我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

2007☆ベスト&ワースト映画 /2007 BEST&WORST MOVIE☆

2007-12-29 21:03:27 | 1999~2018☆BEST&WORST



なんと今年で10年目となりました migが選ぶ 年末の映画ランキング


映画の出来の良さではなく面白さを一番重視
対象となるのは2007年に公開またはDVD化された作品。
劇場にて103本(試写含む、二度観た作品は1本と計算)
お家鑑賞 DVD 約50本(レビューを書かなかった過去作品含む)
計 153本ちょっと。タイトルクリックでレビューへ飛びます。
今年は10年目ということで、過去10年間のベスト1&ラジー賞(愛すべき?ダメダメ作品)をおまけで載せました♪(※すべてmig独断によるもの)


では早速いきますー



        2007年 BEST MOVIE



1位

ヘアスプレー
音楽最高!キャスト最高!脚本最高!
テーマの中には人種差別問題も扱いながら、明るく楽しく弾けた娯楽作品♪
トラボルタのおデブおばちゃん、クリストファーウォーケンの優しいパパ、ミシェルファイファーの意地悪女、
サントラにもハマっちゃってヘビロテでした



2位
デス・プルーフ
タランティーノ好きなので、今回も期待裏切られず☆
いつものダラダラ会話が更にヒートアップしてるけど、最期はすっきり爽快




3位
インランド・エンパイア
このリンチの不思議ワールドにまんまとハマった。
上映時間はものすごく長いけど、この異空間に引込まれる感覚がたまらない



4位
ドリームガールズ
観てても歌って踊りたくなる1本!
キャストの歌のパワーがすごい




5位
プラネット・テラー
タランティーノのと同じ企画で作られた、ロドリゲス監督の1作☆
キャストも絶妙、くだらなさも好き




6位
俺たちフィギュアスケーター
くだらな~い!! でも、おもしろ~い!!
暑苦しいウィル×ナヨ男へダーの掛け合わせのミスマッチさが最高





7位
アポカリプト
メルギブソン監督作品。人間同士の醜く愚かな争いをテーマに、
ハラハラドキドキ娯楽映画としての面白さに溢れた1本!




8位
それでもボクはやってない
"冤罪"という、普段あまり知る事の無い日本の裁判がテーマとなっていて、いろいろ考えさせられた。




9位
ブラックブック
一人の女の波乱に満ちた壮絶な人生。
強い女が逆境に負けずに生きる姿を描いた映画って好き☆





10位
パフューム~ある殺人鬼の物語~
臭覚がやたら鋭い男の物語。ラスト近くの"あの"シーンではちょっと引いたけど、トータル的に、映画として面白い作品だった。
最期の物悲しい感じも。珍しく観た後で原作本を買ってしまったほど。





次点


チャプター21
レミーのおいしいレストラン
ホリデイ


今年も8の作品はけっこう多くて14本。次点も迷ったけど楽しめたということを優先でこの3本をピックアップ。








        2007年 WORST MOVIE

1位
ショートバス
『ヘドウィグアンドアングリーインチ』の監督最新作。どうも性にあわなくて退屈でした~




2位
マリー・アントワネット
可愛い世界観は好きだけど、主演のキルスティンダンストが違う気がしてこの世界にハマれなかった。
観ていてかなーり長く感じたxxxx




3位
氷の微笑2
いまさら続編いりません!シャロンのお色気にもそろそろムリが、、、
3は絶対やらなくていいですから☆



4位
墨攻
もう内容も覚えてない、、、。



5位
モーテル
アイディアはいいのに後半になるにつれてショボくなっていった駄作。
こんな程度のホラーならDVDスルー(劇場未公開)で十分です!






特別賞

※migが勝手に賞を与えたい映画
パリ・ジュテーム
様々な監督が描く、様々なパリの愛のかたち 愛がつまった素敵なオムニバス




話題賞

わたしのblog 内で今年トラックバックが多かった、皆が観た(と思われる)映画。

パイレーツ・オブ・ワールド    TB数     146

ドリームガールズ              145
ダイハード4.0                130
ホリデイ                  122






THE RAZZIES MOVIE
※選考基準はハリウッドのラジー賞と一緒。 愛すべきおバカな映画にお贈りします~

ウィッカーマン

昔のホラーのリメイクだけど、ニコちゃんがなんだか笑えた~。超B級カルト映画。






過去10年間のmigBEST & ラジー賞
BEST


1998年  アルマゲドン
1999年  シックスセンス
2000年  チャーリーズエンジェル
2001年  ギャラクシークエスト
2002年  少林サッカー
2003年  キルビル
2004年  ソウ
2005年  バタフライエフェクト
2006年  隠された記憶


ラジー賞
1998年  ゴジラ
1999年  ブレアウィッチプロジェクト
2000年  バトルフィールドアース
2001年  パールハーバー
2002年  サイン
2003年  マトリックスレボリューションズ
2004年  チャイルドプレイ チャッキーの種
2005年  宇宙戦争
2006年  スネークフライト





