我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

嫌われ松子の一生/memories of matsuko

2006-05-20 01:10:20 | 劇場&試写★6以上


"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分!
試写にてちょっとだけ早く観てきました
面白かった~
長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる

原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。

嶽本野ばら原作のハイパーパワフルな乙女の友情を描いた
下妻物語」を映画化した、中島哲也監督の新作。

主演には、原作の大ファンで
「松子を演じる為に女優になった」発言までした中谷美紀

松子になりきった

ヘン顔もサイコ~♪



前回同様、CGを使ったポップでカラフルな映像
キラキラしてて、時にメルヘンチックで時に乙女ちっく
そして時に、昭和の時代を映したノスタルジック

前作同様、
ミュージシャンやコメディアンなどの濃~い面々がちょこっとづつ出演!
み~んな、ハマってる☆

お笑い番組あんまり見ないので詳しくないけどゴリとか、
スゴいキャラ。(メイクと入れ墨が 笑)

劇団ひとりとか、、、

「下妻」にも出てた荒川良々とかいう人とか、、、

謎のチンピラ、武田真治とか、、、


突然、死んだ松子おばさんの部屋の整理をするハメになる甥っ子

瑛太くん(初めて観たケド)も、普通っぽくて良かった
他にも沢山☆☆

歌良し
テンポ良し
キャスト良し


"嫌われ松子"というより、男運なし松子の一生
と思ったら、そこには父や妹との、思うようにいかない満たされない愛もあって、、、

意外にもホロリとさせられた


松子の、その時々の心情歌と踊りとなり、突然ミュージカル風になる。


刑務所で過ごした時間と、親友との出逢いは1曲の歌で表現
ココも良かったなぁ~


個人的に気に入ったのは、そのキラキラした映像もだけど
あらゆる松子の登場シーンではお花が出てくるところ

松子は夢見る乙女だったのね、、、、。
それがどういうワケか、しょうもない男たちに裏切られて
自分の方に向いてほしい父親には愛されず、、、、

松子は、ただ愛されたかったのだね




8/10
大爆笑ではなく、それでも結構笑って
そして何よりホロっというか、ジーンとくるものがあった
原作があるので、それに合わせて入れた中途半端な人物もいたりもしたけど
(柴咲コウとか)
それは置いといて、満足の1本
※あ、原作は読んでないワタシの意見。


いろんな味の詰まった、
懐しいサクマドロップみたいな映画


公式サイト
5月27日~全国ロードショー

中島監督インタビュー

監督が、名作『風と共に去りぬ』を指して
「僕に『嫌われ松子の一生』という作品を作る
勇気を与えてくれたのは、この映画です」

と雑誌のインタビューで語ってたけど、
オープニングタイトルとエンドロゴがそっくりでした  笑


公開したらもう一度観たいかも。。。
原作を知る人はどう観るかな~?


人気blogランキング←please click
現在6位にランクイン
いつも読んでくれて&応援もありがとう~~

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (75)   Trackbacks (137)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近のハマりもの、、、、カチュ... | TOP | ダ・ヴィンチ・コード/THE DA VI... »

75 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいなぁ (sin)
2006-05-20 01:51:41
もう見られたんですね!

羨ましい…。



でもmigさんの感想見て、ますます観に行く決意(?)が固くなりましたよ。

公開まで楽しみに待つ事にします♪



明日早速「ダ・ヴィンチ・コード」観に行ってきます。
うーん? (ふる)
2006-05-20 04:43:06
どーもー前回migさんに怖いもの好きそうなのにって、会ったこともないのに言われましたあー 当たってマース。

つのだじろうとか大好きでした。



で、嫌われ松子

とんでもないことになってますね。

原作はだいぶ前に読んだんですが、くらーくなる。ジメジメした、これまた私の好物だったんですが、なんかはっちゃけちゃってますね。

原作は笑いゼロなのに…

でも、それも脚本家監督だのの力量なんでしょう…と言いつつ、荒川良々をヨシヨシとなでながら失礼します→
わ~ (Marin)
2006-05-20 11:37:37
面白そう!もう観たなんてやっぱり羨ましいです…。

「下妻物語」が良かったのでこの監督さんの新作楽しみにしてました

レビュー読んでますます観にいきたくなってしまいました
おもしろそっ! (charlotte)
2006-05-20 18:12:41
こんにちは~!

何気に見たくって~

もう見たのですかぁ・・・

羨ましい~

migさんがほろっときたなら、私はぽろっと涙かな

サクマドロップくせになりそっ…爆

見たら、またこちらにきま~す
sinさん☆ (mig)
2006-05-21 01:19:09
楽しかったですよー♪



期待しても、多分大丈夫ですよん



「ダヴィンチ」~ダメでしたぁ
ふるさん☆ (mig)
2006-05-21 01:21:43
アハハ、あれ、ふるさんの顔写真、プロフィールに

あるやつがそうですよね☆??



そうみたいですねー、原作とは結構違うみたいで、、、

だから原作が好きな人には笑えないのかな?

ダメかな??

ふるさんの感想、聞きたいですー
marinちゃん☆ (mig)
2006-05-21 01:34:20
期待しても大丈夫ですよ~♪

けっこう笑ったし、最後にはジーンと。。。

まるでディズニー映画みたいな合成CGとか、

ミュージカル風シーンとか、とにかく色々で

1本で何度も楽しめる、感じかな☆



あ、marinちゃんのところにコメント書く際に、

既に書きながら文字化けして見えないんですの

だから別のPCからの時に書き込みしますね☆
charlotteさん☆ (mig)
2006-05-21 01:37:04
オススメです♪

charlotteさんは、そうねぇ、泣いちゃうかな??

そんなに泣いてる人はいなかったようだけど

ちょっと感動という感じかな。

ホロリとくることは間違いなし



charlotteさんのレビューも楽しみにしてますー



サクマドロップって、まだ売ってるのよね(笑
オモシロそう~ (kino)
2006-05-21 11:16:38
migさん こんにちは!

これ、原作をこないだ読んで、

すっごい面白かったけど 暗くて重かったので

映画がどんなふうにPOPになっているのか

とても楽しみです!

中谷美紀さん、「力道山」もよかったし!

見たい映画が多くて困ります。
kinoさん☆ (mig)
2006-05-21 23:05:34
こんばんはー

コメントこちらにもありがとうございますー♪



あ、原作読まれたんですねー。

そうですね、原作は原作として切り離して観た方が

より楽しめそうです、

けっこう違うようなので。。。。☆

でもkinoさんも積極的に沢山観ていますよね



原作を知ってる人の意見も是非聞きたいです

kinoさんのレビュー楽しみにしています
TBさせて頂きました (Boh)
2006-05-22 01:06:34
こんにちわ。

TB、コメント有り難うございました。

こちらからも貼らせて頂きます。

今年上半期は例年になく邦画を見まくってます。つい先日「海猿」がベスト5に! と思っていましたが、松子を見たら、海猿より面白かったかも…。中谷美紀がとにかくすごかったですねぇ(笑)
Unknown (kazahana)
2006-05-22 10:21:38
こんにちは、TB返し&コメントありがとうございますm(__)m

こちらはスパム防止の為、TBは一旦下書き状態になります。すぐ表示されないので、分かりづらくて申し訳ありません(~_~;)



中谷美紀さん、綺麗でちょっと独特な面もあるそうで、「松子」にぴったりですね。

下妻物語は観てないのですが、主演のお2人も役柄にはまっていたみたいなので、いつか観ようと思っています。

こんばんは☆ (mig)
2006-05-23 00:55:46
bohさん



「海猿」そんなに気に入られたんですね

中谷美紀はほんと、ハマってました☆

もう一度観たいなぁー。

TB,コメントありがとうございました







kazahanaさん



すみませーん

あとでみたらニ個も入ってしまって、、、、

余分な分、お手数ですけど削除してください。

また宜しくお願いします
Unknown (悠)
2006-05-23 21:25:49
評判よさそうなので、「ダ・ビンチ。。」よりこちらを優先。暗そうな話だったので、でも、下妻物語の監督さんだし、、って思って迷ってたんですが、予告編のミュージカル風なのを見て、絶対こちら。中谷美紀の撮影日記もこの間は買わなかったのですが、面白そうと、書店に行ったら、売れきれてました(T_T)
悠さん☆ (mig)
2006-05-24 00:12:18
中谷美紀の本もかなり売れてるんですね~。



映画の方は、観終えてからも

あー、やっぱり面白かったなぁーって。

「下妻物語」も良かったけど、

こちらの方が更に好きです♪

もう一度観たいナ

今年のベストに入るくらい気に入りました
面白かった。 (悠)
2006-05-27 17:44:29
和製ミュージカル。これ、歌がなければ、ただ、悲惨なだけの人生では、自分の選択が、悪いほうに行く女性(たとえば、男選び、仕事選び)。

ー刑務所で荒川良々を思ってるシーンが一番、よかったかな、刑務所の中での歌も。

歌が、人生の応援歌であり、歌があるので、、「生きる」ってことって楽しいよって、感じで伝わってきます。
楽しかったです♪ (azamy)
2006-05-27 21:47:04
こんにちは~。

下妻も好きですが、こちらのほうがもっと好きですね~。

本当に本当に楽しい作品で、あっという間に終わったという感じです♪

主演者も豪華でしたよね~。
こんばんは~♪ (ミチ)
2006-05-28 00:59:33
全くもう中島監督の頭の中ってどうなってるんでしょうか~?

