我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

デイブレイカー/Daybreakers

2010-10-31 16:34:40 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

人口の95%がヴァンパイア!もはや人間が絶滅危惧種!ヴァンパイアだらけになった近未来、人間は彼らの血液供給源となる。
人間対ヴァンパイア。生き延びるのはどっち?!





ピーター&マイケル・スピエリッグ、2003年のゾンビ映画「アンデッド」で注目を浴びた
オーストラリアの双子兄弟監督、ハリウッドデビュー作。

なるほどだからこんなにもグロく、エグいのね。
もともと、ゾンビもヴァンパイアも噛まれて感染(ヴァンパイア化)似たようなものだと思ってたケド
これはほんと、全体的にこのスプラッター度合い、ゾンビっぽい




イーサンがヴァンパイアものに出演、その内容を聞いたときから楽しみにしてた1本。
yueがノルウェーで先に観てて面白かったと言ってたので日本公開を今か今かと待ちわびてたけど、やっとこのたび11月公開決定

一足早く上映あったTIFF(東京国際映画祭)にて鑑賞してきました~


ヴァンパイア人間!


この作品、新しいヴァンパイア映画として秀逸
世界はヴァンパイアだらけになってしまい、人間は残りわずか。
永遠の命を持つヴァンパイアも正常なまま生き延びる為には人間の血を飲むことが必須。
さもなくば、老化によってコウモリ風化け物に変貌していく!
人間はもはやヴァンパイアの為のものであり、捕獲、管理されている。

 


純正100%の生血は高額で売られ、どんどん貴重になっていくばかり。

ヴァンパイアたちは争いをはじめ、共食い、自分の血を吸うまでに至る始末。

本物の血に代わる代用血液を造り出す研究をする巨大製薬会社では開発を急ぐ。
昼も活動が出来き、人間を狩るヴァンパイアと、少数派となった人類の争い。

ヴァンパイア映画としては今までなかった斬新なストーリーテリング!

生存競争になると、ヴァンパイアもほとんどゾンビ化しちゃう。

そんな中でも人間のままでいたい、人間の時の心を失いたくないという人もいて。

ヴァンパイア人間は、ヴァンパイアとして生き残るために代用出来る血液を作る。

残された人間が出来ることは、一度ヴァンパイアになってしまったのを人間に戻すこと。
その方法とは一体!!?





永遠の命を持つヴァンパイアによって世界が支配されている2019年。
人類は絶滅寸前で、ヴァンパイアに必要不可欠な人間の血液も底を突きかけていた。
血液の代用を探すヴァンパイアの研究者エドは、人類の生き残りオードリーと出会い、
双方を救済できる驚くべき方法を知るが、ヴァンパイアと人類は最終戦争に突入してしまう。






7/10(75点)




賛否あるかもしれないけどわたしは面白かった♪
ホラーチックな部分もあるし、結構スプラッター。
ヴァンパイアなのに凶暴すぎるから内臓までむしゃむしゃ
全体的にダークな世界観
イーサン&ユマ・サーマン&ジュードの「ガタカ」を思わせるようなスタイリッシュでクールな近未来ビジュアル



一定期間血を飲まない、あるいは自分のを飲むなどして老化したヴァンパイアになる時の化け物のビジュアルや、

血、焼け焦げる姿などリアルなのが凄い。
思い切りB級作品なのに、それで全体的に全く安っぽくない映像が完成されてるのが見事

純度100%の人間の血液がワインボトルみたいに買えたり、
コーヒーショップではコーヒーに、薄めた血液を入れてたりっていうのも面白い。

イーサンは今回、善人。
悪っぽい方がやっぱりこの人は魅力的なんだけど、もともと情けない表情がお似合いなので
影のあるヴァンパイアもなかなか。



イーサンの弟は人間ハンターの隊員。ちょっと若かりしケビン・ベーコン風。



ヴァンパイアで巨大製薬会社社長に、サム・ニール。


そして本作でアウトロー的存在感なウィレム・デフォー


こちらも今回は悪役じゃなく人間側。デフォーさん好きなので久しぶりに見られて単純に嬉しい♪
「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」で、せむし男みたいなヴァンパイアを経験済み★



この世がヴァンパイアの世界になると日中も普通に活動するために様々なものが開発されていて、
昼間でも車は光を遮断するシステムになってたりするけど
太陽サンサンの時の外出はどうするの?と思ったら
車まで日蔭の場所へギリギリまで行って、あとは黒いハットに黒づくめの服、
黒いサングラスという、何者よ?って感じの出で立ちだったのが笑えた。

なるべく地下道を歩きましょうというCMがなにげに流れてたり、芸が細かい。

さらには人間に戻るためには太陽で直射日光と分かると敵が来てても即実行

痛い思いはするが、わりとあっさりと人間に戻れて後遺症はなし。

そのヴァンパイアから人間に戻った人の血を吸うと、これまたヴァンパイアが人間に戻るっていうアイディアも面白かった。


グロいし、エグいし、B級。誰にでもお勧めってわけじゃないけど、
ゾンビ好き、ヴァンパイアもの好きな人にはオススメ





 公式サイト 
Daybreakers       オーストラリア=アメリカ     98min

2010東京国際映画祭特別招待作品。
11月27日(土)より、ロードショー~




ヴァンパイアになって永遠の命を得るか、人間のままでヴァンパイア化した人間と
レジスタントとして戦うか、どっちを選ぶ?