そんなわけで、今年最後の更新ですが 今年はたくさんのblogお友達と実際に会う事が出来てすごく嬉しかった
これからもいろいろな方に会えるのを楽しみにしています♪


そして、今年1年 migblogにきて下さった方、本当にありがとうございました
たくさんコメントも頂き、交流出来た事も楽しかった♪

2008年もどうぞよろしくお願いします
皆さま、よい年末をお過ごし下さい~





人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいなー


Comments (127)

☆告知☆

2007-12-28 13:11:18 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

コメント欄はこの記事は閉鎖します~




この度 駆け出しの映画監督である我が弟の撮った映画が、若手監督の映画界への登竜門になる 
第10回インディーズムービーフェスティバルにノミネートされていて、
DVDが販売&全国大型レンタル店(ツタヤなど)・宅配レンタル[TSUTAYA DISCAS]にて12/28~レンタル開始!
衛生劇場チャンネル[全国ケーブルテレビ344局ネット&スカイパーフェクTV]にて2008年12月28日O.A決定。(朝5時~)

DVDについてくるハガキ、レンタルされた方のインターネット投票によりグランプリが決定。
第一回のグランプリは、来年The Midnight Meat Trainでハリウッドデビューが決まった北村龍平監督。
日本有数の大規模な映画祭で、グランプリを獲ると監督としての未来が開けます。
お時間と、興味がある方はぜひ観てみてください~♪

販売&レンタル、投票などの詳細はこちらですインディーズムービー

この作品、58分のコメディで、随所におバカな笑いが散りばめられた
オリジナリティ溢れる面白い映画に仕上がっています

カンヌ出身の人が熱狂!! 空前絶後の缶蹴りデスマッチ

蹴缶-第5回全日本蹴缶グランプリ-


蹴缶
第10回 インディーズムービーフェスティバル








人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいなー



 
Comment

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師/ SWEENEY TODD

2007-12-27 00:04:27 | 劇場&試写★6以上
ティム・バートン×ジョニー・デップ 6度目となるコンビ最新作はミュージカル





"スウィーニートッド"はイギリスで150年以上も語り継がれ、
これまでにも何度か舞台やミュージカル、映画、小説の題材になっている殺人鬼の物語を映画化したもの。
1997年にも映画化されてて、昔観たんだけど ぜんぜんパッとしなかったから実はあまり印象にないほど
監督はジョン・シュレシンジャーだった。実は当時からティム・バートンが監督に名乗りを挙げてたけれど
スケジュールが合わなく断念したそうで今回決まった時から、
どんな風にバートンのダークな世界が広がるのか楽しみにしての
来年1月の公開を前にちょっとだけ先に観て来たのだけど、、、。





大成功



初の歌声を披露のジョニーデップが良かったのはもちろん?のこと、
またまた登場のバートン妻、ヘレナ・ボナムカーター

ゴスメイクでジョニデさんとおそろい、息ぴったり☆
今回すっごくハマってた~。
先日、バートンとの子供(娘)が生まれたばかり♪


この人大好き~ 『パフューム ある人殺しの物語』での悪役も光ってた
アラン・リックマン、

『ボラット』のサシャ・バロン・コーエン! 

脇の男の子(歌上手い!)など、
キャスト、最高!!




8/10

上にも書いた通り、キャストと雰囲気最高!
ティム・バートンワールドのダークな世界観と映像美!
とくにヘレナの幻想シーンとか好き~
1997年の『スウィーニートッド』を見直して見比べたくなっちゃった。
映像的にはグロいけど、血はバートンらしくフェイクっぽい 絵の具のような赤。
だからぜんぜんキモチ悪さ感じないんだけど、
首をスパッとナイフで裂かれるシーン続々、血飛沫ドバっとなので
ダメな人はダメかも、、、、。
それと、ミュージカルなのでその辺で好みが分かれそう。
わたしはミュージカル映画大好きだけど、とくに最初の方がゆっくりすぎたかなー
という感じで、"パイの隠し味"の発見までがちょっと長かった。
少し歌のシーンで眠くなったけどサシャ・バロンコーエンの登場あたりから
俄然面白く、、、、ラストにかけてがまた良かったな~
軽いつっこみどころはいくつもあるけど まあ、つっこんでちゃキリがないし☆笑
☆7と迷ったけど、後半が面白かったのでオマケ! 
公開したらもう一度観たい1本となりました~♪



19世紀のイギリス。
無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。
15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振るい始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら
嘗て自分を陥れた男への復讐心に燃えていた。







                 公式サイト
SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET   2007年   アメリカ    118min
2008年 1月19日よりロードショー   


ちなみに邦題のサブタイトルは、原題にもついてるもので
(THE DEMON BARBER OF FLEET STREET )goo blogのタイトル字数制限でまた入らなかった~


-----------------------------------------------------------------------------
12/3 N.Yプレミアにて。





49歳 めでたく1児のパパ。



サシャ・バロンコーエン、こうやってみるとなかなかいい男?



