我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

ジュード・ロウ、舞台「ヘンリー5世」/The Michael Grandage Company Season

2012-09-24 11:00:24 | セレブ&ハリウッドgossip★NEWS

 

 

 

これ、2、3ヶ月前から記事書いて保留にしてたもの。やっとup

イギリスの演出家、マイケル・グランデージが新たにシアターカンパニーを立ち上げ、

その最初のシリーズ公演となる2012年末から14年にかけての5演目のラインナップとキャストが発表された

最後の公演で、ジュードが

2009年、NYでの「ハムレット」の公演が評価されてのこと。

 

ちょうど3年前「ハムレット」migレポ  ジュード・ロウ @NY ブロードウェイ 

 

The Michael Grandage Company Season

 

 

【公演スケジュール】

2012年12/1-2013年3/2「Privates On Parade(プライベーツ・オン・パレード)」
サイモン・ラッセル・ビール主演

2013年3/9-6/1 「Peter and Alice(ピーターとアリス)」
ジュディ・デンチ&ベン・ウィショー主演

2013年6/8-8/31 「The Cripple of Inishmannザ・クリップル・オブ・イニシュマン」
ダニエル・ラドクリフ主演

2013年9/7-11/16 「真夏の夜の夢」(シェイクスピア劇)
シェリダン・スミス&デヴィッド・ウォリアムズ主演

2013年11/23-2014年2/15 「ヘンリー5世」(シェイクスピア劇)
ジュード・ロウ主演

 

 

公演期間は2012年12月から2014年2月までで、1つの舞台は12週間上演

チケットの料金は通常の公演の4分の1以下の1人10ポンド(約1250円!)だそうで、

なんと50ポンドで全公演を観る事ができる

 

残念ながらわたしは来年 ロンドンにいく予定はないけど、興味ある方はぜひ

 

 


 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 


 

Comments (8)

トロント映画祭2012 観客賞ピープルズチョイス決定!Silver Linings Playbook /TIFF2012

2012-09-19 00:40:03 | CANADA ☆トロント通信

 

 

閉幕しましたトロント映画祭

この映画祭に以前、4年連続行って記事を書く様になってからずっと言ってるけど

毎年、トロント映画祭で注目された作品は必ずアカデミー賞でも受賞したりノミネートしたりで知られている

年々重要視されていく大事な映画祭

アカデミー賞作品賞の「スラムドッグ・ミリオネア」や「英国王のスピーチ」などしかり。

 

 今年は下馬評が高かったベン・アフレック監督主演「アルゴ」、

ライアン・ゴズリング主演「ザ・プレイス・ビヨンド・ザ・パイン」を押さえて

トロント映画祭で最優秀賞にあたる観客賞を受賞したのは

デヴィッド・O・ラッセル監督&ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ロ—レンス主演のラブコメ

「シルバー・ライニングズ・プレイブック/Silver Linings Playbook」でした

 

 

ピープルズ・チョイス賞

 GALAプレゼンテーション部門 長編部門


「Silver Linings Playbook」

監督  デイヴィッド・O・ラッセル 
出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デニーロ、

ジャッキー・ウィーバー、クリス・タッカー

妻の浮気相手を殴り殺そうとし、心の病に罹り精神病院で4年間を過ごした元教師の男(ブラッドリー)。

彼の母親(ジャッキー・ウィーヴァー)は精神病院を退院した息子と、元妻とを復縁させたがっている。

人生を立て直し、社会復帰しようとする男は、或る若い女性(ジェニファー・ローレンス)と出会う。

というラブコメディ。

 

監督は前作でも「ザ・ファイター」が評価された、デイヴィッド・O・ラッセル。

ブラッドリーは新作続々で、先日の舞台「エレファントマン」同様、次々評価されるし

演技力に今後も期待☆

全米では11月公開。日本での公開はまだ先だと思うけど、楽しみ

Silver Linings Playbook Official Movie Trailer [HD]

 

 

 

 

長編部門次点は

「Argo」

監督   ベン・アフレック 
出演   ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、カイル・チャンドラー、アラン・アーキン

 1979年11月4日、イラン・テヘランで過激派によるアメリカ大使館人質事件が発生。大使館を脱出しカナダ大使の自宅に身を隠した6人のアメリカ大使館 を救出するべく、CIAの救出作戦のエキスパート、トニー・メンデスが立てた計画とは、ウソの映画を企画し、大使館員たちをロケハンに来たカナダ人クルー に仕立て上げるというものだった…。

 

ベン監督作、またもや高評価を受ける!

日本でも10月26日に公開で待ち遠しい!!

