我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

チャイルドコール 呼声 /BABYCALL

2013-04-25 12:53:01 | 劇場&試写★5

 

 

 

ノルウェー映画なので気になると思ってたところ、お友達からチケット当たったとの事で

行ってきました~(もう1週間経つけど)

 

主演は「ミレニアム三部作」「シャーロックホームズ シャドウゲーム」「プロメテウス」ほか、

最近出演作続々のノオミ・ラパス。

監督は、デビュー作「ジャンクメール」で

カンヌ映画祭批評家週間最優秀賞受賞のポール・シュレット・アウネ。

ノルウェー、ドイツ、スウェーデン合作作品。

 

子どもの様子がわかるように部屋に置く無線、

あれチャイルドコールというのね。

原題は「ベイビーコール」だけど。

 

夫の暴力から逃れてオスロ郊外のアパートに逃げて来たアンナ。

その無線機から混線したように、叫び声などの雑音が聴こえてきて息子の部屋に向かうが

息子は眠っていたため、他の部屋で子どもが虐待の末殺されたのではと思い始める。

買った電気ショップの店員と話すうちに親しくなり、頼るようになる。

この監督作品として同時で上映している「隣人 ネクストドア」にも出演の

クリストファー・ヨーネル。

 

 

 

夫の暴力や虐待から逃れ、8歳の息子アンダースとともに郊外のアパートに引越してきたアンナは、就寝中の安全確保のため、息子の部屋に「チャイルドコー ル」と呼ばれる監視用音声モニターを取り付ける。しかし、ある晩、チャイルドコールから謎の悲鳴が聞こえ、アンナは他の部屋の子どもの悲鳴が混線して聞こえたのではと疑いを抱く。さらに、アンダースの通う学校に夫が現れたという話が耳に届き、アンナの不安は日に日に募っていく。

 

 

5/10(50点)

 

 

ノオミ演じるアンナが地面に血を流し仰向けになっているカットからのオープニング。

北欧の暗く不穏な空気がいきて謎めいた雰囲気がいいんだけど、

きっとアンナの頭が変になってきていて幻想や妄想に取り憑かれてるんじゃないかと予測が出来る。

現実と虚構が入り乱れて観る者を惑わせる作品は多い。

店員、ヘルゲはいかにもオタクでストーカーみたいな風貌だけど

疑惑はなぜかそちらには向かず、むしろ事態を解明していく側として安心してしまう。

アンナを保護する担当者も必要以上にセクハラ的で怪しい存在としてみせる。

 

 

 

ちょこっとネタバレ込み

結局はアンナは自らを破滅へ導く。

息子がたびたび会っていた友人の少年はもう亡くなった、親の虐待で死んでしまった子ども。

 

保護観察の男から、母親失格とみなされて自分の息子を奪われるのを恐れたアンナはラスト、部屋の窓から飛び降りる。

 

結局、アンナの息子アンデジュは元々、夫に殺されていてアンナは最初からひとりだったと分かる。

息子の死を受け入れられずに妄想の世界へと逃げていた。 ありがち~。

母親の入院先にお見舞いにいくヘルゲも昔、父親から虐待を受けていた事を示唆していたのだけど

途中眠気がきてウトウトして、少年とのシーンを見逃した

 

後半、アンナからの手がかりをもとにヘルゲがある森へいくと

そこの土の中から、アンナと同じアパートに住む 殺された少年の遺体を発見する。

それはヘルゲの見た、アンデジュの友人の少年だった。

自分の死を生きてるものに伝えるために、何か行動を起し、それをヒントに

遺体がみつかって、、、というのはサスペンスにありがちだし

妄想だったというオチも予想通りなので、とくに驚きや面白さも感じなかったなぁ。

アンナが最初から精神不安定な感じだし、

せっかくの雰囲気あるけどどこかで観た事ある的なありきたりの脚本になってて残念。

「妄想」で片付けられちゃ、あれが妄想?と残る疑問もいくつかで腑に落ちなかったり。

それでもノオミ・ラパスは今回も名演だった。

 

ノルウェー映画を今後も応援しています

 

 公式サイト

Baby call        2011年       ノルウェー=ドイツ=スウェーデン  96min

3月30日より公開中~

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

Comments (10)

殺人の告白 /Confession of Murder 

2013-04-20 12:00:50 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

世間よりだいぶ遅れて、去年からすっかり韓流ドラマにハマった母のお気に入り俳優、

「家門の栄光」('09)「検事プリンセス」('10)「王女の男」('11)で人気を博した

パク・シフの、映画としては初主演作品

本国、韓国では去年公開して面白いと評判だったようなので気になっていたら

ちょうど日本でも公開との朗報 マスコミ試写にて鑑賞☆

 クールで端正な顔立ちは

まさに「ブラウン管の貴公子」と言われるのも観て納得。品がある

 

