我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

9月公開☆新作映画リスト

2007-08-31 10:43:22 | 月別観たい映画リスト
    


                  
                                  人気blogランキング


もう9月だよ~ 
読書の秋、お洒落の秋、食欲の秋、映画欲旺盛の秋

月はじめ恒例
9月公開、観たい&観た公開作品のチェックリスト

いつものように、タイトルクリックでレビューか公式サイトへ飛びます☆ (順不同)
9月公開全てではなく、migの気になってる映画リスト。
今月はかなりたくさんある~!

ってことで 今月は、9本先に観てました
いつもより多めなのにハズレはなかったかな♪
あ、1コあるか(笑)


観た作品



デス・プルーフ in グラインドハウス 9/1~
タランティーノの新作! 最初はダラダラガールズトーク炸裂
中盤から盛り上り、潔く終わるラストにすっきり拍手喝采
ホラーではない(と思う)のでニガテな方もどうぞお試しあれ♪



プラネットテラー in グラインドハウス   9/22~
タランティーノの『デス・プルーフ』と同時上映を目的で作られたロバート・ロドリゲス篇。
バリバリユーモア盛り込まれてて楽しいー♪
ゾンビ×片脚マシンガン女! タランティーノがイカれたエロサイコ野郎で登場♪
『LOST』のサイード(ナウ゛ィ・アンドリュース)やブルース様も出てます。





ブラック・スネーク・モーン 9/1~
サミュエル・L・ジャクソン&クリスティーナ・リッチ
『ハッスル&フロウ』の監督作。アヤしい映画かと思ったらなかなか面白かった♪
サミュエルの去年の『スネークフライト』みたいに蛇と格闘する映画ではありません☆




幸せのレシピ  9/22~
『マーサの幸せレシピ』のリメイク。
主演にシェフのキャサリン・ゼタ・ジョーンズとアーロン・エッカート。
『シャイン』の監督作で、リメイクといえどもちゃんと作られてる感じ。
お料理も美味しそう 子役のアビゲイル・ブレズリンちゃんがいいさじ加減!な名演!




 ファンタスティック・フォー 銀河の危機  9/22~
突然不思議なパワーを身につけた4人が世界の危機を救うアメコミの第二弾。
目新しいことはあまりないけど今回出てくるシルバーサーファーがカッコイイ。
前作を観てからの鑑賞をオススメします




 アーサーとミニモイの不思議な国   9/22~
リュック・ベッソンの最新作はファンタジー。
やや子供向けの感じもするけどそこそこ楽しめた♪
童心に返って観ましょう
キャラはカワイクないけど、フレディ・ハイモアくんが可愛い
吹替え版は、タカトシやGackt、神木隆之介くんなど。(欧米か!とかいらない





ホステル2   9/8~
イーライ・ロス監督×タランティーノ製作総指揮の第二弾。
これも前作を観てからの方がわかりやすいけど観てなくてもまあ大丈夫かな。
1作目の方が断然強烈 
犠牲者が男子から女子に変わり、買い取りもオークション方式に。





 パーフェクト・ストレンジャー  9/29~
サスペンス好きにはちょっと物足りないかもだけど、まあ普通に楽しめるかな☆
ブルース・ウィリスがただのエロいおやじ(そこがいい 笑)
宣伝文句はちょっといいすぎな気もするけどネ。






 ウィッカーマン  9/1~
今月のワースト!! 1973年のホラー「ウィッカーマン」のリメイク。
でもホラーって感じじゃなく、不思議でアヤしい雰囲気。
ラストはある意味強烈(ラストだけ好き♪)
トロントで去年観てきた映画、1年経ってやっと公開!
というかこれ劇場公開するとは意外!さすが、ニコラス主演作。
ニコちゃんじゃなかったらもっとつまんなかったと思う
ちゃんと日本語字幕付きでもう1回観たい気もするけど(あれ?)DVDでいいや。









観たい&気になる作品


今月いちばん観たいのがコレ♪

 キャプティビティ  9/15~
『セルラー』『フォーンブース』の脚本家、ラリー・コーエンの脚本。
エリシャ・カスバート主演の密室スリラー。
こういうの、大好き♪楽しみ





題名のない子守唄  9/15~
題名がめちゃ怖そうじゃない!?
あの『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュセッペ・トルナトーレの最新作!
イタリアアカデミー賞で作品賞ほか、主要5部門独占したミステリー。
これもかなり楽しみ♪







 サルバトーレの朝  9/22~
1970年代、独裁政権末期のスペインで25歳の若者に下った不当な死の判決。
『グッバイ、レーニン』の男の子、ダニエル・ブリュール主演の悲しい実話。
『白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最後の日々』みたいな感じかな、、、。
これもハズでませんなー。






 スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ  9/15~
『インプリント~ぼっけぇ、きょうてぇ~』でハリウッドデビュー済みの
三池崇史監督の最新作。全編英語。
豪華キャスト共演で、タランティーノのまで出演☆
試写で近日観てきます~








 サイボーグでも大丈夫  9/15~
『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』『親切なクムジャさん』のパク・チャヌク監督最新作。
復讐三部作が強烈で好きだったけどこれはどうなのか~?
予告編観たら「う~ん」って感じだけど。。。。。






 ミス・ポター  9/15~
レニー・ゼルウィガーがピーターラビットの原作者に扮する自叙伝。
ピーターラビットに思い入れあるわけじゃないし、伝記ものはその人に興味ないと
いまいちに感じちゃうこと多しなので後回しかな。
『恋は邪魔者』でもコンビを組んだ、ユアン・マクレガー(お久しぶり)と再共演。
監督は『ベイブ』のクリス・ヌーナン。






