我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ウォールフラワー /THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER

2013-11-29 01:11:04 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

RENT レント」の脚本家として知られるスティーヴン・チョボスキーが、

ベストセラーとなった同名小説を自ら監督を務め、

社会現象にもなった自身の小説「ウォールフラワー」を基に描いた青春もの

 

「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーくん出演てことでずーっと楽しみにしてました~

 

 

主演は冴えない壁の花、「パーシー・ジャクソン」シリーズ主演のローガン・ラーマン。


自由な女の子、サムに「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン。


陽気なパトリックも自由人。「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラー

サムとは義理の兄弟


ロッキーホラーショーのオマージュなども


ちょこっと出演の教師役に、ポール・ラッド。


ほかに、精神科医役にジョーン・キューザック。


製作に、ジョン・マルコビッチの名前が。


一歩踏み出してみる勇気

そこからはじまる

かけがえのない友との出会い、

やっと見つけた、自分だけの場所。

80~90年初頭の青春ムービーを彷彿とさせる、よく出来たノスタルジックな青春もの。

 



チャーリーは、小説家を志望する16歳の少年。高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられ、ひっそりと息を潜めて日々をやり過ごすことに注力していた。ところが彼の生活は、陽気でクレイジーなパトリック、美しく奔放なサムという兄妹との出逢いにより、一変する。初めて知る“友情”、そして “恋”。世界は無限に広がっていくように思えたが、チャーリーがひた隠しにする、過去のある事件をきっかけに、彼らの青春の日々は思わぬ方向へ転がり始める—。

   


7/10(70点)

 

 

地味で早くやり過ごしてしまいたいと思っていた、消極的な壁の花。

恋に進学に、友情に、人には言えない悩み、、、、

 

多感に過ごす高校時代。

彼らに出会ったことで変わっていく僕の人生。

 

初めてのキス、ドラッグ、様々な経験をしておとなになっていく。

チャーリーの子供時代の大好きなおばさんとのエピソード、それが幻覚を次第に見ることになる原因で、

しばらくおさまっていたものの、また調子が悪くなってきたり、

エズラミラー演じるパトリックが同性愛者であることが周囲にバレて

その相手からも皆の前で恥をかかされたり、大学進学に悩んだり、、、、

誰もが経験しうるような(日本では多少違えど)学生時代の迷いや葛藤などを

爽やか過ぎずに丁寧にその感情を描き出す。

そこに、共感できるか否かは別として、

生き生きと等身大で輝きだす彼らを応援したくなり好感がもてる

 

劇中かかる曲もいい。

主人公たちが触れる文学、映画、音楽も多く引用されていて、

彼らに愛されていることもわかる80年代のロック・ポップ中心の楽曲の選曲が素晴らしい♪

 

 このシーン好き

 

とくに、エマ演じるサムが車の中でデヴィッドボウイのHeroesを大音量でかけながら

両手をあげて立ちながら自由を感じる、爽快なワンシーンも印象的。

そしてチャーリーもそれに続いて自由を感じるラストカット。

未来は無限大なのだ

キャストが気になる、80年代テイストが好き、または青春映画が好きな方はぜひ♪


ちなみに、サントラの楽曲は

1. It Could Be Another Change (The Samples)
2. Come On Eileen (デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ)
3. Tugboat (ギャラクシー500)
4. Temptation (ニュー・オーダー)
5. Evensong (The Innocence Mission)
6. Asleep (ザ・スミス)
7. Low (Cracker)
8. Teenage Riot (ソニック・ユース)
9. Dear God (XTC)
10. Pearly Dewdrops' Drops (コクトー・ツインズ)
11. Charlie's Last Letter (Michael Brook)
12. Heroes (デヴィッド・ボウイ)


 公式サイト 

THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER      2012        アメリカ     103min

11月22日より、公開中~

 

 今回も素晴らしかったエズラくん。

今後の出演作も楽しみ~。

 

プレミアにて。

ローガン、立体ボード 笑



トロント映画祭にて


 うわ、むさっ


うわっ


 すっかり大人になったエマちゃん

次回作は12月14日、日本でも公開のソフィア・コッポラ監督作、「ブリングリング」




 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (14)   Trackbacks (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE ICEMAN 氷の処刑人/THE I... | TOP | ゼロ・グラビティ /GRAVITY »

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
HAPPY BIRTHDAY!! (koko)
2013-11-29 02:29:25
migちゃんおひさ!
まずはお誕生日おめでとう~~!!!
この一年もmigちゃんにとって素晴らしい一年になりますように♡
いいことや嬉しいことがたくさんありますように!!♡
それにしても一年早い!元気にしてる?