あの原作をこんな風にしちゃうなんて、すごすぎます!

もっぱら脇役の方たちばかりを注目してしまいました。

片平なぎさがお気に入り~☆

画面手前のお花もすごかったね~。
こんにちは☆ (mig)
2006-05-28 03:27:12
悠さん



もう、歌がまた最高ですよね!

どれも、良い♪

ワタシも刑務所での曲も大好きです♪





azamyさん





ほんとに☆

ワタシも「下妻物語」よりも好き

あちらはあちらで良かったけど。。。

この作品、あとからもまた何故かじわじわときて、

今また観たい騒動にかられてます(笑

また観るワ





ミチさん



こんばんはー♪

あ、ミチさんは原作読んだ派ですもんね☆



全く違うみたいで、、、、

あの監督の映像マジック、ほんとスゴイ

そうなの~

あのお花たちの演出もすごくお気に入り
中島監督 (kazupon)
2006-05-28 09:18:39
migさん、中島監督はスゴイ人じゃないかと

「下妻物語」を観たときに思いましたけど、

この作品で確信に変わりました。^^

もうこういうの大好きなんですけど、やっぱり

ちゃんと芯のある映画というか。派手なんですけど、

深いものもちゃんとあります。

不幸な人生だって見方変えればひょっとしたら

楽しいのかも?とさえ思えるというか(笑)

中谷美紀はいい役ゲットしましたよね~。

この映画海外でウケるんじゃないかと思います^^
有頂天クラス? (メビウス)
2006-05-28 22:28:52
migさんこんばんわ♪



自分は下妻観てないのですが、それでも結構楽しめました♪

ポップでカラフルな世界観が独特でしたけど、出演陣がかなり豪華で驚きです。有頂天ホテルに負けず劣らず?



ゴリがもうツボです・・♪(^m^;)
POPさへの転換 (たましょく)
2006-05-28 22:50:55
 TBありがとうございますm(_ _)m



 原作に忠実に映像化してしまうと

観賞後、なんか暗い気持ちになりか

ねないところを、中島監督独自の演

出で「不幸の中にも華やかさ」と言

った感じでしょーか。



 中谷美紀さんは、女優としても素

晴らしいだけに、あの表情を何度も

やるところは、何か「吹っ切れた」

感がありました。
kazuponさん☆ (mig)
2006-05-29 00:43:12
ほんとそうですね、

映像がまずすごいし

キャストも歌も楽しい♪

視覚的にも面白いから絶対海外でウケは良いでしょうね

kazuponさんの言うように

「クムジャさん」もちょっと入っていましたね



はじめ「下妻物語」観た時はマンガちっくだけど

キラキラしい世界にびっくりでしたー

今後も期待できますね☆
こんばんはー♪ (mig)
2006-05-29 01:19:15
メビウスさん



いつも、コメントありがとうございます☆

ほんと、有頂天ホテルに負けてないですよね!

作品としても、キャストの好みも、ワタシは断然こちらです



も一回、観ようと思ってマス♪







たましょくさん



コメント有り難うございます



そうとう暗い原作らしいですよね、

あの派手な映像、かなり楽しめましたし

歌も最高でしたよね

忠実に映画化すればいいってもんでもない、

という感じもうけました。

原作のファンの人は、ちょっと違うなぁーと思うでしょうが、

これは監督の表現した世界、ですよね



中谷美紀だったから良かったんじゃないかな。と思いました☆
TB感謝! (スナッチャー)
2006-05-29 11:40:03
TBありがとうございます。



原作はもっと暗いらしいですが、一気に読めるとか。

その原作の良さを掬い上げ、ミュージカル仕立てにした監督さんの才能に拍手・・。

中谷美紀、最高でした・・
なんだかんだと・・・ (charlotte)
2006-05-29 13:22:26
こんにちは~!

最初はちょっと乗り遅れました。

ゴリに引きました。汗

でもあの体の刺青、面白かったですよ~自分を体に刻み付けてるなんて~。

「フランダースの俺」とか「意外と照れ屋」とか彫ってあるらしいっ。笑

でも、なんだかんだと楽しんだんです♪

キャンディ・キャンディみたいな髪型、一押し!
TBを間違えてしまいました。。 (こーいち)
2006-05-29 15:51:51
こんにちは。

アンディの日記シネマ版のこーいちと言います。

TBを間違ってしまいました。

失礼しました。削除してくださいm(__)m

嫌われ松子のTBしようとしたのですが、

反映されないみたいですので

また後ほどさせていただきます。
サクマ (現象)
2006-05-29 20:18:16
サクマドロップ!

ほんとそんな感じの映画でしたねぇ。

タイトルロゴがどこかで見たことあるなぁと思ったら、

「風とともに去りぬ」でしたか。

そういや男に翻弄される女性を描いた…

あれ?どんな映画だったっけかな?

よく考えてみたら「風と~」ほとんど覚えてませんでしたw
トラックバック・・・ (冨田弘嗣)
2006-05-29 21:26:31
 ありがとうございます。お久しぶりです。かなりの酷評を書いてしまいました。抗議のメールもたくさんきます。気づいてくれて、トラックバックしていただき、ありがとうございます。感謝。  冨田弘嗣
スナッチャーさん☆ (mig)
2006-05-30 00:07:01
コメントありがとうございます♪



ほんと監督の手腕ですね。

映像がまた面白くって☆



中谷美紀もそうとうハマってました。

あのヘン顔、よくやったなぁーて

あれだけでも感心です (笑

charlotteさん☆ (mig)
2006-05-30 00:18:01
ゴリ!

あのマンガみたいなキャラが逆にワタシにツボでした



そうそう、あの刺青。ワタシもじっくり読んじゃった

色々至るところで楽しませようっというのが感じられる作品で好感♪

この映画のノリが好き
こんばんは☆ (mig)
2006-05-30 00:26:52
こーいちさん



お世話になっていますー。

わざわざお知らせありがとうございます☆



あれ?何でできないんでしょう、、、

お時間ある時にでもまたお願いします~







現象さん



コメントありがとうございます

いろんな色、味が詰まってて楽しかったですね♪

ありゃ、「風と共に去りぬ」は

男に翻弄されるのではなく、

一人の気強い女の人生を描いています

ワタシは「風と~」は、多分生涯ずっと1番好きな映画です



機会があれば是非観てくださいー





冨田さん



こんにちは♪

反対にワタシはとっても気に入ってしまいました☆

冨田さんは「下妻」は80点だったんですね。

今日、久しぶりにTVでやってて観たのですけど

やっぱり面白かったです

でも、松子の方が音楽もキャストもいくぶん好きです
ムーランルージュ (にゃんこ)
2006-06-01 07:03:26
不思議なことに、大好きな映画ムーランルージュと

なぜかイメージ重なったんですよね(笑)

この映画、猫は暫定邦画ベストです

まだ半年もあるのに~^^;;;びっくり

また、観たい映画です。

いまは頭の中はサントラがぐーるぐるエンドレス状態です(笑)
サクマのドロップ (なぎさ)
2006-06-01 14:57:03
と~ってもナイスな表現だわ~migさん!

私もコレはかなり気に入りました♪

笑わせて、泣かせる映画ですよねぇ。

天地真理の・・・「水色の恋」(←タイトルこんなだったかな?)を始めとする懐かしい歌や出来事もはまった要因になってます!