 恋とスフレと娘とわたし  9/1~
タイトルと内容あまり惹かれないけど
ユマ・サーマン主演の『好きと言えなくて』のマイケル・リーマン監督作というのが気にナル、、、。
母、ダイアン・キートン娘、マンディ・ムーア共演のロマコメ。






  さらば、ベルリン   9/22~
息の合ったコンビ、スティーブン・ソダーバーグ監督×ジョージ・クルーニー。
ケイト・ブランシェット、トビー・マグワイアほか出演。
「カサブランカ」('42),「第三の男」('49)など数々の名画、
名シーンが生まれた1940年代のクラシック映画のスタイルを全面的に取り入れて描くサスペンス映画。
ソダーバーグ監督流フィルムノーワルといったところ。
時間があれば。







 キャンディ  9/22~
あまり興味ないけど(笑)去年のトロント映画祭で上映されてココでも話題に挙げたので。
ヒース・レジャーが、高評価を受けた『ブロークバック・マウンテン』の次に選んだ作品がこれ。
詩人、ルーク・デイビスの半自伝的小説を、舞台演出家ニール・アームフィールドの手で完全映画化。
去年のベルリン映画祭でも賛否両論を巻き起こし、問題作らしい。




9月は面白い映画がたくさん♪
1日は映画の日
もうすぐトロント映画祭も開幕♪♪


皆さま、楽しい週末を。。。






人気blogランキング←please click


応援クリックしてね



Comments (16)

シッコ / Sicko

2007-08-30 11:23:10 | 劇場&試写★6以上


2002年 『ボウリング・フォー・コロンバイン』でアメリカの銃社会の真実を突きつけ

2004年 『華氏911』でブッシュ大統領の独裁政権を暴き
そして2007年  アメリカの医療制度の現状に切り込む! 

突撃アポなし取材がお得意の、マイケル・ムーア監督がまたまたアメリカを敵にまわして
医療問題を扱うからには!と20キロ減量し、挑んだ最新作。


エ?ヤセたの??


タイトルの"sicko"というのは"病気"や"感染者"って意味。

日本では国民健康保険によって医療費の一部が負担してくれるのである程度安心だけど、
アメリカは先進国で唯一、国民保険のない国。
健康保険は公共サービスではなく、主に民間の保険会社が医師に給料を支払って管理されている。
だから国民は民間の保険会社に加入しなくちゃならないわけで、
貧困層の人たちは入れるわけもなく、6人に1人が無保険で
毎年1.8万人が治療を受けられないまま死んでしまう。

そこに、今回マイケル・ムーアは疑問を突きつけた。
受けるべき治療も受けられないなんて、アメリカって国の医療制度はおかしいんじゃないか?!
だったら他の国はどうなのよ!?



ってことで130日に及ぶ取材決行!!
一般人から医療にまつわる不快な体験談を自身のサイトで募集したところ、
最初の1週間だけで2万5,000通ものメールが殺到!
その生の声をもとにガンガン切り込んでいく。
ちなみにムーアはアメリカ人。

保険会社は「治療は不必要だ」と判断した医者には 無駄な保険金の支出を減らしたことへの
貢献で奨励金を与えて加入者には、過去の治療報告の漏れ、とか何とかアラ探しをして
あらゆる理由をつけて保険金を支払わない。
そして果ては、献金で政治家達を操って自分たちに都合のいい法律まで作らせる!
どう考えたって、誰がみてもおかしいのは明らか。
例えば
作業中の事故で中指と薬指を切断してしまった男性。

医者が、
ハイ、中指を繋ぐには720万、薬指なら144万です。どっちを選びますか?
なんて。冗談でしょ 選べるわけないじゃん!!
どっちも治してよ!!
っていいたくなることを本気で言ってる。

こうして馬鹿げた選択を迫られた男性は、両方分払えるわけもなく
薬指を残す事に決め、中指とは永遠におさらば。

って!!そんなのおかしいでしょー

そこでまたまたムーア、毎度比較される隣国、カナダへ飛んだ。

カナダでは医者、そして患者ともあたりまえのことをナゼ今更とばかりに治療は当然受けるべき。
しかもお金はかからない。
いくら払ってる? ゼロだよ。と笑って答える。

英国人だって笑ってる。

後半、9.11事件にも話は絡めていく。
9.11テロのとき、グラウンドゼロの現場にはボランティアで多数の救命士が駆けつけた。
粉塵の中で救護活動を続けた結果、多くの救命士は深刻な呼吸器障害を煩ったり、
仕事も失って政府の援助ももらえないまま暮らしている。

それとは逆に、テロ事件を起こした犯人グループは、キューバにあるグアンタナモ基地に収監されて、万全の医療体制に守られている。
そこでムーア、元救命士たちを連れてキューバに乗り込む。
基地に向かって拡声器で「この人たちに、中の囚人と同じ医療を受けさせてください!」
といつものようにやっちゃうのだ。



イギリスやパリ、ヨーロッパ諸国にはきちんと対応はされてる。
やっぱりアメリカはおかしい。


6/10
もうエンターテイメント!って感じではない。
自分たちの命に関わる他人事ではない問題。
マイケルムーアは毎度カナダびいきみたいに感じる部分もあるけどこれが現実。
ただし、カナダの重要なその他の問題に全部触れてるわけじゃないし、
そのまんま単純にこの映画に感化されるのもちょっと違う気もするけど
アメリカみたいに日本も今後なっていったら?
自分たちの住む日本は大丈夫??って心配になってくる。
米政府はこの映画のフィルムを隠したがったらしいけど、
真実が暴かれたからといって、そのままにしておかずに これをきっかけに
アメリカの医療問題、少しづつでも改善されていくことを願うばかり、、、。
マイケルムーアらしいところに着目して、知らなかった現実をみせてくれる作品。
でも映画としては単調で、同じことを繰り返してるので2時間は長く感じたな。
正直、途中だれて眠くもなっちゃった。

