我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

生 ジュード・ロウ 『ハムレット』観劇♪ @Broadway

2009-09-28 15:32:02 | Weblog
ランキングクリックしてね
←please click



行ってきました3度目の生ジュード



今回旅のテーマは、 観光客ではなく、数日ニューヨーカーになるってこと。
そしてメインディッシュは、ブロードウェイでお芝居を観る事!

ロンドン公演が大好評で、NYブロードウェイでの演目が3ヶ月プレビューで決まった時点で
売り切れを恐れ早々にチケットを手配したの、
でも近い席(高いし)だと争奪戦かもと思って、観られればいいやって感じで
安い席と普通くらいのを日本から手配。
数日待ってやっと入手出来たのはやっぱり2階席の方。
価格25ドル!(安い!)日本だと手数料かかって倍だけどそれでも安い5500円。
オペラグラスないと見えないんだろうなぁ~と覚悟で行ってきた!

そしたらけっこう小さい劇場!

2階からでこんなカンジ。実際はもっと近く感じる。


「ハムレット」は言わずとも知れたシェイクスピアの戯曲で、その昔モノクロ映画では
ローレンス・オリビエが、1996年にはジュード主演の『スルース』の監督でもある
ケネス・ブラナーが監督/主演を務めたものもある。


詳しくはここハムレット


着いて二日後だったから、いつもは殆どない時差による眠気も今回は激しく(歳かな、、、)
正直、超~眠かったの!
おまけにけっこうドイツ語混じりで、しかも映画と違って芝居ってやってる事が一目瞭然という風でもないから
かなり難しい。わたしの英語レベルじゃぜんぜん理解出来ず
ほんとまいった~

でもジュードの顔もギリギリ見えてオペラグラスもいらないくらいだったし
もったいないから頑張りました(笑)
ところどころちょっとずつ寝たけど。

前編1時間半、後編1時間半くらいに渡る3時間
生のジュードのお芝居はとてつもなくやっぱり素晴らしい俳優
と思いました~
出ないシーンももちろんあるけど、
殆どと言っていいほど出ずっぱりだし、しかも長セリフばかり。
頭悪いと覚えられないよなぁ~なんて、役者の基本のこと思ったりして。

お芝居だからやっぱり映画と違ってリアクションや身振り手振りもオーバー。
悲劇のはずだけど、芝居のせいなのかセリフのせいなのかかなり随所で笑い起こっていて、大受け。
客層はジュード目当ての女の子が多いのかと思いきや、もちろんそれらしきのは
わたし含めいっぱいいるだろうけど、普通のオジサンやオバさんや
お姉さん、ジュードファンっぽい(ゲイ?)の男性もいたり。

最後はスタンディングオベーション
拍手喝采! ジュードは幕が一旦降りてからも、改めて出て来て挨拶してました~
その姿、惚れ直した(笑)



観劇後、続々と帰る人でごったがえしのブロードウェイハースト劇場前。




ゴシップでみてた限りでは(イギリスの時だけど)出待ちのファンにサインしてた。
でも場所わかんない、、、と諦めようとした矢先、気づくと入り口の横に
柵が置かれ、まるでトロント映画祭の様に左右に分かれてジュードを待つ、大量の人々が

夜11時に終わって真夜中のブロードウェイ、道路渡って反対側にも
観劇してなかった人たちまでもが集まってる!
わたしもすかさずその中に入り込み、これまでトロント映画祭で駆使してきた技?を使い
(割り込みとかってイミじゃないよ笑)
なんとか場所確保。
役者さんたちが順番に出て来て いよいよ。とカメラを構える。

待つ事15分でジュード登場



あら、、、
頭先端部だけ、、、

目だけ、、、


あれ?ブレブレ。

あれれ。



もうね、トロント映画祭よりすごい勢い。
人は押して動くしジュードの動きは速いしで写真すら困難!
でもなぜかジュードが出て来る数分前に列の幅広がってラッキーなことに2列目ゲット♪

反対側の人にサインしてからまたこっちに戻ってきたジュード。
サインはともかく写真に何としても納めねば!と必死で頑張りました。

欠けてるし。

目つぶってるし

やっとのことで1枚





そしてせっかくだからとわたしももらった小冊子を掲げ、
行ってしまいそうになる間際、ジュード~ と叫んだら戻ってちゃんと顔みてサインしてくれたよー

2006年のトロント映画祭ではスリーショットの自分のは失敗、友達が横から撮ってくれてたのがあったのが幸いしたけど
今回サインもget出来るとは思わなかったから嬉しいな


ほぼ毎晩やってるのに丁寧にサイン、車に乗り込む前、
7~8分くらいの時間だったけどたぶん30人くらいにはしてたんじゃないかな??
日にちチェックしてその時間にそこにいれば、
観てないのに並ぶことも出来そうだよ~


そんなワケで、無事任務?を終え  タイムズスクエアの瞬くネオン街を
あとにしたNYでの一夜でした



NYレポ、まだ続く~!
皆さまからのコメントちゃんと読んでます!嬉しいです
お返事途中になっちゃったけどのちほど、、、

応援クリックしてくれてる方、感謝です
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ
Comments (42)

NY からコンニチハ♪ 2009

2009-09-26 15:12:10 | Weblog
ランキングクリックしてね
←please click




今年もやって来ましたNY 
今回でblog始めてからのレポは3度目かな?
着いた日と昨日はとにかく蒸し暑くてびっくり!


