我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

パコと魔法の絵本/PACO and the Magical Book

2008-08-31 00:08:31 | 劇場&試写★6以上


主役のパコちゃん以外、ほぼ全員、キャラ濃っ個性豊かすぎる面々が詰まったおもちゃ箱
まるで、焼きそばとカレーと焼き肉とお寿司とチョコレートとエビフライと薔薇の花をごった煮した鍋みたい

どんな鍋じゃ。
そんな気持ちワルくないよ


『下妻物語』も面白かったし、『嫌われ松子の一生』なんて邦画では珍しく劇場で2度観ちゃったほど好きだし
その中島哲也監督の新作ということで楽しみにしてたの

今年は規模が縮小して上映本数もめっきり減った(邦画、洋画合わせてたったの7本)夏の映画の試写イベント
トーキョーシネマショーで今年はこれを観て来ました~。
親子向けの試写ということで、小学生くらいの子供たちもいっぱい


この『パコと魔法の絵本』は、2004年に上演された舞台「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」を映画化したもの。
一風変わった患者たちが入院している病院で、偏屈ワガママジジイの大貫たち大人が、
交通事故の後遺症で記憶が1日しかもたなくなってしまった少女・パコのために"忘れられない思い出"を残そうと奮闘する姿をCGたっぷりで描いている。


今回も、映像がすっごくキレイ
特に、毎回思うのが 空や花の映像その監督の美的センス、
今作でもいかんなく発揮されてて、これでもか!ってくらい派手に彩られてる

まんま、綺麗な絵本の1ページのよう。

小道具もすごい数用意されたというのが一目瞭然、大道具も美術のセットもすごいことになってて
シンプルの真逆でもうごっちゃごちゃ!


出てくるキャラ、揃いも揃って強烈でヘンなヤツばっか(笑)

偏屈じじい役の大貫は、役所広司って言われなきゃわかんない!

あれ?ひょっとしてサリーちゃんのパパ?!




途中から劇中劇があるので、役者たちは1人二役やってるようなもの。
(といってもかぶり物でやってる本格的なものではないけど)
これまでの中島監督作品に出演してきた俳優たちがちょこちょこと出て来たり。

『下妻』の土屋アンナもその一人。
可愛いナース?じゃなくって もうこの人にぴったりって感じのナース。


ほかにも、、、、


『松子』に出てた劇団ひとりもいたり。(いちばん濃くないキャラ☆)
『KILL BILL』で、ルーシー・リューにアタマ斬り跳ね飛ばされた國村隼がオカマだったり、、、、


妻夫木聡が自分を捨てて?すごいことになってたり、
小池栄子もスゴすぎ。ガブッだって 

俳優たちの特殊メイクもスゴいです!

ほかにもコスプレ好きの変な医者上川隆也、名優加瀬亮は大貫の甥で小池栄子演じる雅美の夫、
完全にお笑い担当の阿部サダヲなど、、、、
あんまり載せると、、、、なので劇場で各自お確かめ下さい  (笑)

そして最後になっちゃったけど、

少女パコを演じたアヤカ・ウィルソンちゃんがめちゃくちゃ可愛い

ここ近年、記憶が持たないっていうのが題材になった映画が多い。
このパコちゃんは事故の後遺症で記憶が一日しか持たない。
記憶がたった1日しかもたないっていうのは、以前
アダム・サンドラーとドリュー・バリモアで『50回目のファーストキス』っていうのがあったな


6/10


とにかくおもちゃ箱をひっくり返したみたいな映画でした!
はじめの30分くらい、コントか?ってくらい、人物紹介にあたる部分が笑いをとるんだけど
ぜんぜん笑えなくて(笑いのツボが違う~、、、、
とくにわたしは阿部サダヲってどうもニガテで、彼の部分が最後までひとつも笑えなかった。

観ながら引いちゃうといか、冷めた目で観ちゃってた。
でもだんだんと、ワガママじじいがパコに優しくなっていくあたりから、引き込まれていった。
他人に自分の事を考えられるだけで腹が立つくらい誰にも全く心を開かなかった老人の大貫が、
入院している病院で1日しか記憶がもたない少女パコと出会った事で、徐々に冷酷な心を溶かされて
彼女の記憶を1日以上持たせるために皆を巻き込んで頑張るという流れが、素直にいいお話だな~って思えた。

ただ笑いの部分が今回はわたしにはいまいち合わなかったのと
後半のお芝居シーンでキャストがCGのキャラに入れ替わったりするのは
3DフルCGキャラと実写の融合は日本映画で史上初らしいんだけど、
そこはほんとに必要だったかなー。と思えちゃった。(単にわたしが好みじゃないだけかもだけど)


ちょっとだったら良かったのかも★
パコの幻想(想像)としてのあのCGキャラだったら納得だったけど
最後の最後まで出て来たのはちょっと使いすぎかなぁ、、、、。(ほんと勝手な意見だけど)

あと、音楽は『松子』の時ほどふんだんには劇中で使われなかったみたい。
『松子』のサントラはすごくお気に入りで今でも時々聴いてるくらいなの
木村カエラは今回も起用されてて本人、もカメオ出演。&主題歌。


子供も笑うシーンで沢山笑っていたし、絵本を読み聞かせるみたいに引き込まれるお話だと思うから
是非親子で観て欲しい1本

あー、でもわたしは断然『嫌われ松子の一生』の方が好き
松子』また観たくなっちゃったな~



公式サイト
パコと魔法の絵本  2008年 日本   105min
9月13日より、全国ロードショー 




中島哲也監督、次回は来年お正月公開の「ララピポ」で脚本を担当!
出演は成宮寛貴と村上知子(森三中)




映画ブログランキング、最近YOUTube系 無料動画サイトばかりですぅ、、、
押しやられてきちゃいました
応援して下さってる方々、どうもありがとう



クリックしてね 
←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (59)   Trackbacks (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落下の王国/The Fall | TOP | 9月公開★新作映画リスト »

59 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく (NAO)
2008-08-31 02:26:13
> ぜんぜん笑えなくて(笑いのツボが違う~、、、、)
最初が難関ですよね~。私も阿部サダヲのテンションの
高さに、「だめだ」の烙印を押すところでしたw。
でもやっぱり、後半の展開にきちゃったんですよね。