毎回この人の映画観てると「アメリカ大好き」なんて言えなくなる。
アメリカ住むには恐ろしい国だなーといつも思わせる。
是非観て!とは言わないけど、観てソンはない映画。 
これまで知らなかった現実を知ることができるはず。


公式サイト
Sicko   2007年  アメリカ 123min
8月25日より、公開中~


--------------------------------------------------------------

6/26 ビバリーヒルズ L.A. プレミア

ジョン・キューザック


フィービーこと、リサ・クードロー



『ファンタスティック・フォー』のリーダー、ヨアン・グリフィスとアリス・エヴァンス。


ナゼこの人まで。。。
パリスの元、マブダチ、キム・カーダシアン。




日本には来た事がないマイケル・ムーア、プロモーションでも来ない。
その理由を、日本までは行くのだけで時間がかかるから(笑)
とインタビューで濁してるらしいけど、
いつか日本のことも暴いて欲しいなー。 
観たいような観たくないような、ちょっと怖いけど
次回は同性愛を斬るとか斬らないとか。なんかスゴそう





人気blogランキング←please click


応援クリックしてね



Comments (38)

ホステル 2 /HOSTEL Part II

2007-08-29 09:17:32 | 劇場&試写★5
     

連続ですが、、、、、
またまたホラーです

というか、あんまりホラーって感じじゃないんだけど☆
前作『ホステル』が面白かったので、2が作られてると去年の時点で聞いてちょっと楽しみにしてたの
試写で観て来た☆

一般試写だったんだけど、どうやらマスコミ陣が入ってるから何かなーと思ったら
ゲストがくるという。

そして 椅子に座り縛られた さとう珠緒 登場~
甲高い声で
「も~これじゃあ、プン!プン!も出来ないぃ~!
ほんっとに怖いですよ! みなさん気をつけてぇ~

とまだ観てない観客たちを煽って、司会者の質問にいくつか縛られたまま答えてから退場した。

もー、珠緒のトークなんていらないから早く観せてよー
って思ってたのはわたしだけじゃないはず


さてさてこの続編
引き続き、監督/脚本/制作はイーライ・ロス、製作総指揮にタランティーノ。

このお方がイーライさん。

ほんのちょっとネタバレありでいきます



今回のターゲットはオンナ。
アメリカの女は高く売れるらしい....

オープニングから、前作やっとのことで生き残った男が登場!
なかなか面白いスタート。 するも、、、

あんなにサバイバルに生き残ったのに
あっさりやられちゃった

というかこれ、
メインが男から女に変わっただけやん!


                 
今回も、旅行に来てた若者がターゲット。

けっこういつまでたっても話が進まなくてじれったかったけど
中盤で前作同様の展開に。


ただ違う点もある。
"エリートハンティング"の会員(殺る側)と売られた方(犠牲者)がお金払って入れ替わっちゃう
そこがすっきりするポイントのはずだけど
やってることがエグくてすっきりどころかキモチわるいんだけどね

しかしね~、大金払えばなんでもアリか。




殺され方はそうれほどでもなかったかな。
いちばん最初の犠牲者(逆さ釣り)はいちばん酷かった



5/10

続編だけどちゃんとやってるしなかなかフツウに観てたんだけど
ラストは、、、、
ちょっとふざけすぎ! 後半からほとんどブラックコメディ。笑いの展開に。
今まで真剣に観てたのに拍子抜けって感じかな。
んー。
よくも悪くもB級。同じチームが作ったという統一性あはあるし
いい加減に作った続編というものではないんだけど脚本が物足りなさ過ぎ。
前作を観てなくてもそこそこ楽しめると思うケド、やっぱり観てた方が
いろいろ繋がってるから楽しめると思う。
(というかこの映画を"楽しむ"ってかなり悪趣味



中身よりポスターが勝ち
公式サイト
HOSTEL Part II   2007年  アメリカ    94min   R-18
9月8日より、ロードショー






人気blogランキング←please click


応援クリックしてね

Comments (20)

マスタ-ズ・オブ・ホラー/インプリント~ぼっけぇ、きょうてぇ~

2007-08-28 08:45:20 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞
人気blogランキング

まだまだ夏です!ホラーです!!
いやもう秋か、、、
ホラー嫌い&ニガテな人が多いのは重々承知だけどゴメンナサイ、
ホラーを観ずにはいられません♪
海外の企画で13人の監督に、60分のホラー映画を撮ってもらい、競っちゃおう!!
という素晴らしい趣旨のこの、マスターズ・オブ・ホラーシリーズ
自分の記事探してみたら、徐々に全部制覇のつもりが去年の9月で止まってた
前回観たのは
トビー・フーパーVSジョン・マクノートン

どっちも面白く、僅差?でジョン・マクノートンが勝ちだったけど

今回選んだのはこれ、日本の大監督、泣く子も黙る三池崇史の作品 こわもて

これねー、観た人の話だとすごい強烈ってウワサを聞いてたからずーっと観たかったのダ☆
でもいつもレンタル中で、、、、。
やっと観たわけだけど、、、、、。

怖いっていうより、、、、、
めっちゃ痛そー!!なんですけど

だって、爪が、、、!! 爪が、、、、、!!ぎゃー!!

ある意味『SAW』より痛いんじゃない??
一瞬目背けたくなったけど、こんなでも目を開けてちゃんと観られるわたしって
我ながらスゴいぞ。とか思いながら観てた(笑)




                  



明治時代、アメリカ人のクリス(ビリー・ドラゴ)は愛する女性小桃(美知枝)の行方を探して日本各地を放浪していた。
ある晩彼は遊廓を訪れ、顔の半分が奇妙に歪んだ女郎(工藤夕貴)と一夜を共にする。
互いの身の上話をする内に実は女郎は小桃のことを知っており、愛する男を待ちわびた小桃が自殺したと告げるのだった……。


いわゆる怪談形式に話は進行する。
ほんとのことを聞きたいかい?といいながらゆっくりと語り始める、、、。
最初からホントのこと言ってよ!っていいたくなるが、
近親相姦、この世に産み落とされる前に取り出される胎児、異形、奇形、モンスター??

海外のホラーとはやっぱり全然違う雰囲気が、あちらの人にはきっとたまらなく怖いだろうなと思わせる。

わたしはというと、最初にいった通り、怖いってよりも痛い!って感じ。
ラストの展開はけっこうありがちだし、
それとヘンなモンスターが上の方(ヒミツ)にくっついてるところがあり得なさすぎてちょっとだけ興ざめ。

でもやっぱり見せ方(演出)、上手い

もちろん、キャスト陣もね
主演の醜い女郎、声が似てるなーと思ったら工藤夕貴。
観てる時は全然わかんなくて、終わってから分かったの。熱演、すごいなー。さすが国際派女優!(わたしが鈍いの?)
全編英語劇にする制約があるため、原作世界の重要な要素をしめる岡山弁訛りを、翻訳どおりじゃなく日本語訛りの英語を喋ったとか。
小桃役の女優もスゴかった!!

それと、この原作者 岩井志麻子が 小桃をいびる(というか半殺しにする)おかみなんだけど、かなり怖いのこの人が。
 ハマってました。



7/10
このシリーズ、今のところどれも面白いな~。
三池監督のだけ、対決になってなくて1作品のみでリリースになっちゃってる。
トビーフーパー監督が、「悪夢のようで怖かった」とコメントしてるけど
この独特の世界観は強烈
心臓の弱い人、痛いのが苦手なひとには勿論おすすめできません


そうそう、サブタイトルの「ぼっけぇ、きょうてぇ~」って何かと思ったら
岡山弁で"とても怖い"って意味なんだって  
怖い響きだな。



『インプリント~ぼっけぇ、きょうてぇ~』
inprint  2005年   アメリカ    63min


ガンガン新作を送り出す三池崇史監督、タランティーノとも友人関係。
タランティーノ仲間の、イーライ・ロス監督作『ホステル』にも三池監督出演してたけど
来月公開の自身の新作スキヤキ・ウェスタンジャンゴにはタランティーノが出演。

近日、観てきます







人気blogランキング←please click


応援クリックしてね


Comments (16)

ハリウッドゴシップ☆News

2007-08-26 22:30:20 | セレブ&ハリウッドgossip★NEWS
                                                                               
                       
                
                                   人気blogランキング

週末ゴシップ、もう週末終わるけどいきまーす


離婚のウワサも何のその、今日もどこかでブラピファミリー

最近はアンジーの新作『WANTED』の為、シカゴにいることが多いブラピ&アンジーファミリー。
先週土曜日はAIR and WATER SHOWという 戦闘機・旅客機・水上バイクなどのショーを見に
ミシガン湖へ






ブラピの、パパ姿、いいねー。


アンジーママも負けてられません。




ザハラちゃんもいるよ。


金曜日朝にはファミリー揃って今度はN.Y.へ

イソガシイね

Lee's Art Shopへ。   行ったはいいがすごい人だかりになっちゃった



マドックスにホットドックおねだりされて購入♪



またまたすごいギャラリーの中、ブラピ、おどけるユーモア精神は忘れない。


マドックスも、パパラッチ露骨に睨み嫌がる精神忘れない。


でも食べればゴキゲン  やっぱこどもだね☆







おかあさんといっしょ!スーリちゃん
トムちんがナチ映画を撮影中にパリに来てお買い物を楽しんでいたふたり。



スーリちゃんご機嫌


ケイティママもご機嫌(上も下も見えそう)



チュカレタノ、ダッコシマショウネ





ぐきっ



アッ!!



危うくスーリちゃん落とすとこだった。 セーフ



ひざすりむいただけで良かったね


前日の失敗から、翌日からはヒールのないブーツで。
こどもだっこする時はアタリマエよ☆





疲れてオネム。。。。
 かわいー。







久々の登場!!誰も待ってないヨ! ケウ゛ィン・フェダーライン

ブリとくっついてた頃の方が、ブリはまだまともだった気がする今日この頃。
あいかわらずラスベガスのナイトクラブで遊んでた元ヒモ夫。  
もう皆存在忘れてたでしょ~。




うっとり顔でラジオ体操第1。  キモイ。


そんな自称ラッパーケウ゛ィン、ドラマ「One Tree Hill」に出演のウワサが出ている。

まだ役者になる夢みてんのか


最近は調子に乗って雑誌のカバーまでやっちゃって、

海外のサイトではイッちゃった顔がキモイ

とか言われてます





今週のブリちゃん。

こちらはL.A.のナイトクラブからのお帰り。 似た者(元)夫婦

髪の毛、オレンジに近いブロンドにしたらしい。 え?もうこんなに伸びたの??




どっちがイイとも言えない気がするが。




べつにどーでもいいー。


今週はおとなしかったか、と思ったらまたやってた。

スピード違反でポリスから停車するよう言われたのに無視。
結局ガソリンスタンドに入ったところで待ち構えられて捕まった。
メンキョショ、ミセナサイ



アッ、ビョウキノバアチャン、マッテルンダッタ!



あたしブリトニーだから大目にみて




こっちは捕まった!
ついに刑務所入り!するも82分で出所、ニコール・リッチー

去年12月、車内でマリファナ&鎮静剤を服用して高速道路を逆走、逮捕、起訴された
ニコール・リッチー。
23日午後、ついに捕まった。

最新マグショット。

パリスと同じ、リンウッド刑務所に入った。(のは実質35分間!なんだそれ。)
現在妊娠5ヶ月のニコール、彼のジョエル・マデンと弁護士に付き添われて入ったが
結局はたったの82分間!!の拘束で 終わった。

刑務所へ向かうニコール。


さすがにちょっとは妊婦らしくふっくら戻ってキタ☆







海外でブレイク中! ザック・エフロン
日本でも『ハイスクールミュージカル』でファン急増中
10月に公開の『ヘアスプレー』にも出てるよ♪



ちゃんとジム通いしてます。
カラダが資本。







どこまでオープンなの、シエナ・ミラー
最近は、アンディーウォーホールの映画『ファクトリーガール』で共演した
リス・エヴァンスと恋仲のシエナ。
陸でも。

海でも。




あー、なんかタイクツ




脱いじゃった。
小さいケド形はイイ。




見せたいらしい。
このひと映画でもよく脱ぐから驚かないけど



マライア・キャリー。雑誌のカバー


アンタは脱がんでいい!!






ゴシップ、また来週~~




人気blogランキング←please click


応援クリックしてね


Comments (22)

幸せのレシピ / No Reservations

2007-08-25 09:55:05 | 劇場&試写★6以上
                          

ゴージャスなキャサリン・ゼタ・ジョーンズが厨房に入って料理~??似合わない!
って最初思ってたけど、客に対しても強気で勝ち気。やっぱり適役だったかな。


これ、あまり表沙汰にはなってないけど
2001年のドイツ映画
『マーサの幸せレシピ』のリメイクらしい。

そっちは観てないけど、内容はほぼ同じっぽい。
タイトル(邦題)がシンプルすぎるなーって思ってたらそこからとってるのか。

完璧主義で妥協を知らない。
いつも自分の中のルールを守り、ガチガチの生き方をしてきたケイト。
姉が事故で他界し、一人娘ゾーイを引き取る事になる。
が、母親の死がショックで殻に閉じこもりケイトの料理も食べてくれようとしない。
そんな時、厨房に人生の楽しさを知ってる陽気なイタリア人シェフが入ってくる。
自分の聖域を侵されていく気がして最初は邪険にするが
次第にケイトとゾーイの心を開いていく。。。。




ゾーイを演じるのは、『リトル・ミス・サンシャイン』で評価を得た子役、アビゲイル・ブレズリン。
ポスト、ダコタちゃん?  やっぱり演技は素晴らしい




まるで天から降ってわいたみたいに、いいタイミングで現れたイタリア人シェフに
『ブラック・ダリア』や『サンキュー・スモーキング』など
最近、出演作が目覚ましいアーロン・エッカート。
女ゴコロを掴むのが上手い!!
こんな風にされたらきっとどんな女だってヨロっときちゃうんじゃない?
てくらい、うまいの


一瞬見つめあって、いい雰囲気に、、、、kissする?
って思ったら ハズす。

そして、どんなゴージャスなお料理だって作れるのに 持参したとっておきは
ただの大きなタッパーに入った手作りティラミス
ティラミス、特にめっちゃ美味しそう!
皿に盛りつけず、そのまま食べるところが逆に素敵



自分の居場所をとられた気がしてつい文句を言うからトラブルになるのじゃ


監督は、『シャイン』でアカデミー賞7部門でノミネートもされたスコット・ヒックス。
恋愛と、母親に先立たれて孤独な姪との気持ちの繋がりを描く配分
(バランス)がちょうどいい。



6/10
またハリウッドのリメイク~?
って感じだけど、、、
キャストは皆ハマってるし、ストーリーはありがちと言えばありがちで
ひねりもなく進むけど、あったかい作品。
お料理はどれも美味しそう
母親亡くしてふさぎ込み、なかなか叔母(キャサリンゼタ)に打ち解けないのもわかるけど、
キャサリンだって優しくしてるし一生懸命頑張ってるのになーってそっちに共感してしまった
飽きずに楽しめた☆
まぁ、映像の迫力とか関係ないしDVDでもいいかもだけど♪




公式サイト
No Reservations   2007年  アメリカ  104min
9月29日より、ロードショー



---------------------------------------------------------------------------



7/25のN.Y.プレミア



ダンナのマイケル・ダグラスは来ず。


NYでトーク番組 『The Late Show with David Letterman』 に出演
やっぱりちょと太ったのかな?
映画の中より胸がすごい


37歳、これで二児の母。




日本公開未定の次回作は、ガイピアース共演の『Death Defying Acts』
「死をも恐れぬ劇」という戯曲?

他にも来年公開で3本待機中☆


来月19日、2度目の来日するそうでTVにもゲスト出演するかな??





人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいな



Comments (44)

映画バトン☆2007年版

2007-08-24 09:25:42 | バトン
                                                                                
                       

                
                                   人気blogランキング




お友達の
雑記のーと Ver.2 のbaohさん

から頂いたバトン、2年前に同タイトルのをやってたけど、内容ちょっと違うみたい。
簡単そうなので早々にチャレンジしてみますー





持っているDVD、あるいはビデオの数


数えてないけど200本以上はあるなー。ビデオは場所とるので全部処分しちゃった。
TVのサイドにIKEAで買ったCDタワー☆
これすごいつかえるヨ♪ (送料が本体より高いのが難)
CDタワー

最近DVD買う時にはこれ何度も観ないだろうなーとか躊躇しちゃう。
今欲しいのは『悪魔のいけにえ』と『ギャラクシークエスト』、『プルートで朝食を』


あなたのお気に入りの監督・俳優・脚本家などの映画人(5人まで)


全部監督でいきます(それでも書ききれない

チャウ・シンチー
クエンティン・タランティーノ
ディビッド・リンチ
リチャード・リンクレイター
スタンリー・キューブリック



一番最近観た映画


劇場  『フロストバイト』
DVD   先日買った『ナイトオブザリビングデッド』

わ。ヴァンパイアモノとゾンビモノ



人生で初めて観た映画


小さい頃に親に連れられて行った映画は内容ちゃんと把握してないから、
ちゃんと観たのは、、、んー、思い出せない。
小学生のとき劇場で観た『ET』とか『グレムリン』は覚えてるんだけど☆



今、観たい映画


観たいのいっぱいありすぎるー!

まだ撮影もしてないもので、ベン・スティラーが憧れで物マネもよくやってる
トム・クルーズと共演する『ハーディ兄弟』(Hardy Boys)
探偵もののアクションコメディ♪



キャメロン・ディアスとアシュトン・カッチャーの『Waht Happens Vegas』
勢いで結婚した知らないもの同士。25セントでジャックポットあてて始まるラブコメ。
撮影これから。


ユマ・サーマンの『In Bloom』
ローラ・カジシュキーの小説「春に葬られた光」の映画化で
「砂と精霊の家」の監督がメガホンのスリラー。


『SAW』の監督、ジェームズ・ワンの新作『Death Sentence』
ケウ゛ィンベーコン主演★『狼よさらば』のリメイクで全米で8月31日公開。

official site


まだまだあったけどなんか忘れてるような。。。




何度も観てしまう映画、あるいは特別な思い入れがある映画(5本)

何度も観てしまうという意味で選んでみました☆
ここに挙げたほかにもあるけど最もよく観るのはこれらかな。


毎度登場するけど
『風と共に去りぬ』
定番。


『パルプフィクション』
好き。


『少林サッカー』
楽しい。


『ナポレオン・ダイナマイト』(バス男)
なごむ。



『お熱いのがお好き』
マリリンの出演作はハズレなし。どれもたまに観たくなるのでちょくちょく観てます





バトンを回す人


いつもバトンをくれる、
あっしゅ坊や

いつもお願いしてる、
nonさん

今までもらったことがあるのにたぶん、まだお願いしたことなかったこの方たち(gooの映画ブログ仲間)

きらりん

アイマックさん

ミチさん

いつでもいいのでお願いしまーす♪
もうやってたらスルーしてね。

このバトンやってみたいという方はご自由にどうぞ





-------------------------------------------------------------

バトンとは全く関係ないんだけど、、、

blogを初めて、最初にお友達になったアメリカ在住の
きゃんでぃーさんが、2年ぶりに帰国して実家に滞在中なのですが
先日2日間東京に来て、初めてお会いしちゃった★
アメリカ人の旦さんとやっぱり超仲良し

blogのお友達とはこれでもう数名の方に会ったことになるけど、
毎回、不思議な感じ
マンガでみてたキャラクターに実際会ったような感覚に近いかな(笑)
blog上でいつも話をしてるせいか、初めて会う感じがしないの


この日はお昼過ぎの待ち合わせで、表参道(オリエンタルバザーとか)→原宿竹下通りでお決まりのクレープ食べ(笑)→
渋谷へ。

夜には
同じくblog友達のきらりんと合流して、モーパラで   前から計画してた
しゃぶしゃぶ対決
(旦さん&きゃんでぃさん、きらりん&mig)22で すきやきとしゃぶしゃぶ、食べ放題♪どれだけお肉が進むか対決!

も豚もどっちでもいいし、
お野菜もご飯も食べ放題で安いし美味しい♪

モーモーパラダイス

皆、頑張ったけど
結局きらりん&migチームの勝ち

旦さん、暑さにやられちゃったのかな?

楽しかった~♪♪ 


食べるのに夢中で写真これだけ
また行こうね♪



各地で秋のお祭りの時期ですねー☆
今日から麻布十番祭り開催
明日あさっては表参道でよさこい。
もうすぐ夏も終わりかぁ、、、、、

皆さま、楽しい週末を



人気blogランキング←please click


クリックしてね


Comments (22)

フロストバイト / FROSTBITEN

2007-08-23 10:20:03 | 劇場&試写★6以上
                                                                       


噛まれると感染!そして増殖!
その原理はヴァンパイアもゾンビも一緒
先月の観たいリストに入れてたこの"スウェーデン発のヴァンパイアホラー"
本国では去年の興行成績5位だったんだって。

レイトのみでなかなか行けなかったけど今週で公開終わりと聞いて、急遽観てきた。

ヴァンパイアは、
1.十字架に弱い。
2.ニンニクに弱い。
3.日光に弱い。
白夜の逆で、30日間夜が明けないという真っ暗闇のこの街 こわいー
そんな場所では当然ヴァンパイアは増殖し放題

第二次大戦下のスウェーデンの小さな寒村で、敗退するドイツ兵たちが何者かに惨殺される。
現代。女医のアニカは17歳の娘サガを連れて、ラップランド地方の小さな町にやってくる。
新しい学校でサガは早速、ベガという名前の少女と友達になった。
一方、アニカは新しく赴任した病院に邪悪なものを感じていた。
病院からある薬が盗まれ、若者のパーティの場へ、、、、
ドラッグと勘違いした若者たちが次々とヴァンパイア化していき、、、。


主演の女子高生サガを演じるのは「ロッタちゃんシリーズ」の子役ちゃん、
グレーテ・ハウ゛ネショルド。

     
オトナになりました。
ちょっとリア・ディゾンぽっかったよ、(この写真違うけど)


前半はトロトロしてて、なかなか話が進まないのでつまんなかったけど
赤い薬が持ち出され、男がヴァンパイア化していくあたりから面白くなってくる。

カノジョの家に食事に行くと、お父さんが神父。出される料理はニンニク料理
ゲッとなり、嘔吐。トイレにかけこみカノジョの妹がかわいがってるウサギをガブリ
なかなかリアル

ちょっと血が鮮やかすぎる?

リアルと言えば最新CGとVFXと特殊メイクを使い分けた映像がすばらしい♪



仲良くなりかけた友達も次々ヴァンパイアになり、、、、

ギリギリまで友達が薬飲む様子みてたのに、結局飲んでヴァンパイア化。

このひと最初からヴァンパイア顔。
変身後もフツウに友達のままの会話で襲ってくるのが斬新☆  笑

6/10
劇場で観ても許せる範囲。
思いきりB級だけど、雰囲気が安っぽくない
ストーリーが単純すぎるので物足りない感は残るけど
意外なユーモアもあってちょっと笑えるしそこそこ楽しめる作品でした
後々まで面白さが残るってものでもないしそんなところしか感想が浮かばないな、正直
あ、怖さはあまりなかったから怖いの苦手な人でもOK☆
怖いのニガテな人はこんなのわざわざ観ないか(笑)



公式サイト
FROSTBITEN   2006年   スウェーデン   96min  PG-12
8月24日まで、レイトショー


ファンタスポルト映画祭 2006(ポルトガル)最優秀映画賞受賞
スクリームフェスト・ホラー・フィルム映画祭(ハリウッド)最優秀音楽賞、
最優秀メイクアップ賞、最優秀特殊効果賞3部門受賞
ラベンナ映画祭最優秀特殊効果賞受賞





まだまだ暑さ続くみたいで、、、
だるだるで夏バテ、食欲落ちてる人も多いでしょう
倒れないように気をつけて







人気blogランキング←please click


クリックしてね

Comments (10)

ハリウッドゴシップ☆News

2007-08-20 00:14:22 | セレブ&ハリウッドgossip★NEWS
                                                                                
                       

                 
                                   人気blogランキング



マット・デイモン、「Bourne ultimatum」ロンドンプレミア


全米で8月3日公開、日本でも11月公開予定の「ボーンアイデンティティ」シリーズ3作目、
「ボーンアルティメイタム」
のプレミアに妻のルシアナと登場したマット


同シリーズでは、1作目の「ボーン・アイデンティティ」(2002年)の公開最初の週末の興収が2710万ドルでランキング2位、
同2作目「ボーン・スプレマシー」(2004年)が初登場1位で5250万ドル、
今回の3作目は前2作を上回る好成績でスタート☆
8月中の公開初週末の興収としては、
従来記録の「ラッシュ・アワー2」(2001年)の6740万ドルを抜き、過去最高を更新したらしい
このシリーズあまり好きじゃないけどちょっと気になってキタ。



マットの親友、ベン・アフレック、35歳になりました

この日は娘のヴァイオレットちゃんも連れ、家族でショッピング

幸せいっぱいで微笑ましい





幸せ家族と言えば、、、
ジョン・ボンジョヴィも負けてないよ♪

8/13、ロングアイランド イーストハンプトンのビーチで
妻と、5歳のハーレイくん、3歳のロメオくんとバケーション

14歳のステファニーちゃんと12歳のジェシーくんはお留守番。




この人も幸せいっぱい
ナオミ・ワッツ、赤ちゃん公開

7月25日に、リーヴ・シュライヴァーとの待望の第1子、アレキサンダーくんをもうけたナオミ。

まだどっち似かは不明。
と思ったら。

 バリバリ パパ似だわ。










この人も現在赤ちゃん待ち♪サルマ・ハエック

明日にも出てきそう。





ティム・バートン妻のヘレナ・ボナム・カーターも現在妊婦
家族揃ってイタリアで休養中♪第二子は12月に出産予定
この水着の趣味は如何なもの?

あの特殊メイクの時と同じ顔してる。









妊娠4ヶ月を過ぎました。ニコール・リッチー

お供にはミーシャ・バートン。

おなかも胸も大きくなってきました

この日はNYマディソンスクエアガーデンで行われた、
ジャスティン・ティンバーレイクのライブを見にいったニコール。






8/15、新作映画撮影中♪キャメロン・ディアス

NYで新作撮影中のキャメロン
(『ドニーダーコ』の監督のホラー『The Box』に出演、秋撮影らしいからそれかな?)
Bag好きなキャメ、最近のお気に入りはピエールアルディ
ヘビロテ中~。
春から持ってるシャネルのデニムトートとダブル持ち。

やっぱこのBagカワイイ
←5月のフォト。


8/12ヘアサロン帰り。相変わらずカジュアルスタイルで美脚がステキ






(ウディ)アレンじいさんの新作「midnight in Barcelona」に出演する
ぺネロぺ・クルス

現在まだ撮影は続いてるようで、、、
バルセロナで自転車に乗るシーン撮影中のぺネ。(共演にスカちゃん)

ヨロヨロ走りっぽい

あら、自転車乗っててもセクシーなんだから







こんな仕事もしてます!ウェント・ワースミラー
このヒトこのblogでは初登場!
ドラマ「プリズンブレイク」でブレイクしたお方。
韓国のコーヒー飲料のCMに出演


(わたしは観てないけど)「プリズンブレイク シーズン3」は9/7からO.A










コスモポリタンのカバー、ジェシカ・アルバ








このひとだぁれ?