・・・私も『ダ・ヴィンチ~』ダメでした~。。。

こっちのほうが絶対おもしろい☆
こんにちは (キャスト)
2006-06-01 16:04:56
コメントありがとうございました。

出演者全員見事なはまり役揃いでしたが、中谷美紀の演技は神がかりのレベルでしたね。

私にとって、笑い:泣きは1:9の感動映画でした。
こんばんは (ノラネコ)
2006-06-01 21:30:29
面白かったけど、ちょっと一本調子で疲れてしまいました。

情報量も凄いですし、90分くらいにまとめてくれたらもっと良かったかもです。

中谷美紀は彼女のベストアクトだと思います。
TBいただきました (りょう@壺)
2006-06-01 21:54:42
面白かったですね~、この映画^^



でも、内容の重さに具合悪くなってしまいました^^;

この重たい内容をコメディにする、監督の感性に驚愕。
ノラネコさん☆こんにちは (mig)
2006-06-01 22:13:28
んー、一本調子、、、、

そうですか。。。。



色々な取り方はありますよね☆



あのポップな感じなのにラストはちょっと重く、、、

あくまでもエンターテイメントとしてみたら

面白い作品だなっと思いました♪
りょうさん☆ (mig)
2006-06-01 22:16:14
ほんとそうですよね。



原作はとても暗いはず、、、なのに。。。



でもあの監督だからこそ出来た映像ですよねー

いいオジサンなのに

女の子らしいロマンティックテイストをいつも忘れない人だなぁって感心しちゃいます♪
にゃんこさん☆ (mig)
2006-06-01 22:41:40
コメント、前後してしまってごめんなさいー☆



わかります♪

ワタシも☆今年のベスト10には入ると思う。



サントラもすごく良くって。

きっと買うかも☆

また聴きたいっ

ていうか、また観にいきます♪
コメントありがとうございます☆ (mig)
2006-06-01 22:44:44
なぎささん☆



なんか、時事ネタというか、その当時のニュースをうまくTVでリンクさせて、当時の時代背景、うまく表現していましたよねー何か、なつかしささえ感じる不思議な感覚でした☆

ワタシ、古い人間じゃないのに(笑



お気に入り作品となりました☆
キャストさん☆こんにちは (mig)
2006-06-01 22:47:07
ほんとです、

彼女だったからここまで素晴らしくなんたのかも、と思わせるところがまた凄いですね。



もちろん、監督の手腕も素晴らしい☆



ワタシは笑いに+ホロリかナ。

でも笑いだけに終わらなかったのは意外でもあり、良かったですねー。
楽しかった★ (きらら)
2006-06-02 10:57:34
migさん、こんにちは



松子、面白かったぁ~そして、ホロリとさせられちゃいました

下妻でちょっと心配になっていたけど、そんな必要なし!

観てよかったです☆

松子はもちろん、脇役にいたるまでのキャストが良かったですね。それも笑えました。

あと、私もお花がカワイイ☆と思いました。



ホントウに楽しい作品でしたね



・・・あ、柴崎コウはセカチューに引き続きいなくてもいいんでない?役柄でした。笑
こんばんは♪ (ゆかりん)
2006-06-02 22:04:16
テンポも良くてとても面白かったです。

なんで~な人生なのに笑いあり、涙ありで楽しめました。

柴崎コウは何だったんでしょ(笑)
きららさん☆ (mig)
2006-06-03 00:09:15
こんにちは☆



きららさんは「下妻」ダメだったのぉ~??

こないだTVでやっててまた観たけど

やっぱり面白いなーって観てました♪



それでも「松子」の方が好き



お父さん(榎本明)との関係も良かったし、

死んじゃってて、甥っ子がおばの生き様を辿る、、、というのもよかった

ほんと柴咲コウはいらないと思ったけど、

原作ではもうちょっと関わってたとか?(らしい)



刑務所のシーンも結構すきです
ゆかりんさん☆ (mig)
2006-06-03 00:12:25
良かったですよね♪

ちょっと楽しみにして観たんですが、

期待を裏切らない出来でした☆



日本人ってあんまりコメディ、馴染みなくて笑わない人種だけどかなりいろいろな場所でウケてましたよね~

もっとこういう作品、観たいです。
観てきました (jamsession123go)
2006-06-03 10:34:46
こんにちは、jamsession123goです。

ブログで評判がよかったので、観に行ってきました。

ところが、期待通りで、何作かぶりに、いい映画を観た気分です。

ただ、残念なのが、50代の松子は中谷美紀にはちょっと難しかったのかな、というところですね。

jamsession123goは、デビュー以来彼女は細く長く注目していた女優で、この映画での飛躍を期待していたのですが、まだ、ちょっと、監督が目指していたものを全て演じれるほどまでには至っていなかったようです。

でも、彼女の文字通り体当たりの演技は、素晴らしいと思います。
観て来ました~ (sin)
2006-06-03 11:13:52
かなり派手でしたねぇ(笑)

ネタの数々にはかなり楽しませてもらったんですけど、中心となるストーリー自体がちょっとイマイチでした…。

でも、一気に見せてしまう力技(笑)は凄かったですね。



TB頂いていきます♪
初めまして! (hi-lite)
2006-06-03 12:31:26
元映画の仕事をしていたタクシーの運ちゃんです。

今でも映画の仕事を続けていたら自分もこんな作品やりたかった…

楽しくて感動を与えられる素敵な映画だったと思います。

つたない記事ですがトラックバックさせていただきます。
こんにちわ☆ (orange)
2006-06-03 16:39:36
migさん~☆どうもです。

この作品は本当にハイテンションでしたね。

松子を演じた中谷美紀さんは素晴らしかったです。

>いろんな味の詰まった懐かしいサクマドロップという表現。

上手いですね~昭和から平成にかけての歴史を感じさせる一品でもありました♪
jamsession123goさん☆ (mig)
2006-06-04 01:46:36
ええ、jamsession123goさんに同感です。



ワタシも、レビューには書かなかったのですが

50すぎの松子がちょっと違和感ありました。



声も含めてオバサンに見えない

そこは惜しかったですよね☆



でもこの作風がすごく気に入りました

中島監督の次回作も楽しみです。
sinさん☆ (mig)
2006-06-04 01:50:27
かなり派手ですよ~

やっぱりCM出身の監督だし、見せ方にはひとクセもふたクセもありますよね。



この世界観が受け入れられないとダメかも。。。
hi-liteさん☆ (mig)
2006-06-04 02:14:40
はじめまして♪

コメントとTBありがとうございます。

映画のお仕事されていたんですね、

作る側の熱意って凄いですよね☆



監督の原作をオリジナルに変えたセンスの良さと、

多種多様なキャストたちに満足いく作品でしたー



また気軽にTBくださいね♪

orangeさん☆ありがとう (mig)
2006-06-04 02:18:49
こんにちは♪



楽しい作品でしたね

テンポもいいので全然あきさせなかったし。



サクマドロップ、最近も売ってるんですよねー

びっくり(笑



時事ニュースがテレビから流れてくるのも面白かったです☆

極めつけに光GENJIとくるとは。。。

しかも微妙な位置づけの内海

笑ったリちょっとほろりとしたリ、感情の変化も楽しみました
はじめまして。 (うさぎママ)
2006-06-04 18:35:20
TBありがとうございました。

確かに光ゲンジには、でした。

原作をあそこまで思い切ってひっくり返す

監督の感性に脱帽です
キャスト (aq99)
2006-06-04 23:05:37
バラエティの人が結構目に付きましたね~。

でも東京芸人ばっかりというのが、しかたないですが、やっぱり寂しく感じます。

クドカンは最初、高橋一生やろと思ってました。ゴリはなんとなく石橋貴明に似てるなぁ~と思いましたよ~。
うさぎママさん☆ (mig)
2006-06-04 23:35:09
はじめましてー♪コメントありがとうございます



ほんと、原作読まれていた方にはびっくりなんでしょうねー。

この中島監督、決して若くないのに、

感性がすごく斬新だし若いですよね。

次回作も今から楽しみです☆
aq99さん☆ (mig)
2006-06-04 23:39:46
こんにちは♪



バラエティ(お笑い)の人たち。。。

あまり好きじゃないんですけど

わりと好きな人たちが出てたので良かったです(個人的には)

高橋一生?というのは誰かわからないですけど(ゴメンナサイ疎いんですっ)

クドカンも顔を知らなかったので

後でこの人かぁ、と知りました



でも、劇団ひとりとゴリ、なかなか良かったです
Unknown (ななな)
2006-06-06 15:13:19
migさん、こんにちわ。

お花畑でキラキラ~とかそういうのが大好きなのでまずはそこで楽しんじゃいました。

あの中に入って一緒にスキップしたいなぁとか思いながら(笑

でも後半になるにつれて松子の人生の切なさにじ~んでした。

なななさん☆ (mig)
2006-06-07 01:04:26
こんばんはー。

ね♪

可愛かったよね~♪

あんなオジサン監督が撮ったとはちょっと思えないくらい

ロマンティックで☆

それでいて、ちょっと残酷、、、。



ホロリとさせたのはホント意外でしたー
面白かったですー!! (satty)
2006-06-08 15:48:49
こんにちは!