この映画おもしろそうじゃないの!!(✿◕ ‿◕ฺ)
私は相変わらず家でWOWOWとスカパーで映画楽しんでるけど今週5日間だけ渋谷でやってるTHE POLICEの映画を2回も見に行ってしまった^^

また映画の話しようよ!!感動した映画がいくつかあったから今度話したいな♪
Happy birthday Mig☆ (yue)
2013-11-29 19:10:02
おはよう!この映画もまたトロントだ
ポールラッドやジョーンキューザック出てるのって
けっこう好きな作品多いかも。
特にポール。今でもちょこちょこよく出てるよねー
フレンズでフィービーの旦那。
そいえば、リースとポールとオーウェンのラブコメ見た??
ストーリーは別に・・なんだけど、リース可愛いし
もう何度か観ちゃってる

今朝うっすら雪積もってたよー☆
今年もお肉ディナー?楽しいBDをねー
こんばんは (ノラネコ)
2013-11-29 22:21:20
個人的に思い出深い時代の話でもあるので、凄く感情移入しながら観てました。
旬の俳優たちは、美男美女揃いなのは良く考えるとやや出来すぎですが、目の保養も含めて楽しい時間でした。
80年代UKサウンドの選曲も良いですねえ。
KOKOたん☆ (mig)
2013-11-30 23:26:38
こっちに最初に書いてくれてたのね!
ありがとう~!
無事、終わったよー
ってかもう12月!ポリスの映画、密かに
恭子ちゃんとみたいと思ってたんだ
もう2回もみたの?!すごい
私まだみれてないよー次の休みに 行かなきゃ
うんうん、映画の積もる話もしたい♪
年内会えるかなー?
(^∇^)
ノラネコさん☆ (mig)
2013-11-30 23:33:47
こんばんは、
pcが諸事情でつかえなく、コメント行けずずみませんー昨日別のとこからTBだけ返せました☆
エマとエズラくんは美男美女だけど、
まぁ主役のローガンがイケメンじゃないから
いいんじゃないかな、笑
彼は目立たない男のコ役、
エズラくんはエキセントリックな男、ハマってました~
yue☆ (mig)
2013-11-30 23:38:04
わー、絵文字使ったら途中で切れた!
pcみれないからiPhoneからだよー、
さんきゅ!今年も無事終わったけどゆえの
カードがまだこないわ 涙
あ、今年ないとか?笑
えーポールラッド、フィービーの旦那役だったの?
覚えてないわー、リースのそれDVDにもなってないし公開もしてないよー
日本はコメディ弱いわ
昨日も一昨日もお肉食べてたよ♪
野菜ももりもり♪
帰国1ヶ月きったね!
お誕生日おめでとう!! (ノルウェーまだ~む)
2013-11-30 23:51:23
migちゃん☆
昨日、すれ違いで残念~
息が苦しくなったけど、なかなかだったね♪

再びお誕生日おめでとう~~!
migちゃんにとって素敵な1年になりますように☆

ウォールフラワーまってたよー
エズラくん良かったのね。
映画気になるけど、しばらく行けそうに無いなぁ・・・(涙)
それにしても主役が立体ボードって(爆)そしてエズラ君どうしたのー??
80年代は10代でした。 (クラム)
2013-12-01 20:44:58
まさに応援したくなる輝きを秘めた少年少女の物語でした。
結構、心に刺さってくる場面や台詞が多くありました。
「どうしてやさしい人たちは、自分を傷つける人と付き合うのか」

E.ミラーはいいですね。いろいろな役で観てみたい俳優です。
もちろんE.ワトソンも魅力的でした。
いいなぁ~~ (マリー)
2013-12-01 21:23:41
これ、観たいんだよね~~~。
いつかくるかな?

エズラくんって不思議な魅力をもった子だね。
「少年は残酷な・・」も観れてないんだけど~彼には注目してるよ~。

立体ボードにはちょっと笑った。
パーシー・ジャクソン・・で忙しいのかな???
まだーむ☆ (mig)
2013-12-03 23:12:04
遅くなっちゃった!
いまめっちゃ仕事忙しいから帰って寝て御風呂ってだけの日々だったよ☆
ありがとう
エズラくん、良かったよー♪
あの子の今後の作品はずっとみていたいわ
クラムさん☆ (mig)
2013-12-03 23:13:49
そうですね、いいセリフがいっぱいありましたよね☆
エマワトソンも、ハリポタのハーマイオニーから
うまく脱却できてきてて、
ハリーくんとは差がついちゃいましたねー
今後も期待の面々です♪
マリーさん☆ (mig)
2013-12-03 23:15:46
パーシージャクソン、まさか2やるとは思わなかったわ 笑
エズラくん、カッコイイし魅力的な子だよ☆
マリーさんは好みかな?
ぜひぜひ少年は~は観て欲しいよ!
こっちよりもわたしは好き。
それはそうと、キアヌのやっぱりわたしはダメそうだなぁ マリーさんは楽しんだかな?
デヴィッドボウイのHeroes (latifa)
2014-06-03 17:54:02
migさん、こんにちはー!
エズラ君目当てで、レンタル開始日(今日ね^^)に借りてきましたー。
まずまず面白かったです。
エズラ君含め、主要主役3名が、とっても良かったです。

それと、解らなかった曲が、migさんちで解って、スッキリー
サントラのタイトルまで、こちらで見せてもらえて、嬉しかったですー。
latifaさん☆ (mig)
2014-06-04 23:09:09
こんばんは♪お久ぶりですね!
エズラくん、いいよねー♪
内容はまぁまぁだったけど、彼ハマってたし。
今後も要チェックです♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

