我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

ノア 約束の舟/NOAH

2014-06-19 01:16:13 | 劇場&試写★6以上

 

 

「π」「レクイエム・フォー・ドリームファウンテン」「レスラー」「ブラック・スワン」の

ダーレン・アロノフスキー監督最新作は誰もが知る「ノアの箱舟」をテーマにした大作。

 

 

ダーレン監督は本人曰く、クリスチャンではなく信心深くないユダヤ教徒」を公言していて

この物語に元々思い入れはあったようで、聖書の内容を曲げていないという主張。

あくまでも、「ハリウッドがこれを作ったことに注目してほしい」ということらしい。

 

主演のノアには、暴れん坊 ラッセル・クロウ。

 

その妻、ナーマに「レクイエム~」にも出演したジェニファー・コネリー。

そういえば二人は「ビューティフル・マインド」で昔共演してた

 

息子次男ハムにローガン・ラーマン  拾い子イラにエマ・ワトソン。

2人は「ウォールフラワー」で共演済み

エマはハリポタ以来いろいろ出てるけどうまくハーマイオニーを脱出出来た感じ。相変わらず綺麗

長男でイラの恋人セムにダグラス・ブース。「ジュピター」にも出演のイケメン。

 

方舟を乗っ取ろうとする悪人、トバルにレイ・ウィンストン。

 

 

長老、メトシェラおじいちゃんにアンソニー・ホプキンス。

 ヨーダに見えたわ。

 

神からの使命を背負ったノアは、近い未来、洪水でこの世が終わるということを夢のお告げで知る。

その準備として、巨大な方舟を作り様々な動物たちを雄雌一対づつ乗せ

新たな土地で新しい世界を作るということを実践しようとする。

だったはずだけど、映画ではノアの人間としての悪の部分も描かれる。

 

 

まずは、巨大な方舟をどうやって造るのかと思ってたら、、、、

謎の木の巨人たち登場!(CG)で次々に方舟作りを手伝ってくれる。

これにはえーー?と引いた   最後には慣れたけどはじめ違和感だったなー。

(画像はなぜかほとんどない!1枚だけみっけ。)

 ←こんなん。

 

そして我らもと、出来上がった方舟に乗ろうとする人間たち(敵陣)を打ち負かしてくれるのも

この謎の木の巨人?だけど こんな大きいのにけっこうあっさりどんどんやられて

その度に天国へぴゅーっと煙になって飛んでった  笑。これも不思議な光景だった。

 

聖書とは違う部分も多い。

まず、ノア本人は神の言葉に忠実になるあまり 

人間は悪を持ってしまったがために滅びる運命である。と考えたノアは

悪の根源であるとされる自らと、妻とその息子らも 新しい地に着いてからは絶やすと宣言。

そして一番下の子だけを生かすというのだが、

幼い頃の傷によって子供が産めないと思われていたイラは、長老でおじいちゃん、

アンソニー・ホプキンスのハンドパワーで産める身体になっていた。

ヨーダか?

妊娠に驚いたノアは、産まれてくる子供が男の場合、最後の人間はその子。

女の子の場合、その場で刺し殺す!と言い一家はパニックに。

次男ハムは、自分だけ女がいない、兄貴はいるのになんて拗ねて

外に飛び出してやっと運命の彼女を見つけたかと思ったら

父親ノアに見殺しにされて 方舟と父親を狙う悪人に加担しようとする。

 

方舟に向かって続々と姿を現す動物たちは彫刻によるレプリカとCGIを組み合わせて作られている。アロノフスキーは「箱舟が現代の動物園のように見えてほしくなかった。デジタルで描くことであらゆる種類の動物たちを見せられる」と言い、絶滅した動物までも再現した。

一斉に方舟へ進む光景は美しく、スケール感と見応えあり

同じ動物いっぱいいるように見えるがこれそれぞれほんとに一対づつだったの?笑

それにあの方舟にそんなに乗れるか?と思ったけど見事に収まった。

大量に餌いるはずだけど?とか、皆糞とかするし臭そう誰が世話を?とか

動物同士の弱肉強食は?と思ったら匂い薬?かがせて全員眠らせてた。

 

最後の方で素っ裸で横たわってたノア、息子たちも呼んで自らいよいよ死ぬのかー

と思ったらただ酒浸りになってただけ?

