手など出演。

 

 

 7/10(71点)

 

 

さすが、実はいい話がお得意、ジャド・アパトー監督作!と言いたくなるなかなか面白いラブコメ。

イケメン&美女が主役ではないというところが普通っぽい感じで共感かな??

キャストも何気に豪華。

SATC(セックスアンドザシティ)ファンのわたしから見ると

ちょっと意識してるのかなと思えるところも多々。

主演のエイミーシューマー本人が書いた脚本だし少なからずあの大ヒットドラマだから影響受けてるかも。

スポーツ外科医と付き合うところとか、随所にNYとか、他にもちょこちょこと。

 

 

最初は憎らしいしなんでこんな女がモテてフリまくるのかと疑問だけど

だんだんと、真面目で一途で優しいアーロンを応援して気づけば二人を応援したくなる、典型的感情移入系ラブコメ。

 

もうDVDで出てるので、SATC ファンも、ティルダさまファン、エズラファンの皆さまもお見逃しなく〜。

 

 

幼い頃に離婚した父から一夫一婦制を否定されたのがトラウマとなり、男性とは一夜限りの関係しか持てないエイミー。奔放な男性遍歴でシングルライフを謳歌しながらも、本気の恋には決して踏み込むことができずにいた。そんなある日、仕事で著名なスポーツ外科医アーロンを取材することになったエイミー。すぐに意気投合し、勢いで一夜を共にしたところ、アーロンがすっかり本気モードに。そんなアーロンに戸惑いつつも、これまでの自分のルールを捨て、真剣な交際に踏み出してみようとするエイミーだったが…。

 

 

公式サイト

TRAINWRECK            2015年     アメリカ      123min

DVD リリース中  

 

『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』予告編

 

ジャド監督とエズラ。

 

さすが親子を演じた仲

 

 

 

Comment

COLOSSAL/シンクロナイズドモンスター

2017-09-08 00:01:01 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

L.A行った時の機内映画もまだupしてないのだけど

今回はノルウェー&スペインに行った時の機内鑑賞映画を、まとめてもしくは少しづつレビューしていこうかなと

というわけで、今レビュー溜まりすぎなのであっさりレビュー。

これ、実はスペインの監督作だけどカナダ映画で、2016年トロント映画祭他にて上映。

 

アンハサウェイの動きが、韓国に突如現れた怪獣とシンクロしてしまう なんじゃそりゃ

っていうなんとも奇想天外なお話を以前作られると聞いて興味持ってたら運良く、機内にて観れた。

日本でももう直ぐ今年も行われる「した町コメディ映画祭」通称したコメにて上映らしい。

(年1度のこの映画祭り、第一回から数回行ったけど去年の運営に最悪の思いしたので今年は行かない)

 

 

で、この映画。コロッサルColossal の原題。意味は巨大な。

 

正統派女優のイメージ強いけど、コメディもお得意アン・ハサウェイ。

仕事なし、彼氏にフラれ、酒びたりのダメダメ女、グロリア。

 

 

元彼にティムに最近では「美女と野獣」の野獣役、ダン・スティーヴンス。

 

同郷、幼馴染のオスカーに、ジェイソン・サダイキス。

イケメン男のダン・スティーヴンスよりもこのジェイソン・サダイキスとの関係の方が重要だったりする。

 

監督は「エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる」「ブラック・ハッカー」など、

これまでに国内外の映画祭で80以上の賞を受賞しているスペインのナチョ・ビガロンド。

 

 

ニューヨークで働いていたグロリアは、失業してから毎晩酒に酔って暴走し、ついには同棲中の彼氏ティムに家を追い出されてしまう。

家も仕事も彼氏も失ったグロリアが向かったのは、生まれ故郷の小さな田舎町。

そこで再会した幼馴染のオスカーに誘われ、グロリアはオスカーが営むバーで働くことに。

グロリアが新生活への一歩を踏み出す中、韓国・ソウルで突如巨大な怪獣が現れたという衝撃のニュースが世界を駆け巡る。
テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?」

 

 

 

 

6/10(62点)

 

 

全然違う場所にいる、しかも怪獣と自分の動きがいきなりシンクロっていうのがやっぱり面白いんだけど

だんだん、幼馴染が深く関わってきて、最終的にはジェイソンサダイキス演じるその幼馴染はもともと、

グロリアのことが好きで、 そいつまでロボットと動きがシンクロしてバトルになって、、、

っていう展開があまり理解できず

田舎の元同級生たちが普通のおっさんて感じでリアルといえばリアルなのか?