アクションスクール出身の新鋭、チョン・ビョンギル監督が

「殺人の追憶」(あ、レビュー書いてなかったか

の題材にもなった華城連続殺人事件からインスピレーションを得て脚本したサスペンス

 

 

涼しいルックスに微笑を浮かべながら自ら犯した罪について本で語り

罪の意識で謝罪するドゥソク役にパク・シフ。

 

対する15年間追い続けた刑事役に、「シルミド」('03)、「黒く濁る村」('10)(DVD観たけど書いてなかった)

のチョン・ジェヨン。

 

 

刑事の恋人でもあった被害者の一人は遺体の行方も不明のまま時が経過。

 

犯人を15年間憎み続ける遺族たち。

 

 

世間を揺るがせた連続殺人事件。公訴時効になった後、犯人が現れたらどうなるか。

 

数年前だったらイ・ビョンホンとかがやってたのかな?

でもビョンホンよりも、冷やかな目をしたパク・シフはこの役にハマり役!

プライベートでは合気道やボクシングも趣味だというだけあって

アクションシーンもこなし、かなり似合うピシッとしたスーツ姿や水着姿、バスローブ姿も披露で

ファンサービスも完璧。

 かといってパク・シフのファン向けアイドル映画にはもちろんなってません☆

 

15年前にこの犯人と対峙した熱血刑事、チョン・ジェヨンもよかった。

 

犯人だという人物、彼を追い続ける刑事、そして被害者たちの遺族。

世間に現れた事で、警察だけではなく 長年犯人を憎んできた遺族たちが団結して、犯人誘拐を企てる。

 

犯人、ドゥソクの目的は?

ドゥソクは詐欺罪で捕まるだろうという刑事の読みは?

 

そして新たに、自分が犯人だと名乗るJという男が現れる

 

8/10(88点)

 

 

期待はしてたけど、これは面白い!最初から最後まで、目が離せない面白さ。

時効が切れて出て来た連続殺人犯が、美しい男で、その殺人についての本を出版しメディアから持ち上げられる。

これだけで面白くなりそうな題材ではあるけど、

そこに真犯人をめぐる推理的要素も加わり、

観ながらも色々と予想をするんだけど 二転三転して事態が変わるので面白さも加速していく。

そんなのあるほうがおかしい!と思っていた、時効制度が日本ではやっとなくなって

犯した罪に期限はなくなったけれど、韓国ではまだあるのね、、、。

時間が経つとその罪を逃れていいなんていう法律は絶対おかしいと思う。

 

それで成立する脚本なんだけど、本作の監督チョン・ビョンギルは29歳の若さで

「俺たちはアクション俳優だ」('08日本未公開)で評価をされた人。

車の上でのアクションは まさか~とつっこみたくなる車またぎや格闘を

テンポのいいスピード感で見せる。

出版された本の装丁の美しさ、全体的に随所にセンスを感じる。キャスティングも最高。

端正なパク・シフに、熱血的男性の逞しさを感じるチョン・ジェヨン、

真犯人を名乗るJに謎めいた、イカレた男。

 

 

ここからちょこっとネタバレあり

 ドゥソクは何の為に世間の前に姿を現したか、

遺族や世間の自分を憎む相手からいつ殺されるかもしれないというリスクを負ってまで

と考えると、ドゥソクも被害者であると考えるのが普通。

それにしては本の内容は犯人しか知り得ない情報ばかり。

どうやって書いたのか、それがラストちかくでは全て明かされる。

まさか刑事が本を書いていたとは読めなかったけど

Jという真犯人の登場に至るまでを対談式に全てTVで流すショーとして見せるところがまた秀逸で

面白い。

娘を殺され、唯一遺体の場所がわからない最後の犯行と思われる事件は

刑事の恋人であり、母親もが犯人を直接殺すという目的のために動く。

命を狙われてまで覚悟を決めて挑んだ犯人役は

実は最初の被害者で母親を殺された身寄りのなくした少年。

刑事と繋がっていた事にはまんまと騙されちゃった。

よく考えるとわかりそうなヒントや伏線が途中で2カ所くらいあるんだけどね。

それにしても真犯人役のこの方も

すごくハマってていかにも、という憎らしくなる悪人ヅラの感じが良かった。

 

これまでありそうでなかった内容で最後迄目が離せない展開で

久しぶりに面白い韓国サスペンスを観たという充実の見応え感おすすめ♪

公開したらまた観に行きたいな♪

 

 