こんなに少数派だったらわたしはやっぱり最初から迷わずヴァンパイアかな
すぐに囚われてどうせ仲間にさせられちゃうし?(←現実派)





ニューヨークプレミアにて。



デフォーさんて結構小さい?  中央が双子の兄弟監督★


イーサンはもう1本、「クロッシング」が10/30~公開中




一喜一憂したくないけどやっぱり気になる

クリックして下さってる方、感謝です
←please click







Comments (43)

ソウ ザ・ファイナル 3D /SAW VII 3D /ソウ7

2010-10-30 20:00:04 | 劇場&試写★6以上

 

ここまでひっぱった「ソウ」シリーズ、7作目となる完結編、ついに公開!!
ファンだけど、もうそろそろ終わっていいよーと思ってた反面、実際最後となると寂しい!
最終章は3D公開。



都内、台風接近中のなか、お友達のゆきえちゃんと張り切って朝一で観てきました~
ヒルズの小さいほうの劇場なのに朝一だからか空席も多く、初回観は相当なファンばかり?
「ソウ」お約束の最前列では観なかったけど(笑)


前日はTIFFでヒルズに行ったので、前売り特典のビリーの三色ボールペンまでGetしちゃた



毎年1作づつコンスタントに公開、1~6まで全部試写でみてきたけど、今回は試写なしの日米同時公開
今年のコミコンではソウ・シリーズが、「13日の金曜日」「エルム街の悪夢」「ハロウィン」などを抜き、全世界で劇場興収約730億円、
DVD3000万枚以上を売り上げてきた実績から「もっとも成功したホラー映画シリーズ/Most Successful Horror Movie Series」としてギネス世界記録に登録されることが発表になったばかり!




ネタばれ部分は最後の方に薄文字でいきます~


5,6に続きケビン・グルタートが監督を務める。

しかしこれだけ世界的にファンを持つシリーズの完結編、どういう風に持っていくか、どう謎に答えていくか、注目だしかなり責任重大なところ。
最初に二人で監督&脚本を手がけたジェームズ・ワン&リー・ワネルは2からはプロデューサーにまわったまま。
もちろん内容に口出ししてるんだろうけど、最後くらいまた二人が手掛けてほしかったなー。

とはいえ、回を重ねるごとにつまらなくなるという噂もある中(それでもファンだからもちろん観続けちゃう)
ギリギリお勧め出来るくらいかな? 5,6なんかよりは全然面白かったし。
どんどん下降気味だったのを持ち直してくれて良かった!
やや最後の方が駆け足でつっこみどころはあれど、なかなか楽しめた♪
90分て短いなぁ最後だし2時間あってもよかったかも。


3D効果に関しては、あまり意味ないような。(笑)
臨場感とかたまにはあるけど、飛び出す系はちょっとしかなかったし、
隣のhino(ゆきえ)ちゃんは爆音と飛び出しに反応して飛びあがってたけど
そういうのに平気な私には効果なしかな~。
全然2Dでもよかったと思う(でも2Dの上映はないみたい)
ま、話題性と、最後だからいいか、ってことで♪




さて、今回はゲストとして「処刑人」シリーズ(最近2が復活したばかり)のショーン・パトリック・フラナリーが登場なのも話題のひとつ。
「処刑人」は今度も処刑する側か、それともされる側か




「アドレナリン」にカメオ出演した、ロックバンド「リンキンバーグ」のチェスター・ベニトンも犠牲者として出演。



そして、シリーズ1に出てきたあの人も

最後に「ゲームオーバー」を言うのは誰?





ここからネタバレあり


オープニングから、ショースタイルで仕掛けられた罠が面白い。
一時は仕掛けられたゲームばかりでいかに痛がらせるか、って感じになっていたのも
ひと段落、一応もちろん今回もいくつか用意はされてるけど
ゲームの残忍さはもう慣れたせいなのかびっくりしない。

それより後継者だの、箱の中身だの言われてたのがたいした重要じゃなかった(笑)

今回、観るにあたっては全く情報を遮断して予告編や画像一切見ないで挑んだんだけど
もともと「ソウ」ファンの間で1の時から噂・予測されてた
あの1の、医師ゴードンがキーマンとなって重要なポイント&おいしいとこを全部持っていっちゃったのは全く予想通りででした。

過去のキャラクターって続編で登場するとやっぱり嬉しいもので今回も
出ていなかった裏で何をしてたのかが
あの音楽とともに明らかになる。

ここのシーンは1,2のようにとてつもなく意外で驚きがあって欲しいものなんだけど
もう読めちゃうのは仕方がないのかも。


それにしても一番疑問なのはホフマン刑事が、いくら妹の復讐があると言っても
そんなにもずっと犯人をやり続ける必要あるのか、しかも仕業も分かってるのに
なぜそんなに捕まらずにずっとゲームを仕掛けていられるかってことで。
でもまぁそんなつっこみはいいや(笑)

面白かったのは 過去、ゲームに参加させられた人物たちが「サバイバー」として登場すること。
生存者としてひと儲けしようという輩が出てくるのも不思議じゃないし。(実際は嘘だったけど)
そして、ショーン・パトリック・フラナリー!