 公式サイト 

 

 

 

ドキュメンタリー部門


 「Artifact」

監督 ジャレッド・レト(別名)Bartholomew Cubbins
 

ジャレッドのバンド、Thirty Seconds to Marsは、契約期間中に規定枚数のアルバムを製作しなかったとして、ヴァージン・レコードに訴えられた。

その後EMIからヴァージン・レコードに戻りアルバムが発売されて裁判は取り下げられた。

この一連の訴訟にまつわるドキュメンタリー

 

 ジャレッド、監督デビュー作認められておめでとう!

 

 

 

Midnight Madness部門
 

「Seven Psychopaths」 

監督   マーティン・マクドナー
出演   コリン・ファレル、クリストファー・ウォーケン、サム・ロックウェル、

ウッディー・ハレルソン、アビー・コーニッシュ、トム・ウェイツ、オルガ・キュリレンコ

 

サム・ロックウェルがパンダの帽子被ってる 笑

見る限りちょいバカコメディ

 

 カナダ映画部門

 

最優秀賞


 「Laurence Anyways」 

監督  グザヴィエ・ドラン
出演  メルヴィル・プポー、Suzanne Clément、ナタリー・バイ

 ※カンヌ国際映画祭2012 ある視点部門出品

 

 

新人カナダ監督賞

「Antiviral」

監督  Brandon Cronenberg [SPECIAL PRESENTATIONS部門]
出演  ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、サラ・ガドン、マルコム・マクダウェル、

ダグラス・スミス、ジョー・ピングー

 

 

「Blackbird」

監督  Jason Buxton 

 

 

短編映画賞

「Keep a Modest Head」

監督  Deco Dawson

 

 

国際批評家連盟賞 SPECIAL PRESENTATIONS部門

「In the House」

監督  フランソワ・オゾン
出演  クリスティン・スコット・トーマス、エマニュエル・セニエ、ファブリス・ルキーニ、ドゥニ・メノーシュ

 

国際批評家連盟賞 DISCOVERY部門
 

「Call Girl」

監督  Mikael Marcimain
出演  ペルニラ・アウグスト、セブン・ノーディン、デイヴィッド・デンシック

 

 

園子温監督の新作「希望の国」はNETPAC賞を受賞


邦画はその他、内田けんじ監督の「鍵泥棒のメソッド」


阿部寛&上戸彩「テルマエ・ロマエ」

西川美和監督「夢売るふたり」


日本映画も年々、トロント映画祭にどんどん進出


今後も引き続き注目の映画祭です~


トロント映画祭レッドカーペット後編は、できたら少しだけ次回のゴシップのときに


 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 


 

Comments (18)

キャリー/carrie

2012-09-17 01:30:17 | Recommend Movie

 

 

 

夏に面白い(怖い)ホラーがなかったので

ちょこちょこ時間出来ては過去のホラー観直したり、DVDスルーになったの観てるの

 

こちらは御存知、スティーヴン・キング原作で1976年にブライアン・デ・パルマ監督によって映画化した

有名なホラー

内気な女子高生キャリーと、彼女を厳格に育てる狂信的な母、そして彼女を疎外する高校の同級生たちをめぐる物語。

 

なぜ今更これかというと、こんな昔の名作ホラーまでリメイクすることが決定したので

それならば、オリジナルをもっと観て欲しいと思って。

レビューするにあたって数年ぶりに観直してみた。

 

チアガールたちがグラウンドで体操?してるシーンからはじまり、とてもホラーの香りがしない。

その後、カメラはホラー映画には珍しいオープニングで話題となった

女子高生の更衣室で着替える女子高生たちの下着やヌードのスローで入る

 

暗くて孤独な主人公、キャリーには今でも女優として活躍するシシー・スペイセク。

原作を読んでいてどうしてもキャリーがやりたくて

自らオーディションに臨んだらしいけど、顔がそもそも怖いからホラー向き。

オープニングすぐ、シャワーシーンでヌード。というかそんな美しいものじゃなく

お尻から血が流れ、初潮もしらなかったからびっくり仰天思わず叫ぶ、の図。

 

クラスメイト(女子)たちからははやしたてられ恥ずかしい思いをするキャリー。

特にこの件でキャリーが憎らしくてたまらないのはこのリーダー格のクリス。

自分の彼氏を使って、キャリーにイタズラを企む。

その彼氏には忘れてたけどなんと、トラさんこと、ジョン・トラボルタ★

いや~古臭いわ さすがに(笑)

 

これだもん。

でも髪量が豊富なだけで変わってない。

 