答えは  
現在、またリハビリ中のリンジー・ローハン。
顔チガウ。







そしてこの人も久々に女性誌でカバーを、、、
今週のブリちゃん

もう、週刊パリス日記以上に日々話題振りまき毎週載せちゃってるブリトニーですが。
コスメ雑誌allure9月号でカバー。

アルーア、よくブリ使ったなー。

当然、普段のブリとは別人です☆

本日もひどい顔してます。
 





先日キャメロンともデートしてたばかりのマジシャン、クリス・エンジェルと
ビバリーヒルズのタワーホテル内のレストランで朝の4時までデート。
(このクリスってヤツは誰でもイイのか)



この日は買い物してたけど、ショーパンの下からシャツはみだしてますよ...。


よく見たらブーツのタグもついてるど。





ゴシップ、また来週~





人気blogランキング←please click


クリックしてくれるとうれしいな

Comments (28)

ショートバス / SHORTBUS

2007-08-19 00:03:08 | 劇場&試写★4 以下
                                          
この監督の前作、『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』が面白かったので
興味あった1本。
先日の『パーフェクトストレンジャー』の試写で会えたblogお友達のきらりん
試写に誘ってくれたので一緒に観てきた♪
女性限定試写だったの、観たらそれも納得☆


NYを舞台に描かれるのは本当の愛とセックス。なーんて

強烈  半分ポルノじゃない、これ。
日本公開ヴァージョンにはボカシが100箇所という噂。

←オープニングからこんなだもん。
(※これ、わたしが消したんじゃなくもとから消してあった 笑)

ただの変態男か、、、と思ってみてるとちゃんと理由があったんだけど、、、。


この映画には7人のメイン男女が出てきて、それぞれが悩みを抱えてる。
このヒト、夫がいながらも性的にオーガズムが得られないコトが悩みのセックスセラピスト。
この人の○○○ーシーンとか、じっくり映しだされるの。
(ヘンなTBきそうだからピー音入ります!)

一瞬ならいいけど、ハッキリ言ってそんなの何分も見せられてもという感じ

愛し合ってるゲイカップルが、特に理由もなく若く可愛い男を招き入れて3Pしたり、
いや本人たちは悩みがあるんだけど
(画像見つけたけど過激すぎて載せられません!)
その男をのぞき見する向かいに住むゲイの男がいたり、
SM嬢が実は人とかかわることが出来ずに悩んでいたり。


そんな悩みを持つ人たちが集まるサロンのような場所が
タイトルになってる"ショートバス"。

そこでは、オープンすぎるくらいオープンに
毎日、いつでも、男も女も同性同士でも乱交したり交流したり。
半分以上(というかほとんど)がセックスについての描写。

しかし、「これはセックスについてのみの映画じゃない」と監督のジョン・ミッチェルは
インタビューで言ってる。

確かに皆それぞれ問題を抱えつつも何とかそれを乗り越え解決している姿は描かれるけど
どうにもそれがあんまり伝わってこなかった、、、。





おカマちゃんともキスしたり。

オープニングのNYの街のアニメーションが可愛くて良かった★
『ヘドウィグ~』に続き、同じジョン・ベアが担当。

2/10
これは完全に好みで評価分かれると思う!
眠くなる、とか明らかに駄作!とかいうのではないんだけど
ちゃんと観たけど、、、。リアルすぎでキモチわるい。
わたしは純情でも、純粋でもないし同性愛を否定してるわけではないけど、(笑)
これにはひいちゃったな。
強烈なラブシーンやベッドシーンとかある映画だって観てても平気なのに、
今回はそのリアルさが気持ち悪い、生々しすぎ!!
この映画の宣伝で言ってるように「感動」したり、
「これを観て人生が愛しくなったり」はなかったなぁ。


実際の恋愛は映画みたいにきれいなもんじゃないっていう人もいるだろうし、
そう思えばこの作品はほんとの人間の姿だ!っていうコトかもしれないけど。。。
これはドキュメンタリーじゃなく映画だからね☆





日本版ポスターはやたら可愛らしくしてるけど、
映像は過激~。海外版のはもっとすごいのもあった!

公式サイト
SHORTBUS   2006年   アメリカ  101min
8月25日より、ロードショー


評価は低くなっちゃったけど、観るつもりだったので
試写に誘ってもらって観れて良かった♪きらりん、ありがとうね

エンドロールでそっこう帰って行く人が多くて、やっぱりダメな人も多いんだろうなーと
思ったけど、笑ってる人もいた☆
きらりんてば、「サクラがいたのかな」って。 笑える~

その後 新宿でお食事をしたんだけど、そっちの方が楽しかった♪

また今度は面白い映画、一緒に観られるといいね


ゴシップは明日できたらやりまーす





人気blogランキング←please click


クリックしてくれるとうれしいな



Comments (28)