 

面白いのはやっぱり怪獣と自分の動きを確かめるシーン。

 

みる人によって捉え方は違う系?ラストに至る展開が雑でイマイチ失速気味。

そこが残念だけどまぁまぁ面白い。

アンハサはコメディもハマる人だよね。特にダメ女っぷりが良かったとかではないけど。

 韓国に行っちゃって人々を守るアンハサウェイ、本人も怪獣映画好きなんだとか。

それで本作では主演&プロデュースも兼ねちゃってる。

昔ハマった韓国のインスタントラーメン、辛ラーメンがやたらちょいちょい出てくる。韓国のスポンサーか 笑

 

なお、この映画本当は日本が舞台になるはずだったらしいけど

「ゴジラ」の東宝に訴えられて韓国に変更したらしい。

ゴジラと全然違うじゃん、ビジュアルも話も。そういうこというのって 完成した映画見て言ってって感じよね 笑

 

「シンクロナイズド モンスター」

 公式サイト

COLOSSAL          2016年    カナダ      110min

2017/11月3日より、ロードショー


 

 

 

 

Comments (2)

つまんないホラー、スリラーまとめて3本「フォービドゥン呪縛館」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」「インビテーション」

2017-07-19 22:38:02 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

 

 「フォービドゥン 呪縛館/The Disappointments Room」

 

「呪縛館」なんて「死霊館」のぜったいパクリタイトルだねこれ

ケイト・ベッキンセール主演のダメホラーというと10年前の「モーテル」思い出す。

原題は 「The DISAPPOINTMENTS ROOM」

監督は「ディスタービア」のD.Jカルーソ。

X menのハボック、ルーカス・ティルもちょこっと意味ない出演。

 

この家のお仕置き部屋で大昔の過去に起きた子供の虐待。

リアルに出来事を体感し、幻覚と現実が境目なくなってくる妻。

 

かなりよくある話。

 

5点

 

相当つまらなかった。時間の無駄。

 

見た直後のわたしのツイッター。

ちょっと最近のホラーとくにDVDスルーのや、未体験ゾーンの。怖いどころかひどいつまんないのばかり

ネタないのだろうけど何かの二番煎じとかパクリ系ばかりのありきたり ケイトベッキンセール主演、

俳優のウェントワース・ミラー脚本 

 

 わぁーこの人の脚本は以前も パクチャヌクのハリウッド進出作「イノセント・ガーデン」めちゃつまんなかったんだ

スピルバーグ推薦て ロッテントマト0だよ

 

 

 

 

 

 

「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男/LIKE A KILLER」

 

「太陽がいっぱい」「キャロル」などの作家パトリシア・ハイスミスのミステリー小説「妻を殺したかった男」を

アンディ・ゴダードが監督。

 ジェームズ・ワンの「インシディアス死霊館シリーズと何だかホラーづいてる

パトリック・ウィルソンと、ジェスティン・ティンバーレイクの妻でもあるジェシカ・ビールが夫婦役。

実家に帰る妻をバス乗り場まで送る夫に完全無視する冷たい妻。

過去に浮気をした夫を許せない。

 

全く面白くもない中途半端なスリラー。

20点

 

好きな女優でもあるジェシカ・ビールは可愛く美しく、

「ガール・オン・ザ・トレイン」のヘイリー・ベネットがこれまた妖艶な浮気相手。

こりゃ男なら我慢できない?

