トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

トルコの輸出は1月~8月、5.3%アップした

2018年09月03日 | 経済
9月3日 1月から8月までのトルコの輸出は、前年に比して5.3%増加したと、9月1日、トルコ輸出業者会議(TIM)が発表しました。

 Hurriyet

この8か月で、トルコの総輸出量は、昨年同期の1032億ドルから1087億ドルに増えました。8月だけを見ると、輸出額は前年同期に比して6.5%減っていますが、これは犠牲祭の9日間の休暇のためだろうと、TIMは言っています。

8月、トルコの産物は220か国に輸出されたと、TIMは言いました。「これらの国の中の92か国では輸出はのびています。輸出市場のトップ5か国は、ドイツ、イギリス、イラク、アメリカ、スペインです」

TIMによれば、輸出の有力ぶmは自動車産業で、8月は16億1000万ドルを輸出しました。次が既製服とアパレルで、13億9000万ドル、3位が化学製品で13億7000万ドルです。8月、ジュエリーの輸出は前年に比して177%に増え、全輸出商品部門で最もよい成績を上げています。

また、鉄鋼の輸出は43%、生鮮野菜とフルーツはの輸出は10%増加しています。


ヤッスアダが“民主主義と自由の島”になる

マルマラ海のイスタンブルの沖合に位置する小さな島ヤッスアダは、2013年、“民主主義と自由の島”と公式に改名されましたが、いま、大きな変化が起こっています。

 Hurriyet

この島は、1960年のクーデター後、元首相アドナン・メンデレスと2人の閣僚ファティン・リュシュテュ・ゾルルとハサン・ポラトカンの裁判が行われた島として知られています。

2019年2月に終わる予定のこのプロジェクトはの予算は5億リラ。島には125室のホテルができます。その他、コンクリートのバンガロー、600人収容できる会議場、1200人用のモスク、博物館、カフェ、レストランもできます。

関税・観光エンタプライズ(GTI)の執行委員会議長でネヴシェヒル貿易産業会議所議長のアリフ・パルマクスズ氏は、数年前、文化観光省からヤッスアダとシヴリアダを29年間、取得したと言いました。“民主主義と自由の島”はエルドアン大統領のプロジェクトのひとつでした。大統領は2019年2月までに、プロジェクトを終了するよう要請しています。

「いま、私たちは期日までにできるようがんばっています。プロジェクトは公正発展党(AKP)のチーデム・カラアスラン副議長の主導で始まりました。コストは5億リラに達すると思われます」とパルマクスズ氏は言いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント