我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

アイム・ソー・エキサイテッド!/LOS AMANTES PASAJEROS/I'M SO EXCITED!

2014-01-25 01:53:44 | 劇場&試写★5

 

 

 

「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」

ガエルの女装が見れる「バッド・エデュケーション

一昨年のわたしのNo1映画「私が、生きる肌」などのスペインの巨匠、

ペドロ・アルモドバル監督最新作

は、アルモドバルの初期作品の頃にたちかえったようなコメディ。

ご本人、言わずと知れたゲイなので ゲイネタ、そして下ネタまで盛り沢山

 

アルモドバル作品ファン、3人のゲイのCAのダンスがあって大爆笑とかいうことで

楽しみにしてました~試写にて。

 

これまでのアルモドバル組の面々だちが集結、ってくらい結構出演。

冒頭4、5分のシーンで アルモドバルのミューズ、ペネロペと

多分監督のタイプで何度も出演してるバンデラスが整備士カップル役で登場

前座よろしくショートコントのような会話を披露。カメオ出演。

 

 

 観たのがたとえ数年前でも あ、この顔「トーク・トゥ・ハー」の看護師!とすぐ気付く印象的な

ベニグノ役を演じたハビエル・カマラはオネエ客室乗務員(CA)のチーフ、ホセラ役。

 

「オール・アバウト・マイ・マザー」で主演のシングルマザー・マヌエラ役を演じたおばさんセシリア・ロスはSM女王・ノルマ。

 

「ボルベール」でペネロペ演じるライムンダの姉役だったロラ・ドゥエニャスは、アラフォー処女の預言者

 

 

「トーク・トゥ・ハー」で劇中サイレント映画のヒロインを演じた

精神病で落ち目俳優の愛人役

わー、この人誰だっけ?とあとで調べたらパス・ベガ!(アダムの「スパングリッシュ」など)

昔、"可愛いけどペネロペを古臭くした感じ"と評してたんだけど久々みたら一気に老けててびっくりー

 

私が、生きる肌」では、バンデラスの娘役、ブランカ・スアレスは落ち目俳優の元恋人役。

 

 

残り二人のオネエ客室乗務員、宗教ハマりすぎカルロス・アレセス、副操縦士を狙うラウール・アレバロ、

 

そして副操縦士役のユーゴ・シルバ、新婚カップル、謎のメキシコ人役たちはアルモドバル組初参加☆

 

マドリッドからメキシコ・シティへ。快適なはずのビジネスフライト。でも、その飛行機は目的地に向かわずに上空をぐるぐると旋回し続けていた...。そんな状況の中、3人のオネエの客室乗務員たちは乗客を楽しませようと歌って踊り、オリジナルカクテルを振る舞う。三角関係に悩む機長、運命が大きく変わる日だと予言をする乗客、愛人と元カノが気になる元人気俳優。SM女王にメキシコの怪しい警備アドバイザー、不祥事を働いた銀行頭取、酩酊し続ける新婚カップルなど、癖があり過ぎる乗客たち。徐々に彼らの正体が明らかになってゆく──。
  

 

未来が見えちゃうアラフォー処女

妻と愛人、どっちも必要な機長

機長の愛人、チーフCA

愛人と元カノのはざまで。落ち目俳優

クレームいいまくり、伝説のSM女王

女性は殺さない暗殺者

不祥事で高飛びの銀行頭取

妻ありながらゲイへの目覚め 副操縦士

副操縦士を狙うオカマCA

信仰心熱いおデブちゃんオカマCA

なぜかビジネスクラスに妻は夢遊病で眠りながらやっちゃう新婚カップル

 

 と強烈な面々が、

突如着陸不能で巡回する飛行機の中で大騒ぎ!

事態を収めるべくオカマCAが歌って踊る!って内容かと思ったら

歌って踊るのは1曲のみ。 あらそんだけだったの

あとは、窮地に陥ったビジネスクラスの濃いキャラたちが

相手の声も聴こえちゃう機内電話で、その大事な相手に話すなかで

それぞれの秘密が次第に暴露されていくー。

 

 

5/10(55点)

 

 

嫌いではないけどコメディなのに笑えないのがいまひとつ。

エコノミーの乗客達は薬盛って眠らせ

曲者揃いのビジネスクラスの乗客たち。3人のオカマCA、自分たちはお酒にクスリ混ぜてハイ!