毎度、悪役ピッタリ スネイプ先生ことアラン・リックマン。
ジョ二ーとのハモリも必見



なんとこの人まで、、、、

パイレーツ・オブ・カリビアン・ワールドエンド』で共演の、キース・リチャーズ


ゴールデングローブ賞に、ミュージカル部門作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞でノミネート中!!

 


無敵コンビ





人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいなー


Comments (95)

2007 わたしがハマった10のこと/2007 My Boom Thing of 10!

2007-12-25 23:32:05 | Weblog

なんとなく自分の記録として、、、
今年migがハマったもの羅列です
映画のベスト&ワーストはまた年内後日
トップの写真は、最近やっと新しく変えた携帯
薄くて小さなバッグにも入りやすいのがお気に入り




1.『LOST』

ただいまシリーズ3好評レンタルリリース中
前にロストの記事書いたけど、シリーズ1はそうでもなかったのに
どんどんハマってっちゃって、シリーズ3まで観終えたので次回が気にナル~
ソーヤーが相変わらず一番好きだけど、この人も好き
この間DVDで観た、『ライトアップ!イルミネーション大作戦』というB級コメディ映画に出ててびっくり。
いい味
LOST AXN

以前の記事はこちら







2. スカイプ 


これ、パソコンを通し顔も見てしゃべれるTV(PC)電話
しかも、加入者同士ならタダ
いくら喋ってもいつ喋っても全くお金かからないの!
加入するのに面倒な手続きもないし、もちろん無料。登録するだけで簡単に出来ちゃう
最初に知った時、スゴイ!と思ったものの、難しい&面倒?って思ってた。
でもわたしが出来るくらいだからほんとにカンタン。
macの場合パソコンにマイクもカメラも内蔵なので、ダウンロードして名前登録だけで出来るよ★
その他のPCの場合は500~1000円のマイクとビデオ(1000円くらい)が必要。
海外にいる大事なあの人や、遠くにいる家族など、無料でいつでも出来るから
たのしいー! 一昔前まで、テレビ電話?はずかしいよ。って思ってたけど
これさえあれば遠距離恋愛もOK
友達も誘って、入った人といつでもフリートークにハマりました

Skype






3. カラータイツ

もともとタイツ大好きだけど今年は網タイツよりカラータイツが断然ブーム
ここに載せた他にも 赤、紫、青、黄色、マスタード、ピンク、深い青、エンジ、、、、
いろんな色を1色×2枚づつ、計20 くらい??
どんだけ?ってほど買いました☆  お気に入りは赤とマスタード、深い青




4. ゆず胡椒

パスタとかお吸い物、ご飯にのせたりお鍋の薬味にしたりと大活躍♪
無添加のこのビンのタイプが、粒ゆずで美味しい




5. ゾンビ



今年はゾンビをペットというかメイドにしちゃう『ゾンビーノ』や、ジョージAロメロ監督のゾンビ復活『ダイアリーオブザデット』、
3Dゾンビまで出て来たり巷でじわじわとゾンビブーム再来!
そして先日ついに、過去の絶版DVDが廉価版で再リリース!!
1つは5000円で売ってたやつを再販を知らずに買ってしまって失敗。
でも廉価版出たのは嬉しいー♪

スマイルBEST ゾンビDVD 廉価版







6. ヴィクトリアシークレットのグロス

アメリカ行った時に買いだめしてほぼ毎日これ。
つやつやになるし、色んなフレーバー美味しい?し、もちも良くって
お値段もお手頃、、、、♪
日本未入荷だから海外に行った時は是非!

ヴィクトリアシークレット





7. francfranc

フランフランは元々外国のインテリアブランドだけど、モノがセンスいい
こういうの欲しいなーって思ってるとツボにくるものが出てくる
今年の春引っ越しした時は色々揃え直したくなって、お皿からファーのスリッパ、
キッチン関係の小物に、、、気がついたらフランフランのものいっぱい(笑)
行きつけだったパルコパート2の店舗が年内いっぱいでビルごとなくなっちゃうせいで
行けなくなっちゃうのが悲しいー
新宿の三越店より品数豊富で好きだったのにー

francfranc/フラフラン






8. シャネルチェーンバッグ

シャネルもともと好きだけど今年はチェーンバッグブーム再熱で活躍した3つ☆
秋に買った黄色のは春からカラーブームで、今後も差し色として活躍しそう






9. CASIO EX-word

これまで持ってなかったのだけど、、、英語話す時は必需品&今英語の勉強中☆
このシリーズには日系エンタテイメントのシネマコレクションも搭載されてて
映画のいろいろ、キャストや監督、製作年などちょっと外で知りたい時?便利☆
毎日持ち歩いてます。

amazon CASIO Ex-ward ←安!







