我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

告白

2010-06-06 12:16:37 | 劇場&試写★6以上



ランキングクリックしてね
←please click



去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化

本は読んでないんだけど、

娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。
それだけでもう既に面白い。
加えて、「下妻物語」や その年のベスト10にも入れた「嫌われ松子の一生
の中島哲也監督がメガホンと知ってかなり楽しみにしてたので初日鑑賞
(前作の「パコと魔法の絵本」はやりすぎて好きじゃなかったけど)
予告篇もCMも観ずに、先入観なしでみてみた。


ある中学校の1年B組。
担任を務める女性教師の森口は、愛娘を学校のプールで殺害される。
警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。




ざわめく教室。牛乳。レディオヘッドの曲。美しすぎる青みがかった映像 まるでプロモーションビデオのように。
そして教師は、淡々と語り出した。

松たか子やっぱりいいね。


その構成がまず面白い。なんども語り手が替わり、それぞれの「告白」がはじまる。
それは語り手からの「告白」であって必ずしも真実ではない、

ミステリーと言っても犯人探しの映画ではない。
ちょっと聞いてはいたけど、冒頭で、それも教室で 殺された娘の母である教師、森口悠子から犯人は明かされる。

殺人犯は13歳ということで、法に守られていて裁かれない。
それでも犯人を知って許せない森口は、復讐する。
それも単なる殺しではなく、じわじわと。

この方法が最高に傑作。 映画と原作はどこまで忠実で、どこが違うのかわからないけど
当然ながら本が良く出来てる映画は面白いに決まってる。
あとは演出、キャストの力も大きい。

この映画は 邦画観ててたまに感じる「ダサさ」は一切排除。
全てが美しい。美し過ぎる!
水しぶき、桜舞い散る ある春の下校の生徒たち、夕焼け、庭に咲いた赤いバラ、
血飛沫浴びた死体までも。

そして音楽、主要キャストに至るまでもう全てが美しいの。

犯人の少年も、Aはジャニーズジュニアとかにいそうな感じでまだ声変わりもなくあどけなさも残す少年。
Bも、美少年ではないけどどこか可愛らしく、
その二人とも接点のある少女Aはもう典型的な美少女で。

森口の後任でこのクラスになる、空気読めない熱血バカ教師に岡田将生。


少年Bの過保護すぎる母親に木村佳乃。



自分の息子は何も悪くないのに、担任の森口が全て悪いと思い込んでいる。
ほんと木村佳乃って、楳図かずおの「おろち」でもそうだったけど、その綺麗な顔立ちがホラー向き。
思い込み強くて怖い母親ぴったり。
(これはホラーではないけどある意味ホラー)


7/10(75点)



「この映画どう?」って聞かれたら間違いなく「面白かった」って言う。
でも好みかと聞かれたら うーーん。同じ中島監督作なら「嫌われ松子」の方が断然オススメだし好き。


とにかく綺麗に、美しく、って撮ってる意図があまり好きじゃない。
生徒の3人も、殺しのシーンも音楽も、全部がキレイすぎた気がしちゃって。
それでリアリティが感じられないんだよね、どこかプロモーションビデオ観てる感覚になっちゃう。
リアリティはいらない、という考え方もあるけど
例えば、少年犯罪をよく扱うハネケの作品だと本当にもう憎たらしいほどフツウのヤツが犯人で、
もちろんもっと重たくてもっと後味が悪い。
中島監督の作風として、これまでの作品も全てポップで映像も美しく撮られていてそれはそれで持ち味で、個性なんだろう。
好みで言えば、その部分で 心理描写に訴えるまでいかず単純に映画として面白かった。という感想。

同じ復讐という意味で言えば、この「告白」の原作で、
「復讐者に憐れみを」、「オールド・ボーイ」、「親切なクムジャさん」などの
復讐三部作を撮っている韓国の、パク・チャヌク監督だったらどう撮るかな?
そちらが観てみたいな〜と思わせた

劇場は岡田くん効果なのか、年齢層かなり若めで女子高生グループや高校生のカップル多かったことに驚き★
そして隣のカップルなんてポップコーンむしゃむしゃ食べながらお家感覚で観てた、まるで緊張感ナシ?(いいけど)
上映終了後には怖かった〜!っていう声も。


映画を観たり、実際の事件など聞いてたまに考える。復讐とは何なのか。

森口が告白した事には、全てが本当ではなく嘘もあるかもしれない。

母親の愛が欲しかった少年Aへ直接危害を加えるよりも、
もっと最悪、もっと苦しめる事になる最高で最悪の復讐。



よくこんな内容考えるなーって感心しちゃう(笑)

それにしても、親と子供の距離の取り方には本当考えさせられる。
過度な愛情注ぎ過ぎもダメだし、愛情不足もダメ。どちらも子供の成長に大きく関わって来る。


何の罪もない、小さな子供が犠牲者になるのは実際の事件でも本当に許せないし、
近年少年犯罪も多いけど、罪を問われないから何でもやっていいと思うのは浅はかで愚か。
劇中でも問われていた命の重さを、軽くみてることが多すぎる。



観ていて感じたのは、自分が中学や高校時代にはこんなにネット社会になっていなくてまだ携帯なんて持ってなかったし、
この映画の中でも情報の発信、携帯、インターネットというツールが欠かせない存在(小道具)になってることに現代らしさ、昔との大きな違いを感じる。

隣のクラスの友人にはメールひとつで噂も情報もすぐに流せちゃうし。
便利にはなったけど、怖い世の中だわほんと。


賛否両論という声もあるけど、原作読んでる人より読んでない人の方が比較的楽しめてるみたい?
気になってる人は観てソンはない1本です


キャッチコピーの
[娘を殺された女教師の、命の授業がはじまる]
って ぴったり (笑)

 公式サイト
告白    2010年   日本   106min
6月5日より、公開中〜





クリックして下さってる方々ありがとう

←please click



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (55)   Trackbacks (105)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セックス・アンド・ザ・シティ2... | TOP | ハリウッドゴシップ☆News <MTV ... »

55 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
寝覚めの電車内より (KLY)
2010-06-06 13:12:14
タイトルは気にしないで下さい(笑)

