我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

ハリウッドゴシップ★News<ジョニー&ティム来日!>

2010-03-29 12:22:10 | セレブ&ハリウッドgossip★NEWS
ランキングクリックしてね
←please click



ここ数日、札幌の実家かえってたりかなりバタバタしてました~。
久々のゴシップ、今日もまとめてどうぞ

ジョニー・デップ&ティム•バートン、
「Alice in wonderland」ジャパンプレミア

空港には50組の徹夜組含めてなんと1000人がお出迎え!

ジョニーは約3か月半ぶりで7度目。
22日、新宿パークタワーにて記者会見、恵比寿でファンイベント、ヒルズでプレミア試写が行われた。








ジョニーさんは初め、15時間滞在とのことだったけど予定変更、
夜中バートンに誘われ六本木ヒルズ近くのバーで30人弱とDJやったり。
そんなプライベートで貴重な場に、友人の黒色すみれの二人のお誘いでmig弟が同席させてもらっていた!
「今ジョニーと飲んでるよ!」のtelにびっくり。
(※写真はジョニーだけNGだったよう 笑)
バートンには黒色すみれの翔が撮ったPVを渡し、ジョニーさんも謙虚でめちゃくちゃいい人、だったとの報告でした~


そんなジョニー、15日から始まったヴェニスでのアンジーと共演の新作「ザ・ツーリスト」の撮影を中断して日本にやってきた。
が、人気者二人の共演とあって、撮影三日目の17日の時点で見物のファンが多過ぎて一時撮影中断したとか。





24日、アンジーはホテルのバルコニーでノックスくんと。
あのひとみて

おれの子返せー!!
パジャマで半狂乱★

きゃはは

オレの子じゃなかったか


いやぁ取り乱しすぎましたね



可愛すぎ



ブラッド・ピット、「キックアス」ロンドンプレミア。
ブラピ製作のアメコミ「Kick Ass」のプレミアに登場。

これ、ニコちゃん(ニコラス)も出演するおバカヒーローもの♪


こんなの。
ロンドンで3/26~公開、アメリカでは4/16~。日本は未定だけど絶対観たい~♪


こちらは、ロブ様「Remember Me」ロンドンプレミア。
3/12公開、ロバート・パティンソンの新作ラブ・ロマンス 「リメンバー・ミー」


恋人役には「LOST」のクレアで人気のエミリー・デ・ラヴィン。
この二人、よくある共演→恋に落ちるパターン。今かなり噂です★
「トワイライト」のGFクリスティン・スチュワートはNYプレミアにはいたけど
こちらには現れず。


NYのマダムタッソー蝋人形館にはロブ様がお目見えでファンが群がった。

創作期間に4ヶ月、創作費は22万ドル!

続編、トワイライトの3作目、「The Twilight Saga:Eclipse(エクリプス)」の新ポスター。




3/16 公開中の「マイレージ、マイライフ」でアナ・ケンドリック来日

主演のジョージ兄貴はこず。
アニキをサポートする新入社員役を演じ、本年度アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたアナ・ケンドリックを
ジョージには似ても似つかない石田純一がお迎え。


migオススメ映画 まだ観てない方、必見です



オスカーのノロイサンドラ・ブロック夫の浮気で離婚危機

「しあわせの隠れ場所」でアカデミー主演女優賞を受賞したサンドラ(45)が、
05年に結婚したバイクビルダーの夫ジェシー・ジェームズ(40)の浮気で現在別居中。

その相手がこれ!
ミシェル・“ボムシェル”・マクギーという名のタトゥモデル
これだよー?!
浮気はサンドラが「しあわせの隠れ場所」の撮影中。
ヒドすぎる!!
というかこの夫サンドラの5つ下に見えないんですけどー10上の間違いじゃ?
去年、同じく主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットが離婚を発表したし、
オスカー受賞後ヒラリー・スワンクやリース・ウィザースプーンも離婚、破局してる。
ノミニー陣は今後受賞するのが怖くなる!?



サシャ・バロンコーエン、パリで極秘結婚

「ブルーノ」が現在日本で公開中のサシャ・バロン・コーエン。
婚約者のアイラ・フィッシャーとパリで身内だけの極秘結婚をした★
おめでとー。


マリリン・マンソン、エヴァンレイチェルウッドいよいよ結婚(再婚)

1月のニュースになったけど最近エンゲージリングをみせびらかす
エヴァンレイチェルの姿がパパラッチされた

マンソンはパリでのコンサート中にエヴァンにプロポーズ。
41歳のマリリンは19歳年下のエヴァンと2006年から交際を始めたが2008年に破局。
その後また復縁、また別れている。前妻はディタ・フォン・ティース。


1歳になったラザロくんと遊ぶガエル・ガルシア・ベルナル パパ

ガエルは、ケイト・ハドソンとのコメディドラマ「アースバウンド」に出演予定



26日、デニス・ホッパー(73)、ハリウッドの殿堂入り
まだなかったのか、という感じだけど2,403番目のハリウッドの殿堂、
ウォーク・オブ・フェイム入りしたデニス・ホッパーは、
現在、前立腺癌の為体重が45キロまで落ちて余命わずか
左は娘、右は孫。

自分を撮ろうとしたパパラッチに気を取られて前から倒れて折った傷が痛々しい。



「イージーライダー」仲間のジャック・ニコルソンと談笑




ジュード・ロウ、パリにてDiorのCM撮影



このCM、ガイ・リッチーが監督を務める。(ずっと横にいるからたぶん)

悩殺


小道具?のbagで「Repo Men」の宣伝アメリカからヒースロー空港に戻ったジュード、こっちもカッコ良過ぎ!


ローレンス・オリビエ・アワード出席。

キーラ・ナイトレイも来てた☆






ビバリーヒルズでラブコメ映画「Just Go with It」の撮影中
ジェニファー・アニストン&アダム・サンドラー


アメリカでの公開は来年2月、ニコール・キッドマンもカメオ出演予定
楽しみ♪



ジェラルド・バトラー&エイドリアン・ブロディ、ラブラブ?試合観戦
L.Aのステープルズ・センターにて
ワシントン・ウィザーズVSロサンジェルス・レイカーズの試合をハンバーガーかじりつき観戦!