10. じゃが彩(じゃがいろ)

札幌で買える人気のお菓子、じゃがポックルが人気&入手困難ということで
同じ製造元のカルビーが出したお菓子。
味はそっくりでコンビ二やスーパーで、180円くらいでお手軽に買えるよ♪
ちなみに今は千歳の飛行場なら、じゃがポックル毎日入荷しててそんなに苦労しないで買えるみたい。

じゃが彩





以上、まったく個人的なマイブームネタでした!
ほかの人のもみてみたいのでお時間ある方は是非やってみてね

あの新作映画観て来たのでレビューはまたのちほど、、、、




人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいなー

Comments (29)

パリス・ヒルトン観察日記

2007-12-23 21:45:30 | Paris Hilton


                     Happy Merry X'mas





このトップの写真、パリスが個人的に今年のクリスマスカードとして送った写真
自分大好きパリスちゃん


12/6頃 フロリダ マイアミのナイトクラブ、mansionのパーティにて。



先日の来日でCHANEL 表参道200個限定のアイスキューブゴールドbagは当然入手済みだヨ







12/8頃 マイアミのナイトクラブで、スタヴとラブラブ
やっぱりスタヴは落ち着くわ。






12/10 パリにて。
これからベルリンへ飛ぶよ~



ちなみにこれは 愛パリス Tシャツ
欲しいひとは、電話してね~




12/11 ベルリンにて。 アタシが広告するドイツの缶入りシャンパン "Rich Prosecco"の発売イベント


ゴージャスでしょ?
セクシーすぎて目をヤラレないよーにね





ササ、オトーサンも ドウゾ!     
                お、イイねぇ






アタシもちょっくらシツレイして、、、、








シロクマチャン、おんぶしてェ~




オラウータンのマネしちゃおっかな。








一同、無関心。





12/12 翌日はポツダム広場の人口スロープスライド体験
サイコー







12/14頃? 全く記憶にないけどゆきずりのオトコと。







・・・・キヲク二ナイ。








12/15 頃 弟のバロンと親友ブランドンと、日本食レストランKATSUYAへディナー


ココKATSUYAはアタシのオキに入り和食店 オシエてアゲルネ。KATSUYA

弟、ニテナイデショ。
このアトはクラブへGo! サスガにモウ捕まりたくないしオトナシく自分で運転しなかったよ






12/20 頃 ナイトクラブGoaへスウェーデンモデルのアレックスと

険しいカオしてるけどカワイイの 本命じゃないけどキープ中





ウンパルンパと一緒
今年も一年、パリス日記を読んでくれた方、ありがとー
また来年ネ
Happyなクリスマスになりますように




人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいなー



Comments (22)

ハリウッドゴシップ☆News

2007-12-22 00:02:44 | セレブ&ハリウッドgossip★NEWS



おそらく今年最後のゴシップ、早速いきまーーす 



ジェシカ・アルバ妊娠
前回のゴシップ掲載直後に発表されたので日が経っちゃったけど、
かねてから交際中の(ファンには不評)、キャッシュ・ウォーレン(28)との間に
ついに赤ちゃんが、、、、、。
出産は来年6月頃頃。  
まだ 目立たないね     
                おめでとう ジェシカちゃん






こちらはまだ16歳 ブリ妹、妊娠



お騒がせブリトニー妹のジェイミー・リンが、16歳で妊娠!!
と19日発売のOK!誌がスクープ。
お相手は 以前から交際してたケイシー・アルドリッジ(19)
現在は妊娠3ヶ月で、「妊娠を知った時は二人ともかなりショックだった。」と
インタビューに答えてるが、出産はすることにしたよう。

お母ちゃんのリン・スピアーズは、11月のサンクスギビングディ(感謝祭)直前に
妊娠を知らされたそうで


「信じられなかった。(ブリと違って←とは言ってナイ)ジェイミー・リンは門限も破らないまじめな子よ、ショックだった。まだ16歳の子供なのよ」




そうそう、ちょっと前まではこんなコドモだったのにね~




ブリトニーだけ、実は知らずにあとでパパラッチによって聞かされた。。。。。


ガビチョンパ
知らんかったのアタイだけかよ








ニコール様、ギンギラギンにさりげな、、、、、

くない


日本では3月公開、全米で公開中の『The Golden compass』(ライラの冒険 黄金の羅針盤)のプレミア
が、ニコールの故郷シドニーで開催された。

全身シルバーすごッ


ちなみにこの日も髪の毛ちょっともじゃもじゃ、、、、






こちらはキンキラキン
ヴィクトリア・ベッカム!!    って エッ


10年ぶりに再結成したスパイスガールズ、現在ツアーの真っ最中


よくみたら。

                    

こわい。





全然繋がりないけど、クリスティーナ・リッチ、14年ぶりに来日

去年のトロント映画祭で超人気の為、チケット買えず見逃した
『ペネロピ』が、いよいよ来年2月日本上陸決定!
umikarahajimaruさん、事前情報ありがとでした
19日、ホテル西洋銀座で記者会見が行われた。


共演はジェイムズ・マカヴォイ、リース・ウィザースプーン。
あの、以前ここでも紹介したクリスティーナがブタの鼻の映画だよー。
ペネロピ 公式サイト
タノシミ楽しみ♪