パトリック・ウィルソンて本当、浮気する男が似合う。 笑

「死霊館」では妻役ベラ・ファーミガと相性バッチリで愛妻家ってイメージだけど。

 

一つの妻殺しの事件から目が離せなくなり、スクラップまでして事件に執着していた小説家。

ある時、妻との仲がもつれてきた時に、妻の死体が見つかる。

疑いをかけられた夫は、本当に殺したのか。

 

展開がスローでまどろっこしい、そのうち夫が殺したかどうかなんてどうでもいいから

もう早く終わってという気になってくる。

怪しい妻殺しと言われる古本屋の男に会いに行ったり、行動が怪しいけど

別にだからと言って面白く引っ張るというわけでもなく。

 

1960年、ニューヨーク。建築家のウォルター(パトリック・ウィルソン)は、美しいが神経質な妻クララ(ジェシカ・ビール)との生活に息詰まりを感じていた。ある日、ウォルターはパーティーで知り合った女性に心惹かれるが、それに嫉妬したクララが自殺未遂を起こす。そんな妻に嫌気がさしたウォルターは、妻殺しの完全犯罪を実行したとされる男の記事を思い出し、彼に接触を試みる……。数日後、クララの死体が森の中で発見された。自殺の可能性が強かったが、ある一人の刑事は夫のウォルターを疑っていた……

 

 

 

 

 「インビテーション/Invitation」

 

 

招待されたのは10人 不穏なパーティーが始まる。

かつての妻から突然届けられた招待状。気まずさと違和感に覆われたパーティーには、恐るべき目的が隠されていた。

SF・ホラー・スリラー・サスペンスを中心に扱う世界三大ファンタスティック映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭でグランプリを受賞したシチュエーション・スリラー。

シャーリーズ主演のこれまたつまんないアクション、「イーオン・フラックス」の女性監督カリン・クサマ監督作。

 

 

28点

何が起きるんだろうと思ってると、特に何も起きない。

ただ部屋の中で怪しい雰囲気が続く。テンポ悪すぎ。

過去に訳あって離婚した二人がそれぞれいる空間で元妻は異様な様子を見せる。

変な宗教勧誘DVDを見せられたり、服役してて出てきた男がいて元妻夫婦と何やらグルっぽかったり、

先に家に向かっていたはずの友人がまだ来ていなかったり(殺された???)

帰ろうとしても、鍵をかけられドアをふさがれたり。

 

 

そもそも元妻に誘われたホームパーティなど行くのが間違い

 

パーティーというか怪しい集い。

部屋全体を覆う不穏な空気。これから何が始まるのかという空気感は良かったけど

だらだらと何も起きない状態が長すぎてまず退屈。

期待と興味はは急降下!

 

早く妻に帰ろうと言えばいいのに。最初から、何かが怪しいと疑うも結局出ていけない。

とうとう、酒に毒が入ってる!と見抜き、皆の前で叫ぶけど、、、

 

 

子供を亡くした元妻が精神的に病んでカルト宗教にハマり、

教祖の指示で集団自殺させようと実は目論んでいたホームパーティ。

 

最後の展開がショボくて興ざめだったけど

ラストシーンで、玄関についてた明かりが一斉に灯る。

これは、各家で一斉に集団自殺が行われてたというのを指すエンディング。

いやー 

だから??としか思えないラストだった

          

できますよ。 大げさすぎ。

 

 事故により、妻のイーデンと共に心に深い傷を追った揚げ句に離婚したウィル。それから2年後、消息が不明だったイーデンからディナーに招かれる。以前恋人のキーラと暮らしていた屋敷に向かったウィルは、明るさを取り戻した彼女の姿に安堵を覚える。しかし、集まった友人とイーデンのぎこちない会話や、彼女の恋人だというデヴィッドの怪しい行動に不安を抱き……。

 

 

「未体験ゾーンの映画たち2017」で短期間のみ上映した作品、劇場で観れなかった気になるのをちょこちょこ観てるけど

ダメなのが多すぎる。

次回のDVDまとめレビューではそこそこ面白いのをupしまーす

 

 

Comments (2)

グースバンプス モンスターと秘密の書/GOOSEBUMPS

2017-05-12 00:52:01 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

1992年の第1作刊行以来、シリーズ累計3億5000万部の売上を誇る

R・L・スタインの児童向けホラー小説「グースバンプス」シリーズを

ガリバー旅行記」のジャック・ブラック主演&ロブ・レターマン監督の再タッグで実写化

 

1月に開催の未体験ゾーンの映画たち2017のみで上映し

JB主演作ってことで楽しみにしてたんだけど短期間上映で観れず悔やんでいたらすぐDVD出た!