連続殺人事件から時効を迎えた15年後が舞台。自分が犯人だと名乗りを上げた男、イ・ドゥソクが、法的には無罪となった立場で自分の犯した殺人事件につい て詳細に記した本を出版する。その衝撃的な内容と、俳優のように美しいルックスが相まって、一躍、人気者になった彼と、犯人を探し続けてきた刑事や恨みを 抱く遺族たちとの駆け引きが始まる。本の中に最後の未解決失踪事件の真相が書かれていないことに気づいた刑事ヒョングはドゥソクに向かって「詐欺罪で逮捕 されるだろう」と言い放つ。そんな中、自分こそが真犯人だと主張するJと名乗る男が現れ、止まっていた事件の時計が再び動き出す…。

 

 

 

  公式サイト

내가 살인범이다         2012年    韓国   119min

6月1日より、新宿シネマート、シネマート六本木にてロードショー

全国順次公開決定

 

 

 

韓国プレミアにて

 真ん中、監督。 パクさん 182cmと長身!で顔小さい35歳。

 

刑事役のチョン・ジェヨンもすっかり雰囲気違う

 

パクさん、今いろいろな騒動に巻き込まれ大変らしいけど

今後の映画俳優としての活動も楽しみ。

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

 

Comments (28)

くらげミタイな猫/片岡翔作品上映&中田真由美Live!!

2013-04-19 01:37:07 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

 

【告知】

 

片岡翔作『くらげくん』『ヒゲとりぼん』と最新作『なんにもでてこない話』の3作上映

全作音楽を担当して頂いた中田真由美さんとのコラボ企画で、映画とライブ楽しんでもらう2日間

京橋ルクスギャラリーにて

4/27土19時~/28日11時半~/16時~ の3公演。

ご予約→ kitemiru@gmail.com 

 

狭い会場ですので、各回30席。

上演時間2時間  

開場  各回30分前   終演後、トーク有り。 [東京都中央区京橋2-11-11田中ビル3F] 【料金】 2500円(1drink付き)

 

 「ひげとりぼん」

2012/30min

監督:片岡翔
出演:出演:椎名琴音、小澤雄志、木村知貴、切田亮介、今野麻美
脚本・編集:片岡翔|撮影:村橋佳伸|照明:落合芳次|録音:杉田信|衣裳:山崎香織|ヘアメイク:須見有樹子|助監督:柳澤良隆|制作:片岡剛、大久保夏実、吉原洋一|製作:Nekome Film

きっこには、物心ついた時から二人の男が視える。ヒゲと名付けた男と、りぼんと名付けた男。何をするわけでもなく、常にきっこの側にいる二人。きっこは思う。こいつらは、いったい何のためにいるのだろうか。


 「なんにもでてこない話」

「あの……あの映画に出てる、あのおじさん誰だっけ?」「どの映画?」

「ほら、あの、あの監督の……」「誰?」

「ほら、あの女優と結婚した……あの女優、なんて名前だっけ……」

どんなに思い返しても名前が出てこない経験は、歳を重ねるほど増えてくるもの。

そんな男と女の物語です。

 

小澤雄志/小宮一葉

監督・脚本・編集:片岡翔

撮影:村橋佳伸/録音:宋晋瑞/ヘアメイク:須見有樹子

音楽:中田真由美

 〔2012年/24分〕

 

 

「くらげくん」
乙女チックなくらげくんはガキ大将タイプの虎太郎が大好き。引越しで離れ離れになってしまう2人は電車に乗って旅へ出た。少年の一途な想いは届くのか? 永遠のノスタルジーと現代が同居する新世代の子供映画が誕生!



・第32回ぴあフィルムフェスティバル *準グランプリ
・那須国際短編映画祭2010
・第19回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 *グランプリ
・Shinsedai Film Festival 2010(カナダ・招待上映)
・ひめじ国際短編映画祭2010 *監督賞
・長岡アジア映画祭2010 *グランプリ
・第2回下北沢映画祭 *グランプリ *観客賞
・ショートピース!仙台短篇映画祭2010(招待上映)
・西東京市民映画祭2010 *準グランプリ *観客賞
・ふかや映画祭2010 *グランプリ
・北海道大学 CLARK TEATER 2010(招待上映)
・第13回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 *グランプリ
・山形国際ムービーフェスティバル2010 *ムービーオン賞
・福井映画祭2010
・逗子湘南ロケーション映画祭2010 *グランプリ

 

 

それと、、、、本日ですが

 

ぴあフィルムフェスティバル プレイベント

ルネッサンスPFF 詳細

19日(金)
21:20~  【21世紀のPFF】

『くらげくん』 監督:片岡 翔

『かしこい狗は、吠えずに笑う』 監督:渡部亮平

 

 

 ご興味ある方、ご都合つく方、ぜひ♪

よろしくお願いします~

 

 

  片岡翔 Twitter  @NekomeFilm

 

コメント欄閉じています

 

 

 

 

Comment

21ジャンプ・ストリート/21 JUMP STREET

2013-04-16 11:03:24 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

ジョニー・デップの出世作と言われる初主演作、

同タイトル「21ジャンプ・ストリート」の映画化

面白いのにDVDスルー

 ジョニーさん若い!