子供達が喜んでいたなら、何より。
観たい♪ (NANA☆)
2008-08-31 09:28:20
おはようございます私も下妻物語と嫌われ松子、好きなんです
同じ監督なんですね9月に観る映画にしたいと思います♪
明日は映画の日だから、今日はガマンして明日 20世紀少年かハンコック観ようと思ってます♪
あ、べガス~観ました!キャメロンとアシュトンが可愛かった
NAOさん♪ (mig)
2008-08-31 22:30:38
そうなの~
NAOさんのレビュー読ませてもらったら同じこと書いてて
やっぱりそう思う人は多いのかなって思ったけど、
後半が良かったよね~、
阿部サダヲは持っていきすぎ~
じじいの気持ちの移り変わりようとか、じーんとしちゃうね
NANA☆さん♪ (mig)
2008-08-31 22:32:49
9月公開になったら是非観てね~
感想まってまーす☆
明日映画の日だ~
20世紀少年は3部作だからいいところで終わるんじゃない?っていうので
躊躇してるの、ハンコックもなかなか面白いよ~
Unknown (Unknown)
2008-08-31 22:53:10
お笑いではないですが、つかみはいまいちでした。

私も
>最初の20分くらいはどうなることかと心配したけど、
>パコが出てきてからは物語も落ち着いて展開し
と書いてますもんね。

申し訳ありませんが、木村カエラと
彦摩呂の出演は要らなかった気がします。

小池栄子のメイクは最高でした。
妻夫木聡もすごかった。

私は舞台劇は見ませんが、
映画というより舞台の演出だという気がしました。

こんばんは♪ (mig)
2008-08-31 23:00:16
どなたさまでしょうか、コメントありがとうございます




あ、ほんと言えてますね。
カエラと彦麻呂のシーン、ほんとに余計でしたよね~。
せっかく感動しようという時に。

今までのこの監督の作品にも笑いがいっぱいあって
笑ったんですが、今回ちょっとやりすぎな感じしました。
ほんと同感です。
舞台演出にはぴったりという感じでしたね☆
migさんへ (KGR)
2008-09-01 00:26:17
>どなたさまでしょうか、
すみません、名前を入れ漏らしました。

TBでお分かりいただけたようで、
コメントありがとうございました。
こんばんわ☆ (りんたろう)
2008-09-01 01:28:49
こういったノリの作品は好き嫌いが分かれますね。
僕は舞台が好きなので、結構楽しめました(^-^)
ツボ合いました~ (ノルウェーまだ~む)
2008-09-01 22:28:03
migさん、こんばんわ~☆
阿部サダヲファンの娘は、後ろの席の人も「阿部サダヲうざっ!」と話していたのを、「カワイイ」という意味にポジティブに捉えていたようですが(笑)うざい人にはウザイですよね~
私は、ねえねに仕込まれただけあって、結構ツボにはまりました。
Unknown (ゆかりん)
2008-09-01 23:48:06
こんばんはーっ!
もう観てきたんですねー。
中島哲也監督の独特な雰囲気の作品好きです。
観たらまた来ますねん♪
KGRさん♪ (mig)
2008-09-02 00:33:55
こんばんは☆
わざわざありがとうございますー

ハイ、TB頂いてたから内容でわかりました☆
りんたろうさん♪ (mig)
2008-09-02 00:35:18
こんばんは☆
そうですよね、わたしもお芝居は好きですよ♪
これも☆6だとわたし的には
OKレベルなんです(笑)
ノルウェーまだ~むさん♪ (mig)
2008-09-02 00:37:53
こんばんは♪

なかなかロンドン記事にお邪魔にいけずごめんなさーい
明日には!

あはは、そうです☆その表現ぴったり
阿部サダヲがうざかった~!です
あれがもっと控えめで、木村カエラとか彦麻呂とかの
お遊びがなければもっと感動できたかもです、、、。
でも、評判いいからヒットしますね☆
ゆかりんちゃん♪ (mig)
2008-09-02 00:39:24
記事中にも書いたんだけど、中島監督の前2作は好きなの、
今回ははち切れすぎちゃったかな、
でもフツウに楽しめたんだけどね♪
ゆかりんちゃんはこちらもきっと気に入ると思うナ★
感想待ってるねー
はじめまして (かつを)
2008-09-05 12:57:26
いつも巡回させていただいてるけど、カキコミは初めてです。はじめまして。

自分も阿部サダヲが駄目でした。
いや、舞妓の映画も大好きですし彼は好きなのですがこの映画の彼は受け付けないです。
脚本、演出のせいなのかもしれませんが演出があざといというか・・・。

自分も中島監督の前の2作は大好きなのですが、この作品は好きじゃないですね。
だからこそ、ガッカリしてしまいました・・・
かつヲさん☆ (mig)
2008-09-06 01:13:23
こんばんは♪
コメント、ありがとうございます
あ、すっごく分かりますその気持ち!
わたしもほぼ同感ですもん。

笑いの部分がちょっとアク強すぎましたよね。
とくに阿部サダヲは嫌いじゃないひとまでそう
思うのなら、ニガテなわたしはもうほんとダメでした

前2作の方が、わたしも断然好みです。
Unknown (えい)
2008-09-06 23:02:36
こんばんは。

3DフルCGキャラと実写の融合、
ぼくも最初はうるさく感じたのですが、
話の流れが次第に感動の方向へ走り出して、
いつしか涙の激流に飲み込まれていました。
こういう話は弱いです。

ぼくも『50回目のファーストキス』、
そして『ガチ★ボーイ』を思い出しました。
★えいさん★ (mig)
2008-09-07 22:51:09
こんばんは♪

わたしも最初に比べたらぐっと入りこんで観られたんですが
しつこいけどどうも阿部サダヲが鼻につきすぎちゃって、、、。

50回目のファーストキス、大好きなんです~
私も試写会~! (マイマイ)
2008-09-09 15:07:38
珍しくかなり早い試写会にあたって、映画館で見てきました!
すごく楽しくて、笑えるし泣けるしで、お勧め映画ですね^^

アヤカ・ウィルソンちゃんがめっちゃかわいくて。。。
大人びた顔立ちなんだけど、インタビューとかでしゃべることはけっこうオコチャマなところがまたいい^^
これから注目の女優さんですよね^^

映像もCGと実写がまざってて、すごくカラフルでかわいいイメージ!
こんな世界いいな~!夢の世界ですよね!
★マイマイちゃん★ (mig)
2008-09-10 11:47:45
マイマイちゃんも試写で観てたのね♪

わたしは本文中にも書いたけど
あまり笑えなかったの、
あのギャグはどうにもわざとらしさを感じちゃって
でも途中からの素敵な絵本のお話とお芝居はすごく良かった★

わたしは嫌われ松子の方が断然オススメだけどね、、、
Unknown (にゃむばなな)
2008-09-13 21:29:07
アヤカ・ウィルソンちゃんは純真無垢って感じでかわいらしかったですね~。

でも個人的には國村隼さんのオカマ姿でテレサ・テンが最高でした。EDロールでもきっちりと使われていたのも嬉しかったです。
★にゃむばななさん★ (mig)
2008-09-14 10:35:07
こんにちは、
あの子、すっごくかわいい子ですね

