我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

映画「町田くんの世界」6月7日公開★石井裕也監督&片岡翔脚本

2019-04-16 19:08:20 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

 【告知】


6月7日 、片岡翔の次なる脚本作品が公開されます

監督は「川の底からこんにちは」「舟を編む」の石井裕也さん

公式サイト        公式twitter https://twitter.com/MachidakunMovie


「町田くんの世界」は、2015~18年にマンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載され、「第20回手塚治虫文化賞」の新生賞を受賞した漫画。

運動も勉強も苦手で、見た目も普通な町田くんは、困った人のことは絶対に見過ごさず、接した人みんなの世界を変えてしまう不思議な力が……!?

そんな優しさにあふれていた“町田くんの世界”がひっくり返る出来事が起き……というストーリー。


わたしは原作は未読だけど、これだけの豪華キャストで石井監督作、そして音楽は平井堅さん!

今から楽しみです

全国公開なので、皆さん是非ご覧ください♪


キャスト


細田佳央太、関水渚
岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子

監督: 石井裕也   脚本: 片岡翔、石井裕也
原作: 安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

 

『町田くんの世界』本予告【HD】2019年6月7日(金)公開  

 

Comments (8)

片岡翔脚本✖️伊野尾慧✖️戸塚祥太⭐️トーキョーエイリアンブラザーズ TVドラマO.A中

2018-08-23 13:27:47 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

 【告知】

 告知忘れてました 現在、5話目までO.A終了。

原作、真造圭吾さんの2015年から2017年で連載していたコミックのドラマ化。

 

冬ノ介と夏太郎は、人間の姿をしているけれど実はエイリアン。

HeySayJUMPの伊野尾慧さんとABC-Zの戸塚祥太さん共演。

ジャニーズのお二人が主演ということでも話題のこの作品の脚本を片岡翔が手がけてます

ぜひ皆様、お時間あればごらんください

毎週月曜深夜24時59分〜日本テレビにてO.A中。

 

キャラクター紹介

  • 冬ノ介(伊野尾慧)
    宇宙人。あまり感情を表に出さないタイプ。地球になじみ、“リア充大学生”として生活する。地球移住計画発動のために、兄の夏太郎に仕事と恋人をゲットさせるのがミッション。
  • 夏太郎(戸塚祥太)
    宇宙人。できそこないのため、弟の冬ノ介に遅れて東京にやって来る。不器用だが、ハートが熱いタイプ。
  • 千波(恒松祐里)
    冬ノ介の大学の同級生。同じ仲良しグループの冬ノ介に好意を寄せるが、言い出せない。
  • はるる(大後寿々花)
    感覚的に生きている女子。物事の本質を捉えているようでもあり、ただの天然のようにも見える。冬ノ介が調査の中で興味を持つ存在。
  • 岡部(大和田健介)
    冬ノ介の大学の同級生。いいやつだが不器用な性格。千波に思いを寄せている。
  • 秋子(余貴美子)
    奇抜な女性。冬ノ介と夏太郎と街で出会う。言葉遣いが悪く、「クソ」が口癖。

キャスト

伊野尾慧/戸塚祥太/恒松祐里/大後寿々花/大和田健介/余貴美子 ほか

スタッフ・音楽

原作:真造圭伍「トーキョーエイリアンブラザーズ」(小学館ビッグスピリッツコミックス)

脚本:片岡翔

監督:マイケル・アリアス/監督:菅原伸太郎

制作:田中宏史/プロデューサー:三上絵里子/プロデューサー:長松谷太郎/プロデューサー:宇田川寧

主題歌:Hey! Say! JUMP「COSMIC☆HUMAN」

 

彼らの目的は、「地球移住計画」へ向けた現地調査。

地球は移住に適した星なのか、、、計画の発動条件として冬ノ介に課せられたミッションは

未知なる生物人間を学び、夏太郎に仕事と恋人をゲットさせること。

この地球に暮らす全ての人類へ捧ぐ、ゆかいでポップな、宇宙人兄弟のトーキョー探訪と人間交流記が始まる。

地球移住計画へ向けた現地調査のため地球で暮らしている宇宙人の兄弟が東京探訪する様子や人間と交流する姿を描く。

 

公式サイトトーキョーエイリアンブラザーズ

 

この夏はじまる、宇宙人兄弟の“トーキョー人間交流記”伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)×戸塚祥太(A.B.C-Z)

『トーキョーエイリアンブラザーズ』7月23日(月)24:59スタート!!