 

なんと本作でカメオ出演してるのでファンは要チェック(セリフあり)

 

監督は「くもりときどきミートボール」のフィル・ロード。

主演の凸凹コンビ、ジョナ・ヒル、チャニング・テイタムは、 製作総指揮も担当。

 

ジョナ・ヒル、本作でもめっちゃ痩せてます!

どうやってダイエットしたのか興味深い、、、

 

高校時代に学園の人気者だったスポーツマンのジェンコと、同じ高校で冴えない学園生活を送ったオタク青年シュミット。偶然にも新人警官としてコンビを組むことになった2人は、青年犯罪を撲滅するために高校で潜入捜査を開始するが……。

 

原作は、パトリック・ハスバーグ、(TVシリーズ)、スティーヴン・J・キャネル(TVシリーズ)
原案 マイケル・バコール、ジョナ・ヒル   
脚本 マイケル・バコール   

 

ほかに注目なのが、ジェームズ・フランコの実弟、デイヴが出演!

イケメン高校生エリック役。

 眉濃いけどちょっと似てるよね

 

ハイスクール時代、イケてるグループのリーダーでプロムキングのジェンコと

ダサいオタク系シュミット。

 

 

数年後、二人は偶然同じ警察学校へ入学。

いじめっこといじめられっこの関係はいつの間にか

気の合う同士になり、おバカな凸凹コンビの誕生

しばらくは悪人逮捕などやらせてもらえず、田舎でチャリでご近所の巡回。

ある時、高校の麻薬犯罪を取り締まるために作られた

21ジャンプストリート部に入り、高校の潜入捜査の任務をうけた

 

高校内で売買だれて死人が出た麻薬捜査の極秘潜入。

二人は高校生になりすまし ヤクのディーラー、元締めを捕まえようと奮闘。

 ←高校生、ムリ~

 

 ←こっちもおっさんよばわりされる

 

出どころを突き止める為、やっとのことでドラッグを手に入れるも

その場で飲めと言われラリるふたり。

 

教師には目をつけられ、、、、

署内ではボスに早く挙げろと怒鳴られ

 

果たして捕まえる事ができるのか!?

 

昔はスポーツマンでイケメンたちが人気者だったのに

現在ではオタの方が人気。

時代は変わるのが面白い それはドラマ gleeの影響なんだとか 笑。

 

 

 

7/10(75点)

 

 

ジョニー・デップの出演シーンに触れてます

いや~ ジョナ・ヒル出演のDVDスルーは沢山あるけどどれも面白く

ハズれがほとんどないからちょっと期待してたけど面白かった♪

これまでチャニング・テイタムも日本ではイケメン俳優のカテゴリで?

出演のラブものとかあまり実は観てなかったし興味もなかったけど

こういうおバカな役やってるとイイな~ 

意外な組み合わせで送る、おバカコンビの友情と潜入捜査が最高に楽しい。

 

元締めである犯人は、あージョニーか おいしいとこもってくのねと思ったら違った 笑。

初めからちょっとした、シーンで出て来たこの方。

後半にも現れて、、、、、

あれれー?

ヅラとヒゲをむしり取ったら あらびっくり。

すっかり騙されましたわ

 

愛すべきおちゃめコンビ

 

ジョニー・デップファンの方、おバカコメディ好きな方はぜひ~

 

  21 Jump Street
  2012年
  アメリカ

21 Jump Street - Official Trailer [HD]  

 

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

Comments (20)

コズモポリス /COSMOPOLIS

2013-04-15 11:08:20 | 劇場&試写★6以上

 

 

楽しみにしていたクローネンバーグの新作は、意外にもロブ主演。

アメリカ文学界のドン・デリーロの同名小説を、デイヴィッド・クローネンバーグが、

最短の6日間という期間で脚本を書き上げ映画化。

若き証券市場の成功者が自ら望み破滅していく物語と、彼を恨む人生の敗者が彼を暗殺しようとする物語が交差

 

ヴァンパイア以外は富豪役が多い感じのロバート・パティンソン。

 

NYの街並みをスローに走るリムジンから見る風景は、どこか近未来風でもあり

外の騒音が断絶された異空間。

オフィス替わりのように常にそこにいて

代わる代わる車を見つけた知人や愛人、部下、医者たちが車内に入り会話する。

原作がそうらしく、その会話、台詞のひとつひとつが散文詩のような語り口で

不思議な雰囲気をいっそう強める、

 