先生は、キャリーの味方。相談にものってあげていた。

今後キャリーをいじめるとプロムに出席させないと生徒たちに告げ、

同情した近所に住むクラスメイトのスーは自分の彼トミーに「キャリーをプロムに誘ってあげて」と言う。

(誰もが楽しみなプロムなのにそんなバカな)

このカレがなかなかのイケメンで、

DVDにはキャストが大人(おじさん&おばさん)になった姿での

当時を振り返ったインタビューが入ってたんだけど、このウィリアム・カットさん

すごくカッコイイおじさんになってた。

 

キャリーは、母1人子1人の家庭で厳格に育てられた。

母親は狂信的な正統キリスト教信者で、性を罪悪視、愚かな行為だと信じている人間。

 

親子仲はうまくいっていない。

誘われたプロムに行きたいが、親が許してくれるはずはなく。

意地でも反抗して 素敵なドレスを身に着けて、行く事に。

プロムのカップル投票で、八百長によって優勝したキャリーは祝福され、

初めての幸せの絶頂

と、ここまでは学園モノ映画?みたいな感じで、これのどこがホラー?

怖いのダメな人もOKでしょ。って感じなのだがー。

 

 

そんな最高のお姫様気分もすぐに崩れ落ちる事件がこのあとすぐ発生

 あの有名な、豚の血を全身浴びる惨劇に見舞われる。

あの意地悪な女生徒と、その彼氏、トラさんが豚の血の入ったバケツが落ちるよう、下で糸をひいてたのだ。

なんて残酷 天国から一瞬にして悪夢へと舞台は変わる

 

キャリーは、実は念力で物を動かせる超能力があった。

キャリーが抑圧していた怒りが爆発

 学校は血の海となり、、、、、、

 

その後、血だらけでくたくたになり家に帰ったキャリーを待ち受けていたものは、、、、

 この母親役には、パイパー・ローリー。

天使みたいな柔らかい雰囲気なのにキチガ◯じみてるギャップがいい。

 

この後、ラストの展開は想像がつくけど、オチがちゃんとついている。

 

8/10(83点)

 

ネタバレあり

上に書いた様に、途中までは普通の学園モノっぽいのに

突然ガラリとトーンが変わる様がやっぱり秀逸。

異常な形で神を信じるおかしな母親に縛られたフツウの女の子(のはずだった)が、

異常な能力を身につけていて、自分は他の人と違うけど

それを受け入れてもらいつつ、人並みに幸せを願うのにうまくいかない悲しみ。

単純なホラーというよりもその悲しさが描かれている所がポイント。

そして、ラストでは母親と対峙することになり、娘である自分に刃物を持って

向かってくる母親に自らのパワーで逆に殺してしまう。

 

おまけのラストがいい。

殆どの生徒が爆発事件で被害者となったけど残されたスーがベッドで寝ている。

呪われたかの様に夢に出てくるキャリーにうなされて終わるラストが何とも気持ち悪さを残す。

そしてやっぱり、アカデミー賞主演女優賞受賞したシシー・スペイセクの名演と

同じく、助演女優賞を受賞のハイパー・ローリーの素晴らしい存在感があったからこそかなと。

 

 

だけどなんと今撮影がほとんど終わったリメイク版の「キャリー」では

キャリー役に「キックアス」のヒットガールや、「ぼくのエリリメイク、

モールス」のクロエ・モレッツ&母親はジュリアン・ムーア。

公開は全米で2013年3月15日、日本公開は5月だって。

クロエはこの役やるには可愛すぎだと思うし

ジュリアンさんだとふつーのお母さんにみえるわ 

監督は「ボーイズ・ドント・クライ」で評価されたキンバリー・ピアース。

 

このキャストじゃ期待できないな。

っていうかリメイクすんなー

 

 

 もうひとつ、このDVDの特典映像のインタビューが良かった

「キャリー」は、「スター・ウォーズ」と合同オーディションだったらしく、

ジョージ・ルーカス監督とデ・パルマ監督が一緒に役者を探していた。

 ジョージ・ルーカスは始終質問しまくりで、ブライアン・デ・パルマはずっと黙っているという対照的だったということ、

プロムにキャリーを誘うトミー役のウィリアム・カット氏が当時を振り返る。

「僕はルークになれなかったんだ。その代わりにトミーになったんだけどね」

その他、

「まるでデ・パルマ監督は、ルーカス監督のおこぼれを拾うようにオーディション会場にいた」

という裏話が面白かった。

昔ビデオで観るのとはまたひと味違う、DVDで観直してみるとこういう特典も観れるから

なかなかいいものだね


Carrie       1976年   アメリカ   98min

映画「キャリー」予告編 -CARRIE

 