主役級の人物で、この人を中心に周りがゲームに参加させられる。


ゲーム自体はもう手が尽きてきたように感じるなー。
あと、死体が蝋人形っぽかったり、切れてる時に作りもの感あったり
血の色が変なのが気になっちゃうのは私がホラー好きだからか。
もう少しリアルに特殊メイクさんやってほしかったなと思ったり。

ジグソウが死んだ後でもどのシリーズでもちょくちょく回想シーンとして現れるのは
嬉しいけど、やっぱり死んじゃってからは面白さは明らかに半減しちゃってる。


後継者っていってもあんなホフマンとか妻のジルって言っても結局大したことしてないし

このティム・ロス似の刑事、頑張ってたのに残念だわ~



こうしてシリーズ全部見終えてみると、ほんと最初のからは想像つかなかったところまで
来ちゃった感があるけどやっぱり1作目は傑作でした。


回を重ねるごとにもういいやって捨てた?脱落?した人にも、ちゃんと繋がって完結したので観てほしいな!





6/10(67点)




ジグソウによる絶体絶命のゲームで何とか命を取り留めた生還者のひとり、ボビー・デイゲン。
死のゲームを勝ち抜く奇跡を遂げた彼は、現代のイコンのごとくマスメディアに取り上げられ、精神的指導者として注目される。
そしてそんな彼のもとには、同じくゲームを生き残るも未だ心に深い傷を負う生還者たちが集まる。
そこにはジグソウの最初のゲームで生き長らえたドクター・ゴードンも姿を現わす。
一方、ホフマン刑事とジグソウの妻ジルは、ジグソウ後継者をめぐって最終決戦を繰り広げていた…。





いつも内容と関係ないポスターなのよね

  公式サイト 
SAW VII 3D   アメリカ    2010年   90min
10月30日より、公開中~




●「SAWシリーズ」migレビュー●

ソウ1

ソウ2

ソウ3

ソウ4

ソウ5

ソウ6






とうとう完結してしまった「ソウ」。ジグソウ役、トビン・ベルの話によると
いつか「ソウ ビギニング」も考えられないこともないとか。

いや終わったんだからもうやめといて下さいな
とかいいつつやったらやったでまた観に行っちゃいそうな自分が怖い


※追記※
でもよく考えたら、ファイナルってつけてるのは日本だけ。
あちらではもう続きやる気満々なのね。ファイナルじゃないじゃん!
そういえば、9まで契約したって前回言ってたもんな~ ダマサレタ!?








Comments (32)

シングルマン/A Single Man

2010-10-29 00:00:00 | 劇場&試写★6以上



シンプルで、潔く整頓された映像美。
センスのいい人間が監督したとひと目でわかる。
デザイナー、トム・フォード初監督/脚本作品


「ベルリン物語」などの著者クリストファー・イシャーウッドの小説を基に映画化。

最初の15分を機内で観て、字幕なしだったし公開日がすぐだったのでやめておいて
ヒルズでの上映が終わって渋谷に変わったのでやっと観てきました~

トム・フォードといえば、古臭くなりかけたブランドを一新させ、蘇らせる魔術師のようなデザイナー。
Gucciもイヴ・サンローランでもクリエイティブディレクターとして活躍。
ご本人も俳優っぽいルックスで。
本作の主人公はゲイだけれど、自身も同性愛であることは公表済み。




今日も目を覚ます。
あたらしい一日は 愛する人のいない現実を確認するだけの苦痛な日々の連続。
愛するひとがいなくなった今、自分はいったい何のために生きる?


事故で愛する人を亡くしてから絶望の日々。
今のすべてを捨てて、自ら命を断とうと決心する。
ベッドに横になり拳銃を口に入れるが、飛びちりが気になったか枕の位置をかえたり
バスルームで倒れ方を試してみたり 寝袋の中に入ったり何度もやりなおしたり。

デスクの上にはきっちりと整頓して並べられた私物、
その日に着るスーツやネクタイまで、、、、、
作品全体が、無駄なく美しくトム・フォード自身の憧れの投影なんだろうなという印象を受ける。
加えて、音楽もどのシーンにも静かにマッチしていて素晴らしい。


各映画祭などでも絶賛されたのは、主演のコリン・ファース。
最近とくに話題の作品に出ててますます注目される。



建築家で、若く明るく対照的な部分にも惹かれた恋人。
命を断とうと決めてからも彼と出逢った瞬間、過ごした時間が絶え間なく思い出される。


ジムには、W.アレン作品「マッチポイント」にも出演のマシュー・グード。





1960年代のロサンゼルス。長年連れ添ったパートナーを失った悲しみに打ちひしがれつつ、生きる価値を見出そうと苦悩する大学教授のジョージ。
失われた愛への悲痛な思いと記憶を美しき映像と演出で描く愛と喪失の物語。




かつての恋人で今は親友のチャーリーとして登場するのはジュリアン・ムーア。



まさに今!という瞬間に電話が入り、ジョージは破るつもりだった約束を守ってでかける。

講義に触発されて外でも話がしてみたいと追いかけてくる教え子ケニーにはニコラス・ホルト。
この子、数年前「アバウト・ア・ボーイ」でヒュー・グラントと共演した子役の子!
この時も確かに可愛かったけど
             
美少年に成長しました 現在20歳。

見たのは「ニコラス・ケイジのウェザーマン」(DVDスルー作品)以来かな?




おまけにいい脱ぎっぷり!
こんな子が いきなり目の前に現れて裸になって海に飛び込んじゃって家に来ちゃうんだから
おじさん、きっとたまらないよね。


かなり淡々と、静かに 何か事がおきるわけでもないので最初は眠気も襲ってきたけど
それでもこの映画の持つテーマと、
主人公と教え子のその行動を興味深く観入ってしまった後半。



大切な人を亡くした者にしかわからない悲しみ。
でも、
過去に起きた辛く悲しい出来事にいくら打ちひしがれていても、時間は取り戻せない、
過去は変えられない。

だったら少しでも前を見て、些細なことにでも幸せを感じて生きていく。
それにはなにかちょっとした自分の中でのきっかけ、目覚めが必要なのかもしれない。


愛する人がやってきて、行くべき場所へ向かう。
自分の意志とは別のところでそれは皮肉にも....