年上の愛人役でジュリエット・ビノシュが。

服を着たまま車内で大胆なsexシーンがちょっと。で5分程の出演。

41歳って言ってたケドとても見えません  

 

「トロピックサンダー」などコメディでよくみるジェイ・サンダーは部下で相棒。

 

毎日車内に医者が来て行われる健康診断で前立腺の検査。

「前立腺が非対称」

 

床屋にだけは呼ばずに自ら切りにゆく。

パイ投げられてついた生クリーム先に洗ってあげなよと気になる 笑。

 

ホテルでは自分のボディガードの女と。

そして刺激が欲しいが故、高圧力のスタンガンで撃てと依頼。

 

車には、サマンサ・モートンも現れる。

なんかすごい太ってオバさんになってた。

 

 

待ってました!

マチュー・アマルリックは、有名人にパイを投げる自称アーティストとして

たった3分ほどの登場。(少な過ぎ、、、、)

ケヴィン・デュランドはセキュリティ主任、トーヴァル。

 

大富豪同士で結婚したばかりの妻、エリーズとは何度も外で出逢う。

sexを求めるも応じてはくれない。

 

そして、命を狙う男にポール・ジアマッティ。

こちらも41歳というがプラス15でしょ!とつっこみたくなる

 

一度は全て手に入れた28歳の男が

本当に欲しい「愛』?を手に入れられず、自分をごまかしながら生きる。

「元」の読みを間違えたことで一気に破滅へ。

こういう謎めいた影のある役、ロブはハマります。なかなかにうまい。

 

 

6/10(60点)

 

 

内容は万人受けしない 笑

ほとんどの人がつまらないとなりそうな脚本(原作)。

でもわたしは嫌いじゃないな。

原作通りだとクローネンバーグが言う、台詞が綺麗で変わってて

NYなんだけど不思議な感覚になる視覚的な興味で引きつけられる。

そして自らを破滅へ追い込む主人公エリックの同行に目が離せない。

 

くるぞくるぞと思ってたら、

音声認証の高機能銃を使い、トーヴァルを、、、、

自らの命を狙う奴の家に押し入ったかと思えば、自らの手のひら打ち抜いたり

相変わらずのクローネンバーグのバイオレンスが数カ所で炸裂。

隣のおばちゃん、びびって飛び上がって動くからかなりそっちでびくっとしちゃった

 

エンドロールに出て来たGUCCIとCHANELの文字。

映画のあとに銀座のシャネルに入ってたまたま時計みたら、気付いた

GUCCIはスーツだろうなと思ってて、大きな文字盤に目がいった一瞬映ったエリックがしていた

あの時計がシャネルだな?と思って

帰って調べたらやはりこれでした 

カッコイイ~。

メンズ J12型 でお値段 58万円也。 大富豪には安いもんだ☆

 

というわけで、この作品

クローネンバーグファンとロブ様ファンにはいいけど、、、、、。

あ、でもトワイライター (トワイライトファンの)ロブ様目当てだと

この映画、かっこいいけどつまらないってことになるかも。

まぁロブは出ずっぱりだからいいのか 

 

28歳にして大富豪の投資家エリック・パッカー。N.Y.の街を走る白いリムジンの中で、巨万の富を動かし続けている。天国と地獄が紙一重の世界で、金の 動きに一喜一憂し、大損の危機に面しながらもセックスの快楽に溺れる。背後から、暗殺者が迫っている事も気付かず、彼の1日は狂い始めていく…。

 

 

 公式サイト

COSMOPOLIS         2012年    フランス=カナダ    110min

4月13日(土)より、公開中~

 

 

 

カンヌ映画祭にて

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


 

Comments (10)

キティちゃんコラボ♪キールズからビタミンC入りBBクリーム発売☆Kiehl's

2013-04-09 11:01:51 | コスメとか☆★

 

 

久々にコスメネタ

 

去年ハマったものや、以前もここで紹介したけど

これまでオーガニックやナチュラルなものをいろいろ使ってきたわたしの、

ここのところ引き続きずっとハマってるスキンケアブランド、キールズ。

 過去記事 

 

元々、BBクリームは韓国のハンスキンのが好きで使ってたけど

近年シャネルからもCCクリームというものが出たり、各ブランドからもこぞって

お手軽でUV(紫外線)ケアも出来ちゃうファンデとしてもツカえるBBは重宝。

ついにキールズからもBBクリームが12日に発売

 