 

 

 

 

Comments (32)

2012 札幌国際短編映画祭★開催中~片岡翔監督作「Party」「ヒゲとりぼん」上映/SAPPORO SHORT FEST2012

2012-09-13 10:47:03 | 片岡翔 映画,小説,TVドラマ関連告知

 

 

 【告知】

9/12(水)~17(月)

7回目の今年は、グランプリを選ぶ「コンペティション」の対象に、93の国と地域から2723本の応募があり、うち87作品が選ばれた。

このほか、実行委員会が選んだ139作品も上映される。

 上映作品はいずれも30分以内の短編で、カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭の短編部門でノミネートされた話題作も楽しめる。

映画をテーマごとにまとめたプログラム(1時間半程度)が構成されていて、1プログラムあたりの入場料は1200円(当日)。

 

4年連続で今年も2本、片岡翔監督作品が上映されます

ぎりぎりになっちゃったけど

「ヒゲとりぼん」は本日、13日の21時から 

狸小路にあるミニシアター シアターキノにて


【会場】

『party』 12日 19時~ 16日 14時~ 17日 17時~  

■メイン上映会場:札幌プラザ2・5 (中央区南2条西5丁目 狸小路5丁目)

2011/19:19min

監督/脚本/編集  片岡翔

出演:小宮一葉、小澤雄志、広江美奈、成澤優子、 キタイマコト、今泉力哉

※「たまの映画」「こっぴどい猫」の今泉監督も役者で出演

「p a r t y」予告編



『ヒゲとりぼん』 13日 21時~

■特別上映会場:シアターキノ (中央区南3条西6丁目南3条グランドビル2F 狸小路6丁目)


2012/30min

監督:片岡翔
出演:出演:椎名琴音、小澤雄志、木村知貴、切田亮介、今野麻美
脚本・編集:片岡翔|撮影:村橋佳伸|照明:落合芳次|録音:杉田信|衣裳:山崎香織|ヘアメイク:須見有樹子|助監督:柳澤良隆|制作:片岡剛、大久保夏実、吉原洋一|製作:Nekome Film

 

きっこには、物心ついた時から二人の男が視える。ヒゲと名付けた男と、りぼんと名付けた男。何をするわけでもなく、常にきっこの側にいる二人。きっこは思う。こいつらは、いったい何のためにいるのだろうか。


 

 札幌国際短編映画祭 公式サイト

 

 

前回告知した 京橋での「飛ぶ映画」 たくさんの映画ブロガーの皆様にも来て頂きました★

狭い中、4本の短編観ていただき、ありがとうございました

ほかにも足を運んで下さった方々、ありがとうございました

 

今回は北海道。札幌の皆さま、近郊のみなさまぜひ

 

  http://www.nekomefilm.com/ 

 

NekomeFilm 片岡翔 Twitter  @NekomeFilm

 

 

コメント欄閉じています

 

 

Comment

ハリウッドゴシップ☆News<トロント映画祭2012!! 前編>

2012-09-12 00:57:24 | セレブ&ハリウッドgossip★NEWS

 

 

 

10日以上前にup予定だったゴシップがそのまま時間経っちゃって

そのうちにあっという間にトロント映画祭が今年も開催中~

 まずはこのニュースから早速どーぞ☆

 

ライアン・レイノルズ&ブレイク・ライブリー、結婚

スカーレット・ヨハンソンと2年で離婚して「グリーンランタン」の共演で知り合い

ブレイクはレオ様とのブレイク後1年間の交際。

サウスカロライナ、チャールストンにある、ブーンホールプランテーションにて9日に極秘結婚!

ブレイクライブリーのドレスはシャネルと伝えられたが、写真などはまだ出回っていない。

お幸せに。

 

9/7 そしてその元妻、スカちゃんにジャレッド・レトが急接近再アプローチ中?!

オバマ氏を応援する民主党大会にて。そしらぬ顔しながらこっそり手を繋いでたふたり。

ってゆーか、ジャレッドあんたまでいつのまにヒゲもじゃ族の仲間に!?