「下妻~」に続き鑑賞しましたが、どちらも、こんなに笑えて、泣ける映画だったとはっ!!って感じです。

これ、本当に楽しめましたー♪

ノスタルジックな感じも歌もキャストも花々も、

みーんな好きです!
sattyさん☆ (mig)
2006-06-08 17:54:34
いつもTBとコメントありがと~

なかなかコメント残せなくてごめんなさい★



楽しい作品で、もう一度観たいです

ちょこちょこ笑えてホロリとして、、、

ラスト近くの松子、53歳には見えなかったですけどね(笑  単に太っただけのような、、、
中途半端な (にら)
2006-06-09 15:38:09
柴咲コウは、いきなり青年海外協力隊に志願しちゃうんですけど、あれは絶対、困った人を助けることに目覚める→ハイパーレスキュー隊員になる→トヨエツがモジャモジャ頭になる→日本は一気呵成に沈む、という東宝とTBSが仕掛けた『日本沈没』の伏線に違いありません!



ちなみに、TBSが沈没するその余波で転覆するのが『ポセイドン』だ、と『海猿2』の亀山プロデューサーが言ってました(嘘)。



てなわけで、TBありがとうございました。
すごいアツイですね! (まんまる)
2006-06-09 20:04:03
はじめまして。

映画関連のところをいろいろウロウロしていて

たどり着きました。

「嫌われ松子」最高でした。

こんなふうに思える日本映画に久々に出会えた気がします。

すごく盛り上がっているブログですね!

またお邪魔します!
にらさん☆こんにちは。 (mig)
2006-06-10 00:47:52
にらさん、あいかわらず頭冴えてる~(笑



そうとは知らず、、、すっかりこの作品のとりこになっちゃいました☆

来週あたりまた観たいなー♪



☆Hey!ヽ(´ー`#)ノ Hello!☆ (とんちゃん)
2006-07-30 10:58:06
mig様、こんにちは~♪

TBの件、私の方から いつも一方的にしてますが 気にしないで下さいね★



コメントもわざわざ 別の場所からいただいて・・・有難いです(^.^)



私のブログの方は たいした事を書いてないので(笑) 私気にしないで 来ますから

本当に、気を使わないで下さいね★ そして私は今まで 通り 観に来ま~~す♪ だって mig様のブログ 楽しいんだもんo(*^▽^*)oエヘヘ!

とんちゃん☆ (mig)
2006-07-30 21:32:55
こんばんわ~



大したこと書いてないだなんて~

ありがとー、とんちゃん。

いつも見てくれてうれしいよぉ

んじゃ、たまにしかお返しできないけど、

気にせずTBしてねっ
こんばんは♪ (miyukichi)
2006-08-03 04:20:42
 遅ればせながら観てきたので、

 またまたTBさせてくださいね♪



 ほんとに、なんだか濃密な映画でした。

 頭でぐるぐる回ってて、寝れません^^;;

 (それでこんな時間の書き込みです 笑)



 中谷さん、熱演でしたね。

 松子になりきってて、よかったと思います◎
miyukichiさん☆ (mig)
2006-08-03 22:37:50
こんばんわ♪



いつでもOKですよん☆



中谷美紀のなりきりが良かったし、

曲も映像もすごく良かったです~



最期の方、太ったオバサンはかなり“若く”見えましたけどネ☆TBあとでお返しにいきます
Unknown (りお)
2006-08-17 00:08:17
migさん高評価ですね!

わたしは松子に感情移入出来なくて、ちょっと辛かったです。

出てくる男はダメ男ばっかりだし(笑)

ダメ女(と言い切るのもアレですが)はダメ男を引き寄せてしまうのか…



23歳の松子も40歳の松子も区別出来なかったのは、わたしだけ?(笑)
りおさん☆ (mig)
2006-08-17 08:36:02
あれ???りおさん、ダメだったの~??



わたしはかなり気に入っちゃって

2回目も観たくらい



音楽も好きで☆



でも、ラストのたたみかけは、

ちょっとしつこいよ、って思っちゃいましたー



そうそう、歳とった松子、

かなーり違和感あった~!!(笑

太らせてちょっと汚したダケで

そのまんま松子やん





あとでりおさんとこ行きまーす
Unknown (あっしゅ)
2007-01-20 02:18:16
mig姉さん!こんばんわぁ~♪
TBありがとうございますぅ~。

観ましたよぉ~これ!
松子の一生、とても辛いものがありました。
愛されず、愛し方を知らない松子、、、。彼女は一生懸命なんですけどね、、、。

それにしてもキャストがすごかった!
ゴリが出てきたときは嘘ぉ~って思いましたが、
でも彼が適役だったと思います(笑)。
あっしゅ坊やちゃん☆ (mig)
2007-01-20 10:08:31
はーい♪おはようございます♪

あっしゅくんは辛すぎてダメだったのね~。
ザンネン!

わたしはこの世界観や見せ方、監督のこだわり、
そして音楽にハマってしまって
2回観て2回とも楽しんじゃった

ゴリも頑張ってましたね(笑)
コメントありがとう
観まくってるので (八ちゃん)
2007-02-01 01:26:41
お返事遅れました~
ヒマな時期をいい事に休みを増やして映画観まくってます。記事遅れました。お返事も…

いやぁ、凄かったです。
一人でスクリーン占有して幸せ者です(笑)

こんな映画を出せるようになった邦画界にも感謝したいくらいですわ~
八ちゃん☆ (mig)
2007-02-01 10:33:55
おはようございます♪コメントありがとう