國村さんのオカマ、ジュディオング好きでしたね、(笑)
意外な人がオカマっていう発想がいいですよね~
こんばんは~♪ (くろねこ)
2008-09-14 22:44:20
私も前半はひき気味でしたが、だんだんに惹きこまれました~。
サダヲサンのギャグもよくなったし(笑)
もう後半は泣けて、泣けて。笑って泣いて。で
ほんと困りましたよ~。
大声で泣いたらとまったかも?(笑)
★くろねこさん★ (mig)
2008-09-15 11:08:46
こんにちは♪
サダヲがダメなので
せっかくのいいお話が、、、でしゃばりすぎ、、、、
だったのですが
キャストがいろいろでそこもまた楽しかったですね♪
いっぱい泣いたら泣き止めるっていうのが伏線できいてるのもポイントでしたね
Unknown (ゆかりん)
2008-09-15 18:17:51
こんにちはーっ!
中島哲也監督の独特の映像が好きですねぇ。今回もとってもキレイで楽しくて切なくて良いお話でした。
意外にもうるうるっときちゃいました。

大貫の髪型ってサリーちゃんのパパですよねぇ。特に若い頃ってまんまじゃないすかー。
キャストも良いし、自分捨てちゃったような妻夫木くんにはビックリでした。國村さんのオカマもなかなか観られないですもんねぇ。

アヤカ・ウィルソンちゃんが可愛いですねぇ。この子じゃなかったら観に行ってなかったかも。このまま育って欲しいなぁ。

migさんは阿部サダヲはダメですか。この人がOKかそうじゃないかで評価がわかれそうですね。私は知り合いの影響もあってOKでしたよ~。
Unknown (あざみん)
2008-09-15 22:23:16
migさん、こんばんは♪
まさしくおもちゃ箱のような映画でした。
あらら、migさんは阿部さんだめですか~。私はこの人
好きなので笑いのツボに入りまくりでした(笑)
でもダメだと鼻についてしょうがないでしょうね(^_^;)
笑いはツボに入らないとキツイですもん。
大貫はやはりサリーちゃんのパパでしょう(笑)
若い頃なんてまんまだったように思います~。
阿部サダヲの評価 (クラム)
2008-09-15 23:02:59
ぼくも阿部サダヲはあまり得意じゃありませんでした。
去年だったかな、舞妓の映画があったけど
彼が主演というだけでリストから外れてたし。

でも、何か今回は良かったんですよ。
おっしゃるとおり彼自身は相変わらずなのですが、
周りもそれに負けじ、というかお構いなしに飛ばしてたこともあって。

この監督自身、アクの塊みたいな感じですから、
評価が分かれるのは仕方ないかもしれませんね。
★ゆりかんちゃん★ (mig)
2008-09-16 11:33:46
こんにちは♪

そうそう、わたしも妻夫木くんはびっくり
普段お芝居みたことないんだけど
自分捨ててたよね~ちょっとカッコ付けなイメージあったから
良かった
國村隼も評判いいよね、
そうなのわたしどうしても阿部サダヲだめで
どうにもこうにもウザく感じてしかたなかったわ
★あざみんちゃん★ (mig)
2008-09-16 11:36:26
こんにちは♪

いろんな要素が詰まってて派手派手、中島監督らしい作品だったね~

そうなのー、阿部氏はもう
どうしようもなくダメだった
木村カエラとか彦麻呂もいらんなぁって思っちゃった
せっかくいいお話なのに~って。

でも皆で女の子を楽しませようって一致団結しての
お芝居、面白かった♪
★クラムさん★ (mig)
2008-09-16 11:39:16
そうですか~、クラムさんも。
そうそうあの舞妓の映画はもう彼主演ってだけでパスです

受け入れられるかどうかは人それぞれだけど
ちょっとあそびすぎな印象でした

そうですねー、中島監督は毎回
映像的にも面白くみせて楽しませてくれますね♪
次回作も楽しみです
ガチボーイ (kossy)
2008-09-16 23:53:59
「50回目のファーストキス」も心に残る映画でした。「シックスセンス」を毎日観る患者がどうなったのか想像してしまって・・・
今年の邦画では「ガチボーイ」が俺的ベストなので差をつけたくなったことと、やっぱり阿部サダが・・・
★kossyさん★ (mig)
2008-09-17 11:25:17
kossyさんもあの映画お好きですか♪

あ、あれってシックスセンスでしたっけ、よく覚えてるなー、さすが!

そうなの~
kossyさんも書いててちょっとうれしくなっちゃった★
サダヲですよ~問題は
(笑)
飛び出す絵本 (パピのママ)
2008-09-17 21:23:10
こんばんは、映像がカラフルで、劇中劇がこれまたみなさん奇抜で、どう評価していいのか迷いました。
初めは、孫娘の幼稚園の学芸会を見ているようでしたね。
しかし、出演者たちが豪華ですよね、その中でもオカマの國村さんには、驚きました。
後は、自殺を繰り返す男の妻夫木さんは、全然分からなかった。
パコのアヤカちゃんは、素直な演技で可愛いい!
私は、てっきり大貫が先に死ぬとばかり思ってました。
まさかのラストに、思わず涙ですね。
★パピママさん★ (mig)
2008-09-18 12:05:58
こんにちは♪
そうそう、ほんと学芸会の延長みたいな感じでした(笑)

オカマの國村さん、頑張ってましたね~
新たなイチ面発見なんじゃないでしょうか、ご本人もね★

わたしも~大貫が死ぬと思ってたから意外でしたね!
ただサダヲ節がききすぎてるところがわたしはいまいち気に入らなかった点です
でもパコちゃんも可愛いし、素敵なお話でしたね
阿部サダヲ (kazupon)
2008-09-18 21:34:56
migさん

あはは自分阿部サダヲ好きなもんで
だからなのか面白かったですよ(笑)かなり
↑キライな人多いんだなぁと思いました。^^
でも中島監督はホント才能あると思います。
かなりこだわって作るので役者たいへんらしいんですけど、これが最高!ということではなく、こういう
監督が日本にいるのがいいなぁと思いますね。
なんかこうエンタメしないシリアスに走る
名監督が多いから
日本の映画って。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-09-18 23:54:48
私もmigさんと同じで最初の30分くらいは
自分にはダメかも~~σ(^◇^;)って思いましたが
パコちゃんが出て大貫が変わって行くあたりから
素直に物語に集中できました^^

阿部さんは嫌いではないんですが最初は、やはり
ついていけなかったですσ(^◇^;)

自分は下妻~も嫌われ~も未見なのですが、観たら
嫌われが一番好みのような気がします^^

体調や席が悪いと言う悪条件で観たので
体調が良かったら、もっと感動できたかも
しれません。
映像は綺麗でした♪
★kazuponさん★ (mig)
2008-09-19 12:12:30
kazuponさん阿部サダヲ好きだったナ~って思ってました
わたしあの人の笑いちょっとダメなの