ネット配信もしてるので、いつでも視聴可能。

 

 片岡翔、脚本の映画も幾つか進行中なので、また告知したいと思います

 

※コメント欄閉じています。

 

Comment

TSUTAYAクリエイターズプログラム準グランプリ受賞「ザ・ドールハウス・ファミリー」片岡翔監督脚本

2018-01-19 00:00:40 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

【告知】

 

TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社グループが主催する、

映像クリエイターと作品企画の発掘プログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」。

このコンテストは、中江和仁監督作『嘘を愛する女』が第一回グランプリを受賞、

長澤まさみさん&高橋一生さん主演によりいよいよ1月20日より全国公開です。

 

その第3回となる2017年、全268の企画の中を勝ち抜き

片岡翔作品が、準グランプリ・GREEN FUNDING賞を受賞しました

だいたい2年くらい公開に向けて動き出しました。気長にお待ち下さい (笑)

なお、第1回の準グランプリの作品は、池田エライザちゃん主演、オダギリジョー共演で今年公開が決まってます。

 

 

インタビューFILMAGA

 

※こちらの画像はまだイメージ

藍の家族は人形だ。八年前、事故で体を失った母と妹と弟は、脳科学者の父の手により生まれ変わった。

母はフランス人形に、妹弟はぬいぐるみに。

以来、一家は町外れの洋館で仲良くひっそり暮らしてきた。

だが、ある日その平穏な日々は作られたものだったことが分かり、、、、。

 

 

映画化に向けこれから始動です。また追って、詳細が出たら告知します

ちょっとホラーな一面がありつつ、怖いだけではないストーリーになる予感。

どんな方がキャスティングされて、どんな作品になるのか今から楽しみ。

 

若手の才能を応援する企画

TSUTAYAクリエイターズプログラム

 

※コメント欄閉じています。

 

 

 

Comment

HKT48 村川緋杏×片岡翔 CD特典短編「バイバイ、ホーホ」

2018-01-11 13:41:11 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

【告知】

 

 

 

HKT48のCDの中の特典で、片岡翔が村川緋杏ちゃんの短編を担当しました。

機会があれば是非観てください

 

特典映像「東映 presents HKT48×48人の映画監督たち」のタイプ別DVD収録メンバーと監督

 

 

バイバイ、ホーホ

魔法使いになりたいアーコはホウキで飛べないし、猫とも話せない。

話せるのは、フクロウのぬいぐるみ"ホーホ"だけだった。

 

 

主演  村川 緋杏

台本をもらった時に、主人公の環境は自分に似ているところがたくさんあって、監督は緋杏の人生を全部知ってるのかな?と思いました。笑
監督の求めるものに応えれるよう緋杏なりに真剣に演技に向き合えたと思います。
現場もみなさんすごく暖かくてたくさん笑いました笑10代の難しい時期の女の子の感情を頑張って演じたので、ぜひ見てください!!

監督  片岡 翔

脚本を書き終え、「主演はこの子しかいない!」と思わせてくれた村川緋杏さん。
48作の中でもおそらくトップレベルに難しい役だと思うのですが、相棒のフクロウを預けて自主練をしてもらい、この難役を見事に演じきってくれました。
僕が創りたいファンタジーの世界に、元から住んでいますよーと言わんばかりに溶け込んでくれる魔女っ子びびあん。
彼女と共作できたことで、この映画は羽ばたいてくれる。そんな気がしています。

 

 

金子 学(声) / 森 レイ子 / 匁山 剛志 / 古田 結凪 / 村田 正樹 

 

 

[TYPE A]

【DVD】

Disc 1

運上弘菜「SUBTERRANEAN WORLD」 監督:大畑創

外薗葉月「私だけの夏休み」 監督:廣原 暁

田中優香「激突」 監督:ヤングポール

清水梨央「Tiny Mix Tapes」 監督:小林達夫

村川緋杏「バイバイ、ホーホ」 監督:片岡 翔

指原莉乃「指原の乱 冬の陣」 監督:福田雄一

Disc 2

松岡菜摘「きっとゲリラ豪雨」 監督:佐藤快磨

山内祐奈「ドジっ娘マミ」 監督:藤澤浩和

下野由貴「雨が降るまで」 監督:城定秀夫

宮﨑想乃「転校生」 監督:下山 天

植木南央「ANONYMOUS」 監督:橋本 一

田島芽瑠「マリーゴールド」 監督:兼重 淳       

 