19日、トム・クルーズ&ケイティ、夫婦でバスケ観戦

ロスのステープルズ・センターで催された、ザ・レイカーズとミネソタ・ティンバーウルヴスの試合を観戦



ぼりぼり

104-96でレイカーズが勝ち、コービー・ブライアント選手と喜んだトムちんでした


そうそう、最近ケイティが持ってたフェラガモのバッグ1,750ドル(約15万7500円)
スリたんはおそろいのソフィアのミニバージョンで金額は850ドルで約8万円
この2つのバッグはフェラガモからのクリスマスプレゼントだったらしい。

この日 スリちゃんはお留守番。
来月は誕生日なのでまた特集出来たらしまーす

ゴシップ、また次回です



クリックして下さってる方々ありがとう

←please click




Comments (37)

アーマード 武装地帯/ ARMORED

2010-03-27 01:23:31 | 劇場&試写★6以上
ランキングクリックしてね
←please click




監督は「モーテル」(←つまらない)のニームロッド・アンタル。製作にサム・ライミ!
良くも悪くもB級です♪


大好きなマット・ディロンが出てるので気になって先週試写で観てきたんだけど
ここ数日バタバタでやっとup☆でも時間もないので短めレビュー。
本日公開



最新テクノロジーを搭載した装甲現金輸送車で現金の警備をする6人の警備員たちが、
偽装強盗計画を企て4,200万ドルを強奪しようとする犯罪サスペンスアクション。

したことがどんどん裏目に出て、事態が悪化してく展開が面白い☆


マット・ディロン、ジャン・レノ、ローレンス・フィッシュバーン、スキート・ウールリッチ、
コロンバス・ショート。




ある日、マイクはタイに、現金強奪計画を打ち明ける。
チーム6人で協力し、現金輸送車で運ぶことになっている4200万ドルをある所に隠し、強盗に襲われたことにしようというのだ。
死んだ両親の残した家が差し押さえにあい、弟の養育にも金が必要なタイはその計画に乗るのだが思わぬ目撃者の登場に予定が狂い、
完全犯罪が悲劇へとなだれ込んでいく…。




6/10(55点)



観てる時はそこそこ引き込まれて面白かったけど
ラストまで観るとたいしたことなかったって感じる作品(笑)
キャストがよかったのでおまけ。

「アーマード」というタイトルは“アーマード・トラック”という装甲現金輸送車を意味、
この装甲トラックを舞台に攻防戦が繰り広げられるのでほとんど密室劇のようなもの。
そのため、楽しめるか退屈になるかは観た人の好みだけど
期待もせずに観たから普通に楽しめた☆

普通の人間だったのにそう簡単に仲間をやる??ともツッコミたくなるけど
こういう、どんどん最悪な事態になってく話ってけっこう好き。



そしてやっぱりマットは悪人が好きだな


手が早いローレンス・フィッシュバーンもハマってる。
でもジャン・レノはちょっと影薄すぎだったかな。

スキート・ウールリッチは昔はジョニー・デップの再来?なんて感じで
似てたけど、ずいぶん見た目 年取ったなぁ。むさくるしくなってた。

女性はほとんど登場しないし、ほんと男臭い映画


キャストが気になるって方にはお勧め


 公式サイト
ARMORED  2009年  アメリカ  87min
3月27日(土)より、ロードショー




皆さま、楽しい週末を



クリックして下さってる方々ありがとう

←please click




Comments (12)

息もできない / BREATHLESS

2010-03-23 01:36:03 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリックしてね
←please click



父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きるしか術のなかった男サンフンと、
傷付いた心を隠し勝気に振る舞う女子高生ヨニ。


家庭内暴力によって家庭がばらばらになった過去を持つ彼が
ある日、自分と同じ家庭に問題のある女子高校生ヨニと出会ったことで少しづつ変わっていく。



ロッテルダム映画祭はじめ世界の映画祭・映画賞で
作品賞、男優賞、女優賞など25を超える賞に輝いた本作


韓国映画、サスペンスやドラマは好きだけど自分には合うかなぁ?と思いつつ、
えいさんにもオススメされたしで更に期待。


男勝りの凄い言葉使いのヨニは、サンフンのことも怖がらず、ものすごい勢いで彼に迫る。
秘かにいつしか生まれる友情。

が、ニートで凶暴的なヨニの兄がサンフンの舎弟になって、思わぬ悲劇が起こる。。。

観た後で知ったけど、主演が監督脚本の人だったのね。
俳優として韓国では知られている、ヤン・イクチュンの初長編監督作。



ヨニが綺麗すぎないところがまた素朴な女子高生でいい感じ。



7/10(69点)
(作品の出来じゃなく、好み)


わたしは別に優等生ではないけど曲がった事、大嫌いで
一匹狼や硬派ならいいけど チンピラとか暴力とか大嫌い! 
ホラー映画は好きだし、グロい、痛い、エグいのも観るのは平気。
でも殴る、蹴るっていうのは生理的に駄目でxxxxx
なんかそういう意味で、主人公で借金とりのチンピラが お金を返せない人や
自分の手下をガンガン殴るシーンがかなり多いので 正直観ててむかむかしていた。
ほんと辛くもなったから、劇場でウケてるシーンでもわたしは笑えず
(そもそも笑うツボが違った)
それでも惹きつける何かがあったため退屈もせずに観ていた。


それが、、、、いつの間にか男の心の中にある優しさが見えてくる。
帰ったら父親を殺してやるんだ、と息巻いてたのが
帰ると父親が本当に倒れて、その存在の大切さを知る。
うまいな~、この人。

憎まれ口いいながらも、一緒にいて安心する関係だったサンフンとヨニ。



夜中に漢江の川岸に呼びだしたヨニの膝を借り、
お互い何も語らずにただ二人嗚咽するシーンが印象的、、、、。



いじめられっこの甥っ子にはプレステを買ってやる普通の優しい叔父さん。


口は悪いまま、この仕事から足を洗おうと 
一緒に仕事を始めたクソ野郎呼ばわりする社長に話す辺りからは段々といい人にみえてきて。
甥っ子の学芸会にヨニを紹介しようと社長も呼んだ。

ああ、それなのに!!

血だらけの顔で横たわるクローズアップ。

散々馬鹿にされて、たまりかねてたあいつが、、、

ラストの方で、最近どこからか大金を持って来る様になって不思議だった兄貴の正体を見るヨニ。

↑ もうとにかく憎らしくて、この男が!この顔が! ↑
自分より立場弱いような人見て弱いものイジメみたいな事するやつ大嫌い



社長が本当に借金取りから足を洗って、開店した焼肉ショップでの皆の笑顔と、
号泣する家族の悲しみの光景が交差する、、、、



殴る蹴るが続く、残像が目に焼き付いたのが数時間経過とともに和らいできたせいか、観た直後の重い気持ちが少しは軽減されたのか
今の方がきちんとこの映画に向き合えた気がする。
好みではなかったけど、過去のやり場のない感情を見事に描き出した作品。
切なすぎる、、、、


英語題はBREATHLESSで「息も出来ない」そのままだけど、
本来の韓国語の原題は「糞ハエ」という意味らしい...。




公式サイト
똥파리/BREATHLESS    2008年   韓国   130min
3月20日より公開中~。





クリックして下さってる方々ありがとう

←please click


Comments (34)

マイレージ、マイライフ/ UP IN THE AIR

2010-03-22 12:18:12 | 劇場&試写★6以上

 

 

先日のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞×2など
主要部門最多5部門6ノミネートで話題だった1本。


どちらも面白かった「サンキュー・スモーキング」「JUNO ジュノ」のジェイソン・ライトマン監督作!


楽しみにしてたけど予想以上に良かった♪

ジェイソン・ライトマン、「ゴースト・バスターズ」のアイヴァン・ライトマンを監督に持つまだ若い32歳。
コメディ的なセンスは父親譲りかもね★

脚本には「テキサス・チェーンソー ビギニング」、アダムの「ロンゲストヤード」の脚本家、シェルダン・ターナー。

マイレージ生活、の話を想像しちゃうタイトル違うんじゃない?って思ったら
原題は「UP IN THE AIR」
空中という意味もあるけど、何も決まっていない、宙ぶらりんという意味にも使われる。



二人の女性との出逢いで、芽生える何か大切なもの。

ジョージ兄貴演じるのはリストラ宣告人のプロ、ライアン。
世界中を飛び回りながら二度と会わない相手に、クビを告げる。
年間出張322日、空港は家同然に落ち着く場所、いやそれ以上。
旅慣れてるから移動も計算しつくされて実にスマートで無駄がない!
夢はマイレージ1000万マイルためる事!

人との繋がりは重要視しない、その場限り。ある時、自分に似たタイプの女に出逢う。


エスター」の母親役で、mig的助演女優賞だったヴェラ・ファーミガ。本作でアカデミー賞助演女優賞ノミニー
ナオミ・ワッツ+ケイト・ブランシェットな雰囲気?
セクシーなヌード(後姿)も披露
面倒なこと抜きで、メールや会えば情事、を楽しむ。



会社期待の新入社員ナタリーは、ネットで解雇通告を提案、出張廃止の合理化を実行させようとする。

そんなことされちゃマイレージもたまらないどころか、自分がクビになる。
どちらが有効かを見極めるため、実地に同行させ現場のやり方を教え込む。

このアナ・ケンドリックもアカデミー賞助演女優賞ノミネート。
モデルの美香に見えて仕方なかった 
「トワイライト~初恋~」シリーズでジェシカ役?気がつかなかった!



同じベイトマンでも監督とは親戚ではありません。
ジェイソン・ベイトマンも「JUNO ジュノ」につづいて続投。


あとはジョージの家族くらいで、ほとんど3人でこなされるドラマ。
相変わらずこの監督特有のシニカルなセリフとか、
ウィットに富んだ会話とリアルな人間像の描き方が秀逸

前2作もそうだったけど、感情やセリフがリアル。
リストラ、転職、ネット社会、、、、
この世界的不況の時代にうまくあったテーマで、かつ、小難しいことを訴えるんじゃなく
ユーモア交えて展開するストーリーは人間ドラマであり、質の良いコメディでもあり

8/10(79点)





アカデミー賞作品賞ノミネート作品の中でも上位にしたいほどけっこうこれは気に入ったな♪
ジョージ・クルーニーといえば、ソダーバーグ監督やコーエン兄弟とのコンビが定着しつつあるけど
シニカルテイストなジェイソン・ライトマン作品ともぴったりマッチ。
結婚は破滅への道、自由気ままな独身生活をエンジョイっていうのが
まさにジョージとダブって本人そのまんまって感じ★

出逢いはどんなものも奇跡。たとえ最終的には別れても、
自分にとってその出逢いはなにかの意味があったりっていうのも感じさせる。
これもまさにそんな作品。


ここからちょっとネタバレ。
大切なものに気づき、自分が間違ってた!あの人を手放すのは!
即飛行機に乗りシカゴへ飛び、家に行くと彼女には家族がいて。

普通はシカゴ行ってお互い結ばれる。ってパターンだけど違う。
そこで再び自分の人生を見つめ直すことになる。
目標のマイレージ1000万マイル達成してもどこか心は空しい。。。


「あなたはどうしたいの?」
女は勝手だけど、最初からお互い後腐れない関係を望んでいたし、
ちょっとした気分転換に会って楽しむ相手くらいの存在だった。
そんな結末もありじゃないかな。
でも住所なんてホントに内緒にしたかったなら嘘おしえとけば良かったのにねー
(そこつっこんだら面白さ半減か
妹の結婚式まで来たくせに~

歳がふた周り近くも離れた新人ちゃんナタリーとのやりとりも、
ナタリーの、強がってるけど弱い面も持つ可愛い2面性もリアルなキャラクターに描かれてる。


最後にネット宣告が勝利して、高額だった出張経費は見事削減されることになったあと
ナタリーが実地で宣告した女性が本当に自○しちゃった1件だけで
すぐ元に戻すことになるなんて、会社も相当勝手だし単純。
確かにかなりのコストダウンだけど、ネットで(スカイプみたいなので)顔みながら宣告するっていうのも、
そういう時代なんだなぁと感じたり色々と興味深かった。

あ、あと結婚決まってた妹の夫がまさか直前のマリッジブルーは意外でした。
あっという間にジョージの一言ですぐする気になったのもその切り替えの早さにびっくり (笑)



妹夫婦が、ハネムーン資金がないから 友人や家族に自分たちのツーショットパネル渡し、
それ持たせて色々な国の名所での合成写真撮らせるって面白かった




 公式サイト
UP IN THE AIR    2009年 アメリカ   109min
3月20日(土)より、公開中~









Comments (49)

ダレン・シャン/ CIRQUE DU FREAK: THE VAMPIRE'S ASSISTANT

2010-03-21 09:35:03 | 劇場&試写★6以上
ランキングクリックしてね
←please click



ヴァンパイアもので脇役陣も豪華
目的は、ジョン・C・ライリーおっさんと、ウィレム・デフォー


ってコトで行ってきました~ダレンシャン。
同名の作家ダレン・シャン著の児童向けのファンタジー小説。全12巻
コミックも出てるとか。
吹替え版もあったりして、子供向けかな?って思ってたので期待もせずに。


監督には、ヒュー・グラントと少年の「アバウト・ア・ボーイ」(つまんなかった)や
メル・ギブソンの「ペイバック」(めちゃつまんなかった)のポール・ワイツ。
脚本はポール・ワイツと、「ボーン・スプレマシー」「ミスティック・リバー」の脚本家、ブライアン・ヘルゲランド。


主演は先日来日もした、新星クリス・マッソグリア。




ヴァンパイアに憧れるその親友にジョシュ・ハッチャーソン。

子役ハンターとしては「ザ・スーラ」の頃から見守って?きましたが
「テラビシアにかける橋」「センター・オブ・ジ・アース 」と
目にする度に成長著しい伸び盛り。 主演よりこっちの方が可愛いけど。


オープニングからカッコイイ、コミック的で可愛くてセンスいい映像


脇の役者たちがイイ!
フリークスたちも魅力的キャラ取り揃えております


脇というかほぼ主演みたいな立ち位置で、デフォーさんよりも出ずっぱりだったのが
ジョン・C・ライリー! 
いつもはただのおっさんですが 素敵です
観る前は、ジョンCがヴァンパイアだったけど。

ついでに敵にウィル・フェレルもまぜてやってほしかったけど
そしたら完全コメディになっちゃうもんね (笑)

いちばん面白かったのが、見せ物小屋で次々に芸披露するフリークスたち!

そのリーダー(団長?)ミスター・トールに渡辺謙さん!

この姿での登場は知ってたから驚かなかったけど、
知らなかったら変な中国人かと思って気づかなかったかも。
結構セリフありました~。


ヒゲがはえてくる女にサルマ・ハエック



この二人カップルだし


目立つシーンはないウィレム・デフォー。見た目はイイ味なのにザンネン!



他にも、ヘビ使いで半分ヘビのエブラには「あの頃、ペニー・レインと」の主演の子、パトリック・フュジットや
「ドラムライン」でコーチ役のオーランド・ジョーンズも良かったし。


7/10(66点)


キャラで星オマケ♪
期待してなかった分、楽しめちゃって得した気分
CGの使い方が面白く、話もスピ-ド感あってどんどん進むのが良かった。
前半に比べると後半ややスピードダウンしてちょっと眠気もきたものの
思ってた通りの展開でもまた惹き込まれた☆
友達が敵になったり、クモが出て来たりどこか「スパイダーマン」みたい。



ストーリーはかなり単純。
ある夜、親友とサーカス(見せ物小屋)に行くと、フリークスたちが。
そこで盗んだ巨大毒蜘蛛に噛まれた親友スティーブ。
そのとき運命が大きく変わった。普通の少年、ダレンシャンが、ヴァンパイアと取引し解毒剤を手に入れる。
そして、ヴァンパイアのアシスタントとして
半分ヴァンパイア、半分人間の ハーフ・ヴァンパイアになった。




少年はてっきりこの間の「パーシージャクソンとオリンポスの神々」みたいな感じで
最初から半々に生まれたのかと思ったら。 そうだ、あっちは神と人間のハーフでした (笑)

デフォーさんもっと活躍して欲しかったケド。。。
ETと「ロード・オブ・ザ・リング」に出て来そうなキャラ、キモかわでした
これはまだ続くのかな?
観ちゃうと思う、続き気になる☆
その時はまた、色んなキャラ(フリークス)見せて欲しいなー。


 公式サイト  
CIRQUE DU FREAK: THE VAMPIRE'S ASSISTANT  2009年    アメリカ  109min
3月19日より、公開中~ 




このところ立て続け鑑賞で映画レビューが続いてます





クリックして下さってる方々ありがとう

←please click



Comments (32)

噂のモーガン夫妻 / Did You Hear About the Morgans?

2010-03-20 11:10:05 | 劇場&試写★5
ランキングクリックしてね
←please click




裏切られるのが得意なキャリーサラと、浮気男な優柔不断男がハマるヒューが夫婦

3本はしごの最初に観たのがこれ。
期待してたワケじゃないけど、サラだし。ラブコメだし
可もなく不可もないフツウに楽しめるラブコメで、想像通りでした


監督は「ラブソングができるまで、「トゥーウィークス・ノーティス」に続いて
3度目のヒュー・グラント起用、マーク・ローレンス。
毎回、ベタだけど普通に面白いラブコメがお得意。


一般庶民に見えるが二人は不動産業を営む妻と敏腕弁護士の夫のセレブ夫婦。


ドン臭い役で敏腕には見えないケド



NYに住んでいた夫妻、仲直りのために夫が誘ったディナーの帰り道、
いきなり空から人が落ちて来る!
犯人の顔を見てしまった=犯人に顔を見られたからには命を狙われてしまう!
ということで警察からの指示で、証人保護プログラムにより
誰も知らない田舎町へと放り込まれる。

なんかこのくだりは、ギャングの抗争で顔を見られて
それ隠すために男ふたりが女に化けてガールズバンドに紛れ込む
大好きなマリリン・モンローの「お熱いのがお好き」(監督、ビリー・ワイルダー)を思わせた。
けどよく考えたら「天使にラブソングを...」の方が「お熱いのがお好き」に似てるか。


5/10(58点)


凄く面白いわけでもなく、普通にちょこちょこ笑えたくらい。
ヒュー様の目、ぱしぱし、今でも健在
老けたのも不倫して情けない立場の役なのが仕方ないにしても、なぜか存在感薄い感じだったのが少し残念。

サラの方は、この役で最低映画賞であるラジー賞の主演女優賞にノミネート!
(御存知の通り、サンドラが受賞)
命狙われてるってうのに「田舎になんて住む気はない、私はNY生まれよどうやってそんなところで暮らすの?!」
スーツケ-スにドレス持って行こうとしちゃったり。
わざとかもだけどやっぱりどうしてもキャリーに見える(笑)



一度壊れた関係が、1つの事件によって段々と信頼と愛を取り戻す。

それがコメディらしくユーモア交えておバカな展開なのが

笑えたとこ
・田舎なので一人の医者が全部やってて、眼科目的で行っても外科目的で行っても
いつも同じ医者。

・高いベランダを渡るサラ、それ見て見ぬ振りの朝食食べる家族

・ヒューのクマとの格闘。(一番の見せ場?)


・巨大スーパーで激安セーターに感激、よくみたらそれ2枚の値段。

・銃の練習してるときのサラ。

・車はキーつけっぱなし。すぐ人に貸せるように★

そんなところかな?あと忘れちゃった

部下の二人は初見だけどどちらもパッとしない。
と思ったら一人は海外ドラマで活躍のエリザベス・モス。

もうちょっと顔の知れた若手使ってキャラ膨らませたら面白かったのにな。

この夫婦はなかなかいいキャラ☆
特に刑事の妻役のメアリー・スティーンバージェン。

未だに「バックトゥ~3」のドクの恋人って言っちゃうけど
サンドラのコメディにも彼の母役で出てたし、未だ主にラブコメで現役なのが嬉しい♪


夫の浮気を許せるか?っていう大きなテーマ?はそれほど重要じゃなかった。
もちろんラストはハッピーエンド
DVDでも全然OK、サラっと観られるコメディ。
タイトル自体「モーガン夫妻のこと、聞いた?」だしね  (笑)

あ、書いておきたいのはやっぱり使われてる音楽がどれもいいってこと。
この監督、前作でもドリュー・バリモアとヒューに曲歌わせたり、
80年代な曲を落ちぶれ歌手のヒューに歌わせたりしてたけど
今回もサントラよさげです
エンドロールにかかったのは
なんとビートルズの名曲「恋を抱きしめよう」スティービー・ワンダーのカバー版!

このセンスが好きです


マンハッタンで数千億円の物件ばかりを扱う不動産のトップセールス・ウーマン、メリル・モーガンと、
全米でも10本の指に入る敏腕弁護士のポール・モーガンは、セレブカップル。
だけどポールの浮気が発覚してから、メリルの気持ちはすっかり冷め切ってしまっていた。
ある日、2人は図らずも殺人事件に遭遇してしまう。
犯人に顔を見られた2人は、証人保護プログラムにより身分を隠してワイオミングへ送られる。
人間よりも牛や馬のほうが多いド田舎で暮らすハメになったこの夫婦の行く末は…?





 公式サイト
Did You Hear About the Morgans?    2009年   アメリカ  103min
3月12日より、公開中~


しつこいけどサラの「Sex and the City2」日本では6月4日公開
いよいよ前売券も販売スタート!
情報入り次第また記事書きます~。orツイートします★


プレミアの写真とヒュー様来日のは以前ゴシップに載せたのでちょこっとだけ。

2009 12/8 ロンドンプレミア











昨日今日からまたどんどん新作公開!
皆さま楽しい週末を~




応援クリックよろしくね クリックして下さってる方々ありがとう

←please click



Comments (16)

シェルタ-/SHELTER

2010-03-19 12:24:51 | 劇場&試写★4 以下

ランキングクリックしてね
←please click



世界に先駆けて【先行解禁】決定!
日本で、その全貌が明らかとなる!!
ジュリアン・ムーア × ジョナサン・リス・マイヤーズ 競演

って広告、大袈裟ぁ~  

水曜日の試写にて。3本はしごの2本目、これもお友達のhinoちゃんと。
二人ともこういう人間の精神的なものを描いた作品好みなので♪


ちょこっとネタバレありレビュー
※主人公が精神分裂症なことは初めから分かった上で映画は進みます


「多重人格」の話っていうとわたしが最初に多重人格ものに興味を持ったのは「レイジング・ケイン」
(これはその後に観なおしても面白い映画だったな~)
それから昔読んで衝撃を受けた、 ダニエル・キイスの「24人のビリーミリガン」
続編も読んだし、多重人格というものとその現象、過去に親に虐待され精神分裂症を起しそうなってしまったビリーにもすごく興味あった。
精神分裂症自体を罪から逃れる為の演技と、それすらを否定してる人もいるけどダニエル・キイス自身が取材して書いたというのがまた興味深いの。
その実在する人物、ビリーミリガンは映画化される話もあって
当時はエドワード・ノートンがビリーを演じる、なんて噂され すごく期待してたんだけどもうそれから数年。流れちゃったのかなぁ。


話は少しずれたけど、そんなワケで本作ではどのような精神分裂を絡めたストーリーになるかと思いきや、、、、、




暗い映画は嫌いじゃないけど、話に盛り上りがないのはダメ。
1時間すぎてもほとんど展開もなくつまらない

一体いつになったら面白くなるんだろう?と思ってると
やっと、ジュリアン・ムーアの弟が、黒くかぶさる黒い影が何なのかつきとめたあたりで
ちょっと惹き込まれたけど興味は長く保たず



多重人格にしては、中に別の人格が潜んでいるというパターンじゃないな
って思ったら
ディヴィッドの人格はすべて死者のものだった!
しかもその起源は100年近く前に殺されたムーア牧師の恨みという展開に、
???
がっかり

そもそもそれなら別に、多重人格者装う必要もないんじゃ?

このタイトル、原題も同じでシェルターってからにはシェルターらしきものが出て来るのか?
どういう展開になるのかっていうのも気になってたところだったんだけど
(シェルターとは防空壕や避難所を意味。)
ここでは、祈祷師の老婆が持ってる壺。これが人間の魂を封印する「シェルター」らしい。


最後の方は初めよりは退屈じゃない展開になったものの、王道なオチ。
古くは「エクソシスト」や、もう作られて20年以上も経つ「チャイルド・プレイ」もそうだったけど

魂ごと次に乗り移っちゃう展開はほんとありがちパターン。
あまり映画観ない人には通用するのかもだけど、、、、。

結局、ノロイとか悪魔とかわけのわからない宗教とか、そっち方面いっちゃうんだよね。

観ていて驚くところがなかったのが、つまらなかった理由の最大の原因かな。



この脚本が、私が今でも絶賛、よく人にお勧めする
アイデンティティー」の脚本家と同じだったなんて~


観る前に知ってたら、期待しちゃってただろうから観たあと知って良かった(笑)


4/10(40点)



精神科医には、「フォース・カインド」の博士を蹴ってこっちとったのかなとも思えるジュリアン・ムーア。

駄作出演率高しでキケンです


お久しぶりなジョナサン・リース・マイヤーズ。


最大の?見どころは、人格が入れ替わる際の、のけぞるシーン。
(でも映像的には別に大したことなかったんだけど、写真だけみてると面白そうだったのよね、、、)

デヴィッド→アダム→ウェス→チャーリーと一人4役をこなすジョナサン・リースマイヤーズだけど、正直しっくりこなかった。
現代だけならともかく、かなり古い時代にもこの風貌のまま現れる。
クラシックな雰囲気はなく今っぽい感じの俳優だからなんだか違和感。
演技も、とりたてて素晴らしかったという印象もなく普通。
これなら無名か、名の知られてない役者がやってた方が良かった気がしちゃった。


ジュリアン・ムーア、精神科医なのにたいしたことしてなかったような?