美しく、ビター。

まさしく、トム・フォードが撮った作品でした



7/10(70点)




 公式サイト  
A Single Man     2009年    イギリス    100min
10月2日より公開中~




ちなみに、ニコラス・ボルトくん、
次回作は、「X-メン:ファースト・クラス / X-Men:First Class」と「マッドマックス:フューリー・ロード / Mad Max :Fury Road」に出演が決定。
今後ファンが増えるかな?気になった人は今後も要チェック★



カンヌ映画祭にて 


ヴェネチア映画祭にて







31日までの東京国際映画祭 私はこれからやっと!




一喜一憂したくないけどやっぱり気になる

クリックして下さってる方、感謝です
←please click






Comments (28)

Robin Hood / ロビン・フッド

2010-10-28 11:38:50 | 劇場&試写★5



暴れん坊、ラッセル・クロウ×リドリー・スコット、5度目のタッグ
よっぽど好きなのね


前髪短過ぎじゃ?
ラッセル・クロウってあまり好きじゃないけど、このコンビの作品ではアカデミー賞作品賞をとった
「グラディエーター」がやっぱり一番面白かったな。

本作の脚本はブライアン・ヘルゲランド。


ノルウェーからの帰りの機内、吹替えで鑑賞。全米では5月公開。大作のわりにはヒットしていない。

こういう歴史大作だと 内容的に相当面白くないとわたしにはキツいジャンル。
それが2時間半もあるものだからそれは大変。

ロビン・フッドに関して、Wikipediaでは    
<弓の名手で、イギリスのノッティンガムのシャーウッドの森に住むアウトロー集団の首領とされる。
吟遊詩人により一編の物語として編集され、一般に広まる>とある。

この作品、12世紀のイギリスを舞台に、勇猛果敢なヒーローの戦いぶり いかにしてシャーウッドの森の英雄となったのか、ロビンフッド誕生までを描く。

だから ロビンフットやその歴史、背景に興味がないと楽しめない部分も大きいのも当然かも。
それに、基本 戦うだけの話、それにラブストーリーが加わると余計にダメなので
結果から言ってしまうとわたしにはかなりどうでもいい映画でした これ。(笑)

でもこれから公開だし(12月)吹替えでやってたから観たけど、劇場には観に行くつもりなかったから観れて良かったかな。



ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マックス・フォン・シドー、そして
「シャーロック・ホームズ」でも悪役だったマーク・ストロング。

キャストからいって、大体の役目も検討がつくところ。




5/10(50点)



一応普通評価だけど もともとに興味がないため、残念ながらそのくらいしか感想なし
やたら長過ぎるのも うーん 機内の小さい画面だったし迫力もないしね。
あとラストがフツウ過ぎ。って変えようがないから仕方ないのか。

ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェットファンか、リドリー・スコット監督ファン、
歴史超大作、あとはもちろん、ロビンフッドのファンの方向け




十字軍の遠征から帰ったロビン・フッドは、戦友の剣を届けようと彼の家族のもとへ向かう。
ところが友の故郷は国王に任命された悪名高い代官と無法者たちに牛耳られていた。
これを知ったフッドは、苦境に喘ぐ貧しい農民たちを救おうと仲間と共に立ち上がる。









公式サイト
Robin Hood 2010年  アメリカ 140min
12月10日(金)~全国ロードショー







一喜一憂したくないけどやっぱり気になる
クリックして下さってる方、感謝です
←please click




Comments (50)

Letters to Juliet /ジュリエットからの手紙

2010-10-26 00:35:27 | 劇場&試写★6以上

 



マンマ・ミーア」でブレイクした、アマンダ・セイフライド主演のロマコメ。
日本未公開、2011年5月14日に公開決定 ロンドン行きの機内にて鑑賞

 


タイトルのジュリエットは「ロミオとジュリエット」がモチーフ。
イタリア、ヴェローナの街が舞台。
ヴェローナには、ジュリエットにちなむ観光名所がいくつかあってそのなかの一つ、「ジュリエットの墓」が。
1930年代に切々と個々の恋の悩みをつづった手紙を置いた人に対して、
教会の管理人が返信をしたのが、「ジュリエットからの手紙」とその返信のはじまりだそう。
それを元に映画化しコメディよりにした 軽いロマンティックラブストーリー。
ラブコメ要素強め




ガエルくん、今回得意のエロい場面はなく、あくまでも脇役。
七三はちょっといただけないけどシェフ役はなかなかお似合い



老婦人、クレアに「つぐない」のヴァネッサ・レッドグレイヴ
その孫には、「エラゴン 遺志を継ぐ者」のクリストファー・イーガン。ちょっとヒース系。


監督は、「シャーロットのおくりもの」のゲイリー・ウィニック。


ジャーナリスト志望のソフィー。シェフでこれからお店を持つ彼が食材を求めてイタリアに行くのに同行する。
彼は自分のお店のことで頭いっぱいで、旅先での行動はバラバラ。ソフィーは一人きりで街を歩くことに。
ヴェローナの町でジュリエットの墓を訪れると
ボランティアの人が手紙を集めては返事を書いているところを目撃、ジャーナリストの取材と勘違いされ、そのまま偽って潜入しボランティアで参加する。

