さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 サンチー遺跡 その4

2018年01月12日 | 海外旅行
大ストーゥパ(第1塔)の後は、第3塔を見学しました。第1塔よりも小さく、塔門(トーラナ)も一つで、覆鉢の上の傘蓋も一重になっており、簡略化されています。



塔門(トーラナ)の彫刻は、大ストーゥパ(第1塔)のものとほぼ同じでした。



豊穣の男神ヤクシャ。





仏舎利に礼拝する人々。





何の神か判りません。



二頭の象から水をかけられるラクシュミー。



馬に乗る男女像。



豊穣の男神ヤクシャ。



塔門(トーラナ)の内側にも彫刻が施されていました。





豊穣の男神ヤクシャ。



豊穣の男神ヤクシャは蓮華を吐いています。御利益よりも、不気味に感じてしまいます。



法輪。



仏舎利。


大ストーゥパ(第1塔)と第3塔の細かい彫刻をゆっくりと見学することができました。



入口脇のヴィハーラ寺院を最後にのぞきました。



ここには、第3塔で発見されたブッダの十大弟子のうちの シャーリプトラ(舎利弗, しゃりほつ)と マハーマウドガリヤーヤナ(摩訶目揵連, まかもっけんれん)の舎利容器が保管されています。



舎利容器は奥に保管されているようです。少し前までは、スリランカからの信者と思われる白い服を着た一団が礼拝していました。

これで、サーンチー遺跡の見学は終わりとなって、ボーパールの街に戻りました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 サンチー遺... | トップ | さすらいの風景 ボパール ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2018-01-14 12:51:15
塔門はたいへん興味深いですね。
門に物語が刻んであって、そころ皆がくぐるということに意味があるんでしょうかね。
彫刻のレベルも高く!?見ていて飽きなさそうです。
彫刻 (さすらい人)
2018-01-15 16:21:41
サンチー遺跡の塔門の彫刻は、仏像が彫られる以前に、釈迦を表現したもので興味深く見ました。また、仏教とヒンドゥー教の境界があいまいなのも面白かったです。

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事