25 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ローガン・ラーマン、エズラ・ミラー、エマ・ワトソン主演、スティーブン・チョボスキー監督『ウォールフラワー(The Perks of Being a... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。スティーヴン・チョボスキーが自身の小説『ウォールフラワー』を自ら監督。出演はローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー物語・チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小
映画:ウォールフラワー The Perks of Being a Wallflower エマ・ワトソン主演、高校時代の青春もの。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
タイトル、ウォールフラワーの意味は、原題から理解できる。 The Perks of Being a Wallflower、壁の花模様のように無意味に近い存在だった主人公(最近売れっ子、ローガン・ラーマン:写真中央) そんな彼が、エマ扮する個性的な高校生(写真:左)のグループと付き....
ウォールフラワー (gala)
ウォールフラワー 原題:The Perks of Being a Wallflower 監督:スティーヴン・チョボスキー 出演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ディラン・マクダーモット、他 2012/アメリカ 公式ウェブサイト スティーヴ...
ショートレビュー「ウォールフラワー・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
壁の花だって、咲ければいい。 1999年に出版され、一躍ベストセラーとなった小説「The Perks of Being a Wallflower」を、原作者のスティーヴン・シュポースキー自ら脚色・監督して映画化した作品。 ありがちな異業種監督のお遊びではない。 素人とはとても思えない...
ウォールフラワー (風に吹かれて)
誰でも悩み苦しむ青春時代 公式サイト http://wallflower.gaga.ne.jp原作: ウォールフラワー (スティーブン・チョボスキー著/集英社文庫)監督・脚本: スティーブン・チョボス
「ウォールフラワー」 (Con Gas, Sin Hielo)
「無」の自分が「無限」の一部になるとき。 言うまでもないことだが、世の中は不公平だ。 神様は乗り越えられる人に試練を与えると言うが、それは得てして慰みに近く、克服できずに終わる者も多い。 本作の主人公・チャーリーは、幼くして負った心の傷に苦しみ続けて....
ウォールフラワー (あーうぃ だにぇっと)
ウォールフラワー@有楽町朝日ホール
「ウォールフラワー」:残っていく作品 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ウォールフラワー』は'80年代が舞台とは言え、もっと普遍的な、あらゆるジェ
ウォールフラワー (とりあえず、コメントです)
心に傷を持つ10代の少年を主人公に、彼と仲間たちの心の成長を描いた青春ドラマです。 ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラーの3人が並んでいる写真を見て、 これは観たいなあと思ってしました。 ベストセラーを原作にした作品は、とても繊細で不器用な少年...
ウォールフラワー (風に吹かれて)
誰でも悩み苦しむ青春時代 公式サイト http://wallflower.gaga.ne.jp原作: ウォールフラワー (スティーブン・チョボスキー著/集英社文庫)監督・脚本: スティーブン・チョボス
ウォールフラワー (あーうぃ だにぇっと)
ウォールフラワー@有楽町朝日ホール
ウォールフラワー (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月22日(金) 20:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 フレンドリーな変人たち 『ウォールフラワー』公式サイト フリーパスポート17本目。 「パーシー・ジャクソン」が、苛められっ子というか無視されているとい...
『ウォールフラワー』 2013年12月1日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォールフラワー』 を鑑賞しました。 今日は映画の日なので梯子の1本目 【ストーリー】  1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリッ...
映画・ウォールフラワー (読書と映画とガーデニング)
2012年 アメリカ原題 The Perks of Being a Wallflower 時代背景は1980年代後半から90年代初頭高校に入学したばかりのチャーリー(ローガン・ラーマン)友だちはゼロ、誰も挨拶してくれない、ランチも独りぼっち誰かが声をかけてくれるとしてもイジメか悪口唯一....
あの頃/壁の花~『ウォールフラワー』 (真紅のthinkingdays)
 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER  アメリカのある街。ウェブの世界がリアルを凌駕する、少し前の時代。心に 傷を抱えた内気な少年チャーリー(ローガン・ラーマン)は、高校に入学する。 孤独な日々の中、エキセントリックで独特な雰囲気を醸すパ...
『ウォールフラワー』 (Cinema+Sweets=∞ 映画+スイーツBLOG)
オンライン動画サービスの「青山シアター」のオンライン試写会に当たって、先日鑑賞しました。 オンライン試写会での鑑賞はちょっと久しぶりな感じも。 ローガン・ラーマンとエマ・ワトソン共演の青春映画で、地味ながらも爽やかな作品だと思います。 ************...
「ウォールフラワー」 深い友達 (はらやんの映画徒然草)
昨日の「ブリングリング」に続き、偶然にもエマ・ワトソンの出演作を二日連続して観賞
「ウォールフラワー」 (ここなつ映画レビュー)
観て良かった。心の中に満ちて行くこの想い。 単なる青春映画ではないし、単なる初恋映画でもない。普通なら、本人はそうとは気づかず、宝物のようなきらめく日々を過ごすティーンエイジャー。中学・高校・そして大学へと、一歩一歩階段を駆け上がって行く。時には苦し...
ウォールフラワー (映画好きパパの鑑賞日記)
 「ライムギ畑でつかまえて」の再来、というキャッチフレーズにひかれていったら、これ何てラノベ?という感じ。原作者が監督・脚本を担当しているだけあって、思い切った改変もできなかったと推察されます。  作品情報 2012年アメリカ映画 監督:スティーヴン・...
ウォールフラワー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「エンダーのゲーム」を観た後は同じシネコン で上映していた映画「ウォールフラワー」を続けて 鑑賞です。 ウォールフラワー 原題:THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 製作:2012アメリカ 作品紹介 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の ローガン・ラーマン、『...
『ウォールフラワー』(映画)拝啓マイセルフ、エマ・ワトソンは元気です (マンガデシネ)
? 99年にアメリカでベストセラーとなった青春小説の映画化なんだとか。その小説を書いた本人が自ら監督として作り上げたということで興味を引かれた。スティーブン・チョボス ...
ウォールフラワー (ポコアポコヤ 映画倉庫)
主役の3人を演じたそれぞれの役者さん達が、とても良かったので、良作になっている気がします。4つ★
パーシーとハーマイオニーのラブストーリー(違)~「ウォールフラワー」~ (ペパーミントの魔術師)
ウォールフラワー [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-06-03売り上げランキング : 1208Amazonで詳しく見るby G-Tools 原作がそもそも大ヒットで、 期が熟すまで映画化を待っていたらしく、 それが功を奏して、公開当時も映画の評判は随分よかったらしい。やっと見....
パーシーとハーマイオニーのラブストーリー(違)~「ウォールフラワー」~ (ペパーミントの魔術師)
ウォールフラワー [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-06-03売り上げランキング : 1208Amazonで詳しく見るby G-Tools 原作がそもそも大ヒットで、 期が熟すまで映画化を待っていたらしく、 それが功を奏して、公開当時も映画の評判は随分よかったらしい。やっと見....
「ウォールフラワー」 (或る日の出来事)
主人公たちと同じ高校生に近かったら、もっと同感したかもですが、わりと好きではあります。