たしかにパク・チャヌク監督ならどう撮るでしょうね。もっと人間臭くなるんじゃないかな。中島監督はなるべく感情を排した演出にしていると思います。というより、登場人物の心情から人間らしさを削って負の感情をのみに純化したかのように感じました。だから余計怖い。
私は「パコと魔法の絵本」も満点つけましたが、二作続けては中島監督だけです。多分日本人では一番好きな監督かも。とにかく監督の映像センスが全て好き(笑)
こんばんは。 (BROOK)
2010-06-06 18:35:05
松たか子さんの素晴らしい演技に尽きる作品ですね。
ファミレスを出た後の嗚咽のシーンが何とも言えませんでした・・・。

決して後味が良い作品ではないのかもしれませんが、
“面白かった”ことだけはたしかです。
こんばんは★ (dai)
2010-06-06 21:07:59
migさん、普通評価ですね。

確かに賛否両論の作品ですよね。
でもmigさんのおっしゃる通り見入ってしまうような面白さがある作品でした。
こんばんは〜☆ (kira)
2010-06-06 21:37:23
こういう作品って、大抵評価が分かれると思うんだけど、
ほとんどのブログで絶賛の嵐だね〜。
親としてはかなり複雑でしたわ〜。

ハリウッドでのリメイクもほぼ決定?
ニコさまが教師役って、中島監督ったら〜、ファンなのか知らん(笑)
勉強中 (クラム)
2010-06-06 22:11:13
いや、おもしろかったですねー。
ただ、その感じたことをうまく言葉にできなくて、
珍しく数年ぶり(?)に原作を買って中身を追求しているところです。

こういう作品を観ると、いまどきの子供を育てる立場として非常に不安になります。
もちろんそれ以上に子供自身が大変な環境に晒されているわけですが。

記事で紹介されている韓国の監督の作品は観たことないですが、気になりますね。
深夜のテレビででも流してくれないかな。
こんばんは♪ (SOAR)
2010-06-07 00:45:36
冒頭から早くも釘付けでした。言ってみれば告白の羅列ですから絵は二の次になるかと思いきや、そこは中島監督ですからねえ。
映像表現もさすがという感じでした。まあmigさんのおっしゃるようにたしかに“キレイすぎ”なんですけど、そこからくるリアリティのなさがある意味狙いなんでしょうね。

三者三様の母親像も印象的でした。
Unknown (タニプロ)
2010-06-07 00:57:26
「告白」の凄いところは、怖い映画で「死」を描いているのに、ずっと観ていたくなる・・・そういう人間が本来持っている矛盾した感覚を思い出させてくれたことだと、個人的には思いました。本当は面白いなんて思ってはいけない題材なのに・・・

「死」が隣接した状況を、ここまで見事に映像化して、さらにはエンターテインメントを両立させたのは素晴らしい。
原作 (ノルウェーまだ〜む)
2010-06-07 01:23:46
migちゃん、こんにちは☆
昨日も会社の人を呼んで宴会、BBQなのに9品も料理作ってしまって、疲れたわー

この作品は、私今年一番気になる映画かも。
9月に13歳になるりょうたと観にいきたいわ。
TBありがとう (sakurai)
2010-06-07 08:24:10
中身は原作にほぼ忠実ですわ。
さらっと読んで、忘却の彼方に行ってしまった文字だったのですが、まざまざと映像見せられて、うーん・・・と唸ってます。
すごいと思うし、さすがの中島監督でしたが、なんか引っかかってます。
で、リメイク殺到・・って、世の中おかしくないか!ってね。
こんにちは♪ (yukarin)
2010-06-07 12:54:11
土日はTwitterさぼり気味の私です^^;
さてさて、原作は読んでいないのですが中島監督は好きなので観ました♪
とにかく凄い!と思っちゃう。
木村佳乃さん、ホラーでしたねぇ、笑
私も好みでいえば面白かった!です。

復讐をいえばパク・チャヌク監督ですね。
リメイクするならこの監督バージョンでぜひ観てみたいもんです。
でもリメイク殺到ってどうなの??と思ってしまう。
リアリティ (にゃむばなな)
2010-06-07 17:26:33
多分他の作品のようにリアリティを求めたら、この作品のテーマは大いにブレてしまうと思います。

「普通の子供だったのにあんなことをするなんて」とよく聞く大人の言葉に対してのアンチテーゼのようでしたよ。
★KLYさん (mig)
2010-06-07 21:03:18
こんばんは♪

昨日三本はしご?お疲れサマ〜!
最近やけにすぐネムくなるのは歳のせいなのかなぁって 哀しい(関係ナイ話から

>なるべく感情を排した演出 
映画は感情移入出来るかが大事なポイントの一つでもあると考えるので、その意図的な手法だとしたらやっぱり好みじゃないですよね〜。
まあわたしの好みなんてどうでもよくって楽しめればいいので、OKです
パコも満点でしたか〜。
それは相当この監督が好きなんだKLYさんほんと★
BROOKさん☆ (mig)
2010-06-07 21:05:02
こんばんは♪

松たか子、良かったですね。はじめなんであんなに淡々としてるの?って思ったけど
ああいうことで。

ラストでやり込めるところは相手が中学生とはいえ、スカっとしちゃう(笑)

重い話だけど、ビジュアルによってそう思えないんですよね。
daiさん★ (mig)
2010-06-07 21:07:10
いやいや普通じゃないって〜
私のフツウは☆5だから。。。。
(って毎回説明してるような?)

でも皆さんが絶賛しすぎるとそこまでかなぁって思っちゃう。
あまのじゃくじゃないんだケドね★

★kiraさん (mig)
2010-06-07 21:10:21
こんばんは♪

ほんとブロガーさん人気が特にすごい気が、、、、
皆さん大絶賛で少々びっくり。
もうちょっと好みで割れそうな作品なのにね★

ラストが衝撃っていう意味ではもっと色んな映画で衝撃作はあるし、
やって当然の仕返しと思う私は怖い女?(笑)

確かにこういう映画、ある意味子供がみてどういう影響及ぼすか、気にもなりますね、

えー?ニコ様で?
監督が指名??だとしたら単なるミーハーな人なんだって思えちゃうなぁ。
★クラムさん (mig)
2010-06-07 21:12:20
クラムさんもかなり高得点でしたね〜!