ついでに新作情報もひとつ!
ヒース・レジャー 、『バットマン』のリメイク『バットマンビギンズ』の続編で
悪役、ジョーカーに変身画像公開


       
            



こわすぎ

ちなみに。オリジナルのジョーカーはこちら。ジャック・ニコルソン


これ、タイトルはバットマンは付けずに『ダークナイト』(The Dark Kight)になる模様。
監督は前作に続きクリストファー・ノーランが担当。
キャストはクリスチャン・ベール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン(執事)が決定。







マコ様、新作撮影中トレーニング中に顔を縫うケガ  

新作コメディ『The Grackle』では、お金で雇われるケンカ屋を演じるマシュー・マコノヒー。
役作りのためUFCトレーニングというUltimate Fighting Championshipの原理に則ったトレーニングを受けていた際に事故がおきた。
その写真はないけど、大丈夫かナ?
最近ワークアウトの写真ばかりしか見ないと思ったら 参考画像
年末ここへきてやっとまともな写真が、、、、

4日、恋人でモデルのカミラと、ドルチェ&ガッバーナのパーティ出席

今年のシメくらいいいカオしとかにゃ。


NYマディソンアベニューでのopen party
こんなとこで偶然の出逢い

10日間で男を上手にフル方法で共演以来仲良しのケイト・ハドソン


最近、ビバリーヒルズでお買い物中のマコ様。

ヒマそうだけど、2008年には4本の新作と2009年公開予定の2本が待機中!
ベン・スティラーが久々に監督する『Tropic Thunder』(トロピックサンダー)
で、オーウェン・ウィルソンの代役に決定したマコ様。来年こそ活躍復帰しそう♪




皆さま、今年もゴシップ見てくれてありがとうー
来年も、選りすぐりのセレブゴシップたくさん載せるのでお楽しみに~



人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいなー

Comments (24)

ダージリン急行 / THE DARJEELING LIMITED

2007-12-20 22:21:01 | 劇場&試写★6以上

カルト的?な人気を誇る、『天才マックスの世界』や『ザ・ロイヤル・テネンバウムズコレ
ウェス•アンダーソン監督最新作


全米では公開済み、日本では、東京国際映画祭でも上映されました 一般公開は2008年3月予定。
20th FOXさんの試写にて鑑賞してきた☆



お話は簡単に言うと、、、
オトナになりきれない3兄弟が、"ダージリン急行"に乗って、インドを旅する
愛と希望と再生のロードムービー





ウェス・アンダーソン作品は全部観てるんだけど、今いちテイストが好みではなくていつも評価はフツウになっちゃう。
それでも毎度キャスティングが最高!!
今回も、顔中ケガだらけで仕切り屋の長男フランシスを演じるのはウェス監督と昔からの友人 オーウェン・ウィルソン。

似てない次男、ピーターにはエイドリアン・ブロディ。
コッポラ一族でウェス監督とも親交の深いジェイソン・シュワルツマンが
三男ジャックを演じる。


父の死をきっかけに互いに会話をしなくなった3人兄弟。
彼らは再び家族の絆を取り戻す為に11個のスーツケースを抱え、インドで列車のスピリチュアルな旅に出る。
まさしく珍道中!
再び兄弟となり、繋がりを深めることができるのか?






本編前には、三男のジェイソン・シュワルツマンが元カノジョとホテルの一室で再会するエピソード、
13分の短編『ホテル・シュバリエ』が上映される。
ここでは、以前ゴシップでも載せたけど ナタリー・ポートマンがヌードを披露する。




とはいってもバストは映し出されずに、お尻と全体のカーブを見せる。
嫌らしさがなくて美しいの


こちらの短編は、兄弟3人で旅に出る前のエピソードになっていて
ちょっとオシャレな雰囲気かな。とくにオチがあるわけじゃないけど なんとなくいいカンジ。


------------------------話は『ダージリン急行』に戻って、、、、。-------------------------




ウェス監督の映画って、ハマる人はとことんハマっちゃうけど
そうじゃないとわりとどうでもいいような、、、、
ただ絵(画)的にいつも美しいこだわり持って創る人だ。
『ザ・ロイヤルテネンバウムズ』の時にはアディダスのお揃いの真っ赤なジャージをベン・スティラー親子に着せたり
グゥイネス・パルトロウにはラコステのカジュアルワンピ着せたり、
前作『ライフアクアティック』では ビル・マーレイたちチームにお揃いのアディダスのシューズ履かせたり☆


今回のこだわりは、
なんと、ルイヴィトンのデザイナー、マークジェイコブスに頼んで特注でたった1点づつのみ作らせたという
ヴィトンのスーツケース

父親の遺品ということで3人が旅で持ち歩くアイテム。
観てるとき、可愛いスーツケースだなぁと思ったらヴィトンだったのね。
サファリチックに野生動物がプリントされてるの♪
んで、バックに一個づつ番号書かれてる(笑)

この映画のファン、もしくはヴィトンファンなら欲しいだろうな~。
これ、今はどこかに展示されてるみたい☆



劇中では、椅子かわりに座ってみたり、列車に乗る前にぶんなげたりしちゃってます (さすが簡単には壊れないヴィトン)


そんなわけでアイテムにも相変わらず凝ってて、音楽も独自のこだわり健在。
タランティーノみたいに既存の曲からうまくセレクトしたラインナップ。
今回はエンドにかかる『オーシャンゼリゼ!』のインドver.が良かった♪

そうそう、このメインキャストのほかに、いつものメンバー
ビル・マーレイがカメオで出演、アンジェリカ・ヒューストンも3人にとって重要な役柄で妖しく登場!