実際にいる作家で実際にある本だとは知らずに見終えてから知った 笑

 

そのキャラは定番?も多い。

透明人間、巨大バッタの化け物、凶暴犬、小人のお化け、フランケンシュタイン風、触ると死ぬネバネバ、

狼男、腹話術人形、果てはゾンビまで。日本でも文庫化してる。

 

 

JB演じるのはその実在のホラー小説家、R.Lスタイン。

人が苦手で、関わるのをやめた変わり者。

JBの「ガリバー旅行記」そっくりなシーンあったんだけど、監督も同じということで

あれセルフパロディだったのね。笑

 

ワケありの一人娘に、イスラエル出身の注目株 オデイア・ラッシュ。(「」に出演)

可愛い

 

隣に越してきた母子、ディラン・ミネット。(「プリズナーズドント・ブリーズ」)

母にエイミー・ライアン。

 

スーパーエイト」に子供の頃出演のライアン・リー。(右の出っ歯くん)

 

弱そうなのにボスの腹話術人形。こいつどっかで見たことあるな〜、ジェームズワンのホラーだと思ったらやっぱり 笑

 

 

ホラー作家のJB本から出た怪物たち大集合

 

 

7/10(70点)

 

 

パニックアドベンチャー風なので、ま、ちょっと子供っぽい作風ではあるけど

そんなバカな。ってくらいうまいこと町の中そこまでパニックにならなかったり

絶対すぐ殺されるだろーってシュチュエーションで無事だったりとする都合良い感じはあるが、

嫌な奴と思ってた人(JB)が実はいい奴だったり

好きになった女の子が実はアレだったり(でもちゃんとそこはラストでめでたし)、

ちゃんとモテない男子がクラスで人気の高嶺の花の子に見直されたり(お約束)

次々出てくる狼男や透明人間などおなじみキャラのCGが結構安っぽくなく(結構金かかってる)リアルだったり

オチのつけ方も好感、大人もなかなか楽しめる。

 ←小人たち大量でも全然怖くないんですけど。

 

やっぱりJB最高だな

 

ホラー小説の中のキャラたちを、一つの新しい話に全部登場させて

本に閉じ込めれば退治成功となる!

たった数十分で1冊書けるか??

 

それは見てのお楽しみ。

シャイニングのジャック・ニコルソンじゃないよ。

一応、ホラー作家です。

 

 

ゾンビの人たちもなかなか本格的。

監督と脚本家続投で続編決定 JBと他のキャストも続投希望

 

 

ニューヨークから田舎町に引っ越してきた少年ザックは、お隣に住む変人、ベテランホラー作家のR・L・スタインと 知り合う。ある日、スタインの家で隠された部屋を見つける。そこには鍵のかかった大量の小説があった。その中の一つを開いてみると、恐ろしいモンスターたちが世に解き放たれてしまった!実はスタインがあるタイプライターで小説を書くと書いたものが現実世界になってしまうため、長年書いた小説に鍵をかけて保存していたのだ!!

 

 

Goosebumps            2015年       アメリカ=オーストラリア      103min

グースバンプス モンスターと秘密の書

 

 

プレミアにて

 

 

可愛い今後も注目

 

ディラン・ミネットくんはセレーナ・ゴメス制作のTVドラマ「13の理由」にも出演で話題。

 

 

コミコンにて

 

 

 

Comments (3)

ネイバーズ2/NEIGHBORS 2 SORORITY RISING/ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行/MIKE AND DAVE NEED WEDDING DATES

2017-05-09 01:16:45 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

 

 

 

今回のお題は、ザッくんこと”ザック・エフロン” 

まとめて2本!行っちゃいましょう

 

まずは、「ネイバーズ2」! 意味は「お隣さんたち」

ネイバーズ2/原題 Neighbors2 Sorority Rising  


ネイバーズ

前作レビューネイバーズ

 
隣人トラブル大歓迎コメディ

前作は短期のみの劇場公開があったので観てきたけど、今回の続編は楽しみにしてたけど

DVDスルー。(ではなかった、下コメでのみ上映)でも観たらそれもわかる。

新キャラにクロエ・モレッツたちを参戦させたけど今ひとつパッとせず、笑いどころも足りなかった。

 

6/10(60点)

 

 

セスとザッくんコンビも板についてきたんだけどね。惜しいな。

メンバーが続投のまま、クロエが参入して敵対していたザックが今回は

セス夫婦側につくというのが良かったけど、やってることはあまり変わりなく

女子大生たちのキャラがあまり楽しくない。

セレーナ・ゴメスも嫌な女たちのリーダーとして出るも、ちょこっとだけ。

 

