トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

トルコ国境の壁をハシゴで登るシリア人たちの映像

2018年09月07日 | 国際
9月8日 シリア反体制派最後の砦イドリブに、シリア政府側とロシアの爆撃が始まりました。国境の壁をよじ登ってトルコに入るシリア人たちの映像が、ソシアルメディアにシェアされました。

 Hurriyet

シリア人がシェアしたビデオには、多くのシリア難民がハシゴをかけて壁をよじ登る姿が映っています。地元メディアはこの映像について「最近のイドリブの空爆によって、トルコ・ハタイ県アルトゥニジュ地区近くで “国境の壁突破”が起こった」と報じました。

9月7日、トルコのエルドアン大統領は、イドリブの流血を避けるために、休戦を要請しました。「新たな難民の流入がすでに始まっているが、トルコの難民の収容力はもう満杯だ」と、エルドアン大統領は、テヘランでの3者サミットで、ロシアとイランのリーダー言いました。戦闘の始まる前、トルコは、国境のシリア側のアトメフ難民キャンプを拡大し、12の監視所を補強しました。

国連は、この攻撃によって、250万の難民がトルコ国境に押し寄せることを懸念しています。


トルコ、ロシア、イランがイドリブ側に武装放棄を促した

9月7日、トルコ、ロシア、イランの大統領は、シリア・イドリブの紛争に関わる全集団を招き、和解のために武器を置き、政治的交渉を始めるよう促しました。

 Hurriyet

テヘランで行われた3か国サミットの終りに出された共同声明は、「シリアの紛争の軍事的解決はない」と言っています。トルコのエルドアン大統領、ロシアのプーチン大統領、イランのロウハニ大統領が署名した声明は、“イドリブの段階的縮小地帯の状況を見ながら、アスタナで決議した協力の精神に従って処理することに決めた”と言っています。

3国はアスタナ・プロセスの保障国であり、段階的縮小地帯はこのプロセスによってつくられました。3国のリーダー間の次の話し合いは、ロシアで行われます。3国のリーダーたちは9月7日の共同声明で、難民たちが安全に自発的に帰国するための条件を整える必要を力説しています。

流血の軍事作戦が、戦争で荒廃した国の反体制派の最後の砦イドリブに迫っています。エルドアン大統領はシリア・イドリブの休戦を訴え、イドリブへの政府による攻撃は、トルコにとっても国家安全保障への脅威であり、人道主義の混乱を引き起こすだろうと言いました。「イドリブはシリアの未来にとって重要なだけでなく、中東の未来にとっても重要である」

「イドリブへの攻撃は混乱を引き起こす。テロリストに対する戦いは時間と忍耐をベースにした方法が必要だ」とエルドアン大統領は付言しました。「われわれはイドリブを血の巷にしたくない。われわれはイドリブに対する合理的な方法を見つけなければならない」


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

トルコが中東諸国の水資源の利用・協力をリードする

2018年09月07日 | 国際
9月7日 8月31日、スエーデンのストックホルムで開かれた会合で、トルコは「ブルー・ピース・イニシアティブ」のリーダーに選ばれました。イスタンブルのトルコ水研究所(SUEN)が2020年までイニシアティブをとります。

 Hurriyet

「ブルー・ピース・イニシアティブ」は中央6か国によって結成され、中東の国境を超えた協力と水資源の調整を強化することを目的としています。「新しポストを与えられたトルコは、中東の水資源の有効利用のために地域の協力をリードしていく」と、元環境・森林省次官ハサン・Z.サルカヤ教授が、新しいイニシアティブに関する2日間の会議後、ストックホルムでHurriyet紙に語りました。

戦略的グループがかじをとり、トルコ、イラン、イラク、シリア、ヨルダン、レバノンによって結成された「ブルー・ピース・イニシアティブ」は、先週、ストックホルムで会議を開きました。新しいプロジェクトには、6か国の水の専門家と政策決定者が加わり、中東の国境を超えた水利用の協力を強化し、水資源に関する紛争を減らそうというものです。

「ブルー・ピース・イニシアティブ」は2019年末、イスタンブルで次の会議を開きます。2019年には、中東における農業用水の有効利用のため新しいプロジェクトを開始します。


トルコの国産ヘリコプターが初飛行

トルコの初の国産ヘリコプターT625が、9月6日、首都アンカラで処女飛行を行いました。

 Hurriyet

多機能ヘリコプターは「トルコ航空機産業」(TAI)が設計し生産しました。「われわれはトルコの航空宇宙産業の成果によって、約束通り、9月6日、T625ヘリコプターの初フライトを行なうことができました」と、トルコ防衛産業(SSB)が公式ツイッターで発表しました。

SSBのイスマイル・デミル社長は、ヘリコプターの設計と生産に貢献した人々に祝辞を贈りました。SSBは先週、T625のテストは9月2日、成功裡に終わったと言いました。「T625多機能ヘリコプターは、暑い高地の地理的環境や悪天候にも適応し、多くの必要な使命を果たせるよう設計されている」と、TAIはウエブサイトで言っています。

TAIによると、T625の大量生産は、2021年後に始まるでしょう。


南東部で警察が結婚式場を手入れ、子供花嫁を救出した

南東部ディヤルバクルの警察が、14歳の少女が21歳の男と結婚するという情報を得て、少女を救出しました。

 Hurriyet

9月5日、警察はイエニシェヒル区の結婚式場に押し入り、花婿と少女の両親を拘束したと、デミルオレンニュースが報じました。警察はディヤルバクルの主任検事室の許可を得て結婚式場の手入れを行ない、少女を警察の児童ケア部に連行しました。少女の審問は弁護士と児童心理学者の立会いの下に行われ、少女は法的手続きを経て、家族省の保護下に置かれました。

子供結婚はトルコで緊急に解決すべき問題になっています。人権グループは、いまだに行われている子供結婚に警告を発しています。トルコでは合法的な結婚年齢は18歳以上で、親の合意があれば17歳も可と決められています。


   「ときどきダイアリー」ヘ


コメント