ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『幻影師アイゼンハイム』

2008-03-22 19:35:27 | 新作映画
※カンの鋭い人は注意。
これは映画をご覧になってからお読みください。
あっ、チラシもお読みにならない方がいいです。


(原題:THE ILLUSIONIST)

----これってスティーヴン・キングが
「繰り返し何度も観たくなる!特別な1本!」と言っている映画だよね。
「う~ん。その気持ちは分かるけどね。
アカデミー賞にノミネートされたディック・ポープの撮影といい、
ある意味、『ある日どこかで』にも通じる
ロマンチシズムとリリシズムがある。
そうそう、この撮影に関しては
モノクロームのイメージを残す
19世紀末のカラー撮影手法オートクロームや
手回しカメラといったイメージを監督が提案したらしい。
それでも、これはないんじゃないのと思うのは、
そのコピーだね。
“『ショーシャンクの空に』以来の爽快なラスト!!”-----
これはないだろう。
もう、それだけでラストが読めてしまう」

----まあまあ押さえて。
で、どんなお話だったの?
「19世紀末ウィーン。
アイゼンハイム(エドワード・ノートン)という名の幻影師が
幼い頃、引き離されたソフィ(ジェシカ・ビール)と再会する。
だが、彼女はいま皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)の婚約者。
アイゼンハイムとソフィの密会に気づいたウール警部(ポール・ジアマッティ)は
皇太子にそれとなく二人の関係を知らせる。
レオポルドは彼にアイゼンハイムを潰すよう命じるが…。
ここまでにしておこうかな」

----あらら。
「この映画、ツッコミどころは多いものの、
人によっては愛すべき作品になりそうな気配。
時代を再現した美術、衣装、撮影。
そして切ない愛の物語。
それだけに、
クドいようだけど
結末を想像させるこのコピーは
止めてほしかったな」



           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「そう言われると、かえって観たくなるニャ」身を乗り出す

※知りすぎはよくない度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

「キタ顔」キャンペーン参加中!※フォーンを探せ!
きた~っgif

コメント (16)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« 『噂のアゲメンに恋をした!』 | トップ | 『僕の彼女はサイボーグ』 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (dai)
2008-05-06 09:41:07
こんにちは♪

結末を想像させるコピーは辞めてほしかったですねw勘のいい人はすぐに気がつきますし...

*毎回TBだけですみません(汗
■daiさん (えい)
2008-05-07 12:10:31
こんにちは。

そうなんです。
もし、それがなかったら
おそらく
最後はやられたって感じになったかも。
でも、そのコピーがあるから
観に行くという人も確実にいるわけで、
ほんと映画の宣伝は難しいです。
こんばんは! (kira)
2008-05-28 21:26:27
いつもTBのみで失礼しています。
↑のキャッチコピーは全然知りませんでした。
もしかしたら、忘れていたのかも、、(^^ゞ
なので、しっかりすっかり楽しめたんですね~。

最近は映画館のタイムスケジュールをチェックするのが関の山ですので、
それが幸いしました(笑)
■kiraさん (えい)
2008-05-28 23:36:50
こんばんは。

先ほど『アフタースクール』のところで、
「『こういう映画とは思っていなかった』ために
逆にノリきれなかった」---旨のコメントを
たいむさんからいただいたばかりでした。
う~ん。映画の宣伝は難しいですね。

もしかして、ぼくも喋りすぎているときがあるかも…。
もっと気をつけなくては…と、思いました。
いかんせん (となひょう)
2008-05-29 20:40:34
こんにちは。
私も、宣伝と映倫には惑わされないように心がけています。試写会で先に見た作品のテレビCMを見て、そこまで流しちゃダメでしょ!って思うこともしばしば。
この作品は宣伝しすぎという点よりも、私の感性とは違う方向を向いた宣伝だという部分が強く残りました。私は、本作のカップルを応援できなかったです。
本当はノートン君大好きなんですけどね。
個人的には、ノートン君とジェシカ・ビールじゃない俳優さんで見たかった作品でした。
ノートン君がハルクっていうのも、今だにしっくりこないんだけど。まぁ見てみないとわからないですよね。(もしかして、もう見てたりしますか?)
 こんばんは! (あん)
2008-05-29 23:56:07
>“『ショーシャンクの空に』以来の爽快なラスト!!”-----
う~む、チラシで、ばらしちゃいけないですよね。

ただ、先が読めても、切ないロマンスと優しいラストに値打ちがある作品だと思います。
良かった!です^^
■となひょうさん (えい)
2008-05-30 21:35:17
こんばんは。
『ハルク』はまだですが
『アイアンマン』がそろそろの気配です。
エドワード・ノートンのハルクは、
最初聞いたときには驚きましたが、
ハリウッドきっての個性派俳優ですし、
どういう映画になるか、
いまから興味津々です。
■あんさん (えい)
2008-05-30 21:43:54
こんばんは。
はい、僕もそう思います。
この映画は、大人の寓話ですよね。
雰囲気もとても好きです。
『ショーシャンク~』を引き合いに出さなければ、
単純な自分は、
「ええ~っ」という感じで、
引き込まれたのではないかという気もします。
どうもご無沙汰です (くまんちゅう)
2008-05-31 03:33:20
チラシは持ってたけどちゃんと読まなくて正解でした。アッサリ爽やかに騙されてしまいました。
マジシャン逮捕のシーンから始まるので、あの映画と被りましたけど、内容は違ってました。
どちらも好きな作品になりましたです。
■くまんちゅうさん (えい)
2008-05-31 13:44:50
こんにちは。

チラシに目を通さなかったのは、大正解だと思います。
ぼくなんか開映までの時間に余裕があると、
つい、資料関係に目が行ってしまって、
「あちゃ~っ」てことがしばしば。

この作品も映画自体は、なかなか素敵だと思うのですが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

35 トラックバック

幻影師アイゼンハイム (Memoirs_of_dai)
ラスト数分で評価が変わる 【Story】 魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日...
「 幻影師 アイゼンハイム  / THE ILLUSIONIST (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【 幻影師 アイゼンハイム 】2008年5月下旬シャンテシネ系劇場で公開 ...
幻影師アイゼンハイム (アートの片隅で)
「幻影師アイゼンハイム」の試写会に妻と一緒に行って来ました。 原題は「The Illusionist」、、、イリュージョン、そうマジシャンのお話です。 マジシャンの映画といえば、去年観た「プレステージ」というマジック対決の駄作がありましたが、これは恋愛物です。
The Illusionist 「幻影師 アイゼンハイム」 (表参道 high&low)
The Illusionist「幻影師 アイゼンハイム」は古いウィーンを舞台にしたマジシャンと貴族の女性のサスペンス・ラブストーリー。 幼少時代に愛を誓った地位の違う男女が舞台で活躍するイリュージニストと皇太子のフィアンセとして偶然に再会します。 女性を警備するのはP...
幻影師アイゼンハイム (映画鑑賞★日記・・・)
【THE ILLUSIONIST】2008/05/24公開製作国:アメリカ/チェコ監督:ニール・バーガー出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル、エドワード・マーサン “すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。”
幻影師アイゼンハイム (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。スティーヴン・ミルハウザー原作、原題The Illusionist、ニール・バーガー監督、エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル。最初から目的は決まっている。ジェシカ・ビールの美しさを堪能すること。19世紀末の...
幻影師アイゼンハイム (to Heart)
すべてを欺いても手に入れたいもの、 それは君。 原題 THE ILLUSIONIST 原作 スティーヴン・ミルハウザー 製作年度 2006年 製作国・地域 アメリカ/チェコ 監督 ニール・バーガー ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの同名短編小説をエドワード・ノー...
幻影師アイゼンハイム (映画通の部屋)
「幻影師アイゼンハイム」THE ILLUSIONIST/製作:2006年、アメリ
幻影師アイゼンハイム/The Illusionist (描きたいアレコレ・やや甘口)
レディース アーンド ジェントルマン! 見事な髭の競演です!あなたは、どのヒゲがお好き? 『幻影師アイゼンハイム』まるで"大正時代の...
幻影師 アイゼンハイム  (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”The Illusionist”原作=『幻影師、アイゼンハイム』。脚本・監督=ニール・バーガー。撮影=ディック・ポープ。音楽=フィリップ・グラス。心地よく騙されるラブ・ミステリー映画。☆☆☆☆★
幻影師アイゼンハイム☆独り言 (黒猫のうたた寝)
久しぶりのエドワード・ノートンです。しかもコスプレ時代もの~~~時は19世紀のウィーン『幻影師アイゼンハイム』観てきました。逮捕シーンから始まり、時がさかのぼる冒頭子ども時代に幻影師に魅了された少年彼の幻影に目を輝かせた幼馴染の少女ただ、彼女と彼とは身分...
幻影師アイゼンハイム (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本国アメリカでは好評を博した5/24公開のロマンティック・ミステ...
公開中「幻影師アイゼンハイム」 あとでじわっとくるタイプのお薦めムービー (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
この映画、去年にアメリカ版のDVDでみて気に入っていた作品。 2007-12-05に、「The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)渋いマジシャンもの」としてアップしてたもの。 インディペンデント系で2006年に制作されており、それが日本でも無事公開されたことはこ...
幻影師アイゼンハイム ( Art- Mill  あーとみる)
幻影師アイゼンハイムHP http://www.geneishi.jp/ 光と影を繊細に妖艶に操り、19世紀末の世界都市ウイーンの雰囲気を充分に出していた。「自由」への道を歩みつつある時代を背景にし
幻影師アイゼンハイム (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
19世紀末のウィーンで、“幻影師=イリュージョニスト”の男と公爵令嬢の“格差愛”を描く「幻影師アイゼンハイム」。 観客は物語にしかけられた伏線に、見事だまされるだろう。 物語:舞台上の椅子に座り、額からにじむあぶら汗。何かを念じるように、片手をかかげ...
★幻影師アイゼンハイム(2006)★ (CinemaCollection)
THEILLUSIONISTすべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。映時間109分製作国アメリカ/チェコ公開情報劇場公開(デジタルサイト=デスペラード)初公開年月2008/05/24ジャンルサスペンス/ミステリー/ロマンス【解説】ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウ....
【劇場映画】 幻影師アイゼンハイム (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 19世紀末ウィーン。ハプスブルク帝国末期の芸術文化の都では、大掛かりな奇術=イリュージョンが一世を風靡していた。中でも絶大な人気を誇っていたのは、アイゼンハイムという名の幻影師。ある日彼は舞台の上で、幼なじみのソフィと再会する。今では、皇...
エドワード・ノートンの「幻影師アイゼンハイム」を観た! (とんとん・にっき)
日比谷のシネ・シャンテで「幻影師アイゼンハイム」を観てきました。実は同じシネ・シャンテで上映している「イースタン・プロミス」を観る予定でしたが、急転直下、「幻影師アイゼンハイム」を観ることにしました。「ローマの平日@裏話」のyuranoto さんの記事がそのき
幻影師 アイゼンハイム THE ILLUSIONIST (銅版画制作の日々)
 幻影師(Illusionist)   奇術師にはふつうmagicianという言葉が使われるが、凝った幻影を得意とするマジシャンについては、このIllusionistという語を用いる。 蛇足ながらこの言葉は哲学の文脈では、物資世界を幻影と考える者の意。   7月4日、新京極...
幻影師アイゼンハイム■これは警部ウールの物語 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画には大きく二つの物語がある。まず、主人公アイゼンハイムとソフィー。そしてソフィーの結婚の相手となっている皇太子。この三角関係の中のアイゼンハイムとソフィーの恋の行方。もうひとつは皇太子に追従することで警察官僚からウィーン市長への出世街道を歩むウ...
幻影師アイゼンハイム (悠雅的生活)
 哀しみのイリュージョンの幕が開く
「幻影師 アイゼンハイム」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。天才と評され絶大な人気を集める幻影師、 アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・ シーウェル)が観覧に訪れる。ショーの途中、皇太子が同伴していた婚約者を舞台に招...
「幻影師アイゼンハイム」(アメリカ/チェコ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
愛を賭けて自由を賭けて人生を賭けて。 人生最大で人生最後のイリュージョン。
映画『幻影師アイゼンハイム』を観て (KINTYRE’SDIARY)
56.幻影師アイゼンハイム■原題:TheIllusionist■製作年・国:2006年、アメリカ・チェコ■上映時間:109分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:6月19日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:二ール・バーガー□原作:スティーヴ....
幻影師アイゼンハイム (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】19世紀末のウィーン。魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観...
「幻影師アイゼンハイム」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
2009年の1本目の作品は、 映画レビューブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、 結構評価の高かった作品から。
「幻影師アイゼンハイム」 ミステリーとしてはどうか? (はらやんの映画徒然草)
昨年公開されたエドワート・ノートン主演の作品。 舞台となっているのは19世紀末の
種も仕掛けも (MESCALINE DRIVE)
エドワード・ノートンとポール・ジアマッティの演技巧者が静かに火花を散らすところも見所だ。 「幻影師ア...
幻影師アイゼンハイム (Blossom)
幻影師アイゼンハイム THE ILLUSIONIST 監督 ニール・バーガー 出演 エドワード・ノートン ポール・ジアマッティ     ジェシカ・ビー...
『幻影師アイゼンハイム』 (Sweet*Days**)
幻影師 アイゼンハイム [DVD](2008/11/21)エドワード・ノートンポール・ジアマッティ商品詳細を見る 監督:ニール・バーガー  CAST:エドワー...
幻影師アイゼンハイム (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2006年 製作国:アメリカ/チェコ 監 督:ニール
【映画】幻影師アイゼンハイム…警部さん惜しくも髭男爵ならず (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
奇跡の三連休全部休み{/up/}{/up/}…を満喫しようと思っているけど何の予定もないピロEKです{/face_ase2/} で、今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}は…嫁さんと娘に付き合ってデパートとスーパーその他諸々でお買い物(近所にできた行ったこと無かったお店5件をハシ...
「幻影師アイゼンハイム」(The Illusionist) (シネマ・ワンダーランド)
ピューリッツアー賞作家スティーヴン・ミルハウザー原作の小説を「クラッシュ」や「サイドウェイ」のアカデミー賞製作スタッフらがつくったミステリー・サスペンス「幻影師アイゼンハイム」(2006年、米、ニール・バーガー監督、110分)。本作は一度はあきらめた初...
『幻影師アイゼンハイム』 (『映画な日々』 cinema-days)
幻影師 アイゼンハイム 奇術師が皇太子の婚約者となった幼馴染みの 公爵令嬢を奇抜なトリックで奪い返す... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 ...
映画評「幻影師アイゼンハイム」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ=チェコ映画 監督ニール・バーガー ネタバレあり