元々2004年に少しつきあったふたり。

スカちゃんはライアンと別れてショーン・ぺンと破局後、広告会社の重役、ネイト・ネイラー氏と交際中。

(ファンのtomocoさん情報→)金髪好きジャレッド。

写メチェック。

オバマ氏支持のスピーチをこなしたスカちゃん。

ジャレくん、こっそり足首までつかんじゃったりして。

てゆーかそのヒゲ。

 

 

ブラッドリー・クーパー、舞台でエレファントマンやりました☆

米マサチューセッツ州のウィリアムズタウン・シアター・フェスティバルで上演された、

デヴィッド・リンチの映画「エレファントマン」の舞台版で

主人公の奇形の青年ジョン・メリックを演じたブラッドリー。

顔をゆがめ、パンツ一丁で体をひん曲げて杖をついたジョン・メリックを熱演し絶賛された。

有人のダッグス・シェパードが監督主演脚本のカーチェイスコメディ「Hit&Run」に

友情出演。ダックスが婚約したクリスティン・ベルと。

オトコの友情♡

 

8/29 マイケル・ジャクソンの息子、プリンスくん(15)と娘パリスちゃん(14)、

父親マイケルの54歳誕生日を祝い故郷でイベント出演。

あれ。プリンスくん太っちゃって。 パリスちゃんは可愛くなったね。

なんとこんなお部屋で毎日父マイケル想って寝てます。

 

マイケル・クラークダンカン、死去。

 「アルマゲドン」「グリーンマイル」などで印象深い黒人さん

7月に心臓発作で倒れ、入院していたが3日、54歳の若さで他界した。

とても残念。。。ご冥福をお祈りします。

 

お久し振り、マライア・キャリー&ニック・キャノンの双子ちゃんたち

去年謎の病気で入院してた夫のニック。

家族揃っての久々ショットの公開★

去年の4月に生まれた、モロッカンとモンローちゃん、すくすく成長中。

9/7 JFK空港を出るマライア。

まだ太ったまんま。

 

 

リモーネうまいねミランダ・カー 何度目かの来日。

イメージキャラクターを担当するサマンサ・タバサのイベントで来日。

一児の母とは思えないあいかわらずのプロポーションと可愛さ♡

 

チャーリーズ・エンジェルな3人の近況

キャメロン・ディアスはNYでジム通い。

 

ドリュー・バリモアは妊婦しながらマタニティヨガなぅ。

 

ルーシー・リューは、TV版シャーロックホームズ

「エレメンタリー」でワトソン。ちなみに相手はジョニー・リーミラー。

どーみても男と女にみえるがワトソンとホームズ。

 

ブラッド・ピット、ロンドンプレミア。

「Killing Them softly」で殺し屋。

全米で10/19~公開。

 

今週のスリたん

8/30 このところのスリたんは活動的。

 

自転車の練習してました 

と思ったら

補助ありだし。

8/31 ワンちゃんと。

9/1 レオタードで鉄棒練習♪

ママは上からすっぴんで見守る

9/3 ブルックリン ダンボにある公園にて。

やっと子供たちと子供らしい表情を見せリラックスのスリたん

 

 

さて、ここからは現在開催中の2012年のトロント映画祭の模様。

ことしも続々とレッドカーペットに現れてます~

まずオープニングは、ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードンレヴィッドの「LOOPER」

あちらでは9月28日公開、30年前の自分が送られてきて自分VS自分の戦いがはじまるSFアクション。

「LOOPER/ルーパー」は2013年1月12日 日本公開決定!

 

トロント入りするジョセフ。

 


9/7「ブルーバレンタイン」監督、デレク・シアンフランスの新作

『The Place Beyond the Pines』には噂のカップル、

ライアン・ゴズリング&エヴァ・メンデスがPrincess of Wales劇場に登場。

この共演がキッカケで交際中。エヴァが姐さん女房風でなんかピンとこない2人。

ブラッドリー・クーパーは刑事役。

 2013年、日本公開決定。楽しみ♪

 

 

ブラッドリーはこちらにも。

9/8 オトナっぽくイメチェンのジェニファー・ローレンス共演。

デニーロも共演。

 

9/10 「To the Wonder」ライアンの元カノ、レイチェル・マクアダムス。

 

「Writers」、フィル・コリンズ娘、リリー・コリンズ。

 

べン・アフレック監督作「アルゴ」は賞有力! 日本公開は来月26日に決定!!

めちゃ楽しみ♪

 

9/9  ユアン・マクレガー&ナオミ・ワッツ「The Impossoble」

 

9/9 ジェームズ・フランコ&セレーナ・ゴメス「Spring Breakers」

 

トム・ハンクス&ハル・ベリー「cloud Atlas」

 

 

9/7 ジュード・ロウ&キーラ・ナイトレイ「アンナカレニナ」

 

 

今年も登場のふたり。ジュ−ド、太った

しかもまだヒゲもじゃか。

靴は黒で

 

こっちもヒゲもじゃ。

9/8 ジェイク・ギレンホール&アナ・ケンドリック「End of watch」

 

 

9/10 エミリー・ブラント&コリン・ファース

 

クリス・エヴァンス&ウィノナ・ライダー、マイケル・シャノン、レイ・リオッタ、

スティーヴン・ドーフ、ジェームズ・フランコも出るらしい。「The Iceman」

 

 

9/7 コリン・ファレル、サム・ロックウェル、ウッディ・ハレルソン、

クリストファー・ウォーケン、トム・ウェイツほかが7人のサイコパス演じるブラックコメディ

「Seven Psychopaths」 楽しみすぎ!