ブルックリン、ダンボという界隈からのブルックリンブリッジの風景で、映画でもよく登場するよね☆
夜はすっごく綺麗なビュースポット
4、5年前にここに来た時よりレストランやアートハウスなんかも増えて発展地区です。


後ろにはマンハッタンブリッジ。



今日は夜いきなりコートいるほど寒くなったけど、日中は爽やかに晴れてて気温も
キホンは東京とあまり変わらないかも。

どこいっても必ず降るわたし、驚いたことにまだ雨降ってない!

このまま降らなきゃいいな、、、、。

無事に到着し、いいお天気でいろいろと歩き回ってるよ

キャリーの家も、撮影率高いから一応また行ってみたけど 何にもまわりになかった
(なかなかそう簡単にはSATCの撮影には遭遇しないー)



一番観たかった映画も無事に観たし、例のお芝居も行って来ました!
また改めてまたupしまーす♪

不在中にもコメント、ありがとう
とりあえずいまは時間ないのでお返しはまたのちほど必ず!


see u later




応援クリックしてくれてる方、感謝です
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ
Comments (30)

NY行ってきまーす♪ 2009 / SATC 2!back to the 80's

2009-09-23 11:00:23 | セレブ&ハリウッドgossip★NEWS
ランキングクリックしてね
←please click


シルバーウィーク最終日、わたしは今から行ってきまーす

絶対観てきたい映画は3本あるんだけどどこまで観れるかなー?

今回もPC持って行くので現地から更新出来たらします

しばらく、TBのお返しは出来なくなるのでゴメンナサイ。
ここのコメント欄閉じさせてもらいます。

その間、興味ある人もない人も『Sex and the City』2の撮影風景をちょっとだけお楽しみ下さい~





キャリーはThat's マドンナ



シャーロットはハ、ハマトラ?

サマンサ姐さんは

元ヤン

爆発頭、すごすぎ


いやもっとスゴいのが。

ミランダ。


なんじゃ~、このキノコちゃん

ナニか?

このシーン出たら笑っちゃいそう




先日upされたフォト、まさかサマンサが結婚

いやこれもきっと夢のシーンか未来の想像シーンでしょ。 のはず。




みんな仲良く連日撮影中




続編ではいよいよ、待望の4人が出会った頃(80's)が少し出て来るみたいで楽しみ~


じゃ、またね~



応援クリックしてくれてる方、感謝です
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ
Comment

H&M again!

2009-09-22 20:50:28 | Weblog
ランキングクリックしてね
←please click



去年、やっと日本初の店舗が銀座にオープンして、ありえないほどの長蛇の列をなした
海外ではおなじみのブランド、H&M

去年の11月には続いて原宿店が出来、ずっと工事中だった渋谷のブック1st跡地に2009年秋open!と聞いてたけど
このほど、19日の土曜日にオープンしました

その間には、原宿店の隣にライバルのForever21が上陸して
そっちの方がお値段もさらに安く、店内もお洒落だし可愛いものも多いってことで
何度か足を運んだのは前に記事にしたとおり。

渋谷にH&Mが出来たって別にもう行かないな~なんて思ってたのに、
H&M初のランジェリーが渋谷店のみ扱う!と聞きつけ
雑誌でみるとものすごく可愛いベージュピンクでレースコルセットとタンガにひとめぼれ

さすがに店内で写真撮れないので探した画像で。良く見えないね


気になるので結局オープン日に行ってきた
昼間は千円と五千円の商品券が500名に配られるってことだったようで
すごい列ができてたみたいだけど、わたしが行ったのは夜8時くらいだったので
3,4分待てば入れたよ♪(カップ麺か)

ちなみに今日も行ったんだけど  すぐ入れた。(ただし中は超混み!)

この日は代々木公園でべトナムフェスティバルがあって、行ってきた帰り。
  大好きパクチーの本と、チャーハンに欠かせないソースget

さんざんフォーやら、ハツの串焼きやらを食べて 雑貨をみて歩き回った帰りで疲れ、へとへとだったにも関わらず 
お買いものとなると疲れも吹っ飛び、軽く1時間半も居ちゃった

日本上陸ではじめて入った時は海外のH&Mの方がいいのがある、なんて思って全然買わなかったのに
今期はなかなか可愛いものいっぱい
しかも銀座店、原宿店がディスプレイ商品はもう在庫切れって言うのが当たり前だったのに、
マネキン着てるのがカワイイって思ったらちゃんと在庫もあるのがウレシイ


これから行く旅行先にもあるしそっちの方が安いかも、と頭をよぎったんだけど
あっちは日本より高いTAXつくし、、、とか言い訳?しながら結局お買いもの。
でも、一万円ちょっとなのに沢山変えちゃうところがやっぱり凄い
長くなるので購入したものの写真は省くけど
80’sっぽい、黒ベースに濃い花柄のミニ3600円、これまた80’sっぽいベルト、レオパードストール、カチューシャ2つにタンガ。