そして、ジュリエットに宛てられた沢山のメッセージの中から、50年前に書かれた手紙を発見

ソフィーは、その手紙を書いたイギリス人女性、クレア宛てに返事を書く。
するとそのクレアの孫だという男性が現れて手紙を送ったのは迷惑だったという。

ずいぶん前に離れ離れになってしまった愛するロレンゾを探す旅に出る決心をし、孫とともにイタリアに出てきた。
ソフィーも興味を惹かれて、旅に同行することに。

ひとりづつ、同姓同名をあたって歩く。

最初は印象悪かった孫のその男。両親は交通事故で亡くしていた。
次第に打ち解けて仲良くなっていき、どこかでお互いに惹かれ合っていくが、、、


お互い、何も言わずに別れのときがくる。

自分の夢ばかりに夢中で、私をほったらかしでいる彼氏は本当に自分にとって大事な人なのか
それとも運命の彼はこの人?!








7/10(77点)



これは男性よりも女性向け。
アマンダ・セイフライド好きならもちろん男性も楽しめるはず
こんなに胸大きかったっけ!?
それに「マンマ・ミーア」の時より可愛い

内容は、まぁよくあるパターンといえばそうなんだけど、彼氏がいるのに別の男性と知り合い、一緒にいるうち 最初はいけすかないと思ってたのが段々惹かれて、、、、
っていう過程の描き方がうまい。
この孫役の俳優クリストファー・イーガンがまた キャラぴったりなのが一番の勝因。
そもそもアマンダちゃんとガエルって見た目も全く似合わないけど(勝手な意見)

素敵な老婦人、クレアとの出会いもまた、旅先での素敵な出逢い

「運命の人だと感じたら逃がしちゃだめ」というセリフも効いてるし、
イタリアの美しい片田舎の風景もあいまって、恋するオトメ、ハートウォーミング気分を味わえる

ロマコメ映画好きにはオススメ


  official site
Letters to Juliet    2010年   アメリカ   105min
日本公開未定...2012年 初夏(5月?)公開決定!
「ジュリエットからの手紙」公式サイト




トレイラーではテイラー・スイフトの「Love Story」を起用



プレミア





アマンダちゃん、今後
「Dear John」と、ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン共演の「Chloe」が日本公開待機中☆






一喜一憂したくないけどやっぱり気になる
クリックして下さってる方、感謝です
←please click







Comments (22)

Grown Ups /アダルトボーイズ青春白書

2010-10-25 00:08:25 | 日本公開未定映画&未DVD化

 

 

アダム・サンドラー新作、ウィル・フェレル出てないけど、俺たちシリーズ
(「俺たちグローン・アップス」)で日本公開決定
ほんとか?

※追記 「アダルトボーイズ青春白書」のタイトルで
日本ではDVDスルーで2011年1月12日にリリース決定!

やっぱりな~。
タイトル変えとこう。
こっちの方が確かにいいけど 内容はスルーでも納得。 
アダムのはスルー多い(悲)

アダム・サンドラー、ロブ・シュナイダーを筆頭に
サタデーナイトライブ出身者クリス・ロック、デビッド・スペードら共演のファミリーコメディ。


監督は「ビッグ・ダディ」「エージェント・ゾーハン」などサンドラーとのコンビが多い、デニス・デューガン。

ノルウェーの劇場で1本くらい観たいと思い yueもpepeも好きなアダムのコメディで意見一致
ノルウェーでは全米公開よりも少し遅れて上映する作品も多くて
ちょうど公開始まったところだったことに加えて
学生がお休みに入ったばかりの日だったので 夜9時すぎからの上映だったのに劇場は凄い人でびっくり。
日本ではありえないけどこの映画もそんなに大きくない劇場でほぼ満席
ノルウェー人にもアダムは人気らしい (日本ではまだまだね




アダムの妻には、メキシコ産のお色気姐さんサルマ・ハエック。
ウィル・フェレルの「The other Guys/ジ・アザーガイズ」といいい、不釣り合い夫婦設定流行中?

クリス・ロックの妻にはマリア・ベロ。



5/10 (55点)



子供になりきれない大人を描いてるのかと思いきや、単に子供時代に仲良しだった大人たちが30年後、
恩師の死をきっかけに再会。
そのまま集まって ワイワイドタバタ同じ時を過ごすというコメディで、ひねりのないありがちな内容~。
字幕なしだったから、細かいギャグはわからなかったけど概ねOK.

今回あまりアダムは馬鹿やらず、笑い担当はやっぱりロブ・シュナイダー。


ギャグが使い古されたもので こうくるだろうって思ったらそのまんま。いまいち笑えない。
アダムの良さも生かされてなくて変わり映えないいつものキャラ。
前作の「エージェント・ゾーハン」は笑えたんだけどな~。


いい年した大人たちがワイワイ童心にかえって楽しんでるのはいいけど
見せ場もとくにないし、まったく新鮮さもない脚本だったのは残念だけど
かといって退屈ってほどではないから普通だな。
アダム作品に昔は常連だったスティーブ・ブシェミも久々にちょこっと登場してたのは嬉しい

そしてよくある展開で笑わせたあとは ちょっと家族っていいよね★
みたいな教訓じみた感じで終わる。


最初は良かったものの、あまり笑えないしyueとわたしは微妙。
日本ではこれどうかなぁ~ ウケ悪いと思うな。
公開はないでしょうと思って帰って調べたらなんと最初に書いたように「俺たち」シリーズで秋公開ってなってて驚き~。
というか、「俺たちグローンアップス」って意味不明。
俺たち っていらないし


でももう秋なのに 公式サイトも情報もなにもでてこないところみると
上映は延期か中止になったのかな?