面白かったですね。
本はきっともっと面白いんだろうなぁ。

パクチャヌクのは1本も観てないんですか?
是非観て下さい!!
いやいやTVだとカットされちゃうので
レンタルでぜひ♪

★SOARさん (mig)
2010-06-07 21:15:57
こんばんは♪

さすが映像重視の監督ですよね、
井筒監督が撮るのとはまた違います(笑)

そう、リアリティのなさが狙いというところが私は好きじゃないんですよね
もっと人間臭くてもいいような気がしちゃう。
でもこういう映画なんだからこれはこれで(笑)

三者三様母、このあたりも面白かったですね★
タニプロさん★ (mig)
2010-06-07 21:18:52
そういうのって、ありますよね。
わたしはハネケ監督作にそれを感じるのかもしれません。
でもハネケの方がもっと現実をつきつけられてる怖さがある、
比べるのは違うけど
こちらはもっとエンタメしていて、
映画として純粋に楽しめるという感じです★

あ、なんか一連のコメントが皆さんあまりにも絶賛だからわたしも面白かった派なのに いまいち派みたいになってきてる?(笑)
いや面白かったですよー
★まだ〜む (mig)
2010-06-07 21:21:39
お疲れさま〜!
更新なかったのはそんな忙しくしてたからなのね★
でもBBQ大会いいなぁ楽しそう♪

りょうたくん13歳かぁ!
いやいやそれ危険すぎる〜
中学生は観れない事になってるけど
これどう思うかな、必ずしもいい影響与えるとは思えないんだけど、、、
でもまだ〜むはきっと絶賛するはず★
観てね♪来月まだやってるかも!
★sakuraiさん (mig)
2010-06-07 21:23:46
こんばんは♪

そうそう、原作には忠実らしいですね。

リメイクってほんとおかしいですよ〜。
日本ならではというか、文化や考え方の違いもあるし、いくらネタ切れだからって、、、、ですね
★yukarinちゃん (mig)
2010-06-07 21:26:10
こんばんは★

これまでどういう映画を観て来たかで反応もやっぱり人それぞれだと思うんだけど
皆さんこれ大絶賛という感じだよね〜。

観る前に観た人から、かなり賛否ある映画って聞いてたけど特に映画ブロガーさんには評価受けてるのかな?

海外リメイクは基本的に全部反対派なので
これも滅相もないって感じ(笑)

★にゃむばななさん (mig)
2010-06-07 21:28:07
でも映画として、リアリティ排除しちゃったら
それは感情表現もなしってことで
それこそただのプロモーション映像になっちゃいません?

それじゃ映画としてつまらないかなって思う。
でも、これはちゃんと面白かったですよ★
そ・そうなの? (ノルウェーまだ〜む)
2010-06-08 01:38:01
migちゃん、13歳は見られないの?
それじゃ、原作も読んだらいけないのかな?
↑の題名「原作」にしておいて、それに触れるの忘れちゃった(汗)
本を読まないりょうたに、刺激があっていかと思ったんだけど・・・
今日、ホーンテッドハムハウスに行ってきたよ♪
これから怪しい写真はないか、チェックするね☆
ぞくっと (hino)
2010-06-08 21:31:31
migちゃん、

なんだかぞくぞくするような映像だね!

評価良くって気になります。

原作本は、娘が友達から借りて来たのをまた借りして読みました。
中1でもこんなの読むんだね@@
「嫌われ松子の一生」も本と映画みたけど、やっぱり原作を読んじゃうと、本の方が満足度が高いことのほうが多いです。ので、「孤高のメス」も期待しないようにしつつも観たいです。

復讐3部作、気になるよ〜。

岡田君ってこ、初めてみたけど良い感じだわ!なんか持って生まれた何かありそうな。。


★まだ〜む (mig)
2010-06-09 09:31:33
おはよう♪

そうなの〜、でも原作は読んでもいいんだよね。そういえば本は読むの自由だよね?
映画が衝撃的とは思わないけど、
13歳の行動としては衝撃的だよ★

うわー、楽しそう!楽しみにしてるね〜
わたしもきょうあたりゴシップと思ってたけど時間が、、、、
★ゆきえちゃん (mig)
2010-06-09 09:35:08
おはよう〜☆
そろそろ梅雨入りみたいで嫌ねぇ

お、やっぱりゆきえちゃんは原作読んでたのね。
ゆきえちゃんは観るべきだと思うわ!
同年代の子の母親でもあるし。
もちろんまだ〜むも★

岡田くんは「重力ピエロ」の弟だよ
ゆきえちゃんみたよね?

韓国の復讐3部作(ハナシは全部別物)
ぜひみて〜!
惹き込まれた〜 (マリー)
2010-06-09 12:05:47
こんにちは〜〜♪
お風邪の方はどう?よくなった?

この映画は、凄かったね〜。
題材が素晴らしい・・・
確かに韓国監督だったら、どんなことになってしまうかな?
ものすご〜〜い?

