我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

複製された男/ENEMY

2014-07-12 21:38:55 | 劇場&試写★6以上

 

 

世の中には自分によく似た人間が、3人いる。なんて話があるけれどーーー。

 

「灼熱の魂」「プリズナーズ」で高い評価を受けたカナダの俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作。

ノーベル賞作家、故、ジョゼ・サラマーゴの小説「複製された男」を映画化したミステリー。

  

原作は未読。企画を聞いてからこれ、楽しみにしてました。試写にて鑑賞。

 

キャッチコピーは、<“脳力”が試される、究極の心理ミステリー
 あなたは、一度で見抜けるか────>

だけど、いや〜これ単純そうで一筋縄でいかないミステリアス加減!


「複製された」ということで、もう一人の自分が出てくるドッペルゲンガー的なお話か

知らない間に自分のDNAを汲取られ複製を作られたコピー、クローン系の話しか?

 

どちらにせよ、それらドッペルゲンガー、クローン、コピー系ストーリーって興味深くて面白いものが多い。

まだ書いてないけど今年後悔されたジャパニーズホラー、「バイロケーション」や

日本でまだ未公開、映画祭で観た「ザ・ダブル(分身)(原作はドストエフスキー)なども、

大きく分ければそんなジャンル。

 

 

オープニング、薄暗い怪しい部屋で何かが行われている。

裸の女が自分の身体を探り感じている。数人の歳のいった男たちが集う。

その前で裸になりかけたバスローブの女がゆっくり歩いてくる、

ゴージャスな金のお皿に載った何かが運ばれる、蓋をあけるとそこにあったのは、、、。

最初から何やら謎めいた雰囲気、、、、

 

 

歴史の教師で真面目な男、アダム。「プリズナーズ」に続きドゥニ監督作品に出演、

一人二役、ジェイク・ギレンホール。

同僚からある日、面白かったという映画を教えられレンタルして観てみると

そこにはホテルのベルボーイという脇役で、自分によく似た男がいるのを見つける!

 

 その恋人に、メラニー・ロラン。

単調な日々の象徴とするかのように、毎日sexシーンばかりが映し出される。

 

一方こちら、俳優の「自分によく似た男」気性は荒い。

俳優の名前はアンソニー・クレアー。自分のそっくりな存在を知ったアダムは、まるで何かに取り憑かれたようにアンソニー・クレアーの出演作を調べ上げ、彼の所属事務所を訪れたり、ストーキング行為はエスカレートする。

やがてアダムはアンソニーに電話をかけて自分の素性を明かす。そのことでアンソニーの身重の妻も自分の夫にそっくりなアダムの存在を知る

- See more at: http://beagle-voyage.com/movie-enemy-review-2014.html#sthash.ywwYSGMh.dpuf

 

俳優の名前はアンソニー・クレアー。自分のそっくりな存在を知ったアダムは、まるで何かに取り憑かれたようにアンソニー・クレアーの出演作を調べ上げ、彼の所属事務所を訪れたり、ストーキング行為はエスカレートする。

やがてアダムはアンソニーに電話をかけて自分の素性を明かす。そのことでアンソニーの身重の妻も自分の夫にそっくりなアダムの存在を知ることになる。

- See more at: http://beagle-voyage.com/movie-enemy-review-2014.html#sthash.NL4Rf1lG.dpuf

俳優の名前はアンソニー・クレアー。自分のそっくりな存在を知ったアダムは、まるで何かに取り憑かれたようにアンソニー・クレアーの出演作を調べ上げ、彼の所属事務所を訪れたり、ストーキング行為はエスカレートする。

やがてアダムはアンソニーに電話をかけて自分の素性を明かす。そのことでアンソニーの身重の妻も自分の夫にそっくりなアダムの存在を知る

- See more at: http://beagle-voyage.com/movie-enemy-review-2014.html#sthash.ywwYSGMh.dpuf

驚いたアダムはすぐさまネットで調べると、俳優の名はアンソニー・クレアー。

 