観れて良かったけどDVDスルーでもいいような内容でした



上記にも書いたけど
※追記 「アダルトボーイズ青春白書」のタイトルで
日本ではDVDスルーで2011年1月12日にリリース決定!



それよりもアダム主演、タランティーノも去年の面白かった映画ベスト10に入れてた
「funny People」を早く日本公開してほしいんですけど
(DVD、yueたちにもらってきたので 落ち着いたら観るつもり。字幕なしだけど
     ⇧ 帰ってチェックしてみたら見れなかった~





子供時代のバスケットボールのコーチが亡くなり、30年ぶりに再開を果たしたかつての親友5人組。
彼らは独立記念日の連休にそれぞれの家族を連れて、郊外の湖畔の一軒家で過ごすことになるが、そこで次々と騒動が巻き起こる…。







 公式サイト
Grown Ups    2010年    アメリカ  102min
日本公開、一応決定済み。秋か冬?
2011年1月12日、DVDスルーでリリース 




2010/6/24 NY プレミアにて。

ロブってこんなちっちゃいのね~






いつみてもすごい胸





一喜一憂したくないけどやっぱり気になる
クリックして下さってる方、感謝です
←please click





Comments (12)

【告知】札幌国際短編映画祭結果発表☆「くらげくん」10冠達成☆猫目映画今後の上映予定

2010-10-24 11:30:47 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 先日行われた、西東京映画祭で「くらげくん」が凖グランプリ、観客賞のW受賞
ふかやインディーズムービーフェスティバルではグランプリ受賞

札幌国際映画祭で「Mr.バブルガム」が北海道新人監督賞、 「Mr.バブルガム」と、新作「ゲルニカ」が 初上映で 5周年記念賞をしました


今回もblogお友達のりらさんしんぽんさん、Twitterのお友達などが観に来て下さいました


駆けつけてくれた札幌在住の知人、友人たちにも感謝ですありがとうございました


「ゲルニカ」はこれから各地で上映になるかもしれませんので、応援宜しくお願いします
これから行って下さるという方もすでに数名いらっしゃるのでありがたいです。
舞台挨拶で翔にぜひ声をかけて下さいね♪



くらげくん受賞歴

第32回ぴあフィルムフェスティバル*準グランプリ
那須国際短編映画祭2010*グランプリ
第19回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭*グランプリ
Shinsedai Film Festival 2010(カナダ・招待上映)
ひめじ国際短編映画祭2010*監督賞
長岡アジア映画祭2010*グランプリ
第2回下北沢映画祭*グランプリ&観客賞
ショートピース!仙台短篇映画祭2010(招待上映)
西東京市民映画祭2010*準グランプリ&観客賞
ふかやインディーズムービーフェスティバル2010*グランプリ

小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 *グランプリ


【今後の上映予定】

『くらげくん』

第13回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 10/30(土)→グランプリ受賞

こちら

山形国際ムービーフェスティバル2010 11/13(土)

こちら

福井映画祭2010 11/20(土)

こちら

ぴあフィルムフェスティバル地方開催

こちら
10/27(水) 京都シネマ
11/6(土) 神戸アートビレッジセンター
11/6(土) 福岡市総合図書館
11/27(土) 愛知芸術文化センター


『Mr.バブルガム』

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア
フォーカス・オン・アジア

こちら
「プログラムA」にて上映
10/28(木)、29(金)、30(土)、31(日)


『hero』『28』『Mr.バブルガム』『くらげくん』上映

北海道大学クラークシアター2010
こちら
「SAPPORO de SHORT」プログラム
10/30(土)、11/1(月)、11/3(水)




最新作 ゲルニカ予告篇


<ご協力願い>
次回作で、ぬいぐるみ200匹必要
皆様お力お貸し下さい!キャラ不可・動物等でいらない子お授け下さい。
※返却は出来ません。UFOキャッチャーで取ったものはキャラクターなので不可です。(著作権有りのため)
大切にします。たくさんの場合は着払いで。
定型外で送料ご寄付の方大歓迎!クレジットにお名前入れます★
info@nekomefilm.com 迄ご連絡を!猫目映画・片岡翔



NekomeFilmサイト

Nekome Twitter

YouTube Nekome作品予告篇☞YouTube NekomeFilm



この記事、ご質問など以外はコメントは不要です~






クリックして下さってる方、ありがとう

←please click





Comments (16)

遠距離恋愛 彼女の決断/ GOING THE DISTANCE

2010-10-23 22:32:12 | 劇場&試写★6以上

実生活でもくっついたり離れたりの
ドリュー・バリモア&ジャスティン・ロングが公私混同でラブラブのラブコメ


監督は、長編ドキュメンタリー「On the Ropes」で米アカデミー賞にノミネートされた女流監督、
ナネット・バーンスタイン。フィクション映画初監督作。


ギャレットはニューヨークでサンフランシスコに仕事で6週間滞在してたエリンと出逢う。
会ったその日に意気投合で惹かれあった二人、離れるのが辛くて遠距離恋愛をスタート。



ゴシップでもいつもベタベタなところを目にしてるせいか、この二人、ほんとお似合いカップル


神経質で過保護なエリンの姉コリーンに、クリスティナ・アップルゲイト。



恋愛は、離れてる人とは出来ないと頭で思ってるわたしも、3回の遠距離恋愛経験あり。
それが海外となれば年に数回しか会えないし、お互いになにやってるか全部を報告するほど
束縛する訳じゃないから分からない部分も多いし
よほどお互いが束縛無しとか寛容じゃなきゃ難しいと思う。

でも最近は昔程じゃなくなって、電話だけじゃなくスカイプで顔だって毎日見られるしおしゃべりだってタダ。
メールもあるから、ファックスとか国際電話とか必要ないし。容易に遠距離恋愛出来るようになってるかも。
それと、出会った時から離れた場所にいる人とつきあうのと 
それまでいつでも会ってたのに途中でやむを得ない理由で離れて暮らすことになるのとではまた違ってくるかも。

でもやっぱりいつでも会える存在、いつでも側にいるっていうのは大事だと思う!