このカッコ、もろわたし好み
というか同じピンクでこれとそっくりなスカート持ってるけどわたしが買った半分のプライスー!ヤラレタ



渋谷店は全部の商品を扱うらしく、キティちゃんやベティちゃん、スヌーピーの商品もあったよ

もともとはスウェーデンのブランド。ノルウェーにいるyueがH&Mのキティの顔プリントのスウェット着てて
可愛いな~って思ってたけど日本には入ってなかったの、それもありました~
お値段は北欧と同じくらいみたい。3800円くらい。
わたしはスウェットよりニットの方が、お遊びで着るのも可愛いかも
って思い迷ったけどヤメといた(笑)
←薄手のニット、3990円也!
黒とグレーの二色。ミニーちゃんはヤバいけど、キティなら着れそうな気がする☆
実際キティのTシャツとか持ってる私。

そして一日目行った時ヤメて翌日やっぱりほしいな~って思って
買って来たのがピンクのジャンボピン(290円)とこれ。
海外の部屋(靴は嫌なので)とか機内で履く用に。
今まで愛用のは汚れたのでこっちに乗り換え。
 なかなか可愛いでしょ?
裏はちゃんとラバーソール。
ライトの関係でオレンジに見えるけどピンク1780円!
今日 友達の分買いに行ったらもう売り切れでした
でもまた入るかも?


そうそう11月14日には、キャリー・ブラッドショーも愛する高級イギリスブランド、
ジミー・チュウ(JIMMY CHOO)との限定コラボ商品が発売決定

なんと驚きの価格でジミー・チュウのものが買えるってことで注目浴びそう。
別に興味無い~って思ってたけど、
スタッズ付きライダースが3万円くらいで出るらしく、写真みたら好みだったので
やっぱり気になっちゃうなー

オープン時はフェイクのだけだったのに、今日は本革でスタッズたくさん襟についたのが入荷してた☆★ なんと本革で25000円
本気で買おうかと思ったが 流行に乗りすぎるのもねー(みんな揃ってライダース着てたら怖いし)
なんて思って踏みとどまったのでした~。(でも可愛いの、、、)
というか最近また買いすぎ?  やっぱりオシャレの秋です

ららぽーと新三郷、横浜ランドマークにも今月openし、11月には新宿、来年春には大阪にも出店するらしい。

同じく渋谷西武内に先月末オープンしたオープニングセレモニーも行ったけど
高いばかりでいいのがまるでなし。
いまどきこんな値段でこれを誰が買うって感じで一般向けじゃない。

これからは、消費者は ブランド名だけにこだわらず、
本当に自分の気に入ったものを買うという時代だという。
そのとおり、こんな不景気時代だけど オシャレはやめられないから。
やっぱりファストブランドが元気!

渋谷店オープンしてから既に3回も行ってるけど(ほぼ毎日? 笑)、今後もちょこちょこのぞいちゃいそう



応援クリックしてくれてる方、感謝です
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ

Comments (12)

リミッツ・オブ・コントロール / THE LIMITS OF CONTROL

2009-09-21 19:10:20 | 劇場&試写★4 以下
ランキングクリックしてね
←please click



個人的に苦手なジム・ジャームッシュ監督の4年ぶり最新作!


俳優として出演した作品を除いて
これまで監督・脚本した作品数は13作。
半分は観ているんだけどどれも合わない
昔、ジョニー・デップ主演の「デッドマン」観た時はなんなの~これ。
って正直思っちゃったんだけど、たぶん今観てもあんまり感想変わらなそうだな~。
ジム・ジャームッシュ作品は例えるならグレーな感じ。
鬼才!と言われてるのはわたしには理解出来ないけど
もやもやっとして、話もつかみどころがなく、アーティスティックといえばそうだし
そもそも白黒はっきりさせたがる性格で中途半端が嫌いなわたし
映画もその性格そのまんまの傾向にあるようで。
何が言いたいかというと
はっきり言って面白いものではないでしょう、この映画。


3/10(2でもいいかも)

わたしはやっぱり駄目だ~
もうほんとこういうの、苦手。
今年のワースト入り決定。

4年前の「ブロークン・フラワーズ」がジム・ジャームッシュの中では一番楽しめたんだけど
あれは一応?ストーリーがあったからのように思える。
でもそんな深くはなかった気がするけど。
 
じゃあ観に行かなきゃいいじゃないって話?
でも今回、ジム・ジャームッシュ常連俳優にまじって、
ガエルこと、ガエル・ガルシア・ベルナルが初出演ということでどんなか気になったの~。
でも実際、キャストが入れ替わり立ち替わり一人の主演の男に会っていくという構造で、
出演シーンは5分くらい。
こんなだし

ま、それはいいとしても
課せられた謎の任務のため、スペインをさすらう一人の男。
この男がまた、無口でセリフほとんどなし。最後の方にちょっと。
ただ太極拳?みたいなの不意にやりはじめたり、ボーっと天井見上げてるシーンが何度もあって
8回くらいあくびでちゃった。
しかもなんてこともなくただ人と会って同じようなセリフが繰り返されるので
前半はまぶたが重たい重たい
隣の人まですやすや寝息聞こえてくる始末。

ただ、会話の中には 映画、「上海から来た女」の話が出てきて、リタ・ヘイワースがたった1本出た作品よ。みたいなこと言うの、

そんなちょっとしたところや、クラッシックムービー通なジム・ジャームッシュ監督ならではの
映画に関するちょっとした話は興味深く聞けた。
(そこだけはちょっとタランティーノみたい。あそこまでうんちく臭くないけど)

しかし、退屈なものは退屈なのだ。。。。
最後に倒す相手もすぐ読めちゃうし最後の最後まであまりに普通の展開で
結局、時間無駄だった~なんて久しぶりに思った映画なのでした。

デヴィド・リンチみたいに不可解でミステリアスな感じもするけど
その謎を知りたいという欲求がわかないというか、、、、
一応、完全に真面目な感じではなく、ゆるいあそびも感じられるしジャンルはコメディも入ってるにも関わらず
ちっとも笑えないところもイヤ。こういうのは完全に好みなのね、
もうよっぽどじゃない限りジム・ジャームッシュ作品は観なくていいや(笑)

一人の“孤独な男”がある任務を胸に、スペインの地に降り立つ。
彼は行く先々でコードネームだけで呼ばれる仲間たちと出会い、そこで新たな指令を受け取る。
誰も信用せず、計画の目的さえも知ることのないまま、
ただ与えられた任務を完遂するために淡々と標的に迫っていく“孤独な男”だったが…。




主演は、ジム・ジャームッシュ作品の常連で今回4度目の出演というイザック・ド・バンコレ。
口数少なく、No sex while working , No gun, No movile を貫く孤独な男。



コードネームはヌード、だけあってこのひとほとんど裸のみの出演。
パス・デ・ラ・ウエルタ。綺麗なカラダでした


もちろんこの常連もしっかり出演☆ビル・マーレイ。

意外と出演シーンわずか。



「ミステリー・トレイン」以来、ジム・ジャームッシュ作品に20年振り出演の工藤夕貴。
一言日本語つぶやいてたけど4,5分の出演。
英語の発音綺麗で聞き取りやすいのはさすが☆


一番驚いたのはこの人。
真白ないでたちに真っ赤なルージュで100均の傘?持って印象深く登場した女性。

観てるとき、綺麗だけどマドンナみたいよーくみたら老けてるし
どこか若づくりな違和感ある女優誰?って思ったら
エンドロールの名前でびっくり
ティルダ・スウィントンでした~!

そういえばあとで「ブロークン・フラワーズ」のわたしのレビュー読み返したら
あちらにも出ていたのね。しかもやっぱり化けてて気づかなかったって同じ事書いてる(笑)

ほかに、アレックス・デスカス、ジョン・ハートも出演。





 公式サイト
THE LIMITS OF CONTROL   2009年  スペイン=アメリカ=日本 115min
9月19日より、公開中~





応援クリックしてくれてる方、感謝です
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ
Comments (18)

トロント映画祭 ピープルズ・チョイス賞発表!2009 people's choice award

2009-09-20 18:54:11 | CANADA ☆トロント通信
ランキングクリックしてね
←please click



前回予告した通り、今年の映画祭も本日19日、無事に終了し
最高賞である観客賞が発表になりました



トロント映画祭では審査員が賞を決めるのではなく、
一般の観客の投票によって最高の賞、ピープルズチョイス賞が決定します。


アカデミー賞レースにもここで決まった作品がノミネートされたり
何かしら話題になることになる注目すべき賞なのです
このセリフ毎年言ってるケド

その証拠に、去年はダニー・ボイル監督の『スラムドッグ・ミリオネア』が受賞
過去にもいくつかアカデミー賞と重なった作品もあるほか、
特に観客賞受賞の作品はやっぱり名作多し!

それではさっさといきましょう、今年上映になった340作品以上の中から選ばれたのは。。。


観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード)
「Precious: Based On The Novel Push By Sapphire」





リー・ダニエルズ監督の「Precious: Based on the Novel 'Push' by Sapphire(原題)/プレシャス!」。

米人気司会者のオプラ・ウィンフリーがプロデュースした作品で、マライア・キャリーも出演している☆
ほぼすっぴんで!


上映でレッドカーペットに登場



1987年のハーレムを舞台に、父親との2人目の子どもを妊娠した読み書きのできない10代の少女が、1人の教師に出会い自身の価値を見出していくストーリーで、サファイアの「Push」が原作。
1月のサンダンス映画祭でも観客賞など受賞、高く評価されていて注目度が高かった1本。
全米での一般公開は11月、日本では東京国際映画祭 ワールドシネマ部門での上映が決定!


「YouTube Precious: Based on the Novel 'Push' by Sapphireトレーラー」



アカデミー賞は来年から10作品ノミネートになるし、本作はかなり有力でしょうね~。
東京国際映画祭のチケットも争奪戦になるだろうな。。。
要チェックです♪







ドキュメンタリー部門
「THE TOPP TWINS」



ニュージーランドのレズデュオのドキュメンタリー。


次点はマイケル・ムーアの新作「キャピタリズム/マネーは踊る」
アメリカのグローバル化問題に吠えた作品。日本でも年内冬上映予定。




ミッドナイトマッドネス部門(夜中に上映されるホラー)
「THE LOVED ONES 」





次点にはイーサン・ホークとウィレム・デフォーのヴァンパイアもの「Daybreakers」が。


その他、詳しいことは公式サイトへどうぞ☆(英語)Toronto International Film Festival





個人的には、前回書いた ロメロの新作ゾンビのほかには「アザーズ」のアレハンドロ・アメナバール監督の新作「Agora」や
ヴェルナー・ヘルツォー監督 ウィレム・デフォー、クロエ・セヴィニー共演の
 「My Son, My Son, What Have Ye Done」
実際に起こった事件を元に映画化されたもので、プロデューサーの1人がデイヴィッド・リンチ!という作品

あとはヒース・レジャーの遺作で、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ、コリン・ファレル共演のテリー・ギリアム作品
「The Imaginarium of Doctor Parnassus パルナッサス博士の想像力」もやっぱり楽しみ



この記事はコメント欄閉じさせてもらいます。


応援クリックしてくれてる方、感謝です
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ


Comment

2009 トロント映画祭 PART 2

2009-09-19 10:04:04 | CANADA ☆トロント通信
ランキングクリックしてね
←please click




前回に続き、トロント映画祭に来たスターレポ、後編です

Toronto International Film Festival


今年も毎日続々と大物たちがレッドカーペットに


15日、ニコラス・ケイジ、妻アリス同伴で登場


来たのはメインのロイトムソンホールよりは小さめの劇場で、スターも見やすいライアソンシアター
元冬樹ではありません

これ行った人の話によると、普通マスコミに向けてすぐ対応し、インタビュー受けてからファンの方に来るのに
すぐにファンに対応、ずーっとサインをして、紙や写真持ってた人たち殆どしてもらえたんじゃないか?ってくらいだったらしい☆
きゃー、ニコちゃんたら、いい人

おまけにインタビューとサインしてるとき以外、妻のアリス・キムとしっかり手を繋ぎっぱなしだったとか。
やるねー、愛妻家


記者会見にて。禿げてたって、ニコちゃん素敵






15日、キアヌ・リーブス&ロビン・ライトペン



オスカー俳優ダニエル・デイ=ルイスの妻であるレベッカ・ミラーが、自身の小説を自ら監督!(写真中央)


定番となってきた もじゃスタイル。

昔『ハートブルー』で共演した故(すい臓がん)パトリック・スウェイジについても語った。
「スカイダイビングのシーンを一緒に撮影した時、パトリックは飛行機から何度も飛び降りなくてはいけなくて、確か30回はやらされたと思うんだ。
最終的には、これ以上やってはいけないというところまでやらされたけど、彼はまるで嫌な顔ひとつせず役に打ち込んでたよ。
彼は本当に美しい人だったし、アーティストだった。
人生でさまざまな経験をすること楽しんでいた。
だから彼はとても充実した人生を送ったと思うよ」
とコメント。


「The Private Lives of Pippa Lee」
ロビン・ライト演じる主人公=ペッパー・リーは、30歳年上の裕福な男性(アラン・アーキン)を夫に持ち、
子供を2人育てあげ、人づきあいもいい完璧な主婦。
満たされた生活を送っていたかと思っていたが、ある日夫が倒れて老人ホームに住むことになり精神的な危機を迎える。
キアヌは主人公の年下の愛人を演じている。



13日、ドリュー・バリモア 初監督作『Whip it!』で来場


か、髪が

エレン・ペイジと。

髪は驚きの2段カラー
&タトゥーかと思ったら蜘蛛の巣レースのドレスはアレキサンダーマックイーン。






ブルーのネイルにタイツ。相変わらず私服も個性的



14日、コリン・ファレル『A Single Man』


U2のボノも一緒に 

うわ。


コリンを追いかけて写真撮るの必至なカメラマンが、どけよといった相手は実は関係者でコリンの実の妹。


そーゆーこと言うなと猛反撃。
それにしても濃い。




14日、エドワード・ノートン『Leaves of Grass』

共演のケリー・ラッセルと。ライアソンシアターにて。
舞台挨拶もあったようだけど写真これしか見つからず、、、、。
代わりに現場からのインタビュー映像をドウゾ♪
☆ココ☆
※ロメロのインタビュー後に出るところから飛んで下さい~(直す時間なかったので
対極の双子を演じるノートン、公開が待ち遠しい




14日、ナオミ・ワッツ『Moter and Child』
ケリー・ワシントンと。





14日、ロブ・ロウ&ジェニファー・ガーナー『The Invention of Lying』

ロブ・ロウ、変らないなー



16日、ナタリー・ポートマン&フィービーリサ・クドロー『Love and Oter Impossible』
ロイトムソンに現れた二人☆
この日のナタリー、ちょいケバ。








翌日の会見の際には薄メイク。こっちの方が可愛い


フィービーは何年もフィービーのまんま♪



13日、日本でも来週公開『空気人形』で、是枝監督とオダギリジョー登場



オダギリジョーはもう1本、主演の中国映画『狼災記』がトロント映画祭で上映になった。
ジョニー・デップ風ハットにニーハイブーツ着用!

中央は田壮壮監督。
共演にマギーQ




※同じく日本から、2本上映され松山ケンイチの登場は最終日あたりなのかな?と思ったら今日、 王様のブランチに生出演?、、、あれ?





15日、デミ・ムーア&アシュトン・カッチャー、ファミリー映画『The Jonses』
デビッド・ドゥカブニー共演。visaスクリーンルームにて。


46歳だってミニが似合う無敵のデミ。




15日、ヴィゴ・モーテンセン『The Road』
毎年来てるな~、ヴィゴ様。共演はロバート・デュバルとこの子役の子。


ただ今ロンゲ中。


左のおばちゃん全く興味ナシ。


その他の方々

クライヴ・オーウェン。


クリス・ロック


コリン・ファース


そしてそして、、、、

ジョージ・A・ロメロ監督の最新ゾンビ映画『サバイバル・オブ・ザ・デッド』がお目見え!