でも後半にかけてギャグじゃない部分がやっぱり良くって楽しめましたよ♪
やっぱり
わたし的には断然、松子の方が好みなんですけどね
うんうん、中島監督は才能あると思う、
次回作も楽しみですね♪
★ひろちゃん★ (mig)
2008-09-19 12:14:36
こんにちは♪
はじめの30分くらい、ダメだ~って思っちゃう人多いみたいですね、

でも皆だいたいそのあとで引き込まれる、、、、、
うまいですね☆
キャストも映像も派手で中島監督らしいなーって。
下妻も松子も面白いので是非観て下さいー♪
感想愉しみにしてます

体調、大丈夫ですか?!
ムリしないでしっかり休んで下さいね!
アヤカちゃん! (ボー)
2008-09-20 08:36:02
…最強のかわゆさでしたー。
これならクソジジイも心を溶かしますね。
そのぶん、最後は、どんでんがえしで泣かせにかかって…こんな展開、ずるいぞー!と叫びましたね、無言で。
映画的には私も「松子~」のほうが。「パコ」は子ども向けの部分もあるからかもしれません。
★ボーさん★ (mig)
2008-09-20 10:29:53
こんにちは。

あはは、そこからキター

ほんとくそじじいめろめろになってましたもんね♪
そうですね、やっぱりこちらは子供にも楽しんでもらおうと思ってるせいか、笑いがかなりベタすぎでした、
しつこいし

Happy end じゃないけど素敵なお話でした
でもわたしも松子だな♪
Unknown (りお)
2008-09-22 03:31:56
観てきたよ~
何というか、全体的に舞台向けだなーって感じしなかった?
わたしは最初の段階で引いちゃった。で、入り込めず…

サリーちゃんのパパはわたしも思った(笑)
★りおさん★ (mig)
2008-09-22 09:45:10
観たのね!
そうそう、元々舞台のだからね~、それはあるネ。
あ、やっぱり~
わたしも最初やりすぎだなって思ったんだけどだんだん
良くなって、、、、
でもサダヲは最後までしつこかった~
こんばんわ (moviepad)
2008-09-22 19:14:18
migさん、こんばんわ

登場人物、キャラが濃いというか、単にメイクが濃いというか...(笑)

木村カエラの登場は余計でしたね。
中島哲也監督、前2作では凝った映像のわりには無駄なお遊びしていないので
そこに好感もっていたんですけど...。

サダヲには深入りしないようにしていたので大丈夫でした。(爆)

派手派手なのに調和がとれているのでうるさく感じない、という不思議な映像をぼーと眺めているだけで十分楽しめました。
ストーリー的には前2作のほうが面白いけど
映像はこっちのほうが個人的には好きです!
★moviepadさん★ (mig)
2008-09-23 10:50:59
こんにちは♪

ほぼ全員、濃かったですねぇ~

そうですよね、前2作ではあんなに遊んでなかったですよねー

サダヲは大丈夫でしたか(笑)

そっか~映像は相変わらず美しく&可愛く&ゴージャスでしたね

中島監督の次回作も楽しみです♪
笑えなかったんですよ (くまんちゅう)
2008-09-23 16:22:52
同じです、変な格好とかドタバタでは笑えないので・・・
後半のパコとクソジジイが交流していく様子からが良かったですね。
アヤカちゃんの笑顔に癒されてしまいました
そして役所さんはいつ見ても上手いなぁ、と
★くまんちゅうさん★ (mig)
2008-09-24 12:29:41
あ、くまんちゅさんもですね!
わたしもどうも わざとらしさを感じちゃって
笑えないの、
でもそうジジイとの交流部分からが良かった♪
普通の子ならあんなジジイ、怖くて近づかなくなるだろうけど
すぐ1日で忘れちゃうから怖い人っていうのも
忘れちゃうんですね
だから成り立って。
役所さんて言われなきゃわからない風貌がまたスゴいです!
こんばんは★ (dai)
2008-09-24 18:12:07
migさんが邦画を観るってあんまりないですよね。そして余り楽しめなかった模様ですね・・・。

確かに阿部サダヲの笑いが好きか嫌いかということが大いにこの作品を楽しむ要因になっていましたから、彼のポイントがないとなると、migさんのような評価になってしまうんでしょうね。
★daiさん★ (mig)
2008-09-25 11:56:39
あはは、邦画を観る度、皆さんにそういわれちゃうけど
年に10本弱は観てるのよ~(それでも少ないか

サダヲがダメだったんだけど
ソレ以外は良かったですよ~。
オカマの國村さんとか笑えちゃった。
普通に楽しめた感じです
はじめまして (サダヲふぁん)
2008-09-25 13:44:44
サダヲさんの舞台は、ワクワクして超面白いのです。
面白おかしいのばかりじゃないです。
心に身体にグッと来て、こっちまで元気になるような。
それが映画だと、一般にはしつこくなってしまうんだろなぁ。
TVじゃ、控え目にしてるからか、大丈夫なんだろけど。

妻夫木くんとか、上川隆也とか、國村隼とか、TVでの思い込みと随分違ったんで、私的にはすごく楽しめました。
もう1回行こう~っと。

★サダヲふぁんさん★ (mig)
2008-09-26 09:45:53
はじめまして

コメントありがとうございます♪
そうなんですね、
俳優ってちょっと個性が強いと好き嫌いわかれちゃいますよね

妻夫木くん、上川隆也さん、國村隼さん、皆すごいイメージ変わってましたね(笑)
素敵なお話でした
うわぁ~ (miyu)
2008-09-26 20:24:00
migさんも中島監督好きなんだぁ~♪
あたしも好きなんです~!
でも、コレはダメだったんだね~(;・∀・)
「松子」も「下妻」もあたしは大好きなんだけど、
「下妻」のギャグ感に今回はちょっと近かったかなぁ。
あたしはどっちかと言うと「下妻」が1番好きなんだけどねぇ~( ´艸`)
★miyuさん★ (mig)
2008-09-27 11:30:16
こんにちは♪

そうなの、大好き~。
とくに『嫌われ松子~』が好きで、3回観ちゃった。
CDも未だに聴くし♪

なんか、ギャグはいままでとちょっと違うこってりしすぎだったの。
うーん、後半は良かったな!
子供と (aq99)
2008-10-01 21:48:02
子供、結構笑ってたんですね~!
娘と一緒に行けば、よかったなぁ~。
でも予告見て、自分も見に行くかどうか迷ってたくらいやったんで、こんな見やすい映画とは思わなかったなぁ~。