ーーーーという個人的見解はこの辺にしておいて、


この二人、西海岸と東海岸。 一緒にいて楽しく笑い合える関係。
フェイバリットムービーが「トップガン」の彼と、ありきたりで恥ずかしいといいながら「ショーシャンク」と答える彼女。


何しててもメールのやりとり、夜はスカイプで会話。

電話でエッチはお互いの妄想設定がバラバラでうまくいかなかったり
スカイプでやっちゃったら早いんじゃ?って感じも(笑)

恋をとるか、仕事をとるか!?


6/10(68点)



キャストは文句なし
プライベートでも仲良しな二人だから リアルに観せられてるようで楽しいし、
男友達2人組のキャラもちょこちょこ笑わせてくれる。


ロマコメってよりはロマンスなラブリー度は低く、けっこう笑いも入ってる。
ドリューちゃんは相変わらずキュート。
ジャスティンはイケメンすぎず、その辺にいそうに普通な感じがするところがいい


恋が始まって楽しい!って時期はこちらにも伝わって観てて面白かった。
会えないのが募って会えた時の喜びとか、 勢いで部屋に帰ったら即暗闇でエッチしようとしたら
家族がいたりとか、思った以上に笑いに転んでたのも楽しい。
後半にかけ、仕事か彼かで迷い~ってところからやや失速しちゃったけど
古典的なストーリーではあるけど、映画のタイトルや俳優名が実名でちょこちょこ出て来たりするから
映画ファンにはより楽しめるだろうし、
遠距離恋愛カップルの行方を楽しむラブコメディでした
オープニングロールが可愛い


邦題では「彼女の決断」なのに、決断を下してるのは彼。
遠距離恋愛も最終的には一緒になるか、別れるかのゴール。
離れたままじゃ恋愛を続けるのはホントに難しいって思う。
彼女のもとに飛んで行くんじゃなく、サンフランシスコから車で6時間のLAを新しい居住の場所に選んだ彼の選択は正しかったのかな?


ニューヨークに暮らす音楽業界関係者のギャレットは、ジャーナリスト志望の女性エリンとバーで出逢い軽い気持ちで一夜を共に。
6週間後、エリンは新聞社でのインターン生活を終え、自宅のあるサンフランシスコへ戻ることになるが
二人の関係はすでに真剣なものになっていて……。 





公式サイト
GOING THE DISTANCE   2010年  アメリカ  103min
10月23日~公開中~   


LAプレミアの様子は以前のゴシップで


DVDレビュー、機内で観た映画など沢山残ってるのでレビューは簡単なレビューでいく予定
ゴシップは時間作って再開します♪





一喜一憂したくないけどやっぱり気になる
クリックして下さってる方、感謝です
←please click





Comments (22)

クロッシング /BROOKLYN'S FINEST

2010-10-21 23:24:38 | 劇場&試写★6以上

この同じ時期に、韓国映画の同タイトルもあるようで紛らわしいけど、こちら
「トレーニングデイ」「ザ・シューター/極大射程」のアントワーン・フークア監督作、
イーサン・ホーク×ドン・チードル×リチャード・ギア×ウェズリー・スナイプス共演


あちらで観てきた作品よりもこちらもうすぐ公開なので先に。試写にて鑑賞★ 

ニューヨーク、ブルックリン地区。犯罪が多発する地区で働く
それまで別々に見せていた3人の警官が、1つの事件で交差する


私生活ではずいぶん前に浮気が原因でユマ・サーマンと離婚したイーサン、
好きじゃないけど 役者としては大好き。
特に、イーサンっていい人とかじゃなく、
ダメ男で情けないんだけどちょっと悪入ってイキがってるようなの演じるとほんとハマるというか
うまいなぁってつくづく思わされる!

子だくさんで、生活が苦しく引っ越しのための費用をどうしても
工面したい、麻薬捜査官のサル。


ドン・チードルは言わずもがなでうまい。悪役はあまりやらないけど、、、

麻薬売人の仲間になる潜入捜査官、タンゴ。


そしてリチャード・ギア。
定年間近のベテラン警官だけど、これまで大したこともやってなく
若い黒人の娼婦のもとに足しげく通い、ぼんやり目的もなく生きてるような男、エディ。

なーんか、ハマってないのよねひとりだけ。
いつものかっこいい役とは違う、うだつのあがらない普通の警官だけど
汚いセリフとかやっぱりどこか違和感ある。


務所から出たばかりの大物ギャングのボス

貫禄ありあり。


7/10(70点)





原題は「BROOKLYN'S FINEST」で まんま、「ブルックリンの警察官」。
クロッシング=「交錯」

キャストはメジャーどころだけど、アメリカの犯罪多発地区における
警察官たちの生活と仕事でのそれぞれの心情やリアルな感じを受ける。
それぞれに行き場のない苦悩を抱える警官3人の共通点。
最初少し眠気もきたけど、2時間以上あるわりには長さ感じなかったかな。