監督&脚本はニコラス・ストーラー。

監督作は

寝取られ男のラブ♂バカンス「寝取られ男のラブ♂バカンス」
ネイバーズ「ネイバーズ」 と「コウノトリ大作戦」
 
脚本作
ディック&ジェーン 復讐は最高!「ディック&ジェーン 復讐は最高!」イエスマン “YES”は人生のパスワードイエスマン “YES”は人生のパスワード

ガリバー旅行記ガリバー旅行記伝説のロックスター再生計画!/寝取り男はロック★スター伝説のロックスター再生計画!/寝取り男はロック★スター

ザ・マペッツ「ザ・マペッツ」ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー「ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー」

憧れのウェディング・ベル「憧れのウェディング・ベル」SEXテープSEX テープ

 

この監督(脚本家)当たり外れ多いイメージ。今回の続編はキャストを楽しむという感じ〜。

『ネイバーズ 2』ブルーレイ&DVD 2月8日リリース

 

男子学生テディとのトラブルも解決し、平穏な生活を送っていたマックとケリー。しかし、ある日、空き家だった隣家にイケイケな女子大生シェルビーが引っ越してくる。大勢の友人を呼んで連日連夜パーティを繰り広げ、ビキニ姿で日光浴をするシェルビーら女子学生たちに対し、マックはかつての天敵テディを味方につけ、再び仁義なき隣人バトルを開始する。

 

 

 

次。

「ウェディング・フィーバー&ゲスな男女のハワイ旅行」これDVDスルーになっちゃったけど

キャストがいいので楽しみだった1本

ウェディング・フィーバー&ゲスな男女のハワイ旅行 / 原題 MIKE AND DAVE NEED WEDDING DATES

 

監督は、TVのバラエティのディレクターで本作はデビュー作のジェイク・シマンスキ。

脚本はこれまたザッくん繋がりの「ネイバーズ」「ネイバーズ2」の脚本コンビ、

ブレンダン・オブライエンと、アンドリュー・ジェイ・コーエン。

 

ザックん演じるデイヴのバカな兄貴役、マイクにアダム・デヴァイン。

こいつのキモさ加減、好き❤️笑 「ファイナルガールズ 惨劇のシナリオ」や、アナケン主演「ピッチパーフェクト」シリーズでもいい味。

似てないけど似てなくもない 笑(いや似てない!!笑!!)

 

ハチャメチャやらかす妹の結婚式を成功させるべく、自分たちがバカやらないようちゃんと監視してくれる彼女を

二人ともこの機会に見つけて連れてこーい!!!

というお達しがあり、ネットで素敵な二人の女性を公募する。

 

で、タダでハワイに行けちゃうなら!ってことで釣られたおバカなビッチ二人が応募してくる。

アナ・ケンドリックがお嬢様イメージ脱却ということで

お間抜けビッチを演じ、ビッチなはずだけどおとぼけな感じがまた可愛い。

その相棒タチアナには「ライフ・アフター・ベス」でゾンビになる彼女を演じてインパクト残した

オーブリー・プラザ。(この子最近、よくDVDスルー系で見るのよね。なかなかいい)

このコンビ、なかなかハマる。

 

7/10(75点)

 

 

「ネイバーズ2」より断然こっちが面白かった

下ネタあり、バカギャグあり

バカ騒ぎのハチャメチャ兄弟を騙して近づき、イケメンで優しいデイヴにほんとの恋しちゃうアナケン演じるアリスと

教師だと騙してメガネかけて演出して惚れさせておいてキモい呼ばわりされる可哀想な兄貴、マイク。

その対比も面白いし、やってることがめちゃめちゃで笑える。

 

 もう、アダム・デヴァインの顔芸が相変わらず反則!この顔だけで笑かしてくれるんだもんずるい。

対するオーブリー・プラザの顔芸もなかなか負けてない。

 

 

結婚間近のバカ兄弟の妹役はちょっと可哀想な場面もありの。

 

こちらのザックんは「ネイバーズ」の男くさい感じとは違って、バカやってるけど優しいさわやかイケメン男子❤︎

ウザ系兄貴のマイク(アダム・デヴァイン)はモテないのわかるけど

このキャラとルックスで恋人いない設定はちょっとおかしいだろというレベル 笑

 