7/10
すっごい笑えるとか、面白かった~!っていう映画じゃないんだけど、
キャスティングがいいのと、3兄弟のとぼけたキャラがイイ
特に、エイドリアン・ブロディなんてこの映画に一見合ってないような人だから
逆に新鮮。
何度か観てるうちにハマってっちゃうような作品かも☆
とりあえず、インド 旅したくなります






例えば、ダージリン急行のこの車両!全体のデザイン、色合いなんかもすごい可愛い

この映画はウェス監督とジェイソン・シュワルツマンと、ロマン・コッポラ、3人の共同脚本。
事前に3人はパリで生活して書きはじめ、その後ほんとにインド旅行(3人旅)
をして兄弟のふりもしたんだとか。
こうしてちょっとクレイジーで、個性的なキャラたちが出来上がったのかな。
3人にミスマッチなインドの風景も素敵な1本

 officialsite(日本のサイトまだ)
THE DARJEELING LIMITED     2007年  アメリカ  本編101min(+短編13min=114min)
2008年3月公開予定!!




---------------------------------------------------------------------------


プレミアで。


ロマン・コッポラ(ソフィアコッポラの兄。真ん中)とキャスト。



ナタリー・ポートマンとウェス監督。


この兄弟(役)(真ん中と右)眉のさがり具合がそっくり。


アンジェリカおばさん、なんとなくすごい存在感威圧感?


オーウェンはこの日は欠席。
8月26日に自殺未遂をしてしまったけど今は新しい彼女(女優ミシェル・ライアン)も出来、順調に回復中。
それでも、予定されてた友人のベンスティラー監督作品には主役からカメオに変更xxxxx(トムちんがズラでカメオ出演映画☆)

頑張れ、オーウェン

ウェス・アンダーソン監督の次回作は
ロアルド・ダールの児童文学「父さんギツネ バンザイ」を原作にした『The Fantastic Mr. Fox』が2009年に予定。
声の出演には、ジョージ・クルーニー、ケイト・ブランシェット、ジェイソン・シュワルツマン、ビル・マーレイが決定。
どんな作品になるかナー?



人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいな


Comments (51)

このオッサンに注目~!(アダム・サンドラー篇)

2007-12-19 11:09:39 | このオッサンに注目~!!


お久しぶりのこのコーナー、第4回目のゲストはもうすぐ『再会の街で』が公開になる
アダム•サンドラー
この人は、気になるどころか大好きな俳優  
映画の中でもオトナコドモみたいなキャラが多いしぜんぜんオッサンってカンジじゃないんだけどね☆



アダム・サンドラー  本名 Adam Richard Sandler
生年月日 1966年9月9日
出身地 ニューヨーク州ブルックリン  ユダヤ系米国人
学歴 ニューハンプシャー州マンチェスター Manchester Central High School 卒業
ニューヨーク州 ブルックリン New York University 卒業
身長  175cm
家族構成
父 スタン・サンドラー(元電気技工士)
母 ジュディ・サンドラー
兄弟姉妹 スコット(弁護士)、エリザベス(歯科医)、ヴァレリー(会社員)
妻 Jackie Titone(74年生。モデル/女優 2002年6月婚約、99年より交際)
子供 娘サディ 2006年5月6日 誕生。 



10代の頃からスタンダップ・コメディの舞台に立つ。
米国NBCが1975年から30年以上に渡って
土曜深夜にライブ放送をしている人気バラエティ番組「サタデーナイト・ライブ」出身。
1990年から1995年まで出演する。

サタデー・ナイト・ライブ ベスト オブ アダムサンドラー



受賞歴
1996年 映画 『プロゴルファー・ギル』 で、共演のボブ・ベイカーと一緒にMTVムービーアワードのベスト・ファイト賞を受賞。

1998年 映画 『ウェディング・シンガー』 で、共演のドリュー・バリモアと一緒にMTVムービーアワードのベスト・キス賞を受賞。

1999年 映画 『ウォーターボーイ』 で、MTVムービーアワードのベスト・コメディ・パフォーマンス賞を受賞。


このたまご頭がトレードマークの41歳☆



日本でも、公開されるか?!要注目の2作
タイトルクリックで、サイトかトレーラーに飛びます

I Now pronounce You Chuck And Larry
FDNY(NYの消防署)の消防士二人が、子供を保険金の受取人として指定するために、同棲相手として公式にNY市に申請、
ゲイカップルとして偽装結婚するコメディ
タイトルは教会で結婚式を挙げる際、牧師さんが最後に言うセリフ、
「I now pronounce you husband (man) and wife.」から。





You Don't Mess with the Zohan
イスラエルの秘密諜報機関「モサド」で特訓を受けた諜報員ゾーハン。
殺伐とした暮らしに嫌気がさした彼は、なんと自分の死を偽装してアメリカに潜入!
ニューヨークでなぜか一流ヘアスタイリストに生まれ変わるというおバカなコメディで
共演はロブ・シュナイダーほか。マライア・キャリーなどがカメオ出演。
全米で2008年6月公開だから日本では当分先?