実は一足早く使わせてもらってるんだけど

カバー力は適度にありながら、透明感あるのでナチュラルに仕上る

わたしはこれに軽く上にシャネルのお粉はたくだけ。

それでいて、SPFも50なので 12時間しっかりUVケア

そして普通のBBには入っていない、ビタミンCが美容液レベルにたっぷりと配合ってことで

つければつけるだけ、しみそばかすに効き、予防&ケア、毛穴ケア

保湿力もあって、オイルフリー、無香料で言う事なし

3/8に発売になった美白クリームも、24時間潤い効果の成分が入って

乾燥、くすみ、毛穴ケアも出来る美白クリームで愛用中

のびがよくてするする気持ちのいい付け心地で、翌朝めっちゃふっくらお肌

この二つ、手放せません♪

それともちろんこの時期は美白美容液もね。

 

ほかにちょっとハマってるのがSPF30でリップスティック型なので

ポーチに偲ばせてメイク上からもささっとつけられる目元用潤い&日焼止め

アイスティック

 

これはお友達にオススメしたら、5人が買ったという 笑

(まわしものか?

 

で、この12日発売のBBクリームはなんと!キティとのコラボ(限定)が発売

けっこう大きめのトートに白衣着たキティが

一部お買い上げ金額は震災での子供達へのチャリティとのこと。

 

キティ好きなわたしはもちろん既に予約済み

店頭でバッグみたけど可愛いよ~

BBは単品でも 3780円とお手頃!

キティトートと、美白のデラックスサンプル(美容液、化粧水、洗顔フォーム)がついて

プラス1000円の4830円ってことでかなりお得

このキティのがついてるのは限定で数が少ないらしいのでお早めに~

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

Comments (14)

4月公開☆新作映画リスト

2013-04-05 01:21:01 | 月別観たい映画リスト

 

 

 

 

もう4月 あっというまに桜が咲いたかと思ったら、あっというまに散っちゃって。

そうかと思えば末にはもうGW!

早く毎日快晴であたたかくならないかなぁ


それでは早速、

 月初め恒例 4月公開、観たい&観た映画のチェックリスト

 

今月都内で公開されるなかから気になる10数本ピックアップ。
いつものように、タイトルクリックでレビューか公式サイトへリンク(ほぼ観たい順)
4月公開作品全てではなく、個人的に気になってる東京で上映予定の映画リスト。



今月は1本観てました
観た作品

 ヒッチコック           4/5(金)~

アンソニー・ホプキンスが特殊メイクでヒッチコックに!

サスペンスの神と、その神を支え影の存在としての妻との関係。

「サイコ」を観直しといたほうが楽しめるよ♪




 

観たい&気になる作品

今月一番気になるのはこれ

 コズモポリス     4/13~

デヴィッド・クローネンバーグ久々の監督作

ロブ様主演、マチュー・アマルリックも出演。

評判はそうでもないんだけど、クローネンバーグ作品は見逃せません!

人気作家、ドン・デリーロの小説を基に、一日で破滅に向かう若き大富豪のサスペンススリラー。

楽しみ~。



  アイアンマン3     4/26(金)~

いよいよ第三弾☆「アベンジャーズ」後の姿を描く。

共演はベン・キングズレー、ガイ・ピアースほか。




 ジャッキー・コーガン   4/26(金)~

昔「キリングミーソフトリー」って映画あったけど。優しく殺して。

こちらは「キリングゼムソフトリー」

ジェシー・ジェームズの暗殺』のアンドリュー・ドミニク監督とブラピが再タッグのサスペンス。

久々のレイ・リオッタも出るから楽しみ。



 

デッドガール     4/20~

 

トロント国際映画祭ほかで、賛否両論話題となった問題作。

 

廃虚となった病院に侵入した落ちこぼれ学生2人組が、拘束された女ゾンビを発見したことから狂気の世界へ。

こういうの、好き!楽しみ~。



 ハッシュパピー バスタブ島の少女   4/20~

200万ドルという予算で、アカデミー賞作品賞ノミネートほか、評価を受けた作品。

予告みてもあまり惹かれなかったけどアカデミー賞候補は制覇するので鑑賞予定。



 ウィ・アンド・アイ       4/27~

「エターナル・サンシャイン」などのミシェル・ゴンドリー監督作として、気になる。

けど、、、

自身の高校生活を基に描く体感型青春作。

一台の下校バスに乗り合わせたティーンエイジャーたちの複雑な心模様や、思いがけない本音

ってなんかつまんなそうだけど!?