大貫、サリーちゃんのパパですか。
私は「乱」の仲代達矢を思いだしました。
★aq99さん★ (mig)
2008-10-02 00:18:35
こんばんは♪
そうなんですよ、笑いの部分でけっこうウケてました★
近くにいた女の子は
「あの子死んじゃったの?」ってママに聞いてました
泣く、まではいかないでしょうけど
子供たちも何かを感じられたんでしょうね、
分かりやすかったですもんね。
仲代達矢、、、、そういわれてみたら!
あう・・・・ (SGA屋伍一)
2008-11-14 20:47:51
migさんはサダヲさんがダメでしたか・・・ わたしは彼のパートが一番笑えたんですけど・・
ま、お笑いのセンスってのも人それぞれですからね。波長の合う人もいれば合わない人もいるということで
ちなみにmigさんはどんなタイプのコメディアンがお好きなのでしょうか

>でもわたしは断然『嫌われ松子の一生』の方が好き

三作並べると、やっぱり「松子」が一番ボリュームがあった気がします

あと親子で見るにはきわどいセリフもあったなー(笑) 「オカマは一度で二度おいしいのよ♪」とか。あれどういう意味なんだろ
★伍一さん★ (mig)
2008-11-16 09:55:50
てへへ、、、、
わたしサダヲ、ダメなんですよ~
笑わせるのが仕事でもどうにも一所懸命笑わせようとしてるカンジってダメなんですぅ
あと、顔が生理的に、、、、
元々日本のお笑い系の人は苦手で
お笑い番組も見ないんですよね
(あ、とんねるずが一番笑えるかな。って古っっ!  笑)
でもアメリカのコメディアンは大好き♪
さりげなく笑わせる感じの違いかなぁ。
アダムサンドラーとかウィルフェレルとか
サタデーナイトフィーバー出身の人大好きです。

おカマは二度美味しい、言ってましたね~
なんでしょうね(笑)

役所さんのアタマね (よろ川長TOM)
2010-04-12 18:00:30
あれは『仮面の忍者 赤影』の第四部の大ボス、魔風雷丸(まふう いかづちまる)ですよ。真ん中が禿げてるでしょ。
“ 魔風雷丸”で画像ググっていただければ納得していただけるかと。
あれ。トラバが通らない (よろ川長TOM)
2010-04-12 18:03:52
(;´д`;)すみません、せっかくトラバ戴いたのに。どうもgooとFC2はココログと相性よくないようです。失礼しました。
★よろ川長TOMさん (mig)
2010-04-12 23:44:10
こちらにもありがとうです♪
あら、そうなんですねー。
アニメのことには疎いもので、、、(笑)