一人スクリーンってスゴイ!!
わたしそんなコトは一度もないなぁ。。。

楽しかったですよね
わたし二度もみちゃいましたよ

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

137 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『嫌われ松子の一生』 (ラムの大通り)
----『下妻物語』の中島哲也監督の新作。 前作が大絶賛されただけに注目度も高いよね。 「う~ん。これはある意味、スゴい問題作だね。 どう評価していいのか、 一言で言えばこんな映画観たことがない。 これまで彼が豊川悦司&山崎努の卓球対決(『サッポロ黒ビー ...
嫌われ松子の一生 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
かなり、映画感想アップしてないのがあるんですけど…。 (約5作品あげてないw) 先に舞台挨拶付きで観せて頂いたし、 大好きな中谷美紀さん主演の映画なので 感謝(宣伝?)の意味も込めてこちらを!(笑) 「嫌われ松子の一生」2006年公開・邦画・PG ...
松子の一生に涙する【嫌われ松子の一生】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「嫌われ松子の一生」 タイトルだけでキョーレツである。 本屋で平積みされている
『嫌われ松子の一生』 (試写会帰りに)
『嫌われ松子の一生』試写。 終盤からラストまで、涙が止まらなくなりました。 何故なのか? 自分でもわからないほどに。 松子は、女の子なら誰もが持っている感情の固まりで、その行く末も、哀しいけれど、誰でも行きつく先なのです。 少女の頃は、誰でも白馬の ...
映画vol.59『嫌われ松子の一生』※舞台挨拶付試写会 (Cold in Summer)
 映画 vol.59 『『嫌われ松子の一生』』※舞台挨拶付試写会 監督:中島哲也(「下妻物語」) 出演:中谷美紀 (あんどう)瑛太!!  公式サイト ◇BONNYPINKさん 舞台挨拶 曲のイメージとはほど遠い、どちらかといえば ...
映画:嫌われ松子の一生 試写会 (駒吉の日記)
嫌われ松子の一生@TFMホール 「♪ま~げて~のばして~おほしさまをつかもう~♪」」 予告では悲惨なストーリーにカラフルな映像、派手な音楽・・・まさか泣かされるとは思ってなかったです。主演の中谷さんは監督と大バトルだったそうで・・・エロとか ...
映画 「嫌われ松子の一生」 (ようこそMr.G)
映画 「嫌われ松子の一生」 を観ました。
「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著) (京の昼寝~♪)
  「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著)【幻冬舎文庫】 川尻松子の波乱万丈な人生を描いた作品。主人公川尻松子、昭和22年、福岡県大野島生まれ。20代で教師をクビになり、エリートから転落して家を飛び出しソープ嬢に。やがてヒモを殺害して刑務所へ…。 ...
「嫌われ松子の一生」試写会 (ミチミチ)
「嫌われ松子の一生」 監督 中島哲也 CAST 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子・・・story 歌手を夢見て上京していた笙。父親が突然状況。叔母が死んだという。あったことのない叔母は松子という。波乱万丈の彼女の運命を追いかけ始めて・・ ...
嫌われ松子の一生 (週末に!この映画!)
期待値:89%  小説が原作の中島哲也監督(下妻物語)映画。 話は悲劇だけど、CGなどを使ってポップ
感想/嫌われ松子の一生(試写) (APRIL FOOLS )
『下妻物語』でその名を知らしめた中島哲也監督の新作『嫌われ松子の一生』。5月27日いよいよ公開! これ必見!! 嫌われ松子の一生 最高に不運で不憫で不器用な女、川尻松子の一生を紐解くお話。親の愛を得るために心を砕くも受け入れられない。教師になって生 ...
嫌われ松子の一生 (Pocket Warmer)
邦題:嫌われ松子の一生 原作:「嫌われ松子の一生(上)」「嫌われ松子の一生(下)
腕をまげて伸ばして♪星をつかもう♪ (こ・と・ば・言葉)
中谷美紀の「嫌われ松子の一年」(2006-5-27 ぴあ?刊)--映画撮影に日記
嫌われ松子の一生 (迷宮映画館)
ベストセラー小説、『嫌われ松子の一生』が映画になった!福岡で生まれた川尻松子。歌が好きで、勉強もできたどこにでもいそうな普通の女の子。親の望むまま、中学校の先生になり、順風満帆の未来が見えてたはずだった。のだが・・・。 お金を盗んだ、盗まないの ...
嫌われ松子の一生 (欧風)
「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画。永遠の1位です。未だに観ていないなどと言う不届き者は、日本にはもう居ないと思いますが、万が一観てない場合は今すぐレンタル屋にダッシュして観るべし! その終身名誉映画を撮った、終身名誉監 ...
嫌われ松子の一生 (ネタバレ映画館)
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
嫌われ松子の一生 (まったりでいこう~)
下妻の監督さん第2弾です。いや~すっごく楽しめる作品でした!!下妻もよかったけど、私は松子のほうが好きですね~。中谷美紀さんの演技がもうすごくて、ある意味そこまでやるかー!?ってな感じでした。でもどんな演技をしても美人さんなんですよね。そしてな ...
嫌われ松子の一生 (Kinetic Vision)
松子(中谷美紀)の人生を客観的に眺めれば、不幸とか悲惨とか、そういう言葉が思い浮かぶかもしれない。しかし、彼女はいつも楽しい歌を口ずさんでいて、彼女の意識の中ではかわいら
映画「嫌われ松子の一生」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚色によって別印象のように仕上がっている。 ケバ ...
嫌われ松子の一生 (It\'s a Wonderful Life)
これはスゴイ傑作でした!期待以上に圧倒されましたよ。 「下妻物語」の中島哲也監督の新作。 全編派手な演出で、テンポが速くて、 スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに ちゃんと芯の通った部分があるのは前作に共通する部分。 主演の中谷美紀 ...
「嫌われ松子の一生」演出過剰 (小生の映画日記)
ストーリー: 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の ...
「嫌われ松子の一生」 Memories of Matsuko (俺の明日はどっちだ)
いやはや何とも、ひと言では言い表せない超弩級の新たなる映画というべき作品。 とにかくそんな手があったのかという独特の映像表現にすっかり楽しませてもらった。 話そのものは今まさに2007年問題として話題となっているいわゆる団塊の世代である昭和22年(1947 ...
【嫌われ松子の一生】 (空の「一期一会」)
★とても不思議な作品でした。原作はずっと、読むのを我慢していたので映画を観たこ
「嫌われ松子の一生」80点。 (mountain77 D.Reverse side)
「嫌われ松子の一生」hp 『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 怒涛の映像と、斜めにザクッと切り込む陽気な音楽。 「松子は幸せだったのか、不幸だったのか。。。」 そんな陳腐な疑問は必要ないくらいにあらゆる人生に賛辞を贈る映画。 ヴィヴ ...
嫌われ松子の一生 (シネマクロニクル)
「下妻物語」の中島監督がまたやってくれました。 痛快悲劇とでもいいますか。 煮ても焼いても笑えない松子の一生。 なのに、笑って笑って笑ったあとに泣きました。 司会のTBSアナ安東さんも泣いたそうな…。 どこで…?
映画「嫌われ松子の一生」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説"嫌われ松子の一生"の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するよ ...
「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生 (オールマイティにコメンテート)
「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。
嫌われ松子の一生 (Childish Garden)
気分転換にということで映画に行ったので、予告を見ていて興味のあった『嫌われ松子の一生』を見てきました。『デイジー』と迷ったんだけど。なんとなくこっちを。泣く気分ではなかったし。やっぱりイオンはサティと違って混んでいるんだね。 原作を読んでいな ...
嫌われ松子の一生(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】中島哲也 【出演】中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明/他 【公開日】2006/5.27 【製作】日本 【ストーリー】 昭和22年。福岡県に
嫌われ松子の一生 / MEMORIES OF MATSUKO (きょうのあしあと)
「不幸って何?」 監督:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、市川実日子、黒沢あすか、ゴリ、武田真治、荒川良々、劇団ひとり、マギー、谷原章介、竹山隆範、甲本雅裕、片平なぎさ、他 公式HP:http://kiraware.goo.ne.jp/ 鑑賞 ...
嫌われ松子の一生/MEMORIES OF MATSUKO (何を書くんだろー)
「嫌われ松子の一生」 MEMORIES OF MATSUKO 評価 ★★★★☆ (原作チェック済み評価・★★☆☆☆) 『あらすじ』  親元を遠く離れ東京で独り暮らしをする笙。恋人に愛想尽かされ、目指していたハズのミュージ シャンとゆー ...
嫌われ松子の一生 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ピンクの象を飼う女  
嫌われ松子の一生 (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本 明/木村カエラ/蒼井そら/柴咲コウ/片平なぎさ/本田博太郎/奥ノ矢佳奈/ゴリ/榊 英雄/マギー/竹山隆範/谷原章介/甲本雅裕/キムラ緑子/角野卓造/阿井莉沙/宮藤官九郎/谷中 敦/劇団ひと ...
嫌われ松子の一生 (5125年映画の旅)
『下妻物語』の中島哲也監督最新作。下妻が好きなので期待してたんですがこれはちょっと・・・・・。 僕はこの映画に明るいコメディを求めている観に行きました。この映画は確かにコメディ要素が満載でしたが決してコメディではない。ここが僕には致命的でした ...
「嫌われ松子の一生」 (てんびんthe LIFE)
「嫌われ松子の一生」TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7で鑑賞 何とも…、こんな映画初めて見ました。映画をを見る前にスポーツクラブにいてバイクをこぎながらぼおーーっとTVを見ていたらちょうどこの作品のメイキングを放送していました。中島監督はど ...
すべっている「嫌われ松子の一生」 (再出発日記)