 ロイヤル・アフェア  愛と欲望の王宮   4/27~

アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、マッツ・ミケルセン主演の時代物。

ラース・フォン・トリアーが製作総指揮

18世紀のデンマーク王室で起きたスキャンダラスな史実を基に、国王と王妃、そして侍医の三角関係を描く。



 リンカーン  4/19(金)~

スティーヴン・スピルバーグによる、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの伝記ドラマ。

伝記物好きじゃないし、リンカーン興味ないし、ダニエルデイルイスうまいのはわかってるし、

最近スピルバーグはずっといまいちだし、予告でもつまらなそうだしで

評価されててもぜんぜん惹かれないんだけど、、、、アカデミー賞作品賞ノミニーなので観るか、、、、

もしくはDVDで☆かな。




以下、たぶん観ない。


「君と歩く世界」=マリオン・コティヤールの新作。

「カルテット!」=ダスティン・ホフマン監督作。

「プッシャー」は=1.2.3とあり、1996年作品。マッツ・ミケルセンここにも。

「天使の分け前」=既に評判がいいなー。名匠、ケン・ローチ監督によるヒューマン・コメディー。

「17歳のエンディングノート」=主演はショートのダコタ・ファニング。



今月も意外と多かったー

さてどれだけ観れるかな?

お天気悪くなるようだけど 皆さま、楽しい週末を♪

コメントのお返事は明日します

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click



Comments (20)

モネ・ゲーム /Gambit

2013-04-02 22:50:50 | 劇場&試写★5

 

 

 

 キャメロン・ディアスと、アラン・リックマン共演ってことで楽しみにしてた

モネの絵画を贋作とすり替える詐欺コメディ、「GAMBIT」がモネ・ゲームの邦題で ついに日本公開

 

もともとは、シャーリー・マクレーンの「独身貴族」がオリジナルで

コーエン共演が脚本をリメイク。

監督は「終着駅 トルストイ最後の旅」のマイケル・ホフマン。

 

エイプリルフールに試写室で行われたイベントにて、一足先の鑑賞でした~。5月公開☆

このイベントの様子は最後で。

 

 

復讐のため、

モネの名画 “積みわら“の完璧な贋作を作り、億万長者億万長者シャバンダーに売りつけようと考えた美術鑑定士のハリー

に、コリン・ファース。 

 

 

相棒に選んだテキサスのカウガールPJにキャメロン・ディアス。

 元気な天然カウガール☆ ファッションが可愛くて見どころ

 

億万長者億万長者で美術収集家、シャバンダーにアラン・リックマン。

アブナいヌードも披露したり、

キャメロンとのキスシーンまで嬉々としてヤな金持ち演じるアラン様、可愛い。

 

コントロール不可能なPJのキャラと、予想外の新鑑定士の出現で計画はまったく違う方向へ……

 

この映画、内容そのものよりも意外な取り合わせが魅力かな。

 

 

ほかに、スタンリー・トゥッチもちょこっとだけ出演。

 

印象派の巨匠モネ。その代表作「積みわら」の連作には、消えた1枚が存在した—。英国の美術鑑定士ハリー・ディーンは、その消息不明のモネの名画を使っ た、大がかりな贋作詐欺を企てる。完全犯罪に必要なのは、完璧な贋作と、持ち主を演じる美人の相棒PJと、カモになる億万長者。成功必至の計画だったが、 相棒PJがその天然すぎる正確で、次々と計画を変えてしまう。全く想像つかない怒涛の展開に焦るハリーも大暴走、贋作の鑑定を第三者に奪われるという大ピンチに!

 

 

5/10(56点)

 

 

映画としてはまぁフツウ。

ちょこちょこ笑わせようとするけど

その笑いが古いというか古典的すぎで笑えず。

特に面白いってところがないコメディ。もっと内容面白く出来そうなものだけどなー

話が単純すぎ。

意外なキャストのかけあい、キャメロン演じるカウガールのファッション、

そしてアラン・リックマンファンとしては、彼のおちゃめな演技を楽しむ作品と思えば観てソンはない。

 

どうもコリン・ファースってニガテなのよね~わたし。

もちろん、いい役者だとは思うけどね。

キャメロンはこんなセクシーなランジェリー姿も披露

 

あと、オープニングのアニメが可愛い。

感想といえばそのくらいかな 笑。

三人のファンは、公開したらぜひ劇場で

特に、アラン・リックマンファンは必見だよ~

 

 

公式サイト

 

 Gambit        2012年    アメリカ   90min

5月17日(金)より、ロードショー

 

 

4/1のイベントにて。

モネの贋作が出てくるってことで、エイプリルフールにもひっかけて

各界セレブがゲストという名の通り?