TB入らなくってこちらこそゴメンナサイ。

今後ともtwitterとこっちでもお願いします★^^

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

84 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
観ている私も魔法にかかった!『パコと魔法の絵本』 (水曜日のシネマ日記)
9月13日から劇場公開予定の映画です。
映画「パコと魔法の絵本」を試写会にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「パコと魔法の絵本」@新宿厚生年金会館大ホール 客入りは上々1階席は満席だ。客層は大人に混じり小さなお子さん達も多数来場している。 映画の話 昔々、大人の俳優に脱皮できなかった元有名子役や、消防車にひかれたまぬけな消防士など、患者だけでなく医者や看護...
「パコと魔法の絵本」完成披露試写会 (まぁず、なにやってんだか)
昨日は、国際フォーラムの「パコと魔法の絵本」の完成披露試写会を観てきました。 15:30から座席指定券と引き換えできるということで、友達が15:30に並んでくれたのですが、すでに長蛇の列・・・。いったい皆さん何時からお並びで? それでも23列目がゲッ...
「パコと魔法の絵本」完成披露試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/7/29、東京国際フォーラムAでの開催。 例によって、事前に指定席券と引き換える。 並ぶのが面倒なので、開演の少し前に行く。 「残りものに福」で、かなり後ろながら1階のほぼ中央が当たる。 上映後に主要キャスト、原作者、監督らが登壇し、舞台挨拶...
「パコと魔法の絵本」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「パコと魔法の絵本」 監督:中島哲也 出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮浩一、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也、木村カエラ 『ゲロゲ~ロ。ゲロゲ~ロ。 ガマの王子はわがまま王子』 むか~しむか...
「パコと魔法の絵本」泣いて笑って大人の絵本 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
バカにしていたら、いけませんな。 子供だましの絵本ファンタジーと思うなかれ。 泣いて笑って、笑って泣いて、すごく変だけど、癒される。 出演者でまともなのは、劇団ひとりだけ~~~って、どうよ?・・・・・・・・・・・小池栄子さん、やりすぎです。
映画 「パコと魔法の絵本」 (ようこそMr.G)
映画 「パコと魔法の絵本」 を観ました。
真・映画日記『パコと魔法の絵本』 (CHEAP THRILL)
JUGEMテーマ:映画 8月29日(金)◆912日目◆ この日は夕方から「よみうりホール」での試写会。 『下妻物語』、『嫌われ松子の一生』を手がけた中島哲也監督最新作『パコと魔法の絵本』である。 今回も中島監督のカラフルな世界観はフルスロット………...
『パコと魔法の絵本』 (ラムの大通り)
----これって『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の新作だよね。 観る前はあまり期待していなかったようだけど…。 「いやいや。 やはり映画は観てみるもの。 これがもう大感動のクライマックス」 ----それって泣かせる映画ってこと? ビジュアルからは想像つかニャイけど...
パコと魔法の絵本(2008日)--完成披露試写会 (CINEPHILIA~映画愛好症~)
予告で心ひかれた不思議な世界。マイミク様のご厚意で、楽しんできました。 昔々、大人の俳優に脱皮できなかった元有名子役や、消防車にひかれたまぬけな消防士など、患者だけでなく医者や看護師も変わり者ばかりが集まる病院があった。中でも一代で自分の会社を築
役所広司がガマ王子!【パコと魔法の絵本】 (犬も歩けばBohにあたる!)
なんちゅーキャスティングでしょう。さすが中島哲也監督です。 前作『嫌われ松子の生
パコと魔法の絵本   試写会 (レンタルだけど映画好き)
子どもが大人に、読んであげたい物語。 2008年 日本 2008年9月13日ROADSHOW 監督 中島哲也 出演 役所広司/アヤカ・ウィルソン/妻夫木聡/土屋アンナ/阿部サダヲ/加瀬亮/小池栄子/劇団ひとり/山内圭哉/國村隼/上川隆也/木村カエラ/彦麻呂 原作 後藤ひ...
パコと魔法の絵本 今年?1に飛び出した! (労組書記長社労士のブログ)
【32 -16-】 予告編で見たときに、これは絶対に映画館で観たい{/face2_happy_s/}ってなった。 で、ちょうど東宝映画の無料鑑賞券があったので、これを観に行こうよって妻に言ってみたら「あたしゃあんまり見たくないなあ・・・無料鑑賞券は他の映画に使おう」とのツレナ...
大人のファンタジー(映画/試写会:パコと魔法の絵本) (美味!な日々)
大王後藤ひろひとの名作舞台『MIDSUMMER CAROL~ガマ王子VSザリガニ魔人~』を映画化した『パコと魔法の絵本』を試写会で観て来ました。
パコと魔法の絵本 (そーれりぽーと)
今俺が一番ハマっている後藤ひろひと原作の舞台劇『MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人』を、今のとこ最も面白い邦画だと思っている『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が映画化。 『嫌われ松子の一生』では原作から大胆なアレンジで違う世界を創造した監督だけに、...
[映画『パコと魔法の絵本』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆こんな映画が、日本で作り得たことに、先ず、喝采を送りたい。 その是非は別として、監督の思いは存分に表現できたのではなかろうか? 画面上の全てに手が加えられていて、私は、ピーター・グリーナウェイ監督の『プロスペローの本』を思い出した。 しかし、今作は、...
「パコと魔法の絵本」何が出てくるかわからない奇想天外なパコのマジックストーリー (オールマイティにコメンテート)
「パコと魔法の絵本」は病院に入院している嫌われジイさんが記憶が1日しか持たない少女と出会い心に残る事をしようと病院全員でお芝居をして頑張るコメディーファンタジーストーリーである。ストーリーは殆どハチャメチャだが最初から最後まで笑えて呆れてしまうコントの...
パコと魔法の絵本☆独り言 (黒猫のうたた寝)
絵本や童話は基本的に好きな世界カラフルポップなイメージと予告のカエルの王子様が飛びだして、サリーちゃんのパパみたいなヘアの役所さんとフワフワヘアのかわいい女の子この世界は、たぶん好みだわ♪という予感もあって久しぶりに初日鑑賞してきたのは『パコと魔法の絵...
パコと魔法の絵本 (利用価値のない日々の雑学)
予告編や予告記事で作品を見たいと思ったが、予告編で判明できる以上の要素が何もなかった作品。邦画としてはここ数年ではかなり高い期待度であったが、結果として残念賞作品であった。 物語は良く出来ているし、出演人物のキャラ設定も整理されている。又、小さなヒ...
『パコと魔法の絵本』 (めでぃあみっくす)
笑って泣ける感動ファンタジーと謳っていた予告編通りに、大いに笑って大いに泣かしてもらった映画でした。やはり『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督は素晴らしい映画監督さんです。濃い色彩にオーバーアクション、反則レベルの笑いや見事なCGと実写の融合など様々な要素...
パコと魔法の絵本★★★★+劇場68本目:ハンカチ必須!笑って泣... (kaoritalyたる所以)
日本映画では珍しく、カラフルなCGとの組み合わせで独特の世界観がありそうだなぁ~・・と思って密かに楽しみにしてたパコ、初日に観てきました。そして思った以上にそのCGとの組み合わせが巧く出来ていて、とうとう日本にもこんな映画が出来たのか~・・と感慨深いも...
パコと魔法の絵本 (★ Shaberiba ★)
ハンカチじゃダメ~。タオルプリーズ!!(涙)
「パコと魔法の絵本」 (俺の明日はどっちだ)
ウヒョー! その期待以上にキッチュでポップでハートウォーミングな世界に大満足してしまったぞ!と太鼓判を押してしまった映画、それがこのご存知『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の最新作。 一代で富を築きつつも性格の悪い嫌われ松子ならぬ嫌われ爺さ...
パコと魔法の絵本 (映画鑑賞★日記・・・)
2008/09/13公開(09/14鑑賞)製作国:日本監督:中島哲也出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也 子どもが大人に、読んであげたい物語。
パコと魔法の絵本 (だらだら無気力ブログ)
どこか変わった人ばかりが入院しているとある病院で、1日しか記憶が 持たない少女のために、大人たちが彼女に思い出を残そうと奮闘する コメディファンタジー。医者もナースも患者もどこか一風変わった人ばかり集まっている病院に 一代で会社を大きくした老人・大貫がい...
パコと魔法の絵本 (B級パラダイス)
親子連れがたくさんいたなかで観てきました。グッズがたくさんあったようで、かなりの大混雑。ちょっと見てみようと思ったんですが諦めまし...
『パコと魔法の絵本』 (試写会帰りに)
どこまでも現実的で、どこまでもおとぎ話。うふふと笑って、ぽろりと涙させられるおかしな不思議ファンタジー『パコと魔法の絵本』。 パコと魔法の絵本 オリジナル・サウンド・トラック メイキング オブ 「パコと魔法の絵本」と「いつもワガママガマ王子」 変わり者...
映画「パコと魔法の絵本」 (FREE TIME)
3連休中に映画「パコと魔法の絵本」を鑑賞しました。
パコと魔法の絵本 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
舞台そのもののような極端な登場人物がひしめく和製ファンタジー。入院中の大富豪・大貫は嫌われ者の偏屈ジジイ。そんな彼が、記憶が1日しか持たない少女パコのために彼女が愛読する絵本をお芝居にすることを思いつく。映像は一場面に原色が多すぎてちっとも美しくない。...
「パコと魔法の絵本」 (キワモノ偏愛記 増補版)
「パコと魔法の絵本」公式webサイト ネタばれにつき、ご注意ください。
『パコと魔法の絵本』2008・9・16に観ました (映画と秋葉原と日記)
『パコと魔法の絵本』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 有る所に、鞭打ち症の老齢のオカマ(國村隼)や大人の俳優に脱皮出来なかった元有名子役(妻夫木聡)や消防車に轢かれた消防士(劇団ひとり)やとんでもない物に銃で撃たれたヤクザ(山内圭哉)と...
「パコと魔法の絵本」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
思い返しただけで涙が溢れてくる。中島哲也監督の前作「嫌われ松子の一生」のときもそうだった。満員の客席で、隣に座ってた小学生の男の子には奇異に映ったかもしれない。でも大貫と同じ。涙の止め方が分からないのだ。それも早々と中盤で。毎日元気な笑顔で絵本を広げて...
パコと魔法の絵本 (ぷち てんてん)
三連休ですねえ。中島監督のパコ見てきましたよ。これはお勧めです♪どの年代にもOK、ハンカチ持って行ってくださいね~^^)☆パコと魔法の絵本☆(2008)【ファンタジー】中島哲也監督役所広司アヤカ・ウィルソン妻夫木聡土屋アンナ阿部サダヲ加瀬亮小池栄子劇団ひとり...
パコと魔法の絵本 (ネタバレ映画館)
ゲーロゲーロゲロ、カエルの子♪
パコと魔法の絵本 (5125年映画の旅)
可笑しな医者に可笑しな看護婦、可笑しな患者達が集まる病院。偏屈な老人おーぬきは、自分勝手な言動でみんなから嫌われていた。ある日、おーぬきは一日しか記憶が持たない少女・パコと出会った事で、その心情に変化が現れる。おーぬきは、パコの記憶に残るよう、彼女の...
【パコと魔法の絵本】世界で一番幸せな絵本 (映画@見取り八段)
パコと魔法の絵本 監督: 中島哲也 出演:  役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、阿部サダヲ、      上川達也、土屋アンナ、加瀬...
パコと魔法の絵本 (Diarydiary!)
《パコと魔法の絵本》 2008年 日本映画 とある病院に入院中の大貫は、1日しか
パコと魔法の絵本 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ここは、高台にある古いお屋敷。一階はダンス教室になっていて、黒塗りの顔の男性が雄叫びの響く中、大勢の主婦たちがハワイアン&タヒチアンのリズムに乗って踊っていました。 その屋敷の前に、ひとりの老紳士の姿がありました。彼を迎えたのは、屋敷に住む青年です...
『パコと魔法の絵本』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:中島哲也原作:後藤ひろひと出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉公式サイトはこちら。<Story>一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫(役所広司)は、持病で入院して...
パコと魔法の絵本 (せるふぉん☆こだわりの日記)
レビューが遅くなりましたが、昨日9月15日に「パコと魔法の絵本」を見てきました。
パコと魔法の絵本 (せるふぉん☆こだわりの日記)
レビューが遅くなりましたが、昨日9月15日に「パコと魔法の絵本」を見てきました。
パコと魔法の絵本(映画館) (ひるめし。)
小さな女の子がくれた大きな幸せ♪
パコと魔法の絵本 (映画君の毎日)
「下妻物語」「嫌われ松子の一生」と映像も内容も抜群のセンスの中島哲也監督。 独特の色彩や光やその動きが独特で癖になるのか、どうしても観たくなった。 俳優陣もさらにパワーアップしての大人の童話。 演技がしっかりしているからこそ見応えもあり、薄っぺら...
パコと魔法の絵本・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中島哲也という人は、文句なしに素晴らしい才能に恵まれた人だと思うのだが、しばしばサービス精神が旺盛過ぎて、お腹いっぱいなのに更に詰...
パコと魔法の絵本 (Akira's VOICE)
命きらめく絵本劇。  
パコと魔法の絵本 (It's a Wonderful Life)
傑作「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督作品。 ポスターは目にしてたんですけど、これがあの中島監督の 最新作だって知ったのはつい最近。やや忙しくて映画観て なかったので予告にも遭遇してなかったんで、てっきり 最近なんだかハヤリの洋画ファン...
『パコと魔法の絵本』・・・アヤカ・ウィルソンの才華 (SOARのパストラーレ♪)
異様なメイク、派手な色彩、そして実写とCGの合成と、私の苦手な要素が揃っているにもかかわらず、最初に劇場予告を見た時から注目していた『パコと魔法の絵本』。公開が待ち遠しかったこの作品をさっそく観てきた。
『パコと魔法の絵本』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第219回『パコと魔法の絵本』  今回紹介する作品は『下妻物語』や『嫌われ松子の一生』での独特な映像表現とテンポの良い演出で高い評価を受けている中島哲也監督の最新作『パコと魔法の絵本』です。 本作品は2004年に全国8都市で公演された後藤ひろひと原作の舞台『MID...
★パコと魔法の絵本(2008)★ (CinemaCollection)
子どもが大人に、読んであげたい物語。 上映時間105分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/09/13ジャンルドラマ/コメディ/ファンタジー【解説】04年に上演され話題となった舞台『MIDSUMMERCAROLガマ王子vsザリガニ魔人』を原作に、「下妻物語」「嫌われ松....
「パコと魔法の絵本」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「パコと魔法の絵本」公式サイト先週観たのに更新すっかり遅れ・・ タラタラ1日しか記憶が持たないパコのために、大人たちが思い出を残そうと大奮闘。舞台が病院内のみ、セリフもみんな次々と・・で芝居っぽいナーって思ったらコレ、元は舞台な....
★「パコと魔法の絵本」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
だいぶ前から劇場で予告編を流してた期待の1本。 実写と3D・CGの合成みたいな映像は華やかで楽しそう。 監督は「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也。 この作品も豪華・異色キャストで話題だけど・・・ ひらりん的にはヒロイン役のアヤカ・ウィルソンちゃ...
「パコと魔法の絵本」 (或る日の出来事)
ゲロゲーロ! ゲロゲーロ! ガマの王子はわがまま王子。ガマの王子は嫌われ王子。
飛び出す絵本・映画版~『パコと魔法の絵本』 (真紅のthinkingdays)
 PACO and The Magical Book  患者も職員も、一風変わった人間ばかり集ったとある病院。その中でも超偏屈 で嫌われ者の「クソじじぃ」大貫(...
「パコと魔法の絵本」 (首都クロム)
 あの子の心に居たいんだよ!という大貫のまっすぐな思い、その大貫の声で朗々と語られるガマ王子の物語にすっかり引き込まれて夢中になっていました。特に“涙がいっぱい出てくるよ”から“ザリガニ魔人を許せない”と立ち上がるあたりに涙腺を貫かれて、本編前に見たは...
パコと魔法の絵本 (On The Road)
久しぶりに心が洗われました。映画「パコと魔法の絵本」。パコと大貫の心温まるやり取りがいい。いいねぇ。
パコと魔法の絵本(2回目鑑賞) (まぁず、なにやってんだか)