親子の距離感とか、ネット社会への警鐘とか、いろんな意味合いも含まれていて、深かったね。
映像がキレイで〜血まみれ死体が怖くないなんて、びっくりだったよ〜。
こんばんは! (くろねこ)
2010-06-09 23:56:04
この凄さに私はやっぱやられちゃったで-す!
母だから先生と同じ思いもあるんだけど・
彼女にも・告白する子供たちにもどこか感情移入させないうまさがあると思う。
(R15は必要って思うけど)
それでも色紙の言葉にに叫ぶ木村さんと
松さんの最後の涙には、心持ってかれそうにはなりましたけどね-
救いは彼らの美しさ!確かにそれは大きかったかも−−♪


こんにちは (えめきん)
2010-06-10 08:05:20
TB&コメントありがとうございました。

衝撃と恐ろしさに加え、少年犯罪問題、子供達の未成熟な心理など、難しいテーマに取り組んでいながらも、クライマックスは「復讐劇」という一点に集中して描いた事で文字通り「極限のエンターテイメント」として完成していました。
その容赦の無さに、デヴィット・フィンチャー監督の『セブン』を連想しました。あのクラスのバイオレンスを日本で作れたというのは凄いと思います。
おはようございます〜♪ (由香)
2010-06-10 09:14:31
お邪魔します♪
私も原作を未読だし、陰湿そうな内容っぽいのであまり観る気はなかったのですが、思い切って観て来ました。

いや〜〜〜凄かったです!衝撃でした。
好きってわけではないけど、スゴイ映画だとは思いました。
>邦画観ててたまに感じる「ダサさ」は一切排除
うん、そこがとても良かったです(笑)
この内容で下手に涙を誘う演出があったら白けたと思うもの。
こんにちは (たいむ)
2010-06-10 19:33:38
ネットの普及で陰湿ないじめが加速しているとか聞くと怖いなーって私も思いますよ。
戦後生まれの親を持ち、ゲームとかアニメとかに慣れ親しんで、誰もが「中流」といった環境で育った世代がこういう子供たちの親になっているんですよね、今。
罪の意識や道徳心の薄さってそのあたりにも原因があるのかな?ってちょっと思います。

私も「パコ」は苦手。「松子」と比べたら・・・、私も「松子」かな?(^^;
こんばんは (ノラネコ)
2010-06-10 23:07:03
私は逆に「嫌われ松子」がイマイチで、こちらの方が好みです。
パク・チャヌク版は確かに観てみたいですね。
リメイクしないかな。
私の中では中島哲也とチャヌクって似たタイプの作家で、どちらも才能がありすぎて、しばしば詰め込み過ぎになっちゃう。
今回は上手い具合に抑制していたと思います。
マリ−さん★ (mig)
2010-06-11 01:08:37
こんばんは♪

風邪はもうちょっとで治ります〜
ご心配ありがとう★

韓国の監督だったらもっとリアルだったと思う。
これはちょっと綺麗に撮り過ぎだなぁ〜。
こんなにプロモみたいに綺麗に撮る必要あるかな、なんて思ったり。

そうそう、血まみれ死体でも怖くないし
残酷なことしてるのに怖くないのが違和感なのかも、、、、
くろねこさん★ (mig)
2010-06-11 01:10:30
そうですね〜、救いは美しさ。
だからこそわたしには物足りなかったのかなー。
とはいっても標準以上には楽しめました☆
(簡単に楽しめたと言ってはいけないような感じも、、、、)

母親の立場からみたら、この作品てほんとに怖いかもですね
えめきんさん★ (mig)
2010-06-11 01:12:37
こんばんは★
セブンはとにかくもう、ラストが凄い衝撃でした〜
身内をつかっての復讐という意味では確かに似てますね、

セブン、ほんとに驚いたなぁ〜あのラストは。(しつこい 笑)
今思えば、あれがブラピ当時つきあってた
彼女のグゥイネスの頭ですもんね
由香さん★ (mig)
2010-06-11 01:14:46
こんばんは★
しかしずーっと淡々とした口調でしたもんね。
映像は美しいあまり怖さ感じなかったけど
やってることはめちゃくちゃ怖い、、、、。
(恐ろしい)
それほど衝撃には感じなかったです〜
当然といえば当然の仕打ちかなって。
私が母親でもこれやりそう(笑)

たいむさん★ (mig)
2010-06-11 01:17:03
こんばんは♪

陰湿なイジメ。いやですね〜。
昔からイジメはあるけど、ネットなどの普及でどんどん進化していってるんでしょうね。
子供たちもませて来てるし。。。
こわいこわい。。。。
うん、全くその通りですね。

あ、中島監督作、好み同じですか
★ノラネコさん (mig)
2010-06-11 01:19:08
こんばんは★
あらら、ノラネコさんもだ(笑)
ブロガーさんたちこぞって大絶賛なので
わたしはそうでもないって声が聞きたかったんですけどねー

松子はそうでもなかったんですか!?
それは意外!
わたしはあちらは相当好きです。
つっこみどころも多いけど、、、、★
Unknown (とら)
2010-06-11 21:46:39
面白かった〜!
このラストの脱力感が大好物です♪

たしかに、migさんの言うように、ハネケ作品やパク作品ほど、コテンパンに凹まされることはなかったですがねぇ・・・。
でも、日本映画でこれほどの復讐映画観れるとは思いませんでしたよ。

最後の「なんてね」って一言がまた意地悪・・・。

しばらく、この映画映画ブログをにぎわしそうですね!
★とらさん (mig)
2010-06-13 22:26:52
こんばんは★

遅くなってごめんなさい。

そうなんですよね、これ面白いことは面白かった!
原作も相当面白いようだし。
なーんてね。を評価してる人も多いですよね。

後味も悪いのに、珍しく大ヒット。
中島監督作、すごいですね〜★

う〜ん・・・ (ゴーダイ)
2010-06-17 18:40:29
こんばんは。否定的なコメントお許しください。
私は冷酷な人間なのか、「凄さ」も「面白さ」も感じられなかったんです。みなさんがどこに凄さを見出しているのはいまだに解りません。

で、なんで楽しめなかったのかな?っと考えてみても、それが少年猟奇殺人を扱っていて、不謹慎だからとかそういうことでもなくて・・・
グロい映像が駄目だったとかでもなくて・・・

単純にお話がいまいちでした。

原作が小説という点は頷けます。
最も驚いたのは、最初から最後までほぼモノローグで通してしまった、この映画の構造です。
これが私が退屈に感じた大きな原因だったのかもしれませんが、確かにこんな喋り倒し(だけ)で終わる映画は今まで見たことなかったですw。

まとめるならば森口先生の命の授業は退屈で授業中居眠りしかけた・・・そんな感じです。
★ゴーダイさん (mig)
2010-06-19 12:27:13
こんにちは★
お話いまいちでしたか?