 

 

 

「The Reluctant Fundamentalist」

2001年9月の米同時多発攻撃をテーマに若いパキスタン人の半生を描いたもの。

ケイト・ハドソン&キーファー・サザーランドほか。

 

 

9/8   ジョニー・デップ 「West of Memphis」

 

 

9/9 「At any Price」ザック・エフロン

 

 

エマ・ワトソン「The Perks of Being a Wallflowe」

 

ウィル・スミスファミリー★

11歳のウィロー、14歳のジェイデン、母ジェイダ・ピンケット。

ドキュメンタリー「Free Angela and All Political priaoners」

 

 

9/7  キルスティン・ダンスト&クリステン・スチュワート

「On the Road」

クリステンはロブ様のTシャツ未だ愛用で復活愛希望アピール中。

 

 

 

字数足りずコメほとんどできなかった~

トロント映画祭は16日迄なので結果とともに多分後編もupしますー 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


 

 

Comments (28)

リヴィッド/ LIVIDE

2012-09-10 14:08:10 | 劇場&試写★5

 

 

 

 「ベティ・ブルー」のベアトリス・ダルが出産直前の妊婦を襲う謎の凶暴女を演じ話題となった、

2007年のフレンチ・バイオレンス・ホラー「屋敷女 の

フランスの新鋭、ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロが再び仕掛けたホラーは、

映像も美しいゴシックヴァンパイアホラー。

 

ってことで、「屋敷女」は星7つつけたわたしとしてはちょっとこのテイスト、楽しみにしてました~。

 

 母の自殺にショックをうけたリュシーは気分転換のために仕事を始めた仕事は

身寄りのない老人宅を回り、薬を与えたり身の回りの世話をする介護ヘルパー。

 オッドアイの美形の子、リュシーにクロエ・クルー。

その母は時折、幻影としてリュシーの前に現れる。

「屋敷女」のベアトリス・ダルが母親。

 

 

 

指導係のウィルソンと最後の家を回るとそこには人工呼吸器を付けた老婆が寝たきりの状態でベッドに横たわっていた。

この老婆には、世界的バレエダンサーのマリ=クロード・ピエトラガラ。

 

かつては厳格なバレエ講師だったが、一人娘のアナに先立たれ昏睡状態となり今は死人のように眠ったままとウィルソンは語る。

さらにこの屋敷には途方もない財産が隠されているらしい。

その夜、リュシーは恋人のウィリアムとその友達ベンの3人で寝たきりの老婆のいる屋敷に「財産」を探す目的で忍び込む。

3人は一つだけ固く鍵のかかった部屋を見つける。鍵を探し出し侵入すると、死んだはずのアナが白いバレエ衣装を着て人形の様に佇んでいた。すると台座が回り出し、機械仕掛けの様 にアナが動き出す。あまりの恐怖にウィリアムはアナを殴り倒し、部屋を飛び出す。それと同時に、闇を裂く様な物音が響く。禁断の扉は開かれた。

 

 

 

5/10(54点)

 

 

 

ちょっと期待はずれかなー。

前作の「屋敷女」の場合は内容がなくても女の勢いと怖さに圧倒される恐怖を感じたけど、

本作では脚本の面白さとか、恐怖が物足りない。

ホラーあまり観ない人がみたら十分怖いのかもしれないし、

ゴシックホラー的ヴィジュアルは美しくなかなかいいので映像的に楽しめちゃうかもしれない。

ただ、グロ描写は「屋敷女」ほどではなくても血はもちろん容赦なく出るし、痛いシーンもある。

 

わたしがいいなと思ったのはバレエ姿で人形化されたの女の子の動きと無表情な傷ついた風貌。

本当は綺麗な子だけど、まぶたが縫われ、乾涸びた肌はぼろぼろとした質感で

行き場のない密室のなか機械仕掛けの動きで襲ってくるシーンはちょっとぞっとする。

 

 

 

 

 

バレリーナ×ヴァンパイアというモチーフで展開される物語。

とくれば、ホラーファンなら思い浮かぶダリオ・アルジェントの「サスペリア」。

 