妻ヘレンには、この作品の舞台にもなってる

カナダのトロント出身でクローネンバーグ作品常連(彼のお気に入り女優)となった

金髪美女、サラ・ガドン。

このひとがまたイイ。

 

謎を突き止めることに取り憑かれたように、すぐさま俳優事務所をあたった。

自宅と電話番号を突き止めると、直接電話をするが電話にでた

彼の妊娠中の妻は、声も夫に似てるので取り合わない。

そのうち本人と話すが気味悪がって相手にしない。

 

浮気の前歴がある夫に、安心出来なかったヘレンは、こっそりアダムの勤務先の大学を訪問。

キャンパス内のベンチに座っていたその男は、何もかもがアンソニーに酷似していた。話す声も酷似。

帰宅後、不信感を募らせ「どういうこと?!」と問いただすも答えはない。

 

アダムとアンソニーはついにホテルの一室で対面することに。

 

母親には、イザベラ・ロッセリーニ。久々!

相談しても、「二流の役者なんかにあなたが似てるなんてやめてちょうだい」と聞く耳もだず。

 

 ある日を境に、平凡に過ごしてた生活が悪夢に変わる。

じわじわと潜在意識の中に入り込むようなスコア、音も相乗効果をあげてきてミステリー感MAX

 

 

何となく全体的に漂うカフカ的な世界観。


何度か観てまた解釈が変わるかもしれないし観た人と

あれは何?!と語り合いたくなること必至

 

 

7/10(70点)

 

ネタバレ込み感想、わたし的解釈あり

 

謎めいたこの雰囲気に飲み込まれた。

二人が会ってからの展開が、俳優アンソニーのほうがアダムに「自分の妻と寝ただろう!」と

一方的にいいがかりをつけ、その代わりに一晩、アダムの彼女を抱かせておあいこにしろ

と命令してくる。そのセリフまで密かにこっそり練習(そこは俳優)

そして服装を変え、アダムになりすまして

一方、アダムはアンソニーに成り代わって妊娠6ヶ月の妻のいる家に入れ替わる。

でた、そういう展開になっちゃった〜と思って観ていたら、

どーん!! 何だこりゃ!的ラストカット=オチきたーー!!

 

(※妻、ヘレンは蜘蛛になっている画で終わり)

 

わたしなりにいろいろと考えてみたけど、二人はやっぱり一人の男だったのかな。と。

観客にみせるときはどうしても二人いて会話もしてるし、

一人とは言いがたいし考えられにくい。

次第にちょこちょことでてくるキーワード的なアイテム。

蜘蛛がメタファーとしてあらわれたり


アンソニーの家でみた、妻ヘレンとのツーショット写真は、冒頭の方ででてきた

アダムが半分ちぎった誰かとのツーショット写真の原型だったのもヒントになってる。

ってことは、アダム=アンソニー。

退屈な生活で恋人と日々を過ごしているのはもしかしたら愛人で

実生活ではアンソニーで、売れない俳優。

そして妻は妊娠中で気晴らしに、内なる自分の中のものを別人格で解放???


アンソニーに成り済まして行った事務所で<親展>と書かれた封書を手にし、

それをあける事となったのは偶然なのか、必然か。

そして、成り代わってアンソニーのマンションに入る際に、鍵を忘れたといったら

あけてくれた管理人はエレベーターで意味不明な事を言い出す。

きっとアンソニーと間違えて話してたんだろうけどその秘密のセックスクラブの話。


封筒の中身は鍵。


最初のセックスクラブといい、アンソニーが俳優ってところから、

全てはアンソニーが知っていてやっていたこと。

それが、ラストの方では見事アダムの恋人を連れ出し 寝た彼女に

指輪の跡があることに気づかれ、ベッドで「あなたは何者!?」と拒否されてしまう。

これ、もし一人が同じ人物で多重人格での妄想だったら

この指輪のあとは同説明がつくのか。

それでもその場から逃げようとした彼女を無理矢理車に乗せて送る帰り、

降りたい、降りろと言い合っているうちに、車は横転し大事故になる。


ここでアンソニー自体、もしくはアンソニーの人格は消えたと思われる。

 一方で、アンソニーの自宅にいるアダム。

穏やかな物腰で、妻は横にいるのがアンソニーの方ではないことを気づいてる風。

そしてここでも蜘蛛のメタファー。

 