コレが一番観たいよぅ~! 
ゾンビたちが街を練歩くパフォーマンス大会?まで繰り広げられたらしい。
んー、参加したかった。。。
かなり出来もいいらしい!楽しみ
そのロメロのインタビューと映像は ☆ココ☆
周りにゾンビがうようよいて笑える~


トロント映画祭は19日、日曜日まで。
次回のトロントコーナー、いよいよアカデミー賞前哨戦にも繋がる、トロント映画祭の最高の賞、
ピープルズチョイスアワードの発表です



応援クリックしてくれてる方、感謝です
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ

Comments (14)

blogでTwitter?

2009-09-18 00:00:08 | Weblog
ランキングクリックしてね
←please click



もういよいよ秋の連休。お休みの方も多いのかな??

たまーに日記☆  と書いておきながら年に何回しか書いてない日記らしきもの。

今日は9月に入ってからの出来事を twitter風につぶやいてみる
 というかただの日記
ツィッターといえば、ハリウッドセレブでも愛用者が多くて アシュトン・カッチャー&デミ夫妻、パリス・ヒルトンなどのも有名。

skypeはやってるけど(全然ちがうか)twitterは誰かのをみてるわけでもないのでmig流で。
そういえばgoo blogからも?出来るようになったとか?
ほんとは短くひとことつぶやくものらしいけど ま いっか。



9月○日 普段あまり邦楽聴かないけどクリスタルケイの曲は大好き
今までのCDも持ってるけどベストが出たので早速購入! やっぱいいね

NE-YOのベストは全部曲持ってるから買わなかったけどどの曲もいいので




9月○日 毎年夏の終りになるとまとめ買いするタイツ
ハイ、タイツマニアなmigです  一昨年はカラー、去年はチェックやレオパード。
今年はといえば、断然レースィー(笑)でしょ♪
今年も売り切れる秋本番になる前に4、5点買ったよ
でも写真撮る前に袋からだしちゃってた開けてないのこれだけ。
レギンスも今年はレースです



9月○日  シャネルの前から狙ってた、ビコローレのシルバー×ブラック のお財布購入
この形は前にも使ってたことあるけど三つ折りのタイプより使いやすいんだ





9月○日  信じらんない~ 3カ所最も利用してるスタバのうちの1つで、いつものように英語勉強してたら
うっかりソファーにお気に入りのスタッズカーディガン忘れてきた
その日気づかず翌日電話したら忘れ物に届いてなかった
取られたらしいー。ヒドい、、、、。
ヒステリックグラマーの春夏ものでもう完売、2万7千円もしたのに~~大ショック
自分が悪いんだけどね....(泣)今度から必ず席たつとき忘れ物ないかチェックしよう




9月○日   どうしても諦めきれない私。 最初に買った路面店で確認するとグレーのみあった、、、、。
他どこも完売というけどしつこく伊勢丹新宿に電話。
倉庫にあったという1枚を確保!

なんとまた同じの買ってしまった....我ながらバカだ~。
だってすごいツカえるんだもん
買えて良かった♪ご優待もきいたし☆




9月○日   お友達の家にジェルネイルをやってもらいに行く
お家にはプロ並みに本格的に全て揃ってる
最初はシルバーとオレンジ。
2度目のカラーチェンジは やっぱり大好きな赤グリッターにしちゃった

純銀のシルバーグリッターと交互にフレンチにしてみたよ
ありくま、ありがとねッ
アイバンラーメン、次回行こうね!!




9月○日  パパママはyueの住むノルウェーに行くため、ママが札幌から来た
早速予約しておいた代々木にあるB.J.カイロプラクティックへ
わたしは2度目、月に1度でいいんだけどこれがすごい!
極度の肩こりに長い事悩んでいたわたし、パパの知人から紹介してもらったのだけど
わたしの首のヘルニアもそうだけど、どんな病気でも首の頸椎の一カ所を治せば時分の持つ治癒力で
まず背中のゆがみがとれ、次第にあらゆる部分が治っていくという。
それも一人の先生のアジャストメント(調整)で首の一カ所軽く押すだけ!
その後30分から1時間横になって睡眠とって、、、
最初にビデオみせられたり怪しいとおもったけどこれがすごく説得力ある!
宗教とか怪しいものは一切信じないタチですが
二度目通って早くもゆがみもほぼ改善され、、、
なんだか肩の痛みの辛さも収まってきたような、、、、!?
一見ふつうのお宅。
来月また行ってきますー。
気になる方は是非~
整体とかよりも効果アリとみた!要予約!
B.J.カイロプラクティック




あ、すでにつぶやきじゃなくなってきてる。。。



9月○日 10年来お世話になってる美容室apishの坂巻サンとこへ。カラーとカット 
坂巻サンがこの秋提案する、ダークなチョコブラックに
基本アッシュカラーだけどこういう深い色好き
坂巻サンいわく「あんまり長すぎるとフラダンスやってる人みたいだよ~」とかいうので10cmちょっとカット。
仕事前ギリギリになっちゃって写真も撮れず
海外ドラマの話題とマッキーブログの話。ハワイ帰りでまっくろでした
LOSTの撮影現場はパワースポットらしく、
ほんとにあのダーマのマークの入り口が今もあるんだって。
あ、新店舗openおめでとうございますー