監督・脚色:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子私は「下妻物語」の中島監督を愛している。だから今回はあえて苦言を呈したい。「シカゴ」を真似たミュージカル、原色、ソフトフォーカスを多用した回想場面と現実場面との対比、等 ...
★「嫌われ松子の一生」 (スナフキン・レポート♪)
原作を二日で読み、映画を見たと言うスナJr.の「面白いよ~。でも原作読んでからの方が・・」とのアドバイスも・・ふり切って「嫌われ松子の一生」見てきました。公式サイトはこちらしかし“映画として”ホント面白かったですミュージカル・ファンなら・・必見 ...
実は愛されていた。『嫌われ松子の一生』 (水曜日のシネマ日記)
波乱に満ちた人生を送った、ひとりの女性の物語です。
嫌われ松子の一生 (シャーロットの涙)
ポップでディズニー的?なミュージカル仕立ての底抜けに明るい映画と思いきや…ちょっとほろり(いや、涙ぽろり)とさせられる映画だった。 昭和という時代背景に、そこに生きた一人の不運続きの女性の一生。 それが嫌われていたかというとそんな事もなく、好か ...
『タイヨウのうた』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]    06/17公開  (公式サイト)(公式感想ブログ) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] ...
嫌われ松子の一生 (Akira\'s VOICE)
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
嫌われ松子の一生@シネクイント (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
地肌から2センチほど厚塗りした人が、スープの表面5センチほどに背脂が浮いたラーメンと、皿に1センチほどの油が敷かれたギョーザを食べているような、こってり具合だった。いろいろ施されている。手段を選ばない美学を感じた。監督の中島哲也は撮影中に主演の ...
映画「嫌われ松子の一生」・・う~む?! (システムエンジニアの晴耕雨読)
映画「嫌われ松子の一生今日封切り・・ということで、早速、今朝見にいきました。一昨年の名作「下妻物語」の中島哲也監督の第二回目作品、とのことで、首を長くして待っていました。中谷美紀さんの体を張った演技と、充実した脇役陣・・というか、ある意味贅沢な ...
元が元だけに・・・・ 「嫌われ松子の一生」 (平気の平左)
評価:70点 嫌われ松子の一生 いや、すごいエンターテイメントしてましたね。 映像もすごいポップで斬新ですし、どこまでも暗くなってもおかしくない場面をミュージカルにすることで、楽しい雰囲気にしてしまう。 「深夜のサスペンス」(だっけ?)とか、色 ...
嫌われ松子の一生 (エリ好み★)
・・・凄まじい愛・・・ しかし共感しまくりです。松子が刑務所に入ったあたりから・・・自然と涙が止まらなかったなあ。
堕ちていく女の姿を、前向きにミュージカル仕立てで楽しむ?! (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「嫌われ松子の一生」  「堕ちていく人生」っていいますよね。この「堕ちる」というのに若い頃はなんか憧れて。「ああオレも下手したら、歓楽街にはまって、堕ちていくの
嫌われ松子の一生 (王様の耳はロバのママ)
盛りだくさんの内容でした。 いろんな角度から楽しめる映画で、DVD欲しくなっちゃいました。 パンフレットを買ったのも久しぶりだな~。 邦画ってすごいことになってきてるな~。
嫌われ松子の一生 (ベスパラ Blog/ブログ/映画情報/試写会情報/プレゼント情報/取材日記)
うとちゃんの感想 こんな映画だと思ってなかった! 見て得した感じがした! 『下...
『嫌われ松子の一生』 (映画大陸)
 中谷美紀 罵声監督と“涙の和解”  ヤフーのニューストピックスにこんな記事が掲載されているのを発見して興味を持って記事を読んでみました。その記事によるとこの映画の撮影中に中島哲也監督から中谷美紀に向って「下手くそ!女優辞めろ!」なんて罵倒が ...
嫌われ松子の一生 (映画をささえに生きる)
監督は中島哲也。キャストは、前作の『下妻物語』がここ10年の邦画の中で最高傑作だと思っています。そんな訳で期待度大だったんですが、充分応えてくれる内容でした。観にいこうかどうしようかと悩んでる人にも自信を持ってお奨めできます。
「嫌われ松子の一生」、とにかく見て! (映画コンサルタント日記)
「嫌われ松子の一生」オープニング興収は1.6億円。「下妻物語」(最終興収6.2
嫌われ松子の一生 (パフィンの生態)
1年ほど前から予告編を見せられ、挿入歌なども覚えてしまった作品。 中島哲也監督。中谷美紀の熱演は絶賛に値する!がんばりました。 不思議な映画を見慣れた私でも「映画」と割り切れない作品。 松子を忘れていた甥(瑛太)が、松子の死をきっかけに 彼女の生涯 ...
嫌われ松子の一生(2006/日本/中島哲也) (CINEMANIAX!)
【新宿ジョイシネマ】 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不 ...
『嫌われ松子の一生』 (映像と音は言葉にできないけれど)
Jポップの中谷美紀のファンだったのに...今では立派な女優さん。あぁ、アルバム『食物連鎖』の頃が懐かしい。そんな中谷美紀。今では結構な年齢です...か?
嫌われ松子の一生 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
めくるめく転落人生。この映画の中で、荒川良々との出会いが一番ハッピーに見えたこと、そのものが一番悲しい...(つд⊂) 松子さん、あなたの人生っていったい.... 【2006年 日本映画/映画館にて鑑賞】  初公開年月2006.05.27 嫌われ松子の一生(公式 ...
嫌われ松子の一生 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
めくるめく転落人生。この映画の中で、荒川良々との出会いが一番ハッピーに見えたこと、そのものが一番悲しい...(つд⊂) 松子さん、あなたの人生っていったい.... 【2006年 日本映画/映画館にて鑑賞】  初公開年月2006.05.27 嫌われ松子の一生(公式 ...
嫌われ松子の波乱万丈人生。 (アゴPの〈人生楽ありゃ蜘蛛膜下出血〉)
映画を見ようと映画館へ行くも、マッチよろしく「グッ」とくるようなgoodな作品がやってない。 もうどうでもよくなって、グダグダ感たっぷりに「まぁいいや」と呟く。 …グダグダのまぁいいや。 ……グダグダのマァリーア。 ………マグダラのマリア。 ...
なんで?!のマシンガン。~嫌われ松子の一生~ (ペパーミントの魔術師)
いや~、わかってはいたんですが、 なんともはや極彩色のケバイ映像にこれでもかと 花が咲き、鳥が飛び、、蝶が舞い、彼女は歌い踊る。 でも「なんで?!」の連続する転落人生は 映像の華やかさとは真逆に地獄へと転がり落ちていく。 彼女の人生を、彼女のしたこと ...
『嫌われ松子の一生』 (Antique)
{/ichigo/}嫌われ松子の一生 Memories of Matsuko{/ichigo/} 今年、映画館で見る20本目の映画(試写会含む)、嫌われ松子の一生を見てきました{/ee_1/} 物凄かったです……。 見る際は、抵抗しないで映画に身を任せた方が良いです。 絶対疲れますから。(笑 ...
*嫌われ松子の一生* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2006年   日本 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を ...
『嫌われ松子の一生』 (京の昼寝~♪)
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌わ ...
嫌われ松子の一生☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ま~げて♪伸ばして~ お星様をつかもう♪ 冒頭とラストでこの曲の思い入れ度がこんなに変化するなんて思わなかったなぁ 音楽の使い方とテンポのよさ、ファンタジックにデフォルメされた映像に 『ムーラン・ルージュ』を連想しちゃったのは猫でした(笑) 今 ...
嫌われ松子の一生 ( m e r c i *)
去年の秋、原作を読んで松子に釘付けになった日々がありました。 その頃から映画化の話を耳にしていて、どんな風になるんだろうと 楽しみに待っていました。 あっという間に時は過ぎ、中谷美紀演じる松子に会える日がやってきました。 ? 松子。人生を ...
嫌われ松子の一生 (UkiUkiれいんぼーデイ)
“生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・ 涙がでました! “意気消沈”している日本映画において、 ...
嫌われ松子の一生・・・・・1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中島哲也はCMの世界の巨匠である。 業界には彼を崇拝している人も多いし、実際素晴しい仕事を多く残している。 長編映画三作目となった前作、「下妻物語」もエキセントリックな映
気になる事10 (A.U.T.)
■自宅でパンダになりきれる「パンダスーツ」 ■ライダーベルトで蚊を撃退 ■ソーシャル・ネットワーキングサイト [mixi(ミクシィ)] ■Sony Pictures - ダ・ヴィンチ・コード ■goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト ■「おしゃぶりであご変形 ...
嫌われ松子の一生 (壺のある生活)
嫌われ松子の一生 Memories of Matsuko (2006/日本) 重てー・・・orz 監督・脚本 中島哲也 Tetsuya Nakashima 原作 山田宗樹 Muneki Yamada 『嫌われ松子の一生』 出演 中谷美紀 Miki Nakatani (
『嫌われ松子の一生』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
『嫌われ松子の一生』  今回紹介する映画は現在劇場で公開され話題の『嫌われ松子の一生』です。この映画は中谷美紀の体当たりとも言える熱演と『下妻物語』の監督・中島哲也のキッチュでポップな演出が大きな見所となっています。 ストーリー:「昭和22年・福岡 ...
映画~嫌われ松子の一生 (きららのきらきら生活)
 「嫌われ松子の一生」公式サイト「下妻物語」の中島哲也監督最新作、観て来ました昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢 ...
とっくに!!嫌われ者(泣 (★ただの日記★)
そんなこと・・・ 言われなくたって~っっっ とっくに・・・痛いくらい・・・わかりすぎてるくらい わかってるも~ん 本当に本当に本当に 原作読んでいなかった HPもチラっと観たけれども・・・ そんなの・・・毎日・・・チャングムのHPの掲示 見 ...
 「嫌われ松子の一生」  一緒に楽しく 虚しく 切なく  (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
中谷美紀主演VS中島哲也監督 話題の映画 「嫌われ松子の一生」を 公開初日に観ました。 撮影中の「悪い」やりとりが 先行した感がありますが 初日の舞台挨拶で和解したとか? 物語は 「川尻松子」と言う女性の 昭和22年から平成13年までの 一生の人生物語 ...