うーん、皆さん絶賛しすぎという気もするのでゴーダイさんのような意見もあるでしょうね(笑)
わたしも衝撃ということでは
ハネケや、パクチャヌクのような作品を多く観ているのでそちらのほうがよほど衝撃だし、ぜんぜん凄いとは思わなかったんですけど、ストーリー的にはやっぱり面白かったと思いマス、

この展開で退屈だったというのは結構興味深いです、
どんな映画がお好みなのでしょうか?
そっちのほうが気になります

こちらにも (kenko)
2010-06-19 14:08:14
確かにパクチャヌク監督ならどう撮るか観てみたいですね。

私は『下妻』は大好き、『松子』はふつう、
『パコ』は原作の舞台が好みじゃなくて映画も結局観てないんですが、
『告白』は下妻と甲乙付け難いくらい気に入っちゃいました。
イヤな話なのに、ダサさ一切排除の美し過ぎる映像は
いつまでも観ていたいと思わせます。
松たか子や木村佳乃、子役の演技にも引き込まれました。

★kenkoさん (mig)
2010-06-21 11:15:11
こちらにもありがとう♪

パクチャヌク、大好きなの〜。
これハマってると思いマス★

パコ、観て欲しいなー
賛否分かれてるんですよね。
私はダメだけど(笑)

美しい映像、ちょっと私はやりすぎな感じしちゃったけど、面白かったですよね★
こんばんは! (ボー)
2010-06-21 22:31:46
冷静な松さんと、おおげさな木村さんの差が良かったです。
少年A、同級生の女の子を殺した時点で、私はもう許さん!(笑)

映像の綺麗さは好きです。
☆ボーさん (mig)
2010-06-22 22:23:22
こんばんは☆

そうですね、松たかこは冷静、木村佳乃は確かに大袈裟でした(笑)

グロいお話に綺麗な映像。
は、いいって意見もあれば逆な意見もありますよね。
わたし的には、
強烈なシーンに美しい曲を流すっていうのがもう古いと思っちゃうんですよね〜
あはは。

おはようございます^^ (みすず)
2010-06-29 09:38:00
凄い映画だったねー(>_
すみませ〜ん^^: (みすず)
2010-06-29 09:40:25
顔文字入れたら、切れちゃった^^;

もう一度。

凄い映画だったねー
鳥肌立っちゃった・・・ホラーじゃないけど、ほんとホラーぽい。

松たか子や犯人の子たち、美少女の子も演技凄かった!
母親目線で観ちゃうから森口先生に感情移入してしまうけど、関係のない子たちを巻き込んでしまったのはちょっと・・・だったなぁ。
母は怖い^^;
みすずさん★ (mig)
2010-06-30 09:21:54
おはようございます♪
顔文字入れたら切れちゃうみたい、ごめんなさいー
私は凄いとまではいかなかったんだけど
面白く観れました★
あまりに映像綺麗すぎて、怖さ半減になっちゃってるの、私には (笑)

Drパルナサスの鏡、いよいよあさって発売ですね

Unknown (vic)
2010-07-04 22:36:05
メインの少年AとBと美少女ちゃんは、まだ無名の役者さんを使ったのですね。
すごく上手かったと思いました。

私は予告編で先が読めちゃったところがあって、ちょっと怒っています。

実際に母親の立場の人はどう見たんだろうな〜というのが興味あります!
vicさん★ (mig)
2010-07-05 23:24:54
こんばんは♪
でも何かに入ってる人じゃなかったけ、、、?
美少女の方はこの間何かの番組で出てて、
色々やってる子かも。
ジャニーズ系で可愛らしい二人がってところも含め、全部綺麗すぎな気がしちゃいました
予告篇はわたしも面白さ半減するから極力観ない様にしてるの

母親の人はやっぱり怒ってますね
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-07-26 14:39:43
TB有難うございました。
今年度の邦画の中では1,2位を争うほどの
満足度でした。単純に面白いと一言で
終わらせてはいけないほどの衝撃がありました。
復讐を達成するため、善人でいるのか、自らも
悪人となるのかその境界線を彷徨う松たか子の
演技にも魅了されました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
☆シムウナさん (mig)
2010-07-27 08:58:44
こちらこそTBいつもありがとです。
淡々とした松たかこ、良かったですよね。
私としては、少々綺麗すぎな映像が
あんまり好みではなく、、、、衝撃も感じなかったんですが、
でも面白かったですね☆
原作も (ノルウェーまだ〜む)
2010-08-03 06:10:59
migちゃん、こんばんわ☆
この映画は結局、りょうたには見せずに、ねえねの2回目のとき一緒に行ったの。
原作を読んだときは犯人Bの母目線になっちゃった私も、映画では表情がよく判る分、森口先生目線になったなー

ロンドンは涼しいよ〜
夜になったら、寒くなった・・・
まだーむ☆ (mig)
2010-08-04 10:39:24
おはよう〜、たくさんコメありがと☆
うん、りょうたくんは観なくて正解だとおもう。
原作は犯人側の母親目線とは驚き!
やっぱり森口先生はお気の毒。。。

仕返ししたくなる気持ちもわかるから、全然残酷とは思わないの(笑)