カーラは、解離性同一性障害疾患を認めていない精神分析医。
ある日、デヴィッドと名乗る男の診察を始めると、別人格が現れた。
このケースも単に彼が周囲を混乱させる愉快犯だと考えたカーラは、彼の身辺を探る内に、
デヴィッドとは25年前に亡くなった故人であることが判明する。
その間にもデヴィッドの人格は次々と入れ替わり、カーラの疑念は深まっていく。
そしてカーラが導かれるようにして辿り着いた先は、時代に葬られていた血塗られた歴史だった‥。




 公式サイト
SHELTER     2009年   アメリカ    112min   PG-12
3月27日より、ロードショー



昨日も試写1本観て来たし、まだまだ映画レビュー、たまってます
ガンガンいかなくては

確実に賛否両論になりそうな「NINE」いよいよ本日公開

レビューはこちらNINE




応援クリックよろしくね クリックして下さってる方々ありがとう

←please click



Comments (22)

隣の家の少女/THE GIRL NEXT DOOR

2010-03-18 13:37:10 | 劇場&試写★6以上
ランキングクリックしてね
←please click



「隣の家の少女」、じゃなくって「隣の家のばばあ」でしょ


あ、いきなり暴言、失敬しました。
皆思わずそう言いたくなるよ、ってくらい隣のばばあが凄い!
いえ、顔は綺麗なんだけどね。

ありえない!って言いたくなるけどこれ、実話を基にした作品。
ジャック・ケッチャムの同名の小説を映画化。2007年の作品。

久しぶりに3本映画はしごの最後に観たこれが一番印象強かったのでこれから書いちゃう。
行為そのものが酷過ぎて、その直前に試写で観た映画なんて霞んじゃう。
blogお友達のhinoちゃんと夜の2本は一緒に。

ネタバレ レビューですのでこれから観たい人、要注意

試写のあと急いで渋谷に向かい、回転すし驚きの早さで食べ、
向かうはマニアックなホラー映画いっぱい流してくれるシアターN。
レディースデイなのに98%男子!? あ、ここは水曜日どなたも千円なのね☆

田舎町で少年時代を過ごした男が回想する。
かつて隣人が、無垢な少女に対して行った悪夢そのものの虐待を見せつける。





あれ?こんな映画だったの?! 前知識は、少女が監禁、暴行されてしまう話ということだけ。

観たあとはゲンナリ。とにかく 少女の叔母、隣のババアにあれこれもの申したくなる!
帰り道、酷すぎだよねーって話で盛り上がった。

緑が多く、映像も綺麗。エルヴィスやポニーテールにスポーツカーの時代。
いかにも50年代な雰囲気と少年達...あまりに爽やかな50’sミュージック。
どこかスティーヴン・キングの「スタンド・バイ・ミー」を思わせ、、、、

と思ったら、ハイ早速 黒幕登場!

自分の子含めた未成年の少年たちに、「ビール飲みな」だの言いタバコは平気で吸わせるし
最初は 綺麗めだけどイキのいいおばちゃん出て来たなって思ってたら
とんでもない悪魔
見知らぬ人ではなく、少女の叔母だというから余計に怖い。



いらないけどリメイクするなら、ニコール・キッドマンがハマりそう
演じたのはブランチ・ベイカー

1958年、小さな街で暮らすデイヴィッドの隣家に、ニューヨークから姉妹が越して来る。二人は家庭の事情で叔母の所に預けられており、
デイヴィッドはすぐに姉のメグと打ち解ける。
だが、次第に彼はメグが叔母とその息子たちに虐待されていると気付き始め……。



少年達の行動はもちろん間違ってるけど、 この親がいけない。
どういう神経なのか疑いたくもなる言動は、本当にあったことだという設定だから驚き!
(どこまで実話なのか)


とにかく、何の罪もない 嫌われるところなどない普通の少女が
なす術もなくただやられるだけっていうのが観ていてほんとに辛い。やるせなくなる。
何もしてないのに!!気に入らないっていうだけでここまでやるものか!?
イジメの世界ですよ、大人の子供イジメ!最悪~!

もともと復讐ものが好きなわたし、「やられたら、やりかえせ」じゃなく
やりかえせないままっていうのは気持ちの持っていきようがないというか。

少年たちが犯すシーンも、まさかの光景。後にはこの女がタバコ持って余裕の顔で見てた。恐ろしい!

最終的には、同じ女であるにも関わらず、女性の性器を焼くという仰天行為に及ぶこの女、
悪魔が取り憑いてるとしか言えない。
何故そんなに少女に辛く当たるのか、理由もまったく描かれていないから
単なる狂人なのか。でも普通の人なんだよね。
オカルトに転んでもいないし。



子は親を見て育つというけど、まさにその通りで
こんな母親を持った少年の行く末は目に見えてます。

3本観た最後でレイトショーだったにも関わらず、まったく眠くもならず、
惹き込まれるように作ってあるという意味では好みだけど、
こういう作品って、エンタメではないから何を思って観客に観せるんだろうってことを考えると、

1.こういう事をすべきじゃないと訴える、道徳的メッセージと教訓
2.少女が暴行されているのをみて興奮する
3.これを観てなにを思うか、どう感じるのか確認する
4.実話ベースだけど単なる映画
5.少し変わったインパクトのあるものを見せたい


人それぞれでしょうが、わたし個人的には3だと思った。

隣に住んでいた少年デイヴィッドが、妹を除いて唯一の味方であって
最後までどうにかしなくては、っていう気持ちを持ち続けて行動を起こした。

死の直前、少女も言ってたけど「気持ちが大切なのよ」
そういう事だと思う。

少年の、その最後まで少女を守ろうとする姿が唯一救いだった。




でもせっかく警察が来たのに死んじゃうなんて~。やるせなすぎ



少女が書いてくれた絵を持ち続け
大人になってもその少女の記憶から逃れられず、過去の悪夢の出来事に苛まれるデイヴィッドの姿が印象的...。


星評価なしにしようと思ったけどそうすると酷い映画(駄作)みたいになるので一応。

6/10(66点)