乗客が次々コックピット入ってくるわ、機長と副操縦士は緊急事態に揃って

バイとゲイの経験話。非常事態だというのにヤリまくりの乗客たち。

いくらなんでも機内でエキサイトしすぎだろっ

これは日本人にはウケない笑いだね~。下ネタもストレートすぎだから逆に引いちゃう

場内まったく笑い起きず。

エコノミークラスの眠らされてる見知らぬ男にのっかって

自ら強姦して処女捨てちゃうとか、ないから~ 笑(←いや笑えん)

 

 

しかしそれでもつまらなくはない。

そこはやっぱりアルモドバルの脚本力で惹き付ける。

これまでのアルモドバル作品を観て来た人なら、常連のキャストたちと

新しいメンバーたちのアンサンブルをある程度楽しめる。

それにこの笑いは「キカ」とか昔のアルモドバル作品のようなノリ。

ここ最近は真面目?(いや真面目じゃないな)

良い意味で変だけどややシリアスなドラマ傾向だったので

そっちに慣れてる人には驚きのテイストかも。

結局最後は無事に着陸。この数時間のフライトで意外なカップルも誕生してたりして終わり。

 

まぁそんなわけでこの映画、ナンセンスって思う方が、ナンセンス

構えずに、かるーい気持ちで観たい作品

90分っていう短さでちょうど良かった。  笑

 

 

 映画『アイム・ソー・エキサイテッド!』予告編

 

  公式サイト 

LOS AMANTES PASAJEROS/I'M SO EXCITED!        2013年   スペイン   90min

1月25日より、ロードショー

 

 

 本日、公開☆

 

 


 

1日1回、ポチっとよろしくね
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (12)   Trackbacks (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポール・ヴァーホーヴェン トリ... | TOP | オンリー・ゴッド/ONLY GOD FORG... »

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんかね・・・。 (rose_chocolat)
2014-01-25 07:31:15
>嫌いではないけどコメディなのに笑えない
そう。
私が観た時はまだ笑ってる人いたかな。スペイン語わかる人が結構いたから笑ってたのかも。
笑えん~ (ノルウェーまだ~む)
2014-01-25 10:46:29
migちゃん☆
ほんと、ストレートすぎて笑えなかったー
下ネタでもぜんぜん平気なんだけど、笑いのツボが違うのかしら・・・・?

監督ご本人がやっぱりゲイなのね・・・?
ってことは、このゲイさんたちは誇張なしでリアルなのかな?
いやーほんと、こんな作品撮るんだーってビックリしちゃった。
飛行機 (yue)
2014-01-26 01:18:00
この映画知らなかったな~。
飛行機好きだから、見たくなったよ。
でも笑のツボがダメ?いまいちなようで残念。

そいえば、ベンのMITTYね、まだ劇場でやってるけど
大きい所で公開してないからそこまでなのかもねー。
こっちDVDすぐ出るからTVで見るかも
roseさん☆ (mig)
2014-01-26 11:07:11
こういう笑いって日本人はニガテな人多いよね~。
そこまでやる?って感じで。
roseさん最初のペネとバンちゃんのとこ見逃してるのね?たいした会話してなかったからほんとちょっと出たってだけでもったいないわ
まだーむ☆ (mig)
2014-01-26 11:09:29
あれー?同じ試写だったの!!?
会場シーンってしてたよね。
そうこの監督はゲイで有名だけどキャストの方々は
フツウの人たちだよー
皆うまいよね、さすが。
下ネタ受け入れないわけじゃないけどこれは笑えないよねぇ。昔はコメディよく撮ってるんだよ☆
yue★ (mig)
2014-01-26 11:12:44
あ、飛行機好きなyue.
アルモドバル作品ってあまりみてないよね?
これはyueも笑えなさそうだなぁ
DVDでみてみて。っていうより
おととし1位にしたこのアルモドバル監督のバンデラス主演の「私が生きる肌」をみて!

うわーこのコメ読んでなかったのに今朝偶然
ベンが夢に出て来たの♪
MITTY 早くみたいよ、、、、、どんなのでもいいからとにかくベンの監督作がみたい
こんばんは~~ (マリー)
2014-01-27 20:59:44
チラッと予告観たけど~面白そうだったんだけど・・・
5つかぁ~~。

まぁ笑うぞって構えないで観ようかなぁ。
マリーさん☆ (mig)
2014-01-27 22:50:32
いや~これ、これまでのアルモドバルの作品みてるならキャストでそこそこ楽しめるかもだけど
過去のあまりみてないようだったらおすすめしないわ
いやーー (sakurai)
2014-04-04 11:57:12
「キカ」あたりとも違うでしょ。
てか、懐かしすぎる!!
これは悪のりってか、ちょっとやりすぎだと思いましたです。
笑えなかったなあ。
sakuraiさん☆ (mig)
2014-04-06 23:52:34
キカも昔なので忘れちゃったんですよねー
ちょっと笑えないよね、これはベタだしなんというか
やりすぎ!!ひくわ
こんにちは (maki)
2014-07-23 10:58:55
日本人にはウケない笑いって、まさに
ぴたり当てはまりますね~