この作品がその影響を受けていないはずはなく、

インタビューを読むとやっぱり、光や装飾の使い方がバロック調であるところや、

リュシーが屋敷のなかで発見する卒業証書は、ジェセルがドイツ・フライブルグのダンス学校の卒業生であることを示している。実は、フライブルグのダンス学校は、「サスペリア」の舞台となった学校のことで、ジェセルがフライブルグの魔女から教わっていたということをかき立てると語っている。

好きな作品のオマージュはいいけど

物語としてのオリジナリティと面白い部分をもっと見せて欲しかった。惜しいなー

 

フランスの小さな港町。若い女性リュシーは母の自殺のショックから立ち直ろうと訪問介護ヘルパーの仕事を始める。やがて古い豪邸を訪れた彼女は、女主人 ジェセルが彼女の遺言によって昏睡状態のまま生かされ、死んだように眠り続けていることを知る。ジェセル邸には資産家だった彼女の秘密の財宝が隠されてい るとの噂もあり、リュシーがそのことを恋人のウィルに話すと、すぐに強盗計画へと発展してしまう。渋るリュシーだったが、結局ウィルの悪友ベンを加えた3 人で決行することに。こうして、夜更けを待ってジェセル邸に忍び込むリュシーたちだが…。

 

 公式サイト

LIVIDE       フランス    2011年  92min

9月8日より、シアターNにて

モーニング&レイトショーのみで公開中

 

 

 読んだらクリックしてくれると嬉しいな
ランキングクリックしてね
←please click

 

 

 

Comments (9)

ロック・オブ・エイジズ /ROCK OF AGES

2012-09-08 01:25:18 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

久しぶりの更新になっちゃった

こんなに更新止まったのはblog初めて以来初かも!?

今月いちばん楽しみにしてた映画、試写で観て来ました~

 

ハゲ&ズラ&デブの映画会社社長になったかと思えば(「トロピック・サンダー

反ヒトラーの大佐でドイツ人になったり(「ワルキューレ」)、

かと思えば、キャメロンを命がけて守るスパイになり(「ナイト&デイ」)、

いつの間にかスパイ復活して、

ありえなさすぎるミッション達成したり(「ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル

ケイティと別れたり大忙しのトムちん、こんどはカリスマロッカーになる

 

 

 

トニー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされ、

ブロードウェイを筆頭に世界各国でヒットを記録し続けているミュージカルを映画化した本作。

監督はトラさん主演の「ヘアスプレー、アダム主演の「ベッドタイムストーリー」の、

アダム・シャンクマン。

脚本には、オリジナル脚本のクリス・ダリエンツォに加え、

先日、ジェニファー・アニストンと婚約した俳優のジャスティン・セローも参加。

 

 話は単純。歌手を夢見て田舎からL.Aに出て来たシェリーと、

ウェイターをしながら歌手を目指していたドリューが、バーボンルームというバーで出会う。

そこへ、かつてのロックスターで輝きを放つステイシー・ジャックスがやってくる。

カリスマロッカーはいないけど、アギレラ主演の「バーレスク」にちょっとハナシ似てる。

 

 

トムちん、ロン毛もキマってます

ロック界のカリスマ、ステイシー・ジャックスにトム・クルーズ。

 

そのマネージャーにポール・ジアマッティ。

 

 

歌手を夢見るシェリーに「バーレスク」に出てたジュリアン・ハフ。

 

ロックシンガーを夢見るドリューに、ディエゴ・ポネータ。

 

変な頭のこのバーの従業員、ロニーにラッセル・ブランド☆

 

 バーのオーナーには最近太りすぎ止まらずのアレック・ボールドウィン。

※食べ過ぎで寝てるワケじゃありません

 

2人のデュエットで笑うか引くか!笑。

 

ローリングストーンズ誌のライターにマリン・アッカーマン。

この人ほんとよくおいしい役で起用されるけど、なんか魅力感じない。

 

ストリップバーのオーナーに、R&B界の女王、メアリー・J・ブライジが!

CD全部持ってるほど好きなのよー♪まさかの女優デビュー

 

そして、ロックは悪の根源

ステイシー・ジャックに固執する女市長にはキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。

「シカゴ」で鍛えたダンス&歌声聴かせます!