2008年  You Don't Mess with the Zoha
2007年 I Now Pronounce You Chuck and Larry 出演

    
再会の街で 出演
2006年 もしも昨日が選べたら 出演
2005年 ロンゲスト・ヤード    製作総指揮・出演
2004年 50回目のファーストキス        出演
2003年 N.Y.式ハッピー・セラピー        出演


2002年 変身パワーズ            製作総指揮
パンチドランク・ラブ         出演
ホット・チック        製作総指揮
     Mr.ディーズ             出演
2000年 リトル★ニッキー       出演・脚本


1999年 ビッグダディ              出演
1998年 ウォーターボーイ 出演
ウェディング・シンガー 出演


1996年 ダーティ・ボーイズ 出演
俺は飛ばし屋!プロゴルファー・ギル 出演
1995年 アダム・サンドラーはビリー・マジソン 一日一善 出演
1994年  ハードロック・ハイジャック       出演

 
ミックス・ナッツ/イブに逢えたら 出演
1993年 コーンヘッズ 出演
----年 デュース・ビガロウ、激安ジゴロ!? 製作総指揮
1991年  殺人ピエロ狂騒曲 出演









アダム出演作、migレビュー



『再会の街で』


ボブ・ディランそっくりになってシリアス演技
(※ボブディランがモデルの映画ではないヨ!)


もしも昨日が選べたら(クリック)

パンチドランク・ラブ

スパングリッシュ

ロンゲスト・ヤード

50回目のファーストキス



なかなか日本ではおバカなコメディがヒットしないために アダム・サンドラー、
メジャーになりきれないけど いつの日か日本でもブレイクする日を祈って、、、(え。無理?)
アダム作品、ほぼ全部観てるけど面白いものが多いので
笑いたい時、心があったかくなりたい時にオススメ
とりあえず22日から公開の『再会の街で』を観てね
(男同士の友情の再生と絆を描いた秀作
※配給会社に頼まれて、プッシュしてるわけではありません(笑)





人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいな

Comments (18)

ジェシー・ジェームズの暗殺/The Assassination of Jesse James ~

2007-12-18 03:18:01 | 劇場&試写★5


原題の長さに負けず劣らず、作品自体も長~っ

ほんとはこのあとにby the Coward Robert Ford がつきます
ここ数年プロデュース業にも意欲的で、今回も製作を務めるブラッド・ピットが、
伝説の無法者ジェシーを怪演してヴェネチア国際映画祭では主演男優賞を受賞


無精ヒゲたくわえ、アメリカでは有名だという強盗と殺人を重ねた重罪人、ジェシー・ジェームズになりきる!

監督は『チョッパー・リード 史上最凶の殺人鬼』のアンドリュー・ドミニク。
先頃発表されたゴールデン・グローブ賞には、ブラピは選ばれずケイシー・アフレックが助演男優賞にノミネート!


ずっと憧れていた、ジェシーの仲間に入れてもらうも、自らの命を狙われてるような身の危険を感じ
次第に裏切り行為へと駆り立てて行く。。。



日本では年明け1月公開決定。
この作品、ずーっと前からこりゃまたタイトル長いなぁ~って気になってて(そっちか)
海外に住むmig周りのひとたちの観た反応は悪く、つまらないー。って聞いてたの。
でも、海外yahooの評価はBと高め
そして、12月11日発表された サンフランシスコ映画批評家協会(SFFC)賞
ではこの映画、見事 作品賞を受賞。

ビジュアルみてもつまんなさそうだし、全く期待せずに試写に挑んできました~。

ただ個人的に昔からけっこうスキな、サム・ロックウェルが久々に観られるのが楽しみだったのダ♪

(右)いつも悪役や、クセある役まわり多いけど今回は...?


ブラピ演じるジェシー・ジェームズの兄弟、兄貴役にはサム・シェパード。
そっちと兄弟だったか

そしてサムロックとケイシーが兄弟。(にてねー



悪名高きアウトローとして数々の犯罪に手を染め,自分自身のルールで生きてきたジェシー・ジェームズ。
理想に燃える若者ロバート・フォードは、そんなジェシーの仲間になれたことを心から喜んでいたが、思わぬ事態が彼らを待ち受ける...。


"憧れ"から"殺意"へ。

原作は、ジェシー・ジェームスと、暗殺者ロバート・フォードに関して事実を丹念に調べ書き上げられたロン・ハンセンの小説。

正直、ブラピの演技の素晴らしさは『12モンキーズ』や『セブン』『ファイト・クラブ』などで認識済みだったし、
いまさらこれで"怪演にビックリ!"とかって思うものではなかったけど
ケイシーが、ここ数年ですっかりいい役者になったなぁーと実感させられた。
昔は、"ベンアフレックの弟"でしかなかったのに
今やベンの方が俳優としては。。。(泣)

ブラピとケイシーは『オーシャンズ仲間』であり、息ぴったり、相性はバッチリ♪



しかししかし、、、、!
2時間40分はやっぱり長いぞよ~

作品自体も暗くて淡々としてて、じっくりすぎるくらい丁寧に描いてるから
とくに、前半の1時間は んー、、、こりゃつまらんな~。って感じ。
☆2になるところでした。(笑)

だんだんと仲間うちでトラブル発生、眠さもなくなってきて。。。
後半はケイシーとブラピの熱演でちょっとは引き込まれたかな。
いつもいい味のサムロックウェルは今回はそうでもなかったのがザンネン。
チョイ役ではなかったけど♪

この作品、映画を評論するという目線でみたら 悪くないし、
役者の演技も素晴らしいんだけど、
映画を楽しむために鑑賞するという意味で観たら、けっこうつまらないという感想になっちゃうな。(意味不明??)
おすぎも (ケイシーファンだから)「ケイシーがいいのよぉ!」って褒めてたけど、
上映時間の長さといい、ラストの展開といい、いかにも批評家が好みそうな映画。


5/10
観てるときはとくに後半思ってたほど退屈ではなく、
二人の行動や心情に引き込まれたんだけど、
観終えると、映画としてやっぱりたいしたことなかったかなって
期待せずに観るくらいがいいんじゃないかナー。




公式サイト
The Assassination of Jesse James the Coward Robert Ford   2007年  アメリカ    160min
2008年 1月12日~ロードショー


-------------------------------------------------------------------------------


10月22日に発表された第11回 ハリウッド映画祭では、
兄貴のベンは長編監督デビュー作『Gone Baby Gone』がブレイクスルー監督賞を、
弟のケイシーが、この『ジェシー・ジェームズの暗殺』でブレイクスルー俳優賞をそれぞれ受賞


もうちょっと喜ぼうよ。




9/18 N.Yプレミアにて。


お約束




子弟。




アニキもあそびに来てました




人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいな

Comments (40)

ベティ・ペイジ/ The Notorious Bettie Page

2007-12-17 02:01:27 | 劇場&試写★6以上


マリリン・モンローが生きた'50年代。
性に対して(セックスや露骨なセクシーさの強調)抑圧された時代に、
ヌードやボンデージファッションなどで世界中の男性をとりこにしながらも、
たった7年間で表舞台から消えてしまった彼女の知られざる人生。
これは、ピンナップガール ベティ・ペイジの物語。





監督は『アメリカン・サイコ』などを撮った女性監督メアリー・ハロン。
ペイジに成り切った、グレッチェン・モルがハマってた
こんなカンジ。

こちら本物 

ベティのサイト(本物)bettiepage.com


ナッシュビルの厳格な家庭で育ったベティペイジは、女優を目指してニューヨークに向かう。
演劇スクールに通う傍ら、授業料稼ぎにモデル業をスタートさせカメラ・クラブに紹介される。
露出度の高い大胆な下着姿でも喜々としてポーズをとる彼女は、次第に人気を集めるようになっていく...。


ベティペイジという存在は、
今やボンデージファッションのアイコン、マリリン・マンソンの元妻、ディータヴォンテーィーヌもろ、ベティスタイル
がお手本とする伝説のピンナップガールって事しか知らなかった。
この人の人生についての話なんて正直どうでも良かったんだけど、
グラマラスでセクシーな女の話雰囲気に惹かれて観て来た。
マリリンと同じ時代に、生きたベティに
下積み時代にしていた頃のマリリンを投影しながら観てた

話が面白いっていうんじゃないけど、全編に流れるフィフティーズの音楽が良かったし、
映画全体の雰囲気がレトロな映像そのままで、オシャレで楽しめた
誰もが目を見張る程、人生が波瀾万丈、というわけでもなければ
映画らしい見せ場(大袈裟な山場)があるわけでもないし完全に人を選ぶ作品。
観る人によってはタイクツな映画だと思う。
1時間半のわりに、後半ちょっとダレてたし。

でも、ベティペイジのグラマラスさ。
女性のセクシーな仕草やポーズ、迫り方なんか
同じ女性としては、どこか参考になるはず(そんな機会があればね
それと、思いがけず出ていた リリ・テイラー。この人が出演することで
作品全体が締まっていた気がしたなー



6/10




The Notorious Bettie Page    2006年 アメリカ  91min
12月15日より 公開中~ 公式サイト



今週は来年公開予定の新作試写2本行ってきます~。





人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいな
Comments (8)