「アレックス」っていうモニカベルッチが犯される映画は最低最悪!な映画だったけど
こちらはなぜか私的に評価低くはならない。
デイヴィッドの愛ある行動があったせいかな。

6以上は普段オススメですが、今回全くオススメはしません。
気になった方だけご覧下さい



少なくともこの20年間で最も本質的に恐ろしい、
ショッキングなアメリカ映画だ。
まさに「スタンド・バイ・ミー」と表裏一体をなす作品といえるだろう」
 by.スティーヴン・キング


あ、ちなみにこの原題はそのまま「THE GIRL NEXT DOOR」隣の女の子。で
同じタイトルがコメディにもあるけどもちろん別もの。

このカルトな原作者、ジャック・ケッチャムは
善にも悪にも傾くことなく、事件が起こった理由も何も書かず、鬼畜描写を描く作家だそうで。
そのファンの方は必見かも。
シネマトゥディさんのページでもしばらくアクセス1位で話題の1本です。



 公式サイト
THE GIRL NEXT DOOR     2007年    アメリカ  91min
3月13日より、シアターN渋谷にて公開中~

なんと異例!大反響で期間延長&20日~は11:15~のモーニングショーも上映決定!

4月~5月にかけて 大阪、京都、名古屋、福岡、沖縄、金沢、広島、順次公開予定。



応援クリックよろしくね クリックして下さってる方々ありがとう

←please click




Comments (17)

ハリウッドゴシップ★News<ジュードVS斗真、食わず嫌い出演~>

2010-03-16 14:32:00 | セレブ&ハリウッドgossip★NEWS
お待たせしました☆(待ってない?)ちょっと久しぶりになっちゃったゴシップコーナー
いつも楽しみにしてくれてるという方のコメントが原動力です
今日もまとめてドウゾ!

レオナルド・ディカプリオ、新作「シャッター・アイランド」記者会見で来日
3年ぶり、6度目の来日。


10日の午後成田に到着し、翌日11日に六本木で行われた記者会見に現れた☆

貫禄でました

謎が謎を呼ぶこの新作について、1つだけ謎を解くヒントを聞かれると、
「話の筋は複雑だが、とにかく予備知識なしでストーリーに乗ってきて欲しい。
最後に心を打たれる結末があるからね。
この映画はプロモーションで言うのではなく(笑)、2~3回の鑑賞に堪えられる作品だ。
2度目は違う意味、違う演技に見えるからね。」

数度目のタッグとなるマーティン・スコセッシ監督作、去年の公開から延期され、いよいよ4月9日公開!
複雑な謎解きに専念できるよう「超日本語吹替」でも上映されるって。
(ちなみにその字幕、戸田奈津子氏)


最近ハリウッドスター続々来日。
現在アダム・ランバートが来日してる他、
先日は、19日~公開の「ダレンシャン」の若手俳優、クリス・マッソグリアも来日。


ヒュー・グラント「噂のモーガン夫妻」で来日
こちらは3/1に3年ぶりに来日した元祖ヒュー様。ザ・ペニンシュラ東京で会見と夜には舞台挨拶に登場。

老けました  (49歳)
鳩山夫人も。

「女性は怒ると怖いよね。僕は暴力がニガテなんだ。
英国アカデミー賞で授与されるトロフィーで殴られたこともあるんだよ」
とヒュー様。
でも昔、しつこいパパラッチにさやえんどう入ったタッパー投げつけてたよね?

3/9アブダビにてゴルフ。

モテモテヒュー様も そろそろお腹、ヤバめ。



こちら先月の話。「シャーロック・ホームズ」のレビューにもちょっと載せたけど、こちらで載せてなかったので☆
ジュード・ロウ、6度目の来日♪+食わず嫌いに出演
2/18の寒い日、六本木ヒルズにて。
※成田空港には復縁したシエナの姿もみられた。(一人の写真のみなので省略)





「人間失格」の生田斗真くんとのバトル



選んだ4品は、カジキマグロステーキ、ポークソテー、冷や奴、チョコブラウニー。


結果は、、、
ジュードの一発負け ポークソテーがお嫌いでした



牛肉や鶏肉は大好きとのことで、

違いの分かるイイ男、ジュードでした


一応、一番最近のただの歩くジュード。
12日、NYノリータのカフェで知人と朝食。





ダコタ・ファニング、新作「ランナウェイ」L.Aプレミア
70年代に実在した、10代のガールズバンドの伝記映画「The Runaways」プレミア。

黒髪のギター&ヴォーカルに「ニュームーン」でもダコタと共演したクリステン・スチュワート。
並ぶとダコタが断然可愛い
ていうか、クリスティン、なんじゃそのドレス
なかなかいいコンビ。


「ニュームーン」仲間、テイラー・ロートナーも来てた。


北米限定公開に3月19日、北米一般公開は4月9日。日本はいつ?



ジェニファー・アニストン&ジェラルド・バトラー☆ウワサの二人共演新作プレミア
プライベートでも仲良しのこの二人共演「Bounty Hunter」のロンドンプレミア。

付き合っちゃえ!



発売中の雑誌Wでも二人のセクシー写真みられます☆



「フレンズ」仲間繋がりで一つ。
ロス役、デヴィッド・シュワイマー(43)が19歳下のカメラマンゾーイ・バックマン(24)と婚約





ブラピ&アンジーファミリーinヴェネチア
新作撮影で滞在中のイタリアにて、12日。





双子ちゃんますます可愛くなってきた☆





マット・デイモンファミリー
去年引っ越してNYに住んでるファミリー。1歳のジアと4歳のイザベラと。





マシュー・マコノヒー、二児のパパやってます。
すっかりパパぶりが板に付き、最近は服を着た姿ばかりパパラッチされてるマコ様。つまらん
この日はリーヴァイくんと。




かわゆい
必死。

9日、NYで皆でとうもろこし。


筋トレよりも今は散歩




9日、ロンドンにて。グゥイネス・パルトロウ
久しぶりのグゥイネス、でも変わってない。


バレバレでも顔隠す。


アップルちゃん現在6歳☆モーゼス君4歳



12日、サンタモニカにてケイティ&スリちゃん
最近スリたんの写真があまり出て来ないので今日はこれだけ。

美味しい菓子パンを買いに行ってました。


こちらもケイティ。
ケイト・ウィンスレット2度目の離婚

15日、サム・メンデス監督と離婚することが分かった。
二人には5歳の子と、ケイトは元夫との間に8歳の子がいる。



公開中の「ニューヨーク、アイラブユー」に出演中の3人
ナタリー・ポートマン、新恋人とキス
先月は「フィリップ、愛してる!」にもジムの元彼役で出演中のロドリゴ・サントロと噂になったかと思ったら
こっちが本命?!