【劇場映画】 嫌われ松子の一生 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始ま ...
嫌われ松子の一生 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2006/05/27(05/31)監督:中島哲也原作:山田宗樹『嫌われ松子の一生』(幻冬舎文庫刊) 出演: 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少 ...
『嫌われ松子の一生』 (きぶんしだい)
                   中谷美紀主演『嫌われ松子の一生』 を観てきました ●あらすじ● は4月13日の記事で取り上げてますのでそちらをご覧ください http://blog.goo.ne.jp/usapin0428/e/d69031a553c4f9d3f04855628b63faf4 まず感想は「 ...
嫌われ松子の一生 (Imagination From The Other Side)
山田宗樹原作の奇想天外な女の一生を描いた同名小説を映画化した作品。 出演は中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、榊英雄、谷原章介、甲本雅裕、宮藤官九郎、劇団ひとり ...
映画「嫌われ松子の一生」 (夜明けの( ̄Д ̄)y-~~~)
原作は読んでません… でも、先に映画を観てしまったら、この原作は読めない。 映画はCGやアニメ、音楽etcでオブラートに包み不幸な女性の生き様をフィクションとして描いているけど… 小説として川尻松子の一生を読んでしまったら、とてもツライ気が… ...
『嫌われ松子の一生』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
監督:中島哲也 CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒川河川敷で遺体となって発見された。松子のことを知らない笙は仕方な ...
嫌われ松子の一生 (とにかく、映画好きなもので。)
   昭和22年。福岡県の大野島に一人の女の子が生まれた。  彼女の名は、川尻松子(中谷美紀)。シンデレラストーリーを夢見る彼女は、教師になり爽やかな教師に恋焦がれいい感じになりそうだったが、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられ ...
中谷美紀主演「嫌われ松子の一生」観てきた。★★★★★ (ポビーの日記)
山田宗樹の同名ベストセラー小説を映画化。 脚本と監督は、中島哲也。音楽は、ガブリエル・ロベルトと渋谷毅。出演は、中谷美紀、瑛太他。 久々に良い映画を観せていただきました。素直な感想です。 脚本構成、音楽、進行テンポの強弱、所々にCGを配した画面 ...
嫌われ松子の一生・・・・・映画館 (ぷち てんてん)
最近邦画ばかり見ているなあ~。これは先週見たんですけどね。今日は『花よりもなお』見て来たし、これから見たいと思うものも『デスノート』や『TORCK2』等、邦画が多いんですよね~~。この『嫌われ松子の一生』の原作は、文庫本(上・下)で読みました。私とし ...
Memories of Matsuko (haljion_blog)
夕方からちょこっと映画館へ。『嫌われ松子の一生』を観に。 数えきれないくらいの色
嫌われ松子の一生 (だらっくま日記)
『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 『嫌われ松子の一生』 を観てきました。 ぴあの出口調査で「松子」が観たいと言ったのはもう1ヶ月も前か。 待ったよ、松子。 いやぁ・・・すごい。すごいですよ。 壮絶。松子はすごい。 面白くて、ちょっ ...
嫌われ松子の一生 (甘口★映画の森)
不幸って何? 公式サイト 【ストーリー】 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生 ...
嫌われ松子の一生 (目は口ほどになんとやら)
なんとまー壮絶。 内容なんてほとんど知らないまんま。 なんだかポスターの華々しくも毒々しい感じに惹かれて。 まーとにかく見終わってぐったりする感じの映画でしたよ。 いやいや、面白いんですよ。 でも終わったらどっと疲れが、てなわけですよ。 ...
嫌われ松子の一生 (猫野トクコの生活)
と、とにかく、忙しい映画ですよ。目にも、耳にも、心にも!2時間以上の長さはちっとも感じませんでした。オススメ!
山田宗樹『嫌われ松子の一生』 & 映画『嫌われ松子の一生』 (月の伝言板)
先日本をまとめ買い。 そのなかに『嫌われ松子の一生』も入ってました。 映画監督さんの 「松子に逢いたかった。」 というコメントや 中谷美紀さんの 「女優をやめようと思ったくらいハードな撮影だった。」 などのお言葉をTVで拝見して、ずっと気になっていた作 ...
嫌われ松子の一生 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら ...
『嫌われ松子の一生』(中島哲也監督) (新装開店☆玉野シンジケート!)
 『嫌われ松子の一生』は考えさせられる映画でした。  アイデンティティと映画表現というものが、どうあるべきなのかってことについてね。ゲイが出てくるわけではないのだけどゲイ的だし、内面からの共感などあるはずのない境界型人格障害の女性を描き上げてい ...
嫌われ松子の一生 (映画を観たよ)
「曲げて~伸ばして~お星様をつかもう~♪」 松子が口ずさんでいた歌が、耳から離れないです。 期待して観にいきましたがばっちり期待に答えてくれました! 正直、最初はあんまし入り込めなくて「大丈夫かなぁ?」とか思ったりしましたけど。 「なぜに嘘ついたん ...
【映画】「嫌われ松子の一生」評 (われおもふこと)
複数の女友達から薦められていたのが今回観に行った「嫌われ松子の一生」―――だ。 ま、単刀直入な感想を云うと 悲劇喜劇ミュージカル調な映画と云うトコか。以下はネタバレも含むので注意↓↓不幸って何? 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 ...
【映画】「嫌われ松子の一生」評 (われおもふこと)
複数の女友達から薦められていたのが今回観に行った「嫌われ松子の一生」―――だ。 ま、単刀直入な感想を云うと 悲劇喜劇ミュージカル調な映画と云うトコか。以下はネタバレも含むので注意↓↓不幸って何? 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 ...
シネマ日記 嫌われ松子の一生 (skywave blog)
まさに、下り坂を転げ落ちる人生。こんなに暗い話だとは、思っていませんでした。予告編はミュージカル仕立ての下妻物語風だったので、軽めに楽しむつもりだったのですが・・・
嫌われ松子の一生を見に行った 2度目 (きまぐれぶろぐ)
原作本を一昨日買って、上巻の真ん中へんまで読んでいたんですが、インタビュー記事満載という噂の映画のパンフレットが欲しくなってしまいました。それでパンフレットを買うついでに「嫌われ松子の一生」をもう一度レイトショーで見に行ってしまいました。先週見 ...
嫌われ松子の一生/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年05月27日公開の中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介出演の映画「嫌われ松子の一生」を見ました。 重いものを貰ってしまうのでは、と思っていたのですが…なんだかよくわからないものを
映画@嫌われ松子の一生 (sattyの癒しのトビラ)
川尻松子は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた しかし、20代で教師をクビになり、家を飛び出して風俗嬢に その上ヒモを殺害して刑務所へ送られるわの、壮絶な不幸の連続 ありえないぐらいの不幸に揉みくちゃにされながらも、誰かを愛し、 傷ついても、その人 ...
嫌われ松子の一生 (映画で綴る鑑賞ノート)
あの変顔って吹き替えだよね? 濱田マリが吹き替えたんだよね? ※ ネタバレ 注意! ※ と、思いたいくらいの、中谷“ひょっとこ”美紀さんでした。(笑) 中島監督と中谷さんの撮影中のトラブルが事前に耳に入っていたので、 頭の中は、完全に中谷さん擁護 ...
【嫌われ松子の一生】不幸階段ミュージカル (見取り八段・実0段)
この人の人生には、幸せの文字がない。選択する事はことごとく裏切られ、愛する男には捨てられ、家族からも捨てられて。。。そして、こんな人生の結末。映画全体は、歌や、ちょっとしたコメディに包まれているが痛すぎて笑えない。赤のコントラストが強すぎる映像 ...
嫌われ松子の一生 (東京ミュービー日記)
嫌われ松子の一生 監督:中島哲也 出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介ほか 昨日は前の会社の先輩と恵比寿で飲む。 「50/50」という店。 久々に明石焼きを食べる。 懐かしくて旨い。 東京で明石焼きってなかなか食べられないからなぁ。 先輩は ...
『嫌われ松子の一生』 (Rabiovsky計画)
goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト 監督・脚本:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 2006年/日本/130分 おはなし Yahoo!ムービー 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷 ...
嫌われ松子の一生 (Barbarossa Blog)
映画「嫌われ松子の一生」観賞下妻物語級に笑えるかと思っていたら、意外とそうでもなかったですね。とにかく悲惨な人生に彩られた松子の一生。「これでもか」と見せつけてくれました。それにしても、中谷美紀ちゃんの体当たり演技がナイス。よくまぁ、あれだけの ...
嫌われ松子の一生 (future world)
‘ま~げて~のばして~おほしさまをつかもう~♪’ 松子「心の愛唱歌」・・・私これ、知ってますが・・何か?・・ロンパールームだっけ? 「下妻物語」のあの中島監督に主演が中谷美紀とくれば、どれほどの期待だったことか! ほんとよく出来てる、面白い~ ...
嫌われ松子の一生 (future world)
‘ま~げて~のばして~おほしさまをつかもう~♪’ 松子「心の愛唱歌」・・・私これ、知ってますが・・何か?・・ロンパールームだっけ? 「下妻物語」のあの中島監督に主演が中谷美紀とくれば、どれほどの期待だったことか! ほんとよく出来てる、面白い~ ...
『嫌われ松子の一生』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『嫌われ松子の一生』、映画館で観ました。 平成13年、荒川の河川敷で松子が遺体で発
『嫌われ松子の一生』 (ねこのひたい~絵日記室)
今はトルコ嬢ですが、一年前はエルメスでした。
静と動 (cinemania35)
まんまる@大阪です! あんまり「ひとり、ひとり」と言うもんだから、ようやく フロムトーキョーさんが登場してくれました! 東京での「親密すぎるうちあけ話」の公開がいよいよ今週末ですね。 関西は7月らしいので、もうしばらくおあずけ。 ご覧になられる方があ ...
