木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

山野草展-5 ”新種”に昇格 (No 1877)

2018-10-31 08:00:00 | 花の展示会

 先般、泗水草友会が主催する、山野草展があさけプラザで開催され、そこに展示されていた花であるが「ホトトギス」と書かれていた。 紫のあの独特の色合いは花の形を見るまでもなく、それと分かる色合いになっている。 

  その中に、見かけない色の花があり、別名での表示はなかったし、花の形などから同じ種と思えたし、こんな色もあるのかなあとその時は感じた。 「ホトトギス」の色違いの花が撮れたので、”私の「花写真鑑」が充実するは!”、位にしか思っていなかった。

  しかし、見れば見るほど、「ホトトギス」とは思えなくなり、調べ始めた。 先ずこの色は見たことがなく、花や葉の形がどことなく違うように思えたが、私の持てる資料は隅から隅まで見たが、こんな色の花は無く、全てが紫色であった。 

 

 「ホトトギス(杜鵑)」 ユリ科

 

  違う種だと、心に決めて、根気よく調べて見ると、「キバナホトトギス」という表示が一件だけ見る事が出来たが、他には見られないことから、諦めかけていたが、時間を置いて、更に調べたら出てきた。

 それに勢いを得て、確信に近いものを感じたので、いつもの質問コーナーに出したら、「キバナホトトギス」と決定されたので、改めて"新種"に昇格としたので、ここに記録を残すものである。

 

 「キバナホトトギス」 ユリ科  "新種"登録 第1716号

 「キバナノホトトギス」と呼ぶひともいるようである。 また、日本固有種であると知り、さらに嬉しくなったものである。

 

 今回の山野草展での"新種"取得数はこれでさらに一点増えたので、追加とした。 なお、下表に記した「掲載brog」の欄は発行したブログの」最終ページを示している。

  山野草展と"新種"の取得数

撮影日主 催場 所新種掲載blog
201810.20泗水草友会あさけプラザ6201810311877
06.16泗水草友会四日市文化会館8201806211809
05.19きらら会西菰野公会所3201805261786
05.18三重さわらび会小山田美術館3201805231783
05.04四日市花の会四日市文化会館6201805071772
04.22メダカ山野草盆栽展松菱(津市)2201804261766
04.21きらら会西菰野公会所6201804251765
04.09(山野草販売)(パラミタ)6201804161758
201710.28泗水草友会あさけプラザ5+201711021679
05.20泗水草友会四日市文化会館8+201705251620
05.21きらら会西菰野公会所11201705241619
05.06三重さわらび会四日市文化会館27201705131613
05.04花と緑の会四日市文化会館11201705061610
04.16きらら会西菰野公会所12201704261598

 

 以上により、「花写真鑑」花の収録数は合計1716種類となった。

 

コメント