ロンドン戻って気温差で身体こわさないでね!!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

105 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
告白 (そーれりぽーと)
『嫌われ松子の一生』では重い原作からキラキラポップな大泣き映画を生み出した中島哲也監督。 今度も問題作をどう料理するのか、『告白』を観てきました。 あ、原作は未読です。 ★★★★★ 怪傑作!! とある中学校、三学期の最終日、騒がしい教室。 進級を前にこのク...
映画「告白」@ニッショーホール (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席、女性客が多い。    映画の話 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わ...
告白 (Akira's VOICE)
命を知るための課外授業。  
告白 (ぷち てんてん)
これはすごい・・・中島監督!まあもちろん原作もすごかったからね〜。それにしてもそれをこういう形で映像化できたのは、中島監督だからでしょう。☆告白☆(2010)中島哲也監督湊...
劇場鑑賞「告白」 (日々“是”精進!)
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ...
告白(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。中島哲也監督、松たか子、岡田将生、木村佳乃。終業式の日のホームルームで突然生徒たちに告白する先生悠子(松たか子)。冒頭でネタバレしているように見えるけれど、実はこの告白が始まりでの仕掛け。「告白が、あなたの命につきささる」というキャッチコピ...
「告白」 (みんなシネマいいのに!)
 最近観た2本の東宝の映画。 これからその2本をAとBと呼ぶことにします。 Aは
「告白」娘を殺され復讐した先にみた少年法に守られた犯人の簡単に軽く考えた許されない難しく重い凶悪事件 (オールマイティにコメンテート)
6月5日公開の映画「告白」R15+指定を観賞した。 この映画は2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの 同名ベストセラー小説を映画化した作品で、 シングルマザーの女性教師が教え子に娘を殺され、 1年の終業式で衝撃的な告白をし、 犯人はこの中にいますと告げて教壇...
告白 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★☆【2,5点】 変わった映画を観させてもらいました。
告白 (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 106分 映倫 R15+ 原作 湊かなえ 脚本 中島哲也 監督 中島哲也 出演 松たか子//岡田将生/木村佳乃 2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを中島哲也監督が映画化。...
告白 (Memoirs_of_dai)
な〜んてね 【Story】 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出...
告白 (LOVE Cinemas 調布)
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・...
「告白」 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
自分の3歳になる娘を担任する中学生に殺されたシングルマザーである教師の命の授業は、あまりにも冷酷に計算された復讐だった。緊張感溢れる映像から感じる興奮を日本映画では久しぶりに味わった。世界配給も可能な出来栄えだ。
「告白」 (Con Gas, Sin Hielo)
過酷という種類のエンタテインメント。 「嫌われ松子の一生」が06年2位。「パコの魔法の絵本」が08年1位。 競馬予想で言えば連対率10割、本命ぐりぐり二重丸の中島哲也監督作品と来たら、期待しないわけがない。 しかし果たして、その大きな期待を決して裏切らない、...
【映画評】告白 (未完の映画評)
中島哲也監督が松たか子主演で淡々と描く、幼い娘を生徒に殺された女教師の復讐劇。
「告白」:白河バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この建物は? {/kaeru_en4/}学校経営支援センター。 {/hiyo_en2/}最近は学校でもいろいろなことが起こるから、こういう施設の重要性も高まっているのかしらね。 {/kaeru_en4/}「告白」みたいな事件も起こっているのかな。 {/hiyo_en2/}もちろん中島哲也監督...
[映画][2010年]告白(中島哲也) (タニプロダクション)
T−JOY 大泉 監督・脚本:中島哲也 出演:松たか子 岡田将生 木村佳乃他 撮影:阿藤正一 尾澤篤史 音楽:金橋豊彦 原作:湊かなえ 企画:川村元気 配給:東宝 http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html ☆☆☆☆★(ダンゼン優秀!) ”この文章は随所のシーンの詳...
『告白』 (ラムの大通り)
----ニャに。この変なハート? 「超話題の映画『告白』の試写でいただいたもの。 あまりに緊張感がスゴイので、これを握って…ってことらしい。 実はこの映画、 ずいぶん前に...
映画『告白』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ
映画レビュー「告白」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
告白 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆淡々としたモノローグに戦慄を覚える異色ミステリー。レディオヘッドの音楽がレクイエムに聞こえる。 【70点】 とある中学校の終業式の日。1年B組の教室で担任の森口悠子は「私の娘・愛美が死にました。警察は事故...
映画『告白』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ
『告白』・・・“なーんてね” (SOARのパストラーレ♪)
2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作を、今年4月の文庫化と同時に手にし数時間で読了した。・・・最悪の読後感だった。何の救いもなく、歪みきった登場人物の誰一人として共感できる者もなく・・・。
映画 「告白」 (ようこそMr.G)
映画 「告白」
告白 (迷宮映画館)
試写会にて鑑賞。見せる力は圧巻。
告白 13歳ってこえ〜っノォオオオオオ!! な〜んてねっ。 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文...
告白 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は...
映画「告白」(ネタバレ注意) (MAGI☆の日記)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...
『告白』 (めでぃあみっくす)
蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な〜んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心理の闇に目を背けない映画は初めてです。やはり中島哲也監督の「ぜんざいに塩を入れる」ような...
愛情から生まれた欲望の数々。『告白』 (水曜日のシネマ日記)
教え子に幼い一人娘を殺された中学校教師の告白から様々な人間模様を描いた作品です。
*告白* (Cartouche)
[[attached(0,class=popup_img_500_334 width=450 height=301)]]   女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです...
『告白』 (purebreath★マリーの映画館)
      物語は、【告白】から始まる。『告白』監督・脚本・・・中島哲也原作・・・湊かなえ出演・・・松たか子、岡田将生、木村佳乃 他                  ...
2010-15『告白』 を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2010-15『告白』(更新:2010/06/06) 評価:★★★★☆ この原作もこんな構成だったのね。 面白かったけど、非常に重い内容だ。 もし、自分がどちらかの立場だったらとか考えることはない。 いや...
『告白』 はじけたのは何か? (映画のブログ)
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
映画「告白」 (FREE TIME)
映画「告白」を鑑賞しました。
『告白』 ('10初鑑賞81・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 6月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:10の回を鑑賞。
「告白」 第1位! (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 266オープニング土日動員: 19万4893人オープニング土
告白 (だらだら無気力ブログ)
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監...
告白 (映画通信みるみる)
もう、感動の涙が止まらない作品でした。 なぁんてネ (`ー゜) 僕も私も、みんな告白! 私の娘が死にました。娘は事故で死んだのではあ...
これが私の復讐です〜『告白』 (真紅のthinkingdays)
 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子) が告白を始める。  「娘の愛美は事故死などではなく、この...
『告白』執拗に挟み込まれる空のカットのように。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※ネタバレ注意映画の話法に乗っかって、いつもと違う書き方で。 愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです。私の告白は以上です。ぱちん どっかーん なぁんてね ここから更生するのよ
告 白 (★ Shaberiba )
間違いなく忘れられない作品となりそうです!
告白 (単館系)
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...
告白 (5125年映画の旅)
「私はシングルマザーです。娘の愛美。愛美は死にました。警察は事故死と判断しました。でも事故死ではありません。愛美は、このクラスの生徒に殺されたんです。」一人の教師が生徒達に向かって放ったこの告白が、生徒達の運命を大きく変えていく。 2009年の本屋大...
告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(...
告白☆独り言 (黒猫のうたた寝)
中島監督というだけで興味津々(笑)その上、実は松たか子は好きな女優のひとりであり楽しみにしてました。試写会で一足早くの鑑賞です。原作読んでいる友人からは、どっぷり、めり込むという情報は入っていました。なんせ、今までカラフルポップな世界を繰り広げてきた作...
「告白」 (俺の明日はどっちだ)
・ う〜ん、参りました。 中島哲也監督のこれまでの作品を観て、そのカラフルでけれんみたっぷりな演出にばかり目を奪われていたけれど、この作品を通してそうした見た目の小手先の先にある人物描写の真摯なる姿勢が、考え抜かれたカメラワークやカット割り、そして的確な...
告白 (花ごよみ)
湊かなえ原作の同名小説の映画化。 主役は松たか子、 木村佳乃、岡田将生らが共演。 監督は中島哲也。 原作となる小説、 ベストセラー小説なので、 かなり多くの人に読まれていて、 既読者はおおよそのあらすじを知っています。 その人達が映画を見たときも 緊張感を...
「告白」みた。 (たいむのひとりごと)
「殺 人 は ん の し ヨ う た い は 誰 」”寄せ書き”の隠されたメッセージにも戦慄を覚えたけれど、劇場チラシの裏面にもこんな仕掛けがあるとはね。映画を観て初めて気がついた。原作は未読。だから
「告白」 (古今東西座)
この映画『告白』に関して書くべきことは凄い!の一言で済んでしまうのかもしれない。表方、裏方共に才能ある人たちが、その実力を遺憾なく発揮できれば、これだけ凄い作品が出来上がるということなのだろう。元々ベストセラーになった湊かなえの原作小説(いつものことな...
告白・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中島哲也の才気が大爆発した様な一本である。 一人の女性教師の「告白」から始まる壮絶な復讐劇。 人間の心が抱える負の情念を、これほどス...
告白 (松たか子さん) (yanajun)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。 松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ...
中島哲也監督 「告白」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
告白 - goo 映画 公式サイト⇒http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html 【あらすじ】 女教師・森口悠子の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見。 森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の...
告白 (こわいものみたさ)
『告白』 【製作年度】2010年 【製作国】日本 【監督】中島哲也 【出演】松たか子/岡田将生/木村佳乃/西井幸人/藤原薫/橋本愛 ...
告白 (Diarydiary! )
《告白》 2010年 日本映画 シングルマザーで教師の森口の一人娘が亡くなった、
「告白」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「告白」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃、他 *監督:中島哲也 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^
告白 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『告白』  (2010) = とある中学校の1年B組。 終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生...
告白 (勝手に映画評)
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました...
告白 (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度× 好き度×」  告白します。この映画は・・・うわ〜超つまらねえ・・・!  この映画、観客動員数現在一位で、評論家も映画ブロガーも大絶賛の期待作だったのですが
告白 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞告白 2010年/日本/106分 監督: 中島哲也 出演: 松たか子/岡田将生/木村佳乃 2010年06月05日公開 公式サイト 「私の娘が...
告白 (風に吹かれて)
命の重さを考える公式サイト http://kokuhaku-shimasu.jp2009年本屋大賞を受賞した同名小説(湊かなえ著)の映画化監督: 中島哲也 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」ある中学校の
No.220 告白 (気ままな映画生活)
予告編から、そのストーリーに惹かれて これは映画館で観るべき、1800円払っても問題ないと 思いました。元はベストセラー小説ですが、 原作が注目されている事は知っていましたが、 冒頭からラストまで中だるみがなく、釘付け状態でした。
告白 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  少年犯罪の法的限界、母親と子供との在り方を、告白と復讐で紡いでゆく、暗く重いテーマを扱った作品である。だがスピーディーな映像とテンポの良いミュージックを使い、その重苦しさを軽快なイメージに見せかける手法は、なかなか斬新で見事であった。従来の...
映画「告白」 (Thanksgiving Day)
話題の映画「告白」を観てきました。 映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。 テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。 原作も話題になってましたしね。 2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作...
映画「告白」 (Thanksgiving Day)
話題の映画「告白」を観てきました。 映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。 テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。 原作も話題になってましたしね。 2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作...
■映画『告白』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
久しぶりに、映画を観て息詰まるような感覚を覚えました。 中島哲也監督の最新作である映画『告白』は、今までとは打って変わった演出手法で、観る者に衝撃を与えます。 主演の松たか子の演技も、凄まじいの一言。 2010年度のキネマ旬報ベスト10、主演女優賞は彼女が受...
「告白」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と...
映画鑑賞記「告白」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.06.16 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 告白が、あなたの命につきささる <ストーリー> (cinemacafe.netより引用)  ある中学校、雑然とした教室。終業式後のホームルーム。1年B組、37人の13歳。教壇に立つ担任・森口悠子(松たか子)が語り出...
『告白』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:中島哲也原作:湊かなえ出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃公式サイトはこちら。<Story>女教師・森口悠子(松たか子)の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する...
『告白』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ...
