木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

"新種"の積りで購入したが? (No 1854)

2018-10-10 08:00:00 | 我が庭の花

 最近購入したものであるが、私の作る「花写真鑑」にまだ無い花(以下"新種"と略す)でなかったり、また、球根や苗であり、花がまだ見られないことと、園芸品種間違いないものであるために、”新種”とするか否か決定できないので、ここに記録するもの。 

 

 「ルリマツリモドキ」

 花に付いてるタグには「ブルーサファイア」と、私のような新物喰いが飛び付きそうな名前が書いてあり、案の定引っかかってしまったのだ。 見た記憶があるが、園芸品種を容認しはじめたので、それらしければ、目をつぶり"新種"にしようかと思ったが、残念ながら、"新種"への昇格には至らなかった。 (¥280 HYB)

 「ブルーサライア」とは園芸品種化したときに売るために付けた名前らしく、私の花写真鑑では「ルリマツリモドキ」という和名で登録している。 確かに「ブルーサファイア」との名前は、格好良すぎるはなあ!。

 

 最小限、詳細写真に出来るとの”読み”もあり、花としては終わりの時期にきている(価格は-30%)のも承知して買ったのであった。

 

  「チリブラック(スカビオサ)」

 名前だけなら、"新種"であるが、花の顔を見るまでは、信用しないと決めているのだ!。 (¥298 HYB)

 

  少し前に購入した球根があり、まだ、記録していなかったので、ここに書き込む。

 

 「フリチラリア」 

 二球購入したが、橙色と黄色の花が咲くことになっている。 ちょっと変わった形のようであるが、春が楽しみである。 (一球¥398 KMR-K)

 

「フリチラリア・メレアグリス」

 似た名前で、球根も似てはいるが、大きさが随分と違う。(5球で¥398 KMR-K)

 

 「ルリマツリモドキ」と「チリブラック」は寄植えに、球根は「アネモネ」や「ラナンキュラス」とともに、花壇に2018.10.02植え付けた。 園芸品種であるだけに、花が咲く前に、ちゃんと芽が出るか否かが問題である。

                         以上 

 

コメント