嫌われ松子の一生 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
「嫌われ松子の一生」を見てきました。 山田宗樹の同名ベストセラー小説を 「下妻物語」の中島哲也監督が映画化。 不幸な悲恋の生涯を遂げた松子というヒューマンストリードラマ。 主演の松子には「電車男」でエルメス役を演じた、 中谷美紀が波乱万丈の川尻松子 ...
『嫌われ松子の一生』 (サミームービーストック)
 CM界の巨匠中島哲也監督作品。「下妻物語」も面白かったし、CMも好きなので当然この作品も期待してチェックした。CM監督の作品は何かと映像ばかりが気合い入ってて、ストーリーがよく分からない事が多いんだけど、この作品はキテました。  あと中谷美紀がか ...
映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』 (海から始まる!?)
 映画『嫌われ松子の一生』は、  ?主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ?その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ?宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス! ...
ついに観ました!嫌われ松子の一生 (銅版画制作の日々)
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々 ...
嫌われ松子の一生 (勝弘ブログ)
http://kiraware.goo.ne.jp/最寄りの映画館で鑑賞。テレビでやっていた下妻物語を録画し見ていて15分ぐらいして見に行くことを決めたのが昨日でした(ぉでまだ下妻物語は見終わっていません(
★「嫌われ松子の一生」 (ひらりん的映画ブログ)
たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。
人生の綻び・2(映画版松子) (ひょうたんからこま)
『嫌われ松子の一生』公式サイト(2006年/130分)「おかえり」、「ただいま」。そんな家族のなにげない挨拶から、いつしか縁が無くなってしまった女。幼い頃から父の愛に飢え、人の愛に飢え、何故か全てに報われない女。女はある日、些細な出来事がきっかけ ...
嫌われhirokoの一日 (HIRO'S ATTIC)
観てきました、嫌われ松子の一生。だって今日は一日(ついたち)だから映画が千円で観られるんですもの。私の好きなBONNIE PINKが主題歌を唄っているうえに出演までしているということで、かなり楽しみだったんです。カエラちゃんやAIさんも出ているの♪面白かっ ...
嫌われ松子の一生(映画館) (ひるめし。)
不幸って何? CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他 ■日本産 130分 中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな~って思ってたら、濱田マリ本人がカメオ出演してたのが自分の中でも一番のツボだった ...
嫌われ松子の一生 (めざせイイ女!)
♪ま~げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに父...
[ 嫌われ松子の一生 ]中島哲也ワールド (アロハ坊主の日がな一日)
[ 嫌われ松子の一生 ]@吉祥寺で鑑賞 なんで、一人でこんな世界が描けるのか。 すごい。すごすぎる。 中島哲也監督って、たぶん完ぺき主義なんだろうな。 音楽といい、画といい一つの世界が完成されている。 山田宗樹の同名ベストセラー小説の映画化。 ...
「嫌われ松子の一生」(2006・日本) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
"MEMORIESOFMATSUKO"監督、脚本・・・中島哲也原作・・・山田宗樹『嫌われ松子の一生』(幻冬舎文庫刊)出演・・・中谷美紀川尻松子瑛太 川尻笙伊勢谷友介龍洋一香川照之川尻紀夫市川実日子川尻久美黒沢あすか沢村めぐみ柄本明川尻恒浩木村カエラ超人気シンガー ...
嫌われ松子の一生 (丼 BLOG)
(06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島哲也。出演:中谷美紀、ほか。 先日、4回目を観に行 ...
嫌われ松子の一生 06年134本目 (猫姫じゃ)
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの? ...
「嫌われ松子の一生」 (Tokyo Sea Side)
「嫌われ松子」と言うくらいだからどれだけ性格悪いんだろうと思っていたのですが、それほど嫌われてるワケでもなく、どっちかって言うと「あわれな松子」ってカンジでした。ミュージカル仕立てというコトもありテンポが良く、ところどころウケ狙いもあり、とても ...
『嫌われ松子の一生』★★☆・・ (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
お姫様を夢見る少女の未来は・・!?『嫌われ松子の一生』公式サイト制作データ;2006日本/東宝 ジャンル;ヒューマン 上映時間;130分 監督;中島哲也出演;中谷美紀・瑛太・伊勢谷友介・香川照之観賞劇場:7/22(土)ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ◆STORY◆ ...
映画「嫌われ松子の一生」を観た! (とんとん・にっき)
中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにしても観る前からこの映画、主演の中谷美紀が中島 ...
嫌われ松子の一生 (とんとん亭)
「嫌われ松子の一生」 2006年 日本 ★★★★★ もう、最高ヘ(≧▽≦ヘ) きゃーーん♪ この映画は、市内のシネコンでも、郊外に行かなきゃ観れなかったのが(そこに行ってまで観ようとは思ってなかったので^^) 街のシネコンでも先週から上 ...
Memories of MATSUKO (miyukichin' mu*me*mo*)
 映画「嫌われ松子の一生」(中島哲也:監督)  を観てきました。    松子の壮絶きわまる波乱万丈な人生については、  話題にもなったので、アウトラインくらいは  知ってる人も多いでしょう。  最初は、「なんじゃ、こりゃ」でした。{/face_hekomu/} ...
嫌われ松子の一生 (cinema capsule)
をとことんカラフルにポップにミュージカル調に 描いていく。中谷美紀の熱演もすごい。 ★「嫌われ松子の一生」 2006年日本 130分 監督:中島哲也 出演:中谷美紀    瑛太    伊勢谷友介    香川照之 ★Story 昭和22年、福岡県大野島に生まれた ...
嫌われ松子の一生 (CinemA*s Cafe)
http://kiraware.goo.ne.jp/ 下妻物語の監督がとった最新作ということで期待していた私。 そして期待すると大概裏切られるのだけど、今回はそんなことはなく、期待通り面白かった映画でございます。 面白かっ
嫌われ松子の一生 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 新宿コマ東宝にて鑑賞 嫌われ松子の一生 2006年/日本/130分 監督: 中島哲也 出演: 中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子 公式サイト 東京で一人暮らしをする川尻笙の元に、田舎に住む父、紀夫が2年ぶりに突然訪ねてくる。笙には知 ...
嫌われ松子の一生 (オイラの妄想感想日記)
正直、どうなのってぐらいな感じがしたよ。 妄想感想いきます。
◆試写会・嫌われ松子の一生 (映画大好き☆)
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ~笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県 ...
DVD 「 嫌われ松子の一生 」 (お勧め映画&DVD情報)
?????????? 嫌われ松子の一生 ????????????????????????????????????? お勧め度 : ★★★☆☆ 『人間価値って人に何をしてもたっらかじゃなく、          人に何をしてあげたかってことだよね・・・・』 終始、コミカルにミュージカルっぽ ...
嫌われ松子の一生 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  ある不幸な女の一生を、大胆かつマンガチックに描いた大傑作だね。中谷美紀の新境地を切り開いた、ある意味実験的な作品でもある。彼女はこの作品でドロドロになったが、それによって一皮も二皮もむけ、大女優への道を歩み始めたとも言えるだろう。 ...
嫌われ松子の一生 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  評価:★5点(満点10点) 2006年 130min   監督:中島哲也 主演:中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 決して嫌われてたんじゃない、、、許されざるものを愛し、そして愛した53年間。彼女こそ、許されざるものの神、そのもの ...
映画 嫌われ松子の一生(主演 中谷美紀)動画有 (エンタメ動画日記 -映画等の紹介-)
福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷 美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 病弱な妹、久美(市川 実日子 )のことばかりを気遣う父親(柄本 明)に、自分も愛されたくて、いつも変な顔をして喜ばせたり、父親の望む良い子に育ち、そ...
嫌われ松子の一生 (八ちゃんの日常空間)
MEMORIES OF MATSUKO [TOHOシネマズ六本木ヒルズ/ART SC/TOHOシネマズ セレクト2006年 邦画傑作選] 公式サイト 『松子。人生を100%生きた女。』 ナイトショーでの観賞です。 ついに実現しました。というか、体験しました。 映写技師さん、八ちゃんのためにご苦...
映画 嫌われ松子の一生(主演 中谷美紀)動画有 (エンタメ動画日記 -映画等の紹介-)
福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷 美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 病弱な妹、久美(市川 実日子 )のことばかりを気遣う父親(柄本 明)に、自分も愛されたくて、いつも変な顔をして喜ばせたり、父親の望む良い子に育ち、そ...
映画・嫌われ松子の一生~悲劇かコントか、時々ミュージカル! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラ...
嫌われ松子の一生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『不幸って何? 松子。人生を100%生きた女。』  コチラの「嫌われ松子の一生」は、山田宗樹さんの同名小説の映画化で、5/27公開になったPG12指定の映画なんですが、公開3週目にも関わらずかなり混雑していました。あの「下妻物語」の中島哲也監督の最新作です...