 

とにかく何も考えずに楽しめるおバカコメディ

ジュラシックパークのロケ地も出てくるよ⭐️

気になる方は是非

 

 『ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行』2017.1.6 DVDリリース

 

 

パーティが大好きなマイクとデイブの兄弟は、これまで何度も冠婚葬祭などの家族イベントをぶち壊してきた。そんな彼らの妹が、ハワイで結婚式を挙げることに。両親は彼らが羽目をはずさないよう、ちゃんとした女の子2人を同伴者として連れてくるよう言い渡す。一方、結婚式当日に婚約者に捨てられたアリスと親友のタチアナは、マイクとデイブが同伴者を募集していることをテレビ番組で知り、上品な女性に成りすましてタダでハワイへ連れて行ってもらおうと画策する。

 

 

 

プレミアにて。

妹役の人の胸すごいな(右)

 アナケン可愛い

 

 

ザックーん

アダム・デヴァイン ウザっ!   だが嫌いじゃない 笑

 

 

 

 

 

Comments (2)

ダークネス/THE DARKNESS ケヴィン・ベーコン主演 未公開ホラー

2017-04-16 00:48:22 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

珍しく、ケヴィン・ベーコンが主演のホラーなのになぜ劇場でやらないの

と公開前の作品紹介まで前に書いて怒ってたけど、

こんなのなら公開なくて当然、なんでこんなのわざわざ映画にしたのってくらい

つまんなすぎる映画でした〜  がっかり。

 

ので、短い感想さっさと書いてしまいます。笑

 と。観た後、ほぼ書いて画像つけるだけで保存していたのにアカデミー賞があったためそっちが先になって

それからまたずいぶん経ってしまった(※去年から保存したままの書きかけもある

 

 

 

2/10(20点)

 

ちょっとちょっと

なんだこりゃ よくあるB級、いやCマイナスのホラー。

 

内容がもう今更感というか、古すぎる!!

も〜!ケヴィン、仕事選んでよ。

監督は「マンイーター」「ウルフクリーク猟奇殺人谷」のグレッグ・マクリーン。頼むよ〜

 

俺、なんでこんなのに出ちゃったんだ、、、。

 

 

ケヴィンといえば、「13日の金曜日」にも過去に出てるけど、それ以降は未公開の

「ブライアンの悪夢」とかホラーとまでいかないけど「フラットライナーズ」くらい?

本当あまりホラーに出てくれないんだよね。「インビジブル」はホラーじゃないし。

(FBI捜査官を演じたTVドラマ「フォロイング」シリーズは良かった)

 ってことでホラー好き、ケヴィンファンとしては今作はかなり期待の1本だったのだが、、、。

 

はい、今年のワースト入り決定。

 

何が悪いってわけじゃないんだけど(いや脚本が悪い)

展開も起こることもどっかで見たことあるものでどっかからパクった感じの内容。

とにかくありきたりでつまらない!その一言。

 

今どきこんな布団に手跡とか古すぎるって!!

 

 顔にもきた!!(って驚かない!)

小学生低学年しか怖がらないレベルのホラー。

 

お風呂の中で出てきそうになったり(20年前のホラーか!)

 

ラダ・ミッチェルは個人的に好きじゃない女優(顔が。ごめんなさい)

 

壁に手の跡も古い!

 

そもそもおまえがそんなとこからそんなもん持ってくるからじゃ。

 

ワケワカンナイの出てくる。しかもちょこっと。

 

ケヴィンの無駄使い。ギャラ安くないだろうに。

はっきり言ってこの役、誰でもいい。

 

郊外へ家族旅行に出かけたテイラー一家。息子のマイキーは洞窟で見つけた奇妙な石を家に持ち帰るが、

その日から家族の周囲で不可解な現象が続発するようになってしまう。実はその石には、古代の悪霊が封印されていたのだった。

ケヴィンの顔の方が怖い。

ケヴィンの顔みれたのはいいけど残念すぎるホラーでした。

ケヴィンファン以外は見なくてもよし。

 

ケヴィン・ベーコン主演のホラー映画『ダークネス』予告編

 

 official site

THE DARKNESS            2016年     アメリカ     92min

 