 

今年も幾つかの映画の企画が始まるらしいので、是非応援お願いします

※コメント欄閉じさせていただきます

      

 

 

 

Comment

片岡翔、短編作品 11作品上映@世田谷エムズカンティーナ。熊本チャリティ上映会

2017-11-04 01:13:10 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

お知らせ

 

 

片岡翔 @NekomeFilm

11月9日(木)、10日(金)

開場18:30 @エムズカンティーナ(駒沢大学駅1分) チケット1000円+ドリンク500円

※チケット代は熊本復興支援に全額寄付します。

2日間で片岡翔過去作品、計11作を上映。

僅かでも復興につながればと願っています。是非!



東京都世田谷区 東急田園都市線 駒沢大学駅 西口から徒歩1分。 M'sカンティーナ

M's Cantina エムズ・カンティーナ
住所  世田谷区 上馬 4-4-8
TEL  044-811-1480


全額チャリティです。滅多に観られない作品もありますので、この機会にぜひ



Comment

片岡翔監督短編作品上映会開催!「さよなら、ムッシュ」小説単行本発売記念@銀座マリアの心臓

2017-05-31 00:17:33 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

 

 片岡翔の久しぶりの上映会が決定しました

 

小説「さよなら、ムッシュ」発売日の6/16(金)から18(土)に、

銀座にある人形博物館・マリアの心臓で片岡翔短編映画会を開催することになりました。

2005年の人形アニメーションから、昨年撮った最新作まで。

一挙21作を上映します

 

どれも是非見て欲しい作品たちばかりだけど

わたしの個人的なお気に入りは

「ぐるぐるまわる」「Mr.バブルガム」「ヒゲとりぼん」「くらげくん」

そして、友人でもある三浦悦子ちゃんの人形の短編「食卓」「食堂」です

もちろん、 他の作品も

 

実はこんなところにこの人が!とかキャストの皆様もおなじみの方だったり

音楽は翔の作品に欠かせない中田真由美さんの素敵な楽曲も

この世界観を、堪能して欲しいです。 私も二日間行くので楽しみ。

 

片岡翔

2004年に東京でNekome Filmを設立し、ショートフィルムを中心に映像制作を開始。短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル」で2009年より3年連続で観客賞を受賞し、2011年の「SiRoKuMa」は「STOP!温暖化部門」で優秀賞、J-WAVEアワード、観客賞の3賞を独占する。また「くらげくん」(2010年)はPFFアワード2010準グランプリをはじめ国内外の映画祭で7つのグランプリを含む13賞を獲得。以降もショートフィルムを制作するほか「Miss Boys!」(「決戦は甲子園!?編」2011年・「友情のゆくえ編」2012年/佐藤佐吉監督)、「きいろいゾウ」(2013年/廣木隆一監督)「夏実のホタル」(2015年/廣木隆一監督)では脚本を担当している。

他、監督/脚本作として「1/11じゅういちぶんのいち」「たまこちゃんとコックボー」。

 

さよなら、ムッシュ

あの日。気がついたら、その子は話しはじめていた。コアラのぬいぐるみのはずなのに。
それ以来、彼はそのことを20年間秘密にして、生きてきた――。
話すぬいぐるみと出版社校正男子の切なさMAXの友情物語。
イラストは、なんと松本大洋さんの描きおろしです

 

※会場にて、限定サイン本販売いたします。(なくなり次第、終了)

 

以前、渋谷にマリアの心臓があった時には、あのティム・バートン監督や

マリリン・マンソンなど、耽美なドール好きな方々も多数ご来館の、人形・絵画好きが集うコアな場所です。 笑

 



会場 銀座マリアの心臓 マリアの心臓 

 

 

興味のある方、是非ともお待ちしています

 

 

 

 

Comments (4)

片岡翔著「さよなら、ムッシュ」小説単行本発売決定!!