それまで関わり無く個々に描かれていた人物たちが、ある1件で交わるというのも
特に珍しくもないし、終始暗いけど中盤からの展開は面白くなって惹き付けられた。
思わぬ所での悲劇。
結局、最後にアップで締めるギア様に華を持たせたという印象

黒人差別を非難するセリフや、俺の女房はブラックだ。とか、ギア様が入れ込んでる娼婦が黒人だったり
ところどころ多いなぁと思ったら、この監督自身アフリカ系アメリカンなのね。

アッシャー、プリンス、スティービーワンダーなどのPVを手がけて「リプレイスメント・キラー」でデビュー。

この監督作の「トレーニングデイ」が好きだったらこちらもオススメ。
男臭い映画でした☆
共演に、ウィル・パットン、リリ・テイラー。


退職の日まで1週間となったベテラン警官エディ。最後の仕事は、取締り強化の一環として行われる犯罪多発地区での新人教育。だが、新人警官との警邏中に起きたある事件をきっかけに、彼の内面は大きく変化して、、、。
信仰深く家族思いの麻薬捜査官サルは、家族のために新居を購入したいと考えていたが、警官の安月給では日々の生活で手一杯。
そんな時、麻薬捜査中に大金を目にして気持ちが揺らぐ。
潜入捜査官としてギャングに潜入するタンゴは任務のために長い間、家族を犠牲にしてきた。
昇進もなく、人生を犠牲にする仕事に限界を感じていたタンゴは、潜入捜査から自分を外すよう上司に訴えるが、聞き入れられない。
そんな時、上層部は警察の成果をアピールする目的で、タンゴにある任務をもちかける… 








 公式サイト
BROOKLYN'S FINEST 2008年   アメリカ 132min
10月30日より、全国ロードショー




2010/3/3 NYプレミアにて




ギア様、、、、ポリス役似合わないのよね、、、、






一喜一憂したくないけどやっぱり気になる
クリックして下さってる方、感謝です
←please click







Comments (22)

ノルウェー滞在記☆Part.3 フログネル公園&オスロ住宅街編

2010-10-20 17:40:55 | Weblog
ノルウェーオスロ滞在記、そろそろ終りになりますー




トップの写真は、yueの家から徒歩5分のところにあるトラム乗り場。
大抵はこれで下にある街まで行けちゃう。
電光掲示板であと何分でくるって数字が出てるので、一目瞭然☆




この日は曇り、気温13℃くらい。

トラムを少し乗ってから、地下鉄に乗り 有名な公園へ。




マヨールストゥーエン(Majorstuen)駅下車、徒歩で5~7分

ノルウェーの彫刻家、グスタフ・ヴィーゲラン(Adolf Gustav Vigeland 1869-1943)の作品が193体ある、ノルウェーでは有名な
Frogner Parken(フログネル公園)到着!

公園なのでもちろん無料☆



TVのノルウェーの街特集でもちょっと紹介されてたけど、


全部裸で面白い



抱え込み!

背負い投げ


暴れん坊



思わずマネせずにはいられない(下向きすぎ)







???













映画の撮影も来てました
(小さいカメラだったから気付かずに横で喋ってたら、スタッフに「静かにしてもらえますか?」って言われちゃった



一番人気はこの「アングリーボーイ」
右手が盗まれて、ゴールドであとでつけたらしい。











門まで







枯れちゃってたけど、薔薇がたくさん











モノリッテン
高さ17m、121体の人間像






ここを出たあとは、少し住宅街を歩くことに
わたしたち可愛いお家とか建物見るの大好きで

この辺りは高級住宅地で立派なお家が並ぶ。 確か昔、まだ~むが住んでいたっていうのも
この駅あたりだったと聞いたな~
















お庭にちっちゃなリンゴの木!!






ランチには、yueがお気に入りのオーガニックカフェ(お花も外で売ってる)へ





日本円でチョコレートデニッシュは380円、ラザニアはサラダ付きで2800円2300円
ブラックベリーのドリンクは450円、コーヒーは400円くらいだったかな?
やっぱりオスロでの外食はお高め。(オーガニック系だしね~)

でも美味しかったよー








再び、住宅街をいっぱい歩き~













この日はトータルですごい歩いて、街の方に戻ってきて 前回のオペラハウスの写真を撮って帰宅したのでした~













あ、そうそうオスロでコンビニといえば セブンイレブンがたまーに。


でもノルウェーにスタバは1つもないんだって! 
どこの国行ってもあるけどノルウェーにないの何でかな?


他に、yueの日本人の友達が働くオスロの日本オタクさん向けのショップも行ったよ♪

日本のポピュラーなお菓子や本、おもちゃ、マンガから

秋葉系キャラのコスプレ衣装まで お客さんはけっこう絶えない様子。
カップ麺は日本円にすると800円くらいで売ってた











旅行記、以上でおしまい。
ノルウェー、素敵な街でしたロンドン&ノルウェーのお土産などはまた今度載せるかも
見てくださった方、コメントもたくさんありがとうございました


次は3年後くらいにまた行きたいなー♪




ノルウェー滞在記 Part2.オスロで暮らす・食&ロンニャのお散歩編

ノルウェー滞在記 Part.1 オスロ国立美術館&街編





一喜一憂したくないけどやっぱり気になる
クリックして下さってる方、感謝です
←please click






Comments (34)