9月○日  普段はマスカラ派だけど旅行前ということで、初のまつげエクステにチャレンジ、
ギャルみたいにバサバサなのはイヤなのでナチュラルに80本、シルクエクステ。
好みの仕上がりに満足
マスカラつけなくていいからラクチン~♪
なんと!現在渋谷店open記念で9月末まで半額でやってるよ~
Vert Clair



9月○日   アメリカ在住、blogお友達のきゃんでぃーさんが旦那さまと会いに来てくれた♪
約2年振りの再会。
身内にご不幸あったにも関わらず、元気な顔みせてくれて短い時間だったけど楽しくおしゃべりしました。
マリリンモンローの写真集、お土産に頂いちゃった!ありがとう
気をつけて帰ってね~




9月○日   最近夜はめっきり涼しくなって来て、お風呂が気持ちイイ季節
いつも買ってるクナイプバスソルトと、バブのローズ。夏の間は売ってないんだけど
4種類のローズが3つづつセットになった新商品が最近出た

バラの香りでゆったり気分


結局ただの日記になっちゃったみたい
よぅし、次回はほんとにつぶやきでチャレンジするぞ★

それでは皆さま、楽しい週末を~

一喜一憂したくないといいつつupするとヤル気でます
応援クリックしてくれてる方、どうもありがとう
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ
Comments (18)

ココ アヴァン シャネル /COCO AVANT CHANEL

2009-09-15 18:11:00 | 劇場&試写★4 以下

ランキングクリックしてね
←please click



 えー、これでもシャネル映画なの


シャーリー・マクレーンがシャネルの後期を演じ、先月から日本でも公開した
ココ・シャネル』に続き、
全部で3本公開されるシャネルの伝記映画、
2本目はオドレイ・トトゥが、無名時代のシャネルを演じる。
『アメリ』は好き。でも正直オドレイ・トトゥってあまり好きじゃないんだけど
シャネルの映画だからこちらも楽しみにしてたの


ですが!
バッグや小物が出て来ないばかりか、ココマークが全く出てこない!
どーゆーこと
最後の方でやっとツイードのスーツや、カメリアのブローチがちらりと映るだけ。
これにはビックリ。
確か今作が唯一、カール・ラガーフェルド監修、公認っていってたはずなのに!

監督/脚本は、フランス人女性のアンヌ・フォンテーヌ。


フリフリドレスの時代に、一人 質素とも言えるボーイッシュでシンプルなファッションを好んだココ。
←ココ、推定53歳

シンプルでも動きやすい服装。 それが、「シャネル」の原点。
実際のココシャネルにも似てるということで
これまで何度もオファーされてたというオドレイ・トトゥはやっぱり合ってたのかな。


シャネルが唯一愛した二人の男、一人はこんなだし↓観てても全然魅力ない
ただのお金持ってるだけのおやじ、、、、。


ココが本当に愛したというモテモテ、パトロンな男も↓こんなで、、、。


ココの母親は浮気性の父親をひたすら待つだけだった
ある日、外で浮気をしてきた父親が家に戻ると母親はベットの上で死んでいたー。


そんな両親を見てきたココは、妻になるぐらいなら愛人の方がいい!と、実業家と不倫を続ける。

このセリフでの部分もあったけど、先に観た『ココシャネル』の方とはやっぱりどうしても比べちゃう。


孤児として育ちながら固い意志を秘めた、ガブリエル・“ココ”・シャネル。
波乱に満ちた体験を重ねながら、彼女はやがて世界的なファッション・デザイナーとなる。
常に新しい女性像を描き、ファッションを通して女性の解放、男女平等を謳ったココ。
その姿はまさに現代女性であり、成功、自由、そしてスタイルの、時代を超えた象徴だった―




4/10


うーん、、、、。
シャネルが好きで、シャネルの人生にも興味あって観てるわたしでこうだから、
全く興味ない人、もしくはただ単にシャネルの人生をみてみたいという純粋な気持ちで観る人にはつまらないかも、、、。
わたしは退屈はしなかったけど期待はずれ。
描き方が浅い!のひとこと。

衣装だって、シャネルのを期待して観るような映画でもなく(最後の方にしか出て来ない)
コネクションも財産も教養もない孤児育ちの少女が、世界の「シャネル」になるまでの物語
とうたってるほど波瀾万丈なサクセスストーリーとして楽しめるわけでもなし。
先に公開しちゃった「ココシャネル」の方が、生涯を追って二人の役者で演じ見せたのと違って
若い頃だけに的を絞ってあるわりには内容が薄っぺら。
恋愛の部分だけは妙に丁寧に描かれているけど、普通のラブストーリーの方がよっぽど面白く観れる。
(それはもっとじっくり描いていた、先に観たシャーリー・マクレーン版のせいもおおいにあり)

男から自立して、いよいよこれからシャネルとしての試練の?道を見られると思いきや
男と別れたら次のシーンではもう 「シャネル」になっちゃってて、タバコ片手に
立派な部屋でたくさんのお針子たち抱えて指示する大物になってたのでびっくり。

散々恋愛は描いておいて肝心なとこ飛ばしちゃうのかって、ちょっとがっかり。

オドレイ以外キャスト全員なんだかなぁ、だし。
その割に2時間以内の作品なのに、余裕で2時間超えに感じたし、、、。
そんなワケで、シャネルの人生を描いた映画とは言いがたい出来でした。
これだったらシャネル映画って言われたら 断然シャーリー・マクレーン版『ココシャネル』の方を断然、オススメしちゃうな

あとは来年公開の、もう一本のシャネル映画に期待です!