2017-04-17 22:21:48 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知



お知らせ

Twitterでは告知済みですが、映画監督&脚本家の弟、片岡翔著
小説誌きらら にて連載(最終回掲載の号は4月20日発売)していた小説が
5月26日、小学館より単行本として出版されることになりました✨

6月16日に延期しました!



装画を描いて下さったのは、あの窪塚洋介主演「ピンポン」などの漫画家でイラストレーターの
松本大洋先生


翔が昔から大好きで尊敬していた方が、小説を気に入って描いてくださることになりました。

可愛くて素敵なイラストに感激

もうAmazonでの予約こちら が始まっていますので

ぜひ、皆さま書店でお手にとってください (もしくはご予約お願いしまーす

わたしは去年のうちに一気に一足早く読んでるのだけど

やっぱり本も映画と同じでちょっとづつより一気に読んだ方が泣けちゃうよね

発売が楽しみ

 

さよなら、ムッシュ

小さな出版社で校正の仕事をしている森星太朗は、幼いころ他界した作家で母の文子が残してくれたコアラのぬいぐるみを大事にしていた。
 そのぬいぐるみは、母が亡くなったその日、しゃべりだし、以来、無二の親友になっていたのだ(もちろん、世間には内緒にして)。
 そんなある日、しゃっくりがとまらなくなった星太朗に大きな転機が訪れる。

 

※装画は、松本大洋先生の描き下ろしになります。

 


片岡翔 Twitterより。

 小説『さよなら、ムッシュ』が5月26日に出版されます! なんと、松本大洋さんに装画を描いて頂きました。子どもの頃の星太朗とムッシュがとても温かく繊細に描かれていて、感謝、感激しております。 そして発売を前にプルーフ本を読んで頂ける書店員さんを募集しています!

 

 

Comments (12)

片岡翔、小説家デビュー⭐️「さよなら、ムッシュ」きらら小説誌にて連載開始!

2016-08-21 21:40:32 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

 

監督、脚本家の弟、翔が小説家デビューしました

大型書店で取り扱いしている無料の小説誌で、 翔が脚本で参加させていただいた「きいろいゾウ」の原作者でもある

西加奈子さんの可愛らしいイラストの描き下ろしが毎号表紙で、毎月20日リリース。


翔の第一回目はネット配信でも読むことが可能。

もし書店で見つけたら是非お手にとってください

弟の書いたものながら、すごく面白かったので自信を持ってオススメ 

こあらのキャラが可愛くて


 

中学生の頃、密かに抱いていた夢は映画監督、じゃなくて小説家になること。それがすこしだけ叶いました。 小説『さよなら、ムッシュ』が小学館の小説誌「きらら」で連載開始です! 幼い頃から共に生きている友達を想って書いた渾身の一作です。

 


小学館 きらら

WEB きらら

 

 片岡翔 @NekomeFilm

「きらら」は無料で置いてある書店もあるそうです。見かけた際はお手に取ってみてください。

また、初回のみWebで立ち読みもできるので是非ご覧下さい! http://www.quilala.jp/mbl/index.html 

『さよなら、ムッシュ』が一人でも多くの方に届きますように。

 

 

 

Comments (6)

プチョン国際映画祭にて上映⭐️流星と少女/Shootingstar⭐️片岡翔監督&東北生活文化大学高等学校作品

2016-07-26 09:27:03 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

 

片岡翔と東北生活文化大学高等学校と本校学生が制作に参加した映画『流星と少女』が、

プチョン国際ファンタスティック映画祭にノミネートされました

 

 短編映画「流星と少女」は、宮城県私立東北生活文化大学高等学校の美術・デザイン科の生徒が助監督を務め、 高校側も全面的にサポート。

さらに、日本電子専門学校からは、CG映像制作科の学生がVFXの制作に携わりました。片岡翔(監督)、高等学校、専門学校 と、

映像業界と教育業界の垣根をこえて作り上げられた懇親の一作です。

主演には、山下紅音さんと、翔の作品にも、「ヒゲとりぼん」や「たまこちゃんとコックボー」などに

主演&出演してくれている椎名琴音ちゃん。

(琴音ちゃんは、映画監督の岩井俊二氏と桑原まこさんと共にユニットも組んでミュージシャンとしての活動もしています。)

わたしもまだ「流星と少女」未見だけど、都内でも上映の機会があればまた告知します



※プチョン国際ファンタスティック映画祭は1997年に韓国富川市に設立され、2015年度は45ヶ国から235作品が上映されるほど、

歴史ある大規模な国際映画祭です。

 