お相手はニューヨーク・シティ・バレエ団のダンサー、ベンジャミン・ミルピエ。
ダーレン・アロノフスキー監督の新作「ブラック・スワン」に主演するナタリ-、
彼はその新作で振り付け担当で親密に。



この方。

あれ。じゃあ12日にベニスビーチでお散歩してたこの方はただの友達か





今日もラブラブ♪オーランド・ブル-ム&ミランダ・カー





クリスティーナ・リッチ、パリで派手に酔っぱらう
ファッションショーのアフターパーティで、クリスティーナ飲み過ぎた。




べろんべろん


このパーティ、リンジーも来てたけどこの人はもちろん平気



ジョニー・デップが 3月22日「アリス・イン・ワンダーランド」で急遽来日決定~
でも15時間ほどしかいられないとか。
ここ見てくれてるファンの皆様が会えます様に


それではゴシップ、また次回~ see you
新作その他、情報入ったらツイ-トします~



応援クリックよろしくね クリックして下さってる方々ありがとう

←please click


Comments (26)

エスター / ORPHAN

2010-03-14 18:08:40 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

 

ランキングクリックしてね
←please click




エスターは、9歳。
ロシアで生まれ、孤児になった、可哀そうな女の子。
頭が良くて、絵と歌が上手で、天使のように可愛、、、
いくない


そうきたか!まったく考えてもみなかったオチにびっくり
したと同時に笑っちゃった
こんなオチ、今までなかったんじゃ?



これ、あのダークキャッスルの映画だったのね、 知らなかった~。
昔はダークキャッスルのホラーっていうと、駄作ばかりなイメージあったけど
ホラー好きだからね、これまでのは全部観てます
同じくダークキャッスルホラーで数年前日本でも公開された、
パリス出演で話題となった「蝋人形の館」はリメイクだったけど
なかなか良く出来てて、mig的ダークキャッスルの作品中一番だったっけ。(60点だけど)
それを撮った、まだ30代の若手監督ジャウム・コレット=セラが本作の監督。
CM監督出身らしく、映像も美しく、とくにエンドロールがクールで作品自体にチープな感じがしない。

プロデューサーには、ジョエル・シルヴァーやレオナルド・ディカプリオも。



原題の「ORPHAN」は孤児。
10月に劇場公開されてた時に観ようとしてたんだけど時間がどうしても合わずでDVD待ちだったの、
リリースされたので早速観てみた☆

「この娘、どこかが変だ。」ってキャッチコピー、面白い。


観る前は、マコーレー・カルキンの「危険な遊び」みたいな邪悪な子供の話なんだと思ってた。

確かにそうはそうなんだけど、、、



もうDVD化してるし、下の感想はネタばれありで~

赤ん坊を死産で失い、悲しみに暮れていた夫婦ケイトとジョンは、養子を迎えようとある孤児院を訪れる。
そこで出会った少女エスターに強く惹きつけられた2人は、彼女を引き取ることに。
しかし、日に日にエスカレートするエスターの不気味な言動にケイトは不安を覚え始める。



8/10(88点)



いや~、これは見抜けないでしょう!
っていうか、そんなのあり!?  って感じ。 笑   
でも予想外で楽しめちゃった。
キャストが全員巧い!

ケイトを演じるヴァラ・ファーミガがものすごくリアルな演技を見せる!
(「ディパーテッド」では脇役、「縞模様のパジャマの少年」では母親!)
この人、私的にオスカー候補女優なほどうまいって思ったら
「マイレージ、マイライフ」でアカデミー賞助演女優賞初ノミネートだったのね!
なかなか魅力的な人で、今後も要チェックだな☆
この映画ではケイトは元アルコール中毒というのが、ありがちだけどうまく生かされてた。

エスター演じたイザベル・ファーマンは、DVDの影で加工しすぎでしょ!怖すぎだから!

多分もとはコレ。

写真とは少し違って、意外と可愛い いや、憎たらしい。


その可愛い笑顔と残忍な顔をしらっと演じわけ、怖さを感じさせたのはお見事!


話せない娘マックスを演じるアリアーナ・エンジニアは6歳。
セリフはないけど、怯えながらエスターに協力させられる姿は演技と思えないほど。

ピーター・サースガードは、どんだけ鈍感なの!
妻が言うのも信じずに、得たいの知れないどこぞの子かもよく知らない子の方を
信じる。
妻にも「ほんと鈍感」って言われてて笑っちゃった。


子供というのは何も知らないからこそ邪悪なもので、可愛い反面
時に怖い存在に思えたりもする。


ストーリー的には、大人びた行動をとったり頭が良すぎるとか、エスターのすることが怖いんだけど
もっと色々やらせられたようには思う。(あ、でも何人も殺してるだけで既に恐ろしいか)
警察なにやってるの?あんなもんですぐ捕まらないの?
などと突っ込みたくなったけどダークキャッスルホラーなら仕方ないか(笑)
じんわりと怖い人格が出てくるところも面白い。

そして、感想の最初にもちょっと触れたけどあのオチ。
実は精神病院にいた大人でした!って凄いな~ 
子供じゃないだけあって最後までかなりしつこいヤツでした 

「あんたなんて私の子じゃない!」って顔面に蹴り入れてくれてすっきり。
でもあんなラストじゃ 呪われたりしないのか心配 (笑)

あ、カウンセラーのおばさんは「レールズ&タイズ」や、
「パリ、ジュテーム」のパリが好きになる話、のおばさんマーゴ・マーティンデイルやってました★(←でも役立たず)



ホラー好きには怖さは全然足りません。
話が怖いっていうより、少女が怖いって話。
だからホラー好きじゃない人にもお勧め☆ 

ディカプリオが「何度でも観たくなるホラー」って言ってるみたいなのでレオファンの方も必見!
せいぜい2回みればいいくらいだとは思うけど (笑)

気になる方は是非DVDでどうぞ




 公式サイト
ORPHAN      2009年   アメリカ     123min
DVDセル&リリース中~






応援クリックよろしくね クリックして下さってる方々ありがとう




Comments (46)