 

ノアや出てくる人間を通し、人間の愚かさ

何が正しく、何が不正か。愛を持って生きるべきという答えを見出すことになる。

 

 

6/10(60)

 

というわけで、楽しめたってほどでもないけどつまらなくもなかったので

まぁまぁかな。

わたしとしては宗教を信じてるわけではないからその辺はまったくこだわらないのですんなり

入っていける。

あくまでも娯楽映画として楽しむ作品です

 

世界を呑みこむ大洪水を前に、重大な使命を負ったノア。なぜノアが選ばれ、彼は神と何を約束したのか?そして世界の始まりの真実とは──? 

 

 映画『ノア 約束の舟』特報

 

   公式サイト 

  NOAH       2014年    アメリカ    138min

6月13日より、ロードショー

 

 

プレミアにて。

 

 

 

最近また、まぁるくおなりになったラッセルさん来日済み

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   この記事についてブログを書く
« トランセンデンス/TRANSCENDENCE | TOP | her 世界でひとつの彼女/HER »

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2014-06-19 12:53:28
私もまぁまぁ 笑
楽しみにはしてたんだけど...舟づくりがまさか!だったので軽く引きましたわ。
信仰心もここまでくると怖い..というのが一番の印象。
あくまでも映画として楽しむのが良いのかもね。
まあるいラッセル (ノルウェーまだ~む)
2014-06-19 21:50:04
migちゃん☆
暴れん坊のラッセルが、ほんと善良なお父さん役がすっかり板についてきたよねー
宗教部分がないと、ただの単純なスペクタクルものになっちゃうけど、一応人間ドラマがあってよかったわ。

長男イケメンだったねー
Unknown (lilyrose)
2014-06-21 18:45:57
この手の映画はやっぱり映画館で見た方がスケールが違うと思いますが、あんまり惹かれないので多分見ないかも。

それにしてもほんとにまぁるいw可愛いww

エマはコツコツ色んな映画に出てますようね。
綺麗に成長したしこれからの活躍に期待です。
同じく・・・ (NAO)
2014-06-21 22:03:34
うん、私もまぁまぁでしたね^^;

小さいころ読んだ「ノアの方舟」に出てくるノアのキャラが
かなり違ってたのに戸惑いましたし、なによりmigさん同様
あの巨人には引きましたわ~。
それと、深すぎる信仰心にもちょっと・・・・^^;;;;

>ヨーダ

そうそう!(笑)まさにヨーダ!

ツッコミ満載でしたが、それなりには楽しめました♪
yukarin☆ (mig)
2014-06-21 23:28:43
うん、まぁまぁだね 笑
そこまで面白いってほどでもないし、つまんなくはないという
あまり宗教はいってても気にしないでドラマとしてみちゃうからいいのかも。
まだーむ★ (mig)
2014-06-21 23:31:07
うん、あの巨人たちには引いたけどね~
宗教のこと考えずに観て正解だな。
ラッセルはグラディエーターの雰囲気で
ちょっとこれには会わない気がしてたけど身勝手な悪の感じがあるからハマってたかも。
lilyroseさん★ (mig)
2014-06-21 23:33:14
こんばんは☆
そうですねーあまり惹かれないんだったら
みなくても良いかも。
映像は迫力なのでDVDでみるくらいだったら劇場おすすめするけど、、、
でも内容的にもそこまで良くないと思うので 笑
NAOさん☆ (mig)
2014-06-21 23:36:34
こんばんは☆
そうそう、皆が知るノアとは違うんですよね~
皆、まあまみたい 笑
絶賛も聞かないけどダメって言うのも聞かないような
あの巨人(木)には参りましたね
ヨーダに見えましたほんとに 笑
こんにちは (たいむ)
2014-06-22 12:41:11
深く考えるもよし、エンタメ作品として楽しむもよしって感じ。
名優揃いなので安定感があって良かったです。
たいむさん☆ (mig)
2014-06-23 00:14:12
そうですね、何も考えずにみたけどまぁまぁかな
あの方舟造ってくれる要員には引きそうになりました笑

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries