魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

アジとなすの重ね焼き

2018年07月26日 | ~あじ~レシピ

アジは良質なたんぱく質が豊富でDHAやEPAが多く認知症予防に効果があると言われています。
癖がない魚でどんな料理にも向きます。旬のなすは油との相性が抜群です。夏の暑い日にさっぱりと食べられるようにパプリカやしそを合わせ、最後に果汁をかけることでさわやかな酸味と香りで食欲を増進されること間違いなしです。

★材料(4人分)
・アジ・・・2尾(270g)
・酒・・・大さじ1(15g)
・なす・・・中1本(150g)
・大葉・・・8枚(6g)
・赤パプリカ・・・1/2個(80g)
・片栗粉・・・大さじ2(18g)
・サラダ油・・・大さじ2(30g)
・酒・・・大さじ2(30g)
・果汁(かぼすやレモン汁)・・・小さじ2(10g)

★作り方

①アジ・・・三枚おろしにする。

②アジを4切れになるよう十字に切る。(このとき、3枚おろしの身の中央に連なる"血合い骨"という小骨を取り除くように切るとよい)

酒をふってしばらくおき、水分をキッチンペーパーで除く。


なす…8枚になるように5mm厚さくらいの斜め切りにして縦半分に切り、16枚にする。
大葉…よく洗って茎を取り、縦半分に切る。
赤パプリカ…16等分になるように5mm幅ほどの縦に切る。

④なすの上に表面を上にしてアジを乗せ、さらにパプリカを添えて、大葉で巻く。

⑤全体に片栗粉をまぶす。

⑥フライパンにサラダ油を入れ、なす面を下にして、中火で焼く。

⑦裏返して、弱火にし、酒を入れてふたをして蒸し焼きにする。水分がなくなったら、火を止め果汁をかける。

⑧きれいに盛り付けて完成!

【レシピ考案】
東北女子大学(2018年7月21日開催)
<1人当たり>エネルギー:185kcal たんぱく質:14.1g 食塩:0.2g


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アヒポキ | トップ | アガーで作る!オレ・グレゼリー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

~あじ~レシピ」カテゴリの最新記事