公式サイト
COCO AVANT CHANEL   フランス  110min
9月18日(金)より、ロードショー


オドレイ・トトゥ、来日、 9/7 ジャパンプレミア
六本木ヒルズにて。


「今回で4回目の来日ですが、来るたびにうれしい、幸せな思いでいっぱいになります。
『ココ・アヴァン・シャネル』はココ・シャネルの若き日を描いた映画です。
共演者もブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラといった素晴らしい面々です。
出演者、スタッフとみんなで楽しく作り上げた作品です。
みなさんも大いに楽しんでいただけると思います。」

とコメント。

翌日の記者会見では、フェミニンなブラウスで現れたがシャネルでないのは何故なんでしょう???




ランキングクリックして下さると嬉しいです
人気ブログランキングへ←please click

Comments (52)

トロント映画祭 2009 開催中~♪ Toronto Film Festival

2009-09-14 00:02:04 | CANADA ☆トロント通信
ランキングクリックしてね
←please click



10日からスタートしました、トロント映画祭


Toronto International Film Festival

これまで一緒に行っていたカナダに4年住んだ妹のyueは結婚しちゃって現在ノルウェー在住だし
今年はまた行けなかったので日本からのレポでお送りします~。

と言っても、レッドカーペットの写真あまりないし
まだ始まったばかり、わたしがチェックした範囲でのトロントに来たセレブたちの写真の羅列だけど 
恒例なので今年もいきまーす。今年も続々豪華な顔ぶれ来てます♪

まずは妊娠説が噂されてる、ペネロペ・クルス
新作『Broken Embraces』で。
また紛らわしいドレス着てるんだこれが。


「友人からも、妊娠したのね、おめでとう!とプレゼントをもらうけど、返すの。
妊娠はしてないわ、全く驚きよ」と告白
してないのに妊娠妊娠ってそれって失礼だよね

で、珍しくヘン顔披露

翌日はジーンズにライダースというラフな格好で。カッコイイ



9日には、親友のサルマ・ハエックとタバコふかしてたしやっぱり妊娠はデマだったみたい


10日、ジェニファー・コネリー&ポール・ベタニー、おしどり夫婦、そろって来場

2年前に来た時はファンがいくら叫んでもレッドカーペットの向こうには
駆け寄るどころか手を振ったりすらせず感じ悪~って印象残した
ジェニファー、今年は夫連れだからかゴキゲン

笑顔で駆け寄り

しっかり、ファンにサインも対応
あれ もしや。。。


ノーブラ...
そこまでサービスしなくても。
こころ入れ替えたか。


あ、映画は進化論、ダーウィンの伝記もので『ビューティフル・マインド』の共演以来の夫婦共演『Creation』ロイトムソンホールにて。



ジョージ・クルーニー&ユアン・マクレガー

11日、二人が共演の『ザ・メン・フー・ステア・アット・ゴーツ』の記者会見。
先日のヴェネチア映画祭には新しい彼女同伴で現れた兄貴、この日はノリノリでジョーク連発!

手の骨折(先日の車のドアに指挟まれた事件)について聞かれると
「ユアンと喧嘩で顔にパンチ食らわしたんだ」などと返答。


オモロいおじさんだね

監督は、グラント・へスロブ(『グッドナイト&グッドラック』脚本/プロデュース)。
ジョージ演じるのはアメリカ軍隊の特殊部隊の霊媒師。(笑)
この部隊のメンバーは、特殊能力を持っていて、壁を通り抜けたり、人の心が読めたり、にらむだけでヤギが殺せる、と言われている。
ジェフ・ブリッジズ演じるその部隊の創設者が行方不明になり、ユアン演じるジャーナリストが真相を追うというブラック・コメディだそう。
ジョージ、今作のほかに映画『アップ・イン・ザ・エアー』も映画祭に出品、
さらに、マット・デイモン主演、ソダーバーグ監督作ではプロデューサー。

それがコレ。なんだかヴェネチア映画祭のとかぶるけど。
マット・デイモン主演、スティーヴン・ソダーバーグ新作『The Informant!』




いつみても同じ顔です☆



10日、アマンダ・セイフライド&ミーガン・フォックス『Jennifer’s Body』

『トランスフォーマー』のミーガン・フォックスと

『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライド共演
メイン会場のロイトムソンからちょっと離れたライアソンにて。


脚本は『JUNO/ジュノ』でオスカーを取ったディアブロ・コーディ、
監督は『ガールファイト』のカリン・クサマ。



12日、マイケル・ダグラス『King of California』プレミア上映




12日、ウィリアム・デフォー

ラース・フォン・トリアー監督の問題作『Antichrist』に出演のデフォーさんもやって来ました☆


デフォーは子どもを亡くした男を演じる。
お相手はシャルロット・ゲンズブール。






映画祭は19日まで。
(出来たら)後編へ続く~
今年は行くよーって方、もしくは行ったよーって方、良かったら報告4649


一喜一憂したくないといいつつupするとヤル気でます
応援クリックしてくれてる方、どうもありがとう
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ
Comments (16)