  2016年作品   17min

東北生活文化大学高等学校 美術・デザイン科ワークショップ作品     

監督・脚本・編集:片岡翔

出演:山下紅音、椎名琴音

プロデューサー:倉本郁哉

撮影:村橋佳伸

照明:太田博

録音:古茂田耕吉

ヘアメイク:仙台ビューティーアート専門学校

VFX:日本電子専門学校

タイトル・ポスターデザイン:LUCK SHOW

製作:東北生活文化大学高等学校

 

*第20回プチョン国際ファンタスティック映画祭

*仙台短篇映画祭2015

 

上映日   7月28日

開催地 韓国
会期  2016年7月21日〜7月31日
URL http://www.bifan.kr/eng/

 

流星と少女〔予告編〕

 

【コンペ部門】

プチョンチョイス

Features
『世界から猫が消えたなら』永井聡監督

Shorts 2
『流星と少女』片岡翔監督

 

ほか。

 

■World Fantastic Red

「暗殺教室 卒業編」(監督:羽住英一郎)
「葛城事件」(監督:赤堀雅秋)
「カラテキル」(監督:光武蔵人)
「クリーピー 偽りの隣人」(監督:黒沢清)
「セーラー服と機関銃」(監督:相米慎二)
「セーラー服と機関銃 卒業」(監督:前田弘二)
「太陽」(監督:入江悠)
「テラフォーマーズ」(監督:三池崇史)
「64 ロクヨン 前編・後編」(監督:瀬々敬久)
「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」(監督:福田雄一)
「Re: Born」(監督:下村勇二)

■World Fantastic Blue

「黒崎くんの言いなりになんてならない」(監督:月川翔)
「ケンとカズ」(監督:小路紘史)
「シェル・コレクター」(監督:坪田義史)
「園子温という生きもの」(監督:大島新)
「脱脱脱脱17」(監督:松本花奈)
「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」(監督:小泉徳宏)
「ひそひそ星」(監督:園子温)
「蜜のあわれ」(監督:石井岳龍)

■Family Zone

「かみさまみならい ヒミツのここたま」(監督:新田典生)

■Forbidden Zone

「ヒメアノ~ル」(監督:吉田恵輔)

■Fantastic Short Films

「Love is a Dog from Hell」(監督:エドモンド・ヨウ、Komaki TENG)
「Thorn」(監督:梅沢壮一)

■20 Years, 20 Favorites

「桐島、部活やめるってよ」(監督:吉田大八)
「サムライ・フィクション」(監督:中野裕之)
「戦場のメリークリスマス」(監督:大島渚)
「茶の味」(監督:石井克人)
「リング」(監督:中田秀夫)

■I Confess, Nakashima Tetsuya 中島哲也監督特集

「渇き。」(監督:中島哲也)
「嫌われ松子の一生」(監督:中島哲也)
「告白」(監督:中島哲也)
「下妻物語」(監督:中島哲也)
「パコと魔法の絵本」(監督:中島哲也)

 

■BEST OF ASIA

「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」(監督:高橋滋春、ウシロシンジ)
「バケモノの子」(監督:細田守)
「Hero the Movie」(監督:鈴木雅之)

 

 

告知なのでコメント欄閉じています。

 

Comment

片岡翔脚本で参加☆夏美のホタルは6月11日~全国ロードショー

2016-06-10 22:55:06 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

【告知】

片岡翔が脚本で参加をしました、

有村架純さん主演映画「夏美のホタル」が、6月11日(土曜日)から公開されます

 

 公式サイト

 

原作は森沢明夫著「夏美のホタル」(角川文庫刊)。

千葉県大多喜町を舞台としており、実際の撮影も大多喜町を中心に千葉県各地で行われました。

美しい自然とホタルが醸し出す幻想的な風景の中、心温まるストーリーが展開。

 

監督は「ストロボ・エッジ」でタッグを組んだ廣木隆一さん。
共演に、光石研さん、吉行和子さん、工藤阿須加さん、小林薫さんほか。

 

「夏美のホタル」特報

 

 

ぜひ、ご覧下さい♡どうぞよろしくお願いします

わたしも後日、レビューします

 

※コメント欄は閉じています。

 

Comment