さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

会津百名山終了

2014年11月08日 | 登山
2014年11月8日に笠倉山を登って、会津百名山を終了しました。

笠倉山は、09年11月23日に登るつもりで登山口に前泊していましたが、雨が降って断念しました。代わりに高つぶり山と思案岳に登り、この段階で、残りは三山になっていました。この翌年にでも頑張れば終わっていたはずですが、笠倉山を晩秋に登ろうとすると初雪が降ってしまったり、海外旅行に行ったりして、登らずじまいになっていました。

今年は終わりにしようとして、唐倉山を登り、笠倉山だけを残して11月を待ちました。

笠倉山は、尾根のはっきりしない藪山のため、登りはともかく下山にはGPSが頼りになりました。

灌木の枝をつかみながら登りついた前ピークから見た笠倉山の三角点ピーク。



山頂からは、遮るもののない展望が広がっていました。1000m程の山ですが、スラブをまとった山に囲まれ、雲海も高さを強調していました。



浅草岳はすでに雪の筋をひいていました。



右の鋭峰は蒲生岳、左は鷲ヶ倉山。



蒲生岳の拡大。



越後の山を福島県側から見ることができました。

左は矢筈岳で右に五剣谷岳が見えています。矢筈岳の左奥には、粟ヶ岳



会津百名山の終了に相応しい眺めでした。

なお、東尾根の取り付きからは登り2時間半、下り1時間50分の山行でした。見通しの良い葉の落ちた時期を狙ったのですが、下りは落ち葉と共に滑り落ちる状態で悪戦苦闘しました。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 プー・カオ... | トップ | さすらいの風景 ビエンチャ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
意外でした! (テントミータカ)
2014-11-13 23:22:08
 この山を未踏とは?さすらい人さんの会津百名山ラストにふさわしい、只見のエベレスト?笠倉山ですね。

 晩秋とはいえ山頂部の藪漕ぎは大変でしたでしょう。春の残雪のころ、登ったのが、懐かしく思い出されました。
笠倉山 (さすらい人)
2014-11-14 22:45:16
一気に寒くなりましたね。今日、タイヤ交換を行いました。
これではお山も雪でしょうから、笠倉山は先週を逃したら、またもや来年まで持ち越しになるところでした。
テントミータカさんの2007年の山行は参考にさせてもらいました。私には、残雪の林道歩きは無理という結論になって、初冬ねらいの作戦が決まりました。
見通しのよいように葉が散ってからという狙いは当たったのですが、積もった落ち葉が滑って、登りは灌木の枝を攫んで体を持ち上げるので、途中で腕が疲れてきました。下りはもっと苦労し、しばしばしりもちをつき、面倒なのでそのまま落ち葉と一緒に滑り落ちていました。藪の程度は、きついものの想定内で、稜線部に出てからは踏み跡が続いて難なく歩くことができました。
笠倉山は、難しい山でしたが、良い山でした。
Unknown (本読みと山歩き)
2014-11-16 16:53:58
会津百名山 完登おめでとうございます。
この山の写真は航空写真のようです。きっと頭一つでた山なのですね。
これだけ海外に行きつつ、山も歩かれるとは・・・
そのエネルギッシュさを見習いたい。
私は一つもくらい歩きたいものです。
会津百名山 (さすらい人)
2014-11-17 18:29:12
会津百名山は、1997年に会津保健所と南会津保健所の健康増進事業として、選定された山ですが、「全国的に百名山ブームですが、会津百名山に限っては、初級・中級クラスの技量では全山踏破は無理」というコメントも付け加えられています。ハイキングレベルの山も多く含まれていますが、ヤブコギやテント泊残雪山行が必要な山も含まれています。なんとか百名山というのは結構登ってはいるのですが、会津百名山は、日本百名山では、得られない山の経験を得ることができました。
おめでとうございます。 (福島S.O)
2014-11-19 15:16:08
お久しぶりです。
会津百名山の未踏峰は残り数坐であることは、承知していましたが、最近は海外レポでどうしたのかと思っていました。
当方は昨年の5月に銀山峠を最後に終止符をうちましたが、思い返せば、約1/3が登山道無しの藪山でしたが楽しかったです。
無雪期、山頂三角点タッチにこだわり、緊急ビバークなどもありました。
まずは、登頂達成おめでとうございます。
会津百名山 (さすらい人)
2014-11-19 21:35:21
お祝いコメントありがとうございます。
会津百名山は、天候の関係や海外旅行にいったりして、最後に足踏みをしてしまいました。私は、残雪山行も多かったですが、いろいろなスタイルでの山行を楽しむことができました。会津百名山にかかわらず、会津には面白い山が沢山あるので、これからも会津通いは続くことになります。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事