浮気をした男の話ーーーー。

 

妊婦を恐れてるのか、内なる己の憂鬱からの派生なのか。

 

観終えた後 あれこれと考えたり、何だったのかと探りたくなる映画は良い映画、

原作を読んでみたくなったのも事実。

 

監督がインタビューで語るように、答えはいろいろあっていいし、

ひとそれぞれの解釈で間違いはない。という作品。

 

けど、こういう極端なラストって、うげー! なにこれ。と思って

意味分からん→結局=つまんなかった となる人も多いだろうね。

 

わたしは眠かったにも関わらず、引き込まれてしまい

観てる間、まったく眠くもならずにのめり込んでたし嫌いじゃない、

けどこれは大きく意見わかれそうな作品。

 

 難解なところが面白い映画。ミステリー好きならぜひ

 

 この世には理屈では説明できない摩訶不思議な出来事がある。ごく平凡な歴史教師アダムにとって、それはまさに人生が一変するほどショッキングな瞬間だっ た。同僚から薦められたDVDを鑑賞すると、映画の中に自分そっくりの風貌をした男の姿がはっきりと映っていたのだ。猛烈な不安に襲われ、何かに取り憑か れたようにアンソニーという売れない俳優の身辺を探り始めたアダムは、彼へのアプローチを試みる。職業や服装の趣味は違えども、あらゆる外見的特徴も声質 も酷似しているふたりの男。やがてホテルの一室で対面を果たし、後戻りできない極限状況に陥った彼らは、それぞれの恋人と妻を巻き込みながら、想像を絶す る運命をたどっていくのだった……。
    

 

映画『複製された男』予告篇

 公式サイト

 ENEMY             2013年   カナダ=スペイン    90min

7月18日より、ロードショー

 2度目は千円で観られるキャンペーンあり

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (20)   Trackbacks (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サード・パーソン/THIRD PERSON | TOP | ホドロフスキーのDUNE/ JODOROWS... »

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは〜〜 (マリー)
2014-07-12 21:48:12
こちらも。↓の「サード・パーソン」も凄く興味あるのに・・・くるかどうかワカラナイ・・・
サラ・ガドンって素敵、好きな雰囲気だ〜。
面白そうだなぁ〜〜〜。

「怪しい彼女」も観たいんだけどねぇ。
やっと「チョコレートドーナツ」観れたから、もしかしたら遅れてくるかな?

こんばんは♪ (yukarin)
2014-07-12 23:50:17
ちょっと興味があるお話...
でも人ぞれぞれの解釈がある話はたぶん私には難しいかも、笑。
まずこちらでは上映ないわ。
マリーさん☆ (mig)
2014-07-14 22:32:18
蚊は大丈夫だったー?o型なのかな?だったらAより刺されるって昨日ツイコメしたけど
応答なかったわ〜

マリーさんはサードパーソンみたいなのどうかなー
こちらは観て欲しいきもする☆
怪しい彼女はぜったい必見だよー!
チョコのレビユー待ってるね。
yukarin☆ (mig)
2014-07-14 22:33:41
うわー、yukarinとこでもやらないのか〜
ミニシアター系だとこういうとき困るね。
都内でもちっちゃいとこかなぁって思ってたら
なんとTOHOシネマでやるとか。もしかしたら遅れてくるかもよん
Unknown (lilyrose)
2014-07-15 22:50:51
サードパーソンも複製された男も気になるけれど、DVD待ちかな。

ミステリーって色んな解釈ができるけど、監督に謎解きというか意図を聞いてみたいって思ってしまいます。
こんなこと言うと元も子もないかな(笑)

今月はmigさんオススメということで、怪しい彼女を見に行きます!
lilyroseさん★ (mig)
2014-07-16 01:45:47
こんばんは☆
なかなか上映するとこが少ないのかなぁ
サードパーソンは私はあまり気に入ってはないんですけどね、
こっちの方が好きだな。
でももっと「ザ・ダブル」の方が好き。
わお!おすすめ観てもらえて嬉しいな。
怪しい彼女、感想待ってまーす♪
こんばんは〜 (マリー)
2014-07-17 20:43:14
うわ〜ゴメンなさい〜
今週バッタバタで追いツイ出来てない時があって〜
私はA型なんだけど〜何故か刺されやすくて…
足も手もあちこち腫れてる…

migさん
今、大変なんだよね…
このblogは大丈夫?気をつけてね…
マリーさん★Re:こんばんは〜 (mig)
2014-07-19 13:22:53
ありがとう!
マリーさんもほんと色々大変だったね!
私のほうはなんとか切り抜けられそうかな…
A型だったのね!
おかしいなー刺されにくいのに 笑
こんにちわ (にゃむばなな)
2014-07-20 16:22:18
一つの解釈を導けば、説明出来ない謎が残る。
別の解釈を選択しても、あた別の説明出来ない解釈が残る。
しかもあのオチ。

頭の中がモヤモヤするはずなのに、フラストレーションはあまり溜まらず、映画は面白かったという満足感は残る。

いったいどんな演出をしたらこんな映画が出来るのか。
それも大いなる謎でしたよ。
Unknown (風情♪)
2014-07-20 20:42:27
こんにちは♪

謎めいたこの雰囲気はヨカッタし、ドッペルにしろクロ
ーンにしろ、多岐にうけとれるつくりは、確かにオモシ
ロかったんすよッ!
オモシロっかたんすけどねぇ〜、それまですげぇ高評価
だったのに、あのワケ解らんちんのオチで全てが台無し
になちゃって、まったくもってオモシロくねぇ作品に大
変貌しちゃいましたよ。

蜘蛛がいろんな意味を暗示、象徴しててこの辺は巧かっ
たんすけどねぇ……r(^^;)
にゃむばななさん☆ (mig)
2014-07-20 23:55:33
なかなかうまい演出、監督さすがの手腕ですよね。
あの突拍子もないラストカット、
ダメな人はものすごくダメでしょうけど、
あの雰囲気がまた良かったですよね。
一般受けしないと思うけど私は嫌いじゃない☆
風情♪さん (mig)
2014-07-20 23:57:01
あー、そのパターンですよね。
あのカット、蜘蛛になっちゃってるとこ
?????は???ってなりますよね。

それまでシリアスでミステリアスだったから。
なんじゃ?って。
でもま、そこ含め楽しんだ者勝ち、な作品かな?
こんにちは (たいむ)
2014-07-23 15:25:53
眠くなりそうなトーンなんだけど、すっかり引き込まれてみてました。
けど、ラストのあのオチ。
真剣に考えてたのが馬鹿みたいで、気楽に楽しめば良い映画だったのだと、やっと気が付いて苦笑しちゃいました。
たいむさん☆ (mig)
2014-07-24 23:23:05
こんばんは☆
うん、私もそうです。
ねー、あんなオチどう考えても誰も想像つくはずがない!笑
なんなんだよー!と思いながらもみてて面白かったしこんな謎めいたのも嫌いじゃないなと
ジェイク (rose_chocolat)
2014-08-02 23:27:21
こういう役が似合うようになってきたんだなーと、そこも結構好みのポイントで。
色褪せた感じの映像ってそもそも好きなんですよね。って、好きだけで評価上がっちゃったかもしれないけど(笑)、
わかるわかんなかったっていうのは別にして、好きになれた作品だったかな。
蜘蛛は好きじゃないけど、あれってたぶん人の心の闇系な感じなんじゃないかなって思った。
roseさん☆ (mig)
2014-08-03 23:18:33
あれ?何かのTBしたけど戻ってきてないな、、、、
映像、ぼけた感じで良かったよね。
蜘蛛、どうなんでしょ。色んな見方があるようだけど。
あのラストカットでえ、なんじゃこれ!って怒りだす人と2パターンだろうねー
こんばんは♪ (りお)
2014-08-11 20:10:20
これは、物凄く好きか、全く駄目かどっちかだろうなあ。
あの秘密クラブ、絶対何かの暗示だわと思って、一所懸命考えていたのに、オチでになりました。。。(笑)
観れた! (マリー)
2014-08-11 20:46:41
大阪で時間あったから調べたらちょうどいい時間で、観に行っちゃいました〜。
不思議なお話だけど嫌いじゃなかった・・・

migさんの解釈通りなのかな〜。
私は二人が一人なのかとか考えるより先に、やはり女は怖い!ってお話かと思って観てた。
妊婦の奥さんなんて、絶対違うって分かっていても
こっちがいいやと思ったらすぐ乗り換え出来るんだもの。したたか〜〜〜。(女郎蜘蛛?)

こうかな、ああかな、いろいろみんなで語り合える作品はいいよね〜。
りおさん☆ (mig)
2014-08-12 23:51:04
あのオチはばかにしてるよねー!笑
あのラストカットをいいっていえるのは
よほどの人かと思うけど
大抵の人はなんじゃこりゃ!?でしょう

全体の雰囲気は嫌いじゃないよ☆
マリーさん☆ (mig)
2014-08-12 23:59:11
わたしのが必ずしも正しくはないけど
色んな解釈ができて面白い作品ではあるよねー
大阪で観れて良かったね!
というか、今日からまた大阪だもんね、
気をつけて楽しんでね♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

36 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画:複製された男 Enemy  原作ものを映画化する場合に陥るワナ (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
期待していた一作。 というのは監督が、かなりポイント高い「灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ。 そして「プリズナーズ」に続き、ジェイク・ギレンホール主演。 ところが... 物語の基本プロットである、 自分とそっくりの人物登場で陥るワナ(写真....
複製された男 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(09) 深層心理、心の闇、極端に少ない台詞。
『複製された男』 2014年7月18日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『複製された男』 を鑑賞しました。 初日にしては空いていた 【ストーリー】  何も刺激のない日々に空虚なものを感じている、大学で歴史を教えているアダム・ベル(ジェイク・ギレンホール)。ある日、何げなく映画のDVDを観ていた彼は、劇中に出てくる俳優が自分自身...
複製された男 / Enemy (勝手に映画評)
ジェイク・ギレンホールが、自分に瓜二つの人間に出会ったことから運命が変わってしまう男の姿を描く。 ッて言うかねぇ、何だかなぁ。 途中まで、サスペンスばりばりで、いい感じだったんですが、ラストショットがあれですかorz。 もっとちゃんと、結末は付けられなか....
複製された男/それは罠かもしれないが、いったい何の罠なのだ (映画感想 * FRAGILE)
複製された男Enemy/監督:ドゥニ・ビルヌーブ/2013年/カナダ・スペイン 何が何だか…わからない… TOHOシネマズシャンテ、E-9で鑑賞。ドゥニ・ビルヌーブ&ジェイク・ギレンホールは、「プリズナーズ」がとても面白かったので、気になって、見に行きました。事前情...
『複製された男』 (2013) (相木悟の映画評)
観る者を惑わす不可思議ワールドを堪能せよ! 観ている間は、「?」の蓄積に脳はフル回転。観終わった直後に、ついもう一回観直したくなることうけあいの魅惑の一本であった。 本作は、『灼熱の魂』(10)で世界的な評価を得て、ハリウッド進出作『プリズナーズ』(....
「複製された男」 (ここなつ映画レビュー)
「映画祭」などで上映されるべき作品。だと思う。「灼熱の魂」「プリズナーズ」などで私のハートを揺さぶった(表現古し)ドゥニ・ビルヌーブ監督作品なので、いやが上にも期待が膨らむ。そして出演作にハズレのないジェイク・ギレンホールが主演だし、大好きな女優メラニ...
「複製された男」みた。 (たいむのひとりごと)
≪目の肥えた映画ファンへ“脳力”を問う《挑戦状》── あなたは、この映画を理解、そして説明できるか!??・・なんて煽られちゃうと本気モードで鑑賞してしまう。でも気負わず素直な目で見ると案外解り安いんじ
複製された男 (映画好きパパの鑑賞日記)
 前作「プリズナーズ」で上質なサスペンスを手がけたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の新作。これは邦題がミスリードですな。サスペンスというよりも、実験的な純文学的な話で、読み手により解釈が異なるでしょう。初見ではさっぱりわかりませんでした。  作品情報 2013...
『複製された男』 灰色の快感 (Days of Books, Films )
Enemy(viewing film) 『複製された男(原題:Enemy)』の冒
複製された男 (風に吹かれて)
疑問符で当然? 公式サイト http://fukusei-movie.com 原作: 複製された男 (ジョゼ・サラマーゴ著/彩流社)監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱も魂」 「プリズナーズ」 大学
複製された男 (心のままに映画の風景)
刺激のない日々を送る大学歴史講師のアダム・ベル(ジェイク・ギレンホール)は、何げなく観た映画のDVDに、自分と瓜二つの俳優を発見する。 アンソニー・クレアという名前を突き止めたアダムは、彼と面会することになるが…。 ノーベル文学賞作家でポルトガル出...
複製された男 (だらだら無気力ブログ!)
あのラストシーンは何?
複製された男 (とりあえず、コメントです)
ジョゼ・サラマーゴ著の小説をジェイク・ギレンホール主演で映画化したミステリーです。 予告編を観て、悩める雰囲気のジェイクの演技にどんな作品だろうと気になっていました。 出だしから終わりまで唐突で謎めいたファンタジーのような物語が映し出されていました。
『複製された男』 (こねたみっくす)
謎だらけの演出、穴だらけの脚本。だがそれも全て計算のうちなのか。 全くもって理解出来ない展開とあのオチ。なのに映画としては不思議と面白い。いったい何なんだ、この感覚は ...
複製された男 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月23日(水) 20:40〜 チネ7 料金:1300円(レイトショー) パンフレット:未確認 「面白かった」と言わないと、頭悪い認定される系の映画。しかし、退屈で不快で拷問で、早く終わんねえかな状態 『複製された男』公式サイト 「灼熱の魂」と「プリズナーズ...
『複製された男』 (2013) / カナダ・スペイン (Nice One!! @goo)
原題: Enemy 監督: ドゥニ・ビルヌーブ 出演: ジェイク・ギレンホール 、メラニー・ロラン 、サラ・ガドン 、イザベラ・ロッセリーニ 鑑賞劇場: TOHOシネマズシャンテ 公式サイトはこちら。 ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映....
『複製された男(Enemy)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ジェイク・ギレンホール、サラ・ガドン、メラニー・ロラン、イザベラ・ロッセリー... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『複製された男』Enemy監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ原作 : ジョゼ・サラマーゴ(原題 : The Double)ジェイク・ギレンホール、サラ・ガドンメラニー・ロラン、イザベラ・ロッセリーニ物語・
「複製された男」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・カナダ・スペイン合作 配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム 原題:Enemy 監督:ドゥニ・ビルヌーブ 原作:ジョゼ・サラマーゴ 脚本:ハビエル・グヨン 撮影:ニコラ・ボルデュク
複製された男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『複製された男』を新宿シネマカリテで見ました。 (1)『プリズナーズ』に出演したジェイク・ギレンホールの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はカナダのトロント。  主人公・アダム(ジェイク・ギレンホール)は、大学で古代ローマ帝....
複製された男 (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞複製された男/ENEMY 2013年/カナダ、スペイン/90分 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演: ジェイク・ギレンホール/メラニー・ロラン/サラ・ガドン/イザベラ・ロッセリーニ/ジョシュア・ピース 公式サイト 公開: 2014年07月...
複製された男 (そーれりぽーと)
自分と外見も声もそっくりなやつが居たら…『複製された男』を観てきました。 ★ さっぱりわからん、どうやったらこんなに回りくどい話になるんやろ。 おもろなさすぎてびっくりなので、以下ネタバレ全開で。 ネタバレ 「自分とそっくりなやつを見つけた → 興味を持...
「複製された男」 うーむ、歯が立ちません (はらやんの映画徒然草)
最近まで公開していた「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ監督作品。 この監督の作
『複製された男』見た (道を知っていることと実際に歩くことは違う)
 狐につままれたようなエンディングに空いた口が塞がらない。なんじゃコレは?■原題 Enemy■STORY 大学で歴史を教えているアダムは、ある日同僚から勧められた1本の映画ビデオに ...
不条理な悪夢〜『複製された男』 (真紅のthinkingdays)
 ENEMY  冴えない歴史教師アダム(ジェイク・ジレンホール)は、ある日同僚に映画を薦 められる。DVDで観たその作品には、なんと自分と瓜二つの俳優が出演してい た。好奇心を抑え切れないアダムは、アンソニーという名のその俳優に近づいて ゆくのだ...
複製された男 (こんな映画見ました〜)
『複製された男 』---ENEMY---2013年(カナダ/スペイン)監督:ドゥニ・ルヌーヴ出演:ジェイク・ギレンホール、 メラニー・ロラン、 サラ・ガドン 、 イザベラ・ロッセリーニ 「灼熱の魂」「プリズナーズ」で高い評価を受けたカナダの俊英ドゥニ・ヴィ....
複製された男 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
主演のジェイク・ギレンホールが1人2役を演じ、「灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ監督のメガホンで、ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化。自分と瓜二つの人物の存在を知ってしまったことから、アイデンティティーが失われて...
複製された男(2013)**ENEMY (銅版画制作の日々)
 “脳力”が試される、究極の心理ミステリーあなたは、一度で見抜けるか―― Tジョイ京都にて鑑賞。キャッチコピーに書かれている”見抜けるか” う〜んどうだろうか?といっぱいはてなが残る作品でした。かなり評判が良いので、...
映画『複製された男』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-65.複製された男■原題:Enemy■製作年、国:2013年、カナダ・スペイン■上映時間:90分■料金:1,100円■鑑賞日:8月1日、新宿シネマカリテ(新宿) □監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ◆ジェイク・ギレンホール◆メラニー・ロラン◆サラ・ガドン◆イサベラ...
『複製された男』 (My Pace, My Self)
先週の金曜日、「蠍座が30日で閉館するよ」と教えていただきええーっ・・・と衝撃が走り ちなみに、この日は中川ライター店の閉店も報道され・・・ 今年はサンローゼといい、札幌の”古き良き”が終わりを告げる年なのかもしれません・・・ 12...
『複製された男』 〜敵は我にあり!〜 (偏愛映画自由帳)
『複製された男』 〜敵は我にあり!〜 (偏愛映画自由帳)
2013年/カナダ・スペイン/90分 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ジェイク・ギレンホール    メラニー・ロラン    サラ・ガドン    イザベラ・ロッセリーニ ■概要 原題は『Enemy』。カナダとスペインの合作による2013年の心理ミステリーです。監督...
複製された男 (銀幕大帝α)
ENEMY 2013年 カナダ/スペイン 90分 ミステリー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2014/07/18) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『プリズナーズ』 原作: ジョゼ・サラマーゴ『複製された男』 出演: ジェイク・ギレンホール:アダム/アンソニー メラニー・ロ...
複製された男 (いやいやえん)
【概略】 大学の歴史講師・アダムは、ある日映画の中に自分と瓜ふたつの俳優を発見する。驚きを通り越し恐怖を感じた彼は、その俳優を捜し始め…。 サスペンス さて難解らしい映画に挑戦。監督は「灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。主人公ア...
複製された男 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ENEMY】 2014/07/18公開 アメリカ R15+ 90分監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演:ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリー “脳力”が試される、究極の心理ミステリーあなたは、一度で見抜けるか―― STORY:あ...
映画・複製された男 (読書と映画とガーデニング)
原題 ENEMY2013年 カナダ、スペイン 大学で歴史を教えているアダム(ジェイク・ギレンホール)は、ある日同僚から勧められたレンタルDVDを観て驚愕します驚くことに、その映画には自分と瓜二つの俳優が出演していたのです何かに取り憑かれたように夢中になってそ...