 

 

 

Comment

ザ・ボーイ 人形少年の館/THE BOY

2016-11-28 00:25:25 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

「ウォーキングデッド」のマギーと、少年人形主演

 

今年の夏のシネマカリテコレクション(通称、カリコレ)にて、たった二日しかない上映で

都合つかず観れなくてがっかりしてたらもう10月5日に出た!DVD

  無理して劇場駆け込まなくてよかった

ってことで、リリースしてすぐに観てレビューを途中まで書いて

NY行く前にup予定だったのだけど保留してたので今頃。

 

これ、なかなか面白かった

チャッキー(大好きだけど)みたいに、人形がちょこちょこ歩き出して笑っちゃう系ではなく

人形自体はそこまで安っぽくもなければ、高そうな感じでもない。

 

主演は「ウォークング・デッド」シリーズのマギー役、ローレン・コーハン。

 

監督は、「デビル・インサイド」のウィリアム・ブレント・ベル

 

たまに来る、宅配のお兄ちゃんマルコムに、ルパート・エヴァンス。

 

 

 

 過去に別れを告げるべく新天地にやってきたグレタは、老夫婦と一緒に生活している8歳の少年の世話係のバイトをすることになる。

が、紹介されたのはなんと人形

夫妻はブラームスと呼んでかわいがっていた。


さらに人形の世話には、破ってはならない10のルールがあったが、グレタは守る約束をし

老夫婦は旅行に出掛けたのだった。

そのルールとは。

1・客人を招いてはならない
2・少年の顔を覆ってはいけない
3・食事は冷蔵庫で保管せよ
4・毎朝7時に起こすこと
5・平日は3時間勉強を教えること
6・音楽を大音量でかけること
7・少年を独りにしてはならない
8・庭のネズミ取りを掃除すること
9・必ず少年に食事を与えること
10・お休みのキスをすること

 

いろいろとあるのだが、一応しっかりやってたものの

ブラームスくんは、グレタの服や靴を隠したり、存在をアピールしていく。

閉じ込められた納屋で怪しい昔の写真を見つける。

次第に、生きてるんじゃ???と疑いにかかるグレタ。

マルコムを呼んで、人形を置いて部屋を去り、場所を移動してるかどうかの実験を試みた!

 

 

 

7/10(74点)

 

 

予想外の展開にポイントup

しかし、怖くはない。全く。

 

ちょこっとネタバレあり

いや、これ結構好きだな。

ブラームスの正体が、予想を裏切ってきたところがまた 笑

暴力夫から逃れたくて、妊娠していたのに子供も持てなかったグレタが

この人形と出会ったのは、ここへ私が導かれたのは運命。と決めて

人形であるブラームスを可愛がっていこうとしたのにもそうなっちゃうの!?と結構予想外だったけど

その後の展開はまるで想定外

まぁ、ここが感想が分かれるところだと思うけど、

実は大人になった息子(ブラームス)が実は実際にいて、屋敷の奥に隠れてひっそり暮らしていた

両親はそれも知ってた上、幼少期に家事で顔に大やけどを負ってお面をつけて生きてる息子の

面倒を見切れなくなり、誰か任せられる人を頼み、入水自殺をしたのだった。

 

ブラームスは霊が宿っていたわけでもなく、その男(実在していたブラームス)が動かしてたと云う展開にはびっくり。

そんなわけあるかい!

ご飯どうすんじゃ!こっそり部屋で食べてたのかとかまぁ細かいことは言いたくなるが。

 

そんなこんなでグレタの過去の暴力夫が屋敷まで追いかけてきたため、

ブラームスの力を借りて追い出そうとするのだが

本物が出てきてびっくり、優しいグレタに構って欲しくて追いかけるブラームスと

逃げるグレタと新しい彼氏となった配達屋のマルコム。

 

ラストどうなるかはご自身の目で!! 笑

 

というわけで全く怖くはないけどなかなか面白かったので、このホラー、アリ

 公式サイト 

 セル&BD&DVDリリース中

 

 

 ブラームスくんが来日してました

 しっかり浅草雷門にも行って、天ぷらも食べ、日本を堪能して帰られた模様。

ブラームスくんがどんな子なのか、DVDで是非お確かめを

 

 

Comments (2)