告白 (C note)
湊かなえさんの小説は『告白』『贖罪』と読みましたが、どちらもイッキ読みせずにはい
「告白」 (或る日の出来事)
間違いなく、私の今年度の邦画第1位だろうなあ。ただし、そもそも、観る邦画の数は少ないんだけど。なーんてね。
『告白』・・・ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:日本映画、中島哲也監督&脚本、湊かなえ原作、松たか子、岡田将生、木村佳乃共演。
告白(2010) (銅版画制作の日々)
告白が、あなたの命につきささる。 遅まきながら、鑑賞して参りました。実は6月の気になる映画、観たい映画には入れてなかった。「嫌われ松子の一生」の中島監督作だということを知ったのと、そしてブロガーさんの評価もかなり良いこともあって、、、、。これはやはり観...
★「告白」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 松たか子はなーー、声のトーンがイマイチ、ひらりんに合わず、 ヴィヨンの妻もHEROの検事の助手も良かったけど・・・。 今回は原作の評判が良かったのと、 予告編見てたら、ドッカーーンと爆発するシーンがあったので、 こりゃまた、中島哲...
告白 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月14日(月) 21:50〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『告白』公式サイト 中学校が舞台。 松たか子演じる教師、娘が生徒に殺されたと復讐に燃えるミステリー。 原作は本屋大賞受賞。例によって...
あなたの罪を数えましょう 湊かなえ・中島哲也 『告白』 (SGA屋物語紹介所)
『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が、ベストセラーを完全映画化。いま
告白 (心のままに映画の風景)
とある中学校の1年B組。 終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故...
「告白」えげつない…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とあ...
告白 (りらの感想日記♪)
【告白】 ★★★★★ 映画(33)ストーリー とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子(松 たか子)は、ある告白を始める。数ヵ月前、シ
1.告白 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 266土日/累計動員: 21万102人/119万4344人土
「告白」は一つだけではなかった (美容師は見た…)
最後まで引き込まれ、あっと言う間の106分。エンドロール中は放心状態でした。これが『告白』なのかぁ。。。「これが私の復讐です」想像も出来なかったラスト。強烈でしたわぁ。。。多くの方の感想が、「考えさせられる」、「言葉では伝えられない」など、衝撃を受けた感...
[映画『告白』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信で、ごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品...
告白 (いい加減社長の映画日記)
ちょっと重い感じがして、先送りにしてたんだけど。 みなさん、かなり気になってるようで、観ておこうかなと思い、「告白」を鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方にしては多いのかなぁ。 「告白」は、大きめのスクリーンで、2〜3割。 【ストーリー】 女教師・森口...
告白 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私...
告白 (みすずりんりん放送局)
 『告白』を観た。  【ストーリー】  とある中学校、1年B組。  終業式のホームルーム。  担任・森口悠子(松たか子)が“あの事...
1.告白 (4週目) (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 266土日/23日間動員: 21万888人/165万9055
告白 (ここにあるもの)
信じることと、憎むことばかりが心を支配している蛹の時。 ひとつのパーツが、全てを粉々に壊してゆく。そこに救いはない。 都合よく救われない。要するに、そういうこと。 2009年本屋大賞受賞した湊かなえ『告白』の映画化。 本屋大賞といっても、読書が苦手な私には全...
映画 ■■告白■■ (Playing the Piano is ME.)
見る予定じゃなかったんだけど 評判があまりに良いので 見に行きました。
【映画】告白 (新!やさぐれ日記)
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故...
告白(日本) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告で気になったので「告白」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生 上映時間:106分  中1のあるクラスの終業式後のホームルーム。 担任教師がたんたんと語ったのは、「わたしの娘が死にました。警察は事故死...
2.告白 #kokuhaku (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 266土日/30日間動員: 15万961人/209万1255
告白 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
物語は【告白】で始まり、【告白】で繋がり、【告白】で終わる。 09年本屋大賞に輝き、上半期単行本フィクション部門第1位(日販調べ)を記録したベストセラー、『告白』(湊かなえ/双葉社)。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白からはじまり、殺人事件に関わった登...
告白 (メルブロ)
告白 320本目 2010-24 上映時間 1時間46分 監督 中島哲也 出演 松たか子(森口悠子) 、 木村佳乃(下村優子(直樹の母))      岡田将生(寺田良輝(ウェルテル)) 、 西井幸人(渡辺修哉)      藤原薫(下村直樹) 、 橋本愛(北原美月) 会場 ...
告白 (映画的・絵画的・音楽的)
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜ...
『告白』@テアトルダイヤ (映画な日々。読書な日々。)
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この...
映画「告白」は正真正銘のジャパニーズホラー (わかりやすさとストーリー )
これは中学生の話ではない。正真正銘のジャパニーズホラーだ。なぜ人気なのか? なぜ衝撃的なのか? 予想外の方向から押し寄せる共感の波とは?
映画「告白」 (Andre's Review)
告白 日本 2010 2010年6月公開 劇場鑑賞 原作を読んだときに、文庫の巻末に収録されていた監督インタビューがとても面白く、映画版も是非観てみたいと思ったので劇場鑑賞してきました。(原作の感想) 舞台はとある中学校。理科教師の森口(松たか子)は終業式の日に...
授業の復讐忘れずに 湊かなえ 『告白』(原作) (SGA屋物語紹介所)
久方ぶりの読書記事・・・ 予想以上の大ヒットで「社会現象」とまで言われてる映画『
映画「告白」 (itchy1976の日記)
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:1...
「告白」美しいだけにむごい (ノルウェー暮らし・イン・London)
原作を先に読んでいたので、いったいこの小説をどのように映像化したのか??と、ものすごく気になっていた作品。 でも、どんなに頭をひねっても、正直想像つかなかった。 ところが、原作を読んだ印象『告白しているのに、どこか他人事』なイメージが、この必要以上に美...
映画告白 (なりゆき散策日記)
【メール便対応】湊かなえのデビュー作!!【告白】(文庫)  日比谷シャンテで六月から公開され高い興行収入で話題となっている「告白」をみた。 ハリウッドからリメイクの打...
映画「告白」見ました (国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ)
  小説は随分前に読みました。 小説はとても面白かったけど、結局誰一人救われないので読後どんより・・・ 映画化の話を知った時は「これをどんな風に?」っていうところに興味がわきつました。 小説の映画化という意味では、超完璧・・・というか小説でいまいちリ...
告白 (銀幕大帝α)
10年/日本/106分/学園サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:中島哲也 原作:湊かなえ『告白』 脚本:中島哲也 主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛 <ストーリー> 「生徒に娘を殺され....
告白 (pure\'s movie review)
2010年 日本作品 106分 東宝配給STAFF監督・脚本:中島哲也原作:湊かなえCAST松たか子 木村佳乃 岡田将生 西井幸人 藤原薫 橋本愛■Story女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後の...
「告白」 人間の本質は自己中心性 (はらやんの映画徒然草)
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自