ニ(偽)セレブたちがゲストで結集。

普段、お笑い疎いけど、3人は知ってた。

右から中井貴一の、きくりん氏、AKBともちんの、ざわちんさん、

ハイメ氏、ジョニー・デップ(激似でした!)、そして一番似てない小石田純一さん。

※イベント中は撮影NGで画像はプロのものです

4名は、この映画の宣伝大使をかけてそれぞれ一人づつパフォーマンス披露。

ハイメさんめちゃカッコイイ~。海賊のコスプレしてパイレーツのジャックスパロウになってました☆

ファンのお友達に生で見せたかったなぁ~

試写室に集まったスチールやカメラと観客で60名ほどの拍手によってきめたけど大差なく、

結局ジャンケンで買ったハイメ氏が宣伝大使になったのでした~。

 

 

ゴシップにも以前載せた気がするけど「Gambit」ロンドンプレミアにて

 アラン様、渋いわ

 

 

 


 

 

Comments (18)

アンナ・カレーニナ /ANNA KARENINA

2013-04-01 09:21:55 | 劇場&試写★6以上

 

 

 ロシアの文豪トルストイの小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督

&キーラ・ナイトレイコンビで新たに映画化した文芸ロマンス。

アカデミー賞では、衣装デザイン賞受賞

 

衣装も舞台も素晴らしい華やかさ

 

「アンナカレーニナ」といえば、 1948年のヴィヴィアン・リー主演がオリジナルだったと思ってたけど

グレタ・ガルボ主演のがその前に2作あって、ソフィー・マルソー主演の1997年のもあるしで

今回は5回目の映画化かな?

 

ジュードが出てるし、ジョー・ライト作品好きなので楽しみにしてました~初日鑑賞

 

アンナには、文芸コスチュームものはお手のもの、キーラ・ナイトレイ。

 

その夫、政府高官のカレーニンにジュード・ロウ。

昔のジュードなら不倫する若い男役だっただろうけど

頭はわざと更にハゲにして、あえて歳とった妻に浮気される可哀想な夫に挑んでます

 

アンナと恋に落ちる、青年将校ヴロンスキーに 

「キックアス」で、主演のサエないオタク少年を演じたアーロン・ジョンソン。

「キックアス」の時も書いてたけど、実はイケメン君です☆

 

ほかに、アンナの兄嫁に、ケリー・マクドナルド。

 

その妹、キティにアリシア・ヴィキャンデル。

 

マシュー・マクファーデン、エミリー・ワトソン、ハリポタのウィズリー一家の一員、

ビル・ウィズリー役のドーナル・グリーソン↓など共演。

 

一度求婚を断ったキティとリョーヴィンの言葉遊びのサイコロ?で

想いを伝えあうシーンが素敵

 

そして幸せの絶頂期を迎えたアンナとヴロンスキー

この真っ白なシーツに真っ白なコットンの服が素敵

 

 

 19世紀後半のロシア。アンナ・カレーニナは社交界の華と謳われる美貌の持ち主。しかし、夫である政府高官カレーニンとの間に愛を感じられず、満たされぬ日々を送っていた。ある日、兄夫婦のもとを訪れた彼女は、若き将校ヴロンスキーと出会い、一目で恋に落ちてしまう。許されぬ恋に必死に心を鎮めるアンナだったが、舞踏会で再会した2人にもはや燃え上がる情熱を抑える術はなかった。一方、アンナの兄嫁の妹でヴロンスキーに想いを寄せるキティ。彼女は、 田舎の地主で純朴な好青年リョーヴィンからの求婚も断り、ヴロンスキーとの結婚を信じて待ち続けていたのだが…。

 

 

 

7/10(70点)

 

 

豪華絢爛、衣装も舞台も

誰も歌ってないのにこれはミュージカル!?と錯覚してしまいそう。

まるで役者たちがいまにも歌い出しそうなノリ。

さすがジョー・ライト監督、

テンポの良い舞台劇風の演出が、ともすると退屈になりがちな

コスチュームプレイの文豪、不倫ものを、視覚、聴覚から魅了させる

 

ジュードは真面目な官僚。あの低くて渋い声が効いてます

若い男と恋仲に落ち、妊娠までしてしまう妻を最初は憎むも、神のように二人を許す。

なのにアンナは、愛を感じない夫は捨てヴロンスキーを追うことを決めた末の悲劇。

キーラはお馴染みのコスプレもの、わがままなアンナ役は

素晴らしい衣装を纏ってイメージもピッタリ。

そして、一番のキモとも言える、不倫相手となるヴロンスキー役の美貌

アーロン君のこのまなざしがセクシーで、素敵

あんな瞳でいつも影から見つめられたらそりゃヤラレちゃうでしょ 

 

 

賞受賞の衣装や美術も見応えあり。

とにかく演出が独特の世界観で 華麗なる世界観を楽しむ作品

 

 

  公式サイト 

ANNA KARENINA       2012年    イギリス     130min

3月29日(金)より、公開中~

 

 

 

ロンドンプレミアにて

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

Comments (18)