オネエ乗務員が歌って踊ると私も思っていたので、
あれこれだけなのかとがっかり。

下ネタでも上品な場合もありますけど、
これは下品なほうでした 引いちゃいました^;
makiさん☆ (mig)
2014-07-24 23:20:39
こんばんは☆

ねー、ほんとに大ハズレでぜんぜんヒットしないどころか
つまんないって声多かったですね。
下ネタすごすぎ、、、、この監督のは好きなんだけどなーいまいちでした

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

14 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【LBFF_2013】『アイム・ソー・エキサイテッド!』 (2013) / スペイン (Nice One!! @goo)
原題: I'm So Excited! 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: カルロス・アレセス 、ハビエル・カマラ 、ラウル・アレバロ 、ロラ・ドゥエニャス 、セシリア・ロス 、ブランカ・スアレス 第10回ラテンビート映画祭 公式サイトはこちら。 (2014年1月25....
「アイム・ソー・エキサイテッド」☆エキサイトせず (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
B級映画なのかと思っていた。 そうしたらなんと!「ボルベール帰郷」や、私の大のお気に入り変態映画「私の、生きる肌」の監督、スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督の作品というではないかっ。 こりゃB級に見せかけた、一癖ある作品に違いない・・・・・
アイム・ソー・エキサイテッド! / Los amantes pasajeros (勝手に映画評)
緊急事態が発生した航空機内のシチュエーションコメディ。 いやぁ、コメディなのはコメディなんだけど、日本人にはキッツいブラックユーモアと、R15+と言う内容。もっとハジけた笑いを期待していたんだけど、中々、そういう訳には行かない様です。 物語の進行も、いい加...
アイム・ソー・エキサイテッド! (佐藤秀の徒然幻視録)
アレの、大掛かり過ぎるメタファー 公式サイト。スペイン映画。原題:Los amantes pasajeros(キャビンの恋人たち)、英題:I'm So Excited!。ペドロ・アルモドバル監督、カルロス・アレセス、ハ ...
『アイム・ソー・エキサイテッド!』 (My Pace, My Self)
『アイム・ソー・エキサイテッド!』観てきました ペドロ・アルモドバルというとシリアスな映画を撮る人というイメージがあったので、コメディというのが信じられずにいたのですが、ポスターの雰囲気から楽しみにしてました。 ※以下感想です。  ネタ...
『アイム・ソー・エキサイテッド』 (時間の無駄と言わないで)
まったく合わなかったなぁコレは。 トラブルで着陸出来なくなった飛行機内でのいざこざを、ゲイの客室乗務員3人組が歌って踊って解決する話だと思って観に行ったんだけど違った ...
『アイム・ソー・エキサイテッド!』 (こねたみっくす)
全然エキサイト出来ませんでした。 あのスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督にとって久しぶりのコメディ作品ということでしたが、これはスペイン人だから笑えるのか、それと ...
アイム・ソー・エキサイテッド! 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
鬼才と呼ばれるスペインの映画監督ペドロ・アルモドバル の新作コメディ映画「アイム・ソー・エキサイテッド!」 が公開されましたので観に行ってきました。 アイム・ソー・エキサイテッド! 原題:LOS AMANTES PASAJEROS I'M SO EXCITED!製作:2013スペイン 作品紹...
「アイム・ソー・エキサイテッド!」:アイム・ナット・エキサイテッド! (大江戸時夫の東京温度)
映画『アイム・ソー・エキサイテッド!』は、ペドロ・アルモドバル監督久々のコメディ
アイム・ソー・エキサイテッド! (そーれりぽーと)
一度しか見かけてなかったけど、とにかく笑えそうな予告編が印象深かった『アイム・ソー・エキサイテッド!』を観てきました。 ★★★ 無茶苦茶笑かしてくれます。 え、でもこの映画ペドロ・アルモドバル監督作だったの?!と今レビューを書きながら驚いているところです...
アイム・ソー・エキサイテッド (迷宮映画館)
なんと申し上げらたいいのか・・・
アイム・ソー・エキサイテッド! ★★★ (パピとママ映画のblog)
『トーク・トゥ・ハー』『私が、生きる肌』などの鬼才ペドロ・アルモドバルによるコメディー。機体トラブルで旋回し続ける旅客機内を舞台に、オネエ系の客室乗務員をはじめとするクセあり乗務員と乗客が抱腹絶倒の騒動を繰り広げる。『気狂いピエロの決闘』などのカルロス...
アイム・ソー・エキサイテッド! (いやいやえん)
うーん、笑えない。「この映画はファンタジーであり、現実とは全く関係ありません」 まさにその通りのおバカ映画なのですが、オネエ系乗務員3人のギャグが空回りしている気がします。ペネロペ&バンデラスのカメオ出演。機体トラブルで空中旋回を続ける旅客機を舞台...
アイム・ソー・エキサイテッド! (だらだら無気力ブログ!)
DVDで十分だった。