「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

中央区の子ども達の重要課題(2022年9月現在)とそれに対する取組み、小児科医師の視点から。取組む上では子どもの意見の反映を(こども基本法第3条第3号)。

2022-09-10 10:55:20 | 小児医療

 2022年9月現在の中央区の子ども達の課題を、小児科医師の視点から概観致します。

 それら課題に取り組むのが私たち小児科医師の重要な役目と認識をしています。

 取組む上では、子どもの意見の反映が法的根拠を持って求められます。



 重要課題は、いじめ、不登校、インクルージョン、虐待。
 地域で力を合わせ、一人の子を支えていきます。
 小児科医も、つなげる重要な役割を担っていると考えます。













******中央区の地域特性*******






コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小坂クリニック:さあ、実り... | トップ | 厚労省によるコロナ患者の療... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

小児医療」カテゴリの最新記事