7月29日に「パコと魔法の絵本」完成披露試写会に行ったのですが、もう一度劇場で観たいのと、息子たちにもぜひ観せたくて、今日また「パコと魔法の絵本」を観に行ってきました~。同じ映画を2度も劇場で観るのは初めて。それだけこの映画を気に入っているのです。 ...
パコと魔法の絵本 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ピカデリー> 監督:中島哲也 原作:後藤ひろひと(舞台『ミッドサマーキャロル』) 脚本:中島哲也 門間宣裕 とある病院に入院している大企業の会長、大貫。偏屈で我が儘なその振る舞いに、入院患者も病院のスタッフも手を焼くばかり。ところが...
パコと魔法の絵本 ★★★★ ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
公式サイト プラデラレビュー 極めてベタなお涙頂戴ものだが、あえてコントレベルまでディフォルメさせたキャラクターに演じさせる事で、泣きと笑いの両極端をともにハイテンションで見せきる事に成功。極彩色のカラーリングも、実写とCGが混在する世界観を支えている...
「パコと魔法の絵本」 第2位! (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 292オープニング土日祝興収: 4.67億円中島哲也「嫌われ
パコと魔法の絵本 (映画三昧、活字中毒)
■ シネフロントにて鑑賞パコと魔法の絵本 2008年/日本/105分 監督: 中島哲也 出演: 役所広司/アヤカ・ウィルソン/妻夫木聡/土屋アン...
『パコと魔法の絵本』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「パコと魔法の絵本」□監督・脚本 中島哲也 □原作 後藤ひろひと □脚本 門間宣裕 □キャスト 役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、國村隼、上川隆也 ■鑑賞日 9月14日...
パコと魔法の絵本 (映画のメモ帳+α)
パコと魔法の絵本(2008 日本) 英語題  PACO and The Magical Book    監督   中島哲也    原作   後藤ひろひと    脚色   中島哲也 門間宣裕       撮影   阿藤正一 尾澤篤史                   音楽   ガブリ...
映画鑑賞記「パコと魔法の絵本」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:08.09.22 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ 小さな女の子がくれた大きな幸せ♪ <ストーリー> (cinemacafeより引用)  昔々、大人の俳優に脱皮できずに人生を諦めてしまった元・有名子役の室町(妻夫木聡)、消防車にひかれた間抜けな消防士・滝...
パコと魔法の絵本 (Blossom Blog)
パコと魔法の絵本 監督 中島哲也 出演 役所広司 アヤカ・ウィルソン 妻夫木聡 土屋アンナ     阿部サダヲ 加瀬亮 小池栄子 ...
「パコと魔法の絵本」 「強い」と「弱い」 (はらやんの映画徒然草)
こうやってブログで映画の話を書いていますが、基本的に良くても悪くても観た作品につ
パコと魔法の絵本 (ダイターンクラッシュ!!)
9月20日(土) 16:40~ TOHOシネマズ川崎スクリーン6 料金:0円(TOHOシネマズ会員シネマイレージカードのポイント使用) プログラム:600円(後日購入予定) 『パコと魔法の絵本』公式サイト 連続で少女主演作品を観ている・・・ 『嫌われ松子の一生』『下妻物語...
パコと魔法の絵本 (Memoirs_of_dai)
子役の一生を皮肉ってるが子役が主役 【Story】 変わり者が集まるとある病院。そこは、大人の俳優に脱皮出来なかった元有名子役や消防車に...
パコと魔法の絵本 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『昨日をなくした女の子と明日がいらない大人達のミラクル感動ファンタジー』  コチラの「パコと魔法の絵本」は、2004年に上演された「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」という舞台をベースに、日本映画では初となる3DのフルCGキャラと実写を融合させ映画化...
【2008-215】パコと魔法の絵本 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 子どもが大人に、読んであげたい物語。
【2008-215】パコと魔法の絵本 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 子どもが大人に、読んであげたい物語。
「パコと魔法の絵本」 音読 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
阿部サダヲ、芝居がかっててヤダなぁ~。 病院の連中も大芝居すぎるやん! こんなノリで見てられるかなぁ~と思ってたんやけど、 「ばちゃ~ん けろ~ん  ばちゃ~ん けろ~ん  ゲロゲーロ ゲロゲーロ  ガマのおうじは わがままおうじ  ガマのおうじは きらわれ...
「パコと魔法の絵本」を観る (紫@試写会マニア)
歴代の出演した俳優さんがこぞって「(着いて行くのが)大変だった。」という中島監督。 そんな監督の新作「パコと魔法の絵本」を観てきました。今回は俳優さん達の方が一枚上手(笑)で、監督に上手く対応していたようですが。・・・正直、「なんでこのオヤジ(失敬)か...
『パコと魔法の絵本』 2008-No59 (映画館で観ましょ♪)
舞台「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」の映画化 あれこれいっぱいおもちゃ箱。 ポンポンと飛び出す絵本。 楽しかった♪ 人間...
焼きハマグリには貝が必要●パコと魔法の絵本 (Prism Viewpoints)
子供が大人に、読んであげたい物語。 ――― (公式キャッチコピー) 『パコと魔法の絵本』 パコと魔法の絵本 - goo 映画 一代で会社...
映画「パコと魔法の絵本」 (Andre's Review)
パコと魔法の絵本 2008年 日本 これは予告編を見たときから、絶対に映画館で観たいと思っていた作品。こういう映像が命の作品はやはり劇場の大スクリーンのほうが見ごたえがあります。 舞台はとある病院。貧しい出身から独りで会社を大きくし、周囲のものを誰も信じない偏...
パコと魔法の絵本 (掃き溜め日記-てれびな日々-)
昔々、大人の俳優に脱皮できなかった元有名子役や、消防車にひかれたまぬけな消防士など、患者だけでなく医者や看護師も変わり者ばかりが集まる病院があった。中でも一代で自分の会社を築いた超ワガママ老人の大貫(
パコと魔法の絵本 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。中島哲也監督、役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也。「お前に名前覚えられるだけで不愉快だ」という傲岸不遜の偏屈じじい大貫(役所広司)が、決して自分の名前を覚え...
あの子の心に残りたい (CINECHANの映画感想)
249「パコと魔法の絵本」(日本)  変わり者ばかりが集まっている、とある病院。中でも一代で会社を築いてきた我儘放題の大貫は「お前が私を知っているだけで腹が立つ」と傍若無人な振る舞いで、病院中の嫌われ者。毎日同じ絵本を読んでいる無邪気な少女パコに対して...
『パコと魔法の絵本』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵...
「パコと魔法の絵本」で3回泣く男 (変化という流れの中で。CLOVER!!!!)
★1日しか記憶がもたない少女の物語。 どうもこんにちは。イマジュンです。 先日、「パコと魔法の絵本」を観ました。 「崖の上のポニョ」「容疑者Xの献身」に続く、 今年3回目の映画館での映画鑑賞です。 そんな「パコと魔法の絵本」ですが、 僕の記憶が正し...
ケロロ群像 中島哲也 『パコと魔法の絵本』 (SGA屋物語紹介所)
えーと、これまだやってるよね?[E:coldsweats01] 終了間際に滑り込
パコと魔法の絵本 (Addict allcinema 映画レビュー)
子どもが大人に、読んであげたい物語。
パコと魔法の絵本 (Blowin' in the Wind)
 気分転換だと思って、お薦めに名前を挙げている人も多い『パコと魔法の絵本』のDVDを見た。  何の予備知識もなく、名前からして、Disneyだのピクサーだのが作りそうな、大人のファンタジーとは名ばかりの子供向け映画か、ティム・バートンあたりが撮るような不思議世...
パコと魔法の絵本 (mama)
2008年:日本 原作:後藤ひろひと 監督:中島哲也 出演:役所広司、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、アヤカ・ウィルソン、上川隆也 一風変わった人たちが集まっている、ある病院。病院中の嫌われ者でわがまま...