 

 

トムちん登場前にこの2人の出逢いといちゃいちゃがミュージカルで展開される。

 

あ、そうそう これ、この監督の「ヘアスプレー」同様 ミュージカルです

でも、「バーレスク」みたいに煌びやかに「ヘアスプレー」みたいに楽しく歌って踊る

って感じじゃなくて、とりあえずセリフ歌ってます☆みたいなノリ。

 

そしてこれ、思ってた以上にお馬鹿ノリでミュージカルってよりもコメディ色強め。

それにロック映画ってよりコメディ色強め。

ようするに、お馬鹿なコメディ寄り。

このキャサリンのダサダンス(振付け)をみればお分かりのとーり。

ラッセル・ブランドなんてもう途中からアレになっちゃってるし 

 

なんてゆーか、この展開は想像通り。

そして予想通りのラジー賞候補的作品(愛すべきおバカ映画)

 

 

6/10(62点)

 

 

退屈はしなかったしトムちんのこのお姿でギリギリ6点てとこかなー。

しかし爆笑出来ないおバカ映画止まり。

なんでそーなっちゃうの的なところがご都合主義で面白くもあり、くだらなくもあり。

 

 

主演の新人カップル2人の魅力とキャラ弱いし、

マリン・アッカーマンに至っては、カリスマロッカーのトムがなんであんな人に惹かれるのか意味不明 笑

耳舐められそうになったから好きになったって感じの 

「愛は何~」という歌詞で歌うシーンでのトムとの絡み(いやらしいものじゃなくバカコメディのソレ)

は、笑えるどころかひいちゃうわ ありゃ。

 

市長のキャサリン・ゼタが昔ファンだったのは最初から読めるのはおいといて、

キャラも演技も想像してた通り。

ラストの方でステイシーが近づいて胸の事言ってキスしようと舌出すとこ笑えた

 

他にちょっと笑えたのはラッセル・ブランド。

急にオカマキャラになっちゃって、いきなりアレックと愛の歌をデュエットし2人の愛は目覚めるというー。

 

トムのシーンはさすがにわたしはファンなので楽しいんだけど

それ以外のシーンが、内容もないだけにいまいち弱い気が。

 もっともっとトムちんのカリスマロッカー観たかった気もしたけどね☆

 

「ヘアスプレー」と比べたら、選曲があまり良くなかった。

トムがボンジョヴィ歌ってくれたのは嬉しいけど、個人的にはあまり好きな曲じゃない「Dead Or Alive

全体的に起用された曲が ミュージカルにしてはサントラでも聴きたい♪

ってほどじゃなかったかな~。

「チャーリーズエンジェル」サントラでもおなじみの曲、

ジャーニーの「ANY WAY YOU WANT IT 」をメアリー・Jブライジが歌うのは意外だったけど。

 

トムちんはあと5キロくらい痩せた方が良かったんじゃ?

筋肉はいいけど、ロッカーにしてはちょっとむっちりしてた

でも歌う姿かっこよかったよー

さすが、ボンジョヴィや皆からお墨付きもらったほど。

 

デフ・レパード「Pour Some Sugar On Me」も声高めでなかなかハマってます。

 Tom Cruise - Pour some sugar on me

 

夢は諦めないでいればきっと掴めるというメッセージも今ではありふれたものに。

ストーリーで言うなら「バーレスクの方がずっとゴージャスでCoolで、ラブも曲も楽しめる。

デフ・レパード、ジョーン・ジェット、ジャーニー、フォリナー、ボン・ジョヴィ、ナイト・レンジャー、REOスピードワゴン、パット・ベネター、トゥイステッド・シスター、ポイズン、ホワイトスネイクなど

様々なロックが流れるけど、多分この映画を観る世代には古すぎるかな?

 

本作はロックムービーとしてじゃなく

トムちんの歌声を聴く&おバカなコメディとして楽しむのが正解かも。

 

 公式サイト

ROCK OF AGES    2012年   アメリカ   123min

9月21日(金)より、ロードショー

栄光とスキャンダルに彩られた80年代のハリウッド・サンセット通り。歌手を夢見て田舎から出てきたシェリーは、ライブハウス“バーボン・ルーム”でウェ イターをしながら歌手デビューを目指す青年ドリューと出会う。彼の紹介でシェリーもバーボン・ルームでウェイトレスをすることになり、2人は次第に距離を 縮めていく。そんな中、かつての勢いはなくなったもの、いまだカリスマとして業界に君臨するスーパー・スター、ステイシー・ジャックスのライブがバーボ ン・ルームで行われようとしていたが…。

 

 2012/6/9 ロックの日) L.Aプレミア

 

メアリーJブライジと。

トムちんプライベートでもロン毛に挑戦したらいいのに

ラッセル背、高!

 

 当時はまだ離婚前で、撮影現場にも来てたケイティ・ペリー。

 

ラッセルの 日の丸に「有名」Tがウケる。

 

 

 

 なかよし

 

 

皆様、楽